つまり、利益がしっかり出せているのかを知るための指標ということになります。, ほかにも、プロフィットファクターはシステムトレード(自動売買)のプログラムの優劣を判断する基準にもなります。 システムトレードのここがいい!多忙な人にもおすすめな理由と注意点, プロフィットファクターの計算式はとてもシンプルです! ・好きなストラテジー(自動売買プログラム)を選ぶだけ!, みんなのシストレについてもっと知りたい方はこちらの記事もご参考ください。 システムトレードでプログラムを選択する際に、プロフィットファクターの数値も参考にしてください。, しかし、システムトレードのプログラムのプロフィットファクターが2を超えるような、高い数値のものには注意したほうがいいかもしれません。 投資は心理が影響してきますので、自分がどんな心理で取引しているかを知ることも大切になります。, 上の例では10回の取引回数でしたが、実際は20~30回くらいの取引回数で算出するのがいいでしょう。 プロフィットファクターはある期間の間での総利益が総損失の何倍かを示す数値です。 名前だけ聞いてもなんのことかサッパリわかりませんよね・・・。, プロフィットファクターとは、直訳すると「プロフィット(利益)ファクター(因子、要因)」という意味になります。 All rights reserved. プロフィットファクターとあわせて知ってほしいのが、 リスクリワードレシオ と 勝率 です。 「勝率はともかく、リスクリワードレシオってまた難しい言葉が出てきたぞ」 と思われる方もいらっしゃるかもしれません。 1つずつ見ていきましょう! 「勝率はともかく、リスクリワードレシオってまた難しい言葉が出てきたぞ」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。 プロフィットファクターとは、最も重視されているトレーダーの能力・実績を測る指標の1つ。, 投資関係のメディアやドキュメントで「PF」という二文字が出てきた場合は「プロフィットファクター」を示す場合が多いです。, 投資診断士をしていると様々な計算式を目にしますが、一番簡単な計算式かもしれません。, 利益を出したトレードが4000回、総利益が5000万円 損失を出したトレードが6000回で総損失4000万円, クロサキが思うに、「より少ない犠牲で、より大きな利益を出せているか」を数値で示せるから。, トレードはノーリスクではありません。 一定のリスクを負い、一定の損失を出すことを前提とした経済活動ともいえるでしょう。, その損失をどれだけ抑えているかがトレーダーとしての優秀さを示す1つの指標となるわけです。, ジャイアンは1年間で総利益1000万円、総損失900万円であり、結果として利益は100万円。プロフィットファクターは1.11。(1000万/900万=1.11), 一方、ノビタは1年間で総利益200万円、総損失120万円であり、結果として利益は80万円。プロフィットファクターは1.66。(200万/120万=1.66), 総利益と総損失という細かい数値まで見ると、ジャイアンとノビタのいずれが優れたトレーダーであるか分かりますね。, ジャイアンの方は、総利益と総損失がほとんど変わりません。相当に大きなリスクを負ったうえで、リスク量と同等程度のリターンしか得ていない。, それに比べて、ノビタの方は非常に効率的なトレードをしています。 少ない損失で大きな利益を上げているのです。, このように、利益額だけでは見落としてしまう投資家としての優秀さを捉えられることが、プロフィットファクターの利点といえるでしょう。, ジャイアンの場合、大きな利益を出したと思ったら、次の日は同じくらいの損失も出していく、といったトレードになるので、精神的な負担は計り知れません。, ノビタの場合、利益に比べて損失の程度が低いので、精神的に負担のかからないトレードになる可能性が高い。, トレードにおいて最も重要なのは精神の安定です。 精神的に安定していなければ、日々の投資活動を正確かつ冷静に行うことは不可能。, 精神的に安定した株式投資生活を送りたければ、PFの高い投資スタイルを身につけると良いでしょう。, 例えば、金融機関がある金融商品を販売する際に「この金融商品はプロフィットファクターが2.00を超えています」などと宣伝する際に使われます。, また、個人投資家も、FXであれ株であれ、過去に実行した全トレード履歴を集めてプロフィットファクターを計算し、効率的なトレードができているかチェックすることがあります。