2019.11.10. ・3節では引き続き熱い展開になりそうでそこはすごく楽しみですね!, ここまで来ると毎回すんなりとはクリアはできてないですけど、後半の方がキツイので今となってはあまり印象に残っていないという。再戦した時に苦戦した思い出も蘇ることでしょう…うぐぐ。 でも話の続きは早く読みたいしでなかなかもどかしい気持ちにさせられてます。 タイトルからしてなんだこのゲームという印象に加え、さらにあのトップ画面で激しい号泣に迎えられてしまい非常に強いインパクトを持ちながらもしっかりとしたゲーム性で有名であるメギド72。 ストーリー、攻略共にネタバレを含みます。 メギド72 【メギド72】8章2節感想 . うーむ、連撃アタッカー層が手厚くなってきたな…。, 7章1節終了後の予測では絶対ハイドロボムを使ってくるだろうと信じて疑っていなかったんですけども、意外とそうでもなかった…いやもっと連発してくるかと。ボス全員使ってくるぐらいの覚悟はしていた。そんな覚悟はいらなかった。, 7章に入ってからとにかくザコとボスのコンビネーションがキツイので、編成にはかなり悩まされるようになりますね。 えげつない設定も飛び出してきたけど、とりあえずニバス&アスラフィルの芸達者コンビが可愛かった!最 ... そして、最後は、一番ヤバそうなロノエくん。「仲間食い」の件でメンタルがボロボロに…。, 一周年カウントダウンでかなり話題になった、ロノウェのメギド体の好物ネタをここで出してくるか…。ラスボス枠のアッキピテルが仲間を貪るメギドだというのが、本当にダメ押しでしたね。 あまりにもゲロゲロしまくりで辛そうで、これから大丈夫なんだろうか…。. 手厚いプレゼンはいっぱい散... 不気味さと穏やかさを残した読後感があった回。 Copyright © 2020 Ponlog All Rights Reserved. メギド72はイベントや本編メインストーリーがいいぞということで、レイド式で雑に言ってしまえば殴るだけのイベントには普段あまり興味が湧かない・がんばらないタイプの私です。 ・各々逃げながらも各自できることをしてるところが大変好き。 メギド72. 今月から新宿奈落の敵の属性が、すべて新属性(セクシー・キュート・ポップ)に切り替わりました ... 【メギド72】メインストーリー8章2節(76~78話)各話あらすじ・感想 メインストーリー ... 8章3節のクエストは、あまり詰まらずにクリア出来ました。おなじみの点穴とボムに頼ったわけで ... 5層と同じく、こちらも過去クエストの復刻です。今月は時間に余裕があるので、そろそろ7層攻略 ... 10月の奈落では「新たに確認された第8層に呼応して、5層以降の過去の敵が再び立ちはだかる」 ... 先日、Lenovoの小型PCであるThinkCentre M75q-1 Tinyを購入しま ... M75q-1 TinyのオプションであるThinkCentre Tiny用ACアダプター ... 3万円ほどで購入できる、コスパの高いミニPCとして話題になっていた、LenovoのThin ... 【M75q-1 Tiny】「サンドイッチキット2(SandwichキットII)」を設置するモニターの注意点, 【M75q-1 Tiny】Lenovoの「ACアダプター パワーケージ」が明らかに大きすぎる, 【M75q-1 Tiny】ノートパソコンから乗り換えたので購入したものと金額をメモ. 7章1節のストーリーや新規加入メギドについて、思い切りネタバレしているので注意!今回の更新分は、胃に優しい&ほどよい長さのシナリオだったので助かった…。以下、とりとめもない感想です。 【メギド… 7章1節のストーリーや新規加入メギドについて、思い切りネタバレしているので注意!今回の更新分は、胃 ... 