ご利用の Internet Explorer は古いブラウザで Microsoft社も利用は危険であると発信しています。このウェブサイトも Internet Explorer での表示は保証しておりません。, 最新のモダンブラウザ(Microsoft EdgeやGoogle Chromeなど)をお使いください。, 1949年(昭和24年)発表の日本歌曲です。合唱曲として編曲され、たくさんの方に歌い愛されている1曲ですね。, 作詞の江間章子は、子供の頃岩手県の八幡平にて生活をしていました。尾瀬を訪れた時に、当時を思い出しながらこの曲をつくったそうです。, 尾瀬(おぜ)は、福島県(南会津郡檜枝岐村)・新潟県(魚沼市)・群馬県(利根郡片品村)の3県にまたがる高地にある盆地状の高原であり、阿賀野川水系最大の支流只見川の源流域となっている。中心となる尾瀬ヶ原は約1万年前に形成されたと考えられる湿原である。尾瀬国立公園に指定され、日本百景に選定されている。 出典:Wikipedia, 湿地帯なので、霧は多く出ることでしょう。山の中を歩いていても、霧が多いと道がよく見えなくなります。, 白く大きな1枚の花びらに見える部分は葉が変形したもので、中央にある黄色い円柱状になっているところに小さい花が集まっています。, オーストラリアから赤道を越え亜寒帯地域まで広く分布している花で、ヒマラヤ山脈には多くの種類があります。日本の寒冷地では4種類程度。 薄いピンク色したハクサンシャクナゲが一般的です。, 作詞の江間章子さんは、夕焼けの空の色をみて、尾瀬のシャクナゲを思い出したのでしょう。, この曲は、とにかく春〜初夏の爽やさを出したい曲です。ゆったりとしっとりとした曲調ではありますが、声は「爽やかに・明るく」を常に心がけましょう。, 洗える立体マスク ダブルガーゼで肌触りも心地良い サイズ調節可能な日本製価格:660円(税込)19 ポイント, 水の辺り(ほとり)は、「水があるまわり」ということですね。 江間 章子(えま しょうこ、1913年 3月13日 - 2005年 3月12日)は昭和を代表する唱歌の作詞家、詩人。 代表作に「夏の思い出」、「花の街」などがある。 1972年に朝鮮画報社から出版された『万寿無疆』に、詩「金日成首相は地球の上のともしび」を発表している。 作曲:中田喜直 作詞︰江間章子 歌詞. 夏がくれば 思い出す はるかな尾瀬(おぜ) 遠い空 霧のなかに うかびくる やさしい影 野の小径(こみち) 水芭蕉(みずばしょう)の花が 咲いている 夢見て咲いている水のほとり 石楠花(しゃくなげ)色に たそがれる はるかな尾瀬 遠い空 夏がくれば 思い出す Powered by WordPress with Lightning Theme & VK All in One Expansion Unit by Vektor,Inc. 【スポンサードリンク】 江間章子作詞、中田喜直作曲 夏がくれば思い出す はるかな尾瀬 遠い空 霧のなかにうかびくる やさしい影 野の小径(こみち) 水芭蕉の花が咲いている 夢見て咲いている水のほとり 石楠花(しゃくなげ)色にたそがれる はるかな尾瀬 遠い空 作詞:江間章子 作曲:中田喜直 (歌い出し:夏が来れば思い出す♪) 夏に行った尾瀬の美しい風景を思い出して歌った曲です。合唱曲として親しまれています。尾瀬・ミズバショウ・シャクナゲなどを写真付きで、歌詞の解説をしています。 米寿を迎えた時には、江間章子の 詩業をたたえ「江間章子先生を囲む会」が行われ、ファンなど約280人が集まった。2005年3月12日、9 1歳、脳内出血のため東京都世田谷区の病院で死去した。あと1日で92歳の誕生日だった。 【夏の思い出について】 「夏の思い出」 江間章子 作詞 中田喜直 作曲 4.題材 につ いて (1)教材観 この 題材 は、学習指導要領第 2学年 及び第3学年 の表現 の内容 ア「 歌詞 の内容 や曲想 を味わい 、 四季の変化が美しい日本の童謡・唱歌を、歌詞の意味や曲にまつわるお話しなどを楽しんで頂けたらと思っております。 作曲. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 筆者:ひまわり 『夏の思い出』を作詞した江間章子の作品。歌いだしの歌詞は「七色の谷を越えて 流れて行く 風のリボン」。 花のうた 花に関する民謡・童謡・音楽 桜、梅、桃、菊、菜の花、タチバナ、水芭蕉など、花に関する世界の歌まとめ 作曲. 「夏がくれば 思い出す はるかな尾瀬 遠い空」の歌い出しで親しまれる『夏の思い出』(なつのおもいで)は、1949年発表の日本の歌曲。