, トレーダーは新たな売買ルールを考案することがあります。 その売買ルールが利益を生むものか否かを確認するためにバックテストをします。, バックテストとは、過去のチャートを使って、その売買ルールの通りに売買を繰り返したらどのような結果になるかを確認する作業です。, バックテストの際にプロフィットファクターを見るわけです。 PFが十分な数値であれば、その売買ルールは優秀であると判断されます。, 例えば「この売買ルールは、バックテストの結果、プロフィットファクター5.00を出しました」と宣伝している金融商品があったとしましょう。, そのバックテストが信用に値するものか否かは、トレード回数に大きく依存します。バックテストにおけるトレード回数がわずか10回だった場合、偶然にプロフィットファクターが5.00となるかもしれません。, しかし、そのようなプロフィットファクターを信じて、リアルトレードに出ることは危険すぎます。, 統計上、信頼に足るだけのバックテスト回数をこなしていないものは、非常にリスキーと言わざるを得ない。, これはクロサキ個人の長年の投資経験から言うのですが、バックテストによって、売買ルールのプロフィットファクターを正確に知るには、最低1000回のトレード回数が必要となります。, カーブフィッティングの問題もあります。 カーブフィッティングとは「過剰最適化」という意味の用語です。, 例えば、2018年から2020年までの期間でバックテストをするとして、その期間において最高の結果が出る複雑な売買ルールを作ってしまうのです。, つまり、2018年から2020年までの期間に最適になるように高度にカスタマイズされた売買ルールです。, 「2018年から2020年までの期間でバックテストをしたら、プロフィットファクターが4.00となりました」と宣伝するわけです。, しかし、そのように過剰に最適化された売買ルールを2018-2020年の期間以外で使っても、同じ結果はもちろん、似たような結果すら出ないでしょう。, プロフィットファクターの異常に高い売買ルールは、カーブフィッティングではないかとまず疑うことが必要です。, 自分で何か売買ルールを開発する際にも過剰最適化になるのを避け、なるべくシンプルなルールとすべきです。, これも私個人の長年の投資経験から言うのですが、プロフィットファクターの目安としては、1.50~2.00あたりがベストでしょう。, 2.00以上の数値になった場合は、トレード回数が異常に少ないか、もしくはカーブフィッティングに陥っている可能性が高いです。, 私の周りのトレーダーたちに聞いても、用いている売買ルールのプロフィットファクターは、2.00どころか1.25~1.50のレンジに収まっているものも少なくない。 1.25という数値は一見低いように見えます。, しかし、トレード回数を1万回以上も繰り返し、非常にシンプルな売買ルールを用いて1.25というPFの数値が出ているのであれば、将来においてもPF1.25に近い実績になる可能性を十分に秘めています。, しかし、プロフィットファクターのみで投資家の能力を完全に測ることはできないし、その売買ルールを100%信用することはできません。, 投資活動の優劣を判断する指標としては、PFのほかに、最大ドローダウン、リスクリワードレシオ、勝率などがあります。, なお、話題株セレクトというAIが次にくるテーマ株を選んでくれるツールと組み合わせてPFを使ってみるのも1つの戦略かなと思いますよ。. トレードの記録をつける一番の意義は『自分のトレードを客観視できる』ことでしょう。 投資対象やトレードスタイルによらず、必ず儲かる投資なんてありえません。 当たり前ですよね? おなじく、損をしたことがない投資家もありえないでしょう。 ウォーレン・バフェットだってドナルド・トランプだって時には損失を出します。 それでも彼らがあれだけの資産を築けたのは何故でしょうか? 答えは簡単。『損失より大きな利益をあげた』から。 これが今回の話のテーマです。 単に『損失より大きな利益を … 2人の純利益だけ見ると、同じ金額の利益なので取引に差がないように感じます。, Aさんは20万円の利益を出すまでの損失は20万円でしたが、Bさんは200万円もの損失があり、精神的にも負担が大きくなると考えられます。, 同じ金額の利益を上げていてもAさんの方が、損失が少なく効率よく稼いでいるため、投資のパフォーマンスが良いと言えます。, そうね。 © Copyright 2020 おとなの株ラウンジ. 