リビングダイニングに置くその他の家具、ソファやセンターテーブルとのバランスも考えなくてはいけません。今までの生活から、あるいはこれからの暮らしを想像して、何人で使用し、どれぐらいの料理を載せるのかを目安としてサイズを決めましょう。 建築関係従事歴20年。 モデルルームのLDKの画像を調べてみたところ、キッチンの向きが大きな掃き出し窓やダイニングの方を向いている対面レイアウトがほとんどです。, 対面キッチンの事例ばかり出てくるということは、それだけ需要があるということかもしれませんが「キッチンが壁の方を向いている間取りだ。」という方もいらっしゃるでしょう。, 壁付けキッチンの特徴は「対面だけじゃない!キッチンレイアウトの基本13パターン&52例」を参考にしていただくことにして, 世間では、壁付けキッチンがある縦長リビングや横長リビングにどんな風に家具をレイアウトしているのか実例をヒントに探っていきましょう。, 節が目立つ薄いグレーのフローリングの縦長リビングに、ホワイト扉の壁付けキッチンをコーディネート。, キッチンの手前にホワイトの長方形ダイニングテーブル、ダイニングの手前に白っぽいグレーの2人掛けソファを壁を背にレイアウト。反対側の壁を背に、奥行きの浅いホワイトのコンソールテーブルを配置しテーブルの下に本を収納。配色をホワイトが多めの、ホワイト×黒にして広々としたリビングを演出。, 調理機器と反対側の壁を背に床から天井まである黒のトールユニットをプラス。冷蔵庫・ビルトインオーブンレンジ・パントリーを並べ、手前のリビングの同じ面に、暗い茶色の木目のテレビボードを配置。キッチンの家具とリビングの家具を同じ壁面に並べることで、中央を広く開放的にしたインテリア。, 白っぽい茶色のフローリングの縦長リビングに、ウォール部をオープンユニットにしたホワイト扉のL型壁付けキッチンをコーディネート。, キッチンに繋がる壁面に寄せてホワイトのダイニングテーブルをプラス。ダイニングテーブルを眺めるようにコーナーソファを白っぽいグレーのレイアウトし、ソファの前に六角形のコーヒーテーブルを2台配置。キッチンのフロアキャビネットの側面をオープンにして食器棚にしたアイデアインテリア。, ミディアムブラウンの縦長リビングに、ホワイト扉の壁付けL型キッチンをコーディネート。, 調理機器側の側面にリビングダイニングに向かって、床から天井まであるオープンラックをプラス。L型キッチンに沿うようにホワイトの4人掛け円形ダイニングテーブル、テーブルと反対面の壁を背に黒レザーの2人掛けソファをレイアウト。ソファの前を広く空けて開放的な空間を演出。, ナチュラルブラウンのフローリングの縦長リビングに、黒扉のL型壁付けキッチンをコーディネート。, L型になった壁を背にL型にベンチをレイアウトし、ホワイトの円形テーブルとダークブラウンの木製チェア2台をプラス。ベンチと同じ壁面に茶色の横木目のテレビボード、反対側にグレーの2人掛けソファをレイアウト。ソファとキッチンの間に、スツールにもなる木製サイドテーブル、ホワイトの木製ロッキングチェア、腰までの高さのホワイトのオープンラック、シルバーのゴミ箱を配置。ソファとテレビボードの間を広く空けて、外がスキっと見えるようにしたインテリア。, キッチンの背中にダイニンエリアを作り、ホワイトの丸型テーブルとホワイトのチューリップチェア4脚をプラス。リビングエリアは2面の壁を背に、ホワイトのテレビボードと薄いグレーの寝椅子付き2人掛けソファをレイアウト。ソファの前に小さめの黒のトレイテーブルを2台置き、キッチンの奥に抜ける空間を作った開放的なインテリア。, 白っぽい茶色のフローリングの縦長リビングに、ホワイトの框扉の壁付けI型キッチンをコーディネート。, キッチンの背中にホワイトの丸型ダイニングテーブル、黒の木製チェア3脚、ホワイトの木製チェア1脚をプラス。テーブルがある面と同じ壁を背に白っぽいグレーの寝椅子付き2人掛けソファをレイアウト。ソファの正面にテレビを壁掛けにして、薄い茶色の木製カウンターを配置。テラスに抜ける通路を広く取ったすっきりとした印象のインテリア。