太田(2007) ゲノム科学と人類学―世界の動向と今後の展望―Anthropological Science (Japanese Series). Frontiers in Psychology, 10:259. 2011 National Household Survey: Data tables | Ethnic Origin (264), Single and Multiple Ethnic Origin Responses (3), Generation Status (4), Age Groups (10) and Sex (3) for the ... http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/tokei/hojin/10/pdfs/1.pdf, http://www.mra.fm/pdfs/nr_los_FromFSMAmbassador.pdf, Pacific Islands President, Bainbridge Lawmakers Find Common Ground » Kitsap Sun, https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&layout=datalist&toukei=00401101&tstat=000001018471&cycle=0&year=20191&month=0&tclass1=000001135483, http://www.scs.uiuc.edu/~mcdonald/WorldHaplogroupsMaps.pdf, https://web.archive.org/web/20080405232839/https://www3.nationalgeographic.com/genographic/atlas.html, https://web.archive.org/web/20060625025512/http://www.eva.mpg.de/genetics/pdf/Japan.pdf, Jomon Genes - Using DNA, researchers probe the genetic origins of modern Japanese, “Y chromosome evidence of earliest modern human settlement in East Asia and multiple origins of Tibetan and Japanese populations”, http://www.biomedcentral.com/1741-7007/6/45, http://www.investigativegenetics.com/content/2/1/10, http://www.riken.jp/r-world/info/release/press/2008/080926/detail.html, 国立大学法人 総合研究大学院大学 【プレスリリース】日本列島3人類集団の遺伝的近縁性, https://www.nig.ac.jp/nig/ja/2016/09/research-highlights_ja/20160901.html, https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/press/2020/6987/, https://www.biorxiv.org/content/biorxiv/early/2019/03/15/579177.full.pdf, “Japan considered from the hypothesis of farmer/language spread”, https://www.cambridge.org/core/journals/evolutionary-human-sciences/article/japan-considered-from-the-hypothesis-of-farmerlanguage-spread/BD91E69AEA3CCAEDC567519EF7F5AA97, https://doi.org/10.1038/s10038-020-00847-0, http://japan.donga.com/srv/service.php3?biid=2001010317828, “Modern human origins: multiregional evolution of autosomes and East Asia origin of Y and