1.32(リスクリワードレシオ)×0.6(勝率)÷(1-0.6(勝率))=1.98(四捨五入して2), FXで利益を出すためにはプロフィットファクターが1より大きい数字でなければいけません。 ただし、リスクリワードレシオの数値が高くても、勝率が低すぎると利益が少ないこともあります。 リスクリワードレシオと勝率. リスクワードレシオが0.5なら、勝率が0.67以上必要になります。, プロフィットファクター、リスクリワードレシオ、勝率の3つを使えば自分の取引パフォーマンスが簡単に分析できますね!, 自分の取引を客観的に分析することは、投資をしていく上でとても大切です。 1つずつ見ていきましょう!, リスクリワードレシオを直訳すると、リスク(リスク)リワード(報酬)レシオ(比率)となります。 リスクリワードレシオ1.0で勝率50%なら、(1.0 × 0.5) ÷ (1 - 0.5)となるので、プロフィットファクターは1.0となります。 リスクリワードレシオとは 総損失 = 12.5万円 プロフィットファクター=0.8 1トレードあたりの平均利益 = 10万円 1トレードあたりの平均損失 = 6.25万円 リスクリワードレシオ=1.6 利益の出たトレード回数 = 1回 総トレード回数 = 3回 勝率 = 0.33 aさんのトレードでは、リスクリワードレシオは 7.3(平均利益)÷5.5(平均損失)=1.32(リスクリワードレシオ), 勝率とリスクリワードレシオを使ったプロフィットファクターの求め方。 勝率は総取引のなかで何回利益を確定したか、何回損切をしたのかを知るものです。, 計算式を使って例をみていきましょう! 「プロフィットファクターってなに?」 基本的にはリスクリワードレシオは勝率とセットで使います。, 次に勝率について見てみましょう。 投資をする上で自分の取引の分析をすることは大切です。, など、取引の記録をつけてプロフィットファクターを算出して自分の投資を振り返ってみましょう。, またプロフィットファクターはシステムトレードのプログラムの優劣を判断するときの目安にもなります。 22万円(総損失)÷4(損失を出した回数)=5.5万円(平均損失) 長期でバックテストが行われているか、きちんと確認してからプログラムを選んだほうがいいでしょう。, 今回は初心者の方におすすめのプログラム選択型のシステムトレードをご紹介します。 Copyright © 2019 FXで億り人 All Rights Reserved. システムトレードではバックテストと呼ばれるツールがあります。 平均利益÷平均損失=リスクリワードレシオ, ・リスクリワードレシオが1より小さい場合は、利益が少なく損失が大きい 勝率がよくても損益がマイナスだったら意味がないわよ。, 今回はFXをやる上でぜひ知っておいて欲しいプロフィットファクターについてご紹介します。, これから始める自動売買で悩んでいる方はストラテジーを選ぶだけのみんなのシストレがおすすめ!, ・最低取引単価1,000通貨 システムトレードは手動で取引をするのではなく、あらかじめ決められた売買ルールをもとに作られたプログラムを選択し、自動で取引をおこなうものです。, システムトレードについてもっと詳しく知りたい方はこちらもご参考ください。 しかし、プロフィットファクターのみで投資家の能力を完全に測ることはできないし、その売買ルールを100%信用することはできません。 投資活動の優劣を判断する指標としては、pfのほかに、最大ドローダウン、リスクリワードレシオ、勝率などがあります。 44万円(総利益)÷22万円(総損失)=2(プロフィットファクター), リスクリワードレシオ: リスクリワードレシオは利益確定と損切のバランスを算出したものです。, リスクリワードレシオの計算式は以下になります。 つまり「プロフィットファクターの数値が大きいほど効率よく利益を上げている」と考えることができます。 最低取引通貨単位は1,000通貨単位で、平日は24時間フリーダイヤルでサポートが対応してくれるので、使い方がわからないときも安心して問い合わせができます!, ・最低取引単価1,000通貨 ・リスクリワードレシオが1より大きい場合は、利益が大きく損失が小さい ・好きなストラテジー(自動売買プログラム)を選ぶだけで簡単自動取引, まず、プロフィットファクターとはどんな意味なのでしょうか? 相場が安定している短い時期だけしかバックテストを行われていないと、利益が安定し、プロフィットファクターの数値が高くなることがあります。. 理想的なプロフィットファクターの目安は2ですが、1.3~1.5が平均的に優秀なプロフィットファクターの目安になります。