>> 【外壁】リフォーム工事の費用はいくら?3つの工法別相場を徹底解説!, 塗装歴29年。年間施工件数は200件にのぼる。千葉を中心に戸建・マンション・アパート・工場・店舗等の外装一切を請け負い、経営と現場の両面に携わる。, 外壁塗装の相場を3000人以上の実績をもとに大公開!坪数別(30~60坪)の費用相場、外壁塗装の費用の内訳や、少ない予算でもできる8つの方法などを解説した外壁塗装の完全ガイドです。, 「補助金」や「助成金」は返済不要で、うまく活用できれば、外壁塗装をお得に実現できる可能性があります。自治体が提供している制度についてよく理解し、リフォームをお得に実現してみませんか?, ご自宅の屋根の修理方法と費用相場、いい業者選びの方法を解説。坪数だけで最終的な金額の目安がズバリわかります。図面や計算の必要ナシ。修理費用は「破損・めくれの修理」「雨漏り修理」「雨どい」「塗り替え」「全面リフォーム」などに対応。, 外壁塗装において、一番重要な業者選び。そもそもどうやって探すの?といった疑問から、相見積もりを取得した後の、業者の選び方についてご紹介しています。, 雨漏り工事の費用を解説した記事です。雨漏りを発見したら早急に原因を調査して修理する必要があります。雨漏り工事の相場・業者選定方法を正しく理解して、早急に対応を行いましょう。, オススメの外壁材の種類と特徴、人気の外壁材ベスト3を大公開。外壁材の「種類・メリット/デメリット・特徴」といった外壁のリフォームを検討する上で知っておきたい基礎知識をまとめました。, 屋根材のリフォームの最初のステップは、屋根材の種類と特徴を学習し比較検討することです。そのうえで、信頼できる専門家の診断を受け、適切な改修計画をたてて、あなた好みの生まれ変わった屋根を手に入れましょう。, 塗料にはたくさんの種類があります。一見大差がないように見えますが、耐久性や性能に違いがあります。塗料の種類と特徴を理解して最適な塗料で外壁塗装を行うことで、お家を快適にすることができます。, 外壁塗装において足場の費用は無視できません。今回は、足場料金の単価・費用相場、自分で費用を計算する方法、工事に足場が欠かせない理由や足場代は無料になるのか?などを解説します。, 本記事では、ベランダ防水工事を検討すべきタイミングと、工事の種類、それぞれのメリット・デメリット、費用などを解説します。ご自宅の立地条件や、ベランダに重視する機能をもとに、最適な防水工事方法が選べます。. と考えてよいでしょう。逆に、先述のように30%前後の値引きを許諾する業者は怪しいと言えるかもしれません。, 逆に、高額な商品が良い商品であるとは限りません。 ここでは、特にどのようなケースで注意が必要なのか?を具体的に解説していきます。, 外壁塗装で失敗しないためには 業者紹介前には、外装工事の専門知識豊富な相談員があなたのご要望を丁寧にヒアリングしますので、不要な連絡がいくご心配もありません。お役立ていただけますと幸いです。, また、外壁リフォーム全般について知りたい方は、こちらも併せてご覧ください。 外壁塗装の相場を3000人以上の実績をもとに大公開!坪数別(30~60坪)の費用相場、外壁塗装の費用の内訳や、少ない予算でもできる8つの方法などを解説した外壁塗装の完全ガイドです。 30坪の外壁塗装の相場. 水切りは、外壁の内側に入った雨水を外側へ流す役割があり、建物内部(土台)に侵入してしまう事を防ぐために作られています。 ご自身の地域で、具体的にどのような相場観で工事を行えるかについては、弊社ヌリカエの無料相談窓口までお問い合わせください。, 材料費とは、塗料代や養生費用、飛散防止ネット、外壁の目地部分を補修するためのコーキング材などの費用のことです。材料費に含まれる主な項目と単価は次のとおりです。※()は30坪の場合の合計費用を示しています。, 人件費とは、営業担当者や職人さんへの対価となる費用です。「人数✕工事日数」によって求めることができます。, 足場代とは、その名の通り、外壁塗装の際に必要な足場を組み立てる費用のことです。外壁塗装にはほぼ必ず足場が必要になります。相場は、700~1000円/㎡です。, その他には、交通費や事務手数料、保障代など様々な費用が含まれます。これらの費用は、見積もり書にざっくりとし記載されていないこともあるため、必ず項目に違和感がないかチェックしておきましょう。その他の費用に含まれる主な項目と単価は次のとおりです。, この外壁塗装業界には、「足場を無料にできます!」