2019年7月フルモデルチェンジしたタントを借りてきた スバルの新型レヴォーグはフルインナーフレーム構造を採用し、大幅に剛性が向上したSGP(スバルグローバルプラットフォーム)... スバルが10月15日に発表を予定している新型レヴォーグの心臓は、1.8L直噴ターボエンジンが搭載される。型式は「CB18」。従来... 新型レヴォーグには、新型ステレオカメラの採用などにより大幅な進化を遂げた最新世代の「アイサイト」が搭載される。さらに... “アイサイトX”のプロトタイプ車両試乗記については既報の通りだが、今回はサーキット(袖ケ浦フォレストレースウェイ)で現行型との比較試乗する機会を用意していただいたので、今回はそのインプレッションをお伝えしよう。 する「夢人塾」, アクティブトルクスプリットAWD. 新型レヴォーグの過半数を占める「STI Sport」。人気の秘訣はネガ払拭した「快適さ」にもあり!? ■シャシー系 新型フォレスター 特... ランボルギーニ 新型 ウラカン EVO STO 2020年11月18日 世界初公開, 日産 インフィニティ 新型 QX55 SUV クーペ 2020年11月17日世界初公開, ゼネラルモーターズ キャデラック 新型 エスカレード フルモデルチェンジ 日本 2020年11月13日発売, フェラーリ 新型 SF90ストラダーレ スパイダー PHEV 2020年11月12日発表, ホンダ 新型 シビック フルモデルチェンジ 11代目 プロトタイプ 2020年11月17日公開. 乗車定員:5名 その名は「STARC」!次世代の日産e-POWERは3気筒ターボ1.5ℓロングストローク。最大熱効率50... 新型ルノー・ルーテシア | いきなりBセグハッチバックの「優等生」 この一台ですべてこなせる. ホイールベース:2670mm WRX塗装ミスト除去の代車にトヨタプリウス(50系)を貸して頂いたので、インプレ... ホンダ N-BOX JF3を借りてきた ■駆動系 SUBARU車は毎年小変更を行うイヤーモデル制となっています。イヤーモデルはアプライドモデルという名称で助手席側のプレートで確認できます。 この写真ではアプライドモデル:VMGF5V8という部分が確認できると思います。ここのVMGの後のアルファベットでF型という事が確認できます。 アプライドモデルはA型から始まって1年ごとにB、C、Dと進んでいきます。レヴォーグはA~C型までが前期モデルでD型以降が後期モデルとなっています。レヴォーグのA型は2014年6月に発売されました。毎年ア … そこで3周目には、SportをスキップしてSport+を試してみた。このモードはパワートレーン制御がシャープになり、4WD制御も後輪へのトルク伝達が常に多めになる。となれば、前輪の駆動力負担が減って、余裕が生まれたグリップ力が旋回方向に使えるから、ターンインがシャープになるし、立ち上がり加速でもアンダーステアは抑えられて気持ちよく曲がる。エンジン回転数も高めに制御されるので、コーナーからの立ち上がりでもシフトダウンが遅れるということはない。 スポーツグレードが異例の人気!! ドライブモードセレクトや電子制御ダンパーなど革新的な技術を搭載。SUBARUの最先端を目指したレヴォーグと、常に最高峰を求めて挑戦を続けるSTIの強力なコラボレーションから生まれた、レヴォーグSTI Sportの魅力をご紹介します。 ※[ ]はGT-H EX。また、数値はすべてプロトタイプのもの。. FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ば... 乗り比べてわかった! 新型スバル・レヴォーグのオススメが断然「STI Sport」な理由とは?. 駆動方式:フロントエンジン+オールホイールドライブ Copyright © 2013-2020 最新自動車情報2020 All Rights Reserved. 排気量:1795cc 最高出力:177ps(130kW)/5200-5600rpm 緊急時でもないのに高速道路で堂々とUターン! WLTCモード:13.6km/ℓ(社内測定値) 使用燃料:無鉛レギュラーガソリン ■ボディサイズ スタビリティの差も非常に大きい。新型は終始路面に張り付くように安定しているのだが、従来型は、つま先立ちで歩いているような不安定感がある。リヤのスタビリティが新型より低いし、操舵の手応えにも頼りなさがある。単独で乗ってもほとんど感じないのだが、新型から乗り換えると顕著に違う。