ゲーム配信・ゲーム実況をするために絶対に必要になるのがマイクです。 ゲームのプレイ画面に配信者の声を入れることで始めてオリジナリティのあるコンテンツになります。 聴こえてくる声が綺麗だったりかっこよかったり、聞きやすい声 […] YouTube、OPENRECでゲーム動画の投稿と実況をしています。 ゲームのプレイ画面に配信者の声を入れることで始めてオリジナリティのあるコンテンツになります。, 聴こえてくる声が綺麗だったりかっこよかったり、聞きやすい声なら視聴者が増えやすくなります。, そうでなくてもノイズがひどかったり、音質が悪くこもった声に聴こえると視聴者が離れてしまいます。, そんなゲーム実況初心者のために、実際にYOUTUBEやOPENRECでゲーム配信、動画投稿をしている現役Youtuberの僕がランキング形式でおすすめのマイクを紹介します。, ほかの2つのマイクと比べてコンデンサーマイクは感度が高く高音質で収録することができます。, ただし感度が高いため環境音やポップノイズ(吐息の音)が入りやすいため、ポップガードで息がかからないように工夫する必要があります。, また、コンデンサーマイクはオーディオインターフェースなどのマイクとPCの接続機器を使用しなくても、USB接続で使用できるものが多く存在するので初心者でも難しい設定をせずに使うことができます。, ゲーム実況におすすめなのは単一指向性と呼ばれるマイクで、一方向からの音声だけを録音してくれるので周囲からの雑音が入りにくいです。, PCに高価なマイクを接続してもその性能を生かせるだけの機能がなく、「サー」というようなノイズが入ってしまいます。, この問題はオーディオインターフェースを導入することで解決するのですが、オーディオインターフェースは高価で1万円以上するものが多く気軽に手を出しにくいです。, ですが、USB接続型のマイクならオーディオインターフェースがなくてもノイズがないクリアな音声を録音することができます。, 初心者はオーディオインターフェース不要のUSB接続型のコンデンサーマイクを購入するのがおすすめです。, この記事ではゲーム実況初心者におすすめのコンデンサーマイクの中でも扱いやすいUSB接続型で高音質のコスパが高いマイクをランキング形式で紹介します。, 1万円を切る値段ながら、ノイズもほとんどなくクリアな音声が録れる高クオリティなコンデンサーマイクです。, 単一指向性なので一方向からの音声だけを録ることができ、USB型でドライバが内蔵されておりPCに繋ぐだけですぐに使うことができます。, 地声にかなり近い音が録れるので歌ってみたなどをやってみたい人でも音質に満足できるでしょう。, マイクスタンドが付属していないため、マイクスタンド、またはマイクアームを同時購入するのがおすすめです。, 感度が高いのでポップガードつきのものを購入するとポップノイズをかなり軽減できるでしょう。, 最新型のMPM2000Uのほうが高音質で録ることができますが、MPM1000Uでも十分な音質で録音することができます。, 実際僕が使用しているのはMPM1000Uですが、音質に不満は一切ありません。コスパを考えるとMPM1000Uで十分でしょう。, ゲーム配信に最適なUSBコンデンサーマイク!マランツプロMPM-1000Uレビュー!, 長く大事に使えるならとりあえずマランツプロ MPM1000Uを買っておけば間違いないですね。, 1万円を少しオーバーしますが、キャプチャーボードなどゲーム配信機器で有名なAVerMediaのUSBコンデンサーマイクです。, こちらも単一志向性なので余計な音が入りずらく、USB型なのでPCに繋げばすぐに使用できます。, AVerMedia製なので同じくAVerMedia製のキャプチャーボード(GC550など)との相性問題などの心配をする必要がありません。, マイク本体にミュートボタンと音量調節ツマミを搭載しているので、PC側の操作を行わなくても素早くミュートすることができます。, デスク用のマイクスタンドも付属しているのでマイクだけ買えばすぐに使うことができます。, ノイズが入りやすいのでポップガードは必須。また、ホワイトノイズが入りやすいのでゲーム音が静かなゲームの実況では気になるかもしれません。