$ogptag = get_field('ogptag'); ついついネガティブになってしまう傾向にありますから、 「安くフルカーボンフレームのロードバイクに乗りたい!」 「でも中華カーボンって大丈夫?」 ロードバイクに乗り始めたときは知らなかった人も、知識がついてくると中華カーボンを知るようになります。 中華カーボンは … あまり深く考えない方が良いこともあるのです。, 自社できちんと設計・製造しているメーカーで、 エアロフレームにはディープリムだろうという事で、中華カーボンを購入する事に。ただ、中華カーボンと言えども有名どころのICANやIMUSTは4〜5万するので中国通販サイトAliExpressで購入する事に。その結果、かなり良かったので紹介したいと思います。, Aliexpressで購入する際には先ず、ストアを選ぶ必要があり、購入者数もそこそこ多い、SAKYA CARBONを選定しました。, https://sakyacarbon.ja.aliexpress.com/store/132758, 等を連絡する必要があります。(商品ページに記載あり)私は以下の商品を購入しました。, ストレートプル仕様のスポークで、ハブはアルミ&カーボンでまぁまぁ軽い購入時は独身の日セールで2.7万円でした。購入後のやり取りも信じられないくらいスムーズです。基本的にgoogle翻訳をそのまま打ち込む感じで取引出来ます。, 11月11日に注文し、11月23日の到着でした。12日間かかったことになります。独身の日セールという事も有り、時間がかかったのかと。, ありがちなバリの未処理や、カーボン積層のムラ等は認められず、仕上がりはかなり奇麗でした。無難なマット仕上げがいい感じ。, フロント:686gリア  :835g合計  :1521gなぜかカタログスペックのminより35g軽い結果となりました。逆に心配になりますが、軽いロットで良かったと開き直ることとします(笑), ブレーキシューは使用しますが、クイックはAliexpressで軽量タイプを購入しているのでこのまま未開封でしょう。, 早速ホイールを付け替えます。タイヤは新たに購入したコンチネンタル グランプリ5000チューブは同じくrace28, バルブ長は60mmを選定。バルブエクステンダー等は不要です。新品のタイヤだったのでめちゃくちゃ苦労しました。ただ、同じタイミングでホイールを購入した先輩は中古タイヤでも苦労したとの事でした。(タイヤはグランプリ4000)剛性が高いせいなのか、なんなのか原因は不明です。, クランク側を手前にすればよかったですが、かなりカッコいい。このかっこよさだけで2.7万円の価値はあるかと(笑), ちょっと向きが違うので単純な比較はしにくいですが、かなり速そうな感じになりました。コレで遅かったら情けないので頑張らないといけません(笑), ホイール換装後、早速ロングライドに出かけました。コースは平地メインの140kmです。ZONDAとの比較ですが、ZONDAはC15のナローリムで、タイヤはグランプリ4000なので、その差も考慮する必要があります。, リムはZONDAより重そうで、漕ぎ出しはもっさりになるかと思いましたが、そうでもなかったです。これは、ZONDAがわりと柔らかめなホイールなのに対し、中華カーボンはディープリムでそこそこ剛性があるためかと思います。, 漕ぎ出しはそこそこですが、25kmくらいからの加速はZONDA以上です。空気抵抗の低減と、剛性の高さが効いているのかと思います。, 30km巡行がかなり楽になりました。ZONDAで27〜8km巡行のつもりでスピードメーターを見ると30km出ているような感覚があります。これは完全にディープリムによる空気抵抗低減効果でしょう。, これは正直大差ないです。(ZONDAも元々わるくないし)ただ、剛性感のわりにそこまで付き当ては大きくない感じがします。レーシング3や、キシリウムエリートよりはマイルドかもしれません。, あまり効かないとの声も有りますが、私はそこまで悪くなったとは感じませんでした。ブレーキシューによるところは有るのかと。ただ、ヒルクライムには使用していないので、長い下り坂では不満が出るかもしれません。, 最初は不安がありましたが、購入して大正解でした。2.7万円でこのかっこよさと走行性能は他のカーボンホイールの価格を考えると、めちゃくちゃ安いと思います。はじめてのホイール交換ではZONDAがオススメされる場合が多いと思いますが、平地メインの初心者ローディーなら、最初から中華カーボンホイールを購入しても良いと思います。平地ならブレーキの効きや発熱はあまり気になりませんし、スピードも出せるので、メリットが多いでしょう。ホイール交換に悩んでいる方は中華カーボンも選択肢に入れる事をオススメします。, 「中国通販サイトデビューに、数万円を払うのはちょっと・・・」と言う方にはカーボンボトルケージでトライしてみるのはどうでしょうか?, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, このブログでは自身も初心者の私と、私の周りの初心者(5人もいますw)の情報をメインに記載して行きます。, 30年前のクロモリロードバイクFuji KONA KUPに1年間乗ってきましたが、やっぱりカーボンロードバイクが欲しくなり、Cervelo S2をバラで組む事にし、何件か記事を書いたので、まとめておきます。, G3組で50mmディープの中華カーボンホイールを購入してみた | 息切れポタリング. なので、品質が高く、レビュー評価も高いように見受けられます。, Aとは反対に、有名モデルのコピー商品を作っているメーカーがあります。 VENGEのようなエアロ形状で、お値段500ドルというお手頃価格。, これにアルテグラのコンポセット、カーボンホイール、サドル、 本業が何屋さんなのかも分からない有様。, まあ、本業に関することを書くと、 記事に記載されている内容は2018年06月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。, また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。, ロードバイクのフレームは高価なものが多く、有名ブランドであれば100万円を超えるものも存在します。予算が少ないという方におすすめなのが「中華カーボンフレーム」です。有名ブランドの数分の一の値段で手に入れることができるので、検討してみてはいかがでしょうか。, 初めてロードバイクの購入を検討する時、その価格の高さに驚く方も多いでしょう。ある程度希望のフレームを手に入れるためには、数10万以上の予算が必要になり、理想を追い求めれば100万円を超えるものも存在します。「そんなに予算はかけられない」という方におすすめなのが「中華カーボンフレーム」です。中華カーボンフレームとは、簡単に言うと中国で生産されたロードバイクのフレームのことを指します。カーボンフレームでありながら、有名ブランドの数分の一の値段で手に入れることができます。価格だけを考えれば、おすすめの商品です。ロードバイクのフレームが欲しいけれど予算があまりない方、2台目以降で少し冒険してみたい方、「中華カーボンフレーム」を検討してみてはいかがですか。, まず最初に断っておきたいのですが「中華カーボンフレーム」は全ての方におすすめするわけではありません。有名ブランドの数分の一の価格で購入できることから、中華カーボンフレームは「安かろう、悪かろう」だと悪いイメージを持っている方も少なくありません。しかし、有名ブランドのロードバイクを自社で一から設計し、生産まで行っている企業はほんの一握りで、多くのロードバイクは中国や台湾などの国外の工場で生産されています。その生産方法は「ODM」と「OEM」の2種類に分かれます。ここでは「中華カーボンフレーム」を購入する上で知っておきたい「ODM」と「OEM」の違いについて紹介します。, ODMとは、「Original Design Manufacturing」の略語で、委託者のブランドで製品を設計・生産することをいいます。つまり、中国にある自社工場で設計・デザイン、生産した製品を丸ごと有名メーカーに買ってもらうという形態で商売をしている会社を指します。ODM生産の場合、製造を行う受託者の技術力が委託者と同等、もしくは高いということが基本になるため、有名ブランドのロードバイク製造だけでなく、自社のオリジナルブランドを展開している企業もあります。中華カーボンフレームの購入を検討するのであれば、無地ではなく、自社のロゴを商品に塗装している、ODM生産をしている企業のオリジナル製品を選ぶのがおすすめです。, OEMとは、「Original Equipment Manufacturing」もしくは、「Original Equipment Manufacturer」の略称であり、委託者(他社ブランド)の生産、製造部分のみの工程を担うことを意味します。有名ブランドのロードバイクのOEM製造をしている企業が、製造段階で型やデータを取ったコピー商品を売りだすことがあり、このタイプの商品が粗悪品であったことから、中華カーボンフレームの悪評につながったと言えます。OEM生産しているすべての企業の商品が全ておすすめできない粗悪品というわけではありませんが、ブランド名がわからない無地のフレームや、有名ブランドの名前でありながら数分の一の価格で売り出しているものは避けるのがおすすめです。, 中華カーボンフレームを選ぶのであれば、サイクルショップで有名ブランドのロードバイクを購入するのとは違う注意点があります。ここでは中華カーボンフレームを選ぶ際の注意点について紹介します。, 中華カーボンフレームを購入する方の多くはネットで購入されています。その場合、ネットに掲載されている写真が完成品でも、いざ手元に届いてみると、中に入っている商品は組み立て前、ということも多々あります。ロードバイクの組み立てには特殊な工具は必要ありませんが、ある程度の経験がないと、苦労する方も居るでしょう。中華カーボンフレームの場合、説明書がない、または説明書があっても外国語(英語や中国語)のみのこともあります。しかし、中華カーボンフレームを自転車屋に持って行っても快く組み立ててくれるショップは少ないです。注文を確定される前に、どういう状態で納品されるか確認するのがおすすめです。, 中華カーボンフレームは受注生産になる商品もあり、注文確定してから納品まで数週間から数か月かかる事もあります。その間、業者とやり取りをする必要がありますが、中華カーボンフレームを扱う業者の大半は中国人です。翻訳ソフトを使用しているので、ある程度の意志の疎通はできますが、塗装など、頭の中にあるイメージが伝わらない事もあります。また、届いた商品に問題があった場合(割れている、パーツが足りないなど)返品や交換などの処理について、相手方と交渉する必要があります。中国は通関などの問題もあることから、返品や交換にはかなりの時間と労力が必要です。交渉をスムーズに進めるためには、メールは日本語だけでなく英語も併記するなど、自分の意志が正確に伝わるよう工夫をすることをおすすめします。, 中華カーボンフレームの購入を検討するときは、店頭ではなく、インターネットで検索するのがおすすめです。「新品のカーボンフレーム」で、「有名ブランドの型落ち」ではなく、15万円以下(海外サイトであれば1500ドル以下)であれば、まず間違いなく中華カーボンフレームです。中華カーボンフレームがどういう商品かイメージできたとしても、たくさんある商品の中でどれが良いのか迷う時もあるでしょう。ここでは中華カーボンフレームを紹介します。, FLYXIIはは中華カーボンフレームを取り扱う企業の中でもOEMサプライヤーとして実績のあるメーカーで、自社のオリジナルの商品も販売しています。FLYXIIの3Kフルカーボンフレームは初級者からロングライドを楽しむ方にもおすすめの硬さとしなやかさをもったフレームです。商品名にある「3K」とはカーボンの繊維の束の数を指します。3Kは3000本で一束となります。一般的に数字が小さいほど細かい織りで、数字が大きくなるほど織りが粗くなります。, BXTも中華カーボンフレームの中では人気のあるメーカーです。黒一色が多い中華カーボンフレームの中で、最初から5色の展開をしているので、注文段階で自分の好きなカラーを選ぶことができます。中華カーボンフレームでもカラフルなものを探している方にはおすすめです。東レのT800カーボンを使用しているので強度や弾性も問題ありません。しなやかに快適に走りたい方におすすめのフレームです。, 乗った感じは少し硬めのフレームといったところでスピードに乗ってからの加速も感じられるとても良いフレームでした! 買っても損はないなと感じられる商品でした, 中華カーボンフレームの中では人気が高いのがICANのフレームです。有名ブランドのOEMを数多く手掛けており、ICANのカーボンフレームの品質と技術力には一定の評価があります。こちらの商品はエアロタイプのフレームになります。空気抵抗をできるだけ軽減するような作りとなっており、タイムトライアルなどのスピードレースだけでなく、初心者から2台目以降のバイクを探しているライダーにもおすすめの商品です。, 中華カーボンフレームを選ぶ前には、あなたがロードバイクに乗るシーンをイメージすることがおすすめです。イメージが固まれば、おのずと価格だけでなく、重量や性能など、必要なポイントが絞られてきます。ここでは特徴、用途別におすすめのロードバイクを紹介します。, 非常にコンパクトで軽量。ttバイクにより近付いた雰囲気のフレーム形状も、エアロロードバイクとして流行から1歩外したような当社のこだわりがうかがえる。, スピードを重視したい方におすすめなのがエアロタイプのロードバイクです。エアロタイプのロードバイクは、前面からの空気抵抗を減らすよう計算して作られたフレーム形状が特徴です。ハンドリング性能にも優れ、軽量性も実現しているため、比較的勾配の少ない平坦なコースで、体力を温存しながら速く走ることを可能にします。タイムトライアル、クリテリウム、エンデューロなど、タイムを重視する走りが必要なレースにはおすすめのタイプです。, ロングライドタイプのフレームとは、長い距離を走るために作られているフレームです。フレームやフロントフォークなどが疲労の原因となる振動を路面から吸収してくれるため、長時間ライドでも快適に楽しむことができます。週末に長距離ツーリングにでかけたり、山道を楽しんだりするなど、ロードバイクに乗った翌日もできる限り疲れを残したくないライダーにはロングライドタイプのロードバイクがおすすめです。オールラウンドタイプとの境界線はあいまいですが、衝撃吸収性や、ライディングポジションなどによってオールラウンドタイプと切り分けることができます。ブランドによっては、エンデュランス、エンデューロともいわれています。ブルベ、サイクリングなどにおすすめです。, オールラウンドのフレームは山や峠などの登り下りだけでなく、平坦な道を走るロングライドもしたいオールラウンドタイプのライダーにおすすめのフレームです。ヒルクライムも行うことから比較的軽量なフレームが多く、坂道の多い山を登る時はその軽さがポイントとなります。ヒルクライム、ロングライド、クリテリウム、エンデューロ、サイクリングにおすすめです。, 中華カーボンフレームの購入を検討している方の多くはその価格に魅力を感じたのではないでしょうか。「新品」の「カーボンフレーム」でありながら、有名ブランドのフレームと比べると中華カーボンフレームの価格はお得に感じることでしょう。そんな中華カーボンフレームの中には完成車でも破格の値段で売られている商品もあります。レースに使用すると言うよりも、ママチャリなどのシティサイクルから一歩進んだ、ロードバイク入門編と考えるのがおすすめです。NEXTYLEのロードバイクはママチャリとは違う軽快でスピード感のあるロードバイクならではの爽快感を体感できるおすすめの商品です。, 順位やタイムを競い合うイベントにおいて、ゴールした時の達成感は何ものにも代えがたい経験です。レースで結果を出すためには日々のトレーニングが大事になってくるので、週末しかロードバイクに乗らないホビーライダーの中にはレースとは無縁だという考えの方もいますが、ロードバイクを購入したら、1度は経験してみるのがおすすめです。レースにも中華カーボンフレームで参加されている方がたくさんいます。有名ブランドのフレームではないロードバイクに乗っている方を見かけたら、ロードバイク仲間を増やすきっかけにもなるので、思いきって声をかけてみるのもおすすめです。, 所々仕上げに?な部分もありますがフレームインワイヤーもスムーズに通せましたし、フル105で組みましたが全てスムーズに装着できました。, プロのロードレースの山岳ステージほどの距離と高さはなくてもヒルクライムが主体のレースや峠やアップダウンの多いコースを走る時は軽量なロードバイクがおすすめです。中華カーボンフレームは自分で車体を組み上げるという性格上、ハンドル、ステム、サドル、シートポストなどを自分で選べる自由さもあります。ヒルクライム主体でロードバイクを楽しみたい場合は、これらのパーツでも軽量化を図る事をおすすめします。, 中華カーボンフレームを扱う会社は創立10年前後の比較的新しい会社が多いのが特徴です。ODM、OEMの経験を経て自社フレームの開発も行っている企業や価格を武器に参入した新興企業もあります。今日はその中からおすすめの3社とその代表的な商品を紹介します。, 入門用のアルミフレームからの乗り換えですが、確実に速いです‼︎