© 2020 バンコクに一生住む? All rights reserved. ラオスビールとしても知られ、ラオスを訪れる外国人観光客の間でもおなじみのブランド。アルコール度数は5%。口当たりはとても軽く、飲みやすい。(以上ウィキペディアより引用) という事でラオスのビールです。←当たり前. @kikiat0731, […] (参考:タイのビールより美味しい!?ビアラオがおすすめ! | バンコクに一生住む?) […], ぽてとさん 参考になりました, BDOさん 卵かけご飯もカレーも食べ放題!久しぶりにプロンポンの【クラタイ食堂】へ行ってきた!, トンローのドンキ近くにオープンした【照(TERRA)】の煮込みが美味しくて、ぜひともおすすめしたい!, 二郎系としてはバンコク1!トンローの中華風居酒屋【TAKAKI】の「井上式豚ラーメン」はおすすめ!, パタヤの【ラ・バゲット(La Baguette Bakery Cafe)】はクロワッサンやケーキが美味しい超有名カフェ!, パタヤのシーフードレストラン【ナンヌアル(Nang Nual)】のシーフードブッフェを食べてきた!, エカマイにあるガパオライス専門店【Phed Mark】の超激辛ガパオライスを食べてみた!, 人気記事:全てのタイ・リーグファンに捧ぐ!今年も作りました!タイ・リーグ観戦ガイド2020, 【ラオスビール】ビアラオ ダーク beerlao dark 330ml瓶 24本セット【正規輸入品】【ケース販売】【送料無料】【1本あたり292円(税込)】【ラオ ブルワリー社】【楽天スーパーSALE期間限定 3日(土)19:00〜8日(木)1:59までポイント2倍】, 【ラオスビール】ビアラオ ラガー beerlao lager 330ml瓶 24本セット【ラオ ブルワリー社】【正規輸入品】【送料無料】【楽天スーパーSALE期間限定 3日(土)19:00〜8日(木)1:59までポイント2倍】. そこに泊まった際に、宿の1階にあるバーというかカフェの生ビール無料券をもらったので まだまだ意外な場所にも置いてあるところがありそうですね。情報ありがとうございました!, ミャンマービアーですが、アソーク交差点から少し入ったところに ラオスに旅行されたのですか?ラオスはどうですか? ラオスの物価はどれくらい?具体的な物価データ、水や食べ物の値段、そしてラオスのお土産・名産品についても書いています。世界的に名高いラオスの伝統織物や銀細工、ハンディクラフト製品などを写真付きで紹介!なお、生のフルーツは日本にほぼ持ち込めないのでご注意。 タイのビールよりも美味しいかなって個人的には思います。 あ、ツイッターでも色々呟いてます。 スーパーより割高でしたが、私もミャンビアー大好きなので思わず飲んでしまいました。 ‚Þ‚±‚Æ‚É‚È‚éB, @ƒzƒƒCƒgEƒz[ƒXi”’‚¢”nj‚Æ‚¢‚¤ƒEƒBƒXƒL[‚Í—L–¼‚¾‚ª@hÔ‚¢”nhAh•‚¢”nh‚Æ‚¢‚¤–¼Ì‚̃Aƒ‹ƒR[ƒ‹‚ª‚ ‚éBƒWƒ‡ƒjÔAƒWƒ‡ƒj•‚Å‚Í‚È‚¢‚ª@ƒ‰ƒIƒX‚Ł@ƒ}[Eƒf[ƒ“iÔ‚¢”njAƒ}[Eƒ_ƒ€i•‚¢”nj‚Æ‚¢‚¤@•r“ü‚è‚̃‰ƒIEƒ‰[ƒI‚Å‚ ‚éB@’l’i‚́@Še’n‚Ł@‹æX‚Ł@h•‚¢”nh‚ª@ŽáŠ±‚‚߂̂悤‚¾B‚P‚UC‚O‚O‚O`‚P‚WC‚O‚O‚OƒLƒbƒvB@. ラオスの物価はどれくらい?具体的な物価データ、水や食べ物の値段、そしてラオスのお土産・名産品についても書いています。世界的に名高いラオスの伝統織物や銀細工、ハンディクラフト製品などを写真付きで紹介!なお、生のフルーツは日本にほぼ持ち込めないのでご注意。 1Sabai Hostelってゲストハウスがあるのですが、 ビアラオ、美味しいですよ! NUMBEOやExpatistanのCost of Living世界ランキングデータから何故かラオスは抜けていて、ラオスにはマクドナルドも無いのでBig Mac indexデータもない……, 隣国のタイやベトナム、マレーシア等の順位から考えるに、ラオスのCost of Livingランクは119国中70位~80位くらい(順位が高いほど生活費が高い)と推測します……, 働いている人の平均的給料は隣国タイの方が倍以上高いのだが、物価はラオスの方が高い。, これはラオスでは日用品のほとんどを周辺国のタイ、ベトナム、中国等からの輸入に頼っているため。