基本的に「わ」が手前になる向きで使います。   手紙で連絡を取り合うことも可能ですが、今すぐ聞きたいことに対して手紙は使わないですよね。ここで私は疑問に思いました。 戦国時代の人たちは、一体どんな 伝達方法 を使っていたのだろうか。 もちろん戦国時代に電子機器は存在していません。 ⑤そこを裏に向けて折ったら完成です。   お茶をいただいた後には、懐紙を使って飲み口を拭きます。 手が汚れないだけでなく、見た目も美しいです。 もちろん郵便などない時代ですから、偉(えら)い人であれば家来(けらい)などに持たせ、また遠い所であれば旅人(たびびと)などに預(あず)けて相手方に届けてもらったのでした。 そこでもう一度、写真の二通の手紙を見て下さい。     こうしたかな文字文化の熟成に伴い、相応しい筆も求められます。日本独自の工夫がなされ、穂先の長い筆が誕生しました。和様筆の誕生です。材質は、従来の狸や兎の軟らかい毛から、鹿等の腰の強い毛の筆が好まれてきます。     これからは日常的に懐紙を活用してみてはいかがでしょうか?. 日常で使える懐紙の活用方法についてご紹介します。, yuki nishikawaさん(@yuki__nishikawa)がシェアした投稿 – 2018年 8月月28日午前5時44分PDT, 元々短歌を書いたり、写経をしたりと書くことに使われていた懐紙。 ⑤お札のサイズで上の部分を折ります。 会社でお菓子を配られた際にティッシュにお菓子を置くこともありますよね? また和菓子を取るのに使った箸は、和菓子を置いた懐紙の端で拭ってから戻します。 平安時代、暦は天皇が陰陽寮の暦博士に作らせ、元日節会で奏聞されていたようです。 そして貴族たちにも分け与えていました。 天皇に進献される暦は具注暦二巻と七曜暦一巻。 その他の貴族の人々に渡るものは「頒暦」といい具注暦二巻ずつでした。 また箸袋やお年玉袋は、折り方を覚えておくと急に必要になった時にも使えて便利です。   おしぼりではなく懐紙を使うのがマナーです。, RIE_c9さん(@rie.c9)がシェアした投稿 – 2018年 7月月19日午後3時45分PDT, 懐石料理などをいただく席で箸袋がない場合には、マナーとして食べ終わった後に懐紙を使って箸袋を作り箸を入れることがあります。         当時の日本人にとってはとても身近なもので、今でいうポケットティッシュやハンカチのような役割をしていました。 また箸だけでなく、スプーンやフォーク、ペンなどを入れて幅広く使うことができます。, ①箸袋を横向きに置き、縦方向に4等分に折って開きます。       柄付きの懐紙で箸袋を作れば、お正月やお祝いの席にもピッタリの、華やかな箸袋になります。   平安時代は、日本独自のかな文字も成熟を迎えます。王朝貴族の間では、きらびやかな世界を舞台にした随筆や日記文学、そして宮廷では女流文学が黄金時代を迎え、日本文学の最高峰といわれる『源氏物語』が生まれました。     ティッシュではなく懐紙の上に置いた方が、油分も机に付かないのでおすすめです。, 中村活版印刷所さん(@nakamurakappan)がシェアした投稿 – 2018年10月月2日午後5時58分PDT, いかがでしたでしょうか? 古くからエチケットとして男女問わず持ち歩かれていた懐紙。       紐を結んでも素敵に仕上がります。, Chihiro Ogawa TOKYOさん(@chihiro_kimonosalon4s)がシェアした投稿 – 2018年10月月10日午後5時56分PDT, 懐紙で折った袋にお金を入れ、心づけとして旅館や料亭の人に渡すことがあります。 最近では柄入りの懐紙や、懐紙を入れる可愛いケースも販売されています。, @__teaislife__がシェアした投稿 – 2018年11月月12日午後7時16分PST, 懐紙は主に茶道や和食の席において使われることが多いです。   茶道の席では和菓子を乗せたり、茶器を拭いたりと欠かせない懐紙。実は和菓子を置くだけでなく、クッキーやビスケットを置いたり、箸袋やお年玉袋として使ったりと、色々な場面で活用できます。懐紙を使った箸袋やお年玉袋の折り方や、日常で役立つ懐紙の活用方法についてご紹介します。     平安時代初期の右大臣 藤原園人は、貧民救済を主要政策として精力的に取り組んだが、貧民層の増大が課題となっていたことを物語っている。平安前期には、人民内部で少数の富豪層と大多数の貧困層(一般百姓層)へと階層の二極分化が進んだ。   