今日はフェラーリ F360のECUチューニングをご紹介致します。 空前の爆発的ヒットとなっているスズキ ジムニー。納車を心待ちにしている人も多いのではないでしょうか?オン・オフでのバランスの良さ、高い走行性能と実用性を備えたジムニーですが、チューニングをすることで、さらに楽しく乗ることができます。今回は老舗チューニングパーツメーカーに、基本レシピを聞いてみました。文・山崎 友貴/写真・APIO, 日本を代表するコンパクトクロカン4WDのジムニーですが、実はノーマルで乗っている人が少ないほど、モディファイが盛んな車種です。先代のJB23/43型では、多数のメーカーやショップから専用のオリジナルパーツがリリースされており、新型の市場には他のカテゴリーのチューニング&ドレスアップメーカーが新規で参入するほどの活況ぶりです。そんな市場において、すでに半世紀もジムニー専用パーツを造り続けているメーカーがあります。神奈川県にある「APIO」。常にジムニーと共に歩み、近年では自社でジムニー博物館を造るといったジムニー文化の啓蒙活動も行っています。JB23/43型では数え切れないほどのオリジナルパーツを開発。その性能と信頼性は、同社が出場した数々の国際ラリーレイドにおいて実証されています。そんなAPIOの河野仁社長に、新型JB64/74型のチューニングレシピについて聞いてみました。, まず、モディファイの第一歩と言えば、タイヤ&ホイール。APIOプッシュのホイールは『WILDBOAR SR 16インチ(2万6,000円/本)』。クラシカルな雰囲気のジムニーと、愛称のいいデザインが特徴のアルミホイールです。, 「LJやSJといった、歴代のジムニーが履いていた純正ホイールを意識してデザインしました。これに185/85R16サイズのオフロードタイヤを組み合わせれば、ノーマルのサスペンションでも、かなり見栄えが良くなります。」, タイヤをインチアップしたら、できればサスペンションの変更も行いたいものです。リフトアップをすれば、見た目の迫力もアップしますし、タイヤのトラベル量が増えるため、オフロードでの走破性も向上します。APIOが出した最新のサスペンションは『JB64/74用20㎜アップサスペンションキット(11万4,000円)』。「ジムニーの場合、まず○インチアップという数値が先行してサスペンションが作られることが多いのですが、弊社は今回20㎜アップを選択しました。JB64/74型は元々ホイールアーチが大きく、クリアランスが十分に取られています。そのため、上げすぎると間が抜けたように見えます。さらに、純正サスペンションの完成度が非常に高いため、ノーマルのフィーリング以上のものを実現しないとなりません。クオリティの高いサスペンションを選ばないと、間違いなく日常で乗るのが嫌になってしまうでしょう。」と河野さんは言います。, エンジンのフィーリングに不満を感じているなら、迷わずマフラーの変更をお勧めします。「エンジンルーム内のチューニングをしないでも、マフラーを交換するだけで、レスポンスの改善や中低速のトルクアップが実現できます。リアビューのドレスアップもできるので、マフラー交換は一石二鳥と言えますね。」JB64/74用マフラーの第一弾としてリリースされたのが、『静香御前マフラー(5万円)』。純正リアバンパーにマッチングするように設計されており、センターパイプから後方を変えるだけの手軽さです。もちろん車検対応型なので、交換後も安心して乗り続けることができます。APIOでは、年内中にヨシムラとコラボしたマフラーも発売する予定です。, ジムニーチューニング基本レシピの最後は、前後バンパーです。バンパーを交換するのは、単なるドレスアップとして考えがちですが、ジムニーの場合は大切な意味があります。河野さんに聞いてみました。, 「JB64/74の場合は殊更なのですが、純正バンパーは下に大きく張り出しており、オフロードの凹凸地形を走る時に、下部を地面に擦ってしまうことが多いのです。破損は傷が付くということはもちろんですが、場合によってはそれが障害となって、前進後退が出来なくなることもあります。そこで、クロスカントリー走行でも干渉しない形状とサイズにして、ジムニーのアプローチアングルとデパーチャーアングルを向上させるのが、バンパー交換の大きな目的です。」APIOでは今夏発売を目指して、現行型ジムニー用の前後バンパーを開発中とのこと。大いに期待したいところです。, 今回は、ジムニーチューニングの基本レシピをご紹介してきました。でも、ジムニーチューニングはさらに奥深いものがあります。ただし変えればいい結果が出るというわけではなく、やはりバランスが大切なことも忘れてはいけないポイントです。まずは今回のレシピを参考に、ジムニーをイジる楽しみを体感してみてください。※文中の価格は全て税別です, 四輪駆動車専門誌、RV誌編集部を経て、フリーエディターに。RVやキャンピングカー、アウトドア誌などで執筆中。趣味は登山、クライミング、山城探訪。小さいクルマが大好物。, ポルシェに認められたネクセンタイヤ…オールシーズンタイヤ”エヌブルー4シーズン”を飯田裕子氏が徹底解説, 車内をとても快適にするおすすめカー用品・便利グッズ30選!