です。 とか、ランニングしているときから足の爪が痛いと感じていた、なんてことありますよね。, 原因は、足の人差し指の爪が靴に当たっているためです。 ランニングを始めたものの、ランニングから帰ってくると、人差し指の爪が内出血で腫れて痛むということはありませんか?, ここでは、ランニングで爪の痛みを防ぐための、シューズの履き方と、爪の痛みの保護の仕方についてまとめました。, ランニングしているときは感じなかったけれど、帰ってくると、足の人差し指の爪が内出血で腫れて痛いことに気付いた。 走っているときには、指先が靴の中で上向きますので、つま先側に余裕が必要なのです。, せっかくつま先側に余裕があっても、走っているときに靴の中で足が動いてしまっては、つま先が靴に当たってしまいます。 Copyright© 私は足の指の折り曲げが原因で、左足の人差し指と中指が爪下出血になりました。スピードトレーニングをすると、爪下出血することがあります。スピードトレーニングでランニングフォームが崩れるからです。 ということは、指先が靴に当たらないようにする必要があります。, 1つめは、 「靴の中でつま先側に指が動かせるくらいの余裕を持たせること」 とはいっても、保護できるのなら保護して少しでも走りたくなってしまいますよね。, まず、親指と中指を厚くガーゼで巻きます。 右足の裏の人差し指(第二指)の付け根の骨(中足骨)が痛むようになり、かれこれ2か月ほど痛みを抱えながら走っています。走れないわけではないですが、痛みが取れないので、原因や対策法を調べまし … 「扁平足」・「足底筋膜炎」・「外反母趾」を改善して、毎日を元気で明るく過ごしてもらうために、 足の中部に位置していて、足指の骨に通じている中足骨ですが、中足骨はさまざま� ランニングを始めたものの、ランニングから帰ってくると、人差し指の爪が内出血で腫れて痛むということはありませんか? ここでは、ランニングで爪の痛みを防ぐための、シューズの履き方と、爪の痛みの保護の仕方についてまとめました。 靴に入れるだけで 「扁平足」・「足底筋膜炎」・「外反母趾」が軽減・予防できるインソールを紹介。 ふくらはぎが痛いのも走るのを1日開けると、 痛みは緩和されるので、 調子にのって今度は、厚底のランニングジュースで14キロくらい走ってみました。 その結果、 ふくらはぎでなく、 左足の指の付け根の部分を 痛めてしまいました。 サブ3目指して走ってます そんな想いで開発したテンシャルのインソールを紹介 中足骨は、歩くときはもちろん、ランニングやジャンプなどスポーツをする際に使用する骨です。 運動時以外でも、例えばハイヒールやパンプスを履いているときに、負荷がかかる骨です。 中足骨が痛む原因. 指先から1cm程度余裕があるのが望ましいです。 トレーニングやマッサージをおこなうことでも改善を図れますが、 2月に入ってから走っていると右足の裏の人差し指(第二指)の付け根の骨が痛むようになり、かれこれ2か月ほど痛みを抱えながら走っています。, 一時は地面や床に足が触れるだけで痛むほどで、以前やってしまった種子骨炎の人差し指版?みたいな感じになっていました。, 今はランニングの頻度を減らしたこともあって、我慢すればマラソンを走り切れるほどの痛みなので重症化はしていません。, ※経過を追記しています(2018年12月現在、ほぼ完治と思ったら反対の足に同じ症状がでています)。, 痛みのイメージとしては、第二指の中足骨が他の骨に比べて突き出ていて、接地や離地の時に体重が乗ってズキッと痛みが走る感じです。, ただ、常に痛むというわけではなく、10キロ走るとしたら途中の2~3キロくらいは全く痛みを感じることなく走れることもあります。, 一番ひどい時は第二関節付近に若干の腫れがあり、足裏が床にサッと触れるだけで痛むこともありました。, 痛みを感じた時はできるだけ中足骨に体重が乗らないように、意識的に着地を外側にしたり、離地の時に母指球に力を逃がすようにしたりしてはみたんですが、痛みが和らぐのは一時的でうまくいきませんでした。, というか変な走り方で長く走るとフォームを崩して余計に怪我をする恐れがあるのでなかなかいつもと違う走り方を続けられませんでした。, 今は耐えられるくらいの痛みですが、一時期は痛み出だすと一歩ごとにズキズキと痛むので走りに集中できず、気持ちよく走れないという状況でした。, 足底筋膜炎は一般的にかかと付近に症状が出るようですが、僕の場合、第二指中足骨の下あたりから足裏の中央にかけて痛みが出ました。