グリップ限界付近ではそれなりに安定しているので、過渡領域で大きな違いがあるように感じた。新型と較べるとブレーキの利きも甘く思えるし、ブレーキング中にはステアリングの振動も伝わってくる。, 最後にまた、新型に乗り換える。今度は電子制御ダンパーの付かないGT-H。静粛性や滑らかさ、張り付くような安定感は、STI Sportと変わらない。減衰力はSTI SportのNormal相当だそうで、ノーズダイブや過渡ロールなど、大きな動きはうまく抑えられている。...のだが、最大の違いは乗り心地。STI Sportでは感じられなかった小さなコツコツ感が、終始伝わって来る。と言っても「乗り較べて初めてわかる」という程度なのだが、意外なことにサーキット試乗でもっとも大きな差が感じられたのは、操安性より乗り心地だった。, というわけで、お勧めしたいのはSTI Sport。「STIはマニア向けなんでしょ?」と誤解しているあなたにこそ、ぜひ試乗して欲しい。価格差は35万円ぐらいになりそうだが、支払う価値は十分にある。, スバル・レヴォーグ STI Sport EX 1.6/2.0 STI Sport Black Selection; 1.6GT-S EyeSight Advantage Line; レヴォーグF型の発売日; 2019年1月にレヴォーグV-SPORTを発売; レヴォーグ E型へ2018年6月1日に年次改良; スバル25年目のフルモデルチェンジと謳われたレヴォーグ プリウス派生車のトヨタ人気車種CH-Rを借りられる機会がありましたので試... ホンダ フリード 1.5Lガソリン車を借りてきた © 2020 【最新自動車情報】カーチェキ All rights reserved. この強引なおまわりさんは実在する!? 新型レヴォーグに新設計ダウンサイジングターボ 1.8l(cb18型)採用 2016年12月に 日刊工業新聞が2021年度にスバル車の世界生産に占めるターボチャージャー(過給器)付きエンジンの搭載比率を約1割から8割に引き上げる予定であることを報じました 。 前から気になっていたホンダ軽自動車主力「N-BOX」(ハイトワゴン)の新車が入ったので早速借りてき... YOUTUBEを通じて知り合えたマツダの「RX-8」オーナー様と峠でオフ会する事になり、オーナーのご好意によりRX-8を試乗させて頂くことが... トヨタの人気車種 C-HR 1.2Lターボを目の前にした感想 ■エンジン サスペンション形式:FマクファーソンストラットRダブルウィッシュボーン スバルの大人気スポーツワゴンの「レヴォーグ STI スポーツ」(2.0Lと1.6L)を大阪スバル西店さんの方で試乗させて頂きましたので感想をピックアップ致します。, 「2.0STI Sport EyeSight」 2.0リッター水平対向4気筒ターボ(FA20型エンジン)最高出力は300ps。, 「1.6STI Sport EyeSight」1.6リッター水平対向4気筒ターボ(FB16型エンジン)最高出力は170ps。, 見た目は圧倒的にかっこ良くフロントとリヤにはスバルファンなら唸るSTIのエンブレムが取り付けられている。, エクステリアはかっこいいだけでは無くすごくラグジュアリーでエンジンを始動していてもとても静か。, 試乗車にはオプション(レヴォーグオプション)のアンダースカートが装着されていないので、これにフロントとサイドとリアにアンダースカートを取り付けるともっと引き締まる感がアップ。, これが自慢のビルシュタイン製ダンプマチック2ダンパー。コイルスプリングは専用バネレート設定のSTIコイルスプリング。乗り心地は抜群によく、コーナーリングも踏ん張る所はしっかり踏ん張る仕上がり。, グリルはルーバーでは無くオプションのメッシュグリルが似合うと思われます。メッキ加飾ガーニッシュがとても綺麗。, アドバンスドセーフティーパッケージ付きで左側のドアミラーにはカメラが内蔵されている。, 車重1560kgとWRXよりも100kg程重いが浮動式ブレーキキャリパーでも問題なくブレーキは良く効く。, インテリアは随所にレッドステッチが施されとてもレーシー。ステアリングにはマルチファンクションスイッチが色々取り付けられていてワクワク感が高い。, 室内はとても広く大人5名らくらく乗車可能。シートは専用本革(ボルドー/ブラック、レッドステッチ)なのだが、蒸れる感じは無く快適です。, それからWRXはエアコンの効きが悪いですが、レヴォーグのエアコンは寒いくらい効きます。