。クラウドに好きなだけ写真も保存可能。, このショッピング機能は、Enterキーを押すと商品を読み込み続けます。このカルーセルから移動するには、見出しのショートカットキーを使用して、次の見出しまたは前の見出しに移動してください。, 前作のUWF三部作がどれくらいの間隔で出されたのか覚えていませんが、その「最終章」から僅かなインターバルの本作は、誤植も散見されることであったり、何はさておき小川直也さんの証言が得られなければ画竜点睛の誹りは免れないことであったりの、拙速な印象を受ける一冊です。とは言え、出されれば必ず買わずにはいられない好事家の悲しさで、次もまた購入してしまうと思いますが、それでもやはり証言のラストに前妻のかずみさんを持ってくるあたりの下世話さはさすがに如何なものかと。, まず前田日明のインタビューは 全く必要ない。外野から野次飛ばしているのと一緒で紙面が無駄なだけ。猪木と小川直也、坂口征二のインタビューがあれば 更に良かったのですが 他のインタビューは 悪くなかったです。, 話は橋本対小川のあの事件の関係者からインタビューした内容を一人ずつまとめたもので、ページが後ろの方になるにつれだんだん事件の核心を知る人が出てくる, 商品詳細ページを閲覧すると、ここに履歴が表示されます。チェックした商品詳細ページに簡単に戻る事が出来ます。, © 1996-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates. ”が握っている…!? 2019/3/21 Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。. Copyright © flag Co., Ltd. All rights reserved. 13 史上最大級の事件に有田興奮!衝撃の「1.4事変」とは!?≪前編≫ 橋本真也vs小川直也 第3戦 1999年1月21日 武井壮 [14] 14 未解明のナゾに有田も唸る!衝撃の「1.4事変」とは!?≪後編≫ 15 名言のオンパレード!長州が 新日本プロレスファンにとって、1月4日といえば毎年東京ドーム大会が開催される日として、それぞれに記憶に残る1.4(イッテンヨン)があるかと思います。 私の1.4の記憶として忘れられない99年の1月4日の東京ドーム大会の橋本VS小川を振り返ってみたいと思います。 2019/7/6 「有田と週間プロレスと」(有プロ)は週プロを眺めながら、プロレスの歴史を振り返っていくよ... これ、数年前に続いて2回目の読了。猪木や前田日明を知っていれば文句なく面白い1冊です。本の中身からいきなり脱線しますが、なんで新日... 「有田と週間プロレスと」は、「リングの魂」依頼の最強のプロレスバラエティーです。というか有田のプロレス漫談でもっと高尚なものなのかもしれません、とかなんとか。. 猪木の闘魂を継承し、猪木に才能を認められた男は、猪木が新日本へ送り込んだ刺客の相手に選ばれた。1999年1月4日、東京ドーム。橋本は誰と闘っていたのか―。「破壊王」を破滅に追い込んだ、プロレス史上最大の事件。ついに明かされる黒幕の正体! 『有田と週刊プロレスと』はAmazonプライム・ビデオで独占配信! 今回は、週刊プロレス1999年1月21日増刊号を手に、いよいよ『1.4事変』を掘り下げていく!注目すべき試合が多く組まれていた中、事件は橋本vs.小川の一戦で起きた! そう、プロレスとは人生。この番組は、あなたの人生をも変えてしまうかもしれない!. プロレス, プロレス書評, 結構ひっそりとリリースされた印象のこの本。内容は1999年の橋本vs小川についてレスラーや関係者が証言しており、それらをまとめた形の一冊。「ついに明かされる黒幕の正体!」というセンセーショナルなキャッチコピー。期待せざるを得ず、あっさりとこの本を購入してしまいました。表紙と帯にやられました。小川vs橋本と聞くだけで、未だに沸き立つ興奮が抑えきれません。, 前田、佐山、ゴルドー、山崎一夫、藤田、安田、武藤、大仁田、そのほかにも何人もがそれぞれの目線で証言していますが、当事者っぽい人の証言は佐山、ゴルドー、村上のみ。橋本は語れませんが、小川と猪木はも語っていません。なぜかいまだに長州黒幕説までも存在しており、ぜひとも長州のコメントもほしかったところです。, 冒頭はターザン山本の寄稿。猪木評が語られているが、今までも猪木や馬場に幻想を抱かせるやり方でプロレスに深みを見せてきた彼らしい切り口の文章です。真偽はわかりませんが、こうして2019年になっても、当事者の橋本と小川と同時に猪木が語られるという点では、猪木の大勝利であることに変わりないと思います。, 佐山の表現って哲学的でおもしろいですよね、いつもインタビューを読んでいて思います。面白いインタビューと面白くないインタビューがありますが、今回は新しい表現の言葉が多かった印象です。それだけこの問題ははっきりと言いにくいのかもしれませんね。