アクアリウム用のライトは、 単に見栄えを良くするだけでなく 生体や水草などを元気に育てるための 必需品でもあります。 市販されているライトには 水槽の縁に設置するタイプが多いですが、. 在宅勤務やテレワークをする人も増え、机で仕事をする時間をいかに快適にするかが大事になっています。できるだけ目に負担がかからないタイプを選ぶことで、勉強や読書の時間を快適にサポートしてくれます。トレンドのデスクライトをチェックしていきましょう。 3led自転車ライト ¥100(税別) あと、プラスドライバーも必要です。 作り方 自転車ライトの固定パーツ キッチンペーパースタンドを組み立てます。 自転車ライトの固定パーツをキッチンペーパースタンドの軸に通し、適当な位置でネジを締めます。 ライトスタンドは、撮影時に、人や物など被写体を明るく照らすライトを取り付けるためのアイテムです。ストロボなどで被写体を明るく照らすこともできますが、ライトスタンドを使えば自分の好きな角度に調整することができます。写真だけではなく、動画の撮影などにもよく使用されます。 ライトスタンドは、撮影時に、人や物など被写体を明るく照らすライトを取り付けるためのアイテムです。ストロボなどで被写体を明るく照らすこともできますが、ライトスタンドを使えば自分の好きな角度に調整することができます。写真だけではなく、動画の撮影などにもよく使用されます。今回はライトスタンドの選び方をご紹介します。おすすめ商品では、コンパクトで持ち運びやすいタイプや、軽量でおしゃれな商品もご紹介しています。, プロの写真や、モデルの写真を見ていると、光の当て方や写りがきれいで、どのように撮っているのか疑問に思ったことがある方もいらっしゃるでしょう。プロのような写真を撮りたいときや、インスタグラムに投稿する写真にこだわりたいときに大事になってくるのが、ライトの当て方です。, ライトスタンドを使えば、ライトの高さを調整することができ、よりきれいな写りの写真を撮ることができます。ライトスタンドは、スタンドの長さを変えることでライトの高さを調整し、被写体に合るものが多いです。プロがスタジオ撮影で使うものなので、高価な商品というイメージがありますが、中には2,000円程度で購入できる商品もあります。プロではなくても、自作の動画や写真撮影に使う方もいます。, 光の当てかたや、ライトの角度などにこだわるなら、ストロボや撮影用アンブレラ、ソフトボックスなどを使うとライティングの応用が利きます。以下の記事では、ライトにこだわるためのおすすめアイテムをご紹介しています。ぜひチェックしてみてください。, 撮影用アンブレラは、ストロボからの光を拡散するための撮影機材です。広範囲に光を拡散させるトランスルーセントアンブレラや、コントラストの効いた光を生み出せるシルバーアンブレラなどの種類があり、携帯性にすぐれた折りたたみタイプや、柔らかい光…, 「ソフトボックス」は、スピードライトなどの光源を均等に拡散させて、自然なライティングを演出するための道具です。ソフトボックスを使用すれば、コスプレ撮影をはじめとしたポートレートの照明づくりに大掛かりなライトを組まなくて良いので、手軽にス…, 三脚の雲台を取り替えて、ライトスタンドに代用することもできますが、三脚は高さを変える際、それぞれの脚の長さを変える必要があるため、素早く調整するのには向いていません。また、開いた脚がかさばって使いづらかったり、高さや角度調整の可動域が広くないものもあります。対してライトスタンドは、狭いスペースでもしっかりと意図した位置にライトを固定することができ、アンブレラやソフトボックスなどの周辺機器との互換性にも優れています。, ライトスタンドにはいくつかの種類があります。他にも高さなど購入前に確認したいポイントがあります。選び方のポイントをご紹介します。, ライトスタンドは、高さを調整できるものがほとんどです。エアクッション式、バネ式、手動式について解説します。, エアクッション式とは、ストロボをつけたままの状態で、ライトスタンドの高さを調整するためのネジを緩めたときに、ストロボの重みでライトスタンドが一気に下がってしまわないように工夫されているタイプです。屋内外で使いやすいといわれています。ライトスタンドからエアが抜けて壊れてしまう可能性があります。, バネ式は、エアクッションと比べるとネジを緩めたときに一気に下がりますが、下にバネがついているためライトスタンドの脚に強い負荷がかかる心配が少ないです。手早く動かしたいけど、最後までおりてしまわないライトスタンドが欲しい方におすすめです。, 手動式は、エアクッションやバネのようなクッション機能がありません。ネジを緩めると一気に下りるため、ライトスタンドの脚に負担がかかる可能性や、衝撃でストロボが破損する危険性があるので注意して操作する必要があります。購入したら、操作方法や手順をしっかりと確認して使用しましょう。手動式は構造がシンプルなので、他のタイプと比較して壊れにくいと言われています。, ライトスタンドの高さも確認したいポイントです。高さの調整ができるものがほとんどですが、調整できる高さがどのくらいなのかを確認しましょう。人物を撮影する場合は、基本的には頭より上の高さからライトを当てます。モデルの身長より高いとこまで高くできるようにする商品が必要です。テーブルにものを置いて撮影する場合は、テーブルの高さより少し上のところまで下げられるものが良いでしょう。, ストロボの重さに耐えられるかどうかを判断するために、耐荷重も確認しましょう。モノブロックストロボは1kg弱のもの、3kg程度のものなど商品によって重さが違います。使いたいと思っているストロボの重量も確認してください。, 屋外撮影などで、ライトの位置を移動する場合は、持ち運びやすい軽さのものが便利です。軽ければ軽い方がいいかというと、そうではありません。軽すぎるとストロボの重さで上ばかりが重くなって不安定になり、風などで倒れやすくなります。ライトがしっかりと安定する重さと、持ち運びのしやすさを十分に考慮して選ぶ必要があります。