, ステアリングは専用クランプスティフナー(左右)付電動パワーステアリングだけど、WRXの油圧式パワーステアリングと何ら変わらないハンドリング操作でした。, 走りだしてみるととても静か。エンジン音もマフラー音もほぼ聞こえない感じで、車内で同乗者と会話が出来る。, 発進時のレビュー動画です。1560kgもあるとは思えない程スムーズ。FA20直噴エンジンの低速域のトルクは強い。, 上の動画でもあります通り終盤はかなり凸凹が多い道路だったのですが、気分よく助手席に乗っている事が出来た。, この動画でもちょっとだけ左にこねてみたけどビルシュタインの足がビタっという感じで路面にくっついている様な感じを覚えました。とにかく安定している。, ここの動画の終盤にある道路も凸凹でスバル行く時にWRXで何時も通るのですが、比較にならない程レヴォーグSTIスポーツの乗り心地は良かったです。, はっきり言って速いです。激速なのかどうかはわからないですがWRXと比較すると多分0-100km/hはWRXが負けるんじゃないか(レヴォーグの方が優っている)なと思いました。, 後はびっくりしたのがアクセル踏むとCVTの加減だと思うのですがブースト圧が計測出来る限界値1.47(恐らく超えている)をパワーが欲しいだけブースト圧を持続的に上げてくれる。, ちょっと急いでスバルに戻る必要があったので踏み込んでみた動画です。マルチファンクションはブースト計にしてあるのですが(太陽の光で少し見えにくい)、1.47連続で出ていました。, マルチファンクションモニターのブースト計をアップにした写真です。アクセルを少し意識して踏み込むだけでブースト圧1.47を連発します。, 私のWRXでも1.47のブースト圧が発生するには全開を意識しないと出ないのですが、レヴォーグはいとも簡単に到達してしまうのでアフターアイドリング(ターボタイマーなどでもOK。)はしっかりやった方が望ましいと思いました。, 試乗車の燃費アベレージはリッター4.4km/Lでした。試乗車なので致し方が無い部分はあるが、あれだけ高ブースト圧が頻繁に出るなら恐らく街乗りは燃費が悪いと思われる。, VABのWRXで普通走りなら9km/L~10km/Lは伸びます。ただブースト圧高くなると3km/L~4km/Lと異常に燃費が悪くなります。, ステアリングのマルチファンクションボタンで切り替えられるSI-DRIVEモードをI(インテリジェント)、S(スポーツ)、S#(スポーツシャープ)の3つからチョイス出来るのですが、一番ブーストが掛からないI(インテリジェント)モードで走れば市街走行で8km/L~9km/Lは行けるのではないでしょうか。, GVBの時に調べたのですがIのインテリジェントモードだとブースト圧最大0.8前後で止まります。VA#は少し調べたのですがSモードでも1.47出ますのでもしかしたらIモードでも1.0超える可能性はありますが1.47までは上がらないと思います。, 「1.6STI Sport EyeSight」を阪神高速環状線と六甲山芦有(峠)で試乗させて頂きました, 高速道路を試乗させて頂いたのはVM4-D型、峠を試乗させて頂いたのはVM4-A型(GT-S), レヴォーグ1.6Lの加速能力は100km/hまでは凄まじいが100km/hからちょっと「ん?」的な。, 天保山ジャンクションから阪神高速本線合流するシーンです。加速力が凄まじいので合流がとても楽でした。, まず、峠などのきつい上り坂を1.6Lターボと言えどスイスイ登るのか疑問だったのだが, これが驚くことに何の違和感もなくスイスイ登ってくれ、六甲山の芦有(有馬側)と言う道路の上りだと軽く100は出ますと言うか意識してないと速度のセーブが難しい程にパワフルで安定している。, 普通にきついカーブでもこんなに速度出てるの?と思うくらい(上りも下りも)楽にクリアできる。, 峠を5割程マージンを取って試乗させて頂いて、みなさんが気になる点は大丈夫なのかピックアップいたします。, ・ブレーキ:1500kg超える車重だが一人乗車なら峠の下りでブレーキに不安を覚える事は無くしっかり効きます。, ・エンジンブレーキ:峠の下りでCVTは不安だと思ったのだが、エンジンブレーキはMTと変わらない感じで効きます。レヴォーグを峠で試乗してもうMTの時代は終わりだなと思いました。, ・スポーツカーに勝てる?:それはわからないが、普通の同クラスの車なら峠で負ける事は無いです。, 直進から壁の様に右に曲がっている急カーブでもEyeSight自動ブレーキ介入の違和感は無かったけど、メーターセンターのモニタには衝突警告が出ていました。