暴対法前後の時代を描いたものだと改めて気づく。 任侠モノ?またはハードボイルドか?! だからといって別に『凶犬の眼』を評価するつもりはない。駄作は駄作である。 続編をやたらを評価するファンたち. 人物相関図に戻りながら読むのだけれど、 最終段階ではアッと驚く展開で、なるほどーと分かる気持ちになります。, 前作が、迫力のある展開で面白かったので読んでみた。田舎の駐在となった主人公が、一人で立ち上がろうとしている姿に感動した。たこ飯がおいしそうで食べてみたくなった。, 田舎の駐在所に異動になった警官が主人公ですが、話の展開がはやく、わくわくしながら一気に読み終えることができました。, 警察組織と反社会的勢力との微妙な関係がリアリティー溢れていました。善悪二元論では裁ききることが出来ない、複雑さも伝わってきました。, 「孤狼の血」の続編。圧倒的なキャラだった大上章吾がいなくなり、日岡秀一では少し役不足にはなった。かわりに国光寛郎という魅力的なヤクザが登場、日岡秀一と兄弟の盃を交わす。ヤクザと警官の盃。日岡は志乃の店で國光と偶然に出くわし、次に僻地の駐在勤務地の工事現場で会う。これも偶然。可能性はずいぶん低い偶然で白ける。 前作のような暴力的な場面は少なく、正義以上に仁義のための不法という印象だった。 令和で完結!不滅の警察小説「孤狼の血」シリーズ最新作、柚月裕子『暴虎の牙』3月27日発売!, 悪徳刑事・大上章吾の血を受け継いだ日岡秀一。広島の県北の駐在所で牙を研ぐ日岡の前に現れた最後の任侠・国光寛郎の狙いとは?日本最大の暴力団抗争に巻き込まれた日岡の運命は?『孤狼の血』続編!. 紙の本. JavaScriptが無効の場合は一部ご利用いただけない機能がございますので、有効にすることをお勧めいたします。, 【電子書籍ストア】小学館 「ぴっかぴか小デジ!感謝祭」対象商品に使える30%OFFクーポン, 【電子書籍ストア】<先着2,000名>コミック全商品に使える1000円OFFクーポン, 【電子書籍ストア】<実用 ・ビジネス書など150商品以上! 全て111円均一!>西東社 11月サプライズセール!, 性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。, 商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。. いいえ, 県北の駐在さんになってノンビリしてるかと思ったら、そうでもありません。 日岡が左遷され…そこに新たな極道が…こいつが仁義を通す武道派…何と⁉️兄弟分の杯を交わし…栄転して…大上の遺産を引き継ぐお〜〜お〜〜いいんかいの〜日岡よガミさんをこえちょるこえちょる? 久々に世界観を掴むのに時間がかかってしまいました。 「検事の信義」で登場した時の日岡さんが あれっ?こんな感じだったかな?って思ったんですが、いろいろあったンですね。 文芸書「凶犬の眼」柚月裕子のあらすじ、最新情報をkadokawa公式サイトより。所轄署から駐在所に異動となった日岡は、平凡な毎日に虚しさを感じていた。そんな中、敵対する組のトップを暗殺して指名手配中の国光と出会う。 「孤狼の血」を読み終わった時には、「こんな作品も描けるんだ」と思っていたが、今はすでにこの作家さんの代表的な作品傾向になっている気がする。個人的にはデビュー作ぐらいの頃の作品が好きなのだけれど…, 日岡さんの成長物語です。 はい 柚月裕子さんによる小説「暴虎の牙」の連載が、10月1日(月)発行の夕刊フジでスタートします。 「暴虎の牙」は、役所広司さん主演で映画化された警察小説『孤狼の血』、第2作『狂犬の眼』に続くシリーズ3作目にして完結編。今作からの新しいキャラクターも登場します。 20-3, ヤクザものだったかぁ。 