当ページは、株式会社ディー・エヌ・エー「メギド72」の画像を利用しております。©DeNA Co.,Ltd. Copyright © 2020 Ponlog All Rights Reserved. 今回は7章ステージ65のボス『ウィチセ』の攻略法について書いていきます。取り巻きのスキルによる全体凍結付与が厄介な相手で、これにどう対処するかが攻略のキモです。ウィチセの攻略法このステージでまず対処を考えるべきなのが凍結。取り巻きの『氷喰ト WordPress Luxeritas Theme is provided by "Thought is free". とはいえ回してて楽しく感じる要素があったり、報酬がおいしかったりす... 思いがけないところから飛んできたラブフラグ。 【メギド72】メインストーリー7章2節(65~68話)感想と新メギドについて. えー、毎度のことながらこれが…3日間のイベントなのかっ…!. この記事書いている人は不死者の面々の育成完了はパイモン抜かしてバエルまでなので、育成が行き届いていない人がまあがんばってるんだなということでお許しいただければ幸いですね!, ・アドラメレクの副官メギドの時も思ったんですけど、ウィチセとカイルが仲間にならないちょっといいモブメギドなのがなかなか口惜しいです。せっかくメギド体あるんだしっていう気もするんですけど! でも仲間にはならないんですよねそうですね。, ・まさかおじさんに引き続き、立て続けに仲間になるメギドがいるとは思っていなかったので、突然のおかーさんにびっくりしました。奥義でのモーションの可愛さに反した声とのギャップがすごい。 Copyright © 2019 自由樹立宣誓 All Rights Reserved. メギド72ブログ その1302 シャックスの章 16-17話 「短いけどメッッチャつかれる」 はじめに 今の所短めで助けられてる・・・ 最初はやっぱ模索段… 2020-08-18 今回から新たなタクティカルソートである「協奏」が追加されました。音楽だけでなく、絵画や文学分野の ... 当ページは、株式会社ディー・エヌ・エー「メギド72」の画像を利用しております。©DeNA Co.,Ltd. 8章2節のなりそこない大量発生、あの時点では「蛆が追放メギドを狙い撃った」って感じだったけど、8章3節で「マモンのエクソダス(たぶん印つき?)を蛆が狙い撃った」になった感じなの … 今回も密度たっぷりだったよ! 7章2節のストーリーや新規加入メギドについて、思い切りネタバレしているので注意! WordPress Luxeritas Theme is provided by "Thought is free". ... ストーリー感想・箇条書き. EX-3の怒涛のチェイン攻勢がきつかった!チェイン関係のメギドも増えてきたので、そろそろちゃんと使っ ... 推しメギドはシャックスなのですが、6章でしっかり活躍した分しばらく控えめかな~と思いきや、今回もなかなか重要な役どころでした。, メギドラル最大の「不可侵軍団」にちょっかいを出したあげく地図を強奪とは、本当にやりたい放題だなぁ…。コーちゃんのぬいぐるみを奪ったこともあるし。あの気の抜けるメギド体のせいで誤魔化されているけど、実はシャックスって結構強かったりするんだろうか(どうせ下っ端相手だろ、とは言われていたけど)。, そして、6章に引き続き、シャックスとマルファスの絡みが可愛かった。シャックスのひとピヨでガタガタになるマルマル…。マルマルにはこれからも元気にシャックスに不幸にされ続けてほしい。二人が仲良く(?)している姿を見て、ラウム君がニヤニヤするという展開も非常に好きです。, まさか7章が始まってすぐに、こんな強そうなおじさんが仲間になるとは思わなかった。またアジトにクソ強い配布イケおじが増えてしまう…。ヴィータ体もさることながら、メギド体がかなり格好いいんですよね。今までの中で一番好きかも。, ベルフェゴールは「元・大罪同盟」の一員ということで性能も格別で、サブマスエフェクトなる新要素を引っ提げてきました。ただし、専用の霊宝が必要だし、まずキャラ育成自体がかなり大変なので、道は遠そうだなぁ…。「新たな枠組みのメギド」ということで、現状は星4までしか育成できないものの、それでもステータスは星5.5相当だとか(アジトTV#7情報)。. メギド体を見ることでようやくあー名前そういうことね!と思い当たるくらいには予測変換やダジャレへの理解に乏しいのであった。, ここは一発で金管クリアができたところ。 Copyright © 2020 Ponlog All Rights Reserved. ストーリー、攻略共にネタバレを含みます。, 闇討ち暗殺爆発四散。でもハートフルな印象でもあったイベント。ネタバレを含みますので未読の方はご注意を。, メギドの日恒例、本編シナリオにかなり関わってくる話が出てくることに定評のある3日間限定イベントです。 【メギド72】7章2節感想 . 逆を言うと、ここ以外金冠でクリアできたところはなかった。だからいい難易度だなぁと。 メギド6章1節の感想です。当然ネタバレが含まれているのでご注意ください。 とにかく驚きとかそういうのでいっぱいだったので、その気持ちを文にしたかった。ツイッターだと文字数足りないし、それなりにちゃんと残しておきたいのでnoteを使う事にしますね。 よりによってその名を挙げてしまうのか…。死に急ぎすぎでは。, やはり出てきたピンク髪の彼女の執心具合やカスピさんのガチ具合が伺えたりと、6話に収めてのこの密度はとても楽しい。楽しかったですね!, フリーランスデザイナーで時々セラピスト。 クジラというと討伐のクジラが思い起こされるのですが、関係は…多分ないかな。なさそう。, ここのステージはイルカちゃんに比べるとそんなに苦戦はしなかったと言うか、対処すべきことは複数あっても火力自体は痛くなかったのでまだいい方でしたね! メギド6章1節の感想です。当然ネタバレが含まれているのでご注意ください。 とにかく驚きとかそういうのでいっぱいだったので、その気持ちを文にしたかった。ツイッターだと文字数足りないし、それなりにちゃんと残しておきたいのでnoteを使う事にしますね。 今後ともメギド72攻略wikiをよろしくお願いいたします。 2020/11/5追記 グレーゾーンの話題に対する言及について 一部のページにおいて、グレーゾーンの話題をどこまで許容するかの議論が発生していたため追記いたします。 メギド72を継続プレイする決め手となったイベントがついに復刻!「劇場版メギド72」とも言えるような気 ... 今回のシナリオで、一番印象に残ったのが、ソロモンとモラクスの夜の見張りのシーン。6章で「碑」の話が出てきてからずっとモヤモヤしていたのですが、モラクス君の言葉で少しスッキリしました。, というか、モヤモヤしていたのは、「グロル村の少年が死んだ」こと自体ではなく、それに対して過剰にかわいそうがる風潮(がプレイヤー間にあるように感じたこと)かな。王となったソロモンに過度な同情を寄せるのは、メギドたちとの旅の中で笑ったり喜んだりすることまで全否定してしまうように思えたので…。, だから、「(現状のソロモンの喜怒哀楽が)以前と同じじゃなくても、本心ならそれでいい」という話を、二人がしてくれてちょっと安心しました。, 今回のストーリーでは、以前公開されていたメギド体の好物事情(一周年カウントダウン企画)がいろいろと反映されていました。ラウムが地面を転がりだしたところでまずニヤッとできたし、サブナックとバンキン族のモフたちとの再会が可愛すぎた。最初はあの変な口調が気になっていたのですが、改めて見るとあのモフモフはポイントが高い…。, 7章1節直後のイベントで、幻獣と親しくなったメギドの悲しい末路が示されていましたが、バンキン族に関してはその辺の心配はしなくてもいい気がする。というのも、ソロモンは、モフたちに必要な対価を十分に支払っているし、「個」として対等に対話しているから。ギガスのケースは、餌が欲しくてすり寄ってきたネコチャンを「懐いている」と勘違いして、的外れにナデナデしていたようなものかなぁと(しかも、結果的にミートシールドにしてしまっているし)。, イベント「死を招く邪本ギギガガス」感想:ベリト様推しの安否が気遣われる(7/15追記. 7章2節のストーリーや新規加入メギドについて、思い切りネタバレしているので注意! 新キャラが予想外 ... 懲罰局を潰しアンチャーターを奪うために、メギドラルへ潜入することになったソロモン一行。フォトンが枯渇した土地「棄戦圏」にて、まずは拠点を設けることからスタートする。サブナックゆかりのバンキン族との思わぬトラブルがありながらも、拠点作りは順調に進んで行くかに思えたが…。, かつてシャックスが奪い取ったメギドラルの地図をきっかけに、ソロモンたちは強大な力を持つ大メギドと対峙することになる──。, 6章後半は胃が痛くなる展開続きで読むのがつらかったのですが、今回の新章は素直に楽しめました。, 同世代の仲間に囲まれながら未知の土地での探検ということで、いつもよりはしゃいだソロモンの姿が見られます。みんなで大人たちに叱られないように頭を絞ったり、真夜中のお茶会をしたり、一緒に酒を飲む約束をしたりと、まさに10代の子どもたちといった感じでほほえましい。, そんな10代の一同を見守る大人たちも、またいいんですよね。まずいことをしたらきっちり説明しながら怒ってあげるし、理不尽な罰則を与えることもないので安心感がある。, 大人組のムチ担当ともいえるブネも、バルバトスに指摘されていたように、何だかんだでソロモンには甘い。ブネがソロモンや実の息子について語るシーンには、ちょっと切なくなってしまった。 置き去りにした息子とソロモンを重ね合わせて見ている部分もあるんだろうなぁ…。. 最近メギドから離れてて7章3節までしか触れてない友人に「フォルネウス…」とだけ度々囁いてたら新規加入メギドを調べて「フォルネウス犬になったの??」って聞かれて草, そう、メギド時代にヴィータ体を取らなかった以上真相は永遠に不明なのだただその説は自分もあるんじゃないかと思っている, 純正メギドならアヤトゥールやイヌーンしかり多少は勝手が効くようだから個人の好みなんじゃね, 多分性別まで変えられるのはそういう個がある奴かアザゼルシステムでの無理な調教ぐらいないとできないと思う, サタナキア、あの場面でフォルネウスの魂を「幻だ」って無慈悲に切り捨てる役目はその時のメンツでは彼以外考えられない"らしい"役目だったよな。結果だけみると重要な情報を手にいれるチャンスやフォルネウスのスムーズな復活を逃してしまったわけだが、しかしあの場面ではサタナキアは確かにそういう判断するだろうし、レラジェやロノウェが制止したとしてモンモンは追いすがっただろうし。憎まれ役と言うわけではないけどいいキャラしてるよ。, サタナキアはアシュレイ=オレイの変装って知ってるけど、アシュレイはオレイがあの姿を取ってプルフラスと接するうちに生まれた別人格だと思ってるから、サタナキアの中ではアシュレイ≠オレイだしオレイに記憶がない以上アシュレイは死んだと思ってる, 皆でサタナキアァァッ!!してた木も前にあったねwそういえばサタナキアもソロモンも「直接手を下したわけではないが、友人を死に至らしめる行動を取った」ところまで同じだな…オレイがリジェネレイトで記憶を取り戻したりしたら、サタナキアはどうするんだろうな オレイのリジェネレイトでそこを扱わないとも思いにくいし, サタナキアは情なんて知りませんみたいなフリしてるけどかなり情に篤いしオレイの選択を受け入れそうただ、殺されそうになったらメギド72から抜けてからって条件つけそうオレイはどうするんだろうな。