看護師 看護計画 静岡県 循環器科, 人間の心臓は日々活動しており、生命維持に必要不可欠な臓器です。ゆえに、心臓の機能が正常に働かなくなると、生命を脅かす事態を招いてしまうことになります。, 経済発展が著しい現代社会において、心不全を患う患者数は軒並み増えてきているため、それに伴い、心不全の看護ケアの必要性も高まっています。, ここでは、心不全患者に対する適切な看護ケアを行うための知識の習得と理解を目的として、心不全の基礎と看護ケアに関する情報を記載していますので、ぜひ参考にしてください。, 心不全というのは病気の名前ではなく、心臓病やその他の病気により、心臓のポンプ機能が低下したり、心臓の働きが不十分になり、全身の体組織の代謝に見合うだけの十分な血液を供給できない状態にある症状のことを指すため、厳密には症候の名前です。, 心臓は「左心」と「右心」に分かれており、それぞれが房室弁で心房と心室に隔てられています。左心では肺静脈→左心房→左心室→大動脈→体、右心では大静脈→右心房→右心室→肺動脈→肺というように、血液が循環しています。, 心臓は体や肺に血液を送り込む役割を持っており、病気などの影響でこの機能が低下することで、身体に送り送る血液量が減る、または各所で血液が停滞(うっ血)し、息切れや倦怠感、むくみなど様々な症状が出現し、放置し続けると死に至ることが多々あります。, 上で述べたように、心不全は右心または左心の機能が低下した状態のことを言い、その種類は主に「収縮機能不全」、「拡張機能不全」があります。収縮機能不全または拡張機能不全のどちらかをきたすことが多いものの、同時に発生することもあります。, 心臓の収縮力が弱まることで、心臓に戻ってくる血液に見合うだけの量を送りだすことができず、心室に多量の血液が貯留します。, 心臓が硬くなり、収縮後に十分に広がらなくなることで、血液を取りこむ能力が低下します。その結果、心室に血液が貯留し、この過程で肺や全身の臓器にも血液が滞留します。, 心不全の原因は実にさまざまで、心機能を低下させる病気のほか、貧血や加齢などによっても起こります。以下に心不全の原因となる主な疾患・症状を列挙します。, 狭心症や心筋梗塞などで心筋が薄くなる(拡張型心筋症)、または厚くなり(閉鎖性肥大型心筋症)、血液をうまく送り出せなくなります。心筋症そのものが血液の排出に障害をきたすため、心不全と強い関わりを持つ病気です。, 心筋炎は細菌やウイルスなどが原因で発生し、次第に心筋が壊れて心臓の心機能が低下します。, 心臓を包んでいる袋を「心膜」と言い、これが細菌やウイルスなどにより炎症が起こり、心膜が癒着したり線維化または石灰化することで硬くなっていきます。その結果、心臓が拡張困難に陥り、心臓が拡張する際に心臓に流れ込む血液量が減少し、心不全が起こります。, 脈拍が異常に早い「頻脈」は、心室性期外収縮、心筋細動、心筋粗動などに発展し、脈拍が異常に遅い「除脈」は、洞結節不全症、房室ブロックなどを起こします。これらの病気により、心臓に無理な負荷がかかり心機能の低下につながります。, 動脈硬化により、冠動脈が狭窄・閉塞することで、血液が心筋に届かなくなります。その結果、酸欠状態に陥り、心筋が正常に働かなくなり、進行すると心臓そのものの力が低下し、心不全へと発展します。, 心臓弁膜症を発症すると、血液を塞き止る、または排出するための弁が狭くなったり(弁膜症)、弁機能の低下により血液が逆流を起こす(閉鎖不全症)ことで心臓に多大な負担がかかります。これにより、心臓のポンプの働きが弱くなり、全身へ送り込む血液量が低下します。, 心臓の壁や弁の異常形成など、正常な心機能に障害があると心臓に負担がかかり、心不全になることがあります。, 腎臓が血液から余分な水分を取り除くことが出来なくなり、心臓が送り出す血液量が増加し、継続的に心臓に負担がかかり続けると心不全が発生します。, 心拍出量の増加や末梢血管抵抗の増加により、血圧が上昇します。高血圧になると、その対処のために左心室の壁が厚くなり(硬くなり)、十分な血液を取りこめなくなります。, 加齢に伴い、心筋間にアミロイドなどの異物が沈下し、心肥大や拡張障害、さらに弁の変性など、心臓にさまざまな変化がみられます。また、安静時・運動負荷時ともに心拍出量が低下することで、心機能が低下し、心不全をきたします。, 心不全の治療には、生活の改善に加え、重症度に合わせて薬物を用い、場合によっては運動療法を取り入れます。