たしかに間違ってはいません。 利用者のためにとても従順におとなしく我慢できる姿を想像しますよね。 犬の鳴き声には種類があって... ラブラドールレトリバーといえば盲導犬。 ラブラドール♀8ヶ月を飼っています。7ヶ月で避妊手術を終わって 太りやすいから体重管理をしてね、と獣医師さんから言われました。 餌も高カロリーのパピー用からアダルトに変えて餌も適量あげてい ます。体重は現在26キロ。 ラブラドールは優しくて賢くて穏やか。 生後7ヶ月のラブの女の子がいます。現在22kgです。どの子もたいていそうだと思いますが、小さい頃はメキメキ大きくなり半年過ぎる頃からあまり変化が無くなってきました。ラブの女の子の標準が25kg~とのことなのでそろそろ成長が止まり きっとあなたもそう思っていませんか? たしかに共通していることがとても多くありますが、同じ犬種ではありません。 生後6ヶ月…14kg ~ 23kg; 生後7ヶ月…17kg ~ 26kg; 生後8ヶ月…19kg ~ 28kg; 生後9ヶ月…21kg ~ 30kg; 生後10ヶ月…23kg ~ 32kg; 生後11ヶ月…25kg ~ 35kg しかし、そんな中でもラブラドールは人気があり多くの飼い主さんが室内で飼うことの魅力を感じています。 だいたい1歳くらいになれば成長のほとんどを迎えていて、2歳になる前には完全に成長することを完了しています。, 体重は愛犬のからだの大きさの目安になりますので、飼い主として把握しておくべきこと。, ラブラドールの平均的な大きさはオスとメスでも異なり、骨格やからだの大きさは個体差によってもかなり広範囲になります。, もともと筋肉質な犬種なので、運動によって更に筋肉がつき体重が重くなる可能性があります。, ラブラドールの子犬の成長段階でどれくらいの体重になるべきなのか、平均的な目安として以下のものを参考にしてください。, 上手く体重計にのってくれない場合は、ご褒美を用意して体重計の上で「座れ」をさせるなど工夫してみてください。, ラブラドールの体重は幅広いため、平均体重というのはときに大きな誤解を招くこともあります。, 成犬のラブラドールの平均体重を見ても、オスで29~36kg、メスで25~32kgと7kgという大きな幅があります。, ただし、成長段階によって平均でどのくらい体重が増えていくかの判断材料にはなります。, もともとサイズ的に小さな両親から生まれた子犬であれば、小さく成長する可能性があります。, 適正体重の15~20%を超えたら肥満といわれていますが、実はラブラドールにとって理想的な大きさは体重計で計っただけでは分かりません。, 平均体重の推移はあくまで目安であり、個体差によって大きく変わるため、極端に違わないようであれば健康への問題はありません。, あまりにも平均とかけ離れていたり、成長が遅いと感じる場合には獣医に相談してください。, 動物性たんぱく質50%以上!生肉・生サーモンを使用 ─野菜・フルーツ・ハーブをバランスよく配合 ─人間でも食べられる安心・安全な食材のみを使用 ─ワンちゃんに不必要な穀物や人工添加物は一切使用していません 生肉に加えトマト、バナナ、パパイヤ、ココナッツオイルなど… ドライフードには中々使用しないような 栄養満点の食材を使用しています。, こだわりのイギリス産食材を厳選使用 カナガンで使用している原材料は、すべて人間が食べられる安心食材です。 ◎平飼いチキン生肉をたっぷり ◎数十種類の野菜と果物を贅沢に使用 ◎マリーゴールドやカモミールなどのハーブをブレンド 使用している原材料はすべて安心のイギリス産。 注文を受けてから製造するので、いつでも新鮮です。, ドライフードで実現した美味しさ。100%のワンちゃんが食べました! (株式会社レティシアン調べ) 「うちの子、なかなか食べてくれない…」 「ムリに食べさせても、調子がよくない…」 そんな愛犬家の皆様のお悩みを解決してくれるのが、『ネルソンズ』です。 穀物を使用していない分、新鮮なお肉をたっぷりと使用。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, トレーナーや経験から学んだことがいっぱいあるので、是非犬を飼ってる方にシェアしていけたらなと思っています。. ©Copyright2020 世界一幸せなラブラドールの育て方.All Rights Reserved. 盲導犬、警察犬、介助犬などにもラブラドールは選ばれることが多く、各方面でも大活躍しています。 ... ラブラドールレトリバーとゴールデンレトリバーは見た目や名前が似ていることから比較されることが多い犬種です。 その人気の秘密は何といってもラブラドールが持つ優... お腹周りは、真横から見てお腹のラインが地面と平行になっている場合は、お腹が出ていて肥満の可能性あり. からだは大きいけれど賢くて優しそうな顔が人気の理由だといわれています。 ラブラドールレトリバーの体重と大きさはご存知ですか?ラブラドールレトリバーはその大きさから大型犬に分類されていますが、体重によっては健康に問題が出てくる場合もあります。ラブラドールレトリバーの幼犬時と成犬時の体重や大きさを知り、管理方法を学ぶことで未然に防げる病気もあるのです。それでは詳しく見ていきましょう。, 山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。, ラブラドールレトリバーの体重はオスの場合、29キログラムから36キログラムになります。体高が57センチから62センチで、メスの場合は若干小さい程度です。救助犬などで活躍するための、しっかりとしたパワフルな体つきをしているのが特徴で、ラブラドールレトリバーの体重にも納得できます。四肢がとても強く、走ることや泳ぐことが苦になりません。, もちろん成犬時の標準的な数値なので、この範囲外のラブラドールレトリバーの体重になることもあるでしょう。