中日ドラゴンズの藤井淳志選手は、フェニックスリーグに参戦するようですが、今後、戦力外通告される可能性はありますか?首脳陣との確執、パワハラ問題などで、すっかり干されている藤井選手ですが、与田監督のお気に入りの武田や、井領、遠藤などよりも、打撃において数段格上と見ます。 別に学歴なんて気にしてませんでしたし、そこそこ大きい企業に勤めて給料にも不満がありませんでしたし、私も働いていますし「専門技術だけで大きい企業に勤めるなんて凄... 先日、息子が彼女にプロポーズして、相手両親に挨拶に行きました。彼女は一人娘で、彼女の父親から、氏名だけでも彼女の姓を名乗ってもらえないかと言われたと息子より相談の連絡がありました。まだしっかりと話はしていないので、息子の考えや彼女の考えもわかりませんが、いずれこのような相談があるだろうと私自身前... ゴートゥーイート 11月中に終了する可能性高いですか?キャンペーンに気付いてなくて最近予約し始めたので どなたかご教示お願い致します。. 私はそれを聞いて最初は嬉しかったけど、だんだん不安になってきました。 チャンステーマは、野球の応援団が、自チームの攻撃中においてチャンスが到来した時に、一部の曲を除いて、打席に誰が立っているかを問わず演奏する曲のことをいう。, 野球を始めとしたスポーツ競技の応援でチャンスにマーチ的な音楽を演奏する習慣・文化は、もともと大学野球の応援で始まったもの。, チャンステーマという言葉が定着するまでは単にマーチや応援曲などと呼ばれていた。また、この類の曲を野球応援に取り入れて普及する事に「コンバットマーチ」(早稲田大学応援部製作のオリジナル曲。1965年作成・発表。ただし、発表時は単に「コンバット」)が貢献したことから、一部では十派一絡げにコンバットマーチと呼ばれる事もあるが、これは応援専用のオリジナルマーチ誕生の由来を知らないが故の誤解から生じたもの。この早稲田大学のコンバットマーチに触発されたリーグのライバル校である慶應義塾大学応援指導部では、その対抗として「ダッシュKEIO」を作り翌年のリーグ戦応援で披露した。これらライバル校間での応援強化はリーグ戦応援の雰囲気を盛り上げることに大いに貢献し、東京六大学内の他校にも次第に波及していった。さらに後年になって二つ目三つ目の応援マーチや前奏としてのファンファーレ、さらには複数の応援マーチの連続演奏という形態に発展していった。, これらの応援マーチは後にチャンステーマと呼ばれるようになっていった。また前述のような複数のチャンステーマを曲毎に終了させることなくファンファーレや間奏で繋げてエンドレスにするものを、現在では「チャンスパターン」と呼んでいる。, スポーツを観戦して楽しむ文化は、時代が進むにつれて発生した、高等教育学校への進学率向上による大学や大学生の肥大化、他の趣味や価値観の多様化、プロスポーツの充実などに伴い、結果として学生スポーツの相対的な人気や注目度の低下を招く方向で推移してきている。それでもなお東京六大学野球やその試合の中で繰り広げられる各校間の応援合戦は、スポーツイベント(特にアマチュアスポーツの中では飛びぬけた存在)として花形の一つとして長らく親しまれ報道メディアでの扱いも他のものに比べて大きかった。その影響が次第に他の大学野球での応援や高校野球・社会人野球[注 1]、さらにはプロ野球の応援などに広まっていった。, プロ野球においては、いつチャンステーマが導入され始めたかは明確な起源がはっきりとしていない。各球団とも1980年代頃からチャンス時に専用のリズムやコールを使用していた。1990年代に近鉄の応援団が暴れん坊将軍テーマ曲を非公式で使用し始めたのが、プロ野球における曲としてのチャンステーマの最初期の導入とされている。チャンステーマということから得点圏にランナーがいる場面で使われることが多いが、試合序盤では得点圏にランナーがいる場合でも使われない場合が多い。, 現在では12球団全ての球団がチャンステーマを用いているが、過去に在籍していた選手の応援歌をチャンステーマとして使いまわしている例も見られる。, 2013年に開催された第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)において、日本代表のチャンステーマが作成され、プロ野球12球団の私設応援団が協同で演奏した。また、同年のオールスターゲームにおいても演奏された。, 近鉄応援団は2000年に「チャンステーマ2」のタイトルで新たなチャンステーマを発表、赤いタオルマフラーをファンが頭上に掲げて曲の終盤に右回りに一周するという斬新なものであった。この応援スタイルは、既にロッテ応援団により行われていた「タオル回し」を見た球団から応援団へタオル回しをしてほしいと要望があるも「あれはかっこいいけど、タオルを回したらパクリになるから」という理由で確立された。その後毎年のようにチャンステーマを作り続け、2003年の「チャンステーマ5」まで作った(その後、オリックスと合併して「新チャンステーマ1」が作られ、以前の「チャンステーマ1」と「チャンステーマ3」が使われなくなっている), チャンステーマの中にはチームが終盤負けている時にかかる曲もあり、結果としてはそのまま負ける場合が多いので「敗北のテーマ曲」と揶揄される事もある(近鉄のチャンステーマIVなど)。また曲によっては全然打てない場合もあり、ファン・応援団同士で曲が流れた際の打率を検証し真剣に議論(打てないから流すな、等)がされたこともある。また、巨人は2006年に球団史上の3度の大連敗を喫した頃に、連敗の原因が全く打てない打線という事もあって、チャンスでないにも関わらず、チャンステーマを流した事もあった(結果としては貧打解消にはならなかった)。, 日本ハムは稲葉篤紀が在籍していた2014年まで、チャンスの場面で稲葉が打席に立つと、ファンファーレとともにファンが飛び跳ねる「稲葉ジャンプ」をチャンステーマとして取り入れていた[注 6]。, また、日本ハムのコボスタ宮城を除く地域限定のチャンステーマは、ポストシーズンでは該当地域外でも全て演奏される。, 西武は、主催試合でチャンスになると、チャンステーマ1、またはチャンステーマ3のイントロがアナウンスで流れる事があり、そのアナウンスのイントロに続く形で応援団がチャンステーマを流す事がある。これはチャンス時に、観客をより一層盛り上げるという演出効果のメリットがある。しかし一方で、たまに応援団が意図した曲と違う曲のイントロが流れる事があり、応援団を中心に不満が飛び交うといったデメリットもある。その為、1人の選手の攻撃の最中にも関わらず、応援団がアナウンスで流れた曲から違う曲に途中で変える事もしばしばある。特に、チャンステーマ4が作成された2011年以降、この傾向がより顕著になる。, 中日は、最終戦や優勝が掛かった試合、ポストシーズンなどの最終回でチャンステーマメドレーが流れることがある。2013年までは、「パウエル」→「川又」→「平野」→「狙い撃ち」の順番で流れていたが、2014年の応援歌一新、及びその後の新応援歌追加を経て、2020年現在では「チャンステーマ2」→「チャンステーマ3」→「チャンステーマ4」→「チャンステーマ1(サウスポー)」→「チャンス決めてくれ」の順番となっている。(実際には「サウスポー」が2019年シーズン途中で使用自粛となったため、「決めてくれ」が使用開始された2019年以降の最終戦におけるチャンステーマメドレーではサウスポーの演奏は省略され全曲演奏されない状態になっているが、使用自粛前の2019年4月30日(平成最後の日)の読売ジャイアンツ戦(東京ドーム)勝利後の外野応援席での応援団主導による二次会で、「平成最後のチャンステーマメドレー」という形で一度だけ5曲全曲によるメドレーが実現している。), 2020年は、新型コロナウィルスの感染防止策のため、球場内では大声を出さない・トランペット演奏の禁止などの応援規制がされた。そのためチャンスが訪れた際、予め試合前に応援団が個室で演奏したチャンステーマを録音したものを、球団スタッフの判断で球場内の音声に半永久的に流すなどの措置を取った。この措置は主催試合の裁量によるもののため、原則ホームチームのみ行われた。また日本ハムなど一部の球団では主催試合でもチャンステーマの使用を見送った。, 社会人野球の応援形態の多く(特に全国大会常連のチーム)は大学野球の応援の模倣から始まっているため、プロ野球に多くみられるような選手別のヒッティングマーチという形態ではなく、タイミングやイニングに応じた同じ曲を繰り返し演奏する形態が主流となっている。また学生野球の場合と比べてより当該関係者以外の一般客を取り込んで雰囲気を盛り上げる必要性を考慮しているため、既存曲で有名な曲やなじみ深い曲を採用する場合が多い。ただし、全国大会常連チームの中には例外的に学生野球にみられるようなオリジナルのチャンステーマを作っているチームもある(例を以下に示す)。, 前半はトランペットとダンスに合わせてオイ×6とコールする(応援団より正式に要請)。大きな声でコールするファンが多いがこれは球団非公式である。後半はアカペラで歌った後に「オイ!オイ!◯◯!」とコールする, 後半部分の「このスタンドの声が〜」の前に一部の常連客が「そーれ」とコールする。その後は一部のファンのの指笛に合わせてジャンプする, 社会人野球応援への大学野球、中でも東京六大学野球応援の影響は、見よう見真似での影響波及というより、社会人野球チームが全国大会に出場する際の応援リーダーを東京六大学各校の応援団・応援部に丸投げ依頼する慣習があったことからの効果が強い。, ただし鈴鹿チームはより上位のチャンステーマがあることから本曲は通常の応援曲とすることが多い。, 新日本製鐵君津硬式野球部時代に作曲されたオリジナル曲。日本選手権ではボンバーかずさとなる。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=チャンステーマ&oldid=79937022, 巨人で最初に球場において使用されたチャンステーマ。大量リード時に使われることが多い。タオルを頭上で回すスタイル。当初(1999年頃)は千葉ロッテマリーンズを意識し、白いタオルをファンが振回していたが、現在はチームカラーであるオレンジのタオルを使用している。, 「タオル回し」については、2006年5月28日に行われた巨人VSロッテ戦の中継で「ジャイアンツ応援団もオレンジのタオルで取り入れてますが、オリジナルはこのロッテ応援団の白タオルです」と, 近年長らく使用されず、応援団作成の歌詞カードからも削除されたが、2012年シーズンから再び行われるようになった。, 応援コールは「Let's Go!○○(当該選手名)!」を2回繰り返したあと、更に当該選手名を2回繰り返すというもの。ただし、メロディの一部は西武の既存のチャンステーマ3と似通っているため、一時期、西武戦, 相手投手交代時に使用。『ザ・ヒットパレード』と同様にタオルを頭上で振り回す。歌詞が存在する, 応援コールは手拍子→当該選手名の順に行い、これを2回繰り返す。前述の「サイクロン」同様、歌詞が存在する(ただし、前奏(ファンファーレ)があるが、こちらは歌詞が存在しない)。, チャンステーマだけでなく、デッドボール出塁時や、投手交代時のブリッジや試合終了後にも使用される。, もともと歌詞を用いずにコールで応援する曲(曲の切れ目に「KO!KO!○○(球団名:ジャイアンツ、タイガースなど)」)として使用されているが、相手球団を罵倒する歌詞をつけて歌うスタイルも一部にみられる。, また、「KO!KO!○○」と歌う際に相手側に向かって親指を下に向けて挑発するポーズを取る事もあり、応援と挑発を兼ねた意味合いがある。, サヨナラのチャンス時がメイン。その際の応援コールは「勝つぞ!横浜!倒せ!○○!」となる(○○は相手球団名、ただし, 2012年よりチームが「横浜DeNA」となった後も、応援コールはそのまま「横浜」である。, 満塁時のチャンステーマ。大洋ホエールズ時代から使用。なお、オリックスなどのいくつかの他球団も「はよやれコール」などで全く同じ曲を使う場合がある為、横浜オリジナルのチャンステーマではない。, オリジナル曲。「声とトランペットの融合」をコンセプトに、また、初めて球場に来た人でも声を出せるように、華やかなトランペットとシンプルな掛け声で作られている。, 一部のファンが前半部分の「レッツゴー◯◯」の前に「大きな声で!」と叫ぶことがよくあるが、これは応援団非公式である。, 現在の応援団が結団されて初めて作成されたチャンステーマであり、初年度はこの1曲のみであったが、2015年以降は以下のように新たなチャンステーマが作成された為、試合終盤の勝ち越し・逆転・サヨナラ勝ちのチャンスで使用されることが多くなっている。, なお、曲中の「お前が」という一節が不適切であるとされ、2019年7月1日より当面自粛することになった, 前奏がある(前奏を演奏しない場合もある)。コールは手拍子→「燃えろ!」を2回繰り返した直後に「○○(チーム名)倒せドラゴンズ!」と続く。, 「打て!打て!打て!○○(選手名)!」とコールする。またオオドラゴンソウル見せろが正式な歌詞だがオオが抜け間延びしてしまうことが多い。, 前半部分の歌詞に「バットに思い込めて」とあるが、「バットに思い乗せて」と勘違いして歌っているファンが時々いる。, 選手名等の掛け声を中心としたシンプルな曲で、ラストの「決めてくれ~」の部分のみアカペラとなっているのが特徴。曲が浸透した2019年中盤以降は、掛け声の合間に演奏のメロディに合わせて「オー」と歌うスタイルが非公式ながら定着した。, 同点に追いつくチャンスや、勝ち越し・サヨナラ勝ちのチャンスといった、打てば試合が決まるといった場面で流されることが多い。親子連れ、友達同士、カップル等が交互にわっしょいコールをするような曲になっている。メロディ→選手名→「〇〇(チーム名)倒せーオー!」→わっしょいコールで構成される。, 応援コールは手拍子→「〇〇(チーム名)倒せ!」→手拍子→「かっ飛ばせ〇〇(選手名)!」→手拍子→「〇〇(選手名)!」となる。, 2002年〜、2008年は相手投手交代時にのみ演奏。2010年からは前奏に監督の応援歌がややスローテンポで演奏される。原曲は, 2009年〜。最初に「広島!」とコール。状況に応じてコール部分が変化する。その際は「○○(当該選手名)!」を4回コールした後、, 2012年〜、「おまえがきめろ〜」のファンファーレから始まる。最後に「おっ!・まっ!・えっ!・がっ・きめろ!○○!」と区切りながらシャウトするのが特徴。終盤のチャンス限定で流れる。, 応援時に鳴子を使い、軽い振り付けも作られた。最近では試合終盤の大チャンス時で使われる事が多い。, この曲はプロ野球応援歌史上初の、男声パートと女声パートに分かれた部分があり、普段は男性の声にかき消される事が多い女性の声が、女声パートではよく聞こえてくる。応援コールは「打て、打て、○○(選手名)!」(最初は男声、追って女声が流れる)の後に「今だチャンスだ、○○!」(男女揃って)となる。, 元々は関東限定であったが、現在は全国の球場で使用されるようになった。なおコボスタ宮城ではトランペットが使用できないため、その演奏部分の歌詞が存在する。, オリジナルチャンステーマだが、音階はなくコール形式。上記の「チキ・チキ・バン・バン」と同様に、この曲も男女に分かれたパートが存在する。最初は男声、追って女声の声が流れ、最後に男女そろって「いけいけそれゆけ、, 東京本拠地時代の球団歌をチャンステーマ用にアレンジしたもの。北海道に移転した後、2007年より東京ドームでの試合のみ、日本ハムファイターズ時代の応援スタイルに戻し、現在もその応援スタイルを継続している事から2010年より作成された。クライマックスシリーズなどの重要な試合では他の球場でも使われることがある。, 札幌ドームの座席列ごとに「打て!」と叫ぶ回数が分けられており、徐々に声が大きくなるように聞こえる。, 本曲のリリースが1974年だったことから、レジェンドシリーズ2016限定で使用された。, 「タイムリー、タイムリー、○○(選手名)!」などの掛け声を3回行った後(パターン2), GReeeeN×ベッキー♪♯の「GOOD LUCKY!!!! 原曲が、Oiskallmatesの『SkinheadRunning』なので、そこから来ていると思いますよ。 チャンステーマ5『チャンス・スーパー』 2016年〜。原曲はSuperfly『愛をからだに吹き込んで』 『コンバットマーチ』 前奏に監督の応援歌〜早稲田大学コンバットマーチ・ファンファーレ〜慶應義塾大学 ダッシュケイオウ 「 倒せ」(チーム名。 (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); 現阪神タイガースの西岡選手のロッテ時代のテーマは、こちらのOi-SKALL MATESの「Bring On Nutty Stomper fun」という曲が原曲です。, プロ野球界でもとりわけカッコいい!と人気で、その人気が高校野球でも波及して多くの高校で演奏されている名曲です。, 「さくらんぼ」は大塚愛さんのヒット曲です。