イマドキ相続で仲良しだった兄弟と骨肉の争いになるポイントはどこか, 仕事でリーダーを目指し、高みを目指して生きる。情熱を持って働き続けたい、女性のためのサイトです。, PRESIDENT WOMANは、新しい時代のリーダーとして情熱的に働き続けたい女性のためのメディアです。SNSではオンラインや雑誌に掲載した記事のほかに、コンテンツの取材風景や、編集長をはじめとした編集部員の日常で皆さんのお役に立てるコンテンツなどをリアルに発信していきます。PRESIDENT WOMAN Socialとして、読者の皆さんと一緒に成長したいと思いますので、ぜひフォローください。, 2019年の「ジェンダー・ギャップ指数」で日本は121位という残念な結果に。日本に女性リーダーが増えない理由を、外交官から政治家へと転身し、少子化対策や女性活用に力を注ぐ松川るい議員に、プレジデント ウーマン編集長・木下明子がインタビューしました。. 旬のファッション、 美容、グルメ、お出かけなど、厳選情報をお届けします。, ※Precious本誌ならびにPrecious.jpに関するお問い合わせはこちら。 日本の政界に優秀な女性リーダーが増えない本当の理由 ... ランキング. 本サイトに掲載している2019 年9月30日以前の記事の税込価格は、当時のものです。, 【身長152cmの着こなし】使い勝手のよさに開眼!「オフ白タートルネックニット」の着…, プレシャス(Precious.jp)は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするメディアサイトです。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。. 時代を導く世界の女性リーダーたち ~バックグラウンドとその活動~ アメリカのピュー研究所によると、2016年における女性の国家指導者の数は対2005年比で約2倍の27人、国連加盟国193カ国のうち約14%の国に達した。 1 記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がCosmopolitanに還元されることがあります。, その資産は、とある国の国家予算にも匹敵するといわれ、また、国際協力団体「オックスファム」の報告によると、世界で最も裕福な62人が、全世界の人口約半分(貧しい36億人)の総資産にあたる財産を所有しているともいわれています。, そんな大富豪を調査した『フォーブス』が今年発表したビリオネアのランキングでは、2043人中227人(全体の約11%)の女性がランクインしたそう。そこで、保有資産のランキングでトップ10入りした大富豪の女性をチェック。家族から受け継いだケースが多いものの、その富を自力で成長させているパワフルな女性たちの経歴にもフォーカス!, 世界一お金持ちの女性となったのは、化粧品会社「ロレアル」の創業者の一人娘、リリアンヌ・ベタンクール。1922年にパリに生まれた彼女は、15歳の頃から同社で見習いとして入社。フランスの政治家と結婚し、父の死後、莫大な資産を手に入れてロレアルの大株主となりました。慈悲活動としてはベタンクール・シュラ―基金を設立し、医療の発展や文化的プロジェクトの支援なども行っています。, 2012年には売却してしまったけれど、セーシェル諸島にプライベートアイランドを所有していたこともあるんだとか!, アメリカ一の富豪の女性は、アメリカ最大級のスーパーマーケットチェーン「ウォルマート」創業者の娘、アリス・ウォルトン。, アメリカ合衆国南部のアーカンソー州で生まれた彼女は、まずファイナンスの世界でキャリアを築きます。その後、「ウォルマート」の事業への関与は兄弟より少ないものの、愛するアートに力を注ぎ、故郷に「クリスタルブリッジズ」という美術館を2011年に開館。自身が収集したアンディ・ウォーホルやエドワード・ホッパーなどの美術品を展示し、田舎にあるにも関わらず有名な美術館になっているそう。, また、政界とも繋がりが! 2016年の大統領選挙では、1986年からしばらくの間「ウォルマート」の取締役会に参加した経験のあるヒラリー・クリントン氏に多額の寄付も行っていたそう。