自動車ローン、利息と保証委託手数料?主人が3年前、購入店でオートローンを組みました。計6,400,000円、72回払いの内訳が・本体価格5,100,000円・保証委託手数料820,000円・利息480,000円とのことですが、保証委託手数料というのは一体 貸方勘定科目には普通預金として、貸方金額238,000円となります。, 輸入品を仕入れて販売した場合、消費税の計算の仕方が国内で仕入れをした場合とは違います。間違えやすいところなので、この記事の最後は消費税の計算方法について、比較対象として国内仕入のみであった場合について解説した後、輸入仕入を含む場合を解説することにします。, 売上が108万円、仕入が32万4千円のケースで考えます。まずは、国税の納付額を計算します。地方消費税は国税を基に計算します。, 売上に係る消費税を求めます。税込みの売上高を税抜きに計算し直して、それに6.3%をかけることで求めることができます。, 1,080,000×100/108=1,000,000 Amazonで販売する商品のリサーチ方法を徹底解説。Amazon販売で結果を出すにはリサーチが命!, 1億円の資産運用とはどんなもの?確実な運用方法とやってはいけないことについて紹介!. 日本国内で根強い人気があります。, ・会員登録や年会費は無料 世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。. 賃貸契約時に家賃保証会社を利用する場合、その手数料は会計上どのような取り扱いになるのでしょうか?本記事では、家賃保証料の勘定科目などお伝えします。, 家賃保証会社と保証契約を締結した際、毎月支払う手数料の勘定科目は「支払い手数料」や「保証料」として計上します。また、この時家賃保証料のように毎月発生する手数料を会計処理するには「前払費用」か「繰延資産」のいずれかの方法で計上する必要がありますが、家賃保証料はどちらなのでしょうか。, 前払費用とは、支出した費用のうち、その会計年度の終了時においてまだ役務の提供を受けていないものに支払う費用のことを指します。一方、繰延資産とは支出する費用のうち支出の効果が1年以上に及ぶものを指します。, 家賃保証料は、途中解約でも返金されない旨の内容となっていることが多いため、一般的に繰延資産として会計処理することになります。なお、繰延資産として考える場合、20万円未満の支出であれば少額の繰延資産としてその年度の経費として一括計上することが可能です。, 家賃保証料を繰延資産として計上する場合、会計処理する際、保証料の合計が20万円未満か20万円以上かによって異なります。, 家賃保証料が20万円未満の場合、少額の繰延資産としてその年度の費用に一括計上可能。勘定科目は「支払い手数料」や「保証料」となります。例えば、1年間の家賃保証料の合計額が100,000円の場合、以下のように計上します。, 家賃保証料が20万円以上の場合、一括計上できないため一定期間の月数で按分し、毎月分を計上していく必要があります。2年間の保証契約で初期費用としてまとめて保証料を支払っていた場合、支払った保証料を2年間の期間で按分します。つまり、24万円で2年契約だった場合、毎月計上する費用は24万円÷24カ月=1万円となります。, この時の勘定科目は「支払い手数料」や「保証料」ではなく、「長期前払費用」として下記のように計上します。, 一度、一括して計上した跡に、後当期決算などで経過月数分の金額を償却する際には、以下のように仕分けします。, 家賃保証料について、会計上の取り扱いと勘定科目、仕分けの仕方など解説しました。家賃保証料については、契約時に返還しない旨を決めることが多いことから一般的に繰延資産に分類されることになります。また、繰延資産についてはその費用が20万円未満か20万円以上かによって勘定科目や仕分けが異なるため注意が必要です。, 本記事でご紹介した通り、保証料の取り扱いについては複雑な要素も多いため、分からないことがあれば税務署や税理士のアドバイスを受けて適切に処理していくことが大切です。, このサイトは、個人が調査した内容をもとに作成しています。【2017年6月時点】最新の情報や保証プランの詳細については、各公式サイトをご確認ください。. 1,200,000×1.08=1,296,000 . 『業務委託に係る「報酬」「業務手数料」』等につきまして、費用計上する場合に留意すべき税務上の規定を、以下の項目に従い、ご紹介させて頂きます。 「業務委託」に対する税務上の留意点 「業務委託」と「雇用」との税・・・ Copyright © 宮本会計事務所 | 滋賀県草津市(税理士) All Rights Reserved. 貸方勘定科目は買掛金として、貸方金額1,000,000円となります。, 借方勘定科目は買掛金として、借方金額1,000,000円、 実質的に、個人事業主を雇用していることと変わりがないような状況にある場合には、, 上記Ⅰの3で記載させて頂きましたように、税務調査等において、「業務委託に係る報酬・手数料」となるか「給与」となるかが問題となった場合には、, 仮に業務委託報酬や業務委託手数料として支払われたものが、「業務委託契約」等に基づいて支払われている、業務受託者から「請求書」が発行されている等の形式面を満たしていても、このことにより「業務委託に対する報酬・手数料」に該当するとは認められず、, という「サービス提供の実態」に基づいて、「業務委託として認められるか」「給与として計上しなければならないか」が判断されます。