登校拒否(不登校)になる子供の親にはいくつかの特徴や家庭環境があります。 どんな特徴や家庭環境だと思いますか? 登校拒否という言葉のイメージからヤンキーな親? それとも厳格すぎる親?母子家庭?色々なパターンや家庭環境、特徴を想像すると思います。 kaiketsu@futoko-7. うちはまだ不登校になり始めて3ヶ月。少しずつ安定してきてはいますが、少しの嫌な出来事(兄弟げんかや私とのやり取りなど)で感情がガクッと落ち込んだり、ふさぎこんだりしていて、まだ自分で動けるような状態ではないように感じています。そんな状態で引っ越しのことを考えさせることがはたしてプラスになるか‥ → 不登校に対する親の対応と接し方【完全版】 日中は仕事でいなかったり、仕事が忙しく夜帰るのが遅い、週6で仕事に行くなど子供と接する時間が取れないとなかなかその変化に気づきにくくなります。 家族仲がどんどんギスギスしてしまいます。, おどすつもりは決してありませんが、これでは、お子さんはなかなか「不登校の次」に進めませんし、親も苦しくなってしまいます。, 先述のとおり、お子さんは親に対して「複雑な気持ち」を持っていて、自分でもうまく表現できません。, その上で、お子さんが「そばにいてほしい」と願うときは、「いきなり退職」ではなく、早退したり、時短勤務にしたり、異動したり、一部を在宅勤務にしたりといった手段が取れないか、職場に相談することをお勧めします。, 「お子さんの複雑な気持ち」の理解が難しければ、カウンセラーや相談機関の利用をお勧めします(キズキ共育塾も無料相談を受け付けています)。, とは言え、自分が仕事をしているときにお子さんが家で一人になってしまうのは不安でしょう。, また、お子さんとしても家で一人っきりではさみしいですし、不登校の「次」に向けた準備も必要です。, そこでは、お子さんと一緒にご飯を食べる人や、一緒に趣味の話をする人や、勉強を教える人がいます。, そういう、家でも学校でもない「第三の居場所」をうまく利用できれば、お子さんは孤独感を感じることなく、「今日は楽しかったな」「そろそろ次のことを考えようかな」と前向きな気持ちを持てるようになります。, 送迎が難しかったり、近くにそういう場所がなかったり、行ってみた団体がお子さんに合わなかったりしたときは、オンラインで話ができるサービスもあります。, 不登校のお子さんのために、「仕事を辞めて面倒を見た方がいいのだろうか」とお思いでしょう。, しかし、実際に仕事を辞めると、お子さんは嬉しい反面、 子どもが不登校になったら親は仕事を辞めるべき? 子どもが不登校になっても「お母さん」は幸せです. 二人ともいじめはないと思っています。 「感謝」と同時に、「罪悪感」や「自分でも、母にどうしてほしいのかわからない気持ち」などが入り混じっていた, 「親が働いていると寂しいこともある反面、自分のために仕事に支障があると申しわけなく思う」, 早退したり、時短勤務にしたり、異動したり、一部を在宅勤務にしたりといった手段が取れないか、職場に相談する, 不登校の息子が本音を話せる場所と出会い、母親の私も助けられました(国際基督教大学・慶應義塾大学合格), キズキ共育塾〜不登校・中退・ひきこもり・再受験などもう一度勉強したい人の個別指導塾〜. 引っ越しをして、体調や肌が治りました。 一見、学校での人... 中学生は高校受験を控えているため、不登校が長引いてしまうと、勉強に遅れが出てしまうことが特に心配になります。 と振り返っています。, 私はそんな母の対応が嬉しかったのですが、一方で母が無理をしている様子も見てとれました。, 「私が仕事をしてなかったらもっと彩の相談に乗れて、彩は不登校になるまで悩まなかったんじゃないか…」と親戚に悩みを打ち明ける姿。, そんな母を見て、 犬の散歩をしたり、頑張りすぎた中学の頃より穏やかに過ごしています。, 娘が大学に進学後に、下の子と戻ろうと思います。 不登校の対策・対応・克服法, 子供が急に不登校となった場合、親としては心配になってしまうのは当然と言えますが、仕事がある場合どう対応していけばよいのか悩むところではないでしょうか。, 最近では、共働きの家庭も多くまたシングルマザー、シングルファーザー家庭も少なくないことから、本来であれば子供に寄り添っていきたいところですが生活面でそうもいかないこともあると言えるでしょう。, 特に、片親の場合には仕事があるため子供が不登校になってもなかなか一緒にいられなくなるため、中には子供の不登校のために仕事を辞める選択をする親も少なくないとされています。, では、子供が不登校になった場合、仕事を辞めてそばにいて子供に寄り添ってあげた方が良いのでしょうか。