不安になったら、あなたが気になった記事を書いたお金のプロに、気軽にちょっと相談してみませんか? この記事を読んでいる方も、一度大学院に進学してから、力をつけて就職といったことを検討している方も多いのではないでしょうか?, そうなると気になるのは大学院にかかる費用だと思います。大学院に進学する場合費用はいくらくらいかかるのでしょうか?, また、後半では、大学院生が利用できる奨学金制度も合わせて紹介します。大学院進学を検討している方はぜひ参考にして下さい。, 国公立大学の大学院の学費は、学ぶ分野によって多少の違いはありますが、基本的には文部科学省が定めている「国立大学等の授業料その他の費用に関する省令」に記載されている標準額となるので学部による差はありません。, それによると、博士前期課程だと、卒業にかかる2年間の費用は合計で約135万円となります。, 国立法科大学院では、入学金は28万2000円と同じなのですが、授業料が高くなります。, 他の大学院の授業料が約54万円程なのですが、法科大学院の場合、年間の標準授業料は80万4000円になります!, なんと、30万円近く変わるのです。しかも、それだけでなく法科大学院の一般的な修業年限は3年といわれています。, つまり、3年間で約270万円ほど学費がかかります。一般の大学院博士前期課程総額と比較して約2倍に跳ね上がります。, 法科大学院の進学を検討している方は、同じ国立でも学費が変わることを抑えておいて下さい。, ここでは、東西の私立大学院として、早稲田大学院、同志社大学大学院、慶應義塾大学大学院を例に紹介します。, 本学卒業者および退学者の場合、入学金は免除となります。つまり、早稲田大学卒業生の方がそのまま大学院に進学する場合は、初年度の費用は入学金20万円は支払わなくてすみます。, 私立大学院だと学費に差がありますが、どの分野でも国立と比較すると倍近くかかりますね。, もし、志望している大学院がすでにある場合は、各大学院のHPから、学費を確認することができるので、ぜひ早めにチェックしてみて下さい!, ただでさえ、大学生活にかかる費用だけでも厳しいのに、大学院に進学するとさらにお金がかかるのかと不安になると思います。, ここからは、負担を少しでも減らすために奨学金をご紹介します。奨学金は一般的に「借りる」奨学金と「貰う」奨学金の二つに分けられます。, 「借りる」奨学金は、貸与型奨学金と呼ばれ多くの学生は日本学生支援機構を通して奨学金を受けており、無利子から有利子まで様々な奨学金があります。, 一方、「貰う」奨学金は給付型奨学金と呼ばれ、民間企業などの公益財団法人や所属する大学からも受けることができます。, 実際に貸与型奨学金と給付型奨学金とではどういった違いがあるのかを細かくみていきます。, これは利息が付かないタイプの奨学金です。支給金額は、約5万円、8.8万円の金額を毎月支給されます。, 無利息ということもあって人気が高く、成績状況などによる選抜制になることも多いので注意が必要です。, 私立大学に通学する学生の場合は、第1種奨学金だけでは十分な金額に満たない場合もあるので、そうした場合は他の奨学金との併用を考えなければなりません。, こちらは大学の種別や通学方法にかかわらず、月額5万円、8万円、10万円、13万円、15万円のいずれかから貸与額を選択することが可能です。, こちらは第1種奨学金とは異なり、成績等による選抜はないので収入面での条件をクリアしていれば受給できるものとなっています。, 利率の上限は年3%に定められており、在学中には利息が発生しません。受給条件が厳しくないことから、奨学金を受ける大学生の多くはこの第2種奨学金を利用しています。, 民間の例としては、公益財団法人電通育英会は大学生に対して月6万円、大学院生に対しては月8万円を支給しています。, 私立大学は一般的に国立大学よりも学費が高くなりがちですが、こうした仕組みをうまく利用すると、負担する金額をかなり抑えれられるので利用できる仕組みがないかぜひチェックしてみましょう!, また、学費を抑えるための方法として奨学金を借りる方法を紹介しましたが、奨学金を借りるには審査に時間がかかります。そのため、いざ借りようと思っても、締め切りが終わっていることもあります。. 国立の大学院学費はいくら? 国立の大学院の学費は135万円! 国公立大学の大学院の学費は、学ぶ分野によって多少の違いはありますが、基本的には文部科学省が定めている「国立大学等の授業料その他の費用に関する省令」に記載されている標準額となるので学部による差はありません。 オカネコは、そんなあなたのための「今すぐプロの専門家にチャットで相談することもできる」Webマガジンです。 総額:242万5,200円 現在では、大学進学を行い、そこから一般企業への就職をする、というのが一番主流なキャリアの築き方になっています。