, 生活改善は主に、心臓に負担をかけないように、体重を落としたり、アルコール・食塩・脂肪・水分の過剰摂取を避けたり、ストレスを排除していきます。, 薬物療法は、NYHAやAHA/ACCの重症度に合わせて、ACE阻害薬、β遮断薬などの薬物を用いて心筋や血管を保護します。, 運動療法は、運動耐容能、心機能、血管機能などの改善を図り、心不全になりにくい体づくりを目指します。, 心不全を悪化させないための生活の改善は、主に「水分制限」「塩分制限」「嗜好品の禁止・制限」「休息と睡眠」「温度調整」から成ります。これらは患者本人が実践する内容であるものの、看護師は患者が適切に実践しているかをしっかりと確認し、在宅療養に移る際には入念に指導し、心不全の改善・予防に努めなければいけません。, 水分を摂取しすぎると血液量が増えてしまうため、心臓に負荷がかかります。軽度の心不全の場合は水分制限を行う必要はありませんが、中等度・重度の場合は、過剰に水分を摂らないようにしなければいけません。, 塩分の成分であるナトリウムは、水分を体に取り込む性質を持っているため、血中のナトリウム濃度が高くなると、細胞内から細胞外へ水の移動が起こり、循環血液量が増えます。その結果、血圧が上がり心臓に負担がかかるため、重症度に関わらず塩分制限は非常に大切です。, タバコには血管を収縮させる物質が含まれているため、動脈硬化など血管疾患、それに伴う心疾患を助長させます。また、ニコチンが交感神経系を刺激し、血圧の上昇・脈拍の増加を招きます。, アルコールの過剰摂取も厳禁です。アルコールを摂取することにより一時的に血圧は下がりますが、長期的な飲酒は血圧を上げます。また、心拍数が増加するため心臓に負荷をかけます。少量のアルコールなら問題ありませんが、多飲傾向にある場合は、制限しなければいけません。, 不規則な生活や寝不足、ストレス、過労は血圧を高め、心臓に負荷をかけてしまいます。また、これらは心不全だけでなくさまざまな病気を発症する原因であるため、毎日十分に休息・睡眠をとることが大切です。, 人間の体は、寒さ感じると血圧を上昇させ、体温を調節します。また、寒いところから暖かいところに行くと急激な血圧変動が起こります。それゆえ、日々の生活の中で寒くなれば防寒具やマフラーを着用するなど保温を心掛け、入浴時には急激な体温変化を防ぐために、脱衣所を暖かくしておくなど配慮が必要です。, 薬物療法は、NYHAやAHA/ACCの重症度ごとや原因や症状などによって、使用する薬物を決定します。薬物療法は心不全の原因そのものを治すのではなく、心筋や血管を保護するためのものであるため、生活改善も同時進行で行っていきます。, ■AHA/ACC(American Heart Association / American College Of Cardiology)の分類, また、重症度が高い場合にはスピロノラクトンやピモベンダンを追加します。さらにQOLの改善も考慮しておきます。, 運動療法は、心機能・血管機能を改善・向上させる効果があり、筋肉量が増えたり、自律神経のバランスが改善されるなど、心不全の悪化を防ぐとともに、再発予防としても非常に有効です。また、運動療法を行うことで気分転換やストレスの軽減につながるため、精神的にも良い影響を及ぼします。, なお、心不全患者に適応となる運動療法は、一般的に心疾患の同様であり、「心臓リハビリテーション」と呼ばれています。, 運動することにより、筋肉量の増加、筋肉内の毛細血管の強化に繋がり、身体が多くの酸素を取り込めるようになります。また、骨格筋が増加することで、循環中の血液環流や一回拍出量が増加することで、心機能を強化し、心不全になりにくくなります。, 肥満、いわゆるメタボリックシンドロームは内臓脂肪蓄積を病態の根源としており、動脈硬化や高血圧、冠動脈疾患などを発生させる原因の一つです。運動療法を取り入れることで、これら心不全の原因疾患の発症を防ぐことができます。, 心疾患患者の約1/3が鬱または抑鬱状態にあり、鬱による気分低下やストレスの蓄積は心疾患の予後を悪化させます。運動療法には鬱を改善させる効果や、気持ちが安らぐなどQOLの改善効果もあるため、精神的にも多大な好影響を与えます。, 心不全を患う患者は、上記のような「生活改善」「薬物療法」「運動療法」を取り入れて改善を図っていきます。この治療の過程において、各症状の緩和、精神的な安楽、二次的合併症の防止など、患者の状態を的確にアセスメントした上で、適宜、状態に見合う看護を提供していきます。