, 共働きでもシングルでも、親が仕事をしていて子供が不登校となった場合、子供は不登校で家にいることが多くなってしまうため、親として家にいる間何をしているのか、寂しくないのか気になってしまうことでしょう。, できることなら、気持ち的には仕事を放り投げてそばにいてあげたいけれど、どうしてもそういうわけにはいかないという親御さんもいると思われます。, また、子供が不登校となったのは親である自分たちが共働きでそばにいて欲しいときにそばにいられず寂しい思いをさせてしまったからではと思われる人もいるかもしれません。, ただ、実際に子供の不登校のために親が仕事を辞めて寄り添ってあげるのは本当に良い事なのでしょうか。, 結論から言いますと、子供が不登校になったからと、そのために仕事を辞めたり変えたりするのは、少し待った方が良いと言えます。, 確かに、子供が不登校となった場合親が仕事をしているとそばにいられる時間がないために不安や心配が募るばかりだと思われますので、だからこそ仕事を辞めたり変えたりしてでも子供と一緒にいた方が良いと思うのは親の気持ちとしても当然と考えることもあるでしょう。, しかし、子供自体は本当に親が仕事を辞めて自分に寄り添ってくれることを望んでいるのでしょうか。, 逆に自分の不登校のために親が仕事を辞めたり変えたりすることが、子供にとって負担やプレッシャーとなってしまうこともあると言えます。, このまま社会に適応できない子になってしまうのでは、と心配担ったり不安なるのは当たり前ですが、勝手に判断して仕事を辞めるのではなく、まずは子供の意思を聞いてみるのが良いでしょう。, 子供自身が不登校となり不安を感じてそばにいて欲しいという場合、仕事を辞めることが出来れば辞めてみるのも良いですし、それができない場合にはもっと子供と一緒にいられる仕事に転職してみるのも良いかもしれません。, 子供の考えや気持ちを放り出したまま親が勝手な判断をするのは好ましくないと言えます。, 子供だからちゃんとした判断ができないと決めつけるのは良くありませんので、親子で一緒に考えながら仕事をどうするのか決断してみてはいかがでしょうか。, 不登校, 仕事, 親 3.1 【高校生の不登校の対策その1】 学校を休ませる; 3.2 【高校生の不登校の対策その2】 不登校の理由を聞かない といった悩みについてのアドバイスをお伝えします。, 「不登校のお子さんの親」と「仕事をする個人」という両方の立場を持つあなたの気持ちが少しでも軽くなればと思っています。, 「小学生の娘が不登校になりました。 不登校のお子さんをお持ちで、仕事をしている親には、 オンライン親の会『miraicafé』毎月開催中!詳細&参加方法は⇒こちらのページをご覧ください。, 1006 家に一人でいると、学校でつらかったことを思い出してしんどいかもしれません…。 そんな時に... 不登校というと、マイナスイメージにとられやすい傾向にあるのは否定できません。 「まだ小学生の子どもが苦しんでいるときに、楽しむことなんてできない」 ALL rights reserved. 高校進学は不登校を克服す... 高校生が不登校になってしまった場合に、解決を手助けする方法のひとつとして、専門家のカウンセリングがあげられます。 「でも、ひとりで家にいるのは寂しい…」, 母への思いには、「感謝」と同時に、「罪悪感」や「自分でも、母にどうしてほしいのかわからない気持ち」などが入り混じっていたのです。, つまり、不登校の私たちは、親に対して 娘さんと一緒に決めて、納得して決めた引っ越しだからこそうまくいったのかもしれませんね。子ども本人の意思で‥すごく大事だと思いました。私も自然に囲まれた生活は好きです。山や川、田畑が近くにあり、それを身近に感じながら生活できたら嫌なことなんて忘れてしまうんじゃないかと思います。 本人に聞いてみるのが一番ですね。うちも長男(小6)を追うように次男(小3)も不登校になっています。 「子どもは、不登校になる前も不登校になった今も、苦しんでいる。 引っ越しをしたからといってそこに絶対住み続ける必要もないし 中学生で不登校になった場... 高校生が不登校になった場合、親はその原因や解決策を知ろうとして話し合いたいと思いますが、上手くいかない場合が多いようです。 カウンセリングは、不... 不登校でずっと閉じこもってばかりいる我が子に、何とか外界に触れさせたいと思う親は多いと思われます。 家計に対する過剰な気遣い、 ハルさん. お引越しのことあまりアドバイスできずすみません汗。, 子どもの気持ちがわからない自分との葛藤。不登校は自分の人生を見つめなおすきっかけでもあった 【不登校生の保護者インタビュー第9弾】, 娘とぶつかり死も覚悟した。