【自動車のプロが厳選!】, 「おっさんホイホイ」の次は「ジムニー女子」!?ジムニーは女性の心も掴めるか?【吉田由美のYou & Me】. エンジンはK15B 1500ccのNAエンジンです。 今日は開発していましたジムニーシエラ JB74W のECUチューニングが完成し販売開始致しますのでお知らせします。 現在大人気のジムニーシエラ JB74W. jb64 jb74 ジムニー ジムニーシエラ コイルスプリング サスペンション チューニング マフラー 2020.05.21 エンジン系ハードチューンやサスペンションなど、スポーティカー系のトップチューニング・ブランドとして人気の「BLITZ(ブリッツ)」が、クロカン4WD・SUVにも本気で参入! 今日はランサーEVO10ファイナルエディションのECUチューニングをご紹介致します。 トヨタ 2代目ウィッシュの5つのグレードを徹底比較!中古車でおすすめのグレードはこれだ!! トヨタ 3代目エスティマの4つのグレードを徹底比較!中古車でおすすめのグレードはこれだ!! 鮮やかなブル…, おはようございます。 電装系(チューニングcpu)のことなら「みんカラ」。スズキ ジムニーに装着できるパーツのレビューや価格情報が満載。パーツレビュー投稿数690万件突破!スズキ ジムニーのパーツ情報は日本最大級のクルマ情報サイト「みんカラ」 「燃料残量警告灯(ガソリンランプ)」が点滅しても、あと50kmは走行できるって本当?, 【2020年版】お金がなくても乗りやすい国産スポーツカーおすすめ10選!平均中古価格も掲載!, 自動車のプロやカー用品店店員がおすすめする洗車グッズ・道具・用品30選!これでもう迷うことなし!, 【プロが徹底解説】トヨタ 新型ハリアー(4代目)の内装・外装、荷室、装備、オプション、欠点を試乗レビュー, スズキ 新型ジムニー(JB64)のカスタム事情を徹底解説!~タイヤのサイズアップやリフトアップ~, 【JB64】新型ジムニーは軽自動車のボディサイズ(全長・車幅・全高)を最大限に活かした居住空間!ライバル車種との比較など徹底解説!, 【JB64型】新型ジムニーの荷室収納力を徹底解説!~釣りなどのアウトドアから普段使いまで~, 【JB64】新型ジムニーこだわりのボディカラーバリエーションなどの色について徹底解説!~ハイビジとロービジ~, 自動車保険は「走行距離」によって保険料が変わるって本当?安くするためのポイントとは?, 自動車保険の運転者を本人・家族限定すると保険料は安くなる?「運転者範囲」と決め方を紹介!, 119.9万円から...大人気SUVのトヨタランドクルーザープラドの中古購入をおすすめする理由と評価, 【2020年版】プロもおすすめ!ドライブレコーダー 最強おすすめ29選!楽天・アマゾンランキングもご紹介. 【動画・土屋圭市が提案?若い人はRAV4を買え?!】伝説の5冠元RQ藤木由貴とモータージャーナリスト工藤貴宏が24分徹底解説!, その道のプロたちが”おすすめ”!これを買っておけば間違いなし!車の便利グッズや用品をご紹介. ホンダ 5代目ステップワゴンの4つのグレードを徹底比較!車中泊におすすめグレードはこれだ!! 施工頂きましたお客様より車両の画像をご提…. 今日は早速FK8シビックタイプRのSTAGE2α(アルファ)の感想を頂きましたので許可を頂き掲載させて…, こんにちは トヨタ アルファードハイブリッドの9つのグレードを徹底比較!おすすめの4WDグレードはこれだ!! 今日は開発していましたジムニーシエラ JB74W のECUチューニングが完成し販売開始致しますのでお知らせします。, この車両が多く使用されるシチュエーションとしましてはサーキットをガンガン走るではなくほとんどが街乗りで通勤やお出かけに使用されるいわゆる普段使いがメインではないかと思います。, ALIENTECH JAPANではこの普段使いの乗り味に拘ってデータを作成しました。, ノーマルはどちらかというともっさりとした車体の重さを感じますがECUチューニング後はキビキビと思いのままに走らせる事が出来、乗っていて楽しく気持ちのいいフィーリングになります。, ECUチューニングまでしてパワーは別にいらないという方でも違いは必ず体感出来ると思いますしストレスなく気持ちの良いジムニーシエラになると思います。, ですがやはりALIENTECH JAPANとしましてはMAXパワーもしっかりと上げます!!, 1500ccのNAエンジン ハイオク仕様ではありますがMAX馬力や全開走行でのパワー トルク共に向上する事が出来ました。, こちらはどれくらいの変化なのかはお問合せにてお答えさせて頂きたいと思いますのでお気軽にお問合せ下さい。, よりハイパワーデータが出来た場合などのVerUPも可能なので是非まずはSTAGE①仕様を楽しみたい方がいらっしゃいましたらお気軽にお問合せ下さい。, 蓋を分解する事なくピン部のみの接続で故障のリスクも最小限に書き換える事が出来ます。, 当社や各代理店へご来店での施工も可能ですしECUを郵送頂き通販での書き換えも可能です。, こんにちは 今日は岡山県にありますALIENTECH JAPAN代理店であるギャザリングガレージ様にてZC83S スイフトの…, 今日は広島県にありますオートファクトリー様にてアウディ RS-4 2019年式へECUチューニングを施工頂きましたのでご紹介致しま…, こんにちは エンジン系ハードチューンやサスペンションなど、スポーティカー系のトップチューニング・ブランドとして人気の「BLITZ(ブリッツ)」が、クロカン4WD・SUVにも本気で参入!そう、ジムニーJB64に、チューニングパーツを続々とリリースし、業界に新風を巻き起こすイキオイなのだ。, 角張った背の高いフォルムには斬新なBITZロゴをまとったJB64は、一見ノーマル然としているが中身はかなりアグレッシブだ。, まずサスペンションは、車高調整式。ジムニーはコイルスプリングによる前後リジッド式だが、スプリングにブラケットをプラス。このブラケットに付随するスプリングの受けとなるロックナットを上下させることで、車高を換える仕組みだ。車高調整範囲はフロント±0~+40㎜、リヤはマイナス5~+35㎜で、今回のデモカーと同じ仕様のフロント+30、リヤ+25㎜アップが基準値だ。ちなみにBLITZにとっては、これが初めて手がけた“リフトアップサス”になる。組み合わせるショックアブソーバーは単筒・高圧ガス式で、減衰力は32段の調整が可能。これを見ると相当スポーティ…つまり“硬い”イメージだが、BLITZによるとむしろ、乗り心地と操縦性の両立に努めたという。なるほど、高圧ガス式ショックだけに、乗り味は引き締まっているが自然な乗り心地で、リバウンド側の減衰値の立ち上がりが早いため、車高アップにもかかわらずハンドリングはシャキシャキ、気持ち良く走れる。このあたりのセッティングは、さすがのノウハウだ。, 定評のあるBLITZオリジナルマフラーを左右2本出し/サークルテールでJB64にも設定。マフラー本体とテールパイプが別体になっている仕様で、テールは3タイプのカラーから選択が可能、さらに出幅もの調整もできる。例えばクロカン走行に挑む際には引っ込めておく…なんてこともできる。もちろんサウンド&レスポンスの良さは言うまでもないが、このスペックにして、車検も問題なし。, BLITZではJB64用のエアクリーナーも、いわゆる“キノコ型”をメインに5タイプを用意。今回装着されていたのはカーボン製のシールドを採用したもので、シールド自体の発熱を抑えて吸入温度の上昇を抑制してくれる。また、カーボン×レッドアルマイトのカラーもスポーティマインドに火をつけるものだ。, 電子制御アクセルのレスポンスを自在に制御可能とする“スロコン”、そして、ターボ車のブースト圧を最適に制御しアクセル開度に応じたトルク特性を発揮する“パワコン”、これら2つの機能をまとめた次世代パーツが「パワスロ」だ。ハイエンドなパワー&トルクアップを実現できる上、エコモード、スマートモードなど25モードの走行モードを選択することができる。, デモカーには開発中のブローオフバルブも装着されていた。従来からジムニー+BLITZブローオフバルブはお馴染みのメニューだが、“ジムニー専用”は今回が初とか。, ブーストアップ+αを目標に、純正タービンと置き換える、ボルトオンで装着可能。BLITZ専用サイズのコンプレッサーホイールとタービンホイールを組み合わせた新開発タービンで、効率のいい過給と高回転まで伸びのある出力特性を実現する。ターボ単体では+5ps/+6.2Nmを発揮。これに“パワスロ”を組み合わせれば83.4ps&112.9Nmまでジャンプアップする快速仕様となる!これらはジムニーと同エンジンを積むアルトワークスのノウハウでもあり、まさにBLITZの真骨頂といったところ。実際加速の凄まじさは、ジムニーのものではなかった!, ソフトライド寄りなノーマルサスに対して、BLITZの車高調サスペンションを装着すると乗り味は引き締まったものに生まれ変わった。ただし、〝硬い〟ワケではなく、コーナリングでは自然なロール感からすばやく姿勢が立ち直って気持ちのいいハンドリングを披露、さらに長距離移動も楽にこなすような乗り心地だ。また、チューニングも実に良い! やり過ぎない快速仕様により、自然に速く・力強くなったことを実感できた。, 高圧ガスショックだけに低速走行時は若干突き上げがあるが、スピードを上げた時の接地感はバツグンだ。一方、チューニングによる発進時の力強さなどは、クロカン走行にもベストなフィーリングだった。, 組み合わせるショックアブソーバーは単筒・高圧ガス式で、減衰力は32段の調整が可能。これを見ると相当スポーティ…つまり“硬い”イメージだが、BLITZによるとむしろ、乗り心地と操縦性の両立に努めたという。なるほど、高圧ガス式ショックだけに、乗り味は引き締まっているが自然な乗り心地で、リバウンド側の減衰値の立ち上がりが早いため、車高アップにもかかわらずハンドリングはシャキシャキ、気持ち良く走れる。このあたりのセッティングは、さすがのノウハウだ。, NUR-SPEC Custom Edition VS [EXHAUST SYSTEM].