, スニッカーズやM&M'sなどチョコレート製品を主に製造する会社「マース」。その創設者の孫にあたるのが、ジャクリーン・マーズ。20年近く同社で働いた彼女は、2016年まで理事会のメンバーとして務めました。自社のほかにも、ワシントン・ナショナル・オペラやバージニア州にあるNational Sporting Library and Fine Arts Museumなどの取締役会にも幅広く参加しているそう。, ヘーゼルナッツがベースのスプレッド「ヌテラ」で有名なフェレロ社。ピエトロ・フェレロ氏が1940年代にココアが不足していたことから、ヘーゼルナッツをベースにしたスプレッドを考案したことが始まりで、その息子(マリアの夫)ミケーレがヨーロッパ中に広めて有名になりました。夫が亡くなったマリアは現CEOの息子と遺産を受け継ぎ、最も裕福な女性リストにトップ10入り。現在モナコで暮らしているそうです。, BMWの大株主で、監査役会のメンバー。1950年代に倒産寸前だったBMWを救済したことで有名な父、ヘルベルトが残した多数の企業の株式を引き継いでいます。そんな彼女の華麗なる経歴は、ドイツの広告代理店、ロンドンの銀行、コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニー、そしてBMWなど名だたる企業で経験を積んだそう。, 一方でプライベートでは「スイス・ジゴロ」の異名をとる愛人から、2人のセックスビデオを公開すると大金を恐喝されていたというスキャンダルも…。, 故スティーブ・ジョブズの妻で、アップル社とディズニー社の株を多数所有するローレン・パウエル・ジョブズ。, そんな彼女の経歴はウォールストリートの投資銀行ゴールドマンサックスからスタート。その後、スタンフォード大学院に通うため西海岸に移住した際に、ジョブズ氏と出会って結婚したそう。それからは子どもを育てながらも、自然食品の販売会社の起業や、教育活動を改善する慈悲活動など、アクティブに活動。またビジネスだけではなく、政界にも立ち向かう強さのある彼女は、バラク・オバマ元大統領のアドバイザーを務めたほか、トランプ大統領の移民対策に反対してホワイトハウスで政策について話し合いを行ったこともあるそう!, 鉄鉱石の会社「ハンコック・プロスペクティング」を父から引き継ぎ、CEOとなって収益を拡大させたのが、オーストラリア随一の富豪ジーナ・ラインハート。, パースで生まれた彼女は、大学で経済学を学びながら、父のもとで働きます。ちょうどその頃、19歳で結婚し、子どもを2人出産、そして27歳で離婚することに。そして、その後には28歳年上の再婚相手と、2人の子どもをもうけています。家族との財産に関する裁判にも屈さず挑み、政府にも立ち向かうなど、公私ともにタフに生き抜いているよう。, アメリカの投資信託大手「フィデリティ・インベストメンツ」のCEO兼会長職を父から引き継いだアビゲイル。, ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得後、同社で働き始めます。また、ゴールドマンサックスや、HSBCホールディングスなどアメリカ最大大手16社のCEOが形成する「ファイナンシャル・サービス・フォーラム」でも唯一の女性として参加し、「フォーブス」でも過去に「最もパワフルな女性」リストに名を冠しています。, 亡き夫が銅を掘り出すビジネスで成功し、子どもとともにビジネスを引き継ぎます。そのほかにも、クロアチアでホテルチェーンの所有もするなど、幅広くビジネスを展開しています。, 現在はチリのサンティアゴ、ロンドンの超高級住宅街ベルグレイヴィア、リヒテンシュタイン公国などで生活しているとのこと。, 1913年、ドイツのエッセン郊外で小さな食料品店からスタートし、現在には数多くの店舗を展開する大手スーパーマーケット「ALDI(アルディ)」。その創業者の娘で、私生活では6人の子どもの母なのがベアト・ヘイスター。本人は父の会社、Aldi Suedで働いた経験はないけれど、夫と息子と顧問会議には出席しているよう。, This content is created and maintained by a third party, and imported onto this page to help users provide their email addresses. 