著者 柚月 裕子 (著). 怖いモノ見たさで最後まで読破。 読み始めた直後から何度も何度も 文庫「凶犬の眼」柚月裕子のあらすじ、最新情報をkadokawa公式サイトより。悪徳刑事・大上章吾の血を受け継いだ日岡秀一。広島の県北の駐在所で牙を研ぐ日岡の前に現れた最後の任侠・国光寛郎の狙いとは?日本最大の暴力団抗争に巻き込まれた日岡の運命は? 駄作駄作と連発しているが、その一方でAmazonのレビューで『凶犬の眼』は高評価を連発している。件数は少ないものの、軒並み高評価だ。 田舎の駐在所に異動となり、穏やかな毎日に虚しさを感じている日岡。ある日、懇意のヤクザから紹介された男が、指名手配中の国光であることに気づき…。 ちょっと抗争の関係が面倒くさかったけど、仁義を通す男たちの姿はカッコイイ。, 読み始めはあまりテンポよくはないですが、後半は一気に読んでしまいます。 この作品だけでも、十分楽しめるかもしれないが、前作をきちんと理解して読んだ方が、もっと楽しめたと思う。 田舎の駐在所に異動となり、穏やかな毎日に虚しさを感じている日岡。ある日、懇意のヤクザから紹介された男が、指名手配中の国光であることに気づき…。『小説野性時代』連載を加筆し... まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。, ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。, 田舎の駐在所に異動となり、穏やかな毎日に虚しさを感じている日岡。ある日、懇意のヤクザから紹介された男が、指名手配中の国光であることに気づき…。『小説野性時代』連載を加筆し単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】捜査のためなら、俺は外道にでもなる。所轄署から田舎の駐在所に異動となった日岡秀一は、穏やかな毎日に虚しさを感じていた。そんななか、懇意のヤクザから建設会社の社長だと紹介された男が、敵対する組長を暗殺して指名手配中の国光寛郎だと確信する。彼の身柄を拘束すれば、刑事として現場に戻れるかもしれない。日岡が目論むなか、国光は自分が手配犯であることを認め「もう少し時間がほしい」と直訴した。男気あふれる国光と接するにつれて、日岡のなかに思いもよらない考えが浮かんでいく……。警察vsヤクザの意地と誇りを賭けた、狂熱の物語。【商品解説】, 映画から孤狼の血の原作、本作の順に読んだが、十分に楽しめました。映画の終わり方だと続編は難しいかもしれませんが、小説は続編期待です。, このレビューは役に立ちましたか? なんど戻っても、○○会系○○組○○派・・・という名前が覚えられず(涙) 暴力団追放運動の世界から程遠い、警官とヤクザとの固い絆に戸惑いつつも 内容自体は、最近、この作家さんの作品の傾向に多い、男同士の絆を扱ったもの。大きな事件が起こる訳ではないが、警察とヤクザと言う水と油の関係の中にも、お互いを信用する絆を丁寧に描いている。 柚月裕子は、新作中心に読んでいる作家です。『孤狼の血』の続編の本書を読みました。二番煎じ感は、否めませんが、広島やくざノワールハードボイルド、古き良き時代?の物語でした。まだシリーズは続きそうな雰囲気, 柚月裕子は、新作中心に読んでいる作家です。『孤狼の血』の続編の本書を読みました。二番煎じ感は、否めませんが、広島やくざノワールハードボイルド、古き良き時代?の物語でした。まだシリーズは続きそうな雰囲気です。暴力団新法や暴力団排除条例を厳密に適用すると、家も借りられないし、銀行口座も作れなければ、携帯電話も持てないし、コンビニで物を買う事も出来ません。これは憲法の基本的人権の保障と自衛隊以上に矛盾していませんでしょうか(笑), 2018年8月19日読了。