和菓子が回ってきたら、箸を使って自分の分のお菓子を懐紙に取り、懐紙をお皿代わりにして和菓子をいただきます。 平安時代は、日本独自のかな文字も成熟を迎えます。 王朝貴族の間では、きらびやかな世界を舞台にした随筆や日記文学、そして宮廷では女流文学が黄金時代を迎え、日本文学の最高峰といわれる『源氏物語』が生まれました。   ④ご祝儀袋と同じように、折り返した上の部分を下側に差し込みます。 魚の中骨を外すのに懐紙で魚の頭を抑えます。 日本人として懐紙の正しい使い方や活用方法を知っておきたいところですよね。 日本がまだ日常的に着物を着ていた時代では、着物の懐に入れて持ち歩いていたため懐紙と呼ばれるようになりました。       実は懐紙は茶道で使う以外にも、色々な場面で使うことができ、1つ持っているととても便利なんです! それくらい懐紙は、茶道においてなくてはならないものです。 二つ折りにして使い、折った部分を「わ」と呼びます。 これを応用して、千代紙などで折れば、お正月にもピッタリなお年玉袋として使うこともできます。         また、書体に応じて様々な筆を作らせ、その用途・製法と共に時の嵯峨天皇に献上しました。この時代、空海、嵯峨天皇、橘逸勢らは、日本の三筆と呼ばれ、その書風は後に開花する国風文化の基礎になります。 お茶の席では欠かせないアイテムです。 そんな時懐紙を使って拭き取ると、所作も美しく、グラスもキレイにできます。, 天智星河さん(@naba_tenchi_seiga)がシェアした投稿 – 2018年11月月6日午後7時47分PST, 懐紙は吸水性があり、お菓子の油分なども吸い取ってくれます。 これは箸や楊枝でお皿を傷付けるのを懐紙が防ぐ役割をしています。, @nannanteiがシェアした投稿 – 2018年10月月3日午前5時23分PDT, 懐石料理などの和食をいただく際にも懐紙を使う場面がたくさんあります。   ③もう一度裏返し、上下を折り返します。   着物から洋服を着るようになると、懐紙を持ち歩く文化も次第に薄れ、今ではあまり使われなくなりました。       その具体的な使い方についてご紹介したいと思います。, テーブル茶道教室 茶温さん(@saon.sachi)がシェアした投稿 – 2018年11月月13日午前7時03分PST, 茶道をやっている人なら必ず持っている懐紙。   バックに1つ入れておくと、拭いたり包んだりできてとても便利な懐紙。 可愛い柄のものもたくさん販売されているので、色々集めるのも楽しいですね♪ 市販のお年玉袋もいいですが、懐紙で折ったお年玉袋も風情があっていいですよね。       Chihiro Ogawa TOKYOさん(@chihiro_kimonosalon4s)がシェアした投稿, yuki nishikawaさん(@yuki__nishikawa)がシェアした投稿.       魚料理を食べる時は、懐紙が大活躍します。     ③左上の角の4分の1を三角に折ります。   2018.11.26 でもそれ以外の人にとっては、普段の生活で懐紙を使うことは少なく、使い方についてわからないことも多いですよね。   口に魚の骨が入ってしまった場合は、懐紙で口元を隠しながら骨を出します。 反対になると不祝儀の意味になります。   今回は懐紙を使った箸袋やお年玉袋の折り方や、日常で役立つ懐紙の活用方法についてご紹介したいと思います。, Masayuki Tsujiさん(@makun.tsuji)がシェアした投稿 – 2018年10月月29日午前12時29分PDT, 懐紙とは薄い和紙のことで、その名の通り懐に入れて持ち歩く紙のことです。     最澄に宛てた手紙「風信帖」に見られるような正統派的な書風だけでなく、かすれと速い筆の動きを生かした飛白体など様々な書体を残しています。 「相手と連絡が取れない」「仕事ができない」「生活に支障をきたす」等、不便なことばかり思いつきますよね。共通して困るのは、「連絡が取れない」ことではないでしょうか?, 手紙で連絡を取り合うことも可能ですが、今すぐ聞きたいことに対して手紙は使わないですよね。ここで私は疑問に思いました。, もちろん戦国時代に電子機器は存在していません。加えて郵便局も無かったので、手紙をすぐに送れる仕組みもありません。, けれど、時代劇を見たり歴史漫画を読んでいると、大事な情報を入手して味方に伝えていたり、戦いの勝敗が敵味方関係なく、すぐに伝わっている印象を受けます。