, スタンドライトは細長いイメージがありますが、三脚部分は意外と広い面積を必要とします。置く予定の場所が広くない、屋外で周りの迷惑にならないようにしたい、など心配がある方は、よく検討して選びましょう。, コンパクトに折りたためるのスタンドライトもあります。屋内外でとにかく手軽に使いたい、ストロボも軽いものを使用するという方は、折りたたみ式や軽量タイプのスタンドライトも検討してみてはいかがでしょうか。, ライトスタンドを使ってみたいけど、カメラ本体やストロボなど他のアイテムにも予算を使いたい、購入しやすい価格のライトスタンドを探している、という方におすすめの商品です。190cmの高さまで伸ばすことができるので、人物撮影をするときにも便利です。アルミ製で重量は907gです。折りたたみが可能なので持ち運びやすいのも嬉しいポイントです。, 三脚などの撮影機材の有名メーカーマンフロットのライトスタンドです。最大耐荷重は1.5kgです。スタンド脚の1本は、屋内だけでなく屋外でも使いやすいのが嬉しいポイントです。伸ばせば195cmの高さになります。格納時は高さ49cmと比較的コンパクトになります。イタリア生まれのマンフロットはデザインも人気が高いです。アルミ製で軽くて頑丈です。, ライトスタンドには、やっぱり安定感を求めたいという方におすすめなのがこの商品です。口コミでも安定感があるという声が多くあります。アベンジャーは、写真業界や映画業界のニーズに応えて生まれたブランドです。全身高が175cmで、色はブラック、表面はクローム処理されています。設置面積は直径95cm必要です。大切なストロボをつけるために購入している方もいます。, エアクッションタイプのライトスタンドです。強度に定評があります。一番長く伸ばすと260cmまでの高さになります。収納時は71cmです。スタンドの重さは1.6kgで、耐荷重は3kgとされていますが、伸長する長さによって変わります。伸ばせば伸ばすほど先端部が不安定になるため強度は弱まります。エアクッションがしっかり効いていると評判です。, Amazonベーシックという、Amazonがグローバルに企画や開発を行なっているプライベートブランドの商品です。85cmから204cmまでの間で高さを調整できます。標準的な照明、ストロボフラッシュ照明、背景などを固定することができます。ケース付きなので持ち運びやすいのが嬉しいポイントです。最大荷重は3kgです。アルミニウム製でおしゃれなブラック仕上げです。. メタルハライドランプなどのような 吊り下げ式のライトは スタンドに取り付けて設置 します。 角度調整が可能で、三脚タイプのledライトを作っていきます。作る、というか、単純に組み合わせるだけなので40秒で … 「一眼レフで写真を撮るのが好きだが、最近、撮影機材に物足りなさを感じている」「もっときれいに撮影する方法が知りたい!」という人は多いです。そんなお悩みを解決してくれるのが照明やストロボなどのライトです。今回は、ストロボ撮影の方法とおすすめのライトスタンドを徹底的にご紹介します!, 「自分はまだ一眼レフを完全に使いこなせていない」と感じる人は少なくないです。一眼レフを手にした以上、カメラの性能という点ではプロとそこまで差はないはず。なのに雑誌の表紙を飾るようなきれいな写真がどう頑張っても撮れない!, 「自分もあれくらいの写真が撮りたい!」「一体どうすればいいんだ!」誰しも一度はそう思ったことでしょう。実はプロのカメラマンは光の使い方がうまいんです。特に人物撮影では、光の違いこそが、プロフェッショナルとアマチュアを隔てる最大の壁です。, そこで今回は、カメラの可能性を無限に広げてくれるストロボ撮影の方法と、光を自在に操るための"支え"となるライトスタンドを徹底的にご紹介します。今よりもっと一眼レフを楽しみたい方、必見です!, ストロボ撮影とは、ライトを使って光源を増やしたり補ったりする、いわゆる「フラッシュ撮影」として知られる撮影方法です。「それならカメラに内蔵ストロボが付いているし簡単だ」と思われるかもしれませんが、内臓ストロボでは不自然なライティングになってしまい、しかも自由度が全くありません。, ライトの光量・角度・距離などを細かく調整することで、同じ場所で撮影していてもドラマチックな写真からナチュラルな写真までさまざまな応用が可能になります。また光を直接当てるのか、一度天井などに当てて反射(バウンス)させるか等も写真のテイストに違いを生みます。, ライトをカメラから離して動かすことで一眼レフの可能性は一気に開花します。光をどのように使うかによって「カメラを握る人の個性」が写真に現れるようになるからです。自分らしい写真が撮れるようになるとカメラはぐっと楽しくなりますし、「一眼レフを買って良かった!」と一番実感しやすいです。, ストロボライトは三脚などを代用して固定することも可能ですが、ライトスタンドを使えば光源の角度や高さを微調整することができ、より理想的な光を当てることができます。特に人物撮影の場合、被写体の顔より高い位置からの光源が欲しくなるシーンが頻発しますが、この期待に応えてくれるのはライトスタンドだけです。, ライトスタンドがあると撮影の幅が大きく広がるため、ストロボ撮影をするならば持っておきたいアイテムだと言えるでしょう。, ライトスタンドは主に3つのタイプがあります。ここでは、それぞれの特徴や利点を解説していきます。, エアクッション式は、ねじを緩めた際に他の構造よりもゆっくり落ちてくるのが特徴です。照明器具を取り付けたままでも、調節が行いやすいという利点があります。しかしエアが抜けると落下が早まり、スタンドや照明器具に大きな衝撃が加わる危険があります。使うときはエアクッションを過信せず、丁寧に扱いましょう。, このタイプは「ねじを緩めた際にゆっくり落ちてくる」という特徴から、重量があり大型の照明器具を使用するのに向いています。, バネ式は、スタンドの内部にバネが入っている構造になっています。固定具を緩めると素早く落ちてきますが、バネによって衝撃が受け止められるのが特徴です。