彼女の生き方について今思う事【不登校生の保護者インタビュー第6弾】. 長男はまだ不安定で聞けてません。 schedule2020.9.21 14:44, コロナ休校明けから立て続けに3年生と6年生の息子が不登校になりました。 子供が不登校になる事は心配ですが、それを抱える家庭の事情も色々あるものです。親が共働きで仕事をしている場合、どう対応すれば良いのでしょうか。子供が不登校!親の仕事はどうする?子供が急に不登校となった場合、親としては心配になってしまうのは当然 不登校の間に、犬や猫を飼うのはどう... (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}). 「小学生の娘が不登校になりました。 家に一人でいると、学校でつらかったことを思い出してしんどいかもしれません…。 仕事を辞めて、娘と一緒に過ごした方がいいんでしょうか?」 「中学生の息子が不登校になりました。 私が仕事で家にいない間、息子は無事に過ごせているのでしょうか? 一人で外出して、事故や事件に巻き込まれてしまわないか心配です。 仕事を辞めて、家でケアした方がいいんでしょうか…?」 このよう … と不安や罪悪感でいっぱいになりました。, 「お母さんが自分のことを思ってくれて嬉しい」 でも元気だった次女の方が二学期のスタートで立て直すことを考えてたみたいで「転校生と仲良くなった!」と。嬉しかったです。子供は考えたりしてたんだなあ。それからはみるみる次女は元気に、長女はまだまだゆっくりペースだったんですが私は受容しゆっくりでいいかなって思ったら次女が「私も頑張ったんだからもう少しいけるでしょ!ずるい」と痛烈な言葉汗。  6 「親として子どもにどう接したらよいのか?」 うちは中学2年の娘が6年生の3学期に不登校になり、入学後2週間通いましたが無理な思いを感じすぐ学校カウンセリングを受け紹介してもらった適応教室にゴールデンウィーク明けからはじめは週1から現在は週4笑顔や食欲もすっかり回復し、母校にはテストや担任の顔をみるのに自ら行けるくらい回復しました。   中2の娘が元気になる過程の途中2歳下の娘も一時的に不登校になりました。2人もとなると焦りました。さらに下に2歳児もいたため涙。苦しかった。  自分が仕事辞めて世話をした方がいいんだろうか」 私が仕事で家にいない間、息子は無事に過ごせているのでしょうか? いじめや人間関係で苦しみ不登校やひきこもりの方とそういったお子さんとどう接したら良いのか悩んでいる親御さんのお役に立てればと思い不登校になる原因や対応方法などの情報を発信させていただきます。, 2018/6/18 しかし、人生経験として悪くないという考え方ができ... 一口に不登校といっても様々なタイプがあるとされています。 3.1 【高校生の不登校の対策その1】 学校を休ませる; 3.2 【高校生の不登校の対策その2】 不登校の理由を聞かない 最も大切な前提となるのは「母子家庭と不登校という因果関係はこの際一切考えず、母子家庭という環境下で不登校の子供がいる場合にどうすべきかを考えるほうが大切」ということ。. いい意味で、ふらふらと家族がそれぞれ生きていけばいいかなと今は思ってます。, 下の子は昨日も友達のお父さんに温泉に連れて行ってもらったり、もうこっちの生活楽しんでます。 親は「あなたのために仕事を辞めたのに!」と思い、 10月から夫が異動って聞いてビクッとしましたが引っ越しはなかったんです。でも、もし?て考えたりしてました。 自宅で好きなゲームをしたり、プラモデル制作をしたりして少しずつ安定してきました。長男はまだまだ学校生活に戻るイメージはつかず、自宅学習はできていません。特に長男は我慢の期間が長かった分、長期戦を覚悟しています。   今の私の不安な気持ちと子どもの思いを夫に伝えてみようと思います。, 引っ越しを選択肢に入れられることは、どの家庭もできることではないと思うのでメリットかなと思います。, 引っ越し先は、娘と旅をして娘の意思で決めました。 小学生の不登校の代表的な原因、気をつけたいポイント、家での過ごし方、勉強再開時の注意点などについて解説します, クラス替えや授業内容の難化などによって、それまでは適応していた環境が変化したことで不登校になることもあります, 小学生に限らず、不登校のお子さんについて、お子さんと親御さん自身のためになる、3つの心構えを紹介します, 不登校になった原因は解決しないままでも、「次の一歩」に進めることは珍しくありません, 不登校になった原因を追究・解決したいお気持ちはわかりますが、不登校の「次の一歩」に進むためには、絶対に必要なことではありません, 原因については、そもそも追求・解決すべきかどうかということも含めて、次項の専門家を頼ってください, 