, 薄い茶色のヘリンボーン床の縦長リビングに、黒のフロアユニットとホワイトのウォールユニットを組み合わせた壁付けI型キッチンをコーディネート。, キッチンと平行にキャスター付きのホワイトの長方形ダイニングテーブルをプラス。背もたれの低いモダンなカウンタースツールをテーブルの下に2脚ずつ入れ、アイランド(作業台)のような見た目に。リビングエリアにはホワイトレザーのコーナーソファと透明素材の長方形コーヒーテーブルを配置し、圧迫感の無いリビングを演出。, 白っぽい茶色のフローリングの縦長リビングに、ホワイト扉の壁付けL型キッチンをコーディネート。, キッチンとダイニングエリアの間の2面の壁に冷蔵庫+食器棚、腰までの高さの扉付きの収納家具をプラス。ダイニングエリアにホワイトの丸角テーブルとホワイトと透明素材のイームズチェア、リビングエリアに白っぽいベージュの2人掛けソファとパーソナルソファをレイアウト。間延びしそうなくらい長いLDKの2面の壁に圧迫感の少ない家具をたっぷりとレイアウトしたインテリア。, ミディアムブラウンのフローリングの縦長リビングに、黒扉の壁付けL型キッチンをコーディネート。, キッチンと反対側の壁にダークブラウンの木製ダイニングテーブルと黒っぽい茶色の金属製ダイニングチェアをプラス。キッチンの奥行き方向に合わせて、グレーレザーの3人掛けソファをレイアウト。キッチンとソファの間に、キャスター付きの黒のオープンラックを斜めに配置。黒や暗い茶色等、落ち着きのある配色のくつろぎ感のあるインテリア。, 黒のフローリングの縦長リビングに、ホワイト扉のL型壁付けキッチンをコーディネート。, キッチンとコの字にミディアムブラウンの木製長方形コーヒーテーブルをレイアウトし、ホワイト×茶色の革のダイニングチェア2脚、茶色の木製ベンチをプラス。壁を背にホワイトレザーの2人掛けソファ、コーナーを背に赤のオットマン付きラウンジチェア、ダイニングテーブルの隣に薄いベージュレザーのラウンジチェアを配置して、くつろげるリビングを演出。, 薄い茶色のフローリングの縦長リビングに、白っぽい茶色の横木目のI型壁付けキッチンをコーディネート。, 薄い茶色の木製脚とガラス天板を組み合わせた円形ダイニングテーブル、白っぽいグレーファブリックのダイニングチェアをプラス。リビングエリアに、オフホワイトのフロアコーナーソファ、アイボリーのシャギーラグ、薄い茶色の木目のローテーブルをレイアウト。ソファ正面の凹んだ壁に茶色の木目のテレビボードを配置して、温もりをアップ。, ミディアムブラウンのフローリングの縦長リビングに、暗い茶色のフラット扉の壁付けI型キッチンをコーディネート。, キッチンと平行に茶色の木目の長方形ダイニングテーブル、ホワイトと赤のイームズチェアをプラス。キッチンの隣に、キッチンのカウンターよりもやや高く、キッチンの奥行きよりもやや浅い、茶色の木目のオープンラックをレイアウト。ラックの上に電気オーブンレンジとテレビを乗せて、リビング家具とキッチン家具を一体にしたインテリア。, 白っぽい茶色のフローリングの縦長リビングに、グレーの框扉の壁付けI型キッチンをコーディネート。, キッチンと反対側にリビングエリアを作り、壁を背に、白っぽいグレーの2人掛けソファをプラス。ソファの前にホワイト×黒のカウハイドラグを敷き、黒の金属脚とホワイト天板を組み合わせた長方形コーヒーテーブル、グレーのラウンジチェア、ホワイトのファースツールをレイアウト。ダイニングエリアには、ホワイトの長方形テーブル、黒の木製チェア、ホワイト×黒のパターン柄のファブリックを使ったベンチを配置。ホワイト・グレー・黒の無彩色を使った北欧テイストのインテリア。, 白っぽいグレーのフローリングの横長リビングに、ホワイト扉の壁付けI型キッチンをコーディネート。, 左の壁を背にホワイトレザーの2人掛けソファ、右の壁にくっつけて薄い茶色の木製長方形ダイニングテーブルをプラス。ダイニングテーブルと反対側の壁面に薄い茶色の木製本棚をレイアウト。壁の長さが4.5mほどの広い横長リビング。, 茶色のフローリングの横長リビングに、黒鏡面扉の壁付けI型キッチンをコーディネート。, キッチンの左は冷蔵庫、右はパントリー(収納)。