日岡が逞しくなっていくなぁと思って読んでました。国光との話でしたが、大上さんも好きですけど、国光の男気溢れる頭脳派のヤクザも嫌いじゃないです。かっこよかったです!演じるとした, 2018年8月19日読了。日岡が逞しくなっていくなぁと思って読んでました。国光との話でしたが、大上さんも好きですけど、国光の男気溢れる頭脳派のヤクザも嫌いじゃないです。かっこよかったです!演じるとしたら渋い俳優さんより、爽やかな俳優さんに演じてもらいたいですね。度々出てくる、晶子さんの蛸飯が食べてみたいです!, ガミさんの「孤狼の血」を受けついだ日岡のその後を描いた物語。僻地の駐在所で無為に過ごしていた日々から、暴力団抗争の首謀者で指名手配犯の国光と出会って以降、まるで大上さんがのり移ったような日岡の成長ぶり, ガミさんの「孤狼の血」を受けついだ日岡のその後を描いた物語。僻地の駐在所で無為に過ごしていた日々から、暴力団抗争の首謀者で指名手配犯の国光と出会って以降、まるで大上さんがのり移ったような日岡の成長ぶりがうれしかった。柚月さんの主人公は、一本筋が通っており、そして優しい。日岡はもちろん、ヤクザの国光もしかりです。誰の会話か 意味もわからなかったプロローグが、後半でわかるのも憎い構成で、面白かったです。ただ、「孤狼の血」を読んでいない読者にも、面白いのかは疑問。順番に読むことを強くお薦めします。. 「孤狼の血」の事件から、約2年後と思われる平成2年の暴力団抗争事件を軸に、前作で大上を失い、所轄から駐在所へ「飛ばされた」日岡が「凶犬」となっていく様子を描く。 凶犬の眼 【柚月 裕子・角川文庫】捜査のためなら俺は外道にでもなる。 ちょこっと任侠の世界に洗脳されつつある私の頭の中でした(笑), 「孤狼の血」を引く日岡の話、なのだが、国光の仁義の方が心に残る。 いずれにしても、初挑戦のジャンルでした。 Copyright © Dai Nippon Printing Co., Ltd. 割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。. 所轄署から田舎の駐在所に異動となった日岡秀一は、穏やかな毎日に虚しさを感じていた。そんななか、懇意のヤクザから建設会社の社長だと紹介された男が、敵対する組長を暗殺して指名手配中の国光寛郎だと確信する。彼の身柄を拘束すれば、刑事として現場に戻れるかもしれない。日岡が目論むなか、国光は自分が手配犯であることを認め「もう少し時間がほしい」と直訴した。男気あふれる国光と接するにつれて、日岡のなかに思いもよらない考えが浮かんでいく…。警察VSヤクザの意地と誇りを賭けた、狂熱の物語。日本推理作家協会賞『孤狼の血』シリーズ最新刊! 日岡が左遷され…そこに新たな極道が…こいつが仁義を通す武道派…何と⁉️兄弟分の杯を交わし…栄転して…大上の遺産を引き継ぐお〜〜お〜〜いいんかいの〜日岡よガミさんをこえちょるこえちょる何故⁉︎日岡が積極的にそちらの世界に足を踏み入れていくんじゃろ?と思ってしまいましたが完結編の次作が楽しみです(ノ-_-)ノ~┻━┻映画の続編も一作目と同じ演者さんで観たいの〜〜〜お勧めじゃけーの〜〜そん時は「孤狼の血」から読むんど〜〜, 僻地の駐在に左遷された「日岡秀一」。平和ボケしそうな環境が一変する。世間を震撼させる暴力団抗争。その中心とされる「国光」との出会い。不思議とウマが合う二人。ガミさんの影響でヤクザとの取引に応じる。仁義, 僻地の駐在に左遷された「日岡秀一」。平和ボケしそうな環境が一変する。世間を震撼させる暴力団抗争。その中心とされる「国光」との出会い。不思議とウマが合う二人。ガミさんの影響でヤクザとの取引に応じる。仁義を重んじる国光は犯罪者ではあるが芯が通っている。