「今ならキャンペーン価格で無料です!」「モニターとして無料で塗装しませんか?」といったセールストークがよくありますが、決して騙されないでください。どの項目も無料になるわけではなく、そのような場合、他の項目に上乗せされているにすぎません。よくある悪徳業者の手口の1つですので、覚えておきましょう。, 外壁塗装で忘れていけないのは、どんな塗料を使って外壁を塗るのか?ということです。一般に、耐久性が高い塗料ほど、費用が高くなる傾向にあります。, 実は、外壁塗装に使われる塗料はその数千種類にもわたるのです。初めての方は、まず基本となる6種類の塗料を覚えておきましょう。, このなかでも、シリコン塗料とラジカル塗料が特に人気の高い塗料でおすすめです。「どの塗料を選べばいいか分からない...」という方は、こちらの記事をご覧ください。, 外壁塗装の他に、追加で直したい範囲が多ければ多いほど、費用が高くなります。これらは付帯工事費と呼ばれ、主に、雨どい交換・ベランダ防水・業者の手数料などが該当します。, 付帯工事を甘く見てはいけません。付帯工事の費用だけでも、合計50~100万円ほど変わってくるため、どこまで補修するか?業者の手数料はいくらか?相場とかけ離れていないか?などに注意が必要です。, 付帯費用をごまかして相場より高い見積金額を提示する業者が一部存在するため、チェックしておきましょう。, 実は、あまり知られていないのですが、外壁塗装の依頼先によって、最大で100万円近く費用が変わります。, 「失敗しないためにはどの業者に頼めばいいの...」と不安に思われている方は多いかもしれません。外壁塗装を依頼できる業者ごとの特徴をまとめましたので、ぜひご覧ください。, 矛盾するようですが、実はこの外壁塗装業界自体「相場があってないようなもの」と言われており、見積もる業者や塗料によって金額が最大50万円も違ってくることも。 nurikae Copyright(c)2015 Speee, Inc.All rights reserved. 無断転載禁止. 「安いかどうか?」よりも「適正金額かどうか?」を念頭に置き判断することが大切 この記事では、外壁塗装の内訳について疑問に感じる人のために、外壁塗装の費用相場、外壁塗装の内訳、内訳の相場について解説していきます。, 外壁塗装において、一番重要な業者選び。そもそもどうやって探すの?といった疑問から、相見積もりを取得した後の、業者の選び方について紹介しています。, 外壁塗装工事に火災保険が適用されることがあります。自宅からの火災だけでなく類焼、風災、雹災などのアクシデントにも対して保険金を受け取れます。保険金を受け取るための手順や保険金申請が可能な塗装業者の選び方を知っておきましょう。, 「補助金」や「助成金」は返済不要で、うまく活用できれば、外壁塗装をお得に実現できる可能性があります。自治体が提供している制度についてよく理解し、外壁塗装をお得に実現してみませんか?, 資金が厳しいから今は無理。そう思っていたらいつまでたってもできないのが外壁塗装です。あまり知られていないリフォームローンの種類・利用までの流れといった基礎知識を解説します。, 住宅ローン減税と呼ばれる「住宅借入等特別控除」は条件が当てはまれば外壁塗装にも使うことができます。条件と方法を解説いたします!, 外壁塗装において、訪問営業での契約はトラブルをなかなか避けられません。この記事では訪問営業の実態と悪徳業者や優良業者の見極め方について解説しています。, 30坪前後の住宅の外壁塗装費用の相場を徹底調査! 同じ30坪住宅でも外壁の大きさはバラバラなもの。そこで本記事では、「施工面積」と「使う塗料」の組合せ64通りの金額例を見やすく一覧化。お住まいの条件にピッタリの相場額が見つかります。, 外壁の張り替え工事を検討中の方へ向け、工事の「費用」「必要性の判断」を中心に、解説をしていきます。, 「10年に一度」と言われる屋根塗装。でも、本当に必要でしょうか?また、実際の費用相場はいくらでしょうか?本記事では、屋根塗装の適切な時期、屋根材ごとの特徴、工法、見積り方法等に触れながら、300人の実績データに基づいた費用相場を解説します!, 30坪「96~111万円」40坪「115~124万円」50坪「122~136万円」になります。, 「足場を無料にできます!」「今ならキャンペーン価格で無料です!」「モニターとして無料で塗装しませんか?」, ネット上の費用相場を鵜呑みにするのではなく、必ず一度はプロの目で見てもらうことが大切です。