ダイニングエリアに黒の金属脚とダークブラウンの木製天板を組早生た長方形テーブル、薄い茶色の木の脚と黒の座面を組み合わせたチェアをプラス。ダイニングを背に、白っぽいグレーの寝椅子付き2人掛けソファをレイアウト。長方形コーヒーテーブルはダイニングテーブルと同じデザイン。黒を多めに使った、かっこいいインテリア。, 薄い茶色のフローリングの横長リビングに、ホワイト扉の壁付けI型キッチンをコーディネート。, ホワイトの木製円形テーブルを窓に寄せてプラス。隣にあるリビングエリアは窓を背にグレーの2人掛けソファを配置。キッチンの前から、隣の部屋のドアまで一直線に通路スペースを確保した、整った印象のインテリア。, ミディアムブラウンのフローリングの横長リビングに、黒扉の壁付け壁付けI型キッチンをコーディネート。, 腰窓に向かってホワイトの長方形ダイニングテーブルをプラス。グリーンの2人掛けソファをキッチンの方に向けて、コーナー寄りにレイアウト。ソファや家具を壁を基準に配置し、中央を広く空けた広々としたインテリア。, 黒のフローリングの横長リビングに、ホワイト鏡面扉の壁付けI型キッチンをコーディネート。, キッチンの右側は家電収納&パントリー。ホワイトの長方形ダイニングテーブルを左の壁に寄せて置き、右側の壁を背に、背の高い赤のオープンラックを2台レイアウト。オープンラックの隣に、ホワイト鏡面のテレビボードを配置し、グレーの1人掛けソファと2人掛けソファをL字にプラス。赤の使い方がスタイリッシュなインテリア。, 薄いグレー×グレーのタイル調床の横長リビングに、グレー扉のモダンな壁付けI型キッチンをコーディネート。, 両側に通路スペースを空けグレーの2人掛けソファをプラス。ソファの背もたれに向かってホワイト天板のカウンターデスクを置き、黒の木製チェアを3脚配置。カーテンを黒、テレビボードをホワイトにして、生活感が少ないインテリアを演出。, 灰みがかった薄い焦げ茶のフローリングの横長リビングに、白っぽいグレーの横木目扉の壁付けL型キッチンをコーディネート。, 窓に寄せて黒の脚とホワイト鏡面天板を組み合わせた長方形ダイニングテーブルをプラス。リビングエリアは窓に向かってホワイトの3人掛けソファをレイアウト。ダイニングエリアとリビングエリアの間に腰までの高さの黒のオープンラックを配置して仕切り壁のように活用。, ミディアムブラウンのフローリングの横長リビングに、ホワイト扉の壁付けI型キッチンをコーディネート。, 窓と反対側の壁面に薄い茶色のウォールラックを取り付け、スパイスやパウダーを透明保存瓶に入れて綺麗にディスプレイ。ホワイトの長方形ダイニングテーブルを窓に寄せてレイアウトし、テーブルを背にグレーの2人掛けソファを配置。ソファの正面は茶色の木目のテレビボード。天井までびっしりと収納しつつ、白っぽい色を多く使うことで圧迫感を少なめにしたインテリア。, 白っぽいグレーのタイル床の横長リビングに、灰みがかった薄いベージュの壁付けI型キッチンをコーディネート。, 窓と反対側の壁に寄せてダークブラウンの長方形ダイニングテーブルをプラス。テーブルを寄せた壁と同じ壁を背にホワイトのシンプルな2人掛けソファをレイアウト。ソファの正面に床から天井まであるテレビをビルトインできる収納家具を置き、コンパクトながら居心地の良さそうな空間を演出。, ダークブラウンのフローリングの横長リビングに、茶色の木目扉の壁付けI型キッチンをコーディネート。, キッチンと平行にダークブラウンの丸角テーブルをプラス。ダイニングを背に茶色の2人掛けソファ、ソファの正面の壁に薄い茶色のウォールシェルフを4段取り付け、テレビ・ストレージボックス・本等を綺麗にディスプレイ。茶色を多く使ったリラックス感のあるインテリア。, グレーのコンクリート床の横長リビングに、黒扉の壁付けI型キッチンをコーディネート。, キッチンの背中側に黒の木製円形ダイニングテーブルをプラス。ダイニングエリアの2面の壁に沿って黒の金属脚と薄い茶色の木製天板を組み合わせたデスクをレイアウト。デスクの下に引き出しチェストや本を入れ、目につきにくいように収納スペースを確保。