, 中足骨の影響で痛みが出ているのか、もしくは足底筋膜炎が中足骨の痛みを引き起こしている可能性もあるのではと考えています。, Googleで検索した結果、この足裏の骨の痛みは「中足骨骨頭部痛」というものらしいことがわかりました。, ここは中足骨の骨頭部というらしく、そこに痛みが出るので「中足骨骨頭部痛」と呼ばれています。, この中足部骨頭部痛は30~40代の女性に多く見られ、高いヒールを履いている場合が多いそうです。, もちろんスポーツ障害の一つでもあって、無理をして中足骨にストレスをかけすぎると疲労骨折してしまうケースもあるようです。, 足には縦のアーチと横のアーチがあるんですが、横のアーチが崩れているのが開張足です。, 開張足の場合、前足部のアーチがなくなって平らになるので、第二、三指の中足骨付近に力がかかりやすく、この部分にタコができることがあります。, 見苦しい画像で申し訳ないですが、僕も実際に第二指の中足骨骨頭部付近がタコのようになって皮膚が厚くなっています。, この部分が痛む場所でもあるので、ここにストレスがかかっているということだと思います。, じゃあなんで痛み始めたのかと考えてみると、ランニングシューズを替えたことにありるような気がします。, 新しく買ったナイキの「スピードライバル6」を履き始めて1か月ほど経ったころに中足骨骨頭部痛が出るようになりました。, 僕は元々、右足にオーバープロネーション(過回内:着地の時に足が内側に倒れ込む)があるんですが、スピードライバルを履くと内くるぶしの下あたりが強烈に張ることが何度かありました。, スピードライバル自体は履きやすいシューズなんですが、全体的に柔らかく、プロネーションのサポートなどもないため、足が倒れ込みやすくなるんだと思います。, 内くるぶしの下の張りは一度症状が出ると走れなくなるくらい厄介なので、どうにかそうならないように着地の際の倒れ込みを抑えようとしました。, この動きに無理があったのか、足に余計な負担をかけることになり、足裏に異常をきたしのではないかと推測しています。, 「ナイキ エアズーム スピードライバル6」レビュー|コスパ抜群のお手頃ランニングシューズ! - ぐっさんのブログ, というのも、右足をいろいろと触っていたら、足の甲側の第一指と第二指の間とすねの外側(長腓骨筋か前脛骨筋。足のアーチに関係している)に痛みを感じたからです。(上の図の赤い部分), 甲の間を押して痛みが出るのは「筋筋膜性疼痛症候群」というものらしく、オーバープロネーションが原因で起こるようです。, あくまで素人の推測ですが、僕の場合、元々開張足気味だったところにランニングシューズを替えたことによって足の甲の間やすねの外側に負担がかかった結果、横アーチが変化して中足骨骨頭部に痛みが発生したのでは考えています。, 足裏の痛みの出る部分はもちろんですが、足の甲を間をほぐしたり足首を回したり、痛みの出る部分の周りをほぐすことも大切です。, 痛みの出る足と反対側の足をいろいろと触って、痛みが出る箇所(僕の場合は足の甲の間と脛の外側)を重点的に揉みほぐすようにするといいと思います。, 手で揉むのが面倒な場合はテニスボールやマッサージボールなどをゴリゴリ転がすのがおすすめです。, ランニング中、足裏に痛みがでるならしっかりケアを!おすすめのケア法をまとめました - ぐっさんのブログ, 他にも足の指をグーパーさせるトレーニングなどもありますが、タオルギャザーが一番効果的だと思います。, 僕のテーピングが下手、または単に鈍感なだけかもしれませんが、走っていて効果を感じるのは走り始めの少しの間だけで、効果が持続することはありませんでした。, ソックスに関してもタビオのアーチサポート付きソックスを買ったんですが、劇的な効果は感じることはできずテーピングと同じような感じでした。, Tabio(タビオ)「レーシングラン・プロ5本指ソックス」レビュー|ちょっと高いけどホールド感と耐久性が抜群! - ぐっさんのブログ, 足の裏 : 足の裏が痛い時(アーチ痛) | テーピング 巻き方 | バトルウィン™, 試したことはないのでパッドやサポーターをしたまま運動できるかはわかりませんが、日常生活でもひどく痛みが出る場合は頼ってみてもいいかもしれません。, ナイキのスピードライバルを履く前はアシックスのGT-2000やライトレーサーを履いていて、その時は中足部に痛みを感じたことはありませんでした。, また、靴を替えなくてもインソールを入れることで足裏への衝撃を軽減させることもできます。, 横アーチだけをサポートするようなインソールは見つかりませんでしたが、↓のなんかはよさげな感じがします。