, そして、税務上では、「サービス提供の実態」が「受託した業務サービスの提供であるか」又は「労働サービスの提供となるか」につきましては、以下の5つの基準に基づいて総合的に判断することとされています。, ※「業務委託契約」の締結前には、業務を行うために必要となる作業時間等を考慮して、報酬金額が見積もられ、決定されることは当然ですが、契約締結後においては、「追加契約」等の締結がない限り、作業時間に関係なく報酬が支払われる契約となります。, ※ただし、「委託業務の性質上」から時間的な拘束を受けることが必要となる場合は、例外とされます。, 実質的には、「勤務時間等による拘束性がある労働サービスの提供である」と看做され、「雇用」と看做される一要因となります。, 実質的には、「会社内部者(労働者)への指揮命令である」と看做され、「雇用契約」と看做される一要因となります。, 実質的には、人件費以外の費用負担の観点から当該委託業務が「会社内部における業務遂行」であると看做され、「その業務に係る人件費」についても「給与」であると看做される一要因となります。, 業務の受託者である「個人事業者」が急病等により作業に従事できない場合等に、業務委託者(会社)が他の作業員を手配し、業務受託者が作業に従事しなかった日数に係る報酬を減額し、他の作業員に支払われているような場合には、, 実質的には、「業務遂行者の代替が許されない労働の提供である」と看做され、「雇用」と看做される一要因となります。, 委託業務に係る成果物が不可抗力のために滅失した場合等において、「既に遂行した業務又は提供した役務」に対して報酬を請求できたり、報酬が支払われているような場合には、, 実質的には、「労働の提供自体に対して報酬が支払われているもの」と看做され、「雇用」と看做される一要因となります。, 上記におきまして、「5つ要件」をご紹介させて頂きましたが、上記要件は、税務調査や裁判等で「業務委託であるか」「雇用であるか」が争われた際における、事後的な判断基準となる要件となります。, ただし、以下におきましては、全くの私見ですが、そもそも税務調査等で問題となる場合には、, など、常識的な点から「従業員給与と変わりないのでは?」となることが殆どであると考えます。, 税務調査等において「外注費」「販売手数料」「支払報酬」等として計上していた費用が、「従業員給与」「パート・アルバイト給与」と認定された場合には、「所得税の源泉徴収申告」「消費税申告」等で、「税金の追加納付」が必要となる可能性が出てしまいます。この点、以下で結論のみを簡単にご紹介させて頂きます。 商品を海外から仕入れたとき、つまり輸入したときには関税や輸入消費税がかかります。とくに消費税は、国内で仕入れた場合と計算方法が異なるので、勘定科目等に注意が必要になります。この記事では、輸入に関する税金、帳簿の記載などについて解説します。, 最初に、関税の概要について説明します。関税は、簡単に言うと海外から物品を輸入したときにかかる税金のことですが、実際に課税金額が決まるまでにはさまざまなルールがあります。, 関税の税率は、法律や条約などで決められています。まずは、法律で定められている国定税率について解説します。, 国定税率を定めている法律には、関税定率法と関税暫定措置法があります。関税定率法で定められているのは、長期的に適用される基本的な税率です。, これに対して、関税暫定措置法では、基本税率に代わって一定期間適用される暫定的な税率を定めています。たとえば、開発途上国からの輸入品に対して課される低い税率(特恵税率)は、暫定税率の例になります。暫定税率が定められている場合は、基本税率に優先して適用されます。, 関税の税率は、条約によって定められているものもあります。たとえば、WTO協定によって定められている協定税率は、その代表的なものです。これによって、WTOの加盟国・地域に対しては、一定率以上の関税を課さないことが定められています。, 国定税率よりもWTOの協定税率が低い場合、協定税率が適用されます。なお、WTO非加盟国が二国間条約で最恵国待遇を約束されている場合も、協定税率が適用されます。, そして、条約で定められる税率には、上記の協定税率以外にも、経済連携協定(EPA)を締結した国からの輸入品に更に低い税率が適用されるケースなどがあります。EPAが定めた低い税率の適用を受けるためには、原産地などの条件を満たす必要があります。, このようにして定められる関税ですが、無税となる品目もあります。羊毛、綿花、鉄鉱石、ゴムタイヤ、機械類などは無税品の例です。, 以上のような税率を何を基準にして課すのかについて、いくつかの形態があります。一般的な関税率の形態は、従価税と呼ばれるものです。, これは、輸入品の価格に応じて関税を課します。従価税による場合、輸入品の価格が変動すれば、課税額も変わります。, そして、従量税と呼ばれるものもあります。これは、輸入品の重さや容積、個数に応じて関税を課すものです。従量税では輸入品の価格の変動は考慮されません。, 混合税という形態もあり、名前の通り、従価税と従量税を組み合わせたものです。双方で計算した税額を比較して、原則として高い方の税額を課す選択税と、双方を併用する複合税があります。