, また、集音性が低めなのでマイクからの距離が遠かったり声が小さい人はPC側で音量を上げなければならない場合があります。, しかし、マイク本体に電源ボタンがあったり、デスク用マイクスタンドが付属しているなど価格の割に機能や付属品が充実しています。, イヤホンマイクなどと比べると音質は上がるので趣味でゲーム配信を行う初心者にはおすすめですが、頻繁に配信したり、音質にこだわるならもう少し高いものを購入したほうがいいでしょう。, 一人で実況するときは正面のみの単一指向性に、複数人の音声を録りたいときは無指向性、正面と左右、前後の双指向性と4つの指向性を場面に合わせて切り替えられます。, マイク本体にマイク入力、ヘッドホン出力のボリューム調整つまみ、ミュートボタンがついているのでマイク本体の操作だけでもある程度の音量調整ができます。, 自立スタンドが付属しており角度も調整できるのでマイクスタンドやアームを別途購入する必要がありません。, ショックマウント付きマイクアーム、ポップガード、マイクスポンジが付属しているので周辺機器をほかに買う必要がないのが魅力です。, 中国メーカーですが音質も十分なクオリティなので安く周辺機器一式とコンデンサーマイクを揃えたいと思っている初心者におすすめのマイク。, ただし集音性はあまり高くないのでマイクとの距離が離れると音声が小さくなってしまいます。, 付属品がしっかりしているので将来的に別の高級マイクを買っても使用できるので入門編として買うのがいいでしょう。, マランツプロ製でマイクアームが付いてるのに6000円くらいの安めの価格設定が嬉しい商品。, 単一指向性で集音性は高いですが若干声が地声より少し低めに聞こえるので地声を伝えたい場合や歌ってみたの投稿を考えている場合はMPM1000Uなどを選びましょう。, 安心の日本企業製品。オーディオテクニカは音響機器メーカーなので製品の質も高く、歌声や楽器の音も綺麗に録音できます。, 元々オーディオインターフェースを使用するコンデンサーマイク「AT2020」をUSB接続可能な型として制作されたのが「AT2020USB+」なのでUSB型コンデンサーマイクの中でも質が高いです。, デスクスタンド、マイクポーチ付属。ぶっちゃけマイクを持ち運ぶ機会はほぼないのでポーチを使う機会はないです。レザーでかっこいいけど…, 性能はかなり高いですが、ゲーム配信のみに使うにはもったいないスペックなので歌ってみたや弾いてみたなど高音質を求められる配信を考えている人におすすめのマイクです。, 初心者でも扱いやすく、長く使えるコスパも質も高い商品を選んだので満足していただけると思います。, ゲーム実況はプレイスキルはもちろんですが、視聴者に聴きやすい声を届けることで人気が出ることも多いです。, ノイズを減らし、地声に近い声を視聴者に届けるためにマイクの質にはこだわりを持ちましょう。, ブロガー兼ゲーム実況者のふーかが運営してます。 Copyright (C) 2015 - 2020 PLAN Co.,Ltd. ふーかのチャンネル_YOUTUBE ■ 次の記事: 声質の変化について. ふーかのゲーム配信_OPENREC All Rights Reserved. お問い合わせ, ふーか、YOUTUBERになります。スプラトゥーン2の動画を初心者にもわかりやすくお届け!, 【2020年版】ゲーム配信・実況におすすめのキャプチャーボードランキング【YouTuber】, 初心者にも使いやすい動画編集ソフト!EaseUS Video Editorレビュー【PR】, ドロヘドロやうしおととらも無料で読めるマンガアプリ「サンデーうぇぶり」|先読みの方法やポイントの貯め方・おすすめ作品も紹介, 【2020年版】おすすめのゲーミングPCランキング!