日・祝 17:00~20:30(L.O.

{"t": "register", "content": { "id": "4ed8", "site": "toranoana.jp" }}, 戦争終結までの約13,000回の出撃で8機のF-16がイラク側の対空兵器で撃ち落とされた。平均して1,636回の出撃で1機という出撃回数に対する被撃墜率は、低高度攻撃を主な任務としていたトーネードや、本来想定されていない戦線後方への航空阻止に投入された結果大きな損害を被ったA-10に比べて低かったが、機数と出撃回数の多さから損失数はトーネードの12機の次に多かった[55]。, 1992年11月27日にベネズエラで発生した、ウゴ・チャベスのクーデターでは、当時のベネズエラ政府側についた部隊のF-16が、2機のOV-10と1機のAT-27を撃墜した[56][57]。, サザン・ウォッチ作戦においてアメリカ軍のF-16は1992年12月にイラク南部でMiG-25、1993年1月にイラク北部でMiG-23を、視界外交戦能力を持つAIM-120により撃墜した[58][59]。, キプロス島の領有権を巡り対立関係にあるギリシャとトルコの間では、1960年代から偶発的な空中戦がたびたび発生しており、1996年10月10日にギリシャのミラージュ2000がトルコ空軍のF-16Dを撃墜したが、トルコ政府がこの事件を公表するまでギリシャは事件の発生を公式に認めていなかった[60][61]。, 中東での作戦と平行し、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争において1994年にセルビア空軍機との交戦と防空施設への攻撃に投入された。, コソボ紛争末期にNATO軍が本格的な介入を行ったアライド・フォース作戦では、MiG-29と交戦し、1999年3月24日にオランダ空軍のF-16AM、5月4日にアメリカ空軍のF-16CJがそれぞれ1機ずつを撃墜した[58][62]。, 2001年のアメリカ軍を中心とした多国籍軍のアフガニスタン侵攻や2003年のイラク戦争に投入された際の攻撃の多くはレーザー誘導爆弾やJDAMといった精密誘導兵器やHARMといったスタンドオフ兵器による対地攻撃だった[63]。, 2006年5月23日にはギリシャとトルコのF-16が空中衝突によって失われた[64]。, 2006年11月27日、地上部隊の戦闘支援中の米軍所属機がバグダード北西30km付近で墜落した[65]。同年8月31日、オランダ軍のF-16がアフガニスタン南部で墜落した[66]。, 2011年リビア内戦におけるオデッセイの夜明け作戦においてギリシャ、イタリア、アラブ首長国連邦のF-16は初めての実戦参加となった。, 2014年12月24日、生来の決意作戦における空爆に参加していたヨルダン軍所属機が墜落した[67]。, 2015年11月24日、シリアとトルコの国境付近においてトルコ領空を侵犯したとして、トルコ空軍のF-16が、シリアでの空爆作戦に参加していたロシア航空宇宙軍所属のSu-24を撃墜した[68]。, 1992年1月23日、三沢基地所属の5機がハワイへ移動中に東京から約1166km沖合でKC-135から空中給油を受けたが、ジョン・ドーランが搭乗する機体がKC-135と接触し制御不能となったため緊急脱出した。ドーランは5時間漂流していたところ海上自衛隊のUS-1Aに発見され救助された。ドーランは後に中将へ昇進し在日米軍司令官となっている[69]。, 2003年 9月14日、アメリカ合衆国アイダホ州のマウンテンホーム基地で行われたエアショーにおいて、離陸直後のサンダーバーズ所属機が墜落する事故が起き、パイロットが負傷した。, 2009年9月13日、1機のイスラエル空軍所属F-16Aがヘブロン上空での練習飛行中に爆発し、パイロット1名が死亡した[70]。このパイロットはF-16初の実戦であるバビロン作戦に参加し、コロンビア号空中分解事故で死亡したイラン・ラモーンの長男だった[70]。, 2011年2月14日、多国間共同訓練コブラ・ゴールド11参加中のタイ王国空軍所属2機が空中で接触し、2機共に墜落した。脱出したパイロットは2名とも無事だった[71]。, F-16は生産数の多さから同一マイナーコード中でも生産ブロックにより相当に仕様が異なるため、多様な派生型を持つ。, ポーランド空軍のF-16D Block 52アドバンスド。機体上部のドーサルスパインにより機体形状が大幅に変わっている, 敵対国中枢部へのディープストライクも可能となったF-16I スーファ。機体上部の丸みを帯びたコブはコンフォーマル・フューエル・タンクとなっている, この計画に対して、グリペンやミラージュ2000、Su-27、F/A-18なども売り込まれたが、2001年にF-16C/D Block 50アドバンスドの採用を決定、「ピース・ピューマ」として2006年から10機(C型:6機 D型:4機)が引き渡された。