旦那は私の顔を上の中と言います。だったら上の上がいたら私は捨て... ゴートゥーイート 11月中に終了する可能性高いですか?キャンペーンに気付いてなくて最近予約し始めたので 5日ぐらい前の朝、突然血尿と、レバーのような血の塊が出ました。とりあえずその日のうちに、泌尿器科に通院し検査をしてもらったんですが、結石や腫瘍の疑いは低いとのことでした。 次は、来週(27日) … 原因の可能性や、対処法など何でも結構ですので 明後日に控えた検査を受診し、真摯に自分の現状を受け止め対処したいと思います。 男性の方で尿の色を見て赤みを感じたら、何かしらの病気のサインかもしれません。そのような場合は、病院の受診をおすすめします。, 45歳女性 期間続くと、膀胱内に結石ができることがあります。, 膀胱内に多量の残尿が残るようになったり、排尿障害のために膀胱壁が高度に肥厚(厚くなる)すると、腎臓から膀胱への尿の流れが妨げられ、腎臓が腫れる状態(水腎症)となり、腎不全になることがあります。, 溢流性(いつりゅうせい)尿失禁は、膀胱内に常に多量の残尿が存在するために、膀胱内にそれ以上尿が貯められなくなり、まるでダムから水が溢れるように、尿道から尿が溢れ出て、いつも尿がちょろちょろと漏れる状態を言います。, 後述するように、前立腺肥大症に対しては、まず薬物治療が行われますが、上記のような合併症を発症した場合には、手術による治療が行われます。. 痛み止めは、私の不安からやむなく出したもので、1度しか使用していません。 さっそくペニスを診察すると、確かに出血は止まっていました。 しかしながら私、尿道口からわずかながら分泌物がでているのを見逃しませんでした。 さっそくこの分泌物を染色して顕微鏡で観察すると、多核白血球に取り込まれた双球菌を確認できました。 これは臨床診断では、いわゆる淋 また、高齢になるにつれ膀胱癌などの尿路腫瘍の頻度が高まるとの意見や、喫煙者であれば膀胱癌も多いとの声も挙がりました。高齢者や喫煙者の血尿は、膀胱癌も念頭におく必要がありそうです。, 高齢者や喫煙者では、まず膀胱癌を考えるとコメントした医師がいらっしゃいました。これは、「尿路結石」と答えた医師のコメントでもありましたね。, また、「高齢者の無症候性肉眼的血尿(痛みなどの症状を伴わず、色調により本人が気づく血尿)は膀胱癌を疑う」、「膀胱癌は血尿で発見されることが多い」との声が見受けられることから、高齢者や喫煙者で尿の色を見て血尿だとわかる場合には、やはり膀胱癌の可能性を念頭におく必要がありそうです。 検査結果は、6段階中Ⅱという判定でした。 また、膀胱癌と答えた医師のコメントでは、特に高齢者と喫煙者で膀胱癌が多い模様です。このことから、年齢や喫煙歴などによって血尿になる原因は異なることがうかがえます。 ほかにも数は少ないものの、さまざまな回答が見られたことから、一口に血尿と言っても原因は多岐に渡るようでした。 それまで水分補給を多めにし、経過観察をしてくださいとのことなんですが… ありがとうございました。, さっきアメリカが国家非常事態宣言を出したそうです。ネットで「これはやばい」というコメントを見たのですが、具体的に何がどうやばいんですか?. 1週間前から生理が始まり、排尿の度にサラサラした血液が入った尿があります。便器は、赤く染まっています。時々、レバーのような固…, 2週間にSEX後に鮮血に近い血尿が出ました。また2日後にSEXした後に血尿が出ました。何もしない時は血尿は出ません その後怖いのでSEX等…, 今朝いつものようにトイレに行って排尿をしたら(見にくいですが)写真のような真っ赤な血の色でした。排尿時に痛みもなかったため驚き残尿も出して…, 飲酒によってしゃっくりが出る原因は何?飲酒で生じたしゃっくりを止める方法として適したものは?医師525人に聞いてみました, なかなか上手く吐けない吐き気の症状がある場合、無理にでも吐くべき?適した対処法ってなに?医師524人に聞いてみました, 目に白いモヤがかかる時ってどんな病気?他にどんな症状があったら病院を受診すべき?医師133人に聞いてみました, 寒気を伴う吐き気がある場合、考えられる病気は?