折りたたみ自転車・ミニベロ人気売れ筋ランキング!今売れている人気製品をランキングから探すことができます。価格情報やスペック情報、クチコミやレビューなどの情報も掲載しています © 2020 Nature Drive All rights reserved. 街中で見かける、ちょっとタイヤの小さいおしゃれな自転車。「小径車」や「ミニベロ」と呼ばれる自転車は、乗り降りがしやすいので、街乗りにぴったり! そんな小径自転車を選ぶ際の注意点と、今注目のモデルを紹介しよう。, 主に20インチ以下のタイヤを装着している小径自転車(ミニベロ)は、たくさん漕がないと進まないようなイメージを持たれることもあるが、きちんと作られたモデルであればタイヤ径に合わせてギア比が設定されているので、ひと漕ぎで進める距離は普通の自転車とさして変わらない。なかには、クロスバイクと同等のスピードを出せる車種もあり、走行性能は上々だ。ただ、タイヤの持つ慣性力は小さいため、高い速度を維持するにはたくさん漕がねばならないが、小径自転車で長距離を高速移動することはあまりないだろうから問題視するほどではないだろう。それよりも、車体サイズが小さく、車重が軽い小径自転車は乗り降りがしやすく、漕ぎ出しが軽いということが大きなメリット。ストップ&ゴーを繰り返すことが多い街乗りには最適だといえる。また近年は、電動アシスト機能を搭載したモデルも登場しているので、坂道が心配な人は電動アシスト自転車を選ぶといいだろう。, 写真は、電動アシスト機能付きのデイトナ「DE01X」。電動アシスト自転車に見えないデザインだが、走行を強力にサポートしてくれる, そして、小径自転車は収納がコンパクトという点もメリットだ。折りたためるタイプも多く、部屋の中で保管がしやすい。さらに、折りたたみできれば、自動車に乗せたり、輪行バッグに入れて持ち運ぶのも容易なので、旅先などで自転車に乗って楽しむこともできる。, 工具を使わずに折りたたみできるモデルがほとんどなので、それほど手間には感じないだろう, 小径自転車を選ぶ時に、第1に考えなければならないのは折りたたみタイプにするか否か。電車で輪行したい、部屋の中で保管したいなら折りたたみタイプのほうがいいが、そういった使い方を想定していないなら、折りたたみではないタイプを選んだほうがいい。その理由は、走行性能の高さにある。折りたたみ機構を装備すると、どうしても車重が増し、車体の剛性も落ちやすい。近年の折りたたみ自転車はそうした課題を感じさせないモデルも増えているが、走りの爽快感などを重視するのであれば、折りたたみではないタイプのほうがいいだろう。, 走行性能にこだわりたいなら、タイヤサイズとギア比を確認しておこう。ある程度の速度を出して走りたいのであれば、20インチ以上のタイヤサイズを選ぶといい。ただし、同じ20インチでも外径の小さい「406(HEとも呼ばれる)」規格と、外径がやや大きい「451(WOとも呼ばれる)」規格の2種類が存在する。よりスピードを出すことを重視したいなら、「451」規格を選択しよう。なお、両規格のサイズは数ミリしか違わず、外観では判別しづらいので、カタログでチェックしよう。, 規格違いのタイヤを目視で判断するのは困難。「406」規格はカタログに書かれていないこともあるが、「451」規格であれば必ず明記されている, そして、ギア比でも走行性能を判断できる。速度が出しやすいように設計されている小径自転車は、一般的な自転車よりも前側のギアが大きいのだ。たとえば、クロスバイクの場合、38〜42Tくらいの歯数を備えたギアが搭載されていることが多いのに比べ、速度を出すことを意識した小径自転車は50T以上の歯数とされている。前側のギアが大きいほど、ペダルをたくさん漕がなくてもスピードが出せる。ギアのサイズが直径1cmほど違うので、しっかり見比べるとわかるはずだ。, あまりにも安いモデルの場合、前側のギアが一般的な自転車と同サイズであることが多く、速度を出す際にはいっぱいペダルを漕がなければならない, 以上のように、機構や走行性能などチェックすべき個所はあるが、パッと見た時の印象も大切。