カルコスはサタナキアを殺すぜって言ってたけど, Rシトリーさんの落とす素材名がポセイドンスケールで信憑性増してるのすこすこブエルちゃん水着に映り込んだ時も槍?で漁してたしガルドの伝説だいたいシトリーさんなんじゃ?と思ってしまうわ, 新しい服着たときとか、他所の犬さわったときとかめちゃくちゃ匂い嗅ぎにくるよな運営に犬いそう, 大幻獣は主要メンバー用の進化素材だけど、じゃあ、今のところないメンバーは理由があるんだろうか。ウェパルは生まれ変わったら、大幻獣増えたから、残りのバルバドス、シャックスも生まれ変わる予定なんだろうか。, 重ね肉自体は上にも出てるようにミルフィーユカツとか実際の料理というか調理法としてあるんだよ、名称がちょっと違うだけで重ね肉へのアツい風評被害やめたれよ, メギドのこれまでの話で「神」や「神々」の存在・概念などに言及されたことはありますか?「天使」「悪魔」「英雄」などの概念はあるけど「神」はなかったよね?, 天使、悪魔以外の力ある存在を神と呼ぶ多神教的な見方はできそうだけどそうなると天使の元締めはどうなるんだろう「使い」でさえあれば良いから「ハルマニアの使い」って意味での天使ってことかね元ネタ天使のような唯一神的なものはエルプシャフト以前の古代民族宗教とかの位置付けでちなワイは質問箱にほぼ同じ質問投げといた, 1章でソロモンがメギドを初めて知った時「メギドって言葉、神話にも出てきたっけ」って言ってるから 神話として語り継がれてるメギドやハルマみたいな悪魔や天使がそのまま神の一種と思われてそう、なんて思ったり, 超常存在として、かつていたと語られる伝説上の神魔や、怪物や自然現象を擬人化した祟り神はいるとされてもおかしくないけど、世界的信仰の対象となるような絶対的で普遍的な神はいない、って感じかなあ。多分これまで出てきた中で一番いわゆる神に近いのがアガレスイベの石。今後はカトルスがお天道様みたいに信仰を集める対象になるかもしれないけど、擬人化されない限り自然信仰に近いよなあ, 次に来るであろうマモン様はどんなボス戦になるのか気になる個人的に最初ヴィータ体→倒されたらメギド体にシフトとかして欲しいヴィータ体でも優雅に勝ちたいって舐めプした後本気出す…的な後は範囲攻撃をスタイリッシュ回避する特性とかで華麗に協奏をメタって欲しいそしてバレット対決で単体攻撃判定のオリエ覚醒にボコられて欲しい, 被雷ダメージ72億倍の特性持ってて欲しい。1176くらいの攻撃力で万雷滞水込みの5,25倍くらいの奥義ぶちこんだら倒せるくらいがいいと思う。, シトリーさんガチャキャラだけどもし居なくても弟子か不完全な転生の恨みの雷将でなんとかすればいいから良心的だね, メギドのメインストーリー読む度に「これ全部オロバスさんに話聞いた方が早いんじゃないか??」って思っちゃう。あの人自分の知識は皆も持ってると思いがちだから聞かれないと答えないし, オロバスを呼んで解説させるってのはわかるぜぇ~~~~スゲーよくわかる。アイツは大体のことは知っとるからな…だが最初っからいねえってのはどういうことだああ~~~っ!?はなっから同行させておけばいいじゃねえかよーーーッ!ナメやがって!この状況ォ超イラつくぜぇ~~~ッ!!一々呼び出すくらいなら一緒にいろってんだ!チクショーーーーッほらこんなもん, いうてオロバス元々メギドラル遠征組にいなかったからなぁメギドの自主性重んじるソロモンだし、えー研究したいのにーっていうオロバスを無理やり同行させるのはやらないだろう8章みたいに緊急性が高いと別だけど, そう考えると、一応敵勢力にカチコミ入れる正念場なのに、やりたくないメギドは強制しないよ敵スタンスで募ってるホワイトが過ぎる。