, 「貯金をして2~3年後に塗装する」よりも「ローンを活用して今塗装する」方が、約15万円ほど安くなります。, 居住用の住宅ローンを利用している場合、年末時点で住宅ローン残高の1%分(最大40万円)を所得税から控除することができる, 外壁塗装と屋根塗装を別々に行うと、2回分の足場代(15~25万円)が必要になります。, 全体の施工金額に対して30%以上(約30~50万円前後)の値引きを厭わない業者は要注意, お住まいの住環境との相性が悪ければ、本来の効果を発揮するどころか、かえって逆効果をもたらす可能性があります。, 30坪の家の場合、外壁塗装の中心価格帯は80万円~130万円で、平均価格は109万円です。屋根塗装もセットで行うと、120万円~140万円が相場です。(ヌリカエなら30秒で, 外壁塗装の費用は「塗料・付帯工事・業者」の3つで決まります。選び方次第で、最大100万円近く金額が変わるので、慎重に選ぶことをおすすめします。, 外壁塗装を安くする方法には、「3社以上から見積もりを取る」「火災保険や助成金を活用する」「リフォームローンを活用する」などがあります。詳しくは、. これは、都市部と地方による物価、家の大きさ、業者数といった多様な条件の違いを反映しているものと考えられます。, 次に、実際の外壁塗装工事の見積もり事例を見てみましょう。 ※延床30坪・サイディング外壁・スレート屋根の一般的な住宅を想定しています。, ここまで、低予算で安く抑える方法をお伝えしてきましたが、必ずしも「安い=良い」とは限らないという点に注意しましょう。 です。, 長期的なメンテナンスコストも考慮したうえで、安く抑えるためには高額な塗料も選択肢の一つとなりますが、お住まいの住環境との相性が悪ければ、本来の効果を発揮するどころか、かえって逆効果をもたらす可能性があります。, 実際に、一部のセラミック系塗料などは、高額な割に外壁材を選ぶ塗料でもありますので、慎重に選ぶようにしましょう。もし、塗料と外壁材の相性など具体的な部分をご自身で判断できない場合は、ヌリカエの相談員が無料で中立の立場から相談に応じます。, 外壁塗装業界は、業者の選び方によって費用が大きく異なる業界ですので、業者選びが最も肝心です。自分とご家族のみで判断されるよりも、中立かつ相談無料のヌリカエヌリカエをご利用下さい。 今回はそんな水切りにスポットを当て、塗装の 「単価や施工方法」 について、ご紹介していきます。 水切りの役割について . そのため、ネット上の費用相場を鵜呑みにするのではなく、必ず一度はプロの目で見てもらうことが大切です。, では、相場の範囲内で、かつ少しでも費用を抑えるためには、どのような準備が必要なのでしょうか?この記事を読んでいる方の中には、「外壁塗装にかける予算がない...」という方もいらっしゃると思います。ここでは、賢い人はみんなやっている、外壁塗装を低予算で安く済ませる裏技を5つ紹介します。, 適用条件は限られますが、外壁塗装・屋根塗装などの外装工事は火災保険を活用してリフォームすることが可能です。火災保険には、大きく3種類あり、補償範囲や自己負担金額が異なるため、 大切なのは、商品と住宅の相性 全体の施工金額に対して30%以上(約30~50万円前後)の値引きを厭わない業者は要注意です。これらは です。, 値引き交渉の結果、 一軒家の外壁塗装の費用相場はおよそ80万~130万で、平均109万円でした。坪別相場は、30坪「96~111万円」40坪「115~124万円」50坪「122~136万円」になります。, ヌリカエの3000件以上のデータをもとにした、外壁塗装の費用相場分布です。是非参考にしてみてください。, ですが、安心してください。外壁塗装の費用は、工事の範囲や使用する塗料の種類、劣化の進行度など様々な条件によって大きく変わってきますので、これはあくまで平均的な相場と思っておきましょう。(このあと詳しく解説しますね。), 外壁塗装の費用に「差がつく」一番のポイントは、お家の坪数です。当然ですが、お家が大きいほど、塗装面積が大きくなり必要な塗料の量が増えるため、よりお金がかかります。, 坪数ごとの費用相場を一覧表にまとめました。あなたのお家の坪数と照らし合わせて、大体いくらになりそうか?を調べてみましょう。, ヌリカエでは、北海道から沖縄県まで、年間1万人以上の方に全国の外壁塗装業者をご紹介し、工事のご契約までをサポートしています。, 下表は、2017年から2020年までの過去実績データをもとに、都道府県別の平均費用を算出したものです。