mtDNA”, https://www.biorxiv.org/content/10.1101/101410v6, “Ancient Y chromosomes confirm origin of modern human paternal lineages in Asia rather than Africa”, https://www.biorxiv.org/content/10.1101/2020.03.10.986042v1, 平成17年度から平成21年度日本学術振興会科学研究費補助金(基盤研究(S))による研究「更新世から縄文・弥生期にかけての日本人の変遷に関する総合的研究 」日本人形成過程のシナリオ, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=日本人&oldid=80366438, D系統は、現在世界で極めて稀な系統になっており、日本人 (D1a2a) が最大集積地点としてその希少な血を高頻度で受け継いでいる。遠く西に離れた, - 3. 世界第3位である理由としては、世界2位の労働時間の長さだからかもしれませんね(1位韓国), 長年染み付いている「終身雇用」という制度が良くないのでは?と個人的には思っております。, お金も時間もエネルギーも吸い取られ、もう2度と人を雇うのはやめようと思った大きな経験です。, 松下幸之助さんの愛が、甘やかしになってしまった人もたくさんいるのでは?と個人的には思います。, 少しでも勉強をして、少しでも内申点上げて、少しでも「食いっぱぐれない企業」に入ることが人生の大きな目的。, 経営者側は、長く働いてくれる人を選ぶより、どれだけ会社に利益をもたらしてくれるかを優先するでしょう。, 終身雇用ではなく、プロスポーツ選手のように、1年ごとの契約になるではないでしょうか?, サラリーマンは、常に自分のスキルアップを意識し、より高い給与を求められる人財になるよう成長する。, 日本人は安定と安心を強く求める国民性なので、僕のような意見に否定的な人はいることでしょう。, ブランドを強化するというのは、自分の得意分野を強化し、それをマネタイズできるようにしておく。, 日本人サラリーマン「仕事やる気ある人」は6%しかいない | 友人・知人・親族は勧誘しないオンラインのネットワークビジネス, 『コロナウイルス』を含めた病気にならない為にも、定期的なケアは必要と自負して長年従事しております。, ドテラの製品・及び、『友人を誘わなくていい』ドテラのオンラインネットワークビジネスにご興味のある方は、LINEの登録を宜しくお願い致します。. Watanabe, Y., Isshiki, M. & Ohashi, J. Prefecture-level population structure of the Japanese based on SNP genotypes of 11,069 individuals. は中国北部、モンゴルの一集団に高頻度のタイプで、国内では九州北部から本州中央部にかけて多い。, 4. 頭髪は黒色か茶色で直毛もくせ毛もあり、 Monika Karmin, Lauri Saag, Mário Vicente. Pille Hallast, Chiara Batini, Daniel Zadik, Yali Xue, Tatiana Zerjal, Weidong Bao, Suling Zhu, Qunfang Shu, Jiujin Xu, Ruofu Du, Songbin Fu, Pu Li, Matthew E. Hurles, Huanming Yang, and Chris Tyler-Smith, "Male Demography in East Asia: A North–South Contrast in Human Population Expansion Times. (2003)Genetic Affinities of the Andaman Islanders, a Vanishing Human Population Current Biology Volume 13, Issue 2, Pages 86–93, Tambets, Kristiina et al. 鼻高展望花の丘(高崎市)に行くならトリップアドバイザーで口コミ(10件)、写真(32枚)、地図をチェック!鼻高展望花の丘は高崎市で31位(151件中)の観光名所です。 英語発音に関する日本人特有の6つの訛りとは? 英語は世界中の人々に話されている言語で、国によって特徴的な訛りがあります。日本も例外ではありません。日本的な訛りというのが存在しています。 (2008)[109]では、日本列島の人類集団が琉球クラスターと本土クラスターに分かれることをゲノムレベルで示した。これはミトコンドリアやY染色体の解析からも予想されていた、日本列島人類集団の二重構造モデルを支持する結果であった。しかし本土クラスターと琉球クラスターの遺伝的分化の程度は非常に小さく、そのためSNPの頻度の違いは大部分についてはわずかであった[110]。, しかしYamaguchi-Kabata et al. 群馬県高崎市の鼻高展望の丘で撮影したコスモスです。今日は冷たい雨が降っています。 励みになりますので写真が良ければポチっと応援をお願いします 鼻高展望の丘(10/17n) 鼻高展望花の丘(高崎市)に行くならトリップアドバイザーで口コミ(10件)、写真(32枚)、地図をチェック!鼻高展望花の丘は高崎市で31位(151件中)の観光名所です。 日本人の表情がエクマンの理論とは異なることを実証 -世界で初めて日本人の基本6感情の表情を報告-. Lell, Jeffrey T. et al. BMC 13:216, 徳永勝士 (1995)「HLA遺伝子群からみた日本人のなりたち」『モンゴロイドの地球(3)日本人のなりたち』東京大学出版会, 第4章, 遺伝子からみた日本人, p193-210, 徳永勝士 (1996) 「HLA の人類遺伝学」『日本臨床免疫学会会誌』=『Japanese journal of clinical immunology』19(6), 541-543, 徳永勝士 (2003)「HLA と人類の移動」『Science of humanity Bensei 』(42), 4-9, 東京:勉誠出版, 徳永勝士 (2008)「HLA遺伝子:弥生人には別ルートをたどってやってきた四つのグループがあった!」『日本人のルーツがわかる本』逆転の日本史編集部, 東京:宝島社, p264-p280. ", Toshikatsu Shinka, Keiko Tomita, Tatsushi Toda, Svetlana E. Kotliarova, Juwon Lee, Yoko Kuroki, Dong Kyu Jin, Katsushi Tokunaga, Hideki Nakamura, and Yutaka Nakahori, "Genetic variations on the Y chromosome in the Japanese population and implications for modern human Y chromosome lineage,". (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}). (2020) による全ゲノム研究では、いくつかの縄文人の標本を分析し、それらが現代のアジア人と遺伝的に異なり、シベリアを通って日本に移動した可能性が高いことを発見し、南ルート仮説を支持しない結果となった[126][127]。, 第一波の渡来民が、ユーラシアの各地からさまざまなルートで日本に流入した。特に1万2000年前まで日本は大陸と陸続きであったため流入は容易であった。この集団は狩猟採集を主とし、現在の大半の東アジア人とは大きくDNAの異なる集団だった。この旧石器時代の日本人がそのまま縄文人へと発展したと考えられる[128]。, 縄文時代後期になって、第二の渡来民が流入した。これは縄文人とDNAを大きく異にしていたが、後述の第三期渡来民とも若干異なっていた。斎藤はこの集団を黄海沿岸に住む「海の民」と推定し、漁労を主とする狩猟採集民もしくは狩猟採集と農耕をともに生業とする園耕民であったとした。この集団は日本列島中心部において縄文人と混血したが、北海道、南西諸島、東北地方にはほとんど影響を及ぼさなかった[129]。また、ABO式血液型の分布から、この集団はO型を主とし、シベリアもしくは東南アジアの集団と近縁である可能性がある[130], 朝鮮半島を通じて稲作を主とする渡来民が流入し、水田稲作を導入した。この集団は主に北九州、畿内、関東を結ぶ日本の中心軸に広がり、その他の場所では比較的影響を及ぼさなかった。特に北海道や南西諸島、東北への影響は引き続きほとんどなかった[131]。, 政治の中心が畿内に移り、朝鮮半島に加え、現在の上海周辺からも若干の渡来民が流入するようになった。古墳時代に入ると、東北地方に居住していた第一段階(旧石器・縄文人)の子孫の大半が北海道へ移り、替わって第二段階(漁労民もしくは園耕民)の子孫を中心とする人々が住み着いた。南西諸島では、グスク時代に南九州から第二段階の子孫を中心する集団が移住・混血し、江戸時代には第三段階の集団との混血も進んだ。北海道では古墳時代から平安時代にかけてオホーツク文化人と縄文人の子孫との交流があり、江戸時代以降は本土日本人との混血も進んだ[132]。