メリットは照明器具の落下やスタンドへのダメージを避けやすいことです。, またバネ式はエアクッション式よりも素早く長さを調節できるという魅力があります。照明器具を衝撃から守る「安全性」と、調節を手早く済ませる「スピード感」を両立しているのがこのタイプです。, 手動式の場合、エアクッションやバネが使われていない分シンプルな構造になっています。そのため価格が手頃なのが魅力です。軽量で壊れにくく、素早い調整ができるので、屋外や頻繁に移動が挟まる撮影スケジュールでの使用に向いています。, しかし手動でスタンドを止めて調節するため、固定具を外すと一気に落ちる点に注意が必要です。調整のときは、しっかりと手でスタンドの落下を止めるよう注意して使うことでコスパの良いライトスタンドとして活躍してくれます。, ライトスタンドは目的や用途ごとにさまざまな商品が展開されています。ここからは、人物撮影のときに欲しくなる機能を3つのポイントに分けて解説します。, 人物撮影では、撮影モデルの顔より高い位置からの光源がよく求められます。そのためライトスタンドを選ぶとき、最大2m近く伸びるかが大きなポイントになります。「なぜ2mなのか?」というと、2m以上伸びるスタンドなら撮影モデルが立ち上がった状態でも、顔より高い位置から光を当てることができるからです。, 「大は小を兼ねる」と言いますが、小さいスタンドを後から伸ばすことはできません。自分の求める「理想の光源」を実現してくれるかに大きく関わりますので、ライトスタンドはどの範囲まで高さ調整ができるのかを、まず第一にチェックしましょう。, 「良さそうなライトスタンドがセール中だったから、即断即決で買っちゃった」と喜んでいるときに限って、実は耐荷重が不十分で自分の持ってる照明器具では重すぎることがわかったという失敗談はよく耳にします。, そのまま無理に使用すると、撮影中にスタンドが転倒したりライトを落としてしまう危険があります。ライトを支えるはずのスタンドが原因でライトが破損しては、元も子もありません。自分が所持or購入予定のライトの重量は必ずチェックして、耐荷重のスペックが十分なライトスタンドを選びましょう。, 撮影アシスタントや機材運びを手伝ってくれる人がいない場合、当たり前ですが撮影機材は全て自分で運ばなくてはなりません。カメラ・替えのレンズ・ストロボライト・ライトスタンド、そして場合によっては三脚・・・これら撮影機材の重量を全て合計させて、それを自分で持ち運べるかも気にする必要があります。, また、スタジオを借りての撮影や屋外での撮影の際、撮影機材がコンパクトにまとまるとストレスなく行えるというメリットもあります。そのためライトスタンドを選ぶときは、本体重量も重要なチェックポイントです。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/41luvjUZUiL.jpg","https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/41xBPwosWDL.jpg","https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/51d0ulLXGfL.jpg","https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/41lpRwp3nmL.jpg","https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/41IzaLdplzL.jpg","https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/41-O+OzoncL.jpg","https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/41FAudW8FsL.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B08FSRJV6V?tag=ranking-oh-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"}], ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。, 逆向きにして折りたためる構造なので、収納時は50cmとかなりコンパクトにまとまるのが非常に強力。使っているスタンドが折り畳んでもキャリーケースから頭が出てしまうという方が買い替えのときにこちらを選びます。本体重量も891gと軽量なのも嬉しいポイント。, これほどコンパクトなつくりでありながら55~230cmまで伸長するので、テーブルフォトから人物撮影まであらゆる屋内撮影で活躍します。あまりにコスパが良すぎるため、1本で買うより後々を考えて2本まとめ買いする方が多いほどです。, [{"key":"メーカー","value":"K&F Concept"},{"key":"商品名","value":"ライトスタンド カメラ三脚 底部 55~230cm"},{"key":"段数","value":"4段"},{"key":"耐荷重","value":"4kg"},{"key":"素材","value":"アルミニウム合金"},{"key":"構造","value":"バネ式"},{"key":"全高・縮長","value":"55~230cm"},{"key":"パイプ径","value":"26mm"},{"key":"本体重量","value":"891g"}], ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/31Xmi4qC9YL.jpg","https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/31jxoTKiorL.jpg","https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/21GZFmryT9L.jpg","https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/31KlpIQU20L.jpg","https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/41P3JBR63GL.jpg","https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/411aLErG1IL.