一休:乱世に生きた禅者(市川白弦著 東京:日本放送出版協会、1970年12月(nhkブックス 132)) 一休:風狂の精神(西田正好著 東京:講談社現代新書、1977年5月 ‚̂ŁA‚¨‚Å‚©‚¯‚Ì‘O‚É‚²Šm”F‚­‚¾‚³‚¢B, Œ»’nuÀ@g—t‚ªÊ‚éˆê‹xŽ›IS—Ž‚¿’…‚­ŒÍŽR…‚Ö ’¿‚µ‚¢‚¸‚¢‚«_—`Aˆê‹x‚³‚ñ‚ä‚©‚è‚Ì’n‚ð•à‚­I, https://kyoto-tabiya.com/tour/%E7%B4%85%E8%91%89%E3%81%8C%E5%BD%A9%E3%82%8B%E4%B8%80%E4%BC%91%E5%AF%BA%EF%BC%81%E5%BF%83%E8%90%BD%E3%81%A1%E7%9D%80%E3%81%8F%E6%9E%AF%E5%B1%B1%E6%B0%B4%E3%81%B8%E7%8F%8D%E3%81%97%E3%81%84%E3%81%9A/#more-88372, ƒVƒFƒ‰ƒgƒ“EƒOƒ‰ƒ“ƒfEƒg[ƒLƒ‡[ƒxƒCEƒzƒeƒ‹, 13: 16: 一休さん(一休宗純)の歌「正月や冥途の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし」はこれで正しいか。この... https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=一休宗純&oldid=80209726, 秋風一夜百千年(秋風のなかあなたと共にいる。それは百年にも千年の歳月にも値するものだ), 『一休暗夜行』『一休闇物語』『一休虚月行』『一休破軍行』『一休魔仏行』『ぬばたま一休』(. ワンランク上のレストラン予約。地域やジャンルからカンタン検索、ネット予約。一休だけの限定メニューやお店・メニューの写真・利用者の感想などレストラン情報満載。記念日ディナー、接待に是非! 30. 一休宗純に関する研究書・評伝. 京都 京都南部(宇治・長岡京) 現地講座 紅葉が彩る一休寺!心落ち着く枯山水へ 珍しいずいき神輿、一休さんゆかりの地を歩く!のアクセス、駐車場、料金などのイベント情報。会場周辺で空室のあるホテル・旅館を、楽天トラベル、じゃらん、jtbなど20社から最安値プランを探せます。 ` 30 南禅寺参道 菊水 宿泊予約は[一休.com] 京都東山。静謐な空気に包まれたこの地に南禅寺参道 菊水は誕生しました。数寄屋造りの家屋に5つの客室。四季折々の表情を映す庭園を眺めながら京風情漂う伝統的な佇まいが、いつもよりも特別な京都旅を演出します 一休宗純(いっきゅうそうじゅん)は、室町時代の臨済宗大徳寺派の僧、詩人。説話のモデルとしても知られる。, 出生地は京都で、出自は後小松天皇の落胤とする説が有力視されている[1]。母親の出自は不明だが、皇胤説に沿えば後小松天皇の官女で、その父親は楠木正成の孫と称する楠木正澄と伝えられ、三ツ島(現・大阪府門真市)に隠れ住んでいたという伝承があり、三ツ島に母親のものと言われる墓が現存する[2]。, 幼名は、後世史料によると千菊丸。長じて周建の名で呼ばれ狂雲子、瞎驢(かつろ)、夢閨(むけい)などと号した。戒名は宗純で、宗順とも書く。一休は道号である。, 6歳で京都の安国寺[注 1]の像外集鑑(ぞうがいしゅうかん)に入門・受戒し、周建と名付けられる。早くから詩才に優れ、応永13年(1406年)13歳の時に作った漢詩『長門春草』、応永15年(1408年)15歳の時に作った漢詩『春衣宿花』は洛中の評判となった。, 応永17年(1410年)、17歳で謙翁宗為(けんおうそうい)の弟子となり戒名を宗純と改める。ところが、謙翁は応永21年(1414年)に死去し、この頃に一休は自殺未遂を起こしており[3]、謙翁の死から一週間、石山観音に籠るも悟りが開けず近くの川に身を投げようとしたが、一休の様子が変だと一休の母から見張ることを指示されていた男が止めに入った[4]。