「まずは自分だけで」「子どもだけで」と思うなら、親だけ・子どもだけの相談にも対応しているところを探してみましょう, 親子とも外との繋がりがなくなって、家庭ごと地域から(世間・社会から)孤立する、という状態を防げます, 地域や社会から孤立すると、家族という密閉した空間の中で、親の心・視点は子どもに向かう一方で、親子の不安はますます増幅してしまいます, 「親の生活を充実させる」とは、お子さんのことは放置してもよい、という意味ではありません, 実際の「あなたとお子さん」の距離感や、次章以降で紹介する行動などについても、全て共通して、前述の専門家を適宜頼ることで、より具体的なアドバイスがもらえます, 家庭に加えて、塾・習い事・フリースクールなど、「安心できる居場所」をつくる・増やすこともオススメです, 日常生活、お子さんの好きなこと、習い事などを通じて、小さな成功体験を積み重ねて自信を持てるような機会をつくってください, 少しずつ自信や自己肯定感を回復させていくことで、何かに挑戦することができるようになります, 今の学校(クラス)にこだわらず、転校や、フリースクールなど学校以外の場所も選択肢に入れてみてください, 「これまでよくがんばったね」「休んでもいいよ」などと言葉にして伝えることも効果的です, 何かに取り組める余裕ができたら、趣味や遊びなど、お子さんの好きなことからさせてみましょう, 外出する余裕が出てきたら、塾や習い事など学校以外の場所に通ってみるのもよいでしょう, 自己肯定感・生活リズム・勉強などが整ってきたら、学校についてどうするかを具体的に考えましょう, 「その学校」や「小学校という仕組みそのもの」がどうしても自分に合わないお子さんもいます, 思い詰めず、専門家を頼り、ご自身の生活も充実させることで、様々な方向性が見えてきます, 教科書や問題集など学校の教材にこだわらずに、お子さんにあった勉強のやり方を見つけましょう, フリースクールのスタッフの皆さんは、息子の感受性を理解して接してくれましたし、私と夫には専門的な知見からのアドバイスもくださいました, フリースクールや家庭教師の先生のおかげで身についた自己肯定感も、新たな環境で通学を再開するエネルギーになっていた, 生徒さんには、不登校の小学生や、小学生時代に不登校経験のある方も大勢いらっしゃいます, キズキ共育塾〜不登校・中退・ひきこもり・再受験などもう一度勉強したい人の個別指導塾〜, うつ病、統合失調症など精神的な疾患が関係する(精神疾患から無気力になる、生活リズムが崩れることで不登校になることもあります), 発達障害学業や人間関係に困難を抱えやすい(発達障害は一見「普通」に見えて、ある部分の能力は高いケースもあるので、親が気づかないことも多いのです). タイミングってすごく大事な気がします。長男が動きだせそうなタイミングをみて、必要ならば考えてみたいと思います。 よろしくお願いします。, ゴモたんさん でも実際に生活をしてからのほうが情報を得るのは多いです。, 娘は全日高校は登校できずでしたが、転学して通信高校に毎日通ってます。 しかし、バイトをするのが怖いと... 中学生の時期は不登校になりやすい時期だとされていますが、高校に進学できるのか不安という人も多いと思われます。 子どもたちのためだと思っているとは思いますが、全く同意できません。 意外にも長女と次女は幼少から仲良しだったため不登校で不仲になっていたのがお互い嫌だったようで長女が「私ももう少し頑張ろうかな」となり、それからは相乗効果 あっちも頑張ってるし私も。同じゲームで盛り上がってリフレッシュ  2.6 【高校生の不登校の原因その6】 親から「学校へ行かない理由」を聞かれる; 3 高校生の子どもが不登校の時に親が取るべき対策5選. 親の不安が大きいと子供に伝わるのはほんとだなと思います。, はじめまして、力になれるかわからないのですが、お子様はコロナにより不登校だったのですねまだ数ヶ月とのことで大変不安を抱えていらっしゃると思います。   ALL rights reserved. 不登校になることで勉強が遅れたり、友人関係が希薄になったりなど、お子さんの将来が不安になる方もいるでしょう。, 平成30年度に、不登校の小学生は44,841人いました。(出典:文部科学省「平成30年度児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果」), これだけ多くの不登校の小学生がいるということは、対応法もたくさんあるということです。, 今回の記事では、キズキ共育塾の知見に基づき、小学生の不登校の代表的な原因、気をつけたいポイント、家での過ごし方、勉強再開時の注意点などについて解説します。