, 走っている時に中足骨付近に若干の違和感を感じることはありますが、痛みはほぼなくなりました。, 疲れがたまっている時に足裏をグーっと伸ばすと中足骨骨頭部付近が「イタッ!」となることがある程度で、症状はかなり改善したと思います。, 足の裏にテニスボールを置いて動かしたり、足の甲の骨間をグリグリ動かしたりするマッサージをしていると次第に痛みが落ち着いて、少しずつ今の痛みのない状態になっていきました。, 靴で走ると痛みが出る時でもワラーチで走ると不思議と痛みを感じることなく走れました。, 痛みを感じずに走れたことで痛みに対する怖さが出ることがなく、フォームを崩す→別の箇所を故障する、という悪循環にならずに済みました。, ただ、痛みが落ち着いたとはいえ疲れがたまるとまた痛み出しそうな感じもあるので、ストレッチやマッサージは継続していこうと思います。, ランニングにも問題なく使える!走れるサンダル「ワラーチ」レビュー! - ぐっさんのブログ, 10キロ以上走ると中足骨付近が痛むことがあったので、思い切って中足骨のところにあるタコを削ることにしました。, 早速爪切りについていた小さなやすりを使って削てみると、だいぶ快適に走れるようになりました。, やすりは100均のものでもAmazonにあるような角質削りでもなんでもいいと思います。, ハーフのペース走をしたところ、これまでと反対の足(左足裏)の中足骨に痛みが出ました。, なので、日本のサイトだけでなく海外のサイトも当たってもう一度原因や対策を調べなおしてみました。, 走っていると中足骨付近が痛む症状が続いていたんですが、ワラーチを履いて走ったらいい感覚を掴めました。, 中足骨骨頭部の痛みがあって、これを書きながら自分であれこれと調べてみたんですが、調べているうちにそういうことか!と納得できる部分がいくつかありました。, いろんな情報を得つつ、自分の体と照らし合わせているうちになんとなくそのうち治るんじゃないかという希望も見えてきました。, ここに書いたのはあくまで僕自身のことで、万人に当てはまるわけではないので同じ痛みに苦しんでいる方がいたら自分の体をいろいろと確認してみてください。, ランニングネタ多め雑記ブログ 足指の付け根に生じる痛みを中足骨の痛みと言いますが、高齢者の方や、ダンスやマラソン、バレーボールなど、足に大きな負担をかけるスポーツをやっている方で、中足骨の痛みを抱えている人は、実は非常に多いのです。, まず、中足骨の概要解説から始め、次に中足骨に痛みを生じさせる原因について徹底的に解説します。, 中足骨は、そのまま5本の足指に通じていて、親指に通じている骨を第一中足骨とし、人差し指を第二、中指を第三、薬指を第四、そして小指に通じている骨を第五中足骨と呼びます。, 中足骨は、歩くときはもちろん、ランニングやジャンプなどスポーツをする際に使用する骨です。, 運動時以外でも、例えばハイヒールやパンプスを履いているときに、負荷がかかる骨です。, 足の中部に位置していて、足指の骨に通じている中足骨ですが、中足骨はさまざまな運動や日常の動作において負荷がかかっているので、さまざまな要因で痛みが発生します。, その他の骨折としては、骨が分離してしまう脱臼骨折や、足をひねったときに生じる第五中足骨の骨折であるジョーンズ骨折などがあります。, 脱臼骨折の場合は、痛みと腫れが出ますが、症状が進行している重度の場合は、痣が見られたり、痺れを感じたりすることもあります。, 中足骨の骨折が起きる原因は、疲労骨折はジャンプやランニングを繰り返すことによるオーバーユースが主な原因で引き起こされます。, 脱臼骨折とジョーンズは、転倒によって足をひねったり、繰り返し負荷を与えるオーバーユース、強い力が加わることによる外傷を原因として生じます。, 治療方法としては、まず疲労骨折の場合は、原因となった運動やスポーツを休止することや松葉杖を使用して、患部を安静にすることで対処します。, ジョーンズ骨折は、松葉杖を使用したり、患部の安全性を保つため底の硬い靴を着用したりします。, フライバーグ病は、ダンスやジョギング、ランニングなどをしているときに、第二中足骨頭に繰り返し負荷がかかるオーバーユースが主な原因で引き起こされます。, また、思春期に骨が急速に成長している女児や、生まれつき第二中足骨が長い人に生じることが多いです。, 治療法としては、症状の急激な悪化を防ぐために、コルチコステロイドというホルモン注射を行ったり、底が厚く足を保護してくれるよう靴を変えたり、インソールを挿入したりします。