©「飛べ! 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行に伴い加茂郡高千村、北田野浦村、小野見村、石名村、北河内村、北立島村、入川村が合併して村制施行し、高千村が発足。 1896年(明治29年)4月1日 - 郡の統合により佐渡郡に所属。 ダコタ』は、戦争という恩讐(しゅう)を超えて、日英両国の新たな交流のためにはばたく。, 日本と英国の交流400年にあたる2013年、第2次世界大戦の終戦5か月後に起きた日英の“戦後秘話”が映画化された。その映画とは、女優・比嘉愛未(ひが・まなみ)さん初主演、油谷誠至監督の『飛べ! 昭和31年(1956年)9月30日 - 相川町・高千村・外海府村が合併し、改めて相川町が発足。(4町5村) 昭和32年(1957年)11月3日 - 相川町の一部(願・北鵜島・真更川)が両津市に編入。 昭和35年(1960年)11月3日(6町3村) 金井村が町制施行して金井町となる。 ダコタ」製作委員会 第2次世界大戦の終結から5カ月しかたっていない1946年(昭和21年)1月14日、英軍輸送機「ダコタ」が、佐渡島の小さな村(佐渡郡高千村)に不時着する。敵国だった英軍機の予期せぬ出現に、島民たちは戸惑い、困惑する。 しかし、佐渡島は古くは順徳天皇、日蓮上人らの島流しから、流人(江戸時代の犯罪者)までを受け入れてきた土地柄だけに、村民たちは「困った人間を助けるのが、“佐渡ん … ョン」画面の「セキュリティ」タブを選択。, 「レベルのカスタマイズ」ボタンをクリック。, 「セキュリティの設定」画面の「スクリプト」項目の「Javaアプレットのスクリプト」を「有効にする」にチェックをする。, 「スクリプト」項目の「アクティブスクリプト」を「有効にする」にチェックする。, 「スクリプト」項目の「スクリプトによる貼り付け処理の許可」を「有効にする」にチェックして「OK」ボタンを押す。. 『飛べ!ダコタ』(とべ!ダコタ)は、2013年公開の日本の歴史映画。監督は油谷誠至。, 太平洋戦争の終結から5か月後に佐渡島で起きた実話を基に、脚色を加えている。タイトルは登場する航空機 DC-3のイギリス空軍用軍用輸送機型に付けられた通称「ダコタ」(Dakota)から。, 終戦から5か月後の1946年1月14日。佐渡島の高千村の海岸に飛行機が不時着した。その飛行機は上海総領事とその秘書を乗せて東京に向かう途中、エンジントラブルで緊急着陸したイギリス空軍の輸送機「ダコタ」だった。村人たちは英語教師を通訳にして何とか意思疎通を図る。旅館の娘・森本千代子は、幼なじみで元海軍兵学校の木村健一に通訳を依頼するが断られる。健一は兵学校在学中に右足を負傷して帰郷し、その不自由な右足を引きずりながら職に就かずに暮らしていた。, 飛行機は前傾して機首が砂浜に埋まった状態であった上、現地には滑走路もなかった。領事たちは船で東京に向かったが、飛行機の乗員は引き続き飛行機で寝泊まりしていた。千代子の父で村長を務める新太郎は村役場の会議で、困っている者を助けるのが佐渡の者(もん)だとして、自分の旅館で逗留させることを提案した。「村長が責任を取るなら」と提案は受け入れられる。娘を敦賀空襲で亡くした消防団長の高橋は、「頭では分かっているが心が受け入れない」と述べた。, 乗員の旅館暮らしが始まり、傾いた飛行機を村人の協力で正しい姿勢に戻す作業が行われ、乗員たちは村人に感謝する。健一は恩師でもある国民学校の校長・浜中から、相川の国民学校で臨時教員に就く話を紹介される。しかし、健一は「国のために鬼畜米英を殺せと教えられた自分は、今の子どもに何も教えられない」と答え、浜中は沈黙した。まもなく、「ノタ」と呼ばれる強い風雨が来そうになり、ダコタを今より高い場所に引き上げる必要が生じた。千代子たちは飛行機に綱を結わえて引き上げようとするが、容易には動かなかった。そのとき、高橋が集められるだけの村人を連れて現れ、無事ダコタは引き上げられた。, 健一の親友だった村上義治は、ビルマ方面での戦死公報が届いていたが、母の敏江はそれを信じず帰還を待っていた。敏江は海岸で、ダコタ乗員の母親の写真が入ったロケットを拾って返し、乗員に無事母の元に帰ってほしいと話す。だがその直後、戦友によって義治の遺骨が届けられた。悲しみから海に身を投じようとした敏江はダコタ乗員に助けられた。, ダコタ乗員から村に、離陸に必要な滑走路建設への協力依頼が来る。村人たちは海岸を地ならしして石を敷き詰める作業にあたった。