, 中学校の音楽教科書にもよく掲載され、女声合唱や混声合唱などの合唱曲としても編曲されている。, 作曲は、『ちいさい秋みつけた』、『めだかの学校』などを手掛けた中田 喜直(なかだ よしなお/1923-2000)。父は『早春賦』を作曲した中田章。, 作詞は、新潟県上越市生まれの詩人・江間 章子(えま しょうこ/1913-2005)。2歳頃に母親の実家である岩手県北西部の八幡平市(はちまんたいし)に移住し10年間過ごした。, 尾瀬(おぜ)は、福島県・新潟県・群馬県の3県にまたがる地域で、中心となる尾瀬ヶ原は、日本を代表する高地の湿原。, 自然の宝庫である尾瀬には、ミズバショウ(水芭蕉)やミズゴケなど湿原特有の貴重な植物群落が見られる(写真の出典:Wikipedia)。, ちなみに、尾瀬のミズバショウ(水芭蕉)が咲くのは実際には春先(5月末ごろ)。これは、作詞者の江間章子が幼少期を過ごした岩手県北西部が、夏でも水芭蕉を見ることのできる地域だったという事情があるようだ。, 『夏の思い出』の歌詞では、花の名前としてミズバショウの他にも「シャクナゲ」が登場する。, シャクナゲ (石楠花、石南花) は、ツツジ科ツツジ属の低木で、花の色は白や赤が多く、黄色なども見られる。, 数多くの品種があるが、『夏の思い出』の歌詞で歌われている「シャクナゲ」については、東北地方から中部地方までの山地・亜高山帯に分布するアズマシャクナゲではないかと推測される。, アズマシャクナゲは紅紫色の花なので、『夏の思い出』の歌詞にある「石楠花(しゃくなげ)色に たそがれる」とは、夕焼けの赤い色か、その夕焼けが消えかかる「黄昏(たそがれ)」時の空の色を表していると考えられる。, 浮島(うきしま)とは、湖や沼などに島のように浮かんでいる塊で、泥炭や植物の枯死体などから成る。, 中田喜直が作曲した『夏の思い出』は、第3楽章の「トルコ行進曲」で有名なモーツァルトのピアノ・ソナタ第11番 第1楽章とメロディがよく似ていることでも知られている。比較しながら聴いてみると面白いかもしれない。. 江間章子 (1913年-2005年) 新潟県出身で岩手県で育った作詞家、詩人。 代表作は「夏の思い出」、「花の街」など. なかなかコロナが止まりませぬ・・・歌いたいなあ・・・. Copyright © ひまわり日本のうた All Rights Reserved. rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="15c7e65d.38fbf816.15c7e65e.d3542c42";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="300x250";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="on";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1589084586518"; 当サイト・Youtube動画共に、ほとんどの画像はイラストACさんを利用しております。無料会員もダウンロード無料です!. スポンサーリンク 江間さんと中田さんは、「夏の思い出」を作る時に初めて会ったと紹介しましたが、実は、この二人には、不思議な縁があります。 江間章子さんのお父さんの家系は会津藩士でしたが、実は、中田喜直さんのお祖父さんも、会津藩士だったのです。 童謡・唱歌の「夏の思い出」歌詞ページです。作詞:江間章子,作曲:中田喜直。(歌いだし)夏が来れば思い出すはるかな 歌ネットは無料の歌詞検索サービスです。 technology. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}). Hoick楽曲検索 [ホイック楽曲検索]は、保育士・幼稚園教諭のための童謡・こどものうたの検索サイトです。楽曲は、曲名・作者名、歌詞の一部などから検索してください!気になる楽曲が収録された商品も一覧で表示!「 の歌詞って何だっけ?」、「 実際に水がある部分と、そのまわりにある土が見えているけど水を多く含んでいる湿地のことを指すと思います。. 夏がくれば 思い出す はるかな尾瀬 遠い空 霧のなかに うかびくる やさしい影 野の小径 水芭蕉の花が 咲いている 夢見て咲いている 水のほとり 石楠花色に たそがれる はるかな尾瀬 遠い空 江間章子 (1913年-2005年) 新潟県出身で岩手県で育った作詞家、詩人。 代表作は「夏の思い出」、「花の街」など.