テニスシューズオタクの元店員が、30足以上のテニスシューズを履き比べた中から厳選したオススメのテニスシューズをお悩み別に紹介! また、最新のテニスシューズ事情をふまえた選び方を、初心者にもわかりやすいように解説します。 軟式テニスを始めたい方やテニスを上達したい方向けにテニスシューズの選び方の解説からおすすめ10選の紹介まで盛り込んでおります! この記事を参考に、もっと上のレベルを目指してみませんか。 テニスシューズは、テニスラケットほどリリース情報が打ち出されるわけではないのが現状。 ただ、注目はされにくいですが、どのメ... https://tennismaterials.com/wp-content/uploads/2020/02/e7f9b6b21c3dc8102af8458d67731ceb.png, 【2020】おすすめのテニスシューズ15選と選び方を元店員が解説!(幅広・レディース・部活動), オールコート・オムニクレー・カーペットは、テニスコートの地面(=サーフェイス)のこと, テニスシューズの選び方は、「自分のサイズ」と「モデルの種類」の2つだけわかれば大丈夫, テニスシューズの場合は、計測したサイズより「0.5cm大きいシューズ」を選びましょう, テニスシューズの寿命は、長くても1年半〜2年くらいなので、このタイミングで取り替えていくほうが安心, NEW BALANCE(ニューバランス)テニスシューズ FuelCell 996 O(オムニ・クレー用), diadora(ディアドラ)Speed Blushield Fly 2 AG(オールコート用), diadora(ディアドラ)Speed Blushield Fly 2 SG(オムニ・クレー用). ©Copyright2020 テニス上達奮闘記.All Rights Reserved. テニスをする上で欠かすことのできないテニスシューズ。 上達するうえで、スイングと同じくらい重要なフットワークを支えてくれる大事なアイテムです。 プレーをしていて痛みや違和感を感じるようでは、集中力が奪われそれだけでハンデを背負っているようなものです。 オレンジのテニスシューズを履いているプレイヤーはあまりいないので、オレンジのテニスシューズを履けば目立つこと間違いなしです! そこで今回はアシックス、ニューバランス、ナイキ、ヨネックス、ミズノからピックアップして4選紹介します。 「新しいオムニ・クレー用テニスシューズが欲しいけれど、世の中に出回っているものが多すぎて、どれを選んだらいいのか分からない」という方は多いのではないでしょうか。今回はそんな皆さんのために、ミズノのオススメテニスシューズをご紹介します。ミズノは不動の人気を誇っているだけあり、信頼できる商品ばかりです。ぜひこの記事を参考に、お気に入りの一足を見つけてくださいね。, オススメのテニスシューズを紹介する前に、購入前に知っておきたいテニスシューズについての情報をお伝えしていきます。, テニスシューズは、コートの種類によって向き不向きがあるので、その都度変えなければいけません。それではまず、3つのテニスコートの説明からしていきたいと思います。, 日本では一番多くみられる、人工芝に砂が混じったコートのことです。適度に滑るという特徴があります。, 土や砂だけのコートのことを指します。ボールがよく弾み、球速が遅くなるという特徴があります。さらに、とてもよく滑るのでプレーの際には注意が必要です。, とても固く、摩擦抵抗の高いコートで、世界的には最も多くみられるものです。シューズの消耗が早くなるという特徴があります。, テニスシューズは主にオールコート用と、オムニ・クレー用の2種類があります。基本的にはハードコートではオールコート用、オムニやクレーコートではオムニ・クレー用というように、使い分けられています。, オムニ・クレー用のテニスシューズは滑りにくい構造で、グリップ力がとても高いのがメリットです。そのためオムニ・クレー用のものをハードコートで使用してしまうと、引っかかり捻挫などの原因となってしまう場合があるので注意が必要です。, オールコート用のものはコートを選ばずに使用できるのがメリットです。ですがデメリットはオムニコートやクレーコートによって、滑ってしまう場合があるので注意が必要です。, テニスシューズを選ぶ際に最も着目していただきたい点は、適度なフィット感です。