, 仮に東アジアの六集団(本土日本人、アイヌ人、沖縄人、韓国人、北方中国人[注 20]、南方中国人[注 21])がすべて三つの集団の混血からなると仮定してゲノムを分析すると、第一段階の集団の遺伝子はアイヌの一部が100%を受け継いでおり、沖縄人は20%弱、本土日本人もそれより低い確率で受け継いでいるが、その他の三集団ではほとんど見られない。第二段階の集団の遺伝子は、沖縄人が80%以上、本土日本人が60%以上、韓国人は30%前後、北方中国人が10%前後受け継いでいるが、南方中国人はほとんど持っていない。第三段階の集団の遺伝子は南方中国人のほぼ100%を占め、北方中国人の90%前後、韓国人の70%前後もこの系統である。本土日本人においては第一段階の集団よりも多いが、第二段階の集団よりは少ない。アイヌにもある程度影響のある個体が存在するが、沖縄人への影響はほんの一部に過ぎない[133]。ただし、これらの推計は限りなく単純化されたもので、必ずしもそのまま受け取れるものではないことに注意する必要がある[134]。, Watabe et al. 2001-2002, The Dual Origin and Siberian Affinities of Native American Y Chromosomes. State zitte, altrimenti vi faccio volare giù dalla finestra! Copyright © Kyoto University. 日本の国籍(日本国籍)を持つ人。; 祖先が日本列島に居住していた集団(大和、アイヌ、 琉球人など)。; 日本民族を自らのアイデンティティとする人。 もしくは、他者から、日本民族に帰属すると考えられている人。 は縄文中期はじめ頃日本に流入。メラネシア原住民の文化と著しく一致(乳棒状石斧、棍棒用石環、石皿、土器形態と文様、土偶、土面、集団構造)。男性秘密結社の祭り(ナマハゲ)、タロ芋の一種であるサトイモを祭事の折の食物にする。, 2.は縄文末期に日本に流入。狩猟生活とともに山地丘陵の斜面の焼畑において陸稲を栽培した。(太陽神アマテラスの崇拝、家族的、村落共同的シャーマニズム、司祭的女性支配者), 3.は弥生初期に満州、朝鮮方面からツングース系統のある種族によって日本に流入。粟、黍を焼畑で栽培しながらも狩猟も行った。アルタイ語系の言語を最初に日本に持ち込んだのはこの種族。(櫛目文土器、穀物の穂摘み用半月系石器)。日本語のウカラ、ヤカラ、ハラカラなど同属集団を意味する言葉ハラ=カラはツングース諸語において外婚的父系同属集団を呼んだ語ハラ (Hala) に系統を引く。, 4.は紀元前4世紀から5世紀頃、揚子江の夏口地方よりも南の沿岸地域から呉、越両国滅亡に伴う民族移動の余波として日本に渡来したもの。弥生文化における南方的と言われる諸要素を日本列島にもたらした。アウストロネシア系の種族文化。(水稲耕作、進んだ漁撈技術、板張り船)若者宿、娘宿、寝宿、産屋、月経小屋、喪屋など機能に応じて独立の小屋を建てる慣習も年齢階梯制(年齢や世代の区分で社会を階層づける社会組織)によるもの。, 5.は支配者王侯文化・国家的支配体制を持ち込んだ天皇氏族を中心とする部族の文化。4の文化と同系同質の種族が、西から来たアルタイ系騎馬遊牧民によって征服され国家に組織されることによって、満州南部に置いて成立したが1世紀前から南下し始め朝鮮半島南部に暫く留まり3 - 4世紀頃に日本列島に渡来。大家族、「ウジ」族、種族のタテの三段に構成される種族構造。「ウジ」父系的氏族、軍隊体制、王朝制、氏族長会議、奴隷制、氏族職階製、各種の職業集団、鍛冶職集団などを所有。氏族や種族を五つの部分に区画する「五組織」的な社会及び軍事の構造もこの文化。天神崇拝、父系的祖先崇拝、職業的シャーマニズムなどの宗教要素もこの文化。ユーラシア・ステップ地域の騎馬遊牧民の文化と本質的に完全一致する。, 古代史、文化人類学研究者の鳥越憲三郎は「倭族」仮説(倭族論)を提唱している[162]。鳥越の定義では倭族とは「稲作を伴って日本列島に渡来した倭人、つまり弥生人と祖先を同じくし、また同系の文化を共有する人たちを総称した用語」である[163]。古代日本列島における倭人・倭国については『魏志倭人伝』(『三国志』魏書東夷伝倭人条)が有名であるが、鳥越は他の史書における倭人の記述(『論衡』から『旧唐書』に至るまで)を読解し[164][出典無効]、長江(揚子江)上流域の四川省・雲南省・貴州省の各省にかけて、複数の倭人の王国があったことを指摘した。その諸王国はたとえば『史記』にある以下の諸国である[165]。