都営三田線の混雑具合は?通勤がラクな始発駅・途中始発駅はどこ?という疑問を解決します!朝の通勤ラッシュと夕方の帰宅ラッシュの混雑具合や、実際に都営三田線を利用している人の体験談、座って通勤できるおすすめの駅も合わせて紹介します!, 都営三田線の混雑率は156%で、近くの人との距離が近く、肩が当たったりします。そのため、車内を移動するのは難しいです。, 他の路線の混雑緩和のために、バイパス路線としても走っているため、ラッシュ時に大混雑で身動きが取れない、ということはまずないです。, 大混雑した電車が苦手な人は、三田線を利用すると比較的楽に移動できるのでおすすめです。, 2019年現在、三田線は6両編成で稼働していますが、混雑度が上がっているので8両編成にするという計画が出ています。, 8両編成になることで、150%を超えている混雑率が120%まで下がると予測されています。, ちなみに、乗車率129%の都営浅草線は、座れませんがつり革に捕まってスマホを触る余裕があります。近くの人と肩がぶつかることはありますが、押しつぶされることはないです。, 朝の通勤ラッシュは、7時40分~8時40分がピークで、目黒方面行きの西巣鴨~巣鴨区間がかなり混雑します。, 目黒方面行きは、郊外から大手町や日比谷などの都心へ向かう人が多いので、混みやすいです。ただ、巣鴨以降の駅は乗り換え客が多いので、座れる可能性も出てきます。, 夕方はのピークは18時~19時頃で、都心から郊外へ向けて帰宅ラッシュとなります。西高島平方面行きよりも、目黒方面行きのほうが混み、とくに大手町~目黒区間の混雑が激しいです。, 混雑の原因は、東急目黒線への直通で神奈川方面まで乗っていく人が多く、大手町~目黒区間で乗り換えをする人がそれほどいないからです。, ただ、他の線はもっと混んでいるので、三田線を利用して帰ったほうがマシです。どうしても座りたければ、時間をずらすなどしましょう。, 三田線は巣鴨辺りは朝夕を中心に混雑しているが、三田〜水道橋などは昼間も混雑をしているからな。都営新宿線は、江戸川区や江東区辺りよりも新宿〜神保町の方が終日混んでいるように見える。やはり新宿の求心力おそるべしなのか。, 今週から都営三田線ユーザーになったんだけど、朝も夜もとにかく混んでてゲンナリ 板橋区の洗礼を浴びまくっています#三田線, 乗るタイミングによって混雑状況が大きく変わることがあるようですが、やはり都内に向かう区間が1番混雑するようです。, 三田線で座って通勤できるおすすめの駅を紹介します。通勤時間や満員電車を考慮して、お部屋を探す人は参考にしてください, 始発が来る1本前の電車を、見送ることができるくらいの時間からホームに並んでおくと、座れる可能性が上がります。, 白金台から乗るとすでに満員で座れないので、長い距離を移動するなどで座りたい人は、白金高輪から始発を狙っていくと良いです。, 高島平にはファミリー層が多く住んでいる団地があり、始発を待っている人も多いので、ホームの最前列に並べられれば座れる可能性が高いです。, 西高島平駅は、目黒方面行きの始発電車が多く、6時台~8時台の間に37本あり確実に座れます。, 目黒方面に通勤するなら、西高島平駅がおすすめです。ちなみに、次の新高島平駅からは座れる確率が下がります。, わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!, SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!, 遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!, 「Rooch」は、チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」と、関東・大阪を中心に営業する不動産屋「家AGENT」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介するサイトです。, チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介するサイトです。. ©Copyright2020 たくみっく.All Rights Reserved.