初心者にもわかりやすくゲーム実況者が解説!, PCゲームをやるためにグラフィックボード1070Tiを買ったのでレビュー!PC版Fortniteプレイ動画つき, Marantz MPM-1000U DAWレコーディング 生放送・録音・ポッドキャスト USBコンデンサーマイク 【マランツ MPM1000U】, マランツプロ USBコンデンサーマイク 生放送・録音 ショックマウント・ケース付 MPM2000U, 【送料無料】AVerMedia アバーメディア プラグ&プレイUSBマイク パソコン音量調節ツマミ/マイクミュートボタン搭載 単一指向性マイクユニット AM-310 AM310, ソニー エレクトレットコンデンサーマイクロホン ECM-PCV80U 取り寄せ商品, Blue Microphones Yeti USBマイク【日本正規代理店品・メーカー保証2年】ブラック 2070 指向性4モード, Auphonix Blue Yetiマイクのポップガード 2重張り Popfilter Double screen mesh, MAONO USBマイク コンデンサーマイク PC マイクセット マイクスタンド 高音質 アームスタンド付き 録音 生放送 YOUTUBE ゲーム実況 (マイクセット), マランツプロ 放送・配信用 USB コンデンサーマイク・ブームアームスタンド付き Pod Pack 1, audio-technica オーディオテクニカ USB マイクロホン AT2020USB+ 生放送・録音・ポッドキャスト・実況. よかったら見てください。 マイクを近づけると、低音が増す(近接効果) 1. Copyright (C) 2020 れみぼいす – カラオケ、高音、発声方法などのボイトレ情報サイト All Rights Reserved. PC用に「実況マイク」のカテゴリーはありませんが、マイクの実物があって、実際の音が聞けるのに距離(使い方)を教えてほしいというのはナンセンスに思います。 音の入り方は声質や部屋の環境、使う位置でも異なりますから、あなた自身で「ボイントを探す」以外に方法はないのですが この記事では、マイクの正しい使い方について紹介しています。マイクの持つ角度・持ち方・口との距離・向きの4つのポイントを理解すれば、誰でも簡単に実践できます。マイクを正しく使えば、それだけで歌声をワンランクアップさせることも期待できます。, 普段、カラオケなどで何気なく使っているマイクにも、もちろん正しい使い方があります。マイクを正しく使えば、それだけで今までよりも歌が良くなることが期待できます。, そこで今回は、マイクの正しい使い方について詳しく紹介します。この記事を読めば、マイクの特徴を考えたマイクの角度・持ち方・口との距離・向ける方向が深く理解できます。, 今日からあなたもマイクの正しい使い方を実践して、歌声をワンランクアップさせてみてくださいね。, 間違ったマイクの使い方をすると、音がこもって声質が変わってしまったり、ハウリングが起こりやすくなるなどの問題が起こり、マイクがしっかりと音を拾えない状態になってしまいます。, しかし、マイクを正しく使うことは難しくありません。以下の4つのポイントをおさえれば、誰でも簡単に実践できます。, カラオケやスタジオにあるマイクはどこからでも音を拾うわけではなく、良い音が出るポイントがあります。そのため、マイクを持つ角度はとても大切です。, カラオケ・ライブハウスで使われるマイクは、単一指向性マイクという正面の音をよく拾うマイクです。側面・背面からの余計な音を拾わずに、正面の音だけがクリアに出るようになっています。, マイクを持つ角度はヘッドの部分としっぽの部分を水平、あるいは少し上下した状態にすることが基本です。マイクの先端を口の前にして、まっすぐになるように持つとよいでしょう。, 声量がある方は、しっぽの部分を下向きにする持ち方でも問題ありません。しかし、部屋に響き渡るほどの声量で声に表情がつけられる方でないかぎりは基本の角度がおすすめです。, マイクは中央部分を握ることが大切です。ヘッドの部分を握ると音がこもり、クリアな声質が出なくなってしまいます。, 単一指向性のマイクは、正面の音を大きく拾うように空気穴があいています。しかし、ヘッドの部分を覆うと、空気穴がふさがって周りの音をすべて拾ってしまう無指向性のマイクになってしまいます。その結果、音も悪くなりハウリングも起こりやすくなってしまうのです。, また、カラオケなどで見かけることの多いワイヤレスマイクの場合には、しっぽの部分から電波の送受信を行っているので覆ってしまわないようにしましょう。声が切れたり、嫌なノイズが入ってしまい音が悪くなります。, テレビで見かけるヘッドを覆うようなマイクの持ち方はパフォーマンスのひとつで、プロのエンジニアがいるからこそできる技なのです。