一応アジト組も専守防衛と言うか、常に気を張って行動してるよな?, オロバスのようなフリーで行動しているメギドと言っても幾つかの分類に分かれるとは思う。スコルベノトなら士気を維持するための物資を安定供給するための係=兵站関係ブエルやグシオンのような家庭がある組はヴァイガルド各地に散らばっているので、不審な情報を入手出来る=諜報関係フォラスやネルガルなら研究による自陣営の強化=強化関係という感じに、(多少無理矢理だが)前線で戦う、拠点を防衛する以外の何かはやっているんだと思う。じゃあ、オロバスと言われると…オロバスの研究内容って明らかにされてたっけ?あのオロバスだから、場合によってはとんでもないものが出て来てもおかしくはないし、驚きはしないけど。, マモンさん、こんなに部下や親友に見放されて可哀想なのでバトルする時は状態異常持ちスナイパーでサレオスとシトリーさんにメタって欲しい, でも教官、フェイタルブラスト使ってからじゃないと補充と排出繰り返すだけになるんよな…, アニメ版のどれかのOPでやってたから検索したら出てくると思う>ふ〜じこちゃ〜ん本編でもやってそうだけど、わからんわからん!, 周年リジェネはモラクスかガープで衣装はベルフェゴール&リヴァイアサンになるのかな、サルガタナスは正月か晩夏で着物着て欲しい, そういえばガープの転生日って12/7だから周年と重なるんだな。コーちゃんリジェネもあるし今回こないだろうか, レラジェイベ常設が来てるのもあってちょっと期待しちゃうな復刻版でのガープのセリフと絡めてきそう, 最初の大罪同盟、言わば四天王の最初の一人みたいな立ち位置での登場だったのに未だにその圧倒的なパワを維持してるアスモっちはすごいやつだよ。, 大罪同盟の盟主が一番最初に仲間になったのなかなかすごいよな。まぁ盟主だったから追放されたんだろうけど, むしろ四天王系キャラって後から振り返ってみたら一番最初の奴が一番手強かったパターン多い気はするけどね, ないよそもそも知らないし、多分モンモン達もあえて伏せて情報共有してるミカエルだけは知ってるかもしれないけどただ、シバの見解(6章開始時)だと蛆のことをハルマニアが知ったらメギドラルに乗り込んでメギドを全滅させることになる, ん?8章読み返しててシバが蛆について話してた場面があったからどこかで蛆の情報共有はしてるんじゃないかとどこかまではわからんけど, 自分用メモ見直してみた蛆がいるって情報は渡したけど、ハルマニアが戦争起こす根本的な理由(三界からフォトンを奪ってる)については伏せてるみたいね, エリゴス、サレオス、パイモン、グシオン他にメギド時代と転生後で口調が異なる人誰かいる?バラムは昔と同じ喋り方してるらしいが, >それっぽく繕った口調プルソンぽくていいなあの場で少年口調だとかっこつかないもんな, アリトンは?あれもカスピエルやサタナイル、バールゼフォンみたいに意図的に変えたパターンだからノーカンかな, ザガンはキャラストの回想モノローグが普段の口調と違うから変わったのかなと思ったもしかしたら内面の思考はあっちだけど口調は今のと同じで変わってない可能性はある, 猫師匠ってどんな正体でも一定の説得力があり、どんな正体でも重要ポジに居られる立ち位置って物語的にかなり美味しすぎるキャラだよね, マモンさんがおっきくなあれ、おっきくなあれと丹精込めて育て上げた人材たち雨の日も風の日も、きっといつかマモンさんのお役に立てればとみんな頑張ってじっくりじっくり学びに学んで技術を磨き、強さに妥協せず鍛えますそうしてほうら、見てください!ヴァイガルドに溶け込み根を張り未来のメギドの礎となる、とってもとっても優秀な子たちが見事に初陣を迎えました!