特に、小指・爪先が少しでもきついと感じるものは、購入を避けることをおすすめします。特に、踏み込みや横へ走る際の踏ん張りで圧迫されてしまうことで、小指には負担がかかりやすいです。そのため、テニスシューズは爪先や小指が触れるか触れないか程度のものを選びましょう。ネットショップで自分が普段履いているサイズのものを履かずに購入するよりも、実際に店頭に赴いて試し履きをし、軽く歩いたり走ったりしてサイズ感などを確認する方が、より自分にあったものを選ぶ近道になります。, 本来であれば相反する「クッション性」と「安定性」を両立する、ソールのクッションに波型プレート「MIZUNO WAVE」を搭載した独自に開発されたテクノロジーです。クッション性や安定感、柔軟性などに特化したシューズが数多く取り揃えられているのが、ミズノテニスシューズの最大の特徴です。, コートを支配するにはこの1足!安定性も兼ね備えた、軽くて速いTOURモデル。内側へのねじるような動きをしやすく、スムーズに、スピーディに拇指への体重がシフトし「加速」をサポート。機能性、耐久性の高さには文句なしの一足です。, 「軽くて履きやすいエントリーモデル」がコンセプトのテニスシューズ。安定感やフィット感などの嬉しい機能を全体的に搭載。初めてテニスシューズを購入する方に、オススメの一足です。, 従来の同等の反発性を持ちながら、約10%軽量化した新ミッドソール素材を使用したインソールが嬉しいテニスシューズ。3E相当対応で、日本人に多い幅広足でも安心して履くことができます。, ここまで、テニスシューズについての基礎知識や選び方のコツ、ミズノのテニスシューズの魅力やオススメのオムニ・クレー用シューズなどについてお伝えしてきました。あなたの新しいテニスシューズを買うための有益な情報は、入手できたでしょうか。あなたのテニスシューズ選びが、楽しいものになることを祈っています。, 皆様の足は、生涯身体を支え、そのコンディションによって健康やスポーツのパフォーマンスに大きな影響を与えます。足にフィットしたシューズやインソール選びは、とても大切です。文字通り大切な足と共に歩んでゆくため、皆様の足を様々な角度から計測し、データに基づいて皆様の最適な靴選び、インソール選びをサポート致します。, 計測したデータをスポーツナビゲータが解析。適正サイズ、体のバランス、扁平足や外反母趾などお客様の足の特徴をご説明します。, お客様の目的に合わせて、データ結果をもとに、スポーツナビゲーターが最適なシューズとインソールをご提案いたします。. コートを支配するにはこの1足!安定性も兼ね備えた、軽くて速いtourモデル。 錦織選手の活躍もあり注目を集めているテニス。プレイをする際に、ラケットやシューズにこだわる方も多いと思いますが、インソール(中敷き)選びにまでこだわっていますか?実はそのインソール次第で、プレイだけでなく練習後の体調まで大きく左右される場合があるんです。 ただ、「テニスシューズはいっぱいあるけど、見た目以外はどう違うのかわかりにくい」と、迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?, なので、あとは自分のサイズさえわかれば、ラケットよりもかんたんに、自分に合ったテニスシューズが選べます。, スニーカーやランニングシューズはオシャレですし、最近のモデルは高機能でクッションもいい。, ただ、それらとテニスシューズが決定的に違う点は、横への動きが想定されていないこと。, テニスは前後よりも左右に動くことが多いため、横への動きに強いシューズでないと、止まろうとしたときに脚が横に流れてしまい、捻挫の原因になります。, オールコート用は、文字どおりすべてのテニスコートで使える性能を持ったテニスシューズです。, ハードコート用は少しマニアックな商品なので、オールコート用はハードコートで使えるテニスシューズと考えましょう。, オムニクレー用は、ハードコートとカーペットコートでは使えないですが、その分オムニとクレーでは抜群の使用感。, アウトソールは、スパイクのように小さな突起が並んでいて、滑りやすい人工芝や土の上でも、しっかり止まれます。, 比較的新しい屋外のテニスコートではオムニコート、学校の施設にはクレーコートが採用されています。, カーペット用は、カーペットコートに最適化したシューズのため、ほかのコートでは使えません。, アウトソールは、溝がなかったり浅めになっていて、足が引っかかることの多いカーペットコートでも快適に動きやすいです。, カーペットコートの数自体は少ないですが、テニススクールで採用されていることが多い印象。, 始めたばかりはラケットなど色々とお金がかかるので、シューズを何足も買って使い分けるのは、結構な負担になってしまいますよね。, オムニコートやクレーコートでのプレーでも、オールコート用の方が使いやすいという人もいるので、オールコート用は決して器用貧乏ではありません!, 注意点として、絶対にやってはいけないのが、オムニ・クレー用のシューズをハードコートで使うこと。, テニスシューズに限らず、シューズを選ぶときに、2E・4Eといった文字を見たことはありませんか?, これは、ワイズ(ウィズと書いてあることもあります)という「足の親指から小指の付け根を通って一周した長さ(足囲)」の規格のことです。, 可能であれば、近隣のテニスショップやスポーツ用品店に行って、計測してみてください。, なぜかというと、接客していて、一度も計測したことないけれど「幅広なんです」「甲高なんです」とおっしゃる人が多かったからです。, おそらく、スニーカーを履いたときに細くて履きにくかった経験から「自分は幅広なんだ」と考えてしまっているかもしれません。, ニューバランスやプーマといったスニーカーの類は、サイズの基準が海外なので、Dワイズあたりで作られていることもしばしば。, 10分もあれば終わりますし、こんな計測結果の用紙がもらえたりと、自分の正確なサイズがわかるのがメリットですね。, 1日を過ごしている間に、身体を支えることで足が浮腫んだり、土踏まずのアーチが落ちたりするので、朝起きたときよりも、午後の方がサイズが少し大きくなるからです。, 近くに計測をしてもらえる店舗がない、という人は自分でも測ることができるのでやってみましょう。, メジャーひとつあれば履かれますし、ワイズの表も掲載されているので、自分のサイズがすぐわかります!, こちらの記事に「店舗での計測体験からスマホアプリでの計測」など、さまざまな方法を詳しくまとめてあるので、興味がある人はぜひ!, たった10分でできる無料の足型測定とスポーツ用品店での開催情報まとめ!(アプリで足型計測できる情報も), 実際に、普段から27.0cmのテニスシューズ(標準幅)を選び、サイズもちょうどいいです。, 下記の解説は、なんとなーくわかっていれば大丈夫なので、さらさらっと読んでみてください。, 足の甲を覆うパーツで、柔らかいほど足の屈曲がしやすい(=地面を蹴って走り出しやすい)です。, 最近のテニスシューズは、硬い素材を使って耐久性を持たせつつ、屈曲するラインをあらかじめ作ってあるのが特徴。, また、タンとアッパーを一体化させることで、さらにフィット感が高くなったシューズが登場。, ミッドソールは、クッション性に関わる部分で、最近はクッション性を保ったまま軽量化してあるのが定番。, 柔らかいと履き心地はいいですが、柔らかすぎるタイプは動き出すときに自分のパワーを多く必要となります。, メーカーごとにいろんなパターンがあって、踏み込みやすいタイプや、軽く動けるタイプがあります。, ガッチリ系はクッション性に優れているものの、その分ちょっとだけ重かったり、自分のパワーが必要なことも。, ※ただし、部活動やスクールなど、いつもテニスをするコートが同じ。なおかつ、ほかのコートではテニスをする予定がない場合のみ、オムニクレー用やカーペット用を選んでも大丈夫です。, 足の指が動くスペースがないと、フットワークしにくく、怪我にもつながってしまいます。, そのためにも、シューズの重量が軽めで、反発性が高い「しなやか系」テニスシューズをオススメします。, 今販売されているテニスシューズを総合的に見て、この中から選べば間違いないテニスシューズだけを厳選しました!, ワイドモデルも展開しているので、すべての人が合わせやすく、「迷ったらこれ!」と言っても過言じゃないテニスシューズ界のエリートです。, アシックスの「オールコート用」モデルは、他社のように「AC」などの名称は追加されません。 そのため、商品ページで対応コートをよくご確認ください。, つま先とかかとの間の部分に、大きめのプラスチックパーツを配置することで、反発性を強化。