同じ目的かお手隙の方がいらしたらご協力お願いします。 その他rpgなど 2019.11.19 野牛 【ポケモンソードシールド】夢特性の厳選が沼すぎるwwキョダイマックス個体も狙うと地獄だぁ【ポケモン剣盾】 6vメタモンを捕獲したい場合は、 レイドが圧倒的におすすめ 。☆5のレイドなら4v以上の個体が確定で出現する。 オーラは性格固定が可能. 巨獣斬と巨獣弾、ダイマックス砲は、ダイマックスポケモンに対し2倍のダメージを与えられる強みがある。 しかし、それらの攻撃技は不思議なバリアのゲージを1減らすのに対し、ダイマックス技は2ゲージ減らせる。 これにより、ダイマックスしないポケモンと比べると、2ターン動いているのと同じ動きができている。2ターン分動いているということは、1ターン、レイドボスのNPCポケモンへの攻撃を減らせるということでもあり、防御面で優秀と言える。 かなり単純化したレイドボスへのダメージ ・ダ … オーラ付きを捕獲する場合は、性格の固定が可能になる。 こちらソードです マックスレイドバトルとは、ポケットモンスター ソード・シールドに登場する要素のひとつ。, 野生のダイマックスポケモンに4人で挑む。このダイマックスポケモンは、バトル中ずっとダイマックス状態を保っており、1ターンに複数回行動するなど強力である。このダイマックスポケモンに複数人で挑み、倒すことで捕獲できるようになる。, プレイヤー側もポケモンをダイマックスさせることができる。ポケモンをダイマックスさせる権利はターンごと順番に各プレイヤーを回る。プレイヤー側は1人だけ1回しかポケモンをダイマックスさせることができず、通常通り3ターンで効果は切れるため、ダイマックスさせるタイミングは重要となる。, 上述通りひんしになったポケモンもターンが経てば復活するが、累計のひんし回数が4回で強制的に巣の外に追い出されてバトルは終了する。10ターン目が終了することでも、累計ひんし回数に関係なく巣の外に追い出される。相手のHPを0にしたが同時にこちらのポケモンも4回目のひんしをした場合、巣の外に追い出されることが優先される。反動技も使用者のダメージで倒れてから敵ダイマックスポケモンが倒れるため、一般的なバトルの勝敗とは裁定が異なる。バトルに敗北しても柱は消えず、日付が変わるまで何度も挑戦することができる。, 「ひとりで挑戦」を選ぶか、「みんなで挑戦」を選んでも人数が4人集まらなかった場合はNPCのサポートトレーナーと組む事になる。どのNPCが付くかはランダムで決まる。サポートトレーナーのポケモンのレベルは主催者のポケモンのレベルの7割で固定され、レベルが上がっても進化したり技が変わったりすることは無い。プレイヤーがひんしにならなくても、サポートトレーナー達だけが4回ひんしになるとクリアできないため、人数が集まらないときの主催者ポケモンのレベルは重要となる。COM操作のトレーナーはダイマックスパワーが溜まってもダイマックスを使わない。名前はポケモンの関係者から取られていることがある。道具を持っていないポケモンおよびハリーセンの個体値は全て0、それ以外のポケモンの個体値は全て30に設定されている。, ヨロイじまでのマックスレイドバトルではNPC候補にマスターどうじょうのもんかせい(男女1人ずつ)・セイボリー・クララが、カンムリせつげんではピオニー・シャクヤが追加されている。もんかせいのポケモンの個体値は15/5/15/5/15/5、セイボリー・クララ・ピオニー・シャクヤのポケモンの個体値は全て20に設定されている。セイボリーは主催者のソフトがシールドのとき、クララは主催者のソフトがソードのときのみ出現する可能性がある。, ふしぎなおくりものの「ワイルドエリアニュースを受け取る」で期間限定で特定のポケモン(ピックアップポケモン)が出現しやすくなるようにできる。これらのポケモンは見つけやすくなるものの、捕捉率は通常よりも低く設定される(詳しくは上述)。, ポケモン名の前のGはキョダイマックス(あるいは進化後にキョダイマックス可能な個体)も出現することがあることを示す(キョダイマックスでないポケモンもピックアップ扱いであることに注意)。, なお、時間はUTC(日本時間の9時間前)基準であるため、日本時間では下記記載の開始日の9:00から、終了日翌日の8:59までの開催となる。, ストーリー中、マックスレイドバトルの形を取るイベント戦闘がいくつか存在する。これはワイルドエリアなどで行われる本来のマックスレイドバトルとは仕様が異なる部分がある。, 「ポケットモンスター ソード・シールド見どころガイド 増田順一氏×大森滋氏インタビュー」『, https://wiki.xn--rckteqa2e.com/w/index.php?title=マックスレイドバトル&oldid=482975, ソードではGダイオウドウとGジュラルドン、シールドではGリザードンとGダストダスの出現率が高い。, 出ている柱全てのバトルに勝利すると新たな柱が8つ現れるようになる。その内1つが紫色であることもあるが、紫色の柱が出ないこともある。