しかし、あまりにも離れている場合や、急激に体重が変化している場合には、動物病院などでプロの目から一度確認したほうがよいかもしれません。飼っているラブラドールレトリバーの体重の基準がわかりますし、万が一何かあった場合の早期発見にも役立ちます。, ラブラドールレトリバーの幼犬は、体重が急激に増えていきます。生後1ヶ月のラブラドールレトリバーの体重はおよそ700グラムなのですが、生後2ヶ月から3ヶ月ほどで6キログラムから10キログラムに増えることになるのです。1ヶ月で10倍以上になると考えると、とてつもない成長ですよね。体重の安定する成犬と違い、ぐんぐんと成長していく幼犬のラブラドールレトリバーの体重は、月齢ごとに把握しておくと良いでしょう。, 必ずこの数値にならないといけないわけではありませんが、あまりにも成長が遅いと感じた場合、反対にあまりにも体重増加が多いと感じた場合には、動物病院の利用なども検討すると良いかもしれません。個体差が非常に大きい時期なことは、必ず注意しておきましょう。, ラブラドールレトリバーは体重が重く体が大きいことで、股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん)などといった股関節の病気になりやすいと言われています。股関節形成不全は遺伝的な要因も大きく、骨の成長と身体の成長(特に筋肉や脂肪)のアンバランスが悪化の原因の可能性がありますので 注意しておくべきでしょう。股関節形成不全の多くは、生後4ヶ月以降に症状が現れ始めるようです。以下のような主な症状を覚えておき、ラブラドールレトリバーの動きをよく観察しましょう。, 遺伝的な要因や肥満以外に、過度の運動でも起こると言われているので、食事量や運動量にも気をつけておきましょう。, なお、ラブラドールレトリバーは体重と関係なく、前十字靭帯断裂や関節疾患にもなりやすいとされています。足を引きずって歩いていたり、普段とは違う違和感のある症状を見つけた場合は、動物病院に連れて行きましょう。早期発見することで重度の症状になる前にプロに診てもらえば、適切に対処できるかもしれません。, 生後2ヶ月頃には1日3回か4回、ドライフードを与え始める状態となりますが、その頃から食事管理を始めた方が良いでしょう。ドライフードを食べないこともあるので、そういったときはふやかして与えておき、徐々にドライフードに切り替えていきます。, 生後4ヶ月頃から成長期としてぐんぐん大きくなり、生後6か月には1日2回の食事回数にできるようにだんだん昼のフードを減らし朝晩に振り分けていきます。ラブラドールレトリバーの体重に気をつけながら餌の量を調節しましょう。7歳くらいになると食欲が落ち始めるので、回数は変えずに餌の量を調節するといいですね。, では、ラブラドールレトリバーの体重を運動で管理する場合ですが、過度な運動はかえって病気の元になることにも注意しなければいけません。生後4ヶ月頃までは、ワクチンもあるので基本的に家の中で過ごします。その後は抱えたまま少しだけ外に出るなど、さまざまな刺激に慣れる練習をしても良いでしょう。, 混合ワクチン接種が済めば少しずつ散歩に行きましょう。リードをつけて15分ほどを1日2回くらい、そして生後10ヶ月をすぎれば、30分から1時間の散歩を1日2回するくらいがちょうど良い運動量になります。ボールを投げてみたりと、さまざまな運動をさせると良いですね。ただし、過度な運動にならないようにだけは注意します。, ラブラドールレトリバーの体重は、オスの場合29キログラムから36キログラムです。個体差も大きいので、目安として考えましょう。また、幼犬時の体重管理も重要です。股関節形成不全の恐れのある犬種なので、幼犬期の急激な体重増加は避けなければなりません。 体重に関して不安があるときには、動物病院を利用するのもひとつの方法です。ラブラドールレトリバーの体重から股関節形成不全になることも考えられます。食事と運動をうまく調節しながら、ラブラドールレトリバーに健康な生活をおくらせましょう。, ※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。, 快適にわんちゃんホンポの記事が読める!見やすいカテゴリでみたいジャンルがすぐ見つかる。飼い主と愛犬のための犬専用アプリ。, 犬のために、犬の気持ちを知り、犬と共に暮らす。わんちゃんホンポは、あなたとわんちゃんの共同生活に色付けをする犬専門の情報サイトです。, 一般的に言われている体重はその犬種の基本体重ですが、あくまでも目安であるということは認識しておいても良いかと思います。同じ犬種でも個体差はあるものなので、一番正確なのはボディコンディションスコア(BCS)で確認することだと思います。, 今までに大型犬を飼ったことがなかったので、どのくらいのスピードで成長するのかと思っていたのですが、ラブラドールは生後二か月の時点で既に4キロ~7キロと大きいんですね。体重が増えていくペースが早いので、それだけ成長に必要なエネルギーも重要になってくるんだろと思います。, ラブラドールレトリバーは憧れの犬種です!一度、ドッグイベントに行ったときにラブラドールレトリバーの盲導犬がデモンストレーションをしていて、器用に人を誘導していく様子や目が見えない人を気遣いながらゆっくりと振り返りながら歩いている様子に感動してしまいました。それからラブラドールレトリバーを見るたびに、とても賢い犬種だということを意識してしまって表情までかしこそうに見えてしまったりして(^^;我が家では小型犬を飼っているのですが、人を気遣って歩くどころが自由気ままにあっちに行ったりこっちに行ったり、こちらが振り回されています。もちろん盲導犬と比べるのもおかしいのですが。それにしてもたった1年でこんなに大きくなってしまうのにはびっくりですね!!, この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。.