, だから、ラオスでたくさん作られているお米や国産のビールといった物はラオスの方が安かったりもする。, ■普通の食堂で1食:270円 ■ファストフードのセット(ビッグマックセット相当):662円 ■コーラかペプシ1本(0.33L):70円 ■マーケットでビール1瓶(国産):115円 ■牛乳1L:258円 ■米1kg:154円 ■卵12個:160円 ■ペットボトルの水(1.5L):64円 ■タバコ1箱(マルボロ):240円 ■公共交通機関の片道:59円 ■ガソリン1L:110円 ■フォルクスワーゲン ゴルフ 1.4(もしくは同等の新車):3,059,695円 ■平均手取り月収:28,305円, こちらの参考平均価格はNUMBEO、Expatistanを参考にさせて頂いた(2月4日時点)。, ラオスといえばカオニャオ(もち米)! このカオニャオを入れる竹籠ティップ・カオは小物入れとしても使える。, ラオスには50近くの民族が暮らしており、それぞれの民族ごとに伝わる織物技術がある。, ラオスの織物はそのクオリティの高さ、バリエーションの豊富さで世界的に有名だ。シルクのスカーフなどは買いやすくてオススメ。, サムヌアはラオスやタイ東北部で着用される、巻きスカートの民族衣装・シン(Sinh)の生産拠点ともなっている。, サムヌアまで行けなくともルアンパバーン近辺にもパノム村(Ban Phanom)やサンコーン村(Ban Xang Khong)、シェンレック村(Ban Xieng Lek)という織物の村がある。, サンコン村は紙漉き(かみすき)でも有名な村だ。どの村もルアンパバーンの町から5~6キロなので、観光ついでに気軽に訪れることができる。, もちろんルアンパバーンのナイトマーケットや、ビエンチャンのタラート・サオのようなショッピングモールで購入することもできる。, カラフルなビーズのアクセサリー!手作りのミニチュア! 細かい!ラオス伝統人形象のスリッパ! お土産にいいかも, 定番のTシャツも勿論アリ。首都ビエンチャンのシンボル、タート・ルアン柄のシャツや、ビア・ラオ柄のシャツなんてのもある。品質はピンキリ。, ただし、通常のお酒なら瓶(760cc程度)3本まで免税で日本に持ち帰れるが、写真のような蛇酒・サソリ酒は税関で引っかかる可能性大。, 植物防疫所のページを見てみてもらえば分かるとおり、ほとんどが『持ち込めません』か『 入国時に検査が必要です』になっている。, 『検査なしで持ち込めます』になっているのは緑茶・紅茶・中国茶とまつたけくらいだ(まつたけだけ何故??)。, ラオスからはるばる帰国して空港で疲れている時にトラブルになるのもしんどい。生のフルーツは持ち帰らない方がいいだろう。, 名前:nojimax 死ぬほど旅行が好き!現在69国。約20年間で訪れた国など自己紹介はこちら。 世界のビザやスタンプ写真はここ! 1番好きな国はここ! 山も好き!旅行中にキリマンジャロ登ったり 海も好き!ダイビングしたりもしています, Copyright © 2020 たびずき! all right reserved, マレーシア旅行の基本情報!ビザやベストシーズンから服装・持ち物・旅行費用、人口面積祝日やガイドブックまで!, マレーシアの体験!お祭りやテーマパーク、国立公園やダイビング、英語留学などを写真付きで詳しく!, ラオス旅行の基本情報!ビザやベストシーズンから服装・持ち物・旅行費用、人口面積祝日やガイドブックまで!. 年も明けて一昨年の秋の事なので、そのバーが現在も営業してるか分かりませんが。. タイの北部、ベトナムの西側に位置する国ラオス。国名を言われて何がある?って言われても思いつかないほど、地味〜な印象のある国です。, しかしそんな何もなさが逆に受けてか、「古き良きアジア」を求める旅人たちには人気の目的地で、特に欧米の旅人などに話を聞くと「東南アジアで一番良かった」と評されるのを耳にすることも多く国だったりもします。, しかしそんな旅人たちから同様に聞かされることが多いのが「意外と物価が高いよ」という話だったりします。, でもラオスってアセアン諸国でも所得規模ではカンボジアについでワースト2位の国。平均月給でみると2万円ちょっとという国です。これで本当に物価が高いなら地元の人は結構辛いんじゃないの?という疑問が出てきます。, というわけで実際のところどうなのか。今回は、自分がラオスに8日間滞在した滞在費を実際に振り返りながら、ラオスの物価がどの程度なのか、を見ていきたいと思います。, まず最初に言ってしまうと、節約型の旅人が8日間で支払った滞在費は全部で1284000キップ。