どう対処すればいいの?医師518人に聞いてみました, 「男性の血尿の原因として最も多いものは何ですか」という質問に対し、47%の医師が「尿路結石」と回答。次に「膀胱癌」が35%の医師の支持を得る結果となりました。医師のコメントでは、尿路結石の多さについての言及が複数見られました。また、年齢を重ねると膀胱癌・尿路腫瘍の頻度が高まるとの意見や、喫煙者であれば膀胱癌も多いとの声あり、年齢や喫煙歴によって血尿になる原因は異なるようでした。さらに、「大きい前立腺肥大症で、抗凝固薬を内服している高齢男性の前立腺部尿道出血をよく見ます」とする声も見受けられました。このように、頻度に違いはあれど、さまざまな病気の可能性があり、一口に血尿と言っても原因は多岐に渡るようです。, 基本的に疾患数に比例します。膀胱がんが多くても、疾患数が結石のほうがべらぼうに多いです。. 結石や腫瘍の疑いは低いとのことでした。 Copyright (C) gohongi-clinic. 次は、来週(27日)に紹介状をいただいた大きな病院で精密検査を受けることになっています。 結婚したことを後悔しています。私と結婚した理由を旦那に聞いてみました。そしたら旦那が「顔がタイプだった。スタイルもドンピシャだった。あと性格も好み。」との事です。 病気になっても受診したくない科目ベスト3入りが確実な(※n=5)である泌尿器科を専門としてしまった医師が、受診を躊躇している人々が泌尿器科に対して抱いているであろう誤解を解いてみます。オシッコのことで悩んでいる人、泌尿器科を受診するのは恥ずかしくないし怖くないし痛くないんだよ!ってことをお伝えします。. 摂生を心がけたいと思います。 水分補給をしているためか、頻尿の気と尿の切れが以前より悪い感じです。 血尿は昨日あたりから見えなくなりましたが、(薄くなっただけかもしれませんが) 普段、排尿時に尿の色をチェックしていますか?ふと見てみると、“血尿”が出ていて驚いたという方もなかにはおられるのではないでしょうか。女性は膀胱炎が多いなんて話を聞いたことがありますが、男性が血尿を出した場合、どのような原因が考えられるのでしょうか。 All Rights Reserved. 普段、排尿時に尿の色をチェックしていますか?ふと見てみると、“血尿”が出ていて驚いたという方もなかにはおられるのではないでしょうか。女性は膀胱炎が多いなんて話を聞いたことがありますが、男性が血尿を出した場合、どのような原因が考えられるのでしょうか。 心なしか袋の付け根あたりが痛むような感覚もあります。 私はそれを聞いて最初は嬉しかったけど、だんだん不安になってきました。 普段、排尿時に尿の色をチェックしていますか? ・美容に関する悩みなら、ご気軽にご相談ください・無料カウンセリング前のご相談も行っています。・完全予約制となりますので、必ずお電話ください, 膀胱から尿が外に出るまでの通り道を尿道といいます。おしっこをする時、痛みを感じることを一般的に排尿時痛といい、尿道に細菌が侵入して感染を起こすことによりさまざまな症状が現れます。 身体的な疲れや精神的なストレスなどで体の免疫力が落ちている時にこれらの感染症にかかりやすいといわれており、病気によっては高熱、血尿や頻尿、残尿感、排尿困難を伴い、尿道が狭くなっていれば尿の線が細くなることもあります。 また、一部の性感染症が尿道の痛みの原因となることもあり、その場合は排尿時に焼けつくような痛みがあったり、尿道から黄色や白い膿が出て尿が濁ったり、尿の出口が赤く腫れたりすることもあります。, 尿の出口から細菌などが侵入し、尿道や前立腺に感染して炎症を起こしたり、何らかの理由により尿道の粘膜に傷がついたりすることで痛みが出現します。 尿が出始める時の痛みの原因としては、尿道炎、前立腺炎、淋菌感染症などの性感染症が多く、尿が終わるころに生じる痛みの原因としては尿路結石や膀胱炎、尿が出ている間に痛みが持続する原因としては尿道結石、尿道腫瘍、尿道外傷などによる尿道狭窄が多いです。 ちなみに、結石の約95%は腎臓や尿管にできるといわれており、尿道結石の頻度は高くありません。また、尿道腫瘍も発生頻度の低い、まれな疾患です。