柱が1つでもクリアできないレイドが存在すると日付が変わるまで新しいレイドが現れなくなってしまう。, 紫色の柱のレイドバトルは必ずホストとして参加して勝利する必要がある。紫色の柱のレイドバトルが残っている場合、赤い柱のレイドに何度勝ってもリセットが起こらない。, 紫色の柱は通常一度に1本しか出現しない。ただし、自然発生した紫色の柱が出ているときでもねがいのかたまりによって紫の柱を出し、計2本の紫色の柱が出ることはある。, ねがいのかたまりで出現した柱が残っている状態で別の巣穴にねがいのかたまりを使うと、先に立てた柱が消滅して新しい柱が現れる。, マックスレイドバトルの難易度は5段階に分かれており、挑む前の画面でポケモンのシルエットと共に星の数(1個~5個)で表示される。, 各難易度の出現率は等しく、例えばジムバッジが6個の場合は星3と星4が1/2ずつ、8個揃っている場合は星3・星4・星5の難易度が1/3ずつの確率で選ばれる。, 出現ポケモンのレベルも星の数に対応して決まる。ただし期間限定のピックアップで出現するポケモンはピックアップごとに通常とは別のレベル設定がなされている。, 通常のマックスレイドバトルで隠れ特性の確率が発生しないポケモンでも、期間限定のピックアップによって隠れ特性が発生する場合がある。確率はピックアップの内容による。, ただし、図鑑ナビやしまスキャンで入手したポケモンと異なり、マックスレイドバトルで入手したポケモンが覚えている特別なわざは一度忘れさせると, 期間限定のピックアップでは5個以上の個体値が最大値に設定されているポケモンも出現する。, ふしぎなバリアを持つポケモンがいる。この状態では、複数回攻撃するまではダメージをほとんど受けない。, ポケモンごとにバリアの枚数は異なり、2回バリアを張ることもある。同じ種類のポケモンでも高難易度ほどバリアの枚数は増える傾向にある。, バリアはHPが規定値になると出現する。どの攻撃もこの規定値を超えるダメージを与えることはできない。, 複数回バリアを張るポケモンでは、1ターンに張るバリアは1回までである。バリアを張ったターンにバリアが残った状態で次のバリア出現の規定値までHPが下がると、それ以上ダメージを与えることができないのに加え、残っているバリアを割ることもできない。次のターンにバリアが追加されたあと、ダメージ・バリアを削ることが可能になる。, バリアはダメージを全て無効化するわけではない。そのポケモンが張りうる最後のバリアを張った後は規定値のリミットがなくなるため、バリアを破壊せずHPを削り切ることも可能。, ひとりで挑戦するときのマックスレイドバトルの場合、基本的にバトル終了後にボールを投げれば必ず捕獲が成功する。, ピックアップ中のポケモンはたとえキョダイマックスの姿ではなくても捕獲に失敗することがある。, ピックアップ中のポケモンの中には最初から捕獲不可能に設定されているものがいる。この場合マックスレイドバトルに参加しようとすると、捕獲ができないという警告文が表示される。(, ピックアップ中のポケモンに勝利した場合、通常のレイドバトルで入手できないアイテムが報酬に含まれる場合がある。, 報酬の内容は巣穴の場所ごとに個別に設定されている。同じ巣穴でも通常のレイドバトル(赤い光)とレアなレイドバトル(紫の光)では報酬も異なるほか、バージョン(ソードかシールドか)の違いや★の数でも報酬は変わってくる。巣穴ごとの報酬の詳細は, プレイヤーのポケモンがひんしになった場合もバトルは終わらず、他のポケモンを「おうえん」することができる。おうえんによる効果は以下のいずれかが選ばれる。, バトルに参加させるポケモンが、HPが減ったり状態異常になっていたりしても全回復した状態で戦う。ただし、レイドバトルでHPが減ったり状態異常になった場合はバトルが終わってもそのまま。, 特性を持つポケモンが敵か味方かに関係なく、マックスレイドバトルでは他のポケモンの持ち物に影響を与える特性, ダイマックスポケモンが使うほろびのうたは有効。ふしぎなバリアによりほろびのうたの効果は防がれ、このとき味方のポケモンのみが, 通信エラーで切断された場合、切断されたプレイヤーはバトルから離脱する。ただし他のプレイヤー側では切断扱いにならず、切断したトレーナーはCOM操作で戦闘を継続する。COM操作になったトレーナーの動きはNPCと同じようなパターンになり、ダイマックスは使用しない。, 通常のマックスレイドバトルと異なり、ポケモンの入れ替えができる。場に出しているポケモンがひんしになった場合、次のポケモンが出せる。, ホップは手持ちポケモンがひんしになったら次のポケモンを出すが、ザシアンとザマゼンタはひんしになるとそのバトル中は復活しない。, ダイマックスは使用可能。ただし主人公がダイマックスを使わずにダイマックスの権利が次のトレーナー(NPC)に移った場合、そのNPCがダイマックスを使うことがある。, 「ふしぎなバリア」を使わず、ダメージカットも無い(十分に強い攻撃なら一撃で倒せる)。.