, 応永22年(1415年)には、京都の大徳寺の高僧、華叟宗曇(かそうそうどん)の弟子となる。「洞山三頓の棒」という公案に対し、「有漏路(うろぢ)より無漏路(むろぢ)へ帰る 一休み 雨ふらば降れ 風ふかば吹け」と答えたことから華叟より一休の道号を授かる。なお「有漏路(うろじ)」とは迷い(煩悩)の世界、「無漏路(むろじ)」とは悟り(仏)の世界を指す。, 応永27年(1420年)、ある夜にカラスの鳴き声を聞いて俄かに大悟する。華叟は印可状を与えようとするが、一休は辞退した。華叟はばか者と笑いながら送り出したという。以後は詩、狂歌、書画と風狂の生活を送った。, 正長元年(1428年)、称光天皇が男子を残さず崩御し伏見宮家より後花園天皇が迎えられて即位したが、この即位には一休の推挙があったという[5]。, 文明2(1470年)、摂津国住吉大社神宮寺の新羅寺本堂・薬師堂で森侍者(しんじしゃ)と出会う。, 文明6年(1474年)、後土御門天皇の勅命により大徳寺の住持[注 2]に任ぜられた。寺には住まなかったが再興に尽力し、塔頭の真珠庵は一休を開祖として創建された。また、戦災にあった妙勝寺を中興し草庵・酬恩庵を結び、後に「一休寺」とも呼ばれるようになった。天皇に親しく接せられ、民衆にも慕われたという。, 文明13年(1481年)、酬恩庵(京都府京田辺市の薪地区)においてマラリアにより死去。満87歳没(享年88)。臨終に際し「死にとうない」と述べたと伝わる。墓(御廟所)は酬恩庵にあり「慈揚塔」と呼ばれるが、宮内庁が管理している陵墓である[注 3]ため、一般人が墓所前の門から内部への立ち入りはできないが、廟所の建物は外部からでも見える。参拝は門の前で行う。, こうした一見奇抜な言動は、中国臨済宗の僧・普化など唐代の禅者に通じ、禅宗の教義における風狂の精神の表れとされる。同時に、こうした行動を通して、当時の仏教の権威や形骸化を批判・風刺し、仏教の伝統化や風化に警鐘を鳴らしていたと解釈されている。彼の禅風は、直筆の法語『七仏通誡偈』が残されていることからも伺える。, このような戒律や形式に囚われない人間臭い生き方は、民衆の共感を呼んだ。江戸時代には、彼をモデルとした『一休咄』に代表される頓知咄(とんちばなし)を生み出す元となった。, 一休は能筆で知られる。また、一休が村田珠光の師であるという伝承もあり、茶人の間で墨蹟が極めて珍重された(なお、珠光の師という説は現在の研究ではやや疑わしいとされる)。, 著書(詩集)は、『狂雲集』『続狂雲集』『自戒集』『骸骨』など。東山文化を代表する人物でもある。また、足利義政とその妻日野富子の幕政を批判したことも知られる。, なおアントニオ猪木らによって「一休の言葉」として流布されていた「この道を行けばどうなるものか…」に始まる言葉は実際には一休の言葉ではなく文言に多少の相違はあるものの、もとは清沢哲夫の「道」という詩であったと見られる[9]。, 同じく、一休の遺文として「心配するな、なんとかなる」というものがあったという話も広く知られているが、原典は不明であり、一休に関する事象と断言できない。ある伝記作家が創作したという説もある。, 『一休蜷川狂歌問答』に「門松はめいどのたびの一里づか馬かごもなくとまり屋もなし」という類似の歌がある。, 一方『狂雲集』は漢詩集なので、和語の歌は収録されておらず、念のため点検したがその様な内容の詩偈も見当たらない。一般に流布している歌だが、禅文化研究所発行の『一休道歌』には見当たらず、後世の変容である可能性が高い。. 一休寺のスポット情報です。一休寺の路線一覧、時刻表、乗換検索、運行状況、地図などの情報を見ることができます。一休寺への行き方・アクセス・ルート案内や、最寄駅・バス停、周辺スポットなどの情報も調べることができます。