佐山黒幕説もあるだけに慎重に言葉を選んでいるのかもしれません。, キーワードは”ナチュラル”なプロレス。プロレスラーしか表現ができない形容詞なんだと思うんですが、いわゆる”ストロングスタイル”として佐山自身によって定義されています。過去の新日本プロレスはこの”ナチュラル”なプロレスだったということらしいです。, 「この試合はナチュラルで行こう」と佐山と猪木は事前に会話していたという。小川が無防備な橋本の顔面を蹴り飛ばしたことで”ナチュラル”の域を超え、「全面的にこちらが悪い」ということらしい。なんとなく理解できるけどなんとなく理解できない。, 古くからのプロレスファンが過去に幻想を抱くように、猪木と佐山も過去の成功に幻想を抱いていたようにも思えます。実際に彼らのカリスマ性は現在ではすっかりと薄らいで、現在のプロレスファンにはもはや彼ら昭和レスラーの声は届かなくなってしまっていると思います。最後に猪木の幻想が通じたのはPRIDE初期の、藤田やカシンの参戦の頃まで。永田が散り、いつの間にか安田までが新日本の代表のように担ぎ上げられ、だんだんと薄らいだ幻想はPRIDEの終焉とともに消え散ったように思います。, もうひとりこの本の中のキーマンはGKです。理路整然と時系列に沿って1・4を語っています。結構具体的に語っていますがここでは割愛します。ぜひご一読ください。この本ではこの事件について、10名以上の関係者の証言が掲載されていますが、GKのインタビューによると複数人の判断と偶然が重なって、この事件が起こってしまったように書かれています。いくつか必然性がありながら、その結果は偶発的だったというような発言になっています。, 誰もあの結末を予想していなかった、というのが現実で、誰の思惑とも違う結末を迎えてしまったようですね。ただ、ナチュラルか普通のプロレスか、決着は無効試合なのか反則裁定か、長州がリングに上がらない結末もあったのか、色々な結末の可能性があったにも関わらず、ああいった事件へと発展してしまった、と。, この本でわかったことは、小川はあまり良い人間ではなくて、橋本も決して褒められた人ではないけど、憎めない人だということ。誰もがそう語っています。何年かのちに小川の口から真実が語られる日が来るまで、あのリング上での出来事の答え合わせは持ち越しです。ましてや後年は橋本と共闘していただけにしっかりと小川の口から語ってほしいとは思います。, 今の新日本は中邑と棚橋によって作り上げられた新しいプロレスで、系譜的には昭和からの遺伝子は受け継いでいないように感じてしまいます。ただ中邑の思想には”昭和プロレス”や”ナチュラルなプロレス”が見え隠れし、実際に体現したいと考えているようにも見えます。それでもWWE参戦によって自らレジェンドレスラーになることで、中邑が新しい時代の猪木や馬場になれる可能性も感じられます。”ナチュラル”プロレスから平成プロレスへの変遷は、進化か退化か分かりませんが、1999年から20年経って、プロレス界からはすっかりと猪木の影は消えましたが、それでも我々はこの事件の真相が気になってしかたないです。, 有プロ#1鑑賞後のレビューです。武藤vs高田、長州vs安生、健介vs垣原どれも名勝負です。, 「有田と週間プロレスと」で語られた1.4事変、について語ります。当時のショックは相当なものでしたが、小川の強烈な存在感を印象付けました。. 「有田と週間プロレスと」#13、14(1.4事変) 「有田と週間プロレスと」で語られた1.4事変、について語ります。当時のショックは相当なものでしたが、小川の強烈な存在感を印象付けま … 「Aインター」はどんな番組なのか? そして、世紀のシュートマッチとなった小川直也vs橋本真也の大乱闘では、新日本側で最も大暴れして凶暴さを見せつけた。新日本最凶と呼ばれた小原はあの試合をどう見ていたのか。そのレスラー人生とともに振り返ってみた(2014年12月 Amazonで前田 日明, 佐山 聡, 武藤 敬司, 村上 和成, ほかの証言1・4 橋本vs.小川 20年目の真実。アマゾンならポイント還元本が多数。前田 日明, 佐山 聡, 武藤 敬司, 村上 和成, ほか作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能 全体的な星の評価と星ごとの割合の内訳を計算するために、単純な平均は使用されません。その代わり、レビューの日時がどれだけ新しいかや、レビューアーがAmazonで商品を購入したかどうかなどが考慮されます。また、レビューを分析して信頼性が検証されます。, さらに、映画もTV番組も見放題。200万曲が聴き放題 橋下徹とのバトル 最近、有田氏の名前がSNSで話題に上がっているのは、元大阪市長、橋下徹とのバトルのせいである。橋下氏が1月27日のツイッターで、有田氏を非難。反トランプ派がトランプ氏の子供をSNSで攻撃していることに絡め、橋本氏の出自を記事にした週刊朝日を有田氏がツ …