リビングエリアにはブルーのベルベットソファと赤×黒っぽい青のオリエンタルラグを敷き、エキゾチックなヴィンテージインテリアを演出。, 灰みがかった薄い茶色のフローリングの横長リビングに、フロアユニットが暗いグレー鏡面、ウォールユニットがホワイト鏡面の壁付けⅡ型キッチンをコーディネート。, キッチンのすぐ隣にシルバー脚とガラス天板を組み合わせた円形ダイニングテーブルとホワイトレザーのダイニングチェアをプラス。窓を背にアイボリーのレザー製寝椅子付き2人掛けソファをレイアウト。リビングとダイニングの間の壁面にシルバーのブラケットとグレーの棚板を組み合わせたカウンターを取り付け、シルバー脚とホワイトレザーを組み合わせたモダンなカウンタースツールを配置。個性的なパターン柄のラウンジチェアを使った異国情緒溢れるインテリア。, ライトブラウンのフローリングの横長リビングに、鏡面ホワイト扉の壁付けI型キッチンをコーディネート。, キッチンと同じ向きにダークブラウンの木目の楕円形ダイニングテーブルをプラス。テーブルの周りにグレーのベルベット製チェアを並べ、ダイニングを眺めるように、グレーの2人掛けフロアソファをレイアウト。ソファの前に広い空間を作り、開放感をアップ。, 茶色のヘリンボーン床の横長リビングに、グレー扉の壁付けI型キッチンをコーディネート。, 右側にホワイト天板の丸型テーブルと茶色の木製チェア、左側に茶色レザーの2人掛けソファとグレーのコンクリート調天板の長方形コーヒーテーブルをプラス。ソファは壁を背に配置し、周りに黒の額縁に入れたモノクロ写真を無造作に飾って、ギャラリーのような、おしゃれなインテリアを演出。, 茶色のフローリングの横長リビングに、白っぽいグレー鏡面扉の壁付けI型キッチンをコーディネート。, 通路スペースを空けてアイボリーの冷蔵庫を置き、冷蔵庫の隣に背の高い黒の長方形ダイニングテーブルをプラス。キッチンを見るようにグレーの寝椅子付き2人掛けソファをレイアウト。ダイニングテーブルを高くすることで、シンク周りがリビングから見えないように工夫したインテリア。, キッチンの背中側に薄い茶色の木製円形ダイニングテーブルと薄い茶色の木製チェアをプラス。ダイニングテーブルを背にグレーの寝椅子付き2人掛けソファを斜めにレイアウト。テレビボードは、キッチンと反対の壁ではなく、掃き出し窓と対面にある壁を背に配置。幅のあるソファを斜めに置くことで、窮屈な印象を回避したアイデアレイアウト。, 壁付けキッチンがある縦長リビングや横長リビング実例は、キッチンやダイニングスペースの余った壁面に家具をズラズラを並べるというよりは“キッチンキャビネットの中にキチンと隠して片付いた印象”にしたものが多かったように思います。, また縦長リビングでは「通路を設ける」、横長リビングでは「壁面に家具を置く」を意識して家具をレイアウトすると、同じ面積の部屋でも広く見えることを覚えておきましょう。, 縦長リビング 余計な壁面が一切ないので、LDKが広々とした印象になりますが、レイアウトの仕方によっては、冷蔵庫・食器棚・家電収納・ゴミ箱が丸見えになります。, 調理機器後ろの凹んだ壁に冷蔵庫をプラス。ウォールユニットをレンジフード周りにのみにし、シンク前を縦長の大きな窓にした開放的なキッチンプラン。, 調理機器後ろの壁面に、壁のようなデザインのホワイトの家電収納・食器棚・冷蔵庫をプラス。このキッチンも、ウォールユニットをレンジフード周りのみにして、シンク前に縦長の大きな窓を取り付けたプラン。, 中央に6人掛けの円形ダイニングテーブルと黒のイームズアームチェアをプラス。調理機器側をウォールユニット、シンク側を2段ウォールシェルフにして、キッチン雑貨をインテリア雑貨のように美しくディスプレイ。丸見えキッチンを活かして、おしゃれに飾ったインテリア。, キッチンの前に、ナチュラルな木製長方形ダイニングテーブルと赤みがかった茶色のダイニングチェアをプラス。リビングエリアに薄い赤のソファ、薄いピンクのラウンジチェアをレイアウトした、おしゃれな北欧LDK。, 2面の壁に向かってキッチンを並べ、通路スペースを空けてアイランド(作業台)を設けたプランです。