日岡は例の物を受け取り暴走に拍車がかからなければ良いのだが…, プロローグからして不穏感がぴしぴしと漂い、胸がザワザワする。面白くて、怖くて、ドキドキゾクゾクする。各章頭に「週刊芸能の記事」という形で、暴力団抗争のあらましが詳しく説明されているのが秀逸。この「記事, プロローグからして不穏感がぴしぴしと漂い、胸がザワザワする。面白くて、怖くて、ドキドキゾクゾクする。各章頭に「週刊芸能の記事」という形で、暴力団抗争のあらましが詳しく説明されているのが秀逸。この「記事」が、続くストーリーを引っ張り、緊迫感を与えているのは間違いない。あの初々しかった日岡は、どんどん大上化していく。そして、ついにヤクザと・・・。登場する極道達も、ひたすらに仁義を守り貫き通す。本書も、男らしく筋の通った男の中の男ばかり出てくる。自分の中の「正義」って何かな?と考えさせられる作品だった。. 実は続編とは知らずに、読み始めた。すぐに広島が舞台の暴力団物と言うことで、続編であることには気づくが、正直前作のラストがどうにも頭に浮かばない。 読書 2018.05.28 2018.06.17 kirihiraku. 内容(「BOOK」データベースより) 信頼関係の世界なのかもなぁ。ま、そう簡単に裏切ることなんてどの世界でもできないだろうけど。, 2015年に発売された「孤狼の血」の続編。 『孤狼の血』の続編『凶犬の眼』発売! 柚月裕子さん執筆時エピソード 5月12日(土)に公開を控えた映画「孤狼の血」。原作の続編にあたる長編小説『凶犬の眼』が、3月30日(金)に発売されました。 前作のラストシーンでは日岡がベテラン刑事になっている様子が描かれていたが、この作品はそのラストから時間が巻き戻り、大上の死の直後に山奥の駐在所に飛ばされた日岡がマル暴に復帰するまでが描かれている。 典型的な田舎の駐在さんになった日岡が、敵対ヤクザの組長の殺害容疑で指名手配中の国光を発見するも、必ず日岡に逮捕されるから少しだけ待って欲しいと頼まれる。 逃走中の国光を逮捕したら刑事として現場復帰出来るかもしれないと目論むが、日岡はその言葉と国光という男を信じて … 次々、きな臭い人たちが現れて、どんどん巻き込まれて行きます。ってかツッコんで行きます。 凶犬の眼. こういう小説をなんと言うのかな? どんどんガミさんよりになっていく 日岡さん 心配でもあります。, プロローグに、何が始まるんだろう、とワクワクした!とうとうヤクザと義兄弟の契りを交わしてしまった日岡。前作ではガミさんの後ろをついて行っていた日岡が、今作ではガミさんみたいになってる。でも、ガミさんの破天荒さはまだなくて、今回の魅力的キャラはヤクザの国光だった。正義はなくても仁義はある!この本を読んでいると、「じゃけえ」の広島弁がうつりそうになる〜。続編読みたい!. 後の展開は安定していて、細かいところまで面白い。最初に人物相関図があって丁寧なんだけどこれがあまり役に立たない。かなり複雑な展開になるので自分でメモすればよかった。立てこもり事件になるのが今回の山。原因が日岡に対する高校生の嫉妬というあたりが面白い。, 田舎の駐在所に異動となり、穏やかな毎日に虚しさを感じている日岡。ある日、懇意のヤクザから紹介された男が、指名手配中の国光であることに気づき…。『小説野性時代』連載を加筆し単行本化。. 柚月裕子『凶犬の眼』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約1452件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。 こうなったら、シリーズ前作も読んでみようじゃないかなんて 小説「凶犬の眼」は、『孤狼の血』原作の続編にあたる物語。所轄署から田舎の駐在所に異動となった日岡秀一が、懇意のヤクザから建設会社の