, 目次を見ると長いと思うかもしれませんが、一つひとつの項目はポイントを押さえて短めにしていますので、カンタンに読み進めることができます。, お子さんの不登校に対してどうしてよいかわからないと悩んでいる方の参考になれば幸いです。, 不登校の原因を知りたいという声は多く、原因を知ることでお子さんへの理解につながることもあります。, また、それぞれの原因は単独で発生するとは限りませんし、お子さん自身でも原因をよくわかっていないこともあります。, 親と離れることに対する不安が原因で腹痛や頭痛の身体症状が出たり、親がいないと泣き出したりなどの「症状」が出ることが、不登校につながるのです。, 特に公立の小学校は、「たまたま同じ地域に住んでいる人たち」が集まり、「たまたまそのとき在籍している先生」が教える場所です。, また、クラス替えや授業内容の難化などによって、それまでは適応していた環境が変化したことで不登校になることもあります。, 友達とのささいなトラブルや、周囲や相手は何も思っていないのに自分だけが悩んでいるケースなどはなおさら感知しにくいものです。, 大人であれば気にならないようなことも、小学生には気になる…ということもあるでしょう。, 勉強についていけないと、授業だけでなく学校自体がつらい場所になり、不登校につながるのです。, 学校で苦手なことや嫌なことがあることも、不登校の原因になり得ます(前項の勉強もその一つです)。, 例えば、体育や音楽など特定の教科が嫌な場合もあれば、クラスの雰囲気や特定の先生が苦手といった場合もあります。, 学校の勉強・人間関係や学校外の習い事など、それまでにすごくがんばっていたことに体力的・精神的に限界がきて、学校に行くことも難しくなるのです。, がんばっていた対象は「嫌なこと」とは限らず、好きなことや得意なことでも起こり得ます。, 様々な理由で生活が乱れていたり昼夜逆転していたりすることも、不登校につながります。, ある日突然意味を感じられなくなって行けなくなるパターンもあれば、ずっと違和感を感じながらも学校に行っていたものの、あるとき限界になって行けなくなるパターンもあります。, 続いて、小学生に限らず、不登校のお子さんについて、お子さんと親御さん自身のためになる、3つの心構えを紹介します。, 不登校の直接的な原因について、その追及と解決にはこだわりすぎないようにしましょう。, 逆に、不登校になった原因は解決しないままでも、「次の一歩」に進めることは珍しくありません。, この場合、先生からの謝罪があったとしても、不信感が拭えない、不登校中に生活リズムが乱れたなどの場合は、不登校が続くことがあります。, しかし、謝罪がなくても、その先生が異動になる、進級のタイミングでクラスが変わる、他の場所で自己肯定感を育んで先生のことが気にならなくなる、転校するなどで、登校を再開したり次の一歩に進んだりすることもあるのです。, 「不登校になった直接的な原因」と、「不登校が継続している現在の『問題』」は違うこともある、という言い方もできるでしょう。, 不登校になった原因を追究・解決したいお気持ちはわかりますが、不登校の「次の一歩」に進むためには、絶対に必要なことではありません。, ただし、次のようなケースでは、原因の解決…とまでは言わなくとも、対応は必要になります。, このような場合は、未来に向けての対策を考えると同時に、「原因」への対応に努めることも大切です。, 原因については、そもそも追求・解決すべきかどうかということも含めて、次項の専門家を頼ってください。, 専門家とは、小学生の心理・不登校・学校の仕組みなどに詳しい人や、不登校者の支援を行う団体などのことです。, そうしたところを頼ることで、専門的な知見に基づくアドバイスを受けることができます。, まずはお子さんの担任、学年主任、スクールカウンセラーなどに相談し、必要に応じてお子さんの状況はを随時伝えるようにしましょう。, 名称などは自治体によって異なりますので、お住まいの自治体のウェブサイトで確認してみましょう(窓口がわからない場合は、代表電話に連絡して確認してみましょう)。, 不登校の小学生に勉強を教えることに実績のある塾もあります(私たちキズキ共育塾もその一つです)。, 病気や障害があるかもしれない場合は、小児科や児童精神科を頼りましょう(病気・障害は、お子さん自身にも自覚のないことがあります)。, 「まずは自分だけで」「子どもだけで」と思うなら、親だけ・子どもだけの相談にも対応しているところを探してみましょう。, 最近はインターネットや電話で不登校の相談を受け付けているところも多いので、家の近くに相談機関がなくても頼ることができます。, 不登校の相談先についてもっと詳しく知りたい方は、コラム「我が子の不登校を解決するために親御さんができること〜原因・解決策について解説〜」をご覧ください。, 「子どもが不登校なのに、私だけが仕事に行ったり、趣味を楽しんだりしていいのだろうか?」 ありがとうございました。, ゴモたんさん その前に、子供が全く勉強してないのは大丈夫なの... 学生時代に不登校だった場合、あるいは今現在不登校だけどバイトをしたいと考えている人もいると思われます。 「娘が不登校になりました。 私が離れると『ママはどこ?』としきりに私を呼ぶんです。 どう娘に関わればいいでしょうか?」 「息子が不登校になりました。 学校に行かないだけでなく、家からも一歩も出ません。 親としてどう支援したらいいかわかりません」 こんなお悩みはよくお聞きします。 私自身は中学生のときに不登校になり、不登校に加えて引きこもりでもありました。 当時、私が親に対して思っていたことは、主には2 … キズキ共育塾〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-29-7ドルミ御苑202号TEL: 0120-501-858©株式会社キズキ. などと思われるかもしれませんが、親は親で自分の人生を充実させることには、次のような効果があるのです。, 親子とも外との繋がりがなくなって、家庭ごと地域から(世間・社会から)孤立する、という状態を防げます。, 親が働きに出ている場合でも、子どものことで心にずっと不安を抱えていると、社会との心理的な距離が開いていくのです。, 地域や社会から孤立すると、家族という密閉した空間の中で、親の心・視点は子どもに向かう一方で、親子の不安はますます増幅してしまいます。, 親の過度な不安や心配が子どもの心を圧迫していく…といった悪循環にも陥りかねません。, 「親が生活を楽しむ」ことで、視野も適切に広くなり、社会からの孤立を防ぐことができるのです。, 充実している親の姿を見ることで、子どもは「今は不登校で苦しいけど、大人になったらこんなふうに生活したいな」と考えるようになります。, 子どもに「外の世界は楽しいよ」「大人になるっていいものだよ」と示すことが、不登校の「次の一歩」につながるのです。, 「親の生活を充実させる」とは、お子さんのことは放置してもよい、という意味ではありません。, 小学生のお子さんには、適切にコミュニケーションをとり、きちんと世話をすることも、もちろん大切です。, 実際の「あなたとお子さん」の距離感や、次章以降で紹介する行動などについても、全て共通して、前述の専門家を適宜頼ることで、より具体的なアドバイスがもらえます。, この章では、不登校の小学生が「次の一歩」に進むための、親御さんにできる対応をご紹介します。, お子さんのことは、適切に専門家を頼り、親自身の生活も充実させながら、対応していきましょう。, 「無理やりにでも学校に行かせれば、そのまま登校を継続できる」といったことは稀なケースであり、実際は逆効果になる場合が多いです。, 本人が学校に行けない、行きたくない状態のときは、無理やり学校に行かせないようにしましょう。, 特に親と離れる不安が不登校の要因になっている場合は、親子の時間をつくり、お子さんに安心感を持ってもらうことが重要です。, 次項とも共通しますが、「安心できる関係・時間・場所」は、他のことにチャレンジする支えになります。, 家庭という「安心できる場所」があることで、それを支えにして、登校再開などの「不登校の次の一歩」に進めるようになります。, また、家庭に加えて、塾・習い事・フリースクールなど、「安心できる居場所」をつくる・増やすこともオススメです。, 日常生活、お子さんの好きなこと、習い事などを通じて、小さな成功体験を積み重ねて自信を持てるような機会をつくってください。, 不登校になった子どもは、自分を責めたり、自信をなくしていたりするケースがあります。, 少しずつ自信や自己肯定感を回復させていくことで、何かに挑戦することができるようになります。, 生活リズムが乱れていると、登校再開も、学校以外の場所への参加も難しくなりますし、健康のためにもよくありません。, 朝起きて夜眠るようにする、食事はきちんと取るようにするなどして、生活リズムを保つようにしましょう。, 今の学校への登校を再開して欲しいと考える親御さんは多いと思いますが、不登校の「次の一歩」はそれだけとは限りません。, 友人関係・クラスの雰囲気・担任の先生など、今の学校(クラス)の環境が不登校の要因になっている場合もあります。, また、不登校になった理由とは関係なくても、「ずっと行っていなかったところにまた行くのは気まずいな…」と思うことで、なかなか「次の一歩」に踏み出せない場合もあります。