一方、健一は知り合いから、海岸のダコタがビルマ方面の司令官マウントバッテンの専用機であったと聞かされる。健一は書き置きを残して夜の海岸に向かい、義治のためダコタに火を付けようとする。だが、イギリス人乗員との格闘で動けなくなったところに、駆けつけた千代子から「殺し合う世の中の方がいいのか」と泣きながら問われ、答えることができなかった。, 健一は自首しようとするが、高橋が「自分が間違えて火を付けそうになったのだ」と主張する。高橋による謝罪をイギリス人たちは気にすることはないと受け入れた。やがて滑走路は完成し、祝宴が新太郎の旅館で開かれた。国民学校の生徒たちが「蛍の光」の合唱を披露すると、イギリス人たちは自分たちの知っている歌(オールド・ラング・サイン)が歌われていることに喜び、日英両語の歌声が室内に響いた。, 離陸の日、海岸には多くの村人が集まった。「こんなにイギリス人はいい人なのに、自分たちは騙されて戦争に巻き込まれた」という主婦たちに、新太郎は「国民皆が戦争を始めたんだ」と述べるが、「村長さんの言うことは難しい」とかわされてしまう。健一が浜中に、臨時教員になって自分のような人間になるなと教えたいと言うと、浜中は頭を下げて詫びた。村人の見送る中、ダコタは無事に佐渡を飛び立っていった。, ロケーション撮影は実際の現場である佐渡が選ばれ、地元住民もエキストラで出演している。, 撮影には実機のC-47輸送機(DC-3の軍用モデル。通称「スカイトレイン」(Skytrain))が使用された。機体の来歴は1944年8月にダグラス社がアメリカ陸軍航空軍(USAAF)の依頼でC-47(c/n14317/25762)として製造し機体記号43-48501として第二次世界大戦に投入され、戦後はアメリカ空軍で使用、後に予備役となった。1965年8月 FC-47(後にAC-47へと改称、通称「スプーキー」(Spooky、幽霊)), に改造されベトナム戦争へ。その後ベトナム軍、ラオス空軍を経て、1968年5月にタイ王国空軍 L2-32/11(垂直尾翼のみL2-41/18)となり、1986年まで現役であった。使用可能なパーツが剥ぎ取られた状態でロッブリー空軍基地に保管されていたが、2007年の競売で、タイのナコンパトムにあるTNP社に払い下げられた。2011年10月にハイビジョン映像社が購入し、現地で分解され、6本の40フィートコンテナにつめられ11月中旬にタイから東京、新潟を経由して佐渡まで船で運ばれ12月6日に到着した。購入時の機体探しから分解そして組立までは、山本賢吾(写真家、DC-3関連書籍の著者でもある)が担当し、組立時にはマーク・ボゴースト(アメリカ、パイロット、オーナー、整備士)の応援もあった。[1], 史実の機体であるイギリス空軍 の要人輸送機 ダグラス DC-3 C-47A-50DL “SISTER ANN” C/N10028 FL510の塗装が再現された。機体は撮影終了後、オークションにかけられたものの成立はせず、別途興味を抱いた会社により購入され、浜名湖の湖畔にある浜名湖グラウンド・ゴルフパークの敷地内に屋外展示されている。, 史実の機体は、佐渡を飛び立った後はフランス空軍や民間航空会社で輸送機として使われた後、個人オーナーが買い取りアメリカのエイボン・パーク・エグゼクティブ空港で保管されている。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=飛べ!ダコタ&oldid=78839550, 石坂智惠美『飛べ!ダコタ 銀翼の渡り鳥』東邦出版、2013年 - 本作のノベライズ。. 映画は、新潟県・佐渡島の寒村に不時着したイギリス軍輸送機、愛称「ダコタ」を、村民が一丸となって救援し、無事帰還させるまでを描いたもので、まさに佐渡島民と英軍兵士の“絆”と“再生”の物語だ。映画完成までには3年の歳月がかかり、途中紆余(うよ)曲折を繰り返したが、エキストラ出演、裏方支援など約3千人の島民が協力を惜しまなかった。佐渡島民の協力なくしては完成しなかった「佐渡ん人間(さどんもん)」の映画だともいえる。, 第2次世界大戦の終結から5カ月しかたっていない1946年(昭和21年)1月14日、英軍輸送機「ダコタ」が、佐渡島の小さな村(佐渡郡高千村)に不時着する。敵国だった英軍機の予期せぬ出現に、島民たちは戸惑い、困惑する。, しかし、佐渡島は古くは順徳天皇、日蓮上人らの島流しから、流人(江戸時代の犯罪者)までを受け入れてきた土地柄だけに、村民たちは「困った人間を助けるのが、“佐渡ん人間”の精神だ」として、村総出で「ダコタ」の救出に協力する。実話では「ノタ」と呼ばれ強烈な暴風を避けるために、島民たちが輸送機を綱で引き揚げ、最後は約40日かけ海岸に石を敷き詰めて約500メートルの滑走路を作り、無事に離陸させことに成功する。, 当時、滑走路づくりに協力した70代、80代の村民が現在でも現場近くで生活している。にもかかわらず、こんな美談が今までなぜ表に出なかったのか。その背景には、出来事が終戦直後の混乱期だったこと、不時着した「ダコタ」機と佐渡から出兵した日本兵との間に不思議な因縁があったためだ。, 不時着した英軍輸送機は、第2次世界大戦中、「SISTER ANN」と呼ばれる要人専用機で、英国の東南アジア地域連合軍(SEAC) 総司令官としてビルマ戦線で日本軍と戦い、最後は勝利して「ビルマのマウントバッテン」と呼ばれるようになったルイス・マウントバッテン伯爵が、使用していた特別機であった。, 不時着時に、同伯爵はもちろん搭乗していなかったが、上海の英国総領事が東京での連合国会議に出席するために乗っていた。輸送機は、海岸に3回バウンドし、危うく近くの岩礁に追突しそうになったが、船止めに引っかかって助かったという。, 機種は、ダグラス・エアクラフト社の商用輸送「DC-3」の軍用量産機で「C-47」。大戦中、長距離輸送機として活躍した。実は、不時着機は、いまでも米国人オーナーによってフロリダ州エーボン・パーク空港の格納庫に保存されている。しかし、個人所有のため、同機を撮影に使うことはできなかった。, このため、撮影スタッフが世界中を探し回った結果、タイに現存する「ダコタ」を見つけ出し、分解して佐渡に移送し、撮影にフル活用した。全長20メートル、両翼30メートル、重さ6トンの機体の存在感は圧倒的だ。撮影現場となった佐渡の素浜海岸に「ダコタ」機は今でも置かれている。, 制作進行(現地コーディネーター)を担当した地元・佐渡出身の渡辺啓嗣さん(32)によると、「不時着時、まだ海外戦地から日本兵はほとんど帰還しておらず、島には年寄りと子供と女性ばかりが残っていたため」で、戦後、この秘話を語り継ぐ者もほとんどいなかったのではないかという。, もう1つの理由を、渡辺さんは「戦争で亡くなった方もいたり、この事件の後に引き揚げてきた方も少なくない。戦地で部下を殺された人もいる。この出来事を素直に“良いことをした”と言える時代ではなかった」と解説する。, 映画の中で、窪田正孝さんが演じる海軍兵学校出身の木村健一が、憎悪の炎を燃えたぎらせて、「ダコタ」に火を放とうとする重要なシーンがある。その理由は、ビルマ戦線における親友の戦死報告が届くのと同時に、健一が「ダコタ」こそビルマ戦線における英軍の要人専用機であったことを知ったからに他ならない。, また、英国兵たちが約40日間、投宿した高千村の「服部旅館」経営者は、高千村村長でもあった。女優・比嘉さんが演じたヒロイン森本千世子のモデルとなったのは、「服部旅館」の3女である、梶井千代子さん。現在87歳でお元気だそうだ。, しかし、渡辺氏によると、当初、服部旅館の梶井さんら親戚の方に撮影の協力を要請したところ「長男の方が戦地で部下を戦死させているので、気が進まない」との返事があったという。戦争の記憶は簡単に消えるものではないが、その後撮影には大変協力してくれたという。, 表に出る直接のきっかけとなったのは、3年前、「ダコタ」を無事離陸させるため米軍基地から派遣されていた米人整備員の子息が、佐渡を訪問、「父が佐渡で世話になり、ぜひ1度佐渡に行きたいと言いながら亡くなった」ことを関係者に告げたことだった。, 2012年2月から13年1月まで、佐渡島での全編オール・ロケを敢行したが、撮影は紆余曲折を経た。制作費用も約2億円。島内だけで調達するのは難しく、製作費を抑えるため、スタッフは当時使われていた小物や着物などの収集に奔走した。また、地元企業の社員寮を安く借り切るなどして準備を進めた。まさに手弁当だった。, 特に、海岸に埋める滑走路用の石については、佐渡島の海岸のほとんどが国定公園であり、近くの海岸の石を使用できず、本土から運ぶにしても莫大な費用がかかることが判明した。このため、島民の皆さんにお願いして、新聞紙を粘土状にして石を作成することになった。目標数は1万5千個。近郊の児童生徒や、村の女性たちの協力を得て作成したが、濡れた新聞紙の塊を乾燥させるのは至難の業。