いざいざ征かんヴァイガルド! バナルマの明日を担うため!「「「「ビューッ! ビューッ!」」」」, 成り損ない化したヴィータまたはメギドたちの魂はどうなったんだろ?どっちかのカトルスに集合できたのだろうか, 扱いとしては転生メギドだから、メギドの自覚が薄ければヴァイガルド・カトルスに行けたと思う再転生は出来ない, 成り損ない内部から服が出てきたってことだから、成熟したヴィータの魂と共存するシャミハザ事例を踏襲したパターンになりかけたところっぽいし、ヴィータの魂と融合はしてないんじゃないかと解釈したが……, 頭悪いモンに教えてくれー8章2節のなりそこない大量発生、あの時点では「蛆が追放メギドを狙い撃った」って感じだったけど、8章3節で「マモンのエクソダス(たぶん印つき?)を蛆が狙い撃った」になった感じなのかな?単純な未覚醒の追放メギドとかはなりそこないになってないんだろうか…, 物語の都合上、主人公側の推測はだいたいあたってるんだよな 不自然だけどいちいち敵に説明させるのも答え合わせさせるのも同じくらい不自然だし、仕方がない, いつか蛆と決着をつけるためにサタンとマモンが手を組んで、マモンが追放で対蛆派を増やすかつ生存させる?でサタンがメギドラルのソロモン使って今の主人公のような感じ?をしようとしてるらしいけど(ヴァイガルドのカトルスの推察)マモンの特別な追放で不死者を増やすのはわかるけど今のところ6人って少なすぎないかな?ヴィータの寿命を知らないのかそれとも魂の炉を多用するのを避けてるのかそれでも少ないと思うけど、あと長命者たちの存在から多用してるけど失敗したパターンなのかな, マモンが送れる追放メギドにも限りがあるだろうしそいつらがほとんど長命化してたらかなり早いうちにマグナ・レギオにバレるだろうからねマグナ・レギオに感づかれないようにベリアルやアスモデウスみたいな特別な転生が出来てもおかしくないやつをマモンが追放するチャンスを探ってれば100年くらいかかるんじゃない?, 考えてみるとアスモとマモンの利害がある程度一致してるんだよな・アスモはヴァイガルドから反撃するためにメギドの意識と力が必要・マモンはヴァイガルドでの尖兵が欲しい質問箱でベリアル追放後にアスモはヴィータ体でヴァイガルドにいったりしてるし、アスモに限っては追放後のあれやこれやのためにマモン間と取引があったりしてもそこまでおかしくないかもなあ, 確かアスモはアイムを通してにベリアルに「いずれそっちに行く、反撃の準備をしていろ」って言伝残したぐらいだから、ちゃんとメギドの意識を保ったまま行けると確信していたのかもしれないそしてその確信がマモンとの取引は十分ありえる範囲か, 4~5章に限っても相当うまくやってるしなあ策を弄することはできるし、ヴィータの文化への理解、ヴァイガルドの資産(屋敷)持ちと堅実の塊ここからは可能性の段階だけど、大罪同盟周りの秘密などをうまく使って立ち回ってる節あるし…なんだったら追放自体は不本意でも「追放されること」はかなり予想の範疇で動いてる感じもあるような…, ベレトのリジェネ、ネクロになりそうかなと思ったけど本人既にカウンターだから難しそうだけど、ならどんなリジェネになるかな, ベレトをリジェネさせた二次創作小説ではバーストだった個人的にはラッシュかな溜め込むより些細な事でポンポコ噴火しそうなところある, ベレトをリジェネさせた二次創作小説ではバーストだった個人的にはラッシュかな溜め込むより些細な事でポンポコ噴火させそうなところある, Apple および Apple ロゴは米国その他の国で登録された Apple Inc. の商標です。App Store は Apple Inc. のサービスマークです。, Android、Google Play、Google Play ロゴはGoogle Inc.の商標です。.