, 今の学校(クラス)にこだわらず、転校や、フリースクールなど学校以外の場所も選択肢に入れてみてください。, 場合によっては引越しなども必要となるかもしれませんが、環境が変わることで状況が変わる場合も少なくありません。, 不登校と転校の詳細は、コラム「『我が子の不登校、転校した方がいいの?』〜親御さんへのアドバイス〜」に書いていますので、ご興味がある方はご覧ください。, 不登校のお子さんが「次の一歩」に進むために、どのように過ごしたらいいのか(過ごさせたらいいのか)わからないと悩む方も多いでしょう。, この章では、不登校の小学生が元気を回復して「次の一歩」に進むまでの、よくあるステップをご紹介します。, 不登校になった直後は、心身ともに疲れ切っており、エネルギーが不足している状態です。, 心身のエネルギーが回復するまでは、登校や勉強の再開はいったん忘れて、何もせずゆっくり休ませるようにしましょう。, 「これまでよくがんばったね」「休んでもいいよ」などと言葉にして伝えることも効果的です。, 何かに取り組める余裕ができたら、趣味や遊びなど、お子さんの好きなことからさせてみましょう。, あくまで一例ですが、「暇だなー」などと言い出したときには、余裕ができつつあります。, 学校を休んでいるのに好きなことをさせることに抵抗がある親御さんもいるかもしれません。, 勉強の遅れが登校再開の壁になる場合もあり、逆に言うと不登校でも勉強を続けることで登校再開がスムーズに進みやすくなります。, 外出する余裕が出てきたら、塾や習い事など学校以外の場所に通ってみるのもよいでしょう。, そうした場所での交流や行動はさらなる自信につながり、「次の一歩」にもつながります。, 塾や習い事は学校が終わってから開始となるところが多いので、日中通う場所として適応指導教室やフリースクールを利用するのもよいでしょう。, 塾や習い事との違いは、適応指導教室・フリースクールは、利用者が「不登校であること」が前提となっていることです。, 「自分以外にも同じような悩みを持つ人、同じような状況の人がいる」と知り、コミュニケーションを行うことは、自己肯定感につながります。, ただ、特に適応指導教室は、元の学校(クラス)への登校再開も目的としていますので、元の学校(クラス)に拒否感があるなら向いていないかもしれません。, 自己肯定感・生活リズム・勉強などが整ってきたら、学校についてどうするかを具体的に考えましょう。, お子さんの状況について学校と随時のやりとりをしていると、登校再開や転校などを行動に移しやすいと思います。, ただし、「その学校」や「小学校という仕組みそのもの」がどうしても自分に合わないお子さんもいます。, 今の学校についても、転校先の学校についても、「登校できなければ、お子さんはもうダメだ」ということでは決してないということは、覚えておくと気が楽になると思います。, 学校に通わないことで勉強や社会性から離れる可能性はあり、それに伴う苦労が発生する可能性は否定しません。, あくまで一例として、勉強については塾、社会性については習い事教室やフリースクールなどが該当します。, 「学校に行ってほしい」という気持ちは痛いほどわかりますが、思い詰めず、専門家を頼り、ご自身の生活も充実させることで、様々な方向性が見えてきます。, 勉強の遅れは、再登校も含む「次の一歩」の妨げとなる可能性がありますので、可能な範囲でケアしていきましょう。, 不登校の小学生の勉強再開に実績のある塾などもたくさんありますので、そういうところもぜひ頼ってみてください(私たちキズキ共育塾もその一つです)。, 前述のとおり、特に不登校になったばかりのときは、勉強に取り組めない状態であることは珍しくありません。, まずは何もせずゆっくりさせたり、好きなことを通じてエネルギーの回復や自信の回復を優先させたりして、将来的に勉強に取り組めるような準備を整えましょう。, お子さんが「暇だな」「勉強しようかな」と言い出したり、外出する元気が出たりしたようでしたら、次のステップに進みましょう。, 体を慣らす意味でも、最初は1日5分〜10分などを目安に、少しずつゆっくり進めるようにしましょう。, 勉強を再開するときは、お子さんの好きな教科や得意な教科から始めるようにしましょう。, 好きな教科から始めて、30分〜1時間などまとまった時間の学習ができるようになったら、他の教科も短い時間から始めていくとよいでしょう。, 教科書や問題集など学校の教材にこだわらずに、お子さんにあった勉強のやり方を見つけましょう。, 教科書よりも市販の教材の方がわかりやすい場合もありますし、現在は動画やタブレット端末で学習できるコンテンツも多くあります。