(function(d, s, id) { 脛=前脛骨筋が硬くなる原因 前脛骨筋は、脛の外側から土踏まずの辺りにつながっていて 「つま先を上げる」「足首を内側に捻る」時に働く筋肉で、 歩く時に前重心になっていたり外側に体重がかかると前脛骨筋に負担がかかります。 // ]]>, まずは、特に動きの悪くなりやすい「距骨の後ろ側を通過する手前の場所」に、マッサージをしていきます。, 内くるぶしの、すぐ後ろに指を当て、足の指を曲げると「ポコッと」下から盛り上がりを感じるかと思います。, ②先程説明した、「長母指屈筋」の位置を大体でいいので、親指と反対側の4本で挟み込みます。, 特に「奥に押し込み、手前に引く」「左右に動かす」という動作を念入りに行なってください。, 30秒程度、動かしたら、次は「掴んだ状態のまま足首を動かす」ことをやっていきます。, 「腓骨の真ん中やや上〜足の親指の裏」に筋肉がついていて、足裏の内側のアーチを作っていると書きました。, なので、このストレッチでは「親指の裏〜足の土踏まず」にかけて、伸びている感覚を得られれば正解です。, それだけ「強い力」が必要になるので、体重をうまく利用出来るように「手首から握ります」, 先程引っ掛けた手首で、赤矢印にしっかりと体重をかけ、体全体でストレッチを描けましょう。, そして、ピンクの部分の土踏まずに、伸びている感覚があればしっかりとストレッチ出来ています。, 以上の2種類の”マッサージとストレッチ”が、「距骨」を前に押し出し、足首の硬さにつながる原因である「長母指屈筋」のアプローチ方法となります。, トレーニング前の、アップに入れることで「足関節の背屈可動域向上」が見込まれ、スクワットなどでは、動作自体の安定感が増すことになります。, また、日常的に「下腿や足裏に疲労がある」という方でも、足首の動きが変わることで、疲労軽減が見込まれます。, それでは、今日はここまで〜 次回、【ベンチプレス】肩が痛いのは「骨頭のズレ」が原因?治し方とストレッチ方法おたのしみに〜!, ウエイトトレーニング、セルフケアの情報を発信しています(^^) 前脛骨筋の停止部は内側楔状骨、第1中足骨底面です。 意外にも足首の前側を横切って足裏の内側に付いています。 前脛骨筋を筋膜リリース. ヒフク筋は、足首関節を屈折させる動作と膝関節を屈曲させる動作に使われます。 ③前脛骨筋 前脛骨筋は足首関節を伸展させる動作で力を発揮します。 足首の背屈を前脛骨筋が主導筋として働いています。 足首が硬くかかとをつけてしゃがめない人のストレッチ ①ヒラメ筋の … これは前脛骨筋の働き方による違いです。 前脛骨筋の働きはつま先を上にあげることです。 これは筋肉が縮む方向に動くため起こる動作です。 これを求心性収縮といいます。 つま先を上げた状態から前脛骨筋の力を抜くとストンと足首が垂れ下がります。 足首を伸ばす動作の柔軟性向上のためのストレッチです。足の甲〜スネ(前脛骨筋)の筋肉が伸びているのを意識しながらストレッチしましょう。足首を伸ばすのが苦手な人、スネの筋肉の硬さや凝りがとれない人にオススメのストレッチです。 アキレス腱をストレッチしましょう!忍者座り(片足立ち座り)をしてください。そのまま立っている方の足に体重をかけていくとアキレス腱を伸ばすことができます。一般的な立った姿勢からのアキレス腱ストレッチだと太ももの前側や後側、ふくらはぎなどの大きな筋肉を優先的にストレッチしてしまうことがあってアキレス腱まで効いていない可能性があるのです。しっかり狙いを定めて、アキレス腱をストレッチしましょう。, アキレス腱をマッサージすることも可能です。このときかかとの部分をサイドから挟むように押すのではなく、かかとの真後ろからアキレス腱を押してください。グリグリではなく、グーーーっと行きましょう。アキレス腱は15センチくらいあるのでかかとに近いあたりからふくらはぎに向かって3~5回くらい行ってみてくださいね!, ②ロックがかかる!足の背面が硬いタイプ ①ヒフク筋 足首の関節ではなく、周りの筋肉が硬い場合です。まずは”お尻”をほぐしてみましょう!体育座りに座って、お尻を左右に揺らして床でお尻をマッサージがおススメです。家にテニスボールなどがあるなら(トリガーポイントボールとか)それを使いましょう!, 次に硬くなってロックをかけている可能性は”ハムストリングス”です。