ヘテロポリ酸イオンをL-アスコルビン酸で還元し、この還元生成物の吸光度を測定する。 青系関連の伝統色「67色」の一覧です。詳細な説明と読み方、色見本&カラーコードをご紹介しています。英語版の説明あり。|伝統色のいろは479色の由来。 PO43– + 12MoO42– + 27H+ → H3PO4(MoO3)12 + 12H2O ・Mo(IV)化学種 (1)Uoyama, H.; Goushi, K.; Shizu, K.; Nomura, H.; Adachi, C., Highly Efficient Organic Light-emitting Diodes from Delayed Fluorescence, Nature, 492, 234 (2012). ここで生成するH3PO4(MoO3)12は、中心にリン原子があるケージ型の錯体でとても面白い構造(論文参照)をしています。混ぜるだけの分析化学実験で、色の変化もなく、見た目も何も変わらないのに、このようなケージ型の構造の分子が組みあがっていると想像すると、とても面白いと思います。このケージ型の錯体には、αとβの異性体があります。通常、還元体においては、N2H6SO4で還元した場合、いくつかの還元種を経由して変化しますが、βの異性体の方が安定であるとのことです。 まず、日本語検索は情報量が少なく、専門的なことについて調べるには限界があり微妙です。特に、検索でよくでてくるWikipedia の記事は匿名で、一般的な記事については見る人が多いので、チェックしあって比較的正しい記述になることが多いのですが、専門的な学術のトピックは、見る人がほとんどいないため、最初に書かれた不正確な記事が訂正されずに残っていることがあります。また、記事の内容に責任を負う人がいないので、正確な情報源として捉え、利用することについては気をつけなければならないと感じています。 P195 実験方法の記載のみ  これまでの高特性TADF系青色有機EL素子は、発光波長がやや長く、多くはスカイブルーでした。今回の我々の素子では、その発光波長が471 nm、CIE座標としては(x, y) = (0.15, 0.22)と従来に比べて深い青色を発現しています。その結果、これまでより色再現性に優れたディスプレイ、照明への応用が可能となります。今後、さらに深い青色と高効率を両立させた有機EL素子の開発を目指します。. Soc. ではどうしたら定量分析ができるか? Chem. 熱濃硫酸 cu + 2h 2 so 4 → cuso 4 + 2h 2 o + so 2. (2) 英語で検索 このモリブデン青が青色を示すという答え方をしている学生が多く、中にはヘテロポリ化合物は、H3Mo12PO40であると書いてくださっている人もいましたが、モリブデン青については、どんなものなのか書いてくださっている学生は1人でした。【その1名は大変すばらしいと思います】きっと色々と調べてくださったのだと思いますが、モリブデン青って何?と疑問に思っても、どうやって調べてよいのかがわからない人が多かったのでないかと想像します。そこで、どうやって調べたら、調べたいことにたどり着くのか?せっかく大学で専門的なことを学習しているのですから、一般的には、こういうとき、どうやって調べたらよいかという点も含め、どんな反応が起きているのか記載しておきます。(モリブデン青、確かに分析化学の業界ではそう書かれてはいますが、なんだか、食用色素の青色1号みたいな名前で、分子の構造もわからず、せっかく大学にきて分子の構造や性質を学ぶのだから、もう少し深くつっこんでみよう), 1 教科書や指定の参考書(なければ図書館)を見る ているのですが、これが不均化して、中性種を4電子還元体になるため、この図よりももう少し複雑になっています。, 図を見るとわかりますが、SnCl2の場合は数種類の青色化学種を経由するので、少し面倒なことが起きていることがわかります。