元外交官議員の松川るい氏に聞く 議員比率は世界最下位レベル! 米誌「usニューズ&ワールドレポート」が、世界で最も「強い」国のランキングを発表した。アメリカやロシア、中国など上位は不動だったもの、ランキング10位以下の順位は、世界の不安定化や政治的変化を背景に入れ替わった。「世界で最も強い国ランキン 全世界を巻き込み混乱をきたしているCOVID -19(新型コロナウイルス)。この危機を乗り越えるべく、各国においてそれぞれの政策が行われています。なかでも国民の支持を集め賞賛されているのが、女性リーダーたちの的確かつ迅速な対応。SNSを駆使した即効性のある発信スタイルや、次世代を担う若者たちへ向けた配慮など、現代社会に精通した女性ならではのアプローチが話題を集めています。今回は、ファッションジャーナリストの藤岡篤子さんが注目する5名の元首の取り組みをクローズアップします。, 女性リーダーたちの活躍がめざましい。指導者に男女の区別はなく、世間で注目されているジェンダーレスでもLGBTでも、能力さえあれば誰にだって資格があると思う。, だが、今ここにある「COVID -19(新型コロナウイルス)の脅威」に関して、強い危機意識をもって国民を守ろうとする姿勢と行動力は、圧倒的に女性リーダーたちの取り組みが素晴らしい。的確かつ迅速、そしてその結果、目覚ましい成果を上げている。, 今回は、これからの時代を切り開くヒーローとして、5名の元首の取り組みをクローズアップしていこう。, ドイツのAngela Merkel(アンゲラ・メルケル)首相の国民に対するテレビ演説での真摯な呼びかけは、国民の心を打った。「東西ドイツ統一以来、いや第二次大戦以来の試練だ」として、西ドイツへの移動が制限されて、東側で育った自らの経験を踏まえて「移動や旅行の自由を勝ち取った、私のような者にとって、こうした制限は絶対に必要な時にだけ正当化される」。そして、他者との接触を減らすことの大切さを繰り返し語った 。, 国境閉鎖などの強行措置も理解され、危機的状況において頼れる指導者として、4月に入って支持率も64%と急増し、ここ数年での最高値を記録している。「アンゲラ・メルケル」は言うまでもなく、ドイツ史上初めての女性首相である。, 中華民国初めての女性総統の蔡 英文(ツァイ・インウェイ)も、WHOとは異なる独自の政策を早急に押し進め、世界各国が拡大防止に追われるなか、医学やITに長けた適材適所の閣僚の活躍で、4月中旬には死亡者ゼロという快挙を成し遂げ、今や世界の称賛の的である。, なかでも、脚光を浴びているのは、IT担当の政務委員(閣僚級)の唐 鳳(オードリー・タン)大臣だ。幼い頃からコンピュータに親しみ、中学を中退し以降独学で学び、19歳でシリコンバレーでソフトウエア会社を起業した。台湾の行政サービスをIT化させるための抜擢だが、「マスク配布システム」など実用的で簡便なプログラムを次々と打ち出し、国民に貢献した。, 「天才プログラマー」と謳われるオードリーは、性同一性障害で2005年から女性に性転換した。「だから現実を遮断し、ネット上で生活してきた」と述べているが、LGBTを当然のことと受け入れ、登用したツァイ・インウエイの功績でもある。, 新型コロナウイルスの対応において最も評価が上がったのが、ニュージーランドのJacinda Ardern(ジャシンダ・アーダーン)首相だ。首相として初めて育児休暇を取る、国連の会議にも子連れで出席する、という先進ぶりで話題になったが、政治手腕もスピード感にあふれている。, 感染による死者がひとりも確認されていない3月25日からロックダウンを始め、他国が「封じ込め」を目標にしているのに対し、「根絶」を目指すと言う警戒レベルの高さを、明確なメッセージで国民に共有した。, ジャシンダの政治的特徴は、コミュニケーション能力をフルに生かし、科学的知見を重視した政策を取り、経済よりも国民の安全と健康を優先したことだ。各家庭に新型コロナウイルスに対するわかりやすいペラ一枚の手引書を送り、「何をしても良くて、何がダメなのか」を、子供でもすぐに確認できるよう気遣った。, 国家非常事態を宣言した3月25日の夜には、「カジュアルな格好ですみません。