尿道炎は放置すると排尿困難を起こす尿道狭窄の原因になるため、専門医の受診が必要となります。, 細菌、真菌、ウイルスが尿道に入ることにより起こります。女性は尿道が短いため、膀胱炎を併発することが多くなります。, 症状としては、男女ともに排尿時の痛み、おしっこの回数が多い頻尿、尿意切迫などが見られ、男性で性感染症である淋菌またはクラミジアが原因の場合は、尿道からの分泌物が見られます。通常、原因菌に合った抗菌剤や抗ウイルス薬で治療します。, 前立腺に痛みと腫れが現れる病気で、細菌感染が原因で発症するものと、原因が良く分からないものがあります。, 症状として、排尿時の痛み、おしっこの回数が多い頻尿、尿が出にくい排尿困難、膣の出口と肛門の間の会陰部や腰、男性の性器や精巣に痛みを感じます。ゆっくりと発症して再発を起こす慢性前立腺炎と、急速に進行する急性前立腺炎があります。治療としては薬物療法、物理療法、手術療法が選択されます。, 交通事故やスポーツによる骨盤骨折などの外傷や、尿道にカテーテルや膀胱鏡などを通す医療行為中に尿道が傷つくことを尿道外傷といいます。, 症状として多いのは、尿をする時の痛み、血尿、尿が出にくいなどです。傷が挫傷にとどまれば自然に治ることもありますが、尿道が裂けている場合は手術による治療が必要になることが多いです。, 膀胱からおしっこが排出される通り道を尿道といいます。長さは男性で約20cm、女性で約4cmです。尿道がんはまれな病気ですが、早期から周囲の組織に広がる傾向があります。 原因としては、膀胱がんの病歴、繰り返す性感染症などがあります。, 早期のがんでは症状が全く出ないことがあります。病気が進むと尿道から膿が出る、おしっこに血が混じる、排尿時に尿が出にくい、夜間に頻尿がある、会陰部や陰茎のしこり、足の付け根のしこりなどに気付くことがあります。, 膀胱から尿の出口までの尿道に結石がとどまる病気で、尿道が長い男性に多くなっています。膀胱結石が尿道に落ちることで起きることがほとんどです。, 症状としては、下腹部の強い痛み、頻尿や残尿感などのほか、尿が出にくかったり、二股に分かれたり、勢いが弱くなることもあります。肉眼で分かる血尿が見られることもあります。, 〒152-0001 東京都目黒区中央町2-18-14最寄駅:学芸大学(東急東横線). 原因不明の場合もあると指摘した医師もおられましたが、色々と調べた結果、病気が見つからないというケースもあるようです。 Copyright (C) gohongi-clinic. コメントからは、普段の泌尿器科の診察において、尿路結石が多い様子が伝わってきました。 尿の出るところが 鏡で見ても よくわかりません。陰核の すぐ下の小陰唇の奥でしょうか・・ 小陰唇の付け根あたりの隠れた奥のほうでしょうか?それとも 陰核と くっついた 外側から よく見える部分でしょうか? 本などで調べて ホットペッパーのGotoイート終了予告が出ましたが、今から今月の残り日数全てに予約を入れてもポイントは入りますか?ほぼ毎日キャンペーンを利用しているのですが、先ほど予約受付の終了予告が出ました。 ・美容に関する悩みなら、ご気軽にご相談ください・無料カウンセリング前のご相談も行っています。・完全予約制となりますので、必ずお電話ください, 血尿は、赤っぽい色のついたおしっこだけではありません。色がついていなくても血が混じっている場合があります。, おしっこに血が混じる状態を「血尿」といいます。そのまんまです。ただし注意しなければならないのは、尿が赤〜黒っぽいなど目で見て明らかに分かる場合と、目で見て分からないものの、検診で尿に血が混じっていることで分かる場合があるという点です。, 日本泌尿器科学会によると、日本では約500万人の患者さんがいると推測され、血尿は年齢と共に増え、男性よりも女性に多い傾向があります。健康診断や人間ドックではおよそ10%の方に血尿が見つかります。, 血尿に伴う他の症状としては、おしっこが近くなり回数が増える、排尿時の痛み、背中やわき腹の痛みなどがあります。他の症状の有無にかかわらず、目で見て分かる赤い尿が1回でも出た場合は医師に相談してください。, おしっこに血が混じる「血尿」の原因を大きく分けると、腎臓で尿ができる時に血が混じる場合と、尿ができた後に尿管や膀胱で血が混じる場合の2通りがあります。, 原因として最も多いのは、強いわき腹の痛みを伴う尿路結石です。これは、腎臓、尿管、膀胱など尿の通り道に小さな石が形成されることで起こります。肉類などの動物性脂肪を取り過ぎたり、アルコールを飲み過ぎたりすると結石ができやすくなります。尿管は細いため、結石が尿管内で尿の流れを妨げたり粘膜を傷つけたりすると、痛みや「血尿」の症状が出ます。, おしっこが近い、回数が多いといった頻尿の時や、トイレに行った後も残尿感を伴う時は、膀胱炎などの尿路感染症が疑われます。体の抵抗力が落ちた時に膀胱に細菌が繁殖する急性膀胱炎は女性に多く、おしっこに血が混じる「血尿」が見られることもあります。膀胱の中の表面は、柔らかい粘膜でできています。膀胱炎になるとその内側の粘膜が炎症を起こし、ひどい場合は出血することがあります。, 尿路結石は、腎臓から膀胱までの尿の通り道(尿路)に結石が生じる病気です。腎臓や尿管にある結石を上部尿路結石、膀胱や尿道にある結石を下部尿路結石といい、上部尿路結石が全体の約95%を占めます。, 症状は、疝痛発作(せんつうほっさ)といわれる、わき腹から背中にかけての激しい痛みと血尿です。その他にも下部尿路結石では頻尿や残尿などの膀胱を刺激する症状が多く見られます。腎臓内にできる結石は症状が現れることなく経過することが多いので、検診で偶然発見されることがあります。, 膀胱腫瘍のほとんどは悪性腫瘍、つまり膀胱がんです。男性に多く、60〜70歳が発症のピークです。膀胱がんの原因の1つとして喫煙が知られており、膀胱がんの7〜8割は、膀胱の内側表面にとどまる悪性度の低い膀胱がんです。, 膀胱がんの最初の症状としては、目で見て分かる血尿が一番多く、血尿が持続するのではなく、しばらくすると止まることもあります。痛みを伴わないため放置しがちですが、血尿を見たら医師に相談することが大切です。, 膀胱がんについてはつくる尿細管(にょうさいかん)の悪性腫瘍を腎細胞がんといいます。, 50〜60歳代の男性に多く、原因としては肥満と喫煙が知られています。その他には化学物質や、遺伝性があるため親族の病気歴などが発症のリスクを高くするといわれています。, 初期には特徴的な症状がないため、検診などで偶然発見されることが大半です。病気が進んでくると、血尿やお腹のしこりに気付くことがあり、全身の症状として発熱、貧血、高血圧、血液に含まれる赤血球量が増加する赤血球増多症が出ることもあります。, 腎臓でつくられた尿は腎盂(じんう)、尿管を通って膀胱にためられます。この尿路にできるがんを腎盂・尿管がんといいます。原因としては、喫煙、化学物質、家族歴があるといわれており、男性に多い傾向があります。, 最も多いのは、目で見て分かる血尿です。尿の通り道がふさがることにより、腎臓に尿がたまってしまい、腰や背中、わき腹に痛みが起きることもあります。また、検診で腎臓が腫れていることから、無症状のまま発見されることもあります。, 男性のみにある前立腺にできるがんが前立腺がんです。もともと欧米に多い病気ですが、日本でも患者数は増加しており、社会の高齢化や、食生活の欧米化により高タンパク、高脂肪の食事が増えたことがその一因と考えられます。, 病気が進行すると、尿が出にくい、排尿時の痛み、夜間におしっこの回数が多いなどの症状がみられることがあります。初期の特徴的な症状はほとんどありませんが、PSA検査という血液を採取する検査が普及し、早期のがんの発見されるようになりました。, 膀胱からおしっこが排出される通り道を尿道といいます。長さは男性で約20cm、女性で約4cmです。尿道がんはまれな病気ですが、早期から周囲の組織に広がる傾向があります。原因としては、膀胱がんの病歴、繰り返す性感染症などがあります。, 早期のがんでは症状は全く出ないことがあります。病気が進むと尿道から膿が出る、おしっこに血が混じる、排尿時に尿が出にくい、夜間に頻尿がある、会陰部や陰茎のしこり、足の付け根のしこりなどに気付くことがあります。, 閉経後の経産婦に見られ、尿道ポリープともいわれます。更年期以前にはほとんど見られません。良性の炎症性の腫れ物で、尿道出口にでき、米粒大から大豆大の腫瘤で、紅色や赤褐色をしています。, 小さく無症状のものは治療の必要はなく、経過観察となります。大きくなると、下着とこすれることで容易に出血したり、痛みが出たり、尿が出にくくなることがあり、局所麻酔で切除する治療が行われます。, 腎臓でつくられた尿がたまる場所を腎盂(じんう)といいます。尿道から入った細菌が尿の通り道をさかのぼり、腎盂の中で細菌が繁殖して起こります。免疫が低下した状態や、尿の流れが悪くなる病気があると、かかりやすくなります。, 排尿時の痛みや頻尿、残尿感などの膀胱炎の症状や38度以上の発熱、わき腹の痛み、腰や背中の痛みが出ることが典型的な症状です。その他、悪寒、震えを感じたり、吐き気や嘔吐(おうと)が出たり、全身がだるくなることもあります。, 肛門や膣などの細菌が尿道を逆行し、膀胱の中で繁殖することが原因で起こる膀胱の炎症です。健康な状態では細菌は繁殖しないのですが、冷えやストレス、病気などで体の抵抗力が落ちると起こりやすくなります。, 頻尿になり、1日10回以上トイレに行きたくなることがあります。排尿時に痛みを伴うことが多く、尿が白く濁ったり、血尿になったりすることもあります。熱は出ても微熱程度で、高熱になることはありません。, がん治療の1つである放射線治療の合併症として起こる膀胱炎です。例えば、前立腺がんの治療のために前立腺に放射線をあてると、前立腺に接して膀胱があるため、膀胱にもある程度の放射線があたり、炎症が起きます。, 血尿が主な症状で、尿の回数が増加したり、尿が出にくかったり、排尿時に痛みがあることもあります。場合によっては、放射線治療の数年後に症状が現れることがあります。症状が軽度の場合は、治療なしでも徐々に改善することが多いです。, 通常の膀胱炎は細菌感染によるものが多いのですが、間質性膀胱炎は細菌によって起こるのではなく、尿自体はきれいなので抗菌剤は効きません。膀胱内側の粘膜のバリアが何らかの原因で壊れることにより起こります。, 尿が膀胱にたまってくると痛みが強くなり、排尿すると痛みが軽くなることが多いようです。痛みを感じる前に早目にトイレに行くため、頻尿になります。柑橘類などの酸性の強いものや、コーヒーなどカフェインを多く含むものを食べると症状が強く出ることがありますが、個人差が大きいようです。, 肉眼で分かるほどおしっこに血が混じって発症する膀胱炎です。原因として、ウイルスや細菌、抗がん剤などの投与、放射線治療が挙げられます。原因は、子供では夏場の屋外プールなどで感染することがあるアデノウイルスによるものが多いとされています。, 目で見て分かる血尿のほか、排尿時に痛みがあり、頻尿や残尿感、微熱程度の発熱がある場合もあります。膀胱の粘膜の一部からというよりは全体からの出血が特徴的で、重症例では血の塊が見られることもあります。, 肺の結核になった箇所から、血液の流れに乗って結核菌が腎臓に到達し、その後尿管や膀胱まで感染が及ぶもので、これらの総称が尿路結核です。初期にはゆっくりと進行し、尿中に結核菌が排出されるようになります。, 黄白色に濁ったおしっこがられみます。頻尿、排尿時の痛み、残尿感など、普通の膀胱炎と同様の症状が現れます。また、進行すると腰や背中の痛みを来すこともあります。, 腎臓の中に液体がたまった「のう胞」という袋が無数にできます。加齢と共に大きくなり、数も増える遺伝的な病気です。一方、腎臓に1個あるいは数個ののう胞が見られることがありますが、これはのう胞腎とは異なります。, のう胞が大きくなってくると、腎臓がはれるため、お腹がはることがあります。一部が破れ血尿が出て気づくこともあります。徐々に腎臓の機能が悪くなり、食欲の低下や疲れやすい、だるいなどの症状が現れます。, 大部分は不整脈や、心臓にある弁が機能障害を起こす心臓弁膜症などが原因で、血の塊が腎臓に入り、腎臓の血管をふさいでしまうことにより起こります。その他にも、外傷が原因で腎臓の一部、または全体に血が流れなくなることにより起こることもあります。, 太い血管が閉じて血液が流れにくくなってしまうと、腹部や腰などに急に激しい痛みが出現し、悪寒、発熱、嘔吐(おうと)、血尿などが出現し、おしっこの量が少なくなることもあります。, 非常にまれな疾患で、腎臓の動脈と静脈の間に異常な連絡通路ができることによりさまざまな症状が現れます。生まれつきのものが約23%、手術、外傷などで生じるものが約75%といわれ、原因不明のものも約1%あります。, 最初の症状としては目で見て分かる血尿が約70%と多く、その他、わき腹の痛みや動いた時の息切れ等の心不全の症状が現れたり、高血圧になったりすることもあります。腎臓の血管に造影剤(ぞうえいざい)を入れて画像診断します。, 特別な原因がなく、腎臓内の細かい血管が破れることにより、腎臓から出血し尿路に流れ出ます。20〜30代の若年の男性に多く見られます。治療方法は、まず安静と止血剤の内服で、自然に治ることも多いです。, 原因がないにも関わらず、突然、見た目で分かる血尿がでます。1度だけのことも、数日続くこともあります。血尿の原因をいろいろと検査しても原因不明な時には、特発性腎出血と診断されることが多いです。, 転落や交通事故、スポーツなどによる体の外側からの圧迫や傷などにより、腎臓に外傷を負うことがあります。腎外傷のほとんどは、それらによる腹部への鈍的外傷によるものです。出血や尿漏れを起こす場合があります。, わき腹、腰、背中の痛みや血尿が見られます。後方からの圧迫により、腎臓付近の肋骨下部の骨折を伴うこともあります。出血が多ければ貧血や低血圧になり、意識がなくなる可能性もあります。, 〒152-0001 東京都目黒区中央町2-18-14最寄駅:学芸大学(東急東横線). 男の潮吹きの主成分は膀胱尿 外尿道口から噴出された液体を原氏らが調べたところ、クレアチニン値(血中の尿素窒素)が55.9mg/dL 前立腺は男性にしかない生殖器の一つで、前立腺液といわれる精液の一部を作り、精子に栄養を与えたり、精子を保護する役割を持っています。 前立腺は直腸と恥骨の間にあり、膀胱の出口で尿道を取り囲んでいます。このため、前立腺が肥大すると尿道が圧迫されて、排尿に関わるいろいろな症状が出現します。前立腺は、尿道の周囲にある内腺とその周りにある外腺に区分されますが、前立腺肥大は尿道周囲の内腺に発生し、前立腺癌は外腺に発生します。 一般的な成人男性での前立腺の大きさは、体積 … 心なしか片側の腎臓部分?下腹部が痛い気がしますが… 世間のイメージとはそういうものなのでしょうか?, MSNを閲覧すると下記のメッセージが出ます。 もし補足の回答ができたら、よろしくお願いいたします。, 目の病気・89,403閲覧・xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50, ご丁寧な回答に心から感謝いたします。 ふと見てみると、“血尿”が出ていて驚いたという方もなかにはおられるのではないでしょうか。 先日、息子が彼女にプロポーズして、相手両親に挨拶に行きました。彼女は一人娘で、彼女の父親から、氏名だけでも彼女の姓を名乗ってもらえないかと言われたと息子より相談の連絡がありました。まだしっかりと話はしていないので、息子の考えや彼女の考えもわかりませんが、いずれこのような相談があるだろうと私自身前... 付き合って2ヶ月。彼女から家に呼ばれ泊まりに行きました4日泊まって、光熱費請求されました。やたらめってら使ってないんですが。。払うべきですか?. 先日の検査は造影剤を使ってのレントゲン撮影が主の検査でした。 おしっこ(尿)をするとき尿道が痛い(尿道痛)症状膀胱から尿が外に出るまでの通り道を尿道といいます。おしっこをする時、痛みを感じることを一般的に排尿時痛といい、尿道に細菌が侵入して感染を起こすことによりさまざまな症状が現れます。 身体的な疲れ 集計の結果では、数は少ないもののさまざまな回答があり、一口に血尿と言っても原因は多岐に渡るようですね。, 本調査によれば、男性の血尿の原因として最も多いものは「尿路結石」であり、次に「膀胱癌」多いという結果になりました。