モリブデンブルーといっても1種類の物質ではないということです。 こういうときは、英語検索がオススメです。Sci Finderという学術論文雑誌検索エンジンもあるのですが、レポート関係で調べるならばGoogle Scholarを使うと家のパソコンでも検索できます。Google Scholarは、Google 社が無料で提供する学術論文検索用エンジンで「Molbudenium bule」で検索すると、色々な学術誌の情報がでてきます。検索結果にPDFへのリンクが貼られていれば、誰でも原著論文を読むことができます。 分子構造はX線構造解析によって解明されています。J. 有機EL: 電界を印加することよる発光をエレクトロルミネッセンス(EL)という。特に、有機物質が発光する場合、有機ELと呼ぶ。, 熱活性化型遅延蛍光(Thermally Activated Delayed Fluorescence, TADF)材料:, 通常起こらない三重項励起子から一重項励起子への変換を経由して発光する材料。熱により活性化され、また、通常の蛍光材料よりも長い蛍光寿命を示すため、熱活性化型遅延蛍光材料と呼ばれる。その高いポテンシャルのために、有機ELの発光材料として最近特に注目され、基礎面でも応用面でも活発な研究が進められている。(励起子:電子と正孔がペアになったものを励起子と呼ぶ。励起子には一重項励起子と三重項励起子の2種があり、一重項励起子からは蛍光が得られる一方、三重項励起子からはイリジウムや白金が存在する場合など特殊な状況を除き、通常、熱として失活してしまう。), 外部量子収率(External Quantum Efficiency, EQE): 素子に注入された電子と正孔の数に対する、素子の外部まで取り出すことができた光子(フォトン)の数。素子の効率を表す重要な指標の一つで、その理論限界は20~30%と言われている。, CIE座標: 色を定量的に表す体系の一つ。国際照明委員会(Commission internationale de l’éclairage, CIE)により開発されたもので、広く使用されている。, 京都大学化学研究所 梶弘典教授、久保勝誠氏(大学院生)、三輪卓也氏(大学院生、当時)、志津功將助教のグループは、九州大学 安達千波矢教授らのグループとの共同研究により、高性能青色熱活性化型遅延蛍光材料の利用により外部量子収率25%を超える青色有機EL素子の開発に成功しました。, 上段図:今回用いた有機ELの素子構造と各種周辺材料。素子A (左図)から素子B (右図)に変更することにより、特性が大幅に向上(下段図左参照)。. 2年生対象の環境分析化学実験で、今年はじめて呈色反応を用いたリン酸イオンの定量実験を担当しました。, リン酸イオンが水にどれだけ含まれているかは目で見ただけではわかりません。 銅は希硝酸、濃硝酸、熱濃硫酸によって酸化される。 希硝酸 3cu + 8hno 3 → 3cu(no 3) 2 + 4h 2 o + 2no. のモル吸光係数が[PSb2Mo12O40]–に比べ30%ほど高いとも述べています。ケースバイケースですね。, 【新学術領域4906】光合成分子機構の学理解明と時空間制御による革新的光ー物質変換系の創製. 学生実験というのは、研究と違って誰も知らないこと、わからないこと、答えがないことをしている実験ではないので、多くの場合で、教科書や参考書を調べれば、謎が解決することがあります。, 今回は、以下の教科書、書籍を調べました。 (1) 第4版 実験化学講座15 分析 日本化学会編 丸善 ①イオン化傾向が大きい. こんにちは、管理人のkokaです。 P189 似た実験でモリブデンイエロー法の記載ありだが、記載なし ・学生番号は必ず記載をしてください。 