, 本人が無理なく楽しんで取り組めるやり方を選ぶことで、勉強を再開しやすいですし、また継続もしやすくなります。, 学校外で勉強するときは、学校に通っているとき以上にモチベーションの維持が難しいのです。, 間違いばかりで褒めにくい…と悩むときは、勉強をしたこと(しようとしたこと)そのものなど、行動や意思を褒めるようにするとよいでしょう。, 小学生で不登校になった子どもは、実際にどのように生活し、どのように「次の一歩」に進むのでしょうか。, キズキ共育塾の木原講師が、不登校経験のある、現在小学校高学年のお子さんの親御さんにインタビューを行いました。, あなたのお子さんの参考になれば幸いです。(個人の特定を防ぐため、一部事実と異なる部分があります), しかし優しすぎるのか、嫌と言えない性格でもあり、学校で嫌なことがあっても我慢してしまっていました。」, それを友達から責められたこと、自分のせいで負けてしまったと過度に落ち込んでしまったことから、不登校になりました。, 『責められた』といっても詰問やいじめではなく、小学生同士ならよくあるレベルの言い方だったようですし、話題としてはその日で終わっています。, 毎朝学校に行こうとして起き上がるのですが、踏ん切りがつかずに結局登校できない日々が続きました。, 『学校に行けない自分』についても責めるようになり、家でも笑顔が減っていきました。」, 「『学校に行こうが行けまいが、私はあなた(子ども)が大切だ』というスタンスを貫いたことです。, 心からの本音ですが、 思うだけでなく、言葉でも態度でも息子に伝えるようにしていました。, 学校に行けないと、勉強をする機会が減る、友達と遊べないなどのマイナス面はもちろんありますし、将来がどうなるのか心配になったのも事実です。, 例えば、家族でゆっくりと一緒に時間を過ごしたり、息子の趣味である電車を見に旅行に出かけたり、ということです。, そうこうするうちに、不登校になる前と同じほどではありませんが、息子は次第に元気になっていきました。」, 「少しずつ元気になってきた息子は、『学校には行けないけど、家にずっといても退屈だな…』と言うようになりました。, フリースクールのスタッフの皆さんは、息子の感受性を理解して接してくれましたし、私と夫には専門的な知見からのアドバイスもくださいました。, 一方で、『不登校であること』を必要以上に意識せずに息子と接してくれていたように思います。, そんな環境で過ごすことにより、息子が自己肯定感を育んでいることが、日常生活の中で見て取れるようになりました。, そこで、息子と同じように不登校を経験した方に家庭教師をしてもらい、息子は先生と勉強以外にも趣味の話をしたりして、楽しく過ごすようになりました。, この段階で、息子は笑顔と元気を取り戻し、また自己肯定感もある程度定着したように思います。, 『学校に行けるかどうかとは関係なく、息子が大事だ』というスタンスで行動を続けてきたから、出会いにも恵まれ、息子の笑顔も戻ってきたのかなと思います。」, 私と夫は、『今後も不登校が続くなら、成長に合わせて別のフリースクールも探してみようか』などと話していました。, そんなとき、夫の仕事の都合で私たち家族は引っ越すこととなり、息子も転校となりました。, しかし担任の先生がお手紙を書いてくださったり、家庭訪問をしてくださったりしたことによって、息子は登校に前向きになりました。, フリースクールや家庭教師の先生のおかげで身についた自己肯定感も、新たな環境で通学を再開するエネルギーになっていたように思います。, そして実際に通学し始めると、息子に居場所ができるように、担任の先生は休み時間に息子やクラスメイトと一緒に遊んでくださったりしていました。, お子さんのために、そして親であるあなた自身のためにも、覚えておいていただければ幸いです。, ご紹介してきたとおり、不登校の小学生に親ができる対応はたくさんありますし、不登校の小学生は、必ず「次の一歩」に進めます。, そして、お子さんのことは、親だけでなんとかしようとせず、各種の専門家を頼ることがとても重要です。, 生徒さんには、不登校の小学生や、小学生時代に不登校経験のある方も大勢いらっしゃいます。, 無料相談も承っておりますので、ご相談いただければ、「あなた」や「あなたのお子さん」のための具体的なお話ができると思います。, キズキ共育塾の概要をご覧の上、少しでも気になるようでしたらお気軽にご相談ください(親御さんだけでのご相談も承っています)。, お気軽にご連絡ください。保護者さまだけのご見学も歓迎です。電話・Skype・LINEでの実施も可能です, キズキ共育塾の理念・仕組み、教室の様子、時間割の組み方の例などが詳しくわかる資料をお送りします.