皆さんが持っていらっしゃる不安は私にもよく分かります。しかし、それを乗り越えてこそチャンスが訪れることも経験しました。希望を持って頑張って下さい。, 3. デメリットは英語の授業となること、そして、試験の前には日本で実地の再訓練をし、日本の空になれる必要がある点でしょう。, 国内でも海外でも訓練の内容が、充実しているかどうかは、とても大切なポイントといえます。特に実地訓練は自分で補うことが困難になります。機材は豊富か、訓練時間は足りているかなど、数校と見比べながらしっかりと確認をするのが大切でしょう。, またスクールの教官についても可能ならチェックをしておくと良いでしょう。免許の合格率もそのスクールが信頼できるかどうかを判断する目安の1つとなりそうです。, また海外スクールの場合は資料に書いてあるパック料金の安さにも注意したいところです。訓練時間が受講期間に対し妥当なものであるかをしっかりと見る必要があるでしょう。受験資格に必要な時間数に満たないことがないよう注意しておきたいところです。, ヘリコプターのパイロットになるために費用はいくらかかるのでしょう。 目安としては30歳以下が就職で有利になり40歳を越えると就職できる可能性がほとんどなくなるというのが基準となりますが、若いから必ず就職できるとは限りませんし、逆に40歳近くでトライした方がパイロットになっているケースもありますので一概には言えません。 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@ @@@™–¯ŠÔŽ–‹Æ‰ïŽÐÌ—pŽŽŒ±ŽóŒ± パイロット自身が空間失調症にならないために。, ・第一種航空身体検査 → 健康な体でパイロットにふさわしい体かを検査。例えば視力、 途中の実地訓練に海外留学を挟み、費用を抑える工夫をしているところがあるようです。, メリット 35才、今からパイロットになるのは可能でしょうか?もちろん、個人でセスナの免許なら、金と時間があればできるのでしょうけど。それは趣味の世界ですね。航空会社に転職して、民間の旅客パイロットというのは、今からでは100%不可能でし @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@™‚i‚b‚`‚aŽ–‹Æ—pƒ‰ƒCƒZƒ“ƒXŽæ“¾ 社会人を経て、ヘリコプターのパイロットになった方は多くいます。自力で学費の準備を整えた後じっくり挑戦したり、30歳を過ぎてからパイロットとして再就職した方もいるようです。 クライアントの要望に応えられる、安全で確実なフライトを実行できるパイロットになりたい。, 5. パイロット不足から、今年未経験で42歳の方がパイロットとして採用されました。 更には官公庁では52歳でのパイロットの採用もありました。 この2人方は未経験ではありますが、必要な免許は自費で取得されています。 ・自家用操縦士免許 → 車で例えると普通自動車免許。お客様を乗せてお金を貰えない。, ・事業用操縦士免許 → また車で例えると二種免許。お客様を乗せてお金を貰うことが可能。, ・計器飛行証明   → 悪天候の時や雲の中など視界がかなり悪い時に必要。 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@. 速報、朝日航洋認定訓練生 第2期生のもう一人徳矢さんが、平成27年1月事業用実地試験に一発合格しました。五味さんと一緒に朝日航洋㈱に平成27年4月1日入社しました。, 徳矢さんも五味さんと同じように大学在学中に休みを利用してNFS海外自家用操縦士免許コースで免許を取得、大学4年生のH25年に朝日航洋認定訓練生に選ばれ、翌平成26年2月より訓練を開始して今回の合格となりました。おめでとうございます。, 速報、朝日航洋認定訓練生 第2期生五味さんが、平成26年11月事業用実地試験に一発合格しました。朝日航洋㈱には平成27年4月1日入社しました。, 五味さんは大学在学中に休みを利用して自家用操縦士免許を取得、大学4年生のH25年に朝日航洋認定訓練生に選ばれ、翌平成26年2月より訓練を開始して今回の合格となりました。おめでとうございます。, 速報、中日本航空奨学訓練生 第1期生元佐さんが、平成26年9月事業用実地試験に一発合格し、中日本航空㈱に10月1日付けで入社しました。