, 数あるテニスシューズの中でも最軽量の部類に入り、一般的なプレーヤーであれば必要十分なサポート性を持ったシューズ。, 初心者から上級者まで含めて、2020年現在、もっとも人気のあるテニスシューズになっている気がします。, ヨネックスのテニスシューズは、ほかのメーカーと比べると少し広め(体感的には2Eと3Eの間くらい)なんですが、ソニケージにはさらにワイドモデルがあります。, ワイドモデルは少し前まで履きごこちがいいモデルが少なかったんですが、最近はいいテニスシューズも増えました。, ミズノは、ワイド(3E)・スーパーワイド(4E)と、幅広モデルに力を入れています。, スーパーワイドは、かなり広めに作られていてるので、幅広の人は一度は試してみて欲しいです。, 通常幅モデルと同じように作られているので、クッション性や反発性もしっかりした作りなのがポイント!, 軽いモデルなんですが、接地面が広く作られているので、左右への動きが安定しやすいテニスシューズ。, 4E相当のモデルは、かかとはしっかりフィットしながらも、足の指の付け根あたりが広くなっています。, 履いた感じも優しく、かかとのフィット感がいいので、前後左右にとても動きやすいです。, 僕がテニスをしている地域では、老若男女問わず、プレステージ3を履いている人を見かけることが多いです。, しっかりした履きごこちのテニスシューズがいいけど、きつい履きごこちは苦手という人は、このシューズを選びましょう。, クッション性・耐久性は少し物足りないものの、シューズを履いているのも忘れて動けるので、疲れにくいモデルだと思います。, 価格も控えめなので、とりあえず一足欲しい初心者や、ハードコート用やオムニクレー用で、どちらか持っていないシューズを買い足すときにもオススメですよ。, 軽いモデルながら、地面をしっかり踏むことができ、動きが安定しやすいテニスシューズです。, フィット感も高く、さきほどの「896」と比べて、スニーカーに近いデザインなので、テニスウェアとの相性も良さそう。, しっかりとした耐久性がありながら、「シュータン一体型」+「足と触れる部分の肌触りの良さ」が特徴です。, 全体的に通気性がいいので蒸れにくく、非常に快適な履きごこちのシューズになっていますよ。, マラソンで話題になった、ナイキのランニングシューズのようにカーボンプレートが入っているシューズです!, つま先部分のアウトソールに加工がされていて、前後の動きがしやすく、ダブルスに向いているモデルかと。, 通常のインソールに加えて、スリム化できるインソールも付属し、よりフィット感を高めることができます。, 圧迫感が少ないので、練習でも試合でも、長時間のプレーに向いているテニスシューズだと思います。, 「正しく動くための筋肉(ハムストリング)が使いやすくなる」というコンセプトのシューズ。, テニスシューズは、コートごとに使い分けることがベストですが、 最初は、どこでも使いやすい「オールコート用」で大丈夫です!, サイズは、自分のサイズ(特にワイズ)を理解して、 計測したサイズより「0.5cm大きいサイズ」を選びましょう。, しっかり動けて止まれる「ガッチリ系」は、少し重たく感じることもあるので、 最初は「しなやか系」を選んで、ステップアップしていきましょう!, 一般的な目安として、内側に穴が空いてきたり、ソールのつま先やかかとが削れてきたり、そういった消耗が買い換えのタイミング。, 快適にテニスをするためにも、長くても1年半〜2年ほどで取り替えていくのをオススメします。, シューズがボロボロな見た目にならなくても、素材が伸びてしまったり、小さいダメージが蓄積していきますので。, ここでは、テニスシューズをパーツごとにもっと詳しく解説しているので、より自分にピッタリのシューズが見つかります。, また、選び方編では登場していないテニスシューズも含めて、20種類以上のテニスシューズをメーカー別で見れるのもポイントです!, 最新のシューズ・ウェアやブログの更新情報をお求めの方は、 twitterをフォローしてくださると嬉しいです。, ご意見・ご感想、知りたい製品のレビュー依頼などは、 お問い合わせフォーム、またはtwitterよりどうぞ。, まずはオールコート用を買って、動けるようになってきたら改めて動きやすいシューズを選べば大丈夫です, 専用の機械を使った足型計測をするイベントがおこなわれていたり、機械を常設してる店舗があったら、ぜひ受けてみてください。