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B00P7F7M86?tag=ranking-oh-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000003?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fwidetrade%2F4582266281042%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fwidetrade%2F4582266281042%2F"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3455710&pid=885779998&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fzebrand-shop%2F2bbw8u8x6i.html"}], プロにも愛用者が多い、ライトスタンドの有名ブランド「トキスター社」。その中でも人気が高いのは、やはり使い勝手が良いコンパクトタイプ。80~240cmまで伸長する対応力の高さと、パイプの最大直径30mmという丈夫なつくりをこの価格帯で実現しているのは非常に魅力的です。本体重量は1.25kgとやや重めだが、その分スタンドを設置したときの安定感が増すため「むしろそれがいい」とのユーザーの声も多いです。, [{"key":"メーカー","value":"TOKISTAR"},{"key":"商品名","value":"TS-104-ST ライトスタンド コンパクトスタンド"},{"key":"段数","value":"4"},{"key":"耐荷重","value":"-"},{"key":"素材","value":"アルミ製"},{"key":"構造","value":"手動式"},{"key":"全高・縮長","value":"80~240cm"},{"key":"パイプ径","value":"30mm"},{"key":"本体重量","value":"1.25kg"}], ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/31o83jDV-EL.jpg","https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/21ve77nHPnL.jpg","https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/51+I1tLt6NL.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B007TRSY00?tag=ranking-oh-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000003?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fmapcamera%2F8024221574043%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fmapcamera%2F8024221574043%2F"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3455710&pid=885779998&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fsaedaonline%2F1052jbac.html"}], 安全性・耐久性・機能性の点において、Manfrotto社製のライトスタンドを超えるものはそうそうありません。本体にはエアクッション式を採用しており、大切な照明器具を破損事故のリスクから守ります。さらに独自に開発された収納システムにより、素早くコンパクトに設置ができるという使いやすさも併せ持つ、まさに「至れり尽くせり」のライトスタンドだと言えるでしょう。, [{"key":"メーカー","value":"Manfrotto"},{"key":"商品名","value":"1052JBAC ライトスタンド アルミ コンパクトスタンド AC Jタイプ"},{"key":"段数","value":"3段"},{"key":"耐荷重","value":"5kg"},{"key":"素材","value":"アルミ製"},{"key":"構造","value":"エアクッション式"},{"key":"全高・縮長","value":"101~237cm"},{"key":"パイプ径","value":"-"},{"key":"本体重量","value":"1.2kg"}], ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/315qC5qn9aL.jpg","https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/31DzsITdqQL.jpg","https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/31V32Mmfl7L.jpg","https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/41hvw5SPETL.jpg","https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/41gnWPSVcZL.jpg","https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/31-+ZlroBNL.jpg","https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/41DL2JhbxhL.jpg","https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/41+-0Tct3DL.jpg","https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/41TRUogGogL.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B081ZBWT1X?tag=ranking-oh-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000003?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fmitsuba%2Fmanfrotto-ms0490c%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fmitsuba%2Fmanfrotto-ms0490c%2F"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3455710&pid=885779998&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fsaedaonline%2F8024221698602.html"}], とにかく超軽量なのが魅力である反面、あまり強度は高くないカーボン製ライトスタンド。信頼と実績のManfrotto社が手掛けるカーボン製スタンドは耐荷重は1.5kgと少なめですが、本体重量750gと収納高51cmと登山にさえ連れていけるコンパクトさです。, 「アウトドアや旅行が好きで、写真にもこだわりたい!」という方なら誰もが憧れてしまう、それがこのManfrotto社製のカーボンスタンド。もはやロマンさえ感じさせるスペックの高さと品質の高さを考えると、この価格帯は納得なのではないでしょうか。, [{"key":"メーカー","value":"Manfrotto"},{"key":"商品名","value":"カーボンナノポールスタンド"},{"key":"段数","value":"4段"},{"key":"耐荷重","value":"1.5kg"},{"key":"素材","value":"カーボン製"},{"key":"構造","value":"-"},{"key":"全高・縮長","value":"61~197cm"},{"key":"パイプ径","value":"-"},{"key":"本体重量","value":"750g"}], ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/31I9MEak0NL.jpg","https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/31jfvBUp2wL.jpg","https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/518bQnpH5rL.jpg","https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/311gXZ9OouL.jpg","https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/31jfvBUp2wL.jpg","https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/311gXZ9OouL.jpg","https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/21uZ0QitaLL.jpg","https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/31WgCY2OtqL.jpg","https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/31s5lGmY+3L.jpg","https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/31QvkPuGY-L.jpg","https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/41zISgxlcFL.jpg","https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/31DyS0dvU0L.jpg","https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/31Vvc-bA5hL.jpg","https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/21sTbMG5d+L.jpg","https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/41zISgxlcFL.