ランニングに怪我はつきものですが、なかでも足首は痛めやすい部位のひとつです。足首が痛くなる最大の原因は「捻挫」ですが、捻挫以外にも練習のし過ぎなどで足首が痛くなることがあるので、日々の練習のときから注意しなければなりません。今回はランニングで足首を痛.. Copyright© 青山筋膜整体 理学BODY 表参道店 , 怪我. ランニングで足首を痛めたら、すぐに冷やすことが大切です。ランニング途中でも痛みがはげしい場合には、その場で冷やすようにしましょう。 痛みが長引く場合には、いつまでも冷やせば良いわけでもあ … 外来、病棟、手術、日直、当直など通常の業務をこなしながら時間を作ってトレーニングをしている。1981年生まれ、群馬県前橋市出身, 整形外科医という立場としてはお恥ずかしい話なんですが、一般に言われる「ランニング障害」を一通り経験したんです(笑)。, — いきなりカミングアウト!(笑)。でも、説得力が増します。まずお聞きしたいのは、そもそも「ランニング障害」ってどういうものですか?, ランニングは上半身よりも下肢(下半身)を主に使って行うスポーツですから、その下肢にランニングというスポーツならではの不具合が起きる障害です。その中でも代表的なものが大きく5つあります。 その過程でイタリアのドクターが考案した国際コースである『Fascial manipulation(筋膜マニピュレーション)』のコースを修了しています。 部活で走る中高生から市民ランナーに至るまで、ランナーにとって“怪我”は最大の関心事の一つです。 2020 All Rights Reserved. 走っているときに足首に痛みを感じることがある人は、ランニングのフォームやストレッチ不足が原因である可能性を考慮しましょう。足首は走るときに何度も強い負荷がかかる部位です。怪我を予防するためのフォームやストレッチを紹介します。 「扁平足」・「足底筋膜炎」・「外反母趾」を改善して、毎日を元気で明るく過ごしてもらうために、 ランニングでくるぶしの外側や下側に痛みが出る原因は硬くなった筋膜かもしれません。この記事ではくるぶしに痛みが出る人の原因や対処法、改善例などを紹介しています。  ランニング障害を長年診てきた整形外科医であり、現役サブ2.5ランナーでもある諏訪通久先生に、「ランニングと怪我」についてお話を聞いてきました。体のことやランニングのメカニズムを知り尽くした整形外科医の先生であれば、怪我をせずに済む方法を知っていそうです。まずは、ランニング障害について詳しく話を聞いてみました。, 群馬県高崎市にある「榛名荘病院」に勤める整形外科医。専門は膝関節でスポーツ障害全般(特にランニング障害)の治療が得意。 copyright © ACHILLESRETAIL CORPORATION All rights reserved. そんな想いで開発したテンシャルのインソールを紹介 トレーニングやマッサージをおこなうことでも改善を図れますが、 自身もランナーとして活動し、ランニングを始めて一年でサブスリーを達成。自己ベストは第66回別府大分毎日マラソンでの2時間28分57秒。 シンスプリント、アキレス腱炎、捻挫後の後遺症、足底腱膜炎、ランニングによる膝痛・腰痛・股関節痛など 表参道駅徒歩2分の筋膜整体, この記事を読んでいるあなたも、ランニングでくるぶしの外側や下に痛みが出る事で悩んでいるのではないでしょうか?, 多くの人は病院や整体に行ってマッサージやテーピングをしますが、治らない人が多いです。, なぜ、ランニングでくるぶしの外側や下に痛みが出る人は、マッサージやテーピングをしても治りにくいのでしょうか?, 実は、ランニングでくるぶしが痛くなる人には2つの共通したポイントがあり、それを改善する事でくるぶしの痛みが改善するケースが圧倒的に多いです。, 実際に当院ではくるぶしの外側や下側の痛みであれば、3回以内の施術で改善しているケースが多いので、今回はくるぶしの痛みを治す方法をあなたにもお伝えできればと思います!, 記事の後半では、実際に自分でできる対処法についても解説をしていますので、やってみていただき変化を感じてみてください。, この記事を読む事であなたの痛みが解決できる可能性が高いので、最後まで読んでいただければと思います。, ランニングでくるぶしの外側や下に痛みが出る人は、過去にした捻挫が影響している人もいます。, 実は、足首の捻挫でもくるぶしの外側や下を痛めていたり、筋肉などが硬くなってしまっている人が多いので、くるぶしの外側や下に痛みが出る事があります。, 捻挫の治療が早期に適切に行われなかった場合や、患者さんが諸事情で治療を受け入れなかった場合に関節の不安定性や痛みが残ることがあります。, しかし、捻挫の影響で足首〜くるぶし付近の筋肉や筋膜が硬くなってしまう事が多いため、その状態でランニングをすると、くるぶしの外側や下に痛みが出る事があります。, ランニングでくるぶしの外側や下に痛みが出る人の特徴としては、体重が外側にかかりやすいという特徴があります。, これはランニングの時や立っている時などに、足の外側に体重がかかっている状態の事です。, 足首が不安定な人や筋肉の反応が遅くなっている人は、ランニングで体重が外側にかかりやすくなる傾向があります。, 理由としては、足首の外側にはたくさんの靭帯があるため、筋肉の力をそこまで使わなくても体重を外側にかける事で安定するからです。, 実際にやるとわかりますが、長時間普通に立つよりも、小指側に体重をかけた方が立つのが楽になる感覚があると思います。