しかし、ミラージュ5/50を更新するには機数が足りないため、2005年にオランダから中古のF-16AM/BM18機(AM型:11機 BM型:7機)をピース・アムステルIとして購入し、2009年のピース・アムステルIIでさらに18機のF-16AMを追加した[163][164][165][166]。, 1978年8月15日にF-16を導入する事を公表したが、当初公表されたのはイラン向けに製造が始まっていたBlock 10 75機(A型:67機 B型:8機、内A型18機とB型全機はBlock 5からの改修機)のみで、採用理由は、イラン向けの機体がキャンセルされたため早期に機体を受け取る事ができるためとしており、第二次発注分である75機(後述)の存在は隠匿されていた。このピース・マーブルIでの機体引き渡しは1980年から開始されたが、バビロン作戦で2週間、レバノン侵攻で11ヶ月の禁輸措置を受けた。ピース・マーブルIで導入されたF-16A/Bは最初に第117飛行隊[182]、続いて第110飛行隊[183]に配備され、後述のバビロン作戦の後、3番目の飛行隊として第140飛行隊にも配備されたと見られる[184]。, F-16の導入は、既に作戦立案が始まっていたバビロン作戦にも影響を与え、コンフォーマル・フューエル・タンクを装備したF-15による原子炉への攻撃は、原子炉攻撃を受け持つF-16と護衛のF-15で編成されたストライクパッケージによる攻撃に変更された[185]。, 1986年から始まったピース・マーブルIIでBlock 30が75機(C型:51機 D型:24機)導入された。導入されたBlock 30 C型は第117飛行隊[182]、第110飛行隊[183]に配備され、Block 30 D型は第101飛行隊に配備された[186]。この更新に伴い、第117飛行隊と第110飛行隊に配備されていたF-16A/Bは第253飛行隊[187]、第140飛行隊に移管された[188]。, ラビの開発中止により発注されたピース・マーブルIIIでは、1991年から93年に掛けてBlock 40が60機(C型:30機 D型:30機)が引き渡された[178]。Block 40 C型/D型は第101飛行隊[186]と第105飛行隊[189]に配備され、第101飛行隊のBlock 30 D型は第109飛行隊に移管された[190]。, 1994年のピース・マーブルIVでは湾岸戦争時にイラクのスカッド攻撃に対して反撃を行わなかった見返りとして、アメリカ空軍で余剰化したBlock 1/5/10が計50機(A型:36機 B型:14機)引き渡された[191][192][193]。ピース・マーブルIVによって増加したF-16A/Bを運用するため、第116飛行隊[194]、第144飛行隊[195]の2個飛行隊がF-16A/Bを運用する飛行隊として追加編成された。, 敵国中枢部への攻撃能力向上を目的とした航空機選定でロッキードが提案したF-16ESは、F-15Eのイスラエル仕様であるF-15Iに敗北したが、1999年の発注では再びF-16が選定された。このピース・マーブルVで導入されたF-16IはBlock 52アドバンスドの複座型で、当初は50機の正式採用に加え、50機のオプション契約であったが、オプション契約分も正式に発注された[178]。導入された最初の50機は第253飛行隊[196][197]、第119飛行隊[198]に配備され、追加導入された52機は第107飛行隊[199]、第201飛行隊[200]に配備された。, 2005年に第144飛行隊が解散となったが、運用していたF-16Aは再編成された第115飛行隊に移管され、第115飛行隊は同国空軍初のアグレッサー部隊としての活動を開始した[201]。, 2013年頃からイスラエル軍の軍事費削減計画の一環としてF-16A/B系列の段階的な運用停止が始まり、F-16A/Bの運用を続けていた第116飛行隊は第140飛行隊に合流し、2015年には第140飛行隊も活動停止した。なお、2017年以降、第116飛行隊・第140飛行隊はF-35I "Adir"を運用する飛行隊として再編されると報じられている[202]。, 2016年の終わりにはアグレッサー部隊としてF-16Aの運用を続けていた第115飛行隊も同機の運用を停止し、2017年4月からF-16Cへの更新を行っている[203]。, 2010年にはBlock 52アドバンスドを20機発注している[206]が、2013年に発生したクーデターの影響で輸出停止処置を受け、6機が引き渡されているのみとなっていた[207][208]。これは2015年3月31日に解除された[209]。, 2006年、台湾は売却を拒否されたF-35の代わりにF-16C/D 66機の追加購入を発表したが[216]、中国の反発を受けて棚上げにされた。2012年にアメリカ政府は中国の軍備増強を踏まえ、台湾へのF-16C/Dの売却を「真剣に検討する」とし[217]、2019年8月にようやくF-16V 66機の売却へ実現へ向けて具体的な動きが見られた[218]。