128万4千キップでした。, と聞くと桁が多すぎて頭がクラクラしてしまいそうな感じですが、だいたい行った当時のレートで1円=75ラオキップというものだったので、日本円で言うとだいたい17000円くらい。ラオスはベトナムと同じでインフレが進みまくってしまったせいで桁数がものすごいんですね。, 8日間滞在して17000円。これは高いと感じるでしょうか、安いと感じるでしょうか。, この辺りの感覚は人によって異なるとは思うのすが、大抵の日本の人であれば安いと感じるとは思います。, 確かに日本人的な感覚で言うと、安いです。ただ節約トラベラー的な視線でタイやベトナムなどと比較すると…, 宿代はどんな旅行でももっともお金のかかる部分。また物価の差も顕著に出やすいところでもあります。, 今回は8日のうち、5日はラオスの首都ヴィエンチャンに、残る3日は観光地としても有名なバンビエンに滞在しました。, 総合的にタイあたりと比較すると、確かに同じクオリティだと少し高いかな?という感じはありました。順に見ていきましょう, さて節約型の人が泊まることの多いバックパッカーのドミトリールーム。個人的な印象ではタイと比べると平均価格が100円くらいは高いかなという印象。, 自分がヴィエンチャンで泊まったのはBackpacker garden Guest houseというバックパッカー。一晩一泊40000キップ。日本円に直して500円ちょっとのバックパッカーです。, それぞれの部屋にクーラーがあり、広い共有スペースと朝食が付きという部屋のためバックパッカーのランクとしては中の下くらいといったところのホステル。, 個人的には十分なクオリティで、安いなと思ってはいるのですが、同じお金を出せばタイのバンコクでも少しおしゃれなところに泊まれるんじゃないかな?という印象。, 実際、予約サイトのAgodaで適当に日付を決めて最安値を調べてみると、タイのバンコクは最安値が一泊300円。ラオスのビエンチャンは最安値が420円と100円ちょっとの違い。, おそらくバックパッカーだけで見ると、同じランクだとタイよりは50円から100円高いということになりそう。といってもともとが安いので誤差の範囲かな。, ではホテルの価格だとどうでしょう。安いホテルで言うと、ビエンチャンなら2000円以上だすようにすれば、日本人の女性でもなんとか許容できそうなホテルを町中心部で取ることができる。, バンコクで同じ値段で都市中心部というのはかなり厳しく、少し離れたところに宿泊せざるを得ない。ただ都市部を外れれば同じ値段でより高いクオリティのサービスを受けることはできるはず。, バンコクは国際的な大都市ということもあって、一泊10万近い5つ星ホテルがあるの対し、ヴィエンチャンは一番高いところでも2万円に届かないくらい。だから首都ヴィエンチャンとバンコクのホテル代の平均価格を比較すると、これは圧倒的にバンコクが高いでしょう。, そのため都市部へのアクセスと値段だけで言えば、おそらくビエンチャンの方が安く感じるはず。, しかしサービスという点で考えると、ヴィエンチャンはラオスの首都でもタイの地方都市程度の規模しかないので、正直ちょっと今ひとつと感じるかもしれない。, 一般的なレストランや、ホテルなどでコースを食べるとだいたい一品が800円〜1000円くらいといったところ。, 大人二人で観光客向けのレストランに行って、食事をするとすれば2000円以上はかかると考えていたほうが良さそうですね。, ローカル向けのレストランで食べるとだいたい最低で250円くらいのとこが多く、滞在中見つけた中でもっとも安かった食事は10000キップ(130円)ほどの屋台のラオス焼きそば。ただラオスの屋台は海外に慣れている人でもちょっと衛生的に気になるって人も多いので注意が必要。, メコン川に沈む夕日を眺めることができるルーフトップバーでもビールは一本5000キップ。日本円で一本60円くらいでした。, ローカル向けレストランの値段で比べると、バンコクだと安いレストランで40バーツから60バーツ程度。日本円で言えば120円から180円程度。ベトナム、ハノイのローカル食堂で定食が150円くらいと考えると、食事の値段はちょっと高い。, 残念ながら率直な印象として、ラオスの食事はお世辞にもいいものとは言えませんでした。, そもそもローカルの食事が香辛料が鮮烈で楽しいタイ料理や、あまり辛くなく日本人好みのベトナム料理に遠く及びませんし、外国料理は他の国以上に値段は高いです。