小径自転車を選ぶ人の多くがおしゃれなデザインに惹かれていることもあり、選択で迷った際には見た目で決めてしまうのもアリだ!, 折りたたみタイプの場合、あまりにも安価なモデルは走行性能が低いうえに折りたたみ機構の剛性に懸念が持たれる。長く安全に使えるように、信頼性の高いメーカーの車種を選んでほしい。また、折りたたみ方は車種ごとに異なるので、実際に店頭で折りたたみ方を確認しておくことも大切だ。, 30年以上の歴史を誇る折りたたみ自転車専業メーカー「ダホン」が開発した、3ステップで折りたためる「DFS(Dahon Folding System)」は、他メーカーの折りたたみ自転車にも採用されているほど、すぐれた機構。折りたたみのヒンジ部分を接合面積が最大限になるよう設計することでフレームのねじれを解消し、高い耐久性を実現している。また、前後にフェンダー(泥よけ)が標準装備されているので、雨の日や雨上がりも安心だ。, ●「Curve D7」のスペック・タイヤサイズ:16インチ・重量:11.6kg・シフト段数:外装7段ギア・折りたたんだサイズ:730(幅)×610(高さ)×340(奥行)mm・カラー:フロスティホワイト、アイビーグリーン、スティールグレー, ターンの代表的な「Verge」シリーズの中でも「Verge N8」は、日本人の体格に合わせて設計されたモデル。曲線が美しいフレームは高い剛性を備え、ペダルを踏んだ力をロスなく後輪に伝えてくれる。ヒンジ部も固定力、耐久性にすぐれ、レバーを閉じると自動でロックがかかる仕組みとなっており、安全性も高い。, ●「Verge N8」のスペック・タイヤサイズ:20インチ(406)・重量:11kg・シフト段数:外装8段ギア・折りたたんだサイズ:790(幅)×720(高さ)×380(奥行)mm・カラー:ブルー、グリーン、ゴールド、ガンメタル、マットブラック、マットレッド, 1975年以来、ロンドンで設計から製造まで行っているブロンプトンは、折りたたみ自転車の代名詞的存在。多くの折りたたみ自転車のようにフレームを中央部で折るのではなく、後輪を縦に収納する仕組みとなっているのが大きな特徴だ。この仕組みにより、素早くたためるうえに、フレームに必要な剛性も確保。「M3L」はMタイプと呼ばれる同社らしいアップライトなハンドルに内装3段変速を組み合わせたモデルで、近距離の街乗りはもちろん、アップダウンがあるようなツーリングにも対応する。, ●「M3L」のスペック・タイヤサイズ:16インチ・重量:11.6kg・シフト段数:内装3段ギア・折りたたんだサイズ:585(幅)×580(高さ)×300(奥行)mm・カラー:レッド/ブラック、グリーン/ブラック、レッド、グリーン、テンペストブルー、ブラック、オレンジ、パピルスホワイト、ホットピンク、ローラッカー、フレイムラッカー、パープルメタリック、メタリックグラファイト, 独創的なトライアングル(三角)フレームが特徴的なストライダのミニベロは、1987年に誕生して以来、簡単に折りたためる機能性と唯一無二のデザインで多くのファンを獲得。フレームにヒンジ構造を持たないため、剛性や耐久性が高いほか、独特のポジションに慣れると、折りたたみ自転車でありながら長距離を走っても疲れないという評価を得ている。, ●「SX」のスペック・タイヤサイズ:18インチ・重量:11.5kg・シフト段数:なし(シングルスピード)・折りたたんだサイズ:1,150(幅)×720(高さ)×270(奥行)mm・カラー:MINT、VENUS、RED, 折りたたむことはできないが、ヒンジなどの構造がない分、フレームが軽く、高剛性。デザインや走行性を重視するなら、折りたたみではないタイプで探すほうがいい。乗った時の姿勢が、前傾になるモデルもあるので、乗りやすさも考慮しよう。, 新鋭ブランドながら、キュートなルックスと確かな性能が高く評価され、日本市場でも一気にファンを獲得。その中でも、またぎやすい“ミキスト”と呼ばれるタイプのフレームを採用しているのが「MIXITE F」だ。フレームの素材はクロモリなので、軽量で振動吸収性もよく、安定した走行を提供する。変速は7段だが、ワイドなギアレシオとグリップを握ったまま変速できるので非常に使いやすい。