, このように足首の外側に体重をかけると靭帯の力で安定するので、足首がゆるい人やグラグラしている人は、無意識のうちに体重を外側にかけてしまうんです。, そうすると、足首の外側にある組織に負担がかかりやすくなってしまうので、ランニングでくるぶしの外側や下に痛みが出やすくなってしまいます。, 膝も足首と同じで筋力が弱かったり、不安定性があると無意識のうちに外側に体重をかけて安定を図ろうとするので、外側にある組織に負担がかかってしまいます。, 改善するためには、このように足を前に大きく踏み出した時に、左右にブレずにしっかりと踏ん張れるようにするトレーニングなどが有効です。, この時に膝が安定していないと、膝がまっすぐになりませんし、左右にブレてしまいます。, 股関節周りや体幹の筋力が弱いと、体がブレやすくなってしまうため、足首への負担も大きくなります。, 筋膜はこのように全身繋がっているため、痛い場所はくるぶしの外側でも、本当に硬いのは繋がっている膝の外側だったりします。, 特に過去に下半身で何かしらの怪我をした事がある人は、この外側で繋がっている筋膜が硬くなりやすいので、ランニングでくるぶしの外側や下側に痛みが出る事が多いです。, そのため、過去に怪我をした事がある人は、その怪我をした周辺の部位を柔らかくほぐしてあげる事が大切になります。, ランニングでくるぶしの外側や下に痛みが出る時の治療としては、以下の3つがあります。, ランニングでくるぶしの外側や下に痛みが出る人は、病院や整体でテーピングをしてもらった事があるのではないでしょうか?, 確かにテーピングをすると、くるぶしの外側や下への負担を減らす事ができるため、ランニング中の痛みが軽減する人がいます。, テーピングはあくまで負担を減らすためのものなので、テーピングをするのは良いのですが、しっかりと根本的に治していく事も考える事が必要なんです。, (2)このテープはひっぱりながら巻いていきます。足の外側からテープを2周巻きます。, (3)足の外側に来たら、足首の前を通って、アキレス腱を通り、また足首の前を通って巻きます。, (4)同じところを辿るようにして、足首の前を通し、アキレス腱まで来たら外側のかかとに引っ掛けます。, ランニングでくるぶしの外側や下に痛みが出る人が病院に行くと、くるぶしの外側にある腓骨筋をストレッチしたりマッサージしましょう!と言われる事が多いです。, 実際にくるぶしの外側は筋膜で他の場所にも繋がっているため、くるぶしの外側の筋肉をいくらほぐしても効果がない事が多いんです。, また、くるぶしの外側が痛い時は、外側にある筋肉が引っ張られて痛みを出していることが多いため、ストレッチでは余計に痛みが悪化してしまうリスクもあります。, ランニングでくるぶしの外側や下に痛みが出る人は、筋肉ではなくて筋膜に問題が起きている人が多いです。, 実際にくるぶしの外側の筋膜はこのように繋がっているため、痛い場所はくるぶしの外側でも原因になっている場所は他の場所である事も考えられます。, ここまで様々な事を解説しましたが、くるぶしの痛みに1番効果的なのは、筋膜をほぐす事です。, なので、このくるぶしの外側と繋がる筋膜をほぐす事で、ランニング時の痛みが改善するケースが多くいます。, ランニングでくるぶしの外側や下に痛みが出る人は、以下の場所が硬くなりやすいので、マッサージをしてみていただき、実際に効果を感じてみてください。, ※マッサージを不適切な方法や自己流でやった場合は、効果がなかったり悪化するケースがあるので、わからない場合や痛みが悪化する場合は無理に行わないようにしましょう。, 話を聞いていると、過去に膝がよく痛くなっていたとの情報があり、膝周りの筋膜が硬くなっている事が予想できました。, ランニングでくるぶしの外側や下に痛みが出る人は、今回紹介した対処法で痛みが改善する人もいれば、あまり変わらない人もいると思います。, あまり変わらない人は、自分でやるには限界があると思いますので、私たちプロに任せてください。, 実際に当院には、ランニングでくるぶしの外側や下に痛みが出る人が多く来られていますが、多くの人が1〜3回以内の施術で改善しています。, もちろん、あなたも必ず1〜3回以内に痛みが改善するとは言い切れませんが、他の整体よりは早く改善できる自信があります。, 他にもくるぶしの外側の痛みが、筋膜をほぐす事で改善した例がありますので、気になれば読んでいただければと思います!, ※ 送信ボタンをクリックするとすぐにメールが送られます。 よくご確認の上送信ボタンを教えてください。, 最寄駅:銀座線 表参道B2番出口より徒歩2分、渋谷駅徒歩8分 ※表参道駅B2番出口は階段になります。足の不自由な方はB4番の出口をご利用ください。, 詳細は↑画像をクリック 東京都新宿区西新宿7丁目5−6  新宿ダイカンプラザ756 406号室 『JR新宿駅西口』より徒歩6分、『JR大久保』から徒歩6分, 詳細は↑画像をクリック 神奈川県横浜市神奈川区栄町2−1キコー横浜605 『京急神奈川駅』徒歩2分 『横浜駅』徒歩5分, 詳細は↑画像をクリック 大阪市西区北堀江1-9-5 FLAT34北堀江 502号室 『四ツ橋駅』徒歩1分、『心斎橋駅』徒歩5分, 詳細は↑画像をクリック 愛知県名古屋市東区泉 1-22-26  N.S.ZEAL泉303 地下鉄桜通線 『久屋大通駅』徒歩2分 地下鉄東山線『栄駅』徒歩9分, <理学療法士もっちーのランナーCH> 体の専門家である理学療法士のもっちーがランナーに役立つ情報を発信しています。.