恋愛ソングですが、甲子園で演奏されることについてご本人も, 「さくらんぼ」は応援ソングではなくて、純粋な恋愛ソング。選手の背中を押す高校野球の舞台で演奏されているなんて驚きです。でもこの曲はどんどん前に進もうという明るい気持ちを込めているんです。「怖いものなしで突っ走る、行っちゃえ」みたいなところが勢いがつくと好まれているのかもしれませんね。, 引用元:さくらんぼ「恋の歌だけど…球場で演奏驚き」大塚愛さん - 高校野球(甲子園)-第99回選手権大会:バーチャル高校野球, その題名の通り、「こごぞ!」というときに踏ん張ってほしいという思いが込められているため、応援歌としてとってもふさわしい曲です。, テンポも遅すぎず早すぎずで演奏する側も疲れにくいし、繰り返し繰り返し演奏が可能な気がします。, 湘南乃風の曲で、歌詞の中に「場外ホームラン」や「打て打て」が入っているので野球の応援歌としてよく使われています。, 「S・H・O・N・A・N 湘南」の部分は、各高校名に替えて歌うこともできるし、曲の最初の「戦闘開始」という掛け声も応援団で叫ぶと盛り上がりますね。, 音の並びが単純でリズムがとりやすくあまり難しくないので演奏もしやすいし、勢いのあるかっこいい曲です。, 「負けんじゃねぇ!」という歌詞があり、選手力づよく後押しするような感情が込めやすい曲です。, 金管楽器がメインでパーンと音を張り上げてくれる、アップテンポな曲で、みんなで盛り上がります。, 高校球児がこの曲のような勢いに乗って、まさに「狙い撃ちしてに、パーンとホームランを狙い打ってくれるような、そんな願いを込めて選曲されることが多いです。, 歌詞を変えるのも定番でサビの「この世は私のためにある」を「お前がやらなきゃ誰がやる」のように替え歌にして応援団が歌っていることも多いですよ。, 「パラダイス」が青春の遊び場のようなイメージを想起させ、まさに青春真っただ中の高校球児たちにピッタリの明るい楽曲です。, 親世代にもファンが多かった光GENJIの楽曲は老若男女が集まる甲子園球場で広く愛されています。, 光GENJIがオリジナルですが、後輩のジャニーズグループに歌い継がれている定番です。, 小さい頃から耳にしていて、運動会、体育祭などでも演奏されるので、応援歌として馴染みがあると思います。, 歌詞の内容も「もうやり切るしかないさ」や「もう頑張るしかないさ」など、まさに勇気100%で選手を鼓舞するのにピッタリですね。, 歌詞にズバリ「サウスポー」という言葉が使われているので、左投げ投手の応援歌としてよく使用されます。, ピンクレディーの曲は現役高校生以外にも、アルプスで応援している親世代、祖父母世代にとっても馴染みがり、親しみがあるので良く応援歌として重宝されています。, X JAPANの紅は首相の小泉純一郎氏が自身のCMで使ったこともあり、ロックでありながら全世代に広く知られている楽曲です。, トランペットもそこまできつい音域ではないので、トランペットの口休めの曲にいいかとのこと。, トロンボーンも音がよく飛びやすく吹きやすい音域なので甲子園という広い会場長時間の応援に向いています。, COOLながらもアツい印象があり、ブラスバンドにもぴったりなのは、やはりYOSHIKIさんがもともとクラシック出身だからでしょうか。, 応援歌になるきっかけを作ったのは、高校野球オタクだった当時3年生の水野舞さんという方。, 「もともと、ロックバンド・Hi-STANDARDや水戸出身のメンバー(TOSHI-LOWさん)のいるBRAHMANの大ファンで、着メロを自作するほどだったんです」, 引用元:甲子園、ブラフマン応援歌にした野球女子 今や定番アメトーークにも - withnews(ウィズニュース), と語っており、5回のグラウンド整備中に流す曲として、「SEE OFF」のチャンステーマを作りました。, 替え歌の歌詞は「さぁ燃えろ白亜の球児たち 今こそその時 栄光の火をかざし いくぞ甲子園」。, また大きなきっかけが、歌詞の『to the end』が『甲子園』に聞こえたからだそうです。, 野球だけでなく色んなスポーツシーンで使われているイギリスの伝説的ロックバンドQUEENの名曲です。, 楽譜としても演奏しやすくテンポもゆったりしているのありますし、元々金管がメインなので聞きやすい曲かと思います。