, 大学進学を考える際に、忘れてはならないのがお金の問題。一言に大学といっても、国公立、私立、短期といった具合に大学の種類もさまざま。, また学費と一言にいっても入学金もあれば毎年の授業料やケースバイケースの教材費など、色んな項目でお金が掛かってきます。, そこで今回は、大学進学の一番のメインとなる国公立と私立大学それぞれの学費が、4年間でどれぐらい掛かるのか解説します。, 入学金と授業料は学費の中でも一番メインとなる部分ですから、まずはこの数字を基準にするのが良いですね。, 文部科学省令による標準額では、国立大学で入学料28万2,000円、授業料が53万5,800円とされており、公立大学では、入学料39万3,426円、授業料53万7,809円という数字が出ています。, しかし最近では国公立大学の法人化によって大学や学部・学科ごとに金額の差が出るようなケースもあり、これらの数字はあくまでも平均的には。という数値になるでしょう。, 私立に比べて安い!といわれる国公立大学ですら、卒業までを考えるとかなりの金額が掛かるということがわかりますね。, 入学時に各種保険代金を納めなければならなかったり、そもそもほとんどの大学では受験するだけで検定料として1万7,000円が掛かりますから、これらもある意味で学費と考えた方が良いといえるでしょう。, それ以外にも、厳密には学費とは言えないでしょうが、一人暮らしをするならばその下宿代、自宅から通学からの交通費、といった形で大学に通うために必要なお金は他にもたくさん出てきます。, ある意味で先輩や友達との交流も大切でしょうから、交友費なんかも見ておかなければなりません。, にプラスして、諸々の諸経費をプラスしていきますから、少なくとも4年間で300万円程度は必要になると言えるでしょう。, 安いと言われる国公立でさえこの数字なのですから、なかなか衝撃を受けた人も多いのではないでしょうか。次は私立大学に関しても見ていきましょう。, 私立大学では学部や学科の違いによって金額にかなりの差が出るため、一つずつ分けて解説していきます。, という数字が出てきました。特に衝撃的なのは医歯学系学部の学費でしょう。元々入学料も高く、さらに授業料も他の学部にくらべて圧倒的に高いですね。, 他の文系学部や理系学部に関しても、入学料辞退は国公立大学と比べて安いぐらいなのですが、その分授業料が高く、結果としてどれも国公立大学を上回る結果になっています。, しかもこれらは掛かるであろう金額の、一番最低限の数字を出しただけ。ここからさらに諸々の諸経費が上乗せされていく計算になります。, 特に医歯系学部や理系学部においては、研究用や勉強用に資料を買う必要があったりする機会も多いです。, 同じ私立大学というカテゴリーの中でも、文系学部よりかなり高額な諸経費がかかることになるでしょう。, その他にも、施設設備費という学費も支払う必要があるなど、やはり国公立の大学に比べると細かいところで差が出て、結果として最終の金額に大きな差が生まれている印象ですね。, 入学料:24万2,579円 授業料:74万6,123円×4 合計:322万7,071円, 入学料:26万2,436円 授業料:104万8,763円×4 合計:445万5,488円, 入学料:103万8,128円 授業料:273万7,037円×6 合計:1,746万350円, 医歯学系学部の場合、卒業まで6年かかるわけですから、かける数字も6になり、一千万円を軽く超えてしまいました。, ここにさらに諸経費をプラスしていくわけですから、やはり文系学部においても国公立大学より100万円以上、医歯学系学部に関しては比べることができないぐらい大きな差額が発生していることがわかると思います。, 医学部だけではなく、理系学部は文系学部に比べて学費が高い傾向があります。学費を稼ぐ方法として、アルバイト以外に有給インターンシップに参加する方法もあります。興味がある方は以下からご覧ください。, 高い授業料がネックとなる日本の大学ですが、その対策の一つとして「奨学金制度」というものがあります。, 奨学金とは簡単にいえば、学業が優秀な学生に対して「金銭の給付や貸与」を行う制度のこと。成績は優秀なのにお金が厳しくて大学にいけない…そんな人にお金の援助をすることで、大学に通えるようにする制度ですね。, 返済する必要がある貸与型の奨学金や、返済する必要はないが上限金額が少ない給付型のものなど、さまざまな種類があります。, とはいえ、給付型のもので学費を全額まかなうことはできませんし、貸与型のものであれば卒業後に返済していかなければならないため、いずれにしても金銭的な苦労はついて回ることにはなるでしょう。, 日本にとって大学とは、それほどの苦労をとしてまで行くところである。