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B07HPKQ47M?tag=ranking-oh-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000003?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fsaedaonline%2F4906238818324%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fsaedaonline%2F4906238818324%2F"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3455710&pid=885779998&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fsaedaonline%2F4906238818324.html"}], "王者"の名前を冠する老舗ブランド「King社」から、コスパ最強クラスのカーボン製ライトスタンドが出ています。中型ライトスタンドでは世界最軽量の535gを誇りながらも、48.5~225cm(べた置き時188cm)まで伸長する機能性も備えた、まさに欲張りな一本。, 「カーボン製ライトスタンドの入門として試しに買ってみたら、気が付いたらずっとこればかりを使っている」という方も多く、とにかくコスパと使い勝手がいいカーボン製ライトスタンドです。, [{"key":"メーカー","value":"King"},{"key":"商品名","value":"ka-bonraitexingusutando Kcls – 01 818324"},{"key":"段数","value":"4段"},{"key":"耐荷重","value":"1.5kg"},{"key":"素材","value":"カーボン・アルミ製"},{"key":"構造","value":"-"},{"key":"全高・縮長","value":"48.5~225cm(べた置き時188cm)"},{"key":"パイプ径","value":"25mm"},{"key":"本体重量","value":"535g"}], ライトスタンドを買った後で後悔しないためにも、ここで購入前の最終確認をしましょう。ズバリ「買って後悔するパターン」は次の2つです!, 撮影機材となると、カメラとライトだけは良いものを揃えておきたい一方で、どうしてもライトスタンドへの出費は節約したくなるのが人の心。すると格安な価格帯のものが自然と気になってしまうかと思いますが、格安ライトスタンドの中には強度が不十分な粗悪品が紛れていることがあります。, 「安物買いの銭失い」という言葉がありますが、せっかく手に入れた高額なライトもそれを支えるスタンドが不良品では困ります。さらに、ライトスタンドの転倒は機材の破損だけでなく、思わぬ事故・怪我につながることも。撮影を快適に、そして安全に楽しむためにも、ライトスタンドは価格ではなく安全性で選びましょう。, スタンドや三脚は、設置面積が広いとそれだけ安定感を増します。しかし安全性の高いライトスタンドの中には設置にかなり場所を取るものもあります。そのためスペースの限られるスタジオや屋内での撮影のときに「ライトスタンドを設置する場所がない!」というハプニングが起きることも珍しくありません。, 設置面積が小さいものは屋外での撮影のとき、風にあおられる心配がありますが、設置しやすく使いやすいのがメリットです。また設置面積が大きいものは、設置場所さえ確保できれば安全性が高く、多少足場が不安定な場所でも問題なく使用できるのがメリットです。自分の撮影スタイルに合った適切なスタンドを購入しましょう。, 「海外製のいいライトスタンドが手に入った!」という方の中には、自分が持っているストロボライトがスタンドに取り付けられなくて仰天するというケースがあります。何故ならスタンドのダボ(接合部)のつくりは、日本製と世界基準では規格が真逆だからです。, と言っても、もしライトとスタンドが噛み合わない場合は、間に変換アダプタを噛ませれば大丈夫です。ライトとスタンドの取り付け口は「メスダボ(凹)タイプ」には「オスダボ(凸)タイプ」、「オスダボ(凸)タイプ」には「メスダボ(凹)タイプ」が噛み合う、という事を覚えておきましょう。, それでも、いざ「撮影を開始するぞ!」という時にライトとスタンドが噛み合わない事が判明したら大変です。必ず一度、自分の照明器具が正しくスタンドに設置できるか確認を済ませておきましょう。, 屋外で使用する際、軽量で設置面積の小さいタイプは転倒にさえ気を付けていれば非常に使いやすく便利です。一方で、さすがに撮影の間ずっと誰かにスタンドを握って支えてもらうのは大変です。, こういう場合は、百円ショップなどで手に入るゴムバンドと、500mlタイプのペットボトルを使うことで重りの代用になります。やり方はとても簡単。ペットボトルに水を入れてフタを締めたら、ゴムバンドでライトスタンドに取り付けます。取り付ける場所はスタンドの上部ではなく、下部であるほど安定します。, ペットボトルはコンビニ等で簡単に手に入りますし、ゴムバンドが無い場合はガムテープでも代用できます。ぜひ試してみてください。, ライトスタンドを使用するときは、転倒事故に十分に注意する必要があります。それでもライトスタンドを一度手にするとなかなか手放せなくなる理由は「これがあると理想の光源がつくれるから」に他なりません。光を自在に操る楽しみを通して、ぜひご自分の「理想の一枚」を追い求めてください。工夫すれば必ず期待に応えてくれる名脇役、それがライトスタンドという撮影機材です。, 本当におすすめできるライトスタンド5選!屋外での使用も可能な物などをライター厳選!.