, ASICS(アシックス)GEL-RESOLUTION 8 OC(オムニ・クレー用), NEW BALANCE(ニューバランス)テニスシューズ FuelCell 996 H(オールコート用), 一度も計測したことないけれど「幅広なんです」「甲高なんです」とおっしゃる人が多かった, マラソンで話題になった、ナイキのランニングシューズのようにカーボンプレートが入っている. 上達するうえで、スイングと同じくらい重要なフットワークを支えてくれる大事なアイテムです。, プレーをしていて痛みや違和感を感じるようでは、集中力が奪われそれだけでハンデを背負っているようなものです。, 自分の足と一体化しているような、シューズの存在を忘れてプレーできることが理想です。, メーカーによって作りが異なる為、デザインが好みでも足に合わないということがあります。, 本記事では、典型的な日本人の足形をした私の主観が色濃く反映された、おすすめテニスシューズを5つご紹介したいと思います。, 【YONEX】エアラスダッシュ2GC SHTAD2GC-319 (Men’s、Lady’s), 【YONEX】パワークッションエアラスダッシュ オールコート用 SHTAD2AC-002, 【Wilson】RUSH PRO 3.0 OC ラッシュプロ3.0 OC ブラックxエボニーxホワイト WRS325650U, 【Wilson】RUSH PRO 3.0 AC オールコート用 WRS324720U, 日本人向けに幅広設計になっている為、キツくなく適度なフィット感で履きやすいシューズです。, 【YONEX】パワークッション エクリプション2MGC クレー・砂入り人工芝コート用 【SHTE2MGC】, 【YONEX】パワークッション エクリプション2 M AC オールコート用 【SHTE2MAC】, オムニコートでよく使う、滑るフットワークでシューズの剛性を感じることができました。, 【YONEX】POWER CUSHION ECLIPSION M GC インプレ (パワークッションエクリプション), 【SRIXON】アクティベクター オムニ&クレーコート用 ACTIVECTOR OMNI&CLAY SRS-1013, 【SRIXON】ACTIVECTOR ALL COURT (アクティベクター) オールコート用 SRS1011-BS, インソールが2タイプあるので、好みのフィット感が選べる親切な心配りが嬉しいシューズ。, SRIXON #ACTIVECTOR が軽く感じるのはこんな秘密が! プロスパイダー2は370g、アクティベクターは350g。→まぁ普通の重さです。笑, しかし他の競技モデルに比べ、つま先が軽く感じる重心となっており、脆弱な前脛骨筋への負荷を小さくし、より大きな大腿四頭筋を使って走れる為に軽く感じるとか。 pic.twitter.com/LTJEn3H8Nt, 【asics】オールコート ゲル レゾリューション 8 1041A079 400カラー, 実際に履いてプレーをした第一印象は、「左右に振られた時のグリップ力と安定感が群を抜いている」ということです。, ご覧のように、1枚ソウルになっているので、横の捻れに強い作りになっている恩恵だと思います。, 【ASICS】GEL-RESOLUTION® 7 OC レビュー 使用感・サイズ感をレポート, 違いは、コートサーフェースに適したソウルになっているのと、サーフェースによって変わるフットワークに適した剛性になっていることです。, もしあなたが、試合に勝ちたい・強くなりたいと考えているなら、必ずコートサーフェースに適したシューズを使ってくださいね。, その結果を元に探せば自分にぴったりのシューズが見つけられると思うので、ぜひ活用しましょう。. オムニ・クレー用テニスシューズおすすめ! それでは実際に、オススメのミズノのオムニ・クレー用テニスシューズ を紹介します。 ウエーブエクシードツアー4 oc 出典:楽天. 錦織圭選手や大坂なおみ選手の活躍により、さらに日本国内でも人気が沸騰しているテニス。そんなテニスに必要不可欠なものといえば、テニスシューズですよね。そんなテニスシューズをおすすめランキングとして10選でご紹介します。あわせておすすめの選び方もご紹介します。