, 最後に、心不全の看護に対してさらなるスキルアップを図りたいという方のために、認定看護師に関する情報を記載します。2014年における慢性心不全看護の認定看護師数は184人で、未だそれほど多くはありません。, 慢性心不全患者が年々増加する現状において、当該領域の認定看護師の必要性はますます高まっているため、よりより看護を提供したいという強い気持ちをお持ちの方は、ぜひ資格取得へ向けて進んでいきましょう。, 1~3の条件を満たした上、以下の指定の教育機関で6か月(615時間以上)におよぶ教育課程を修了し、筆記試験に合格すれば、認定看護師の資格を取得することができます。, 今や心不全は、高齢者だけでなく若年層や中年層の人にとっても身近な疾患であり、再発リスクの高い疾患でもあります。また、一度発症すると、容易には改善されないため、継続的な治療を必要とします。, 心不全の看護は観察と指導を主体としますが、精神的なケアも必要不可欠であり、重症度問わずQOLの向上を支援していかなければいけません。心不全の悪化や二次的合併症を防ぐために日々入念に観察し、患者が心身ともに安楽な状態で治療に専念できるよう、心不全に関する確かな知識を持った上で、適切なケアを提供して頂ければと思います。, 1965年生まれ、静岡県静岡市在住。スタッフナース歴11年、看護師長歴2年。静岡県内の大学で教育を学び、卒業後は小学校教諭として勤務。後に看護師の道に目覚め、看護学校へ入学し、同県内の総合病院(循環器科)へ就職。現在はイベントナースやツアーナース、被災地へのボランティアなど、幅広い分野で活躍している。, 脊髄損傷は、損傷のレベルや位置によって生じる症状や障害が違い、その障害のレベルによって看護ケアも変わ, どの職場でも合コンはよくあるはずだ。ナースとなれば出会いも限られ出会いの場を求めて合コンの話, みなさんも災害派遣や海外支援など、自衛隊看護師の活躍を目にしたことが一度はあるでしょう。国家, 師長がこっちを見て「あ!」っていう顔をした時は要注意。というか、逃げ出したくなります。だって、師, 胆嚢炎の患者数は、原因の一つである胆石を持つ人の数が増えているのに比例して増加しています。発, VAP(人工呼吸関連肺炎)の看護|原因や予防バンドル、ガイドライン、6つの看護ポイント. 心不全とは また、交感神経系の亢進やアンギオテンシンⅡにより抹消血管抵抗が増大し、心臓から全身に血液を送り出すのに負担が生じる(後負荷の増大)。 心不全というのは病気の名前ではなく、心臓病やその他の病気により、心臓のポンプ機能が低下したり、心臓の働きが不十分になり、全身の体組織の代謝に見合うだけの十分な血液を供給できない状態にある症状のことを指すため、厳密には症候の名前です。 心臓は「左心」と「右心」に分かれており、それぞれが房室弁で心房と心室に隔てられています。左心では肺静脈→左心房→左心室→大動脈→体、右心では大静脈→右心房→右心室→肺動脈→肺というように、血液が循環しています。 心臓は体や肺に … 心疾患はあるが身体活動に制限はない。日常的な身体活動では著しい疲労、動悸、呼吸困難あるいは狭心痛を生じない。, 軽度の身体活動の制限がある。安静時には無症状。日常的な身体活動で疲労、動悸、呼吸困難あるいは狭心痛を生じる。, 高度な身体活動の制限がある。安静時には無症状。日常的な身体活動以下の労作で疲労、動悸、呼吸困難あるいは狭心痛を生じる。, 心疾患のため、いかなる身体活動も制限される。心不全症状や狭心痛が安静時にも存在する。わずかな労作でこれらの症状は増悪する。, 高血圧や糖尿病、肥満などにより、心不全のリスクは高いが、器質的心疾患や心不全はない。, 左室肥大、心筋梗塞の既往、弁膜症など器質的心疾患はあるが、心不全の兆候・症状がない。, 血圧や糖尿病がある場合には、積極的にACE阻害薬を投与します。ただし、ACE阻害薬に対する忍容性が乏しい場合にはARBを使用します。, 軽症においても無症候性と同様、まずACE阻害薬が適応となりますが、心筋梗塞後の左室収縮機能不全の場合にはβ遮断約を考慮し、心房細動による頻脈が伴う場合には、ジギタリスを使用します。, ACE阻害薬に加えβ遮断薬の導入を行い、肺うっ血所見や全身浮腫など体液貯留がみられる場合には、ループ利尿剤やサイアザイド系利尿薬を用います。, 体液管理と薬物治療が適正であるか見直し、心臓移植の適応について検討します。積極的な治療においても予後改善が期待できない場合には、本人や家族の同意のもと、苦痛の軽減・排除を主眼とした末期医療ケアに移行します。