分析化学の教科書と、無機化学の英語版の教科書の双方を調べると答えに行き着くわけですが(他の教科書には記載があるのかもしれませんが)、分析化学の観点からは、分析方法と分析の理論が重視され、無機化学の観点からは、分子構造や反応が重視されるため、分析化学と無機化学が繋がっているという認識がないと中々たどりつけないかと思います。また、洋書の専門書には書かれていましたが、図書館でどの本が該当するのかピンポイントで探すのは困難かもしれません。 ・テキストp8 実験の整理とまとめ方に従って作成してください。特に目的のない実験はやる意味がありません。 (写真6),熱湯では濃青色(写真7)に変化する。この 変化は可逆反応である。 写真1 反応前のクロム酸カ リウム水溶液(黄色) 写真2 硫酸を1滴ずつ加え る 写真5 塩化コバルト(Ⅱ)水溶液に濃塩酸を加える 化学平衡 ―目で見る化学平衡の移動 TAKAGI Harumitsu 最終更新 2019年7月30日 (火) 07:23 (日時は個人設定で未設定ならばutc)。; テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。 追加の条件が適用される場合があります。詳細は利用規約を参照してください。; プライバシー・ポリシー (3) 新分析化学実験 日本分析化学会北海道支部 編 化学同人 P932 Heteropoly Buleとして少し記載あり。リン酸イオンの定量に関して記載なし ヘテロポリ化合物+塩化スズ → モリブデン青 実は、MoO42– (pH=7)は、pHにより様々な化学種との平衡状態になっています。その数は条件によって23種類もあります。この実験では、pHが1付近になるような実験操作をしていますが、この条件では単一の化学種ではないので、単純にMoO42–として、次に化学反応式を考えることにします。 ・SnCl2を用いた還元反応(モリブデンブルーとは) Am. ・実験日、共同実験者を記載してください。 Miwa, T.; Kubo, S.; Shizu, K.; Komino, T.; Adachi, C.; Kaji, H., Blue Organic Light-emitting Diodes Realizing External Quantum Efficiency over 25% Using Thermally Activated Delayed Fluorescence Emitters. 日本分析化学会の機関誌『ぶんせき』の記事を見ていただけると、過去に間違った情報もあったことがわかります。実際、「モリブデン青」「モリブデンブルー」のいずれで調べても、解答にはたどり着けませんでした。  これらディスプレイおよび照明には、青色、緑色、赤色の、いわゆる三原色を発する発光性有機分子およびそれを用いた素子の開発が必須です。その中で、近年、新たなタイプの有機ELとして、熱活性化型遅延蛍光(TADF)材料を用いた有機EL素子が開発されました(参考文献1)。このTADF系有機EL素子は、従来の蛍光系有機ELよりも遙かに高性能であり、また、りん光系のようにイリジウム(Ir)や白金(Pt)といった資源偏在の問題がある元素を含まない、普遍的に存在している元素のみからなる分子であるという点で、大きな注目を集めています。我々も、高い外部量子収率(EQE)を有する「緑色」有機EL素子の開発にすでに成功しています(参考文献2)。今回、「青色」に発光する有機EL素子においても、25.9%のEQEを得るとともに、さらに光取り出しを工夫することにより33.3%のEQEを得ることに成功しました。 (2)Kaji, H.; Suzuki, H.; Fukushima, T.; Shizu, K.; Suzuki, K.; Kubo, S.; Komino, T.; Oiwa, H.; Suzuki, F.; Wakamiya, A.; Murata, Y.; Adachi, C., Purely Organic Electroluminescent Material Realizing 100% Conversion from Electricity to Light, Nature Communications, 6, 8476 (2015). 論文中で筆者らは、使用する還元剤としてアルコルビン酸とSb(III)を用いるとよいと述べています。これは、数時間は安定な還元生成物として[PSb2Mo12O40]–が数分以内に形成されるというためです。しかし、感度の高い分析が必要な場合は、SnCl2に共還元剤としてN2H6SO4を加えると、還元反応の速度が早くなり、生成するβ-[H4PMo12O40]3– Proudly powered by WordPress. おそらく、モリブデンブルーの核心にせまる論文は以下の論文かと思います。 実はSnCl2では、数種類の青色の化合物を経由して最終的に加熱や酸によって、βの還元体になることがわかります。 (実験方法、結果については、実際にやったことなので、過去形で書くこと) 鉄の単体は、 水素h 2 よりもイオン化傾向が大きく 、希酸(塩酸や希硫酸など)とも反応してh 2 を発生する。 イオン化傾向について詳しくはイオン化傾向とは?定義から反応のしやすさとの関わりまで徹底解説! また、Wikipediaよりも、日本語で得る学術情報 CiNii(サイニィ)というデーターベースを利用する方法もあります。詳細な説明はChemStationの記事で紹介されていますので、丸投げします。が、一言、「日本語で得る学術情報」というと、多くの学生さんが飛びついてきそうですが、英語で書かれた論文の方が情報量が圧倒的に多い気がします。実際に、モリブデンブルーの謎には辿りつけませんでした。. 濃硝酸 cu + 4hno 3 → cu(no 3) 2 + 2h 2 o + 2no 2. (5) CRC Handbook of Basic Tables for Chemical Analysis H3PMo(VI)12O40 → [H4PMo(VI)8Mo(V)4O40]3–と書けます。 研究室を支えて下さるすべての方々,および,研究資金のご援助に対し感謝申し上げます。, The molybdenum blue reaction for the determination of orthophosphate revisited: Opening the black box. Analytica Chimica Acta 2015, 890, 60-82. 最低限理解しておいてほしいことは、サンプルに発色試薬を添加し、見たい物質との反応によって色のついている物質に変化させ、検量線によって標準液とサンプルの吸光度を比較してサンプルの濃度を決めるという方法 (比色分析 吸光光度法)、つまり、色の濃さで測る定量分析法があるということです。, 以下、再提出者へのコメント 一般的には銅はイオン化傾向が小さく、希塩酸と反応して水素は発生しない。といわれていますよね。ある質問で、塩酸濃度の違いによっては銅と反応して水素ができる。と意見があったのですが、詳しい方、どうか教えてください。ネットなど 京都大学化学研究所 梶弘典教授、久保勝誠氏(大学院生)、三輪卓也氏(大学院生、当時)、志津功將助教のグループは、九州大学 安達千波矢教授らのグループとの共同研究により、高性能青色熱活性化型遅延蛍光材料の利用により外部量子収率25%を超える青色有機el素子の開発に成功しました。 The molybdenum blue reaction for the determination of orthophosphate revisited: Opening the black box (4) Advanced Inorganic Chemistry,Six Edition 金属の価数変化がわかるように書いてみると4電子還元されていて P193 モリブデンブルー法について以下の掲載がありました。 