という考え方もできますし、なんとなくみんな行くものだから…。そんな気軽な気持ちでいくものではない、とも言い換えることができるかもしれませんね。, 改めて考えると、大学へ進学するということは、国立であれ私立であれ、かなり大きな費用が掛かるということがわかってもらえたはずです。, ここにさらに留学などをつけ足したりしていくと、お金がいくらあっても『足りる』という状態になることは難しいとも思えるでしょう。, 奨学金という制度もありますが、やはりどこかで、大学に行けるというステータスはとても恵まれたものであるということを自覚した方が良いでしょう。, 実際、アルバイトをしながら自分の学費を稼ぎつつ、大学に通う学生も少なくはありません。, しかし、学費を稼ぐためのアルバイトに没頭するあまり、本業である学業をおろそかにしてしまったり、または毎日を無目的に過ごしてしまい、単位が足りずに留年してしまう。という学生も後を絶たないのもまた事実。, せっかく一生に一度あるかないかの貴重な時間を得ているわけですから、その払った金額に見合うぐらいの、充実した有意義な時間や体験ができる場にしていきたいですよね。, あなたはなぜ大学に行きたいのか?それをしっかり考えて、その目標に向かってまっすぐ進むことが大切です。. 国立大学の学費や、入学金、授業料、生活費等大学でかかるお金に関することについてまとめました。 国公立大学は私立大学より安いといいますが学費等どのようになっていて4年間でどれくらいお金が必要になるのでしょうか。 平成26年時点なので情報が変わっている場合もあります。 2004 ©Copyright2020 ゼロワンインターンマガジン.All Rights Reserved. 国立大学の学費はいくら? 国立大学の学費は、標準額として金額が決まっています。 文部科学省令の標準額(※)によると、国立大学の学費は以下の通り。 【国立大学の学費】 入学料:28万2,000円 授業料:53万5,800円 × 4年間. 子育て中は何かとお金がかかるものですが、なかでも高いのが大学の学費でしょう。国立大学の学費は私立より安いと言われていますが、それでも4年間通うとなるとかなりの金額が必要です。, 「まだ子供が大学に行くかどうかもわからない」と思うかもしれませんが、今は2人に1人が大学に行く時代と言われています。直前になって「学費が出せないから…」と諦めることがないよう、準備はしておきたいも。そのためにも、まずは国立大学の学費がいくらなのかを知っておきましょう。, ・国立大学の学費(入学金・授業料)・国立と私立大学の学費の比較・学費以外の必要費用(生活費や留学費用)・大学費用はどう準備するのか, 「教育費や老後資金はどのくらい必要?どう貯めればいい?」「資産運用として投資をしてみたいけど何から始めればいいかわからない」, 居住地や相談内容を入力するだけで、あなたにぴったりなFPや独立系ファイナンシャル・アドバイザー(IFA)が見つかり、チャットで無料相談することができます。, 結婚を機に移住したり、個人事業主になったりと変化があったので税制や保険の相談がしたく、「お金の健康相談」を利用しました。正直FPは「保険を押し売りする人」というイメージだったのですが、チャット相談をしてみたらFPの方の知識が豊富で驚きました。毎回とても丁寧に返事をしてくれましたし、質問した内容以上のことを教えてくれ、大変参考になりました。チャットは自分の聞きたいことをまとめて聞けるので楽でしたし、正直期待以上のFPに出会えて満足しています。, 「お金の健康診断」には90社500名以上の専門家が登録しており、家計・保険・投資・ローンの相談・ライフプランなど幅広い相談に対応可能です。相談は何人してもOKなので、さまざまな専門家の意見を比較すれば、より納得して選択ができるはず。, 国立大学の学費は、標準額として金額が決まっています。文部科学省令の標準額(※)によると、国立大学の学費は以下の通り。, というのも、45年前(1975年)の国立大学の学費は入学金が5万円、授業料が3万6,000円で、4年間の総額はなんと19万4,000円!, 国立大学の学費が値上がりし、私立大学との差が縮まりつつあるとも言われています。では、実際国立大学と私立大学の学費(※)を比較してみましょう。, 入学料はさほど差がなく、むしろ国立大学のほうが高くなっていますが、私立大学は入学料とは別に施設設備費が必要になります。また、授業料は理系の私立大学は国立大学に比べて2倍以上。やはり国立大学の学費はかなり安いことがわかりますね。, なお、上記の学費はあくまで文部科学省令による標準額と、私立においては初年度の学費の平均額のため、実際は学校や学部によって金額は異なります。