, 環境の変化や病気に対する不安・ストレスにより不眠状態・精神的不安定となる可能性がある, 症状緩和のためのマネジメントを行い、 QOL を高めるための療養生活行動を支援する。, より質の高い医療を推進するため、他職種と共働し、チームの一員として役割を果たすことができる。, 慢性 心不全 看護の実践を通して、役割モデルを示し、看護職者への指導・相談を行うことができる. ・一般血液検査 事例アセスメント ・尿量(IN-OUTバランス) ・日本循環器学会:慢性心不全治療ガイドライン2010年改訂版.https://www.j-circ.or.jp/old/guideline/pdf/JCS2010matsuzakih.pdf 心拍出量の高低による分類 ・全身倦怠感 ・急性心不全に用いられる。, ・心筋のβ1受容体を刺激し、アデニル酸シクラーゼを活性化することにより細胞内cAMPを増大させ、心筋収縮力を増大させる。, ・ホスホジエステラーゼⅢを阻害するとともに心筋のトロポニンCのCa2+に対する感受性を増大させることにより強心作用を示す。 1.急性心不全薬の使い分け 生活習慣病やさまざまな基礎疾患、加齢などが原因となり、心機能、特に多いのは左心室のポンプ機能が低下することで起こります。心臓のポンプ機能の代償機転が破綻し、心拍出量低下、末梢循環不全、肺・体静脈系のうっ血をきたし、体内の血液循環が障害され、全身の器官に十分な酸素が行き渡らない状態となり、日常生活に障害を生じます。, 急性心不全 1) 日本循環器学会/日本心不全学会合同ガイドライン:急性・慢性心不全診療ガイドライン(2017年改訂版).https://www.j-circ.or.jp/old/guideline/pdf/JCS2017tsutsuih.pdf 訂正させていただきました * 第9回 IN/OUTバランスがわかると【心不全】がわかる! ① スピロノラクトン ② トリアムテレン, ・腎臓において、Na+と水の再吸収を抑制することにより利尿作用を示す。利尿作用により体循環量が減少し、前負荷が軽減する。 * 【心不全の症状】労作性呼吸困難、発作性夜間呼吸困難、安静時呼吸困難, 右心室のポンプ機能が低下して右心房圧が上昇し、右心房や静脈系に血液のうっ滞が起こり、これらの症状が現れます。, 心不全の診断は、基本的な症状観察や診察、胸部X線や血液検査、心電図検査、心エコーによって行い、疾患によっては、心臓カテーテル検査も必要となります。各検査で心不全の状態を把握し、病状に合わせて治療を行います。, 血液検査では、脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP)の濃度をチェックすることで、心不全の重症度が分かるので指標にします。BNP値は、血液検査後すぐに判明する便利なバイオマーカーです。BNPをガイドしながらの心不全治療は、スクリーニングなどの予防医療だけでなく、重症化防止、さらには医療連携のツールとしても有用であると考えられます。, これらの検査で、心不全の原因の特定、重症度の判断をします。原因疾患があれば、それに対する治療を行います。. 当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。 Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!, ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。 「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。, もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!, 本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。. ・不安やストレスへの傾聴, ・日本心不全学会 治療 心不全そのものの治療と原因となっている疾患への治療を行います。急性期であれば、心臓負荷の軽減を目的とした利尿剤による水分調節、血管拡張薬などの薬物療法の他、必要に応じて酸素投与やnppv(非侵襲的陽圧換気)などを用います。 * 【心不全とは?】心不全の検査データはココ(左室駆出率など)を見る! 心不全の症状 ・日本循環器学会 ・服薬状況 現役の薬剤師ですが病院に再就職したことで 心不全によって心臓の収縮力が弱いと、全身へ十分に血液を送り出せません。