��A`�����q"���3�D�| 通勤中の読書なんて、とてもじゃないけどできない ��� �!� D�f\�.=L��� 都営三田線の混雑具合は?通勤がラクな始発駅・途中始発駅はどこ?という疑問を解決します!朝の通勤ラッシュと夕方の帰宅ラッシュの混雑具合や、実際に都営三田線を利用している人の体験談、座って通勤できるおすすめの駅も合わせて紹介します! 新横浜駅でJR横浜線の朝ラッシュの混雑度を観察すると、上のような結果になった。 言うまでもないが、7:30~8:30が朝ラッシュのコアタイムになる。 もっと局所的に視点を絞ると、午前7:45~8:15頃までの時間帯が最も混み合うピークの時間帯になる。 朝夕を含めると1日の中での通勤ラッシュのピークとなるのは以下になる。 1. 東京23区内を走る地下鉄路線については上記で解説。 <参考元:国土交通省の混雑率等の統計情報、大手民鉄データブック(日本民鉄協会)> (注)混雑 率は最混雑 ... ※jr東日本常磐線(快速)は(中電)と同区間・同停車駅であるため、平成29 ... 宝塚本線三 国→十 三 7:31~8:31 8.3 × 23 24,768 36,275 146 神戸本線神 崎 川→十 三 7:34~8:34 8.6 × 24 26,574 39,700 149 東京メトロ半蔵門線の混雑はどれくらいのレベルに達するのか。朝ラッシュと夕方、夜のピークを中心に時間帯および区間ごとに混み具合を調査してみた。, 直通先と同じように超満員といわれるほどの激しさに達する。特に東急田園都市線の影響が大きい。, 半蔵門線といえば、東急田園都市線と東武スカイツリーラインと相互直通運転を実施している地下鉄として知られている。線内を走るすべての電車は10両編成で運転され、地下鉄の中では最長である。, 渋谷駅から永田町・大手町などを経由して押上駅まで走る区間が東京メトロ半蔵門線となっている。渋谷駅から神奈川県側は東急田園都市線に入る。押上駅からは東武スカイツリーラインへ入る。, 各段階ごとの混雑率の目安 5:180% 4:130% 3:100% 2:80% 1:50%, 半蔵門線は渋谷駅や表参道駅に8:30~9:00頃に到着する電車が最も混雑する。したがって、東急田園都市線内では8:00~8:30頃に走っている電車が朝のピークになる。, 朝ラッシュのピークは、都心から放射状に延びる路線では7時台後半8時台前半にやってくる。半蔵門線は都心部を走る地下鉄のため、ピークはそれよりも若干遅い。, 8:00~9:00が1日のピークに達する時間帯。この時間帯は1日の中で最も乗客数が多くなる時である。超満員電車となって、地獄の通勤ラッシュの典型的な画になる。, 半蔵門線のみならず、ほかの東京メトロや都営地下鉄の各線も同じような時間帯に朝の最混雑を迎える。, なお、半蔵門線の混雑の最大の要因は東急田園都市線からの乗客が多い点にある。渋谷駅は起点だが、すべての電車が中央林間方面からの直通列車である。, 田園都市線沿線に住んでいる乗客が半蔵門線内に入る時間帯が8時半ごろの電車が1日のピークになるわけだ。, 東武スカイツリーライン側に当たる押上駅側も混雑の規模は若干違いがあるが、時間ごとの混み具合の変化の様子は基本的に同じである。, 6:00~7:00はまだ大都市圏の鉄道各線は空いている。7:00~7:30は郊外の路線だと朝ラッシュならではの混雑が始まる一方、都心部はまだ余裕が見られる。, 半蔵門線は都心部を走る路線のため、7時台はまだ超満員ではないが、相互直通先の東急田園都市線と東武スカイツリーラインではすでに激しい通勤ラッシュである。, ただし、昼間のオフピークと比べるとはるかに乗客数が多いのは確か。立っている人が多い状態にはすでになっている。, ドア付近に立っていても、ほかの人と体が接するほどの超満員電車にはならないが座れないのは間違いない。, 各段階ごとの混雑率の目安 ★★★★★:150%以上 ★★★★:130% ★★★:100% ★★:80% ★:50%, 満点だと車内はすし詰め状態で、ドア付近だとほかの人と接する勢いになるほどの混み具合を示す。, 東京メトロ半蔵門線の朝ラッシュの時間帯の混雑率はかなり高い数値を記録している。国土交通省の調査によると午前8:00~8:30の間は混雑率が170%にも達するとされている。, 半蔵門線では渋谷~押上間を走る電車はすべて各駅停車のため、「混雑率=乗車率」と考えてよい。, 最も混雑する区間は渋谷~表参道間である。表参道駅は銀座線と同一ホームで乗り換えができるということで、この駅で半蔵門線から銀座線の電車に乗り移る人が多く見受けられる。, 乗車率がピーク時に190%にも達する東急田園都市線からの乗客がそのまま乗り入れ先である半蔵門線まで続けて乗る例が多い。