P683 反応式として記載あり 本成果は、2017年3月21日(水)に国際学術雑誌「Scientific Reports」にオンライン公開されました。, 有機ELは、電気を光に変換することができる素子です。スマートフォンやApple Watchなど中小型ディスプレイ、また、大型の有機ELテレビや白色照明への実用化も進みつつあり、今後、さらなる実用化への大きな進展が期待されています。 普段はデザイン,web,プログラムの仕事をしながら、日本の伝統色の研究をしています。イベントでは着物姿でプレゼンしたり、伝統色しおりを配ったりしています。, このサイトは伝統色研究家の管理人が、日本の伝統色の意味や由来、歴史などをもっと広く知ってもらいたいと思い作った趣味のサイトです。少しでも和の色を好きになってもらえれば幸いです。, 当サイト「日本の色」のコンテンツの複写、及びそれに類する行為は、デジタルミレニアム著作権法およびその他の適用される知的財産法に基づく著作権侵害に該当いたしますので、ご遠慮ください。無断転載・無断引用は禁止しています。 (モリブデン青、確かに分析化学の業界ではそう書かれてはいますが、なんだか、食用色素の青色1号みたいな名前で、分子の構造もわからず、せっかく大学にきて分子の構造や性質を学ぶのだから、もう少し深くつっこんでみよう) この課題、この実験の担当を初めてして思いましたが、正直、とっても難しい課題ですね。, 学生さんのレポートでは、 7 酸化銅(II)の入った試験管に6mol/L硫酸H 2 SO 4 を1~2mL加えて沈殿を溶かす。 8 7の試験管に鉄釘を入れて,析出する物質,および水溶液の色の変化を観察する。 ただし、教科書等は紙面のスペースが限られているので、省略していることが多く、知りたい情報に届かないときもあります。では、どうするかを次に述べます。, 2 Web検索 ただし、引用元をしっかり明記していただければ記事の一部コピーも構いません。, 当サイトは管理人kokaが趣味のために運営しているwebサイトです。そのため、このサイトに掲載している伝統色などの情報は、可能な限り正確なものを掲載するよう努力しておりますが、その正確性や適切性を確約するものではありません。, 当サイトの情報を用いて行う一切の行為により被った損害・損失に対しては、一切の責任を負いかねますので、ご理解の程宜しくお願い致します。, 次縹(つぎはなだ)とは、古代の藍染めの色名で渋い青色のことです。万葉の頃からの色で、別に「つぎのはなだ」「つぐはなだ」と …, 中縹(なかはなだ)とは、古代の藍染の色名で少し暗い青色のことです。『深縹』より明るい色で、さらに明るいのが『次縹』になり …, 呉須色(ごすいろ)とは、深く渋い青色のことです。色名は陶磁器の染付 そめつけに使われる顔料の「呉須」、または焼き物の「呉 …, 青藍(せいらん)とは、紫みを含んだ暗い青色のことです。藍染による『藍色』の中でも彩度が高い色で、明治以降の新しい色名にな …, 錆御納戸(さびおなんど)とは、くすんだ深い緑がかった青色のことです。江戸時代の流行色の一つで、単に『錆納戸』とも。錆御納 …, 錆納戸(さびなんど)とは、くすんだ深い緑がかった青色のことです。江戸時代の流行色の一つで、単に『錆納戸』とも。錆御納戸は …, み空色(みそらいろ)とは、明るく澄んだ秋の空のような薄い青色のことです。色名の「み空」は「空」を上品に呼んだ美称であり、 …, 花色(はないろ)とは、青系統の代表的な伝統色で強い青色のことです。奈良時代以前は『はなだ色』、平安の頃は『縹色』の色名で …, 鉄紺(てつこん)とは、『鉄色』がかった『紺色』で、わずかに緑みを帯びた暗い青色のことです。紺色は藍染めを繰り返して染めら …, 薄花色(うすはないろ)とは、花色を薄くしたような、明るくうすい青紫色のことです。平安時代からの色名。『花色』は藍の単一染 …, 薄浅葱(うすあさぎ)とは、浅葱色を薄くしたような淡い青緑色のことです。『浅葱色』は平安時代からの伝統色で、もとは若いネギ …, 薄水色(うすみずいろ)とは、文字通り水色を薄くしたような、淡い青緑色のことです。 『万葉集』で『水縹』と呼ばれていた色が …, 深藍(ふかあい)とは、藍染めを黒に近づくほどに染められた濃く暗い青色のことです。『しんらん』とも読まれます。『深藍』のよ …, 水縹(みはなだ)とは、藍染 あいぞめの薄い色で明るい青色のことです。別に『みずはなだ』とも読まれ、『万葉集』にもその名が …, 青白磁(せいはくじ)とは、雲がかすむ春の空のようなうすく淡い青緑色のことです。その名のとおり焼き物の「青白磁」の青みを帯 …, 藍鉄色(あいてついろ)とは、緑みを含んだ濃い青色のことです。『紺鉄』『鉄紺色』ともよばれ、『藍色』の変異色の中でも暗い部 …, 孔雀青(くじゃくあお)とは、孔雀の青い羽の色のような冴えた青色のことです。比較的新しい色名で、明治の頃に西洋から伝わった …, 紺碧(こんぺき)とは、真夏の日差しの強い青空の色のような深く濃い青色のことです。濃い青色の『紺色』と強い青緑色の『碧色』 …, 勝色(かついろ)とは、紺よりもさらに濃い、黒色に見えるほどの暗い藍色のことです。武士や軍人に好まれた色で、色名の「かつ」 …, 濃藍(こいあい)とは、藍染の中でも最も濃い色の一つで、極めて暗い藍色のことです。 「こあい」とも読まれる古くからある色名 …, 白縹(しろはなだ)とは、縹色系統の中でもっとも淡い、青みを含んだ白色のことです。別に「しろきはなだ」とも読まれました。『 …, 天色(あまいろ)とは、晴天の澄んだ空のような鮮やかな青色のことです。『真空色』の別名も。「天」は「あめ」とも読まれますが …, 白藍(しらあい)とは、藍染の中で最も薄い色で、黄味を含んだ淡い水色のことです。「しろきあい」とも読まれる古くからある色名 …, 深縹(こきはなだ)とは、藍染の中で最も濃く深い色で、わずかに紫味を含んだ青色のことです。非常に古い色名で、「ふかきはなだ …, 紅碧(べにみどり)とは、かすかに紅がかった淡い空色のことです。「碧」は一般に緑色を指しますが、「紅碧」の場合は空色を指し …, 花紺青(はなこんじょう)とは、紫色を帯びた暗い青色のことです。人類最古のコバルト顔料「スマルト」の和名。スマルトはエジプ …, 藍鼠(あいねず)とは、藍味をおびた暗い鼠色のことです。「○○鼠」のように鼠がつく色名は江戸中期からみられます。暗い色や色 …, 水浅葱(みずあさぎ)とは、文字通り「水色がかった浅葱色」の意味で、緑味の淡い青色のことです。 …, 湊鼠(みなとねずみ)とは、薄い青緑味の鼠色のことです。色名の由来は、大阪の湊村でつくられていた、壁や襖の腰貼りなどに使わ …, 花浅葱(はなあさぎ)とは、文字通り「花色がかった浅葱色」の意味で、少し緑がかった鮮やかな青色のことです。 …, 錆浅葱(さびあさぎ)とは、ややくすんだ浅い緑青色のことです。色名の浅葱は藍染の浅い染色のことで、「錆」がつくことで基調色 …, 紺青色(こんじょういろ)とは、紫色を帯びた暗い上品な青色のことです。『群青』と同じアズライト(藍銅鉱)を原料とする顔料で …, 御召御納戸(おめしおなんど)とは、灰がかった渋味のある青色のことで、本来は「御召縮緬の御納戸」の意です。 …, 褐色(かちいろ)とは、紺よりもさらに濃い、黒色に見えるほどの藍色のことです。「かちん色」とも読まれます。現代では「褐色」 …, 御納戸色(おなんどいろ)とは、江戸時代の代表的な色で緑味の暗い青色のことです。鉄納戸、錆納戸、藤納戸などのほか、多くの派 …, 鉄御納戸(てつおなんど)とは、その名の通り鉄色を帯びた御納戸色で、暗い緑味の青色のことです。 …, 紺桔梗(こんききょう)とは、桔梗色に紺を含ませた様な色味の濃い青紫のことです。 …, 紅掛花色(べにかけはないろ)とは、あでやかな明るい青紫色のことで、花色の下染に紅を染めた重ねた色です。 『手鏡模様節用』 …, 千草色(ちぐさいろ)とは、わずかに緑味を帯びた明るい青色のことです。色名の千草とは鴨頭草から転訛した名で露草のこと。藍染 …, 瑠璃紺(るりこん)とは、瑠璃色がかった紺色の意味で、深い紫味の青色のことです。別名「紺瑠璃」とも。仏の髪や仏国土などの色 …, 深川鼠(ふかがわねずみ)とは、薄い青緑みの灰色のことです。江戸時代後期に流行した色で、色名は江戸「深川」のいなせな若衆や …, 熨斗目花色(のしめはないろ)とは、熨斗目色よりも灰みの強い濃い青色のことです。江戸時代の「手鑑模様節用」には「舛花いろ、 …, 納戸色(なんどいろ)とは、藍染めの一つで、緑色を帯びた深い青色のことです。赤味の強いものを「縹」といい、赤味が少なくやや …, 錆鉄御納戸(さびてつおなんど)とは、緑味の暗く鈍い青色のことです。錆鉄は錆びた鉄のことでなく、「侘び寂び」に通じ、暗くく …, 浅縹(あさはなだ)とは、やわらかい青色のことで藍染により浅く染めた縹色に用いられます。また水縹(みずはなだ)も同じ程度の …, 鴨頭草(つきくさ)とは、友禅染の下絵に用いられていた青花紙の濃い青色のことです。鴨頭草とは露草(つゆくさ)の古名であり、 …, 青碧(せいへき)とは、鈍い青緑色のことです。色名は古代中国の玉石「青碧」に由来する服飾の「青碧」からきています。 …, 熨斗目色(のしめいろ)とは、織物の小袖のひとつである熨斗目に用いられたやや灰味の濃い鈍い青色のことです。 …, 鉄色(くろがねいろ)とは、鉄の焼肌の色のような青味が暗くにぶい青緑色のことです。 …, 紅掛空色(べにかけそらいろ)とは、かすかに紅がかった淡い空色のことです。色名は、藍で空色に下染した上に紅花で染め重ねる染 …, 紺(こん)とは、藍染 あいぞめの中で最も濃い色で、わずかに赤みを含んだ濃い青色のことです。英名では『ネイビーブルー』。古 …, 青鈍(あおにび)とは、薄く墨色がかった青色のことです。青色に橡(つるばみ)などの墨系の染料を掛け合わせ鉄で媒染した色。 …, 青(あお)とは、基本色名の一つで、晴れた日の海や瑠璃のような色の総称のことです。 …, 空色(そらいろ)とは、昼間の晴れた空を思わせる紫味の薄い明るい青色のことです。 …, 勿忘草(わすれなぐさ)とは、勿忘草の花のような可憐な明るい青色のことです。明治期からの新しい色名で、ドイツの伝説に由来す …, 露草色(つゆくさいろ)とは、早朝に咲く露草の花にちなんだ明るい薄青色のことです。露草はツユクサ科の一年草で、日本各地の路 …, 縹色(はなだいろ)とは、古くから知られた藍染めの色名で、藍色よりも薄く浅葱色よりも濃い色のことです。古くははなだ色、平安 …, 群青色(ぐんじょういろ)とは、日本画材の岩絵具の『群青』に由来する色名で、紫みがかった深い青色のことです。日本画には欠か …, 瑠璃色(るりいろ)とは、濃い紫味を帯びた冴えた青色のことです。「瑠璃」とは仏教で七宝のひとつとして珍重された濃青色の宝石 …, 舛花色(ますはないろ)とは、灰味のある淡い青色で、浅葱色に渋みを加えた淡縹系統の色です。江戸後期の人気役者、五世市川団十 …, 御召茶(おめしちゃ)とは、くすんだ緑みのある青色のことです。11代将軍家齋が愛用した高級縮緬を御召と呼ぶようになったこと …, 水色(みずいろ)とは、澄んだ水の色を模した淡い青色のことです。『水浅葱』をやや淡くし、藍がからせた染め色をいいます。『万 …, 藍色(あいいろ)とは、縹色ほど純粋な青ではない暗い青色のことです。藍は青色染料として使われた最古の染料の一つ。 …, 甕覗(かめのぞき)とは、藍染の淡い青色を指す色名でやわらかい緑みの青のことです。別名は『覗色』。藍染は布や糸を何度も藍甕 …, 浅葱色(あさぎいろ)とは、葱藍で染めた薄い藍色のことです。浅葱とは薄いネギの葉にちなんだ色で、平安時代にはその名が見られ ….