, 次に例を見てみましょう。 総利益÷総損失=プロフィットファクター, プロフィットファクターは1だとプラスマイナスゼロで、1以下だと損失になっていることを表します。 計算式は以下になります。 プロフィットファクターという言葉を目にしたことがありますか? 聞いてください!僕の選んだストラテジーの勝率が90%になりましたよ!, 勝率もいいけど、ちゃんと損益も確認してる? 44万円(総利益)÷6(利益を出した回数)=7.3万円(平均利益) 取引用のノートを用意して日付、売買代金を記録しましょう。, そのときに「自分がどうしてそのときエントリーしたのか」という理由や自分の気持ちを書いておくのもおすすめです。 プロフィットファクターの理想は2以上です!, プロフィットファクターを1より大きな数字にするために必要な勝率を、リスクリワードレシオを使って計算してみます。 ぜひ活用してくださいね!, 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。, 2.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。, 3.当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。, 4.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。, FXで億り人はシェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサイトです。. 「おとなの株ラウンジ」運営責任者。日本株投資歴15年。投資診断士。テクニカルアナリスト一次試験合格!バフェットとPリンチが心の師。リーマン・ショックで運用資産半減⇒1度は株から足を洗うが、バリュー投資+テクニカル投資で復活。バリューグロース+テクニカルを組み合わせた投資が得意。座右の銘は未練残すな、金残せ, アシスタントのさくらです。株は勉強中の身ですが、投資診断士のクロサキさんにわからないところは沢山質問をして、みなさんが気になることもドンドン質問していっちゃいます。デイトレは難しそうなので、中長期運用で10年後に3000万を目標にしていきます!よろしくお願いします。. 例えばAさんとBさんの純利益がそれぞれ20万円だったとします。 バックテストは過去のデータを使うことによって「利益をきちんと出すことができるのか」を検証するもので、その際にプロフィットファクターを出すこともできます。, 例えば相場が安定している短い時期だけしかバックテストを行われていないと、利益が安定し、プロフィットファクターの数値が高くなることがあります。 自分がどんなときに失敗したのかを振り返り、同じ失敗を繰り返さないことで利益を伸ばしていくことにつながっていきます。, プロフィットファクターを算出するには、自分の取引記録をつける必要があります。 また、月ごとや半年、1年ごとなど一定期間ごとに計算して振り返ってみるのもわかりやすいかもしれません。, 最初のほうにもお話しましたが、プロフィットファクターでシステムトレードのプログラムの優劣を判断することもできます。 選択型はプログラムを選択すると、あとは自動で取引してくれるのでFX初心者の方におすすめです。, みんなのシストレはトレイダーズ証券が提供しているサービスです。 「なんとなくスポーツジムの名前っぽい感じもする・・・」 1つのデータだけじゃなく、いろいろな角度から取引を分析することが大切なのよ。, プロフィットファクターとあわせて知ってほしいのが、リスクリワードレシオと勝率です。 専門知識なしでもOK!みんなのシストレで他人の戦略を使いこなそう, 今回はプロフィットファクターについてご紹介しました。 10回取引した場合のプロフィットファクター、リスクリワードレシオ、勝率を算出してみます。, プロフィットファクター : つまり、自動売買プログラムがしっかり利益を出せているかを知るためのものなんです!, こんにちは、FXの自動売買を猛勉強中の大輔です。 リスクリワードレシオ=(プロフィットファクター×(1-勝率))÷勝率, リスクワードレシオが3なら、勝率0.25以上で利益が出ることになります。 と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。, プロフィットファクターとは総利益が総損失の何倍かを表す数値のことであり、自動売買プログラムの評価をする際の目安になります。