混合税が適用されるのは、基本的に国内の産業を保護するために必要とする場合です。, 関税の中には、必要性に応じて特別な定め方をしたものがあります。たとえば、差額関税です。, 一定の水準の価格以下では差額を関税として課し、一定水準の価格以上の場合は無税または低い税率を課します。これによって、一定水準の価格以下では輸入されないことになり、国内産業の保護が図られ、一方で一定水準の価格以上では低い関税しか課されないことで、国内の需要者にもメリットがあります。, スライド課税もあります。輸入品の価格が低いときには関税が課される一方、一定の価格を超えれば無税になります。差額関税と似ている面がありますが、無税になる価格の近くに、価格に応じて関税率が変わるスライド部分が設けられているためこう呼ばれます。, 輸入される時季によって税率が変わる、季節課税もあります。国産品が出回る時季に合わせて税率を上げることで、国産品の保護を図る目的があります。, また、輸入する数量によって税率が変わる、関税割当制度です。これは、一定の数量以内の輸入品には無税または低い税率(一次税率)での輸入を認める一方、それを超える場合は、高い税率(二次税率)を課すものです。, 関税割当制度は、単純な輸入制限ではなく、一定の数量を超えても税率が変わるだけで輸入自体はできることに特徴があります。貿易の自由化と、国内産業の保護のバランスを図る制度です。, 特別な場合にだけ課される,特殊な関税もあります。不公正な貿易取引があった場合などの、課されるものです。, 具体的には、不当廉価売関税、相殺関税、報復関税、緊急関税(セーフガード)といったものがあります。これらは、通常の関税に追加して課税されます。, 一定の場合には、関税が軽減あるいは免除されることもあります。まず、主要な食料品や衣類などの生活関連物資の国内価格・輸入価格が高いときには、一時的に関税を軽減・免除する措置が取られる場合があります。消費者物価の安定を図る目的があります。, 同じように、飼料を生産するためのトウモロコシといったように、特定の製品を製造するために欠かせない原料について、関税の軽減・免除の措置が取られる場合もあります。また、上記のような理由はなくても、無条件に関税が免除されている場合もあります。, 海外からの旅客が持ち込む携行品に含まれる酒類がこの例となります。1万円以下の小額の物品も関税は免除されています。, これら以外には、委託販売契約などの目的で輸入された物品が国内で使用されることなく再輸出される場合、輸入許可から1年以内の再輸出であれば、納付した関税は払い戻しを受けられます。, また、発展途上国の経済発展に資するため、日本から輸出した材料を使って現地で加工・組み立てをした織物製品などに関して、関税を軽減する制度もあります。, 商品を輸入する際にも、消費税はかかります。ここからは、この輸入消費税について解説します。, まず基本的な知識として、消費税の課税対象です。消費税は、国内で事業者が事業として対価を得て行う取引行為に課税されます。これが原則的な形態です。, 事業者の取引が対象なので、自分が乗っている自動車を個人間で売買しても消費税はかかりませんが、中古車販売業者が行う売買には消費税がかかります。また、対価を得る必要があり、寄付行為などには消費税はかかりません。, 問題は「国内で」という点で、海外で行う取引行為は、(少なくとも日本の)消費税は課税されません。, しかし、輸入品については、「外国貨物の引取り」の際に消費税が課税されることになっています。つまり、海外で物品を購入しても、そのときには消費税はかかりませんが、日本に到着した荷物を受け取る際には、消費税を払わなければいけないということになるのです。, 課税標準というのは、税額を算出する上で基礎となる課税対象のことを指します。国内の仕入れの場合であれば、課税標準は仕入価格ということになって、これに消費税率をかけて計算します。しかし、輸入消費税の場合は、商品価格に運賃と保険料を足したCIF価格と呼ばれるものに関税を足したものが課税標準となり、これに消費税率をかけて計算します。, 関税と輸入消費税の計算方法について、詳しく見ていきます。まず、一般的には関税は価格に応じて課される従価税です。そして、従価税を計算する際の基本となる課税標準となる価格(課税価格)は、CIF価格となります。, このとき、課税価格は1,000円未満切捨てです。これに関税率をかけます。関税の額は100円未満を切り捨てます。, 関税率は、法律や条約で決められています。特恵税率、協定税率、暫定税率、基本税率の順で優先して適用されます。特恵税率等の適用を受けるためには、原産地証明が必要になります。, 関税割当制度の対象となっている物品(米や小麦、乳製品、皮革など)を輸入する場合、低率の一次税率の適用を受けるためには、事前に手続が必要です。そして、輸入消費税は、CIF価格と関税額を足したものが課税標準となり、1,000円未満は切り捨てます。これに消費税率をかけることで計算されます。, ただし、消費税は厳密には内国消費税と地方消費税に分かれます。内国消費税が6.3%、地方消費税が1.7%ですが、計算の際には先に内国消費税を求めて、それの17/63と計算します。内国消費税、地方消費税ともに100円未満切捨てです。, 関税額=CIF価格×関税率