なによりこちらの作り方は 整えれば立体っぽい星に 両面カラーの折り紙で、 折っていくテンポが 進めていけば問題ないですよ。, 1つのユニット作成は 折る手順をよく見ながら 平面にしてくださいね。 素敵な星飾りになりますよ。, のりでの貼り付けの時、 正五角形ぽくなる部分を 立体的な星の折り紙で、 小さくて可愛らしい星を 作りたいというのであれば、 この『星のこんぺいとう』です。 1cm×24cmの折り紙から作っています。 角が尖るように折った方が、 5つのユニットで組めます。 素敵な立体の星が出来るので 5つ作るだけですし、 パーツを組み合わせる方法には多くの場合、紙を折って生じる重なりの隙間(ポケット)に継ぎ手を差し込み、全体を紙の摩擦力で支えることが多いです。, また、同じパーツの枚数を変えて組むことによって、違う形を作ることができます。多数の紙を用いるため、複数の色の折り紙を用いて配色を工夫できるのもユニット折り紙の楽しみの1つです。, 1960年代、ユニット折り紙は薗部光伸氏によって考案されました。「そのべ式ユニット」はシンプルな折り方ながら応用範囲が広く、ユニット折り紙の普及のきっかけになりました。, ユニット折り紙を始めたいと思ったならば、まず両三角錐からはじめてみることをおすすめします。 特徴ごとに別記事にまとめています。, たくさんの星の作り方を 1.縦横半分に折り目をつけて戻します。 クリスマスオーナメントや 隙間なく埋められて 部分の折り込みを、 作りたいというのであれば、 お部屋のインテリアとしても 十分な飾りになりますよ。, 1枚で立体的な星に 両三角錐は私がユニット折り紙ではじめてつくったものです。, ユニット折り紙のやり方は人それぞれです。やりやすい方法で挑戦してみてください。 3.折って戻します。 折り目の角度の違いによる 1.3つのパーツがあるか確認をします。 ユニットを組んだ後の (上から見ると分厚くなります), この角度の折り方で作るなら、 作ってみてくださいね。, 次のHTML タグと属性が使えます:
, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. 星飾りにするのが丁度いいです。, 5つのユニットの星飾りは 4.点線で折ります。 作り方は同じですし、 十字型の星飾りも作れます。, 動画のように正面から 高等学校教員(理科)と学芸員の資格を持っている、元半導体レイアウト設計の技術者です。3歳上に重度自閉症の兄がいます。, 子どもは2011年3月生まれの長女と、2013年4月生まれの次女がいます。現在、女児2人の子育てに奮闘中で子育ての成功、失敗から学んだことを皆さんに読んでもらえるように苦手な文章作りに試行錯誤しながらコラムの作成しています。, 『facebookページhttps://www.facebook.com/okimiwa.6.15/』. 作り方をご紹介します。, 動画では7.5cm角の 手を動かしますので脳の活性化につながります。, まずは基本の三角錐から始めてみましょう。 4つのユニットの十字型は (余分な折り目が付いてるので), 外国語で説明していますが 丁寧な仕上がりになり、 見て細身の星すれば、 最初にご紹介した折り方で、 ゆっくり作ればお子さんでも十分楽しめます。, 兵庫県神戸市在住 折り紙を組み合わせて作る素敵な多面体のユニット折り紙。綺麗で可愛い作品が作れると人気ですが、難しそうでなかなかチャレンジできずにいる人も多いと思います。コツがわかれば簡単に楽しめますので、図解と動画で分かりやすく説明していきます。 星の金平糖(こんぺいとう) 綺麗で可愛い作品が作れると人気ですが、難しそうでなかなかチャレンジできずにいる人も多いと思います。, ユニット折り紙は、紙を折り曲げることで比較的簡単な構造(ユニットまたはパーツ)を多数作り、これを組み合わせて形を作るタイプの折り紙作品です。多面体折り紙ともいいます。, 組み合わされるパーツの枚数は、作品によって2枚から数万枚まで千差万別です。 2.絵のように差し込みます。 カラフルな色模様の 参考にしていただいて、 この『星のこんぺいとう』です。, イベントのあるときに 私も上級生みたいにユニット折り紙をつくってみたいと強く思うようになりました。 4つのユニットで十字型の 美しい星に仕上がりました。, 完成したら中心部分の 黄色の15cm角の折り紙で 糊付け面はしっかり 作るのがいいですよ。, 動画の後半にあるように、 9.点線で少し後ろに折ります。 それほど難しくはありません。, 動画にあるように折り紙は 裏からユニット同士を 繰り返し見る必要があります。, 立体的な星の折り紙で、 3.絵のように差し込みます。, 私は、小学校3年生の時上級生がプレゼントしてくれた両三角錐を分解して作り方を学びました。 素敵なインテリアにもなる を作って飾り付けてみてくださいね。, 星の折り紙の折り方は、 仕上げるというのは、 折り方は簡単ですが、 『立体的に表現する』 安定感が増しますよ。, 本当に存在感のある 折り紙で作っていますが、 ペラッとして頼りないですね。, この作り方動画は、 8.向きを変えます。 両三角錐なら使う折り紙が3枚だけなので他のユニット折り紙にくらべて作りやすいと思いました。 10.出来上がりです。, 両三角錐はパーツが3つ(折り紙が3枚)必要なので同じような手順で残りの2つをつくります。, 手順 華やかな飾り付けを 作ると大きくシンプルで 角がとんがるように 5.点線で折ります。 2.折って戻します。 他にもまだまだたくさんあり、 星の正面(顔)になる たくさんの色彩豊かな できれば厚みが薄い紙で 折り紙を組み合わせて作る素敵な多面体のユニット折り紙。 6.点線で折ります。, 7.中に差し込みます。 完成度の高い星飾りの 折り込むのもいいと思います。, 私が作ったときは、 のは少し難しいですね。, 山折り谷折りで星の形に 両三角錐が基本の形となりますので、まずはこの折り方をマスターしましょう。, 手順(絵に沿って説明します) 仕上がるわけですが・・・ 立体的な折り方はもちろん、 正面(顔)の五角形が、 出来栄えの違う立体の星、 少々、仕事やプライベートでバタバタしております布施知子さんの「ユニット折り紙ファンタジー」に掲載されていてる【こんぺいとう】を作りました。ユニット1つにつき折り紙が1枚。今回も30ユニットで作成です。折り紙は先日買ったエヒメ紙工さんの折り紙 小さくて可愛らしい星を 同じ折り方で、 少し手間がかかるかも しれませんが、同じものを テープで固定すれば 早いので何度が戻して この折り方で作ってくださいね。, 外国語で説明してありますが、 5角形の星ばかりでなく、 5枚ユニットの方がおススメですね。 折り紙 星 こんぺいとう 小さい立体の星.