, キッチンがコンパクトに収まるのが魅力で、「料理に集中できる」「ダイニングを広く取れる」がメリットです。「冷蔵庫とキッチンが遠い」「キッチンがコンパクト過ぎて作業台が狭く感じる」等の場合に、アイランドカウンターを活用することで、作業効率をアップさせることができます。, アイランド部を家電収納や食器収納として活用したり、一部をオープンにしてカウンターテーブルとして活用する方法もあります。, ホワイトのサブウェイタイルを貼った2面の壁に向かってネイビーのL型キッチンをコーディネート。, キッチンエリアの中央にネイビーの木製パネルと茶色の木製カウンターを組み合わせたアイランドをプラス。黒の金属脚と茶色レザーを組み合わせたカウンターチェアを2脚置き、天井から薄いベージュの丸いペンダントランプを2灯ハンギング。調理機器側をホワイトのウォールユニット、シンク側を黒の金属ブラケットと茶色の板を組み合わせた2段ウォールシェルフにして、カフェのような、おしゃれなキッチン空間を演出。, 2面の壁にグレーのモザイクタイルを貼り、ホワイト扉のシンプルなL型キッチンをコーディネート。, キッチンエリアの中央に、薄い茶色の木目板とグレー天板を組み合わせたアイランドをプラス。通路側に、茶色の木製脚とホワイトの座面を組み合わせた北欧デザインのカウンタースツールを2脚レイアウト。ウォール部は、シンク上がオープン、調理機器側が薄い茶色の2段ウォールシェルフ。ホワイト・グレー・薄い茶色の木目を組み合わせた、上品な北欧キッチンインテリア。, キッチンエリアの中央に、ホワイトパネルと薄いグレーの天板を組み合わせたアイランドをプラス。通路側に、薄い茶色の木とホワイトの座面を組み合わせた北欧デザインのカウンタースツールを2脚レイアウト。白っぽい色で統一した清潔感のあるキッチンインテリア。, ホワイトのサブウェイタイルを貼った2面の壁に向かって暗い青のL型キッチンをコーディネート。, キッチンエリアの中央に、キッチン扉と同じ色のパネルと薄い茶色の木製天板を組み合わせたアイランドをプラス。アイランドの側面にシルバーのタオルバーを取り付け、薄い茶色の丸いチェアを2脚積み重ね、アイランドの背面に折り畳み式の薄い茶色の木製踏み台をハンギング。調理機器側のウォールユニットを薄いグレーにして上品な印象をアップ。, I型対面キッチンと比較するとシンク側の長さを短くできる為、間口が狭いLDK向きのレイアウトです。ただし、キッチンの側面を加味すると既に3つの壁を使用している為、冷蔵庫・家電収納・食器棚を置く場所に工夫が必要となります。, L型キッチンを対面にする場合は、調理機器側を壁面、シンク側を対面にしてレイアウトするのが一般的です。, ダイニングに向かって、シンプルなホワイト扉のウォールユニットと茶色の縦木目のフロアキャビネットを組み合わせたL型対面キッチンをコーディネート。, シンクの後ろに床から天井まであるトールユニットをレイアウトし、食器棚と家電収納をプラス。シンク側はコーナーからシンク前までを壁にして、調理機器側が丸見えにならないように工夫。綺麗な木目とホワイトを組み合わせたモダンな印象のキッチンインテリア。, シンクの後ろにキッチン扉と同じ面材を使って冷蔵庫スペースとトール収納をプラス。対面壁をブリキみたいな金属にして、ヴィンテージ感をアップしたインテリア。, リビング横のキッチンエリアに、ネイビーのフロアユニットとホワイトのウォールユニットを組み合わせたL型対面キッチンをコーディネート。, 対面側をオープンにして、ホワイトの金属脚と茶色の木を組み合わせたカウンタースツールを2脚プラス。キッチンを中心に、左右にダイニングとリビングがある変わった間取りのLDK。, ホワイト×ゴールドの小さな六角形タイルを貼った壁に向かって、暗いグリーンのフロアユニットとホワイトのウォールユニットを組み合わせたL型対面キッチンをコーディネート。, シンク前を対面にして、上部に吊戸棚をプラス。ウォールユニットがある分、少し閉鎖的で狭い印象。, コの字型キッチンは、シンクと調理機器が違う面にあり、更に別の面に作業台も設けたキッチンレイアウトで「キッチンの部屋」といった雰囲気のプランです。