, さらに鳥越は、倭族の起源地を雲南省の湖・滇池に比定し、水稲の人工栽培に成功したというシナリオを描く。以降、鳥越は古代史的な文献研究と現場調査を交差させ、倭族の一部が日本列島に移住し、また他の倭族と分岐していったことを示した。分岐したと比定される民族には、イ族、ハニ族(古代での和夷に比定。またタイではアカ族[166])、タイ族、ワ族[167]、ミャオ族、カレン族、ラワ族などがある[168][出典無効]。ほか鳥越は、高床式建物、貫頭衣(和服)、注連縄などの風俗を比較している。また諏訪春雄は倭族を百越の一部としている[169]。, いずれにせよこの倭族論(倭族仮説)は長江文明を母体にした民族系統論といってよく、観点は異なるが環境考古学の安田喜憲の長江文明論や近年の稲作の渡来とも重なっている。, 日本語の起源は、従来、アルタイ諸語やオーストロネシア語族との関連が想定されてきたが、比較言語学的にはまだ証明されていない。現在の所、日本語の起源については、いくつかの説が出ているが決定的な物はない。, 平成17年(2005年)度から21年(2009年)度にかけて、日本学術振興会による共同研究「更新世から縄文・弥生期にかけての日本人の変遷に関する総合的研究」が行われ、2010年2月20日には国立科学博物館にて公開シンポジウム「日本人起源論を検証する:形態、DNA、食性モデルの一致、不一致」が開催され、また雑誌『科学』(岩波書店、2010年4月号)では同内容が掲載された[170]。研究代表者の溝口優司は、研究班員全員の同意が得られるようなシナリオは作れなかったと断ったうえで、日本列島へのヒト渡来経路は現時点では次のようになるとしている[注 22]。, また同研究では、北海道縄文時代人は北東アジア由来かもしれないという仮説、縄文時代人の祖先は東南アジア・中国南部のみならず広くオーストラリアまでも含めた地域の後期更新世人類の中から探さなければならないという指摘、後期更新世の沖縄港川人はアジア大陸の南方起源である可能性が高いが、北海道 - 九州地方の縄文時代人とは下顎形態に多数の相違点が見出され、両者の間の系譜的連続性を認める従来の仮説は見直される必要があるという主張もなされた[173][出典無効]。, 前者は日本男性、後者は日本女性を指す。武士道、武芸、日本的道徳、教養、芸術、和裁、日本料理の技能などを備えていることの誉め言葉としてよく使われる。国際スポーツ大会で活躍した日本チーム・選手は、20世紀末からは「サムライ○○」と呼ばれるようになった。(例)サムライブルー、サムライジャパン。, アイヌ語で、アイヌ人以外の日本人を、「自分のそば」「隣人」という意味のシサムという。それ以外の言語では、おおむね「漢語の日本の現地発音、ジパングに類似した固有名詞」+「国民、住民を表す接頭語、接尾語」で表現される。, なおネアンデルタール人はY-C次いでY-D系統に属しており、現存する人種では日本人が一番ネアンデルタール人に近いことになる。つまり、多くの人種がユーラシア大陸の果てにある日本に最終的に到達し、またそれらが完全に淘汰されず(殺害されずに)に混血して残っているという特徴がある。, 移民してきた少数の稲作耕作者から稲作が原住民に伝搬された可能性とを考えれば、稲作伝搬が必ずしも大規模な移民を裏付けるものではないことに注意が必要である。, 古代世界の航海技術は従来考えられてきたよりもずっとさかのぼって高度に発達していた可能性が近年の考古学では明らかになってきているが、まだ年代や具体的な技術の内容については確定できない, なお、ウイグル人とヤクート人は西ユーラシア人との混血のため東アジアの主集団と離れていると考えられる。また韓国人は若干日本列島人と同様の乖離の傾向を示したため、わずかではあるが縄文人のDNAを含んでいる可能性が示唆された, ただし、北海道地域のサンプルはアイヌを選んだわけではないということに留意する必要がある, IK002の個体と現代の本土日本人との先祖としての一致は10%程、混血としては3.3%としている。, 人種差別撤廃委員会の最終見解(CERD/C/JPN/CO/7-9)に対する日本政府コメント(2016年8月), 鈴木孝夫『日本人はなぜ英語ができないか』 (1999年、岩波書店)、pp.17-19, 溝口優司(国立科学博物館人類研究部長)『アフリカで誕生した人類が日本人になるまで』日本人の成り立ちについての3つの仮説 (P173), I. Nonaka, K. Minaguchi, and N. Takezaki, "Y-chromosomal Binary Haplogroups in the Japanese Population and their Relationship to 16 Y-STR Polymorphisms,".