太ももの裏です。こちらもストレッチをしてもいいし、お尻と一緒でボールなどでのマッサージもおススメです。この時に太ももの真ん中だけでなく、膝裏ぎりぎりからお尻の付け根までしっかり行いましょう!, もう一つは鎖骨周りのマッサージを最後におススメしておきます。そんな遠いところ?と思うかもしれませんが、身体って、繋がっているので侮れません。首や肩コリなどがあると筋膜が引っ張られて足首が曲がりにくくなるのです。私はお風呂でクレンジングや洗顔しながら鎖骨の方までマッサージしてほぐしてます。, ③かかとが上がらない!指が曲がらないタイプ 足首が硬い原因となおすメリット|筋肉を柔らかくする方法を知ろう 公開日:2019年1月20日 最終更新日:2019年6月5日 ものを拾うときなど、うまく膝が曲がらずにおしりを突き出してしまうようなら、その原因は足首の硬さかもしれません。 スポンサーリンク まず、指でじゃんけんできるか確認してみましょう。グー、チョキ、パーです。急がずに、ゆっくり、しっかり作ってみましょう。できない場合はやはり足の力が弱いのかもしれません。足の甲の骨と骨の間をグリグリマッサージすると気持ちがいいのでお勧めです。, 他にも、足の指を、手を使っていいので動かしていきましょう。動かない方におススメしているのはお風呂など暖かい場所で、足の体操を毎日することです。みるみる足先が緩んできて足首も動きやすくなっていきますよ!, 足首が硬い原因は足首自体にないことがあります。足首は関節なので、様々な筋肉が複合的に作用しています。また身体を支えている土台なのでいつも体重の負担がかかっています。身体を支えるために筋肉や、その筋肉がくっついている腱や靭帯に寄り掛かっていると足首がぐらぐら緩くなっていたら危ないですから、固めてしまうんですね。, 足首の硬さの種類が今回私があげた以外の方もいるかもしれませんし、複数抱えているかもしれません。いろんな方法を試しながら身体全体をゆるめて、可動域を広げていきましょう!, 当スタジオではあなたらしい理想の体へのサポートをしています。 次回は1月25日です。 「足首が硬い」 原因を解消する”ストレッチとマッサージ” まとめ. js = d.createElement(s); js.id = id; ④ツールを使用したストレッチ2 かかとを上げつま先だけで乗っている状態でキープする 上記の2つのようなかかとを突き出すような足首の硬さではなく、つま先を突き出す方の足首の硬さに関連してくるのがこのタイプです。なのでふくらはぎや太ももなど上半身に向かう足ではなく、つま先方向の足の硬さが問題で。足の甲や足裏、足の指のコントロールが苦手です。地面の凸凹がなくなったことで歩きやすくなった分、足裏で踏ん張らなくても歩けることで足先の力が弱まってしまっているかもしれません。, ①足の後が痛い!アキレス腱が弱いタイプ ↓ 気軽に、ご質問等コメントくださいね!, 【投球動作・ベンチプレス】肘〜指先に電気が走る?2つに共通する尺骨神経の障害とは!. ③ツールを使用したストレッチ 伸ばすことが出来ます。 前脛骨筋ほぐし. 前脛骨筋は、足首を上にあげる時に働く事は先ほど説明させていただきました。そのため、 足首を上にあげる動作を 頻繁 にやる人 足首を上にあげる動作を 力んで やる人 などは特に前脛骨筋への負担がかかりやすくなってしまいます! 足首を伸ばす動作の柔軟性向上のためのストレッチです。足の甲〜スネ(前脛骨筋)の筋肉が伸びているのを意識しながらストレッチしましょう。足首を伸ばすのが苦手な人、スネの筋肉の硬さや凝りがとれない人にオススメのストレッチです。 スネの筋肉をバンバン叩きたくなるよう強い張りを感じるランナー、結構おられます。 張りを通り越して足首あたりまで痛みが生じることもあります。これはスネ(脛骨)の外側の筋肉、前脛骨筋の障害です。この原因と解決法をご紹介します。 少し段差のあるものを用意してつま先だけ乗せます https://mosh.jp/classes/page/9021, VISIBLE BODY ヒューマン・アナトミー・アトラス 祐子さんとのコラボ企画!10/27が無事開催されました。 ① 床に足のつま先を引っかける ② 足の甲に軽く体重をかけて足首を伸ばす ③ 足の甲〜スネの前側の筋肉が伸びているところで10~15秒キープ, 疲労が抜けにくいときはマッサージボールでマッサージしてからストレッチするとよいでしょう。, スネについている筋肉は足首を曲げる動作(足関節の背屈)や足の指を伸ばす動作(足趾の伸展)の際に働いています。, この筋肉が硬くなると、足首を真っ直ぐ伸ばせなくなったり、足の指の動作が困難になったり、とコンパートメントシンドローム(シンスプリント)の原因となります。 ランニングやサッカー競技などで硬くなりやすい筋肉です。, 日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー。鍼灸師。 皆様にスポーツ医学や解剖学を元とした情報をお伝えするよう努めています。詳しいプロフィールはこちら, 自宅でもできるストレッチがないものか。健康管理に取り入れられるビギナーさんでも負担にならない、継続してできるヨガを学べればと体験からはじめていきたいのですが。もう60になるのですが参加できますでしょうか?, ご連絡をいただきありがとうございました。 当教室のストレッチはビギナーの方にも取り入れやすい内容だと思います。 マットも無料で貸出しておりますので、よろしければ一度体験にいらしてください。, 先日に堀越様からお申し込みいただいたメールにご返事したのですが、堀越様の元に届いていなかったようです。ezwebやdocomoアドレスですと、こちらからのメールを受信できないケースが多く発生しております。, info*nobiru-karada.com *のところを@に換えてアドレスを携帯に登録して再度ご連絡いただくか、お電話でご連絡をいただけましたら幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。, […] 足首を伸ばす動作の柔軟性向上に。足の甲〜スネの筋肉(前脛骨筋)のストレッチの方法足首を伸ばす動作の柔軟性向上のためのストレッチです。足の甲〜スネ(前脛骨筋)の筋肉が伸 […], […] ストレッチの方法TwitterFacebook0はてブ0Google+Pocket0LINE2018.12.12 […]. 足を前後に開き後ろ足のかかとを床につけたまま前方に体重をかけることで [CDATA[ 股関節や腰の動きが固いと腰痛になりやすいですが、それは足首がも同じ。足首が固いと腰に負担をかけることになります。, そして、動く方向によって使われる筋肉が異なり、大きく分けると底屈はふくらはぎ、背屈はスネ、内反はスネの内、外反はスネの外の筋肉が機能します。, 固くなる筋肉には多少個人差がありますが、足首が固い人は、この4つのラインにある筋肉が固まり、腰に影響を与えます。, このラインには腰の筋肉である脊柱起立筋があるため、下腿三頭筋が固まれば、脊柱起立筋に影響を与えます。, このラインにある腹直筋が固まると猫背になりやすく、猫背になると腰が丸々ため、腰に負担をかけます。, このラインにある大腰筋が固まると腰椎を前に引っ張ってしまうため、反り腰になり腰に負担をかけます。, このラインにある内・外腹斜筋は腰の広背筋と繋がりがあるため、長腓骨筋が固まると、内・外腹斜筋を介して広背筋に影響を与えます。, テニスボール等を使い足裏全体をほぐしていきます。痛いところがあったら、そこに当てたまま踏んで、圧をかけましょう。, ここには足三里と呼ばれるツボがあり、そこを指圧しながら足首を動かしてほぐしていきます。, 腰痛の緩和をする際に見落とされがちな足首ですが、かなり深い関係があるので、お悩みの方は是非これらの筋肉もほぐしてみてください。, SHIBA式パーソナルトレーニングは、JR立川駅から徒歩3分のところにあるレンタルサロンで行っています。, 詳細は専用ホームページをご確認ください。 前脛骨筋の停止部. 足首を曲げる時に痛みがないのであれば、どこか一カ所が固まっているというよりは下半身または全身の筋肉の硬さが関係しています。まずは太ももの後にあるハムストリングスや殿筋(お尻の筋肉)です。そしてふくらはぎが足の下の筋肉としては有名ですが、ふくらはぎの反対の動きをしてくれているのが前脛骨筋といって前側の足の筋肉です。足首が硬い方がマッサージをするときは、ついついふくらはぎがメインになりやすいのですが、他にも関連している筋肉があるっという事なのです。