, ずっとインプレッサばかり乗っている昭和感覚が抜けない私にとって「アイサイトなんていらね~と言うか運転アシストってほんまか~」とアイサイトなんてまったく信頼していないし使いたいとも思わなかったが, 完全にアイサイトへ依存して運転するのは危険だが(霧や木の多い下り坂は誤動作するそうです)、こんなにしっかりと動作してくれるならとてつもない安心感を得られると思います。, 例えば、阪神高速などの混雑する道路で車線の変更等は前も後ろも集中する必要があり高度な運転テクニックを必要とするのだが、アイサイトが前を見張ってくれるなら運転手は後ろを重点的に気にする事ができ楽に車線変更や合流をこなす事ができる。, 初めて走る道路も、標識やナビに気を取られていてもアイサイトが前をカバーしてくれるのでストレス無く運転を楽しむことができたりするので, レヴォーグ1.6Lターボ車の見た目と乗り心地はレヴォーグ2.0Lとほぼ同じで実は最初レヴォーグのスペック詳細を聞かされずに試乗してましたがパワフルだったのでまったく1.6Lと気が付かなかった。, レヴォーグ2.0Lと大きな違いは時速100km/hからの伸びがレヴォーグ1.6Lでは決定的に遅い。, レヴォーグ2.0Lでは時速140km/hまで意識しなくても、知らない間にこんなに速度が出ているの?的な感じで加速するのに対して、レヴォーグ1.6Lでは時速100km/hまではストレス無く加速するがそれから上はアクセルをベタ踏みしても加速してくれない印象が強かったです。, リニアトロニックとスポーツリニアトロニックの違いは余り差は無く、2.0Lも1.6Lもマニュアルモードで普通にMT車の様にシフトダウン可能でした。, レヴォーグ1.6Lにはアイドリングストップ機能が付く。信号待ちをしているとエンジンが静かに停止、発進しようとブレーキを離すとセルモーターの回る少し嫌な音がしてエンジンが始動します。, アイドリングストップから始動する動画です。音が小さいのでセルスターターの音が聞こえにくいですが実際運転しているとちゃんと聞こえます。, 燃費を良くするコツとしては、ブーストが掛からないように(上がっても0くらいまで)でアクセルをゆっくり踏むのが望ましい。, もしくはマニュアルモードにして、右側のパドルシフトをずっとシフトアップ入れて(上三角アイコンが出ないとギアが上がらないです)、高いギアでなるべく走ると燃費は良くなると思います。, またマニュアルモードなら軽くエンジンブレーキ発生させる事で燃料が止められるので燃費が伸びる可能性が高いです。, VABは峠の長い下り道でずっとエンジンブレーキのまま降りてきたら37km/Lまで伸びました。, VABのリッター37kmを記録した画像。ほぼエンジンブレーキのみ(アクセルを何度か踏む場面はありましたが)で山から降りてきたらすごい燃費になってました。, なので恐らくレヴォーグもマニュアルモードでエンジンブレーキを発生させる事で燃費は伸びると思います。, 例えば信号で止まる前にシフトダウンを使う。アクセルをオフにする場面で大きく減速しないように一速落とす。, すごくいい車です。エクステリアもかっこいいですしインテリアはインパネ周りにスイッチが沢山あってワクワク度満点。, 乗り心地は最高で、第七岸壁につづくみなし道路はかなり凸凹でWRXだと最悪な乗り心地なのですが、レヴォーグSTIスポーツはすごく凸凹が気にならない程のソフトな感じでした。, これにアイサイト3.0が搭載されているので、ドライバー負担はすごく軽減されるのでお盆とお正月それにGWでのドライブも苦痛にはならないと思われます。, 駄目な点、ブースト圧高すぎる(一瞬は良いのだけれど、連発するのが気になる)。タービンへの負荷が心配なのとエンジンルームの熱は相当なものになると思います。, 燃費は悪くなるが、アフターアイドリングはやった方が良いと思います。街乗りならエンジンを停止する前に1分程度、ちょいのりなら30秒程度、高速道路走ったら5分程度はエンジン停止するまえにアイドリング状態でタービンとエンジンを冷やして上げて下さい。, 後はCVTなので回転数上げたシーンでシフトアップの時にマニュアル車の言うクラッチを蹴る様な挙動場面があったのであれはちょっと危ないなと思いました。アイサイトが搭載されているのでその点は相殺されるのでしょうか。, 何れにしても素晴らしい車です、ブーストが高いのはアクセルをゆっくり開くように走れば対策できますし何よりも速いし安定しているし安全装備充実が素晴らしいかなと思った次第です。.