, ライブハウスやカラオケにあるダイナミック型のマイクは、近いほど細かい音までよく拾って音量も大きくなります。基本はマイクに口をしっかり近づけましょう。, マイクとの距離が近づくと、直接息が当たってしまい「ポフッ」という音が出る場合があります。これは、「吹かれ」「ポップノイズ」と呼ばれています。, これを防ぐために、マイクにはスポンジのようなウィンドスクリーンが付いているものが多くあります。また、ミュージシャンがレコーディングを行う時には、マイクの前にポップガードと呼ばれるスクリーンを立てて使います。, また、カラオケなど他の方とマイクを一緒に使う場合は、あまり近づけすぎると不快に感じる方もいます。マイクから5cmほどの距離で使うのが、音のよさとマナーから考えてもベストですね。, 指向性のあるマイクの場合には、近づくほど低音域が強調される近接効果という現象が起こります。これをうまく使えば、出したい低音域をマイクの距離で調節することができます。, 大きい音の場合は距離を離し、ささやくような声や低音を強調したい時には近づけると、それだけで音のバランスが整った聴く人に気持ちのよい音になります。マイクの使い方に慣れてきた方は意識してみると良いと思います。, マイクをスピーカーに向けると、大きな「キーン」「ボー」という音がするハウリングが起こってしまいます。, スピーカーの音をマイクが拾ってしまい、さらにスピーカーから大きな音になって出ます。このループによって、どんどん音が増幅されてハウリングが発生します。マイクをスピーカーに向けないことが大切です。, また、周りの音が大きく声が聞こえないからといってスピーカーに近づきすぎてしまうと、同じように音を拾いやすくなってしまいます。できるだけスピーカーから離れた場所で、マイクは使いましょう。, ハウリングはスピーカーを痛めてしまう場合もあり、あまりにひどいと壊してしまう場合もあります。マイクをコンコンと叩いたり、息を意図的に吹きかけると、大きな音が出すぎてハウリングと同じようにスピーカーによくありません。, マイクを向ける方向やスピーカーの位置に気をつけてマイクを正しく使うと、周りの方も楽しく聴くことができます。, マイクを使用する際に、いくつか注意すべき点があります。マイクを正しく使用しないと、マイクを壊してしまうだけでなく、スピーカーに異常をきたしたり、突然大きな音が出て、周囲の人を困らせてしまう場合があります。, 会議や講演会でしゃべり始める際に、マイクを指で「コンコン」と叩いてしまっていませんか?, マイクの音がちゃんと出力されるか確認するために、ついついやってしまう行為ですが、実はこの行為はマイクを痛めてしまいます。, またマイクを叩くことにより振動音がマイクを通し、スピーカーやアンプにも悪影響が出ます。ついつい癖でやってしまう行為ですが、周辺機器に大変悪影響なので、やめるようにしましょう。, マイクを叩く行為と同様に、マイクに口から「ふ~っ」と息を吹きかける行為も、スピーカーやアンプといった周辺機器に悪影響を与えてしまうので注意するようにしましょう。, ライブハウスやスタジオでやってしまいがちな行為ですが、マイクの音量が大きい状態で、突然ケーブルを抜いてしまうと、「ブチッ」と大きな音がでます。このような電気ノイズはスピーカーに非常に負荷をかける行為です。, マイクの音量を最小にしてから、もしくはスピーカーやアンプの電源を落としてから、ケーブルを抜くようにしましょう。, 「ハウリングが起こらないマイクが欲しい」という声をよく聴きますが、ハウリングはどのマイクでも起きてしまう現象です。, しかし、マイクとスピーカーの位置関係や距離、マイクを向ける方向にさえ気を付ければ、ハウリングが起きる確率を最小限に抑える事が可能になります。, ここでは、そんなハウリングを極力防ぐ方法について解説していきますので、ライブや会議、カラオケなどでマイクを使用する際に意識するようにしましょう。, ハウリングとは、「ピー」という高い音や、「ボー」という低い音まで、持続的に耳に不快な音が鳴り響く事を指します。, マイクで声を拾うと、アンプを通しスピーカーから出力されます。そのスピーカーから出力された音を再びマイクが拾ってしまう事によりハウリングが発生します。