, ③かかとが上がらない!指が曲がらないタイプ fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); https://www.visiblebody.com/ja/anatomy-and-physiology-apps/human-anatomy-atlas. 足首関節の動きに強く影響を与える重要な筋肉は3つあります ⇒予約状況はこちら, ★守谷整体院にて、グループレッスンを開催しております。★ ヒラメ筋は、足首関節を屈折させる動作をサポートします 体験レッスンは通常60分7,200円のところ、90分7,200円です。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 足首が硬いっと聞いてピンっとくる方もいるかもしれませんが、日常生活をしているとそこまで感じません。バレエ・タヒチアンダンス・ヨガ・ランニングなどなど足を使うダンスやスポーツ、趣味を持っていると気になるかもしれません。あとはお母さんでしょうか。お子さんと遊んでいる時はしゃがむことが多くあります。その時にずっとしゃがんでいると痺れる前に疲れてしまったり、ふくらはぎが張ってしまうような感覚になるそうです。, ほかにもふとした瞬間に足首が硬いかも、、、という時が来ます。いつもではないけど、ちょっと気になるっというのが足首です。そしてこの足首の硬さについて周りの筋肉をほぐすと柔らかくなったり可動域といって動く範囲を広げることができるのです。ちなみにこの足首の柔らかさが将来のちょっとした段差での転倒防止にもなるので、足首の硬さは重要なポイントなのです。, ①足の後が痛い!アキレス腱が弱いタイプ 足首を曲げようとしたときに、どこかが痛いという事はないのだけどロックがかかったかのようにこれ以上足首が曲がらない、動かせないっと言うような感覚になるタイプの方です。こういった場合は足首周りが硬いというよりは、太ももの裏やふくらはぎの硬さまたは、前脛骨筋といってふくらはぎの前側の筋肉が硬くて足首が動けなくなっている場合があります。足首だけでなく下半身全体がじわじわと硬くなる事によって足首にロックがかかり硬くなっている方です。, ③かかとが上がらない!指が曲がらないタイプ 骨盤の働きも悪くなるため足首が硬いだけで様々な弊害があります ↓ ②ヒラメ筋 足首を曲げようとしたときに、アキレス腱が痛いっと思うタイプの方です。かかとの少し上のところ、ふくらはぎの下のところに1本の筋が入っているのをご存知でしょうか?身体の中の腱としては有名どころのアキレス腱です。このアキレス腱が硬い(短い)と足首を曲げようとしたときに引っかかるような、引っ張られるようになり足首が痛くなり曲げられなくなります。, ②ロックがかかる!足の背面が硬いタイプ ©Copyright2020 セルフケアラボ【柴雅仁Blog】.All Rights Reserved. こんにちは! 茨城県守谷市 Pilates & Conditioning Studio(ピラティス&コンディショニングスタジオ)のHanaeです。 足首が硬くて・・・という悩みもよく聞くお悩みの1つです。日常動作でそこまで困る事はないと思うのですが、かかとを付けたまましゃがめない・地べた座りが辛い・ヤンキー座りができな 次回は1/26に決定!詳細はこちら!, IROHA Pilates & Conditioning Studio主宰 一ノ瀬 華恵, https://hanaepilates.com/wp-admin/admin-ajax.php, a%3A9%3A%7Bs%3A2%3A%22id%22%3Bi%3A0%3Bs%3A4%3A%22year%22%3Bs%3A0%3A%22%22%3Bs%3A5%3A%22month%22%3Bs%3A0%3A%22%22%3Bs%3A7%3A%22caption%22%3Bi%3A1%3Bs%3A4%3A%22link%22%3Bi%3A1%3Bs%3A10%3A%22pagination%22%3Bi%3A1%3Bs%3A8%3A%22skiptime%22%3Bi%3A0%3Bs%3A5%3A%22class%22%3Bs%3A16%3A%22monthly-calendar%22%3Bs%3A4%3A%22href%22%3Bs%3A0%3A%22%22%3B%7D, 足首を曲げようとしたときに、アキレス腱が痛いっと思うタイプの方です。