, また、非常に珍しいケースではありますが、第二中足骨を取る手術を行うこともあります。, 足底から足の指に走っている神経が、足指の付け根あたりで慢性的に圧迫されることによって生じる神経障害のことを、モートン病と言います。, モートン神経腫は、初期の段階においては、足の中指及び薬指の周辺に軽い痛みが発生します。, 症状が進行するにつれて、足の指に焼けるような痛みやチクチクするような感覚が現れてきます。, このような症状は、パンプスやハイヒールなど、先の細い靴を履いていると、特に強く感じます。, さらに症状の進行が進むと、どんな靴を履いていても、足先に焼けるような痛みを感じるようになります。, モートン神経腫は、足の指の間に走っている神経が、長期にわたって圧迫されることが原因として引き起こされます。, ハイヒールや足に合っていない靴を頻繁には履くことや、足の構造異常が、神経を圧迫する要因となります。, モートン神経腫の治療方法としては、痛みを抑え、症状の悪化を防ぐためのホルモン注射や、足指にある神経圧迫を軽減するための履物の変更やインソールの挿入などが主なものとして挙げられます。, 中足趾筋関節痛も、中足骨に痛みを生じさせる原因となるので、詳しく解説していきます。, 中足趾筋関節痛は、足の指の付け根あたりに走っている関節である中足趾節関節が、中足骨に痛みを生じさせている状態のことを指します。, そして、足の甲と底側の双方に、足指の付け根あたりを押すと痛む圧痛が出ることや、若干の熱感を伴ったり、軽く腫れが出ることもあります。, 関節の炎症である関節リウマチや、関節の衝撃吸収を助けている足指の脂肪組織が薄くなること、ジョギングやランニングを繰り返すことにより過大に負荷がかかること、などが主な原因です。, 中足趾筋関節痛の主な治療方法は、インソールを挿入することにより、足への負荷を軽減することです。, また、インソールではなく、普通よりも厚めで、かかと部分が丸くなっている靴の着用も、効果的な治療法の一つです。, まず、足の親指の付け根あたりにある第一中足骨頭の下に、小さな骨が二つあり、それを種子骨と言います。, 種子骨炎を発症すると、種子骨がある場所である、親指の付け根の下あたりに痛みが出ます。, また、底が薄く足への衝撃が強い靴や、足先が細くなっている靴、ハイヒールなどのかかとが高い靴を履いているときにも、症状が悪化しやすく、痛みでが出やすいです。, 種子骨炎は、足指の付け根に繰り返し負荷がかかることによって、種子骨そのものや周りの組織に損傷が生じることが原因で引き起こされます。, そのため、かかとの高い靴を頻繁に履く人や、足に負担のかかりやすいダンサーやジョギング及びランニングを習慣的に行う方に、発症が多い傾向があります。, 種子骨炎は、治療として痛みの出ない、自分の足に合った靴を着用するだけで改善することもあります。, これまで、中足骨に痛みを生じさせる原因について解説してきましたが、中足骨に痛みがあるということは、中足骨骨頭痛である可能性もあります。, この章では、中足骨骨頭痛に関して、概要や原因、治療方法など、詳しく解説していきます。, 足の骨は、かかと部分の「足根骨(そくこんこつ)」、土踏まず部分の「中足骨」、足指部分の「指骨」という3つの部分に分かれています。, 症状としては、痛みだけでなく、中指か薬指のあたりにマメやウオノメができることもあります。, 開張足になると、足の横のアーチが崩れ、足裏の偏った部分に負荷がかかってしまうので、中足骨骨頭痛を引き起こします。, そして、開張足の主な原因は、足裏の筋力不足や、歩き方や立ち方の姿勢の悪さが挙げられます。, 足への衝撃吸収に優れた靴、特に足指の付け根あたりの保護が厚い靴を履くようにすること、そして中足骨骨頭痛を発症している人は、足裏のアーチが崩れている人が多いので、アーチを維持する手助けをしてくれるタイプのインソールの使用も効果的です。, 中足骨の痛みの原因や症状について解説をしてきましたが、中足骨の問題に対してはインソールがとても効果的です。, インソールは、足裏のバランスを整え、衝撃吸収のサポートもしてくれるので、痛みの軽減にも役立ちます。, インソールは、さまざまなタイプが売られており、中足骨部分を重点的にサポートしてくれるタイプや、サイズの調整が効くタイプなど、中足骨の痛みの対処として最も重要な「自分に合った靴」のアレンジに最大限に貢献してくれるのです。, 「扁平足」・「足底筋膜炎」・「外反母趾」が原因で足や身体に痛みのある方や予防を目的にしている方におすすめ