, 特に最初の出だしが拍手でそのほか大勢の人たちが混ざりやすいので、こういった大勢がいる場所で張り上げて合わせて吹いていくような楽曲としては向いていますね。, 曲のテンポはゆっくりめですが、金管中低音のメロディーが、広い球場でもよく響き渡り、チャンスの場を盛り上げてくれると思います。, 最初はゆっくりから、徐々にテンポを上げていく、エンドレスリピートなど、様々な使い方ができる曲です。, 高校野球を題材にした漫画のあだち充さん作の『タッチ』の主題歌として起用された岩崎良美さんが歌っている曲です。, 高らかなトランペットが奏でる主旋律のメロディーに、吹奏楽が一体になって演奏されるこの曲は野球部員の士気を高めてくれます。, ルパン=泥棒=盗塁、というイメージがあり、足の速い選手の応援歌としてよく使われます。, 東北にゆかりがある楽曲ですが、甲子園では広く全国の高校が応援歌としてつかっています。, この作品は、ヴァン・マッコイの作品で、元々は、The Hustle というタイトルのディスコ、クラブで人気のあるダンスミュージックで世界的に人気のある作品です。, 日本では、1987年に智弁学園和歌山高校野球部が第69回全国高等学校野球選手権大会に初出場した際、同校吹奏楽部顧問の吉本英治がアレンジして応援曲として採用した事により、大ヒット作品となりました。, 同校は、甲子園常連校であり、他校の応援にも採用されるようになり、2008年の第90回全国高等学校野球選手権大会ではら代表55校中50校が応援曲に採用しています。, 最初には、あのPL学園が1978年に甲子園で初めて演奏したとのデータもあるようです。, 3000曲以上もの楽曲を作曲したプエルトリコの国民的作曲家ラファエル・エルナンデスの代表作であり、特にアメリカ・南米などでヒットしたラテン音楽を代表する楽曲でもあります。, お酒を飲んで、お祭り騒ぎをする人の曲らしいので、野球応援のイメージに合っていると思います。, なかでも、トランペットのハイトーンは、チャンスのドキドキ感をさらに高めてくれると思います。, 原曲はAirto Moreiraの「Tombo in 7/4」であり、こちらはれっきとしたブラジル音楽です。, 大栗裕(おおぐりひろし)によるベルリンフィルハーモニーでもとりあげられた傑作の一つ。, 吹奏楽版の編曲の方が有名で、全日本吹奏楽コンクール等、吹奏楽曲の人気作品であり、吹奏楽の甲子園常連校的な作品です。, 近年では、指定のテンポよりイケイケ、サクサクと速い速度で演奏されることが多いです。, 良く使われる理由としては、大阪、神戸など、阪神地区ゆかりの作品で、高校野球の聖地と言われている甲子園での演奏がもっとも相応しい、似合っている作品であり、高校球児の、汗をかいて毎日努力する姿と重なるものがあるためだと思います。, ブラバン甲子園THE BESTには全42曲が収録されており、以上で紹介した定番曲が大体収録されています。, ブラスバンドの練習で必要な楽譜はぷりんと楽譜ですぐに購入&ダウンロードすることができます。, 音楽の宣伝方法まとめ。アマチュアロックバンドからプロまで実践できるプロモーション事例, Amazon Music Unlimitedの始め方、使い方をわかりやすく解説!初心者でも簡単に6500万曲が聴き放題できます, チャンステーマ (What happened to you) [『千葉ロッテマリーンズ』より] [オリジナル歌手:The Offspring], 第5のチャンステーマ (Skinhead Running) [『千葉ロッテマリーンズ』より] [オリジナル歌手:Oi-SKALL MATES], Bring On Nutty Stomper Fun (CHIBA応援曲 スピードスター Version), さくらんぼ「恋の歌だけど…球場で演奏驚き」大塚愛さん - 高校野球(甲子園)-第99回選手権大会:バーチャル高校野球, 甲子園、ブラフマン応援歌にした野球女子 今や定番アメトーークにも - withnews(ウィズニュース), NHK連続テレビ小説「あまちゃん」あまちゃん ぶらばん 公式版 吹奏楽「あまちゃんオープニングテーマ」, 【1月11日まで】Amazonの音楽サブスク「Amazon Music Unlimited」が今なら3ヶ月間無料!.