, マイクを使用する前、あるいは使用中にハウリングが発生してしまった際に、やるべき事をまとめましたので以下の点に注意して、マイクを使用してください。, ハウリングは起こってしまうと、周囲の人に迷惑をかけたり、ライブに来てくれたお客さんに不快な思いをさせてしまいます。上記の4点をしっかり意識してマイクを使用するようにしましょう。, このページは、ピントルのマイク専門ページです。マイクの種類や特徴などを詳しく解説すると共に、おすすめランキングや選び方などについても紹介していますので、マイクについて詳しく知りたい方は必見です。. マイクはボーカルが声を機材に入力するための装置ですが、使い方次第で声の入り方が変わります。, 指向性とは、簡単に言うとマイクが音を集めやすい方向があるかないかです。単純に分けると、, 単一指向性マイクは、正面からの音をよく拾いますが、他方から来る音はあまり拾いません。, カラオケやライブ等でよく使われるため、歌が大好きな皆様にとっては、一番馴染みのあるマイクになります。, ライブやカラオケでは、マイクが周囲の音を拾ってしまう事を極力避けなければなりません。, もしマイクが無指向性で、ボーカルに関係のない音を沢山拾ってしまうと、それだけボーカルの音質が低下しますし、その音がまたスピーカーに流れてしまい、それをマイクが拾い…と繰り返されていき、 キーンという音が鳴る、ハウリングという現象が起きやすくなります。, 単一指向性マイクを扱う場合、音は一方向からしか拾わないので、真っ直ぐに声を向けなければなりません。, よくマイクを斜めの角度にして持ったり、アナウンサーのように上に向ける人がいますが、 単一指向性マイクでこれをやってしまうと、全然声が入らなくなります。, 先っぽのグリルの部分を握ってしまうと、音がこもり、ハウリングを起こしやすくなります。 入力される声の音質も悪くなります。, テレビを見るとプロでもよくグリルの部分を握って歌っている方がいらっしゃいますが、これはプロのエンジニアがちゃんと対処しているからこそできる芸当です。, ワイヤレスマイクの場合は、しっぽの部分が電波を送信する部分になります。そこを握ってしまうと、声が入らなくなったり、シューっという音が入るので避けましょう。, あまりにも変な握り方をしてしまうと違和感がありますが、逆にあえて変わった持ち方をして個性を出すこともできます。, カラオケやライブ等で使われるダイナミックマイクを扱う場合、マイクの特性を知っておく必要があります。, ダイナミックマイクの場合、マイクを口に近づければ近づける程声を拾うようになりますし、逆に離せば離す程、声を拾わなくなります。, バンド演奏時など、周りのノイズが多い場合はなるべくマイクを近づけて声を拾うようにします。, ただし、マイクと口を近づけすぎた場合は、息が直接マイクにあたり、マイクを吹いて「ボンボン」という音を出してしまう可能性が出てきます。 「吹かれ」とか、「ポップノイズ」と言います。, 歌唱時にあまりにもボンボンと音がする場合は、破裂音を控えめにするよう矯正するか、マイクを少し離すと良いです。, レコーディング時には、ポップガードという付属品を付ける事でポップノイズが軽減されます。, ボーカルが使う単一指向性マイクの場合、マイクを近づければ近づける程、低音が増幅されます。, 最大の問題点は、マイクの低音部が入らないと声が入っていないと勘違いしてしまうことがあるということです。このあたりは耳が慣れるしかありません。, マイクをコンコン叩くと、振動がマイクに直に伝わり、非常に大きな低音が出て、最悪の場合アンプやスピーカーを壊してしまう恐れがあります。, また、マイクをフーッと吹いても同様に大きな音が出てしまい、機材にはあまり良くないです。, マイクをスピーカーに向けると、スピーカーの音をマイクが拾ってしまい、 それがまたスピーカーから流れ、マイクが拾い…の連鎖になり、ハウリングが起きやすくなります。, 同様にスピーカーに近づけば近づく程、スピーカーの音を拾いやすくなり、ハウリングの元となります。, 以上でマイクに関する解説はすべて終わりです。マイク1つの使い方で声が大きく変わりますので、参考にしていただければ幸いです。, ■ 前の記事: 歌で陥りがちなオーバーシンギングに注意