, ●「MIXTE F」のスペック・タイヤサイズ:20インチ(406)・重量:10.3kg・シフト段数:外装7段ギア・カラー:WHITE、RED、PINK、BLACK、SAND、MOSS TURQUOISE, リーズナブルで高性能なスポーツタイプの自転車を展開しているジャイアントが“小径ロードバイク” と称するほどの高い走行性能を備えた1台。ロードバイクなどに採用される軽量のアルミ素材「アラックスSL」を採用したフレームは空気抵抗の少ないエアロ形状とされ、さらに「451」タイプの20インチホイールを装備しており、ビュンビュン風を切って走る爽快感を味わえる。, ●「IDIOM 2」のスペック・タイヤサイズ:20インチ(451)・重量:9.5kg・シフト段数:外装8段ギア・カラー:ホワイト、マットブラック, “ホリゾンタル” と呼ばれる水平基調のフレームはアルミ製となっており、軽快な走りを実現。それでいて、サイドがブラウンとなったタイヤやレザー調のグリップとサドル、真鍮製のベルなど、細部にいたるまでクラシックな仕上がりになっているのが魅力的だ。450mm(乗車可能最低身長150cm〜)の「CHF245」と、510mm(乗車可能最低身長158cm〜)の「CHF251」という2種類のフレームサイズがラインアップされている。, ●「クエロ 20F」のスペック・タイヤサイズ:20インチ(406)・重量:11kg(サイズ450mm)、11.4kg(サイズ510mm)・シフト段数:外装8段ギア・カラー:E.Xコバルトグリーン、E.XHブルーグレー、E.Xビターブラウン, 電動アシスト機能を搭載した小径自転車には、折りたためるタイプとそうでないものが存在する。どちらにせよ、アシストユニットを備えているため、重量は重め。もちろん強力なアシストを受けられるので、ラクさを優先するなら電動アシスト自転車を選んで間違いなし!, 「451」規格の20インチタイヤや油圧式のディスクブレーキを搭載しているので走行性は高く、速度が出るような下り坂なども安心して走ることが可能。アシストの制御も非常に緻密で、ペダルを踏んだ力にアシストがきれいに上乗せされるような加速感が味わえる。折りたたみ機構も備えており、輪行もバッチリ!, ●「DE01X」のスペック・タイヤサイズ:20インチ(451)・重量:17.07kg・シフト段数:外装10段ギア・折りたたんだサイズ:375(幅)×670(高さ)×875(奥行)mm・バッテリー容量:36V/6.6Ah・アシスト最大距離:45km・充電時間:約4〜5時間・カラー:ブラック、ホワイト. デイトナ最上位モデル「DE01X」の完成度に感動!! 見た目買いしても大正解!ベネリのミニベロe-Bike「mini Fold16 Classic」は評判以上にいい!! ※不正なランキング操作を防止するため、同一大量アクセスは除外しています, タイプ:ミニベロ(小径車) タイヤサイズ:20インチ シフト数:1段変速 フレーム素材:スチール 重量:13.6kg, タイプ:折りたたみ自転車 タイヤサイズ:16インチ フレーム素材:アルミ 重量:10kg, タイプ:折りたたみ自転車 タイヤサイズ:20インチ シフト数:6段変速 フレーム素材:スチール 重量:14.1kg, タイプ:折りたたみ自転車 タイヤサイズ:20インチ シフト数:7段変速 フレーム素材:アルミ 重量:10.8kg, タイプ:折りたたみ自転車 タイヤサイズ:20インチ シフト数:9段変速 フレーム素材:アルミ 重量:8.9kg, タイプ:折りたたみ自転車 タイヤサイズ:14インチ シフト数:1段変速 フレーム素材:アルミ 重量:8.5kg, タイプ:折りたたみ自転車 タイヤサイズ:14インチ フレーム素材:アルミ 重量:8.3kg, タイプ:折りたたみ自転車 タイヤサイズ:20インチ シフト数:6段変速 フレーム素材:アルミ 重量:13kg, タイプ:折りたたみ自転車 タイヤサイズ:20インチ シフト数:7段変速 フレーム素材:スチール 重量:14.2kg, タイプ:折りたたみ自転車 タイヤサイズ:16インチ フレーム素材:スチール 重量:14kg, タイプ:折りたたみ自転車 タイヤサイズ:14インチ フレーム素材:アルミ 重量:6.8kg, タイプ:ミニベロ(小径車) タイヤサイズ:20インチ シフト数:8段変速 重量:10.2kg, タイプ:折りたたみ自転車 タイヤサイズ:16インチ シフト数:7段変速 フレーム素材:アルミ 重量:8.8kg, タイプ:折りたたみ自転車 タイヤサイズ:20インチ シフト数:6段変速 フレーム素材:スチール 重量:15.5kg, タイプ:ミニベロ(小径車) タイヤサイズ:20インチ シフト数:8段変速 フレーム素材:クロモリ 重量:11kg, タイプ:折りたたみ自転車 タイヤサイズ:20インチ シフト数:6段変速 フレーム素材:スチール 重量:17.7kg, タイプ:折りたたみ自転車 タイヤサイズ:20インチ シフト数:6段変速 フレーム素材:ハイテン 重量:17.1kg, タイプ:ミニベロ(小径車) タイヤサイズ:20インチ シフト数:1段変速 重量:16.9kg, タイプ:折りたたみ自転車 タイヤサイズ:14インチ フレーム素材:アルミ 重量:8.2kg, タイプ:ミニベロ(小径車) タイヤサイズ:20インチ シフト数:7段変速 フレーム素材:アルミ 重量:14.2kg, タイプ:折りたたみ自転車 タイヤサイズ:20インチ シフト数:8段変速 重量:9.9kg, タイプ:ミニベロ(小径車) タイヤサイズ:20インチ シフト数:7段変速 フレーム素材:アルミ 重量:11.4kg, タイプ:折りたたみ自転車 タイヤサイズ:20インチ シフト数:11段変速 重量:8.6kg, タイプ:折りたたみ自転車 タイヤサイズ:20インチ シフト数:6段変速 フレーム素材:アルミ 重量:12.8kg, タイプ:折りたたみ自転車 タイヤサイズ:20インチ シフト数:8段変速 フレーム素材:クロモリ 重量:12kg, タイプ:ミニベロ(小径車) シフト数:7段変速 フレーム素材:スチール 重量:12kg, タイプ:折りたたみ自転車 タイヤサイズ:20インチ シフト数:8段変速 重量:13kg, タイプ:折りたたみ自転車 タイヤサイズ:20インチ シフト数:6段変速 重量:16.5kg, タイプ:折りたたみ自転車 タイヤサイズ:14インチ シフト数:9段変速 重量:8.9kg, タイプ:折りたたみ自転車 タイヤサイズ:16インチ シフト数:1段変速 フレーム素材:アルミ 重量:8.2kg, タイプ:折りたたみ自転車 タイヤサイズ:20インチ シフト数:7段変速 重量:12.2kg, 折りたたみ自転車・ミニベロ > 折りたたみ自転車・ミニベロ 人気売れ筋ランキング - 価格.com, © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. ジャイアント(giant)のミニベロ「idiom」特集! ロードバイクで培ってきたジャイアントの技術を生かしたidiomは、ミニベロであることを忘れてしまうほど爽快な走りをしてくれる人気自転車。 ジャイアントのミニベロ「idiom」特集!値段以上の品質に注目. 2020/04/08 更新. >>価格.comユーザーのおすすめは?折りたたみ自転車・ミニベロ人気売れ筋ランキング, ベロスター・ミニ BE-ELVS072-B [ミッドナイトブラック] + 専用充電器, ベロスター・ミニ BE-ELVS072-K [メタリックオレンジ] + 専用充電器. >>価格.comでそのほかの折りたたみ自転車・ミニベロをチェックする, カメラなどのデジタル・ガジェットと、クルマ・バイク・自転車などの乗り物を中心に、雑誌やWebで記事を執筆。EVなど電気で動く乗り物が好き。, ※情報の取り扱いには十分に注意し、確認した上で掲載しておりますが、その正確性、妥当性、適法性、目的適合性等いかなる保証もいたしません。 ミニベロの最大の魅力は、「コンパクト・オシャレで街乗りに適している」こと!モデルによってはロードバイク並みの走破性能を得られるものの。 一方、なんとなく価格が高いイメージがあるんですが、「5万円」という予算でも性能の高い車種を手に入れることも可能! 配送料無料. スペシャライズド「S-WORKS TURBO CREO SL」, おしゃれなのに手ごろな価格で役立つ装備満載!VOTANI by BESVの電動アシスト自転車「H3」に試乗, 街乗りで目立てるミニベロタイプのe-Bikeが欲しいなら折りたたみできるBESV「PSF1」がよさげ!, 最強e-MTBかも! ベテランのマウンテンバイクライダーもトリコになるトレック「Rail 9.7」, ちょっとチカラが落ちたなら……MAVRIK MAX FAST ドライバーでぶっ飛ばせ!, 施錠/解錠もスマホで!見た目も機能もスマートでイケてるVanMoofの新型e-Bike「S3」「X3」. 【実際の乗り心地が知りたいならこの記事!】 更新日:2020/11/14 ( 2020/11/07 〜 2020/11/13 の集計結果です), 健診で運動しろと指導されたので2km程度の通勤で使用するため購入。【デザイン】見たままその…, 自分の愛車(プジョー308)を手放したため、輪行も出来る軽めの折りたたみ自転車を物色し、サ…, 自分専用に買いました。近所のウロウロ用と思っていましたが、思いのほか走るのでフェンダーや…, 【デザイン】白に碧がポイントで入ってるのが良い、デザインに斬新さは無いが綺麗な車体だ。【…, 2019年5月にビックカメラで39000円前後で購入。ポイントでフレームに取り付けられるチェーンロ…, 久しぶりに大満足の買い物でした。2019年に入ってすぐ、IBFさんで予告通りの日付で発送され翌…, 街乗り(数km)と、電車旅のお供として買いました。【デザイン】ショッピングサイトの写真で見…, ☆気に入った点・軽量コンパクトでオシャレなデザイン。・変速機がないところ。あるとどうして…, スペック完成車重量8.94kgハブベアリング個数前左10個+右10個後左9個+右9個ハブの幅前74mm後…, なにかと便利なので、折りたたみ自転車はいつも所有していました。しかし、サイクリング用とか…, 自転車の保管場所に悩み、車載する為に購入しました。やはり、デザインに惹かれてAngriffを選…, 第一印象としてはおもちゃ感覚で楽しめるなぁーとかんじました。実用重視で利用するには乏しい…, 大阪なんばのアンテナショップでライト7とライト6とライト8をそれぞれ試走してから購入しまし…, 【デザイン】とてもオシャレだと思います。メタリックシルバーがかっこいい。でももっとカラー…, プラチナライト8を予約して買いました。前評判の段階から目をつけていました。当初は、ダホンk…, 【デザイン】黒が良かったんですが在庫切れだったのでアイボリーに。ちょっと女性向けなカラー…, 購入してから自転車に乗ることが楽しくて仕方ありません。この年でも楽しいのですから若い方は…, 良い点:全体的な雰囲気と乗っている時の安定感悪い点:やはり変速は手元でしたい自分でも何が…, 【デザイン】デザイン性はかなり良いです。妻やマンションに住む奥様からもお褒めの言葉をいた…, デザイン的にはオーソドックスな感じで仕様的にも非常にシンプルですが扱いやすい車体だと思い…, カラーはグレイッシュミントを購入、少しレトロな感じで気に入っています。乗り心地は少し硬く…, 使い始めの印象はすぐにお尻が痛くなる、です。お尻が慣れるまで我慢するか交換してしまうか悩…, 26インチ車、ダホン等の名だたるメーカ車に憧れつつ、クルマ(ワンボックス)に子供の荷物と一…, 人気売れ筋ランキングは以下の情報を集計し順位付けしています 2018年10月に新たに加わった「ベロスター・ミニ」はスポーツタイプの小径車とされているが、アシストユニットは同社のシティサイクルタイプの電動アシスト自転車と共通となっており、漕ぎ出しから力強いアシストを発揮してくれる。アルミ製のフレームは、力の逃げにくいダイヤモンドタイプの構造で、しっかりした走行感を実現。前後にフェンダー(泥除け)、フロントにキャリアとライトを備え、日常の使い勝手にも配慮されている。折りたたみ機構は非搭載。