赤ちゃんを寝かしつけるのが大変で」と、スウェット姿で登場。寄せられた質問に対しても、ひとつひとつわかりやすく丁寧に答えたが、決して事態を過小評価しなかった。, この誠実な態度と理にかなった発言を、国民は信頼したのだ。すでに効果を上げ、4月末から都市封鎖を解除し、いち早く経済活動を一部再開する予定だ。, 世界最年少の34歳という若さで就任した、フィンランドのSanna Marin(サンナ・マリン)首相の行動も素晴らしい。死亡者が確認されない早期から非常事態宣言を発令し、出入国禁止、公営施設の閉鎖、教育に関しては早々にEラーニングに転換したが、保育や業務上就業が必須とされる親の子供だけのための教育機関のみ継続させるなど、きめ細やかに手を打ち、国民の健康面だけではなく、経済活動も損なわないような手腕に国民の支持率は上昇。4月中旬の政策支持率は85%にも登っている。, ニュースを読まない層に対しては、SNSを素早く活用し発信。さまざまな年齢層のインフルエンサーに対して、感染拡大防止に向けた正しい情報発信を要請している。, ちなみにサンナ・マリン内閣は19人のうち12人が女性閣僚という、ジェンダー平等を掲げる最先端の内閣でもある。長女を出産したばかりだが、この非常事態の下で仕事と育児を両立させている、パワフルウーマンのひとりだ。, カリブ海に浮かぶ小国の島国ではあるが、オランダ領シント・マールテンの国家元首Silveria Jacobs(シルベリア・ヤコブス)首相の国民への二週間の外出禁止を国民に呼びかける「STOP MOVING!」と訴えかける動画は、妥協を許さない姿勢が評判を呼び、世界中に拡散された。, 「好きな種類のパンが家にないなら、クラッカーを食べなさい。パンがなければ、シリアルを食べなさい。オートミールを食べなさい」(CNN.co.jp), 他にも、ノルウェーのErna Solberg(エルナ・ソルベルグ)首相、アイスランドのKatrín Jakobsdóttir(カトリーン・ヤコブスドッティル)首相、デンマークのMette Frederiksen(メッテ・フレデリクセン)首相など、優秀な女性元首は着々と成果を見せている。, これら若い女性リーダーに共通しているのは、いち早く危機意識を持ち、先んじて冷静で的確な指示を出しているところだ。忖度や過度な慮りなどはなく、迷いのない決断である。, また、危機管理において、めざましい成果をあげている要因のひとつが、国民への科学的知識に基づいた語りかけと透明性のある情報公開だ。施政者として、実に勇気ある誠実な態度といえる。「謎の強烈なウイルス」についてわかっていることは少ない。だからこそ、説得力のある説明をして国民の共感を得ることで、国全体が一丸となって進めるのではないだろうか。, 子供や弱者に対する平易な語りかけも素晴らしい。国民を優しく慈しむ、シンプルで人間味あふれる態度。そしてハイテクの活用に優れている。ノルウェーのエルナ・ソルベルグ首相やデンマークのメッテ・フレデリクセン首相は、異例の子供記者会見を行ったことでも話題を集めた。これからの時代を担っていく「若者を大事にする社会ならでは」の取り組みは、まさに21世紀のリーダーとしての資質にふさわしものではないだろうか?, 新型コロナウイルスが終焉した暁には、時代の様相が一変しているであろう。すでにダイバーシティーやサステナブルの潮流の流れのなかで、20世紀的なグラスシーリングは破れ、これまでの常識は通用しない基準が出現しているはずだ。, 現在はわずか7%(国連加盟国193か国のうち女性元首や首脳は21か国)の女性リーダーだが、今回危機管理能力の高さで、クリーンさと聡明さ、実力を実証する絶好の機会となった。, 「年齢やジェンダーについて気にしたことはない。考えるのは、自分が政治家になった理由と、有権者は私たちに何を託したのかということ」。, そして、ジャシンダ・アーダーン首相(デンマーク)は、公の発言のほとんどを、次のようなメッセージで締めくくっている。, 年齢や性別、個性を寛容に受け止める優しさがあってこそ、確かな強さが生まれてくる。きっと新しい時代へのマイルストーンになることであろう。今は、新型コロナウイルスの危機が1秒でも早く去ることを祈るばかりである。, スマホでいつでもラグジュアリー体験。