, では一体戦国時代の人たちは、どんな伝達方法を使っていたのでしょうか?気付いたら情報収集が得意になっていたので、調べてみました。, 時代劇なんかでよく見かける狼煙(のろし)は、戦国時代、最速の伝達方法だったと言われています。リレー形式にすると、伝達距離を伸ばすことも出来たそうです。, 山の頂上等にできるだけ遠方から見えるよう、次の狼煙台からの視界も確保して設置されています。, また各狼煙を上げる場所にはのろし番人が存在しており、各藩毎に、時刻、煙の色、のろし時間等の詳細が決まっていました。なので、のろし番人を倒した人間が誤報の狼煙を上げたとしても、すぐに誤報と分かったようです。, 天候に左右されるのが難点ですが、狼煙が使えない場合は音での伝達が中心で、鐘や太鼓、ほら貝等が使われていたそうです。夜間など煙が見えない場合は、火そのものを使う烽火(ほうか)が用いられていました。, ちなみに豊臣秀吉が京都の伏見に築いた伏見城は、約100mの小高い丘に8階建てという壮大な天守を持ち、晴れた日には大坂城との通信が充分可能なように設計されていたのだとか。, 戦国時代は上級者の書状と共に、相手先に赴いていました。特に重要な情報は書状による伝達ではなく、使者を通じた口頭による伝達が最適とされていたそうです。, 相手先へ赴く時に、使者は馬に乗って移動をしていました。この馬のことを早馬(はやうま)と呼びます。しかし戦国時代の馬は現代のサラブレッドとは違い、小型で足の太いズングリムックリ型の現代の木曽馬に近い馬型でした。, 現代のサラブレッドが時速60kmで走行するのに対して、当時の早馬の短距離走行能力は通常の乗馬で時速40km、フル装備の鎧武者を背負うと時速30kmと、かなり遅いことが分かります。原付の法廷速度が30kmですので、現代で考えると急ぐ時に適してるとは言えないですね。, 電子機器等が存在していなかった戦国時代の使者は、乱戦の中を駆け抜ける武勇と、状況の変化に即応出来る判断力が要求される、責任の重い役目でした。なので使者に抜擢されることは、武士にとって名誉なことだったそうです。, 飛脚とは、信書や金銭、為替、貨物等を輸送する職業またはその職に従事する人のことを指します。, 飛脚は戦国時代よりも前からありましたが、まともに使われるようになったのは江戸時代以降です。, 戦国時代は、地方同士が敵対して戦うようになり、各地の諸勢力が関所を設けたため、領国間にまたがる通信が困難となりました。けれど、戦国大名が書状を他の大名に送ることがあったため、家臣、寺僧、山伏が飛脚となって派遣されていたそうです。, 軍用犬とは、軍務のために調練した犬のことですが、戦国時代、太田資正(おおたすけまさ)という大変な犬好きの武将が、日本初の軍用犬を考案し、伝令に使用したと言われています。 ※諸説あり, 岩付城主の太田資正は、居城である岩付城と属城としていた松山城とに、五十匹ずつの犬を飼っており、岩村城や松山城等の諸城や砦の間を行き来させ、道を覚えさせていました。, そしていざという時に、密書を入れた竹筒を首に結びつけた犬を野に放ち、伝令として使ったそうです。, 城を往来する人間には注意を向けても、城周辺を徘徊する犬にまでは目がいかないだろうという所に着眼しての、軍用犬の使用でした。天晴れです。, 戦国時代の伝達方法を調べてみましたが、昔の人は知恵を出し、工夫をし、命がけで相手に情報や思いを伝えていました。, 江戸時代になると戦がなくなり、飛脚が主流となります。また、全国の米価の基準であった大阪の米相場をいち早く他の地域に伝達するため、旗振り通信という旗を用いた伝達方法も生まれました。, そして現代ではスマホやパソコン等、生活する上でとても便利な電子機器が数多く生まれ、たくさんの人が利用しています。, 無料で相手とチャットや電話ができるLINEは、国内ユーザーが7,000万人(2017年10月時点)を超えているそうです。日本の人口が約1億2700万人(2017年9月時点)なので、日本の半分以上の人が利用していることになります。, 時代と共に相手と連絡が取れる手段が簡単になり、スピードも早くなっています。相手と簡単に早く連絡が取れることはとても魅力的ですが、どこか味気ない感じはしないでしょうか?, LINEが連絡の主流となってきている現代では、手紙を書く人が減ってきています。けれど手紙は、時間をかけ、思いを込めて書けば、相手に自分の思いが伝わる素敵な伝達方法です。