, 結局同じ値段を出してもクオリティが劣るものを食べることになるので、食事のコストパフォーマンスは東南アジアの中では低いと言えそうです。, 自分は8日間のラオス滞在中、ヴィエンチャン→バンビエン→ヴィエンチャンと移動。行きはミニバン、帰りはバスを利用して移動しました。, 宿の前で迎えてくれて、降りる場所も町の中心部だった。同じ会社のミニバンを使用しても、手配してもらった会社によって結構値段が異なります。, バンビエンから帰ってくる時に利用したバス。ミニバンより安かったが、古いヒュンダイのバスで乗り心地も悪く、ビエンチャンでも到着地点から6キロほども離れた郊外のバスセンターに降ろされた。, そこから先はトゥクトゥクなどを使わなければならず、追加で15000〜20000キップは必要。合計では50000キップ程度。, 空路でビエンチャンにたどり着いた場合、町に移動するには空港でトゥクトゥクなどを拾う必要がある。, トゥクトゥクの値段は空港から市街までだと40000キップ程度請求されることが多いそう。そこから考えると1キロ5000キップ程度と考えると、実際に近そうです。, ラオスはベトナムなどと比べて、さほどぼったくりはないように感じますが、空港とバス乗り場周辺のトゥクトゥクだけは別。下手すると5倍、10倍の値段をふっかけてくることはあります。, 現地滞在中の町巡りのためにヴィエンチャンで二日、バンビエンで1日自転車をレンタル。内訳としてはヴィエンチャンが1日10000キップ(130円)。バンビエンで1日15000キップ(200円)。, 観光地でのレンタルサイクルの値段としては可もなく、不可もないといった感じ。タイのパイやベトナムのサパも似たようなもの。, バンビエンにある青い池ブルーラグーン、ビエンチャンにあるタートルアン、サーサケットの入場料として三箇所で20000キップを払った。, 観光地に行くと入場料は観光客向けのぼったくりという国がところが多いなか、一箇所5000キップ、10000キップといった比較的良心的な値段が多かった。凱旋門などは無料。, こうした政府が管理していたり、自国民が訪れる可能性がある観光地は安いが、完全に観光客向けのアクティビティは高め。, まったく予想していなかったことですが、ラオスのバンビエンでパイナップルにあたり病院にかつぎこまれました。, 病院に行ったのは夜の10時近く。予想に反してちゃんと当直の医者はいて、患者も少ないため即診察となりました。しかし医者の反応は「よくわからないけど、とりあえずお腹の薬だけは出す」というだけのもの。結局UNESCOのマークがついた薬を1週間分だされて、料金は20万キップ。日本円で2600円くらいということになりました。, 聞くところによると社会主義国家であるラオスは、医者の診察費は請求されないため、支払わなければいけないのは実費のみ。今回のケースだと薬代だけということでした。, しかし手術などをすることになれば、包帯や縫い糸までも実費負担らしく、かなり高額になる可能性があります。値段だけでなく、医療技術的にも正直あまりいいとは言えないので、深刻な症状になりそうな場合には国境を超えたタイのノンカイなどで治療を受けられるように手配したほうが良さそうです。, 全体的に見てラオスは日本の旅行者からしてみれば、十分に安い国ですがタイなどに比べれば若干高い国であると言う印象。, 少し高い値段を払い、サービスの質も特にタイと比べると落ちるので、その分のコスパはやはり悪く感じられます。, とはいえラオスの魅力はネットの速さとか、食事の美味しさとかではなく、手付かずの自然と素朴な人々にあるように感じられます。, 「何もない」が人気のラオス。長い旅に途中、少しリラックスしたい時に訪れるのにいい国なのかもしれません。, 社畜として回し車を回し続ける生活から一年発起、カメラと共に生きていくことを決めた旅ネズミ。, 自分が好奇心旺盛でなんでも挑戦するタイプで、120匹の犬ぞり犬と暮らしたり、インディアンの村で暮らしたり、少数民族に英語を教えたり、自分が過ごしてきた妙な生活を写真と文章で届けることを生きがいにしている。, アジアなどあったかい国へはカバン一つのミニマリストスタイルで。防寒具を詰め込んで、冬山や極寒の地を訪れることもある。, と聞くと桁が多すぎて頭がクラクラしてしまいそうな感じですが、だいたい行った当時のレートで, ホテルのルーフトップバーで頼んだラオス料理盛り合わせ。セットで80000キップ(1000円程度), ベトナムでSIM買うならVietelが便利だったよ。1500円で使い放題に感激した.