渡辺さんによると、「試行錯誤の結果、近くのシイタケ栽培農家で使用している乾燥機を借用し、何とか模造石を乾燥させ、撮影に間に合わせることができた」という。, ところが、撮影のために海岸に模造石を設置したものの、悪天候で肝心の石が波にさらわれてしまった。渡辺さんは「模造石作りに協力した人から『どうだったか』と聞かれたが、流されたとはいえずに本当に苦しい思いをした。スタッフ総出で、さらわれた石を救出し、残った石を使って何とか撮影できました」という。, クライマックスの「ダコタ」離陸撮影シーンでは、村民を中心に島内外の約300人のエキストラが集まった。撮影全体にかかわったエキストラ、裏方、石の制作などの協力者は3,000人に及ぶ。まさに「佐渡ん人間」の根性を見せつけた、全島協力の映画だといえる。関係者は、「ダコタ」の不時着の時と同じように、「名もなきおばちゃんや女性たちの協力がなければ映画はできなかった」と評している。もちろん地元紙・新潟日報の高橋道映社長も応援、日英交流400年を飾るにふさわしいイベントとなった。, 実話の現場・高千村は、木下順二の劇作「夕鶴」の原作の舞台となったところでもある。そんなこともあって、当初、映画のために提供された資料のタイトルは「舞い降りた夕鶴は、いかにして飛び立っていったか」というようなものだったという。, 「奇跡のドキュメンタリー」のキャスト陣は、主役の比嘉さんをはじめ、村長役を務めた名優の柄本明さん、ベンガルさん、芳元美代子さんら個性豊かな顔ぶれ。まさに映画『飛べ! あらすじ. 羽茂町への通勤率は13.1%(平成12年国勢調査)。 商 号: 株式会社 佐渡島: 創 業: 1876年(明治9年)6月: 設 立: 1937年(昭和12年) 12月21日: 資本金: 資本金4億円 (自己資本117億円 令和2年3月現在) 小木町(おぎまち)は、かつて新潟県佐渡郡におかれていた行政区である。両津と並ぶ佐渡の玄関口でり、相川と並ぶ佐渡観光の拠点であった。2004年の合併により、現在は佐渡市の一部である。, 佐渡の最南端、小木半島がかつての町域である。小佐渡丘陵の一部だが、丘陵はこのあたりでは標高が低い。海岸線は入り組み、岩が多いが、変化に富む景勝地である。佐渡弥彦米山国定公園の一部である。, 南東側の佐渡小木海岸の東端に小木港があり、そこが旧町の中心であり、佐渡のいっぽうの玄関口として発展した。小木港には「内の澗」と「外の澗」があり、海に突き出る城山で区切られている。内の澗は弁天崎と城山に囲まれた湾入部で、小木漁港として使われる。外の澗は、城山の東で外に開け、佐渡汽船のフェリーやジェットフォイルと、観光船が発着する小木港である。, 農業就業人口は31%に低下したが、21世紀初めの農家人口率はなお47%とする。米作のほか、柿、大豆、野菜の栽培が主である。漁業ではブリ、サザエなどの近海操業が中心である。「たらい舟」は観光の対象ともなり、小木を象徴する風物としてTV番組などにも取り上げられる。, 佐渡の南の玄関口としての利便もあり、千石船の出入りした江戸時代の港町(宿根木)の遺産と展示、海岸の景勝を資源とする観光業が盛んである。, 合併後の2013年度末に小木中学校が隣接する旧羽茂町の羽茂中学校と統合したことに伴い、旧町域から中学校がなくなった[2]。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=小木町_(新潟県)&oldid=79696223. 小木町(おぎまち)は、かつて新潟県 佐渡郡におかれていた行政区である。 両津と並ぶ佐渡の玄関口でり、相川と並ぶ佐渡観光の拠点であった。 2004年の合併により、現在は佐渡市の一部である。. 島嶼:佐渡島; 沿革. 佐渡のホテル人気ランキングをご紹介!気になる宿の格安宿泊プランをチェックしてお得に予約しよう!トラベルコなら、楽天トラベル、jtb、るるぶトラベル、一休、近畿日本ツーリストなど人気宿泊予約サイトの最安値プランをまとめて検索できます。 ダコタ』だ。. 映画「飛べ!ダコタ」の舞台となった地・高千村に建つ英国機着陸記念塔。─佐渡のおすすめスポット・グルメ・お土産情報など佐渡の観光情報が満載の『勝手に佐渡観光情報サイト・佐渡にこいっちゃ』 … 終戦から5か月後の1946年1月14日。佐渡島の高千村の海岸に飛行機が不時着した。 その飛行機は上海総領事とその秘書を乗せて東京に向かう途中、エンジントラブルで緊急着陸したイギリス空軍の輸送機「ダコタ」だった。 村人たちは英語教師を通訳にして何とか意思疎通を図る。