, 渋谷駅で降りる乗客は確かに多いが、逆に東横線や京王井の頭線、JR湘南新宿ラインから半蔵門線に乗り換えるという人も多い。これにより、渋谷駅より都心側でも混雑する結果となっている。, 渋谷~表参道間の混雑率170%という数値は、東京メトロの路線では東西線、千代田線に続く第3位となっている。, 朝と同じく基本的にはほかの地下鉄路線とほぼ一致する。東急田園都市線・東武スカイツリーラインへの直通運転のため、混雑が続く距離には違いがある。, 夕方の時間帯もまたかなり混雑する。帰宅ラッシュのピークは、半蔵門線は17:30~19:00までである。, 半蔵門線内から田園都市線へ走っている電車はすでに表参道駅当たりから満員になっている。, 中央林間方面に行く下り電車が渋谷駅を出発する頃にはもう超満員となっているケースが多い。夕方は朝よりは混雑状況が緩やかになるというイメージを持っている人は多いだろう。, 実際他の路線については、夕方のラッシュの時間帯はそれほどキツイ状態にはならないことが多い。しかし、半蔵門線及び東急田園都市線に限っては例外である。夕方から夜間にかけての時間帯でも乗車率が高くて混み合っている状態が続く。, 一方で、東武鉄道との境界駅である押上駅側はあまり混雑度は激しくならない。朝の通勤通学のピーク時であっても東武スカイツリーラインからの乗客はそれほど多くない。車内に立っている人がいるのは事実だが、それでもスペースには余裕がある。, その理由は、東武鉄道から都心部へ行く人の多くは北千住駅から日比谷線を利用して都心へ向かうという人が多いためである。, 東武鉄道自体の乗客はかなり多い。人数については東急田園都市線とあまり大差はない。東武スカイツリーラインにおいて混雑率に余裕があるのは複々線区間が長くて列車の本数が多く、輸送力が高いからである。, ただ、東武線内から押上駅を経由して半蔵門線で都心へ向かうよりも日比谷線や千代田線い一度乗り換えた方が所要時間が短い。北千住駅から大手町駅まで行くとしても千代田線利用時の方が早い。, 半蔵門線直通の電車に乗り続けるメリットとしては、ただ乗り換えが1回もいらないというくらいしかない。朝ラッシュの時間帯は時間に余裕がない人が多いこともあり、東武線と半蔵門線を使うという人はあまりないというわけである。, あくまでも混雑率が高くて超満員電車となっているのは渋谷駅側のことであるのが半蔵門線ならではの特徴といえる。, 東京都江東区在住。1993年生まれ。2016年国立大学卒業。主に鉄道、就職、教育関連の記事を当ブログにて投稿しています。私見が含まれますが、是非読んでいただけたらと思います。. 夕方・夜:18:00~19:30 この1時間30分の間の時間帯はそれぞれ通勤通学で最も乗客が殺到するときになる。 東京都心へ直結する路 … 朝:7:30~9:00 2. �9Λ[F`%fXf��@�T��D�|����{aI����͞�#N���7o�}?�"�H?��~5�t�g 8�������z��Oz����㲡^�YX��U�I��C[RJúFKH����ۿ�M�5��k�� ���CA����A�S�آ s������B���iH�p����;��~�'m@~q�/�w�.���;���Pl�_\ȶ`ԉ�n3�q?A��� ����X�m�mB�J�A3lۭ��5�&dw����$J��3�#��q��N�a}ʛCKr�Y�0�B5�iF16k�~���V�ؽ/6=c��c7�16���k�)�"1�n]�~׌1*�G�{W6ʆF2�8ʛ�@Hw�[�3�?ju�;ÔB4%16o�dcg# ���]��~b쌓��b��cl����0o�H�8� &�e�2[�i�y�L�� �?��7؊~��`�u�l\�bA`�uAq�>�A&�/lQ(P#� ��o/-V�����&챰�6�elW�B. ��e�p�/u���VG[��y6����_�>���W����ns�I�P�PԿ8@����� � E1r|X����W��p�����1Nֲ�F]�m�X������%��߲��9פ�/��>~��C���� 4ڮt24��-&��b���iB�/2f���:�1�"9�9�&"ڌS���D�a}D�-&f���0��oE�A�]ٯ����"rdu��X0$ "Ǣ���, 9�b>68�/��O����9n���6�_����؎�ɑ���L�ț�!�7�#���U�������H��E�݃I��=�D�+n�߉�#�P�G"B����h�$�uA���>! 半蔵門線は渋谷駅や表参道駅に8:30~9:00頃に到着する電車が最も混雑する。したがって、東急田園都市線内では8:00~8:30頃に走っている電車が朝のピークになる。 参考:通勤ラッシュの時間帯のピークとは何時から何時まで!?