かかとの少し上のところ、ふくらはぎの下のところに1本の筋が入っているのをご存知でしょうか?身体の中の腱としては有名どころのアキレス腱です。このアキレス腱が硬い(短い)と足首を曲げようとしたときに引っかかるような、引っ張られるようになり足首が痛くなり曲げられなくなります。, 足首を曲げようとしたときに、どこかが痛いという事はないのだけどロックがかかったかのようにこれ以上足首が曲がらない、動かせないっと言うような感覚になるタイプの方です。こういった場合は足首周りが硬いというよりは、太ももの裏やふくらはぎの硬さまたは、前脛骨筋といってふくらはぎの前側の筋肉が硬くて足首が動けなくなっている場合があります。足首だけでなく下半身全体がじわじわと硬くなる事によって足首にロックがかかり硬くなっている方です。, つま先立ちをしようとしてもかかとが上がらないっというタイプです。これができないとバレエはかなり困りますね。あとは高いヒールなども履けなくなっていきます。最近は床に凹凸がなくなってきたのでペタペタと歩けるようになりました。そのことによってあしの指を使えなくなってくると足の指を曲げたり伸ばしたりが苦手になるようです。すると足の甲や土踏まずの筋肉が硬くなるので、結果足首が硬くなっていきます。, 足首を曲げようとしたときに、アキレス腱が痛いっという事なので問題はアキレス腱です。名前は知っているけど、どんなことをしてくれているのか知らない方が多いのもアキレス腱です。アキレス腱は人体で最も強く最大の腱で、歩くこと、走る事・ジャンプなどの運動の時に、つま先を蹴り出す時にかかとを持ち上げたり、着地する足のつま先を地面に踏み込ませるなど運動の際に必要です。よって、このアキレス腱が突っ張ている、緊張していると足首の動きが制限されてしまうのです。, 足首を曲げる時に痛みがないのであれば、どこか一カ所が固まっているというよりは下半身または全身の筋肉の硬さが関係しています。まずは太ももの後にあるハムストリングスや殿筋(お尻の筋肉)です。そしてふくらはぎが足の下の筋肉としては有名ですが、ふくらはぎの反対の動きをしてくれているのが前脛骨筋といって前側の足の筋肉です。足首が硬い方がマッサージをするときは、ついついふくらはぎがメインになりやすいのですが、他にも関連している筋肉があるっという事なのです。, 上記の2つのようなかかとを突き出すような足首の硬さではなく、つま先を突き出す方の足首の硬さに関連してくるのがこのタイプです。なのでふくらはぎや太ももなど上半身に向かう足ではなく、つま先方向の足の硬さが問題で。足の甲や足裏、足の指のコントロールが苦手です。地面の凸凹がなくなったことで歩きやすくなった分、足裏で踏ん張らなくても歩けることで足先の力が弱まってしまっているかもしれません。, アキレス腱をストレッチしましょう!忍者座り(片足立ち座り)をしてください。そのまま立っている方の足に体重をかけていくとアキレス腱を伸ばすことができます。一般的な立った姿勢からのアキレス腱ストレッチだと太ももの前側や後側、ふくらはぎなどの大きな筋肉を優先的にストレッチしてしまうことがあってアキレス腱まで効いていない可能性があるのです。しっかり狙いを定めて、アキレス腱をストレッチしましょう。, 足首の関節ではなく、周りの筋肉が硬い場合です。まずは”お尻”をほぐしてみましょう!体育座りに座って、お尻を左右に揺らして床でお尻をマッサージがおススメです。家にテニスボールなどがあるなら(トリガーポイントボールとか)それを使いましょう!, まず、指でじゃんけんできるか確認してみましょう。グー、チョキ、パーです。急がずに、ゆっくり、しっかり作ってみましょう。できない場合はやはり足の力が弱いのかもしれません。足の甲の骨と骨の間をグリグリマッサージすると気持ちがいいのでお勧めです。, 当スタジオのパーソナルレッスンにご興味のある方、体験レッスンのご案内をしております。, Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます).