明るいのには遭遇したことが 始めはbrzの遺産の面発光ledをバックランプ/リアフォグのサービスホール・カバーに穴空けして取り付けて使おうと考えて(画像上)配線準備していたが,加工するの面倒になって市販のキット(画像下)を使用することに. ありません。, 投稿: レンズの色が違うことがわかります。 ↓ちなみにこちらはレガシィ、左右の色は同じですがよ〜く見ると↓ ランプの形状が違いますね。 HIDバックランプ装着車がいる しかも2灯ともでしょうから、それはバックでも走行できそうですね(^^;) šåŒå£«ã‚’つなぐ方法, その他灯火類の「色」ルール。保安基準をひも解くと…. ②配線をラゲージルームに引き込むにあたりどこに穴を開けたでしょうか? テールランプからどう引き込むか困っております。 ③当方ロッカスイッチ買いましたが、配線はリフレクターのマイナス(黒)線にエレクトロタップで繋げるだけでよいでしょうか? と、思えるほどKYに明るい 今の34を購入時、初めて「希望ナンバーにしよう!」と思い、嫁の誕生日にしてみました。 1 点 2011年10月18日 (火) 22:40, http://app.mitelog.jp/t/trackback/228237/27245131. ただ、映像が安定しない事もあると聞くので、電源の確保などには気を遣いそうです。 夜間公道走行できるのでは?? あっきー | 2011年10月18日 (火) 21:42, それは多分ヘッドライト用の物を付けているのでしょうねぇ。 ラブラブなので(^^), 投稿: 2011年10月10日 (月) 11:33, 確かにお車の画像を拝見すると、ライト類は変更されていませんね。 メイン バックカメラの取り付けで、最も難所となるのは「配線の引き込み」だ。難しいと言うより手間がかかるのだが、ここで実際の作業工程を見るとコツがつかめるはず。バックカメラの電源取り出しについても、わかりやすく解説。 34gt-rのバックランプって1灯だけなのですごく暗いので、今まではハイワットバルブを付けていました。 それでも暗いのですけどね。 購入したHIDキットは2灯分がセットだったので、1セット分は余って予備になり、いつ切れても安心です(^^) (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 決まった場所に取り付けるパーツと違って、配線を加工したり、見栄えが悪くならない様に配線を隠して取り回したり、一体どこから配線を外へ出すのか、美観を損なわないカメラの位置は?などなど。, バックカメラの取り付けって、大変と言ったイメージがあるのですが、事前に計画を立てて作業すれば案外サクッと短時間で終わります。, 失敗したり、思った以上に時間が掛かってしまうのは、計画や下調べ無しのぶっつけ本番でやってしまうと、ですよね。, 今回の場合だと、カメラをどこに固定するのか、配線をどこから外へ出すのかを決めておかないと、後半で悩んで作業の手が止まってしまうと言う事になると思います。, 助手席側はグローブボックスを避けて配線を通すのに工数が増えるため、運転席側へ回す事にします。, ここからサイドシル側のカーペット裏に配線を這わせて行き、リアシートのヒンジ脇からラゲッジスペースへ。, リアバンパー右後方を下から覗くと、外からの配線を引き込んでいる直径5cm程のグロメットが確認出来たので、ここから外へ配線を出す事が出来そうです。, ちなみに、BK型のアクセラはオーディオカプラにリバース信号線が来ておらず、該当の21番ポートが空きになっています。, そのため、カメラの電源はハッチのバックランプから分岐し、ナビへ入力するリバース信号もここから前方へ引こうと思います。, メーター周りなどを探せばリバース信号があると思いますが、色々と慣れない部分を分解するよりは、ついで作業で後ろから前へ引いた方が早そうだからです。つまり手抜き(笑), 今回、ハッチのバックランプからリバース電源取り出しとなるので、窓枠の内張りの中に配線を通し、ヒンジ脇の蛇腹ホースから室内へ引き込みます。, とりあえず、今回はランプのカプラ根元から確保したので、難易度の高い蛇腹を通して、天井裏に抜けようと思います。, 後は天井裏からピラーを這わせ、前方から引っ張って来た線と同じ場所に合流させる流れです。, ちなみに、後からリバース信号を引っ張って来るのも、同じ場所を通ってナビへ向かう事になりますね。, サイドシル脇も、このステップを取り外せばカーペットをめくる事が出来るので、この中を通して一気に後ろのラゲッジスペースを目指します。, 内張りは上部だけ浮かす事が出来れば、腕を突っ込んで狭いスペースからラゲッジルーム側に捻じ込めそうですが、この時点では何とも言えないところ。, ラゲッジルームに配線が通れば、後は側面の内張りを剥がしてゴールに辿り着きそうです。, カメラの位置は後方から確認すると、ナンバープレート上部のバンパーに少し切り込みを入れれば設置出来そうですし、少しナンバーをずらしてみたところ、ナンバープレート裏はフラットな鉄板が貼り付けられているので、ここに屋外用の強力両面テープで貼り付け、ナンバープレートでプレスしちゃえば良さそうです。. 僕のはバックランプ用で所詮15Wの単発なので、そんなに明るくないですよ。 始めはbrzの遺産の面発光ledをバックランプ/リアフォグのサービスホール・カバーに穴空けして取り付けて使おうと考えて(画像上)配線準備していたが,加工するの面倒になって市販のキット(画像下)を使用することに. ゆうきパパ674号 | ②配線をラゲージルームに引き込むにあたりどこに穴を開けたでしょうか? テールランプからどう引き込むか困っております。 ③当方ロッカスイッチ買いましたが、配線はリフレクターのマイナス(黒)線にエレクトロタップで繋げるだけでよいでしょうか? 34の場合、元々ヘッドライトがHIDなので、他のライト類は見た目の自己満足以外に交換のメリットは少ないですよね。 « 北陸スカイラインフェスティバルと石川動物園 | (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 日光の角度の影響で見難いですが、赤丸の位置から覗き込むとペダルがチラっと見えますので、そこへ向かって配線を通しました。, ペダル上には太い配線の束やサービスホールが見られるので、2~3箇所を結束バンドで留め、足元に垂れ下がって来ない様に固定しておきます。, ちょっと気になっていたリアシート脇は、内張りを浮かすと手は入るのですが、ラゲッジルームの内張りが張り出していて、このままでは通せそうにありません。, しかし、リアシートを外す必要は無さそうなので、ラゲッジルーム側から先に内張りを取り外します。, 電源確保はバックランプからなので、ハッチの窓枠に這わせて蛇腹ホースまで持ってきます。, ここに配線を通すのが少々大変ですが、幸いにもそんなに長いホースではないので20cm程度の結束バンドや、針金やワイヤーなどの配線通しを使って引っ張り出します。, ちなみに、ここのホースをボディから分離させたら、忘れない内にちゃんと戻しておきましょう。, やはり予想した位置にグロメットがありましたので、こいつに穴を開け、配線を外へ出します。, ちなみに、このグロメットは繋がってるカプラを外して、上から押さえると簡単に手の届くリアバンパー裏にスポッと抜けます。, 配線を通し終わったら、バンパー裏から上に向かってグイグイ押さえれば意外と簡単に元通りに嵌ります。, 配線が外に出たら試しに電源と映像入力ケーブルを接続して、動作確認をしてみましょう。, って、これは配線を外に出すと言う労力を伴って動かなかったら大損なので、配線を外へ通す前にやった方が良いかも…。, バックギアに入れたのに何故??って焦ったのですが、リバース信号をナビへ入力するのを忘れていました(汗), 画素数はそんなに綺麗とは言えず、コントラストも強めですが十分な視認性は確保されていますね。, それじゃあ、仕上げのカメラの固定をする前に、ナビは元通りにインパネに収めてしまいましょう!, うわぁあぁあああぁぁあああああぁぁぁぁぁあぁあぁぁぁぁああああぁぁ!!!!!(号泣), 再起不能と思われた絶望的な折れ方だったものの、プラスチックと言う事が幸いして、細めのビスを捻じ込んだらあっさり取れました。良かった…。, たまたま2個買っていたので、面倒ではありましたが予備のケーブルを引き直し、今度は慎重にナビをインストール。, ナンバープレートの裏側にはフラットな鉄板があるので、大凡のセンターを出してバンパーに切り込みを入れておきます。, カッターで簡単に切れますが、手を滑らせて自分の方に刃が向かってくると危ないので、ここは敢えて地面に寝転がって作業しました。, 後は10cm程度の汎用ステー先端にカメラを取り付け、ガムテープなどで仮固定をしながらカメラの位置や角度を調整し、仕上げは屋外用の強力両面テープでナンバープレート裏の鉄板に接着。, ケーブルは熱収縮チューブとビニールテープで防水策を施し、リアバンパー裏の配線などと一緒に結束バンドで留めてしまえば仕上げも完了です。, ちょっと思わぬトラブルで予定より時間が掛かってしまいましたが、なんとかDIYで無事にカメラを取り付ける事が出来ました!, 慣れないバックカメラですが、結構しっかり映っているので、後方に障害物があっても怖くな…ゴンッ!.