2020年8月14日、66機の売却について正式に調印したことが発表された[219]。, 2011年、アメリカ政府はF-16C/D 66機の売却拒否の代替として、F-16A/B Block 20をV型仕様に改修するためのAESAレーダー(後にAN/APG-83SABRに決定)、新型ミッションコンピューター、電子戦管理システム、戦術データリンク端末、JHMCSなどの部品を売却する方針を連邦議会に通告した。2015年10月にF-16A Block 20を改修したV型仕様1号機が初飛行した[220]。台湾空軍はこの近代化改修計画を「鳳展」と命名、2017年から台湾の改修工場において本格的な改修作業を開始し、2022年に保有するBlock 20全機(A型:115機 B型:28機)の改修を完了する計画である[221]。台湾空軍は144機のF-16A/Bを擁しており、当初の2機はロッキード・マーティンが改修を施し、残りの142機は2022年までに漢翔航空工業によってF-16Vに近代化改修されることになっている[222]。, アメリカからの援助による防空システムの近代化の一環として、1981年12月に導入が決定し、防空システムの近代化が終了した1986年2月からピース・ブリッジIとしてBlock 32 40機(C型:30機 D型:10機)の引き渡しが行われた[223][224]。なお、この分を韓国ではF-16PBと呼び、2012年から2016年にかけて30機にリンク16、AIM-12、JDAMなどを搭載する改修を実施した[225]。また、敵味方識別装置モード5、リンク16の更新等の販売承認がされ、今後、改修見込み[226]。, 1989年のKFP I(韓国戦闘機計画 I)選定では、韓国国内でのライセンス生産を前提としてF/A-18C/Dを選定したが、アメリカ側が難色を示した事と韓国の経済情勢から白紙化され、1994年にKF-16が選定された。このピース・ブリッジIIで導入された120機(C型:80機 D型:40機)のうち12機がロッキード・マーティン製、36機がノックダウン生産機、72機がライセンス生産機で、2000年にピース・ブリッジIIIとして契約されたKFP II(韓国戦闘機計画 II)で、さらに20機(C型:14機 D型:6機)がライセンス生産された[227]。, 保有するKF-16 134機(C型:90機 D型:44機)については、AESAレーダーへの変更などの近代化改修を行うこととなり、2012年7月にBAEシステムズを選定[228]したが、米国のFMSの仕組みを通さずに見積もり行為を行っていたことから、FMS契約を通す際に米国政府の判断が入り改修費用の増加が発生[229]。当初見積もりより改修費用が増大したことから、2014年11月7日に契約を解除[230]、2015年12月16日に契約企業をロッキード・マーティンに変更した[231]。, 同年7月のイラクのクウェート侵攻で始まった湾岸戦争に、導入されたばかりのF-16も実戦参加を行ったが、この作戦行動には、アメリカ空軍退役後バーレーン空軍の指導を行っていた人物が、アメリカ大使館関係者から「国務省が(アメリカの法律違反に対する)調査の準備を行っている」という警告を受けるまで、バーレーン空軍のパイロットとして参加していた[235]。, 湾岸戦争終結後に保有するF-5の置き換えにF(TF)-16Nの斡旋を受けたが、実戦投入可能な状態するには手間がかかる状態であったため、1998年に新造機の導入を決定し、2000年から引き渡しが行われた。同国が保有するF-16はすべてBlock 40で、1990年のピース・クラウンIではC型8機とD型4機が、ピース・クラウンIIではC型10機が引き渡された[234]。 window.dataLayer = window.dataLayer || []; pagingLineSize : 3, /*]]>*/ 映像・画像の制作に便利なアスペクト比16:9の解像度一覧表と、任意の数値から縦:横の解像度を算出できるツールを用意しました。16:9 解像度算出ツールWidthまたはHeight欄に任意の数値を入力すると、16:9の比率に対応した数値が反対 urlCategoryCode: null, function gtag(){dataLayer.push(arguments);} No reproduction or republication without written permission. apiContext: "\/ec", ぜひ、お気に入りの地酒を探してみてください。, こくのある(しっかりとした)味《醤油味・タルタル・チーズなど(唐揚げ、焼き肉、すき焼き、酢豚、チーズ )》. 該当のエリア・駅が見つかりませんでした。入力内容を変更して、再度検索してください。, このお店は休業期間が未確定、移転・閉店の事実確認が出来ないなど、店舗の運営状況の確認が出来ておらず、掲載保留しております。店舗の掲載情報に関して, 夜の予算

window.appier_q.push(