, ●「ベロスター・ミニ」のスペック・タイヤサイズ:20インチ(406)・重量:21kg・シフト段数:外装7段ギア・バッテリー容量:25.2V/8Ah・アシスト最大距離:60km・充電時間:約4.5時間・マットオリーブ、ミッドナイトブラック、メタリックオレンジ, >>価格.comユーザーのおすすめは?折りたたみ自転車・ミニベロ人気売れ筋ランキング 街乗り“最強”電動アシスト自転車かも!? 1万円切りでも“らしさ”満点! ニューバランスの大定番「ML574」を改めてレビュー, やっぱり履きたいです、「エア マックス」! パパのスニーカーとしても最適なワケとは, 《2020年》体重計・体組成計おすすめ10選。ダイエットや筋トレに便利な人気のアプリ連動型も. 無断転載禁止, PLATINUM LIGHT6(AL-FDB140) [Metallic Silver], PLATINUM LIGHT8 (AL167) [Metallic Silver]. 小径自転車(ミニベロ)を検討中の方に!折りたたみタイプや電動アシスト付きなど、見た目も性能もいいモデルを紹介するほか、選ぶ際にチェックすべきこともお教えします。 《2020年》おしゃれで性能もいい折りたたみ自転車・ミニベロ9選!失敗しないための選び方も!! デイトナ最上位モデル「DE01X」の完成度に感動!! おすすめの折りたたみミニベロを予算別にご紹介。街乗りに最適なミニベロや、長距離に対応するドロップハンドルのミニベロ、輪行に便利な軽量のミニベロなど! 様々なミニベロを15選ピックアップ。予算と目的に合わせて最適なミニベロを選びましょう! 無断転載禁止, ロードバイク乗りが思い描く理想のe-Bikeかも!? ミニベロの最大の魅力は、「コンパクト・オシャレで街乗りに適している」こと!モデルによってはロードバイク並みの走破性能を得られるものの。, 一方、なんとなく価格が高いイメージがあるんですが、「5万円」という予算でも性能の高い車種を手に入れることも可能!ただ、初めてだと少し選びづらいですよね。, そこで今回は、オシャレで街乗りにピッタリな「5万円以下のミニベロ」の選び方と、本当に使えるおすすめ車種をランキング形式で紹介していきたいと思います!, ミニベロは、20インチ以下のタイヤの小さい車種のこと。小型なので簡単に取り回しできて、省スペースでも収納できるほか女性や子どもでも運転しやすいのが特徴。, 見た目がオシャレな自転車が多く、小回りが効くので街乗り最強の車種!カゴを取り付けて荷物を持ち運ぶこともできるし、走行性能に特化しているモデルはスピードも出ます。, 車種を選ぶときは、「フレーム素材の違い」「ハンドル形状の違い」「変速装置の違い」と3つさえ見ておけば、自分のお気に入りのモデルを探すことができますよ!, 自転車を選ぶ際に重要となってくるのが、「フレーム素材」。スチール・アルミ素材が多く、他に耐久性の高いクロモリ、超軽量のカーボン素材が使用されているものも。, カーボンは高価なため15万以上の自転車にしか使用されていませんが、それぞれの素材で特徴が異なるため、取り回しやすさやスピード・錆にくさが全然変わってきます。, 5万円以下の予算なら、現状だと錆びにくく軽量な「アルミ素材」が最も優秀!特別な事情がない限り、「アルミ製」の自転車を選んでおけばOKです。, ミニベロは「ストレートハンドル」「ドロップハンドル」の二種類のハンドル形状があって、街乗り用途ならストレート、スピードを重視するならドロップが適しています!, ハンドルを変えたから一気に早くなるわけではありませんが、ドロップなら空気抵抗を減らすことができ、握るポジションを変えられるので長距離走行時に活躍します。, 5万円以下の予算だと「ドロップハンドル」を採用しているモデル自体少なくなるものの、一部モデルには取り付けられているので、休日のサイクリングに使うならこちらをどうぞ!, 自転車のスピードを向上させるパーツは、「変速装置(コンポーネント)」です。車種ごとにグレードが違い、品質の良いものだとスムーズに変速を切り替えられスピードも向上します!, 予算別に様々な種類が用意されていて、名前でグレードがわかるのと、「ロードバイク用・マウンテンバイク用」と種類が分かれているのも特徴。