, 文部科学省「平成30年度 私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額の調査結果について」, 必要なのは学費だけではありません。教材費や交通費、一人暮らしなら家賃代や生活費なども必要になります。学費以外でどんな項目にどのくらいの費用がかかるのか見ていきましょう。, ・教科書代学部や教員によっても使用する教科書は異なるため一概には言えないが、専門性が高く、市場に出回っていないため高いものが多い。1年間で数万円ほど場合もあるが、先輩からもらったり、中古の本を買うことも可能。, ・各種保険代金何かあったときに備えて保険に入る人も。大学生協の保険は年間で1〜2万程。, ・家賃自宅外から通う場合は、家賃や引っ越し代などがかかります。賃貸なら諸々の初期費用として家賃の4〜5倍ほど必要に。, ・生活費光熱費や食費、交際費などの生活費がかかります。学生は授業やゼミが忙しく、アルバイトだけでまかなうのは難しいため、家賃や生活費の仕送りをするケースが一般的でしょう。, 日本学生支援機構の「平成28年度学生生活調査」(※)によると、一人暮らししてる国立大学の学生への仕送りの年間平均額は117万7,000円。毎月の仕送りは約9万8,000円ほど。, これをもとに諸経費や生活費なども含めた場合、一人暮らしで国立大学に通う場合の総額費用は約700〜800万円と考えられます。, 在学中に留学する場合も考えられます。授業料や家賃、生活費、航空券など…さまざまなことが思い浮かびますが、総額でいくらぐらいなのでしょうか?, 今回留学費用に関する正確な資料が見つからなかったものの、さまざまな情報から想定すると、一般的に約1年間の留学で必要な総費用は150~250万円ほどだと考えられます。, ただし、交換留学制度や奨学金、渡航先を考慮すれば、もっと高くなる可能性もありますし、逆にもう少し抑えられるかもしれません。, とはいえ、留学や一人暮らしする場合を考えると、国立大学の総額費用は1,000万円近くなることがわかります。, 国立大学に進学した場合の学費から一人暮らしや留学のケースも想定すると、1人通わせるだけで1,000万円ほどのお金が必要になります。奨学金制度もありますが、返済に苦しむ人は少なくありません。, しかし、毎日の生活費でもお金はかかりますし、自分たちの老後資金も考えると、「どうやって大学進学の費用を貯めればいいの?」と不安になりますよね。, 貯金や投資などの専門知識を豊富に持っているFPなら、これからかかる費用をしっかり計算した上でどのように資金を準備すればいいのかアドバイスをしてくれます。, 場合によっては、投資などの資産運用も必要になるかもしれません。そんなときは、IFA(独立系金融アドバイザー)に相談するのも手。資産運用のプロで実務経験のあるIFAは、証券会社などとは関係なく中立的な立場でアドバイスをしてくれます。, 教育資金は1日でも早く準備することが大切。疑問や不安がある人は、「お金の健康診断」 でプロにチャット相談してみましょう。, 「お金の健康診断」は90社500名以上のプロが登録する日本最大級のプラットフォームで、「お金のプロ」と「相談したい人」のマッチングサービス。, 自分の悩みに強いFPが検索でき、無料でチャット相談できる上に、名前や住所を入力する必要がない気軽に利用することができます。, お金の話は難しい。お金の話はつまらない。お金の話をしていると、何かが胸につっかえたような気持ちになる。みんなどうしてるの?自分は一体どうすればいいの? お金に関するあなたの疑問や不安はプロと一緒に解決して、あなたは「やりたい」をやる決断を。. 文部科学省令による標準額では、国立大学で入学料28万2,000円、授業料が53万5,800円とされており、公立大学では、入学料39万3,426円、授業料53万7,809円という数字が出ています。 大学4年間の学費の合計=入学料+1年間の授業×4年分. 国立大学の学費は、以前は一律でどこも同じでしたが、今は下の表の文部科学省が定める標準額の20%プラスを限度に各大学が定めることになっています。 文部科学省が定める国立大学授業料標準額: 入学金: 282,000円: 授業料: 535,800円: 初年度納付金合計: 837,800円: 国立大学も各大学が自 … 以下に詳細をまとめます。 学費を稼ぐためのアルバイトに没頭するあまり、本業である学業をおろそかにしてしまったり、または毎日を無目的に過ごしてしまい、単位が足りずに留年してしまう。, 国立大学=28万2,000円 + 53万5,800円 × 4年間 = 242万5,200円, 公立大学=39万3,426円 + 53万7,809円× 4年間 = 254万4,662円. © Copyright 2020 お金のカタチ. All rights reserved.