これは、心臓に血液がなかなか戻ってこないということも意味しています。つまり、全身に水分がたまります。 静脈にたくさんの水分(血液)がたまると、その分だけ圧力(血圧)が高くなります。その結果、各臓器の細胞に水分が貯留してしまいます。この状態が浮腫です。体内への水分の貯留により、肝腫大や下肢浮腫、肺うっ血などが引き起こされます。 また、肝硬変によって肝臓の機能が低下すると、アルブミンと呼ば … ・食事の摂取量 $��e20120J��a`$����� � �� 公開日: 2.慢性心不全薬の使い分け * 狭心症の種類・症状と診断と治療 * 心筋梗塞の看護ケアのポイント * 【心不全】低下したのは拡張機能?収縮機能? ・心音・肺雑音 心拍数をあまり上昇させずに心拍出量を増大させることができる 第6回 慢性心不全患者さんのアセスメント、バイタルサインなどどこを見る?(その1), https://www.j-circ.or.jp/old/guideline/pdf/JCS2017, https://www.j-circ.or.jp/old/guideline/pdf/JCS2010, 2017年度 KCCC BIG EVENT NURSING FESTIVAL開催のお知らせ▶, 【事例1】初めて心不全で入院した患者の看護 ~患者の望む生活を支えるセルフケア支援~, HFrEF患者に対しては、RAA系抑制薬とβ遮断薬を開始し、目標用量に向けて増量。HFpEF患者に対しては、標準的薬物療法は確立されておらず、高血圧などのリスクに関する加療を強化. いま。動画をみていて気づきましたので * 心不全の緩和ケアとは|イチから知りたい! 心不全の緩和ケア② 2) 2013 ACCF/AHA Guideline for the Management of Heart Failure. ・湿性ラ音の聴取 ●病態から考える心不全管理のアセスメント ・血管および腎臓のANP受容体に結合し、膜結合型グアニル酸シクラーゼを活性化することで細胞内のcGMPを増加させ、血管拡張、利尿作用を示す。 よろしくお願い致します. 3)6か月に1回以上の入院や低LV E F ・末梢の静脈が拡張することで静脈還流量が低下し、前負荷を軽減する。 ・血管拡張により末梢血管抵抗を減少させるとともに利尿作用により体循環量を低下させることにより前負荷、後負荷を軽減する。, ・体内で一酸化窒素(NO)を遊離し、血管平滑筋の可溶性グアニル酸シクラーゼを活性化することでGTPからcGMPの生成を増大させ、血管拡張作用を示す。 ・塩分の摂取量 ・日本循環器学会:急性心不全治療ガイドライン2010年改訂版.[https://www.j-circ.or.jp/old/guideline/pdf/JCS2011izumih.pdf]https://www.j-circ.or.jp/old/guideline/pdf/JCS2011izumih.pdf0).  頻脈、心筋収縮機能の亢進、循環血液量の増加、末梢血管抵抗の低下により心拍組織の代謝が亢進し、必要な心拍出量が増加すると、高拍出性心不全を起こします。, 低拍出性心不全  ・運動の重要性と適切な運動量の指導 * 心不全について知ろう! 左心不全とは 代償機能:心臓のポンプ機能が低下した時に働く機能で、交感神経系およびレニン・アンジオテンシン・アルドステロン系(RAA系)の働きにより、前負荷・後負荷が増大し、血圧が維持される, 腎臓の尿細管によるNaの再吸収を阻害することで、循環血液量の減少を図り、前負荷・肺うっ血・浮腫を改善する, 低用量の場合、静脈系を拡張し血液を静脈系にプールさせることで、肺うっ血・浮腫を改善する. ④:Na+,K+-ATPaseにより、細胞内のNa+が細胞外に放出される。 心臓への前負荷、後負荷が過剰になると、心臓はポンプ機能を維持するために心筋細胞に構造変化が生じる(この構造変化を心筋リモデリングという)。, 活動電位発生に伴い心筋細胞内にCa2+が流入すると、筋小胞体から多量のCa2+が放出され、心筋細胞内のCa2+濃度が増大する。心筋細胞内に増加したCa2+は、アクチンフィラメント上のトロポニンCと結合し、アクチンフィラメントとミオシンフィラメントに架橋が形成され、筋収縮が認められる。その後、Ca2+ポンプによる筋小胞体へのCa2+の取り込みと細胞膜上のNa+–Ca2+交換機構により細胞内のCa2+が減少し、心筋は弛緩する。, ①:活動電位が発生し、Ca2+が細胞内に流入する。