, 「スピードを重視したい!」という人は走行性能に優れた製品を購入しましょう。ミニベロでも、変速装置の性能次第ではロードバイク並みのスピードを得ることができます。, 5万円以下のミニベロでは数少ない「ドロップハンドル」を装備!ブレーキ部分で変速を入れ替えられる「STI」機能もついているため、ロードバイクと同じ使い方ができます。, コンポーネントは性能の高い「SHIMANO Claris」で、前後の変速と合わせて合計16段仕様になっています!小型のミニベロながら、スピードに特化したモデル。, デザイン・スペックともに優れており、街乗りはもちろん休日の100km走行までOK。コストパフォーマンスが高いので、全ての人におすすめしたい車種です!, 3万円台前半と手頃な価格ながら、上位モデルと同程度の性能を有する「SCHNEIZER」のミニベロ。価格・性能を考えてもコストパフォーマンス抜群です!, 重量も9.9kgと超軽量仕様で、ハンドルにはデフォルトで「ハンドルバー」が取り付けられているのでスピードアップに一役かっています。コンポーネントには「SHIMANO Altus」を装備。, 予算を抑えつつ、限りなくコスパの良いミニベロが欲しい人には超おすすめできる自転車です。, 2018年新発売のモデルで、コンポネートにはマウンテンバイク用の「SHIMANO Altus」を装備しており、そこそこの走破性能を実現。, 非常にオシャレなので、乗りはもちろんのこと性能が高いので休日のサイクリングにも十分使えます。, コンポーネントに少しグレードの高い「SHIMANO Altus」を装備しているミニベロ。, 5万円前後と価格的には高くなるものの、全体的に性能のバランスが取れているので初心者にはおすすめ!, 3万以下の価格ながら、「ドロップハンドル」を採用しているミニベロ。この価格帯は基本ストレートハンドルしかないので、かなり貴重です。, 性能的に尖った点はないので、本格的に走りたい場合は4万以上の自転車を購入する必要がありますが、街乗り程度ならこれで十分!, 先ほど紹介した「a.n.design works」の廉価版ミニベロ。全体的にスペックダウンしているものの、デザイン性の良さや安定性は健在!, 高速走行が可能でデザインにも優れた「ブルホーンハンドル」を装備していて、たった2万5千円前後で手に入るのが最大の特徴です。, スチール製フレームが気になるものの、車体重量はアルミとほぼ変わらない程度の重さなので、取り回しやすさは抜群!, 1年保証で最低限の機能は付いていて、カラーも豊富にあるのでミニベロ入門に最適!予算に制限がある人はANIMATOから入ってみることをおすすめします。, 渋めなデザインが特徴的な「HEAD」社のミニベロ。タイヤには珍しくパンクしない特別なものを使用しています。, 残念ながら価格のわりにスペックは低いので、お得感はありません。デザインが気に入ったらどうぞ!, 15,000円前後と格安で購入できるショップで人気のミニベロ。「21Technology」は格安自転車を多数発売している会社で、品質面では賛否両論あるものの、日常利用なら問題ないクオリティーです。, 小型とはいえ、スチール製なので車体重量があって取り回しやすさはやや欠けます。デザインはオシャレで街乗りに適しているので、とにかく安くミニベロに乗ってみたい!という人はどうぞ。, ミニベロは5万円以下でも比較的性能の高い自転車が多いので、車体の安全性・コンパクト性能・走破性で選ぶのが重要です。, もちろん、予算に合わせて購入するのが一番大事なので、自分の欲しい性能・予算に合う折りたたみ自転車を購入してみてください!, ▼5万円以下の予算でおすすめの「ロードバイク」「クロスバイク」「マウンテンバイク」「ママチャリ」「折りたたみ自転車」「電動アシスト自転車」をピックアップしてみました!, 「アウトドア(自然体験)を加速させよう!」をモットーに、野外活動がもっと楽しくなる旅行・アウトドアに関する情報、10年以上におよぶブログ運営の情報を発信しています。月間30万〜50万PVを記録。.