, 忙しい毎日の中で少し時間を取り、今思い浮かぶ大切な人に手紙を書いてみてはいかがでしょうか?, 大切な人への思いや感謝が再確認出来、伝えることの大切さを感じることが出来ると思います◎.       和菓子 ②左下の角を上に折り上げます。 残った骨などは懐紙をかけて隠します。 柄付きの懐紙や千代紙を使って折れば、お正月やホームパーティーなどでも使える華やかな箸袋やお年玉袋になります。   平安時代中期には、小野道風、藤原佐理、藤原行成の「日本の三蹟」が登場し、それまでの鋭く厳しい中国の書風に代わる、角がとれてゆったりと流れる純和風の書風「和様」が確立しました。美術工芸においては、平清盛が安芸の国、厳島神社に「平家納経」を奉納しました。全三十三巻から成り、平家一族同門の郎等が一人一巻を納めた、平安末期を代表する写経です。金箔を施した豪華な紙と文字との調和は、貴族文化の究極の美といえます。. またおしぼりは基本的に手を拭くものなので、おしぼりを使ってテーブルの汚れを拭いたり、口元を拭くのはNGです。 まずナプキンの代わりに膝の上に置き、服が汚れないようにします。   懐紙を使うことで、テーブルマナーを守って美しく食事することができます。 お茶の席ではお茶の前に和菓子をいただきます。   食事中は受け皿の代わりに使ったり、グラスや口元についた汚れを拭いたりするのに懐紙を使います。 メモとしても使うことができます。 ④①で4等分に折った折り目に沿って折ります。   よく懐紙に和菓子が乗せられていることがありますが、クッキーやビスケットなどを置くのにも最適です。 平安時代前期、日本の書に大きな転機をもたらしたのが、弘法大師・空海です。中国の唐から日本に真言密教を伝えた空海は、仏法とともに膨大な美術品などを持ち帰り、大陸文化の真髄を日本に伝えました。そのひとつが、筆の製造方法や書体です。 ⑤表に返したら出来上がりです。, ①懐紙を斜めに置き、真ん中に4つ折りにしたお札を置きます。 銘々皿と呼ばれる小皿に懐紙を敷いて、その上に和菓子を乗せて提供される場合もあります。   Copyright© MICOLY, Inc. All Rights Reserved. ②右上の角を半分まで三角に折ります。 ③左側を右に折ります。 可愛い柄付きの懐紙なら、ちょっとした伝言や、お礼のお手紙などにも使えます。, Bistro Tomさん(@bistro_tom)がシェアした投稿 – 2018年11月月14日午後5時38分PST, レストランや料亭で食事をする時に、グラスに口紅が付いてしまうことがありますよね。   茶道や和食の席といった、懐紙を使うマナーがある場面では必需品ですが、日常のちょっとした時に、ティッシュの代わりに懐紙を使うだけで、なんだかとても古風で上品な印象になりますよね。  逆にすると不祝儀になってしまうので注意して下さい。   ②裏返して、2枚が重なり合った端の部分を折り返します。     miroom mag master, 茶道の席では和菓子を乗せたり、茶器を拭いたりと欠かせない懐紙。実は和菓子を置くだけでなく、クッキーやビスケットを置いたり、箸袋やお年玉袋として使ったりと、色々な場面で活用できます。懐紙を使った箸袋やお年玉袋の折り方や、日常で役立つ懐紙の活用方法についてご紹介します。, @hiro_iikuyoがシェアした投稿 – 2018年11月月10日午前1時20分PST, 茶道をされている方には親しみのある懐紙。   ④右端を左端に合わせて折ります。 格式張ったイメージが強い懐紙ですが、実は普段の生活でも色々な場面で活躍してくれます!   現在においても、茶道や和食の席においてはマナーとして使われています。 縦17.5㎝、横14.5㎝のサイズが一般的で、男性用は縦20.5㎝、横17.5㎝と少し大きめになります。       また懐紙が使われ始めたと言われている平安時代では、貴族の間で和歌を書くのに使ったり、写経をするために使われたりしていました。 ⑥頂点を裏側に折り返したら完成です。, daisyさん(@__.__daisy__.__)がシェアした投稿 – 2018年11月月3日午前11時21分PDT, 懐紙は包む以外にも色々な場面で使うことができます。 メッセージカードなどを入れて渡したら喜ばれますね♪, ①懐紙の長い辺が横になるよう縦長に置き、右下から折り上げます。 可愛い模様の懐紙を使えば、ちょっとした封筒としても使えます。 手で拭うのはマナー違反になります。