大葉は冷蔵で約2週間、冷凍で約3カ月間保存が可能! 新鮮な大葉は香りが強く、鮮やかな緑色で、葉先までピンと張っているので、この状態のうちに保存しましょう。冷蔵であれば、約2~3週間は日持ちし … 大葉の黒い斑点・粒・点々がついているけど、これって食べられる?大丈夫なの?原因や対処法・予防方法などについてまとめました。大葉全体が黒くなっている場合の対処法も! 薬味として人気の高い野菜・大葉(青じそ)は、冷凍保存できるんです。プロの料理研究家に冷凍保存&解凍方法、保存期間の目安、活用レシピを教えてもらいました。この1記事で、大葉の冷凍保存方法はばっちりです!【冷凍保存の基本シリーズ】 材料 大葉 . © 2020 FoodBox All rights reserved. 大葉 5枚; 冷凍バナナ 80g アーモンドミルクヨーグルト 100g アーモンドミルク 100ml 大葉は冷凍してませんよ。 出来上がりました。爽やかな色です。 大葉が入っていることを言わずに、さっそく嫁に飲んでもらいました。 「なにこれおいしい!」 飲めるやん。笑. 1年を通して手に入る野菜のひとつ、大葉。5~8月が旬で、そのさっぱりとした香りで夏には大活躍の野菜です。, 大葉は冷凍保存が可能ですが、冷凍保存をしておいたらいつの間にか黒く変色していたという経験はありませんか?, 冷凍して黒くなった大葉はまだ食べられるのか、どうして黒くなったのか、その原因を解説しながら大葉を冷凍保存するときのポイントについてご紹介します。, しかし、大葉は1袋購入しても一度では使いきれず、余らせてしまうこともありませんか?, しかし、せっかく冷凍保存しておいても、いざ使おうとして見てみると大葉が黒く変色してしまっていることがあります。, ただし、変色していない大葉と同じように使用すると見栄えが悪くなることもあるため、見栄えに影響しにくい方法で利用するのがよいでしょう。, 黒く変色しても食べることができる大葉ですが、そもそもなぜ変色してしまったのでしょうか?, 低温障害とは、大葉以外の野菜などでも起こり得る現象で、野菜中・野菜表面の水分が低温で凍結し、その後の温度変化で凍結した水分が溶けることによって野菜が傷んでしまうのです。, 反対に、低温下で水分が少なく乾燥してしまった場合にも、低温障害が起こるといわれています。, 大葉を適切な方法で冷凍保存した場合、約1ヶ月~3ヶ月ほど保存が可能といわれています。, ただし、冷凍した大葉は、冷凍庫の開閉などによる温度変化で低温障害が起きやすくなります。, そのため、黒く変色することを防ぐためには普段から冷凍庫の開閉をしすぎないように注意しつつ、なるべく早めに使い切るのがよいでしょう。, 大葉の形状を変えて冷凍しておくと、作りたい料理に合わせてさっと取り出せるため、非常に便利です。, ざく切り、せん切り、みじん切り、または手でちぎるなど、用途に合わせて切り方を変えておくとよいでしょう。, 切った大葉をラップで小分けに包み、ジッパー付きの保存袋や密閉容器に密閉していれて、冷凍してください。, 注意点としては、いずれの場合も洗ったあとの大葉の水気をよく取り除くことと、保存袋・容器に大葉を詰め込みすぎずふんわりと入れて、しっかりと密閉することがポイントです。, また、ふんわりと保存袋・容器にいれることで、取り出すときに大葉が崩れることを防ぎ、空気が入らないようにしっかりと密閉することも低温障害の防止につながります。, 切って冷凍保存した大葉は特に料理にそのまま使いやすいため、使いたいときに必要な分だけ取り出して使用しましょう。, せん切りやみじん切りにした大葉は、薬味としてそばやうどん、お肉料理など幅広く利用できます。, また、切らずに1枚のまま冷凍した大葉は、冷凍された状態でポリ袋などにいれて砕くと、バラバラに細かくすることができます。, 包丁やまな板を汚さずに細かくできるため、便利な方法です。気になる方は、葉脈を取り除いて使用してください。, 黒く変色した大葉も、同様にポリ袋などにいれて細かく砕いて利用するのがおすすめです。, 大葉を細かく砕いたら、和食ではごはんや卵焼きに混ぜる、じゃがいもや里芋に和える、洋食ではドレッシングやソースにするなど、様々なアレンジができます。, 大葉の量はお好みですが、たっぷりいれると大葉の香りがしっかりと楽しめておすすめです。, 冷凍した大葉が黒く変色してしまう理由と、それを防ぐための冷凍保存の方法とポイントをご紹介しました。