, ご覧いただいた通り、都道府県によって、外壁塗装の平均費用相場はかなり異なります。 30坪前後のお家であれば、外壁のみ 60〜90万円 、外壁と屋根だと 80〜120万円 ほどが、塗装工事の費用相場となっています。. まずは自宅がどの種類の保険に加入しているのか?をチェックしましょう。, ただし、「火災保険で無料で修理できます」という勧誘は悪徳の可能性が高いため注意が必要です。, 自治体で定められている場合、省エネ効果がある塗料(遮熱塗料・断熱塗料)を使用することで、目安として10万~30万円ほど補助金を受け取れる可能性があります。, もし補助金のご利用をお考えの場合、補助金・助成金の適用条件・金額は自治体により異なるため、各自治体のHPで最新情報をチェックしてみましょう。, 実は「貯金をして2~3年後に塗装する」よりも「ローンを活用して今塗装する」方が、約15万円ほど安くなります。これは、2~3年間の貯金の間にさらに家の劣化が進行し、結果的に修繕費が跳ね上がり、ローンの金利よりも高額になってしまう、ということです。実際に、次のシュミレーション例をご覧ください。, あまり知られていませんが、住宅ローン減税(住宅ローン控除)は外壁塗装などのリフォームの場合にも受けることができます。, 住宅ローン減税とは、居住用の住宅ローンを利用している場合、年末時点で住宅ローン残高の1%分(最大40万円)を所得税から控除することができる、という制度です。, 初めて外壁塗装をお考えの方のなかには、屋根塗装も時期を合わせてやったほうが良いの?屋根塗装も一緒にやるとお得になるの?と疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?, 結論から言うと、外壁塗装と屋根塗装は時期を合わせて同時に行うと、別々に行うよりもお得になります。実は、約80%の方が外壁塗装と屋根塗装をセットで行っているのです。, 外壁・屋根の塗装工事には「足場」が必要になるため、外壁塗装と屋根塗装を別々に行うと、2回分の足場代(15~25万円)が必要になります。そのため、例えば築年数15年で一度も塗装をしたことがない場合は、屋根塗装と同時に済ませることで、足場代を節約できます。, 外壁塗装と屋根塗装をセットで行う場合、120〜140万円が相場です。一般的には、外壁塗装の金額に加え+30~40万円と捉えておくのが良いでしょう。, ここで外壁塗装と屋根塗装を同時に行った場合の価格の目安(足場代込み)を坪数ごとに一覧化しました。費用の概算を計算する場合などにご活用ください。 外壁のライフサイクルと、外壁に起こりがちなトラブルを紹介。サイディングの外壁にもリフォームは必要です!, 外壁塗装工事や外壁のリフォーム工事の価格を見ると「50万円以下」「51万円〜120万円」「121万円以上」に分かれています。, 雨が浸入しやすいつなぎ目部分の補修なら初めの価格帯、とくに30万円前後が中心になります。, また、家全体を塗装する場合は足場代が20万円〜の相場となるため塗装も含めた全体では100万円前後、外壁の新調(重ね張り・張り替え)の場合は規模に応じてそれ以上になってきます。, 外壁の下地材料は、モルタル、サイディング、タイル、木材などがありますが使用されることが多いのはモルタルとサイディングです。どの工事を行うかで価格帯は大きく異なってきます。, なお、チョーキングやクラックなど、外壁に起こる一般的なトラブルや塗装時期の目安については外壁塗装・外壁のリフォーム情報ページも参考にしてください。, それでは、イメージ事例とともに価格を確認していきましょう。総額は、材料費や工事費用、諸経費、足場設置、養生、下地処理、解体、撤去処分費用なども含めた一般的な事例の参考金額です。実際の金額は住居の状況や必要諸経費等によって変動します。, また、ここでは素材や工事内容による金額の違いをわかりやすくするために、延床面積30〜45坪(壁面積約100〜150平方メートル)の2階建て住宅を基準にしています。施工業者によっては建坪(1階の床面積)や、作業を行う壁の面積を基準に見積もり金額を算出するなど違いがあります。元になる面積基準によって、1平方メートル当たりの単価が違ってくるのでご注意ください。, 延床面積30〜45坪(壁面積約100〜150平方メートル)の2階建て住宅で、外壁材のつなぎ目や窓枠周りなど、雨水が浸入しやすい箇所全体のメンテナンスを行う場合の価格帯です。, 外壁と窓枠のつなぎ目部分、またサイディング材同士の目地については、コーキング材(シーリング材)などを使って防水処理を行います。モルタルでもサイディングでも、外壁材やコーキング自体の伸縮などの経年劣化により、コーキングにひび割れや傷みが生じる場合があります。, コーキング材が劣化すると外壁材そのものの傷みにつながりますから、5年程度を目安にメンテナンスを行えば安心です。足場を組まない一部分のみの補修であれば、2〜5万円程度です。, 延床面積30〜45坪(壁面積約100〜150平方メートル)の2階建て住宅で、外壁をウレタン系やシリコン系の塗料で塗装した場合の価格帯です。, 一般的な外壁塗装工事を行う場合の費用目安です。塗装にはシリコン樹脂塗料を使うことを想定していますが、断熱などの性能がある特殊な塗料を使えば価格はさらに上がります。, 塗料は大きく分けて「フッソ樹脂塗料(耐用年数15〜20年)」「シリコン樹脂塗料(同8〜15年)」「ウレタン樹脂塗料(同8〜10年)」「アクリル樹脂塗料(同5〜8年)」の4種類ですが、耐久性と価格のバランスがとれた、ウレタン系やシリコン系のものを使う事例が多いようです。単価の安いアクリル系の塗料を使うと、総額で65〜100万円程度に収まりますが、5〜8年でまた塗り替えをする必要があります。フッソ系の塗料を使う場合は140〜250万円と金額が高くなりますが、耐久性もアップします。光沢も長持ちしますが、メンテナンスフリーというわけではありませんので、つなぎ目部分などは定期的に点検した方がよいでしょう。, なおモルタルの外壁だけではなく、サイディングの場合でも定期的に塗り替えは必要です。サイディング材でもチョーキングは発生しますし、めっきが腐食すると「白サビ」と呼ばれる小さな粒状の模様が現れることがあります。, 延床面積30〜45坪(壁面積約100〜150平方メートル)の2階建て住宅で、「重ね張り」でモルタル壁からサイディングへ変更する場合の価格帯です。, モルタル壁に下地処理を行い、アルミ製のサイディングを設置するリフォームの見積もり例です。, モルタル壁をサイディングにする場合、モルタルの上に直接張り付ける「重ね張り」と、一度モルタル壁を取り壊しサイディング用の下地の工事をしてから張っていく「張り替え」の2種類の工法があります。「重ね張り」の場合は、廃材が少ないことや工事費用をおさえられるメリットがある一方で、柱や土台など内部の状況が確認できないことや壁の重量がアップするといったデメリットもあります。サイディングには金属系と窯業系の2種類があり、それぞれに、素材やデザインの違いによってさまざまな種類や価格のものがあります。「重ね張り」には軽量な金属系がよく用いられます。, 延床面積30〜45坪(壁面積約100〜150平方メートル)の2階建て住宅で、「張り替え」でモルタル壁からサイディングへ変更する場合の価格帯です。, モルタル壁をすべて取り除き、下地処理を行い窯業系のサイディングを設置する場合を想定しています。, 「張り替え」は、すでにあるモルタルやサイディングをすべて取り除き、下地の工事を行ってから新たなサイディングを張っていく工法です。工事の過程で土台や柱の具合を確認できるので、傷んだ所の補修や交換を行いながら作業を進められます。ただし、工程が増えるため工期が長くなること、廃材が多くなることもあり、工事費用は高くなります。外壁は面積が広いだけに、選ぶサイディングによって費用は大きく変動します。, お客様から外装の雰囲気を変えたいとのご要望があったため、外壁の一部分を縦のラインで塗り分けることをご提案させていただきました。イメージがガラッと変わり、まるでサイディングの張替え工事をしたかのような素敵な仕上がりになりました!, もとの外壁はオーソドックスなブラウン系のものでしたが、本当は可愛い雰囲気にしたかったというご希望で、今回は白×赤のデザインで仕上げさせていただきました。, 色あせ・ボードの変形等の傷みが出てきていました。 『せっかく塗装するならカッコいい色にしたい!』という御主人様の御希望で紺色のガレージハウスのような仕上がりになりました。, 大きく色味の変更はありませんが、汚れが気になっていたとのことなのでしっかりと高圧洗浄のうえ塗り直しをさせていただきました。以前と同様のブラウンで落ち着いたツートーンカラーを実現しています。, Copyright (c) Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved.