軍事情報誌「ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリー」もJ-20の「新型エンジン(鋸歯状のステルス処理)」について報じているので、J-20のステルス性能向上は事実である可能性が高い。, 参考:Images show J-20 fighter fitted with new engines, 新型エンジンを搭載した第5世代戦闘機「J-20」の写真が中国のネットに出回っており、この新型エンジンの詳細は不明だが中国が開発した「WS-15」の派生型と見られ、これまでJ-20が装備していたエンジンと違いは、排気ノズルのステルス化だ。, 新型エンジンはステルス性能を高めるため、ロシアの「SU-57」が搭載しているエンジン「Izdeliye30」と同じように、鋸歯状のステルス処理を施した丸形の短ノズルを装備していると見られ、これまで「J-20」の弱点と言われてきた機体後部のステルス性能を向上させると見られる。, 補足:鋸歯状のステルス処理を施した丸形の短ノズルの写真は、こちらのサイトで写真を見ることができる。「新型歼20首飞:尾喷口呈锯齿状,新国产发动机,新国产发动机」, 中国では、この新型エンジンを搭載した「J-20」の登場によって、完全なステルス性能を持つ「第5世代戦闘機」を手に入れたと主張しており、軍事情報誌「ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリー」もJ-20の「新型エンジン(鋸歯状のステルス処理)」について報じているので、J-20のステルス性能向上は事実である可能性が高い。, 今年7月、香港のサウスチャイナ・モーニング・ポストは、中国人民解放軍空軍がステルス戦闘機「J-20」を台湾空域を管轄する東部戦区空軍機関への配備を完了し、台湾海峡及び、日米による軍事活動に対し対処していくだろうと報じており、中国安徽省にある芜湖湾里空軍基地に配備されたJ-20は、南西諸島(尖閣諸島を含む)空域の大半を作戦半径に収める事ができると言われているが、最も懸念すべきはJ-20の「数」だ。, 中国は2025年までにJ-20の年間量産数を「150機」程度まで引き上げることを目標にしており、もし事実なら、2030年までに中国は第5世代戦闘機を700機から800機保有することになり、日本にとっては悪夢でしか無い。, 2030年までに、米国は第5世代戦闘機を1,500機程度は保有しているが、日本は147機のF-35が全てで、2030年代中に次期戦闘機「F-3」の調達が始まったとしても、大量配備されたJ-20に数の面で対抗するのは不可能だ。, もちろん、中国との武力衝突は限りなく非現実的なシナリオだが、日本に対する軍事的プレッシャーとして見る場合、非常に大きな力を発揮するだろう。, ロシア、トルコ向けに「カスタマイズ」した第5世代戦闘機「SU-57T」を提案か?前のページ, 日中韓の戦車と比較? 台湾が導入するM1A2T「エイブラムス戦車」は最強次のページ, F-35といいJ-20といいラプターのようにノズルの排気効率落としてまで低RCS化するより Copyright K.K.DeAGOSTINI JAPAN. //]]>. 新型エンジンを搭載した第5世代戦闘機「j-20」の写真が中国のネットに出回っており、この新型エンジンの詳細は不明だが中国が開発した「ws-15」の派生型と見られ、これまでj-20が装備していたエンジンと違いは、排気ノズルのステルス化だ。 戦闘機・軍用機 ; 塗装 10 ... +クリアーブルー、クリアー+セミグロスブラックを斑に塗装したらマスキングしてノズルの塗装に備えます。 塗装 8 ブラボーとは. 支援戦闘機F-2A その6 迷彩塗装 », Scale : 1/48 $(function(){$("#medal-list li").show(),$("#medal-list").carouFredSel({auto:!1,prev:"#prev",next:"#next"}),$(".list_carousel img").powerTip({placement:"n"}).on("click",function(){return location.href=$("#medal-list").attr("data-href"),!1})}); 支援戦闘機f-2a その4 ジェットノズルの塗装と機体のマスキング (2013年3月20日) 支援戦闘機f-2a その5 サフ吹き、基本塗装 (2013年3月21日) 支援戦闘機f-2a その6 迷彩塗装 (2013年3月22日) 支援戦闘機f-2a その7 デカール貼り(1) (2013年3月26日) ちょっと微妙ですが塗装すればそこそこ見られるようになると思います。 製作記を書いてて気付いたんですが、この加工だと最終的にノズルの縁が 厚くなってしまうので、あらかじめ削り込んで薄くしとくべきでしたね。 (その2に続く...) NATO軍はロシア軍を恐れても、人民解放軍はどうなろうと構わないのでは?, イギリス・フランスは近年南シナ海に軍艦を派遣し、アメリカのFOPに協調して中国への示威行動を行っています。, >>2030年代中に次期戦闘機「F-3」の調達が始まったとしても、大量配備されたJ-20に数の面で対抗するのは不可能だ。, 幾ら中国の軍事費が豊富だからと言って、J-20を年産150機製造できる余裕が有るのかねぇ? Maker : ハセガワ 丸型ノズルのまま低IR化する方がいいという判断でしょうか。, F-22のノズルは低RCS化は目的じゃないんじゃなかったか? 無駄な金を今の内にドンドン使ってくれ。, 世界中の軍事に関連する出来事をいち早く届けるミリタリーニュース系ブログとして運営中, アルツァフ共和国(旧ナゴルノ・カラバフ自治州が独立国だとして名乗っている国家名)…, 海上自衛隊は10日、岡山県玉野市で建造されている新型護衛艦「30FFM(3,90…, 国会国防委員会に出席したソ・ウク国防部長官が「原子力推進の潜水艦を検討している」…, 韓国メディアは12日、企画財政部(財務省相当)は防衛事業庁が軽空母建造のため要求…, ロシアのミシュスティン首相は11日、スーダンにロシア海軍基地を建設するための2ヶ…. 下地に艶有り黒を吹いてからガイアのスターブライトシルバーをまんべんなく塗装しました。ここから色々な色を重ねて行きます。, ここからタミヤカラーのクリアーレッド、クリアーブルー、クリアーオレンジ、クリアーレッド+クリアーブルー、クリアー+セミグロスブラックを斑に塗装したらマスキングしてノズルの塗装に備えます。, マスキングが完了したらノズルの塗装に移ります。ノズルは一旦ガイアのスターブライトジュラルミンで下地を作ってから先端をハルレッド、その後ろからジャーマングレー、更にその後ろをクリアーブルー+クリアーで調色した塗料を敢えてムラが出る様に筆塗りしました。ハルレッドとジャーマングレーの部分はスターブライトジュラルミンでドライブラシをかけてます。ここからマスキングしてノズル可変部を調色したスターブライトゴールドで塗装する予定です。, 裏側の塗装はスターブライトシルバーの上にスターブライトジュラルミンを吹いて単調にならない様にしています。最終的には全体に汚しをかける予定なのでまた少しイメージが変わるでしょうけど。, マスキングを全て外してみましたが中々面白い表現になった気がします。エンジン塗装は以上になります。, ブラボー11 お気に入り登録0 コメントする0