, 冷凍した大葉は、保存するときに切り方を変えておくことで様々な料理にアレンジすることができます。, 今回ご紹介した方法やアレンジを参考に、オリジナルの大葉活用レシピを考えるのも楽しいですね。, 正しい保存方法で大葉の見た目と風味を長く保ち、日々の献立に取り入れてみてください。, 甘いとうもろこしの見分け方! コレを抑えれば、スーパーで美味しい物がゲット出来る!. 作り方 1. 5月~9月頃までの旬の時期になると、お財布にも優しいお値段で手に入ることができる嬉しい食材です。, 旬の時期の梅雨のジメジメや夏の暑さで食欲がない時にもさっぱりと食べれる食材です。食欲増進効果や健胃作用もあると言われています。, 私は豚肉とチーズを一緒に巻いて焼いたり、定番のてんぷらだったり、サラダとしてもよく食べます。, 食べておなか壊すのも嫌だし、ということで、大葉に黒い粒や斑点・点々が出ても食べれるのかなど、まとめました。, 食べても大丈夫ですが傷みかけているという証拠なので、その部分から腐りやすくなっています。, そうなる前に早めに使いきったり、購入時にどれくらい必要かを考えて購入するのがいいですね。, とは言っても、結構まとめて売ってありますよね。一度に使い切るのはなかなか難しいかも。, まずは新鮮な大葉を購入することです。新鮮な大葉は香りが強く、色も鮮やかな緑色です。, 瓶がない場合は、キッチンペーパーなどに水を含ませて密閉容器やストックバッグに入れて保存しましょう。, 大葉は、冷凍保存も出来ます。ざく切り、みじん切りなど、使いやすくカットしてからポリ袋や, 水から出した後は、葉についた水分はキッチンペーパー等できれいにふき取って保存してください。, このようにうまく冷蔵・冷凍保存をすることで、大葉を最後までおいしく使い切りましょう。, 「低温障害」って聞いたことありますか?野菜の中には冷蔵保存が向かないものが多くあります。, かといって、じゃがいもやさつまいもなどのイモ類やたまねぎやゴボウなどの根菜類のように、常温保存というわけにもいきません。, 購入時にすでに傷が入っていたり、葉っぱの水分がうまくふき取らずに保存してしまった場合にも変色してしまいます。, 大葉に黒い点々がついていても、カビではないので(明らかにおかしい場合は、要注意)食べられます。, これからは、大葉を上手に保存して、黒く変色する前においしく食べきれるように使いたいですね。, 鮮やかな緑色で食卓を彩り、清々しい香りとさっぱりした後味で料理を引き立ててくれる大葉。. 大葉を購入したあと、通常は冷蔵保存をしていますよね。 適切な方法で冷蔵保存すれば、約2週間は保存することが可能です。 しかし、大葉は1袋購入しても一度では使いきれず、余らせてしまうこともありませんか? そんなときには、より長期間保存できると助かりますよね。 そのためには、適切な方法で冷凍保存をしておきましょう。 なめこは賞味期限が2~3日の足がはやい食材ですが、冷凍することで長期保存が可能です。今回は野菜ソムリエプロの根本早苗先生に袋入りなめこ・株付きなめこそれぞれの冷凍方法を教えてもらいました。冷凍なめこを使った簡単レシピもご紹介します。, きのこ類は洗ってしまうと風味が落ちるので、基本的にはそのまま保存・使用します。空気に触れさせないように、冷凍用保存袋を使いましょう。, 未開封の場合は袋のまま、開封済みは袋から取り出して冷凍用保存袋に入れる。薄く広げておくと、使うときに少量ずつポキポキと折れて便利。, 金属製のバットにのせることで冷凍の速度を早め、風味が落ちるのを防ぐ。冷凍庫で1ヵ月程度保存可能。, 冷凍用保存袋に入れて薄く広げ、金属製のバットに置いて冷凍庫へ。冷凍の速度を早め、風味が落ちるのを防ぐ。冷凍庫で1ヵ月程度保存可能。, 味噌汁ならそのまま沸騰しただし汁に投入して調理すればOK。なめこ特有のヌメリも復活します。, 冷凍なめこを使った簡単レシピを根本先生に教えてもらいました。冷凍前のなめこでも同様に使えます。, なめこの歯ごたえを楽しむならヌメリの少ない株付きのなめこがおすすめ。醤油の風味が食欲をそそる。, 「毎日野菜を摂取してほしい」という思いのもと、野菜が主役の料理教室を主宰。セミナー、レシピ開発、コラム執筆などでも活躍中。豆腐マイスター、ベジデコサラダ®インストラクター、食生活指導士でもある。, ※掲載情報は公開日時点のものです。本記事で紹介している商品は、予告なく変更・販売終了となる場合がございます。.