, 元佐さんはH25年4月の合同説明会に参加後、6月より訓練を開始し、中日本航空奨学訓練生の第一期生としてH25年11月に選抜試験で選ばれ、その後の事業用訓練+αの1千万は、中日本航空の負担で日本フライトセーフティで訓練を受け、H26年9月試験合格、10/1入社となりました。おめでとうございます。↓, 速報、朝日航洋認定訓練生 第1期生二人目の日向野さんが、平成26年9月事業用実地試験に優秀な成績で合格し、朝日航洋㈱に10月1日付けで入社しました。, 日向野さんは朝日航洋認定訓練の第一期生として1年間訓練に励み今回の合格、10/1の入社となりました。認定訓練生は1年前にすでに内内定済みですので、入社後の訓練計画もほぼ決まっており、早い段階での機長発令訓練が始まるようです。おめでとうございます。↓, 速報、朝日航洋認定訓練生 第1期生の内田さんが、平成26年6月無事事業用実地試験に一発合格し、一足早く7月1日付けで朝日航洋㈱に入社しました。, 内田さんは昨年6月に朝日航洋の認定訓練生に応募して選ばれ、9月に渡米して訓練開始、海外と国内の学科及び操縦訓練を意欲的に取り組み、今回の入社となりました。おめでとうございます。↓, Kさんはすでに38歳になっておりましたが、持ち前の粘り強さと情熱で、弊社教官の勧めもあり、無事H26年8/1付けで某警察航空隊への就職が決まりました。おめでとうございます。, 速報、26年3月NFS卒業生、藤沢さんが朝日航洋株式会社採用試験に合格、入社が決まりました。, 藤沢さんは朝日航洋の認定訓練生ではありませんが、ヘリ操縦士になりたいという強い意志を持って訓練に集中し、試験合格前から同社の目に留まり、今回の就職となりました。おめでとうございます。↓, 速報、25年9月NFS卒業生、吉野さんが航空機使用事業会社採用試験に見事合格、入社が決まりました。, 吉野さんは事業用試験合格後も日本フライトセーフティの運航管理研修に従事、積極的に航空事業会社の業務を学んだことから、今回のお話をいただけました。おめでとうございます。↓, 速報、25年8月NFS訓練生、鈴木さんが中日本航空株式会社採用試験に見事合格、入社が決まりました。, 鈴木さんは、中日本航空の奨学訓練生ではありませんが、同社も奨学訓練生以外でも採用を活発化させており、弊社との制度打合せの途中から、採用の情報をいただき、試験合格後すぐに入社試験を受け、採用となりました。夢がかなっておめでとうございます。↓, 速報、24年12月NFS訓練生の松本さんと弘中さんが東邦航空株式会社採用試験に見事合格、入社が決まりました。, 松本さんも弘中さんも、ヘリ事業用試験合格後、日本フライトセーフティの運航管理研修に従事、働きながら事業会社の業務を積極的に覚え、こなしてきたことから、同じ東京ヘリポート内にある東邦航空より採用のお話をいただき、就職が決まりました。入社後すぐに運航管理の即戦力として、能力を発揮しているとのことです。操縦士としての機長訓練も始まりました。おめでとうございます。, 1.取得資格 2.業務内容 3.パイロットとしてのモットー 4.今後の目標 5.パイロットになってよかったと思うこと 6.パイロットを目指す方へ一言, 3. 速報!27年6月NFS卒業生、鈴木さんがディーエイチシー株式会社のヘリコプター事業部に入社が決まりました!! これはスクールによって差がありますが国内だと1,000万円ほどかかるケースがよく見られます。海外の場合は半額以下という話もありますので資料を取り寄せるなど、しっかりと検討することが必要でしょう。, また就職先によっては補助を出してくれるところもあります。例えば中日本航空です。社の指定校で一定条件をクリアし奨学訓練生となれば、事業用操縦士の訓練費用等として1,000万円を貸与してくれます。さらに卒業後、中日本航空で操縦士として10年間勤務すれば返済は実質的に免除されるシステムを設けています。, 時間と労力をかけて取得したヘリコプターの操縦士免許です。ぜひ最大限に生かしたいところです。ヘリコプターパイロットは、人材が不足していることもあり、就職率は高めのようです。その就職先も多岐にわたっています。, 国を守ることに力を尽くしたいのであれば、海上保安庁、警察などの官公庁があります。人を乗せることが好きであれば、航空事業会社の道もあります。リラックスして楽しみたいという考えであれば、観光会社などで夜景を眺めるアトラクションのパイロットなども考えられます。医療関係であればドクターヘリの役割を担うことも可能でしょう。, 就職先の募集状況ですが、官公庁なら一般公募されていますし、民間企業であれば各種転職サイトでも募集が見られます。また、スクールによっては就活指導をしてくれるところもあるようです。年収も高く、厚生労働省が平成27年に行った「賃金構造基本統計調査」によれば、航空機操縦士の年収は1,291万円となっていました。これは旅客機の操縦士も含みますが、ヘリコプター操縦士単独であれば、約600万円から上は1,000万円超えという情報があるようです。, 社会人を経て、ヘリコプターのパイロットになった方は多くいます。自力で学費の準備を整えた後じっくり挑戦したり、30歳を過ぎてからパイロットとして再就職した方もいるようです。性別の壁もないようで、多くの女性パイロットが活躍しているそうです。, ただ、パイロットになるには免許の他に、航空身体検査が必要となります。例えば視力であれば、矯正視力1.0以上が必要です。かつては裸眼視力規定がありましたが、現在はコンタクトレンズの使用も許可されています。, ヘリコプターのパイロットになるには、それなりに時間と費用がかかります。しかしその免許は国家資格であり、世の中の需要も非常に高いものがありました。プロのヘリコプター操縦士として活動するまでは、大変かもしれません。, しかしその努力に見合った大きなやりがいと、収入の得られる職業と言えるのではないでしょうか。, ヘリコプター免許を取りたい!でも何からすればいい?|ヘリコプたん 実地試験が行われる日本の空で練習ができることです。長期間日本を離れる必要がないので、働きながらでも通うことが可能です。また、日本語での授業となりますので、細かな点まで授業内容が理解しやすいでしょう。, デメリット 速報!2020年10月 NFS 卒業生の有本さん(26歳男性)と鬼塚さん(26歳男性)の二人が中日本航空に決定、入社しました。, 有本さん、鬼塚さんは二人とも中日本航空の奨学訓練7期生です。中日本航空より奨学金をもらっての訓練、入社となりました。中日本航空奨学訓練生制度はこちらをご覧ください。, 速報!2020年10月 NFS 卒業生の佐治さん(26歳男性)が朝日航洋に決定、入社しました。, 速報!2020年8月 NFS 卒業生の斎藤さん(33歳男性)がエクセル航空に決定、入社しました。, 速報!2020年4月 NFS 卒業生の金丸さん(24歳男性)がM県警察航空隊に入隊しました。, 速報!2020年3月 NFS 卒業生の木村さん(32歳男性)が本田航空に入社しました。本田航空の日本フライトセーフティ出身者も古くから在籍しています。, 速報!2020年1月 NFS 卒業生の奥さん(33歳男性)が東邦航空に入社しました。東邦航空への日本フライトセーフティ出身者の入社はこれで4年連続となりました。, 速報!2019年8月 NFS 卒業生の内海さん(22歳女性)と永沼さん(24歳男性)が中日本航空に入社決定しました。内海さん永沼さんは、中日本航空の奨学訓練生の6期生です。奨学訓練制度はNFSで自家用ヘリ訓練受講後に中日本航空で受かると奨学金として訓練費1千万円が受け取れる制度で、2013年からスタートして二人は6期生になります。, 速報!2019年8月 NFS 卒業生の飯田さん(29歳男性)が西日本空輸に入社決定しました。西日本空輸には2018年12月にも櫻井さん(32歳男性)が入社してフライトしています。, 速報!2019年4月 NFS 卒業生の水村さん(32歳男性)がH道警察航空隊に決まりました。, 速報!2019年4月 NFS 卒業生の畑さん(35歳男性)がM県警察航空隊に決まりました。, 速報!2019年4月 NFS 卒業生の小原さん(23歳男性)が朝日航洋に入社しました。小原さんは朝日航洋の認定操縦訓練生の第6期生です。事前に朝日航洋に認定されて入社内定をもらい、訓練費として1千万円の奨学金がもらえる制度です。2013年からスタートして小原さんは6期生, 速報!2019年2月 NFS卒業生の吉田さん(24歳男性)が東邦航空㈱に採用が決まり、入社しました。, 吉田さんは大学を卒業してすぐに日本フライトセーフティに入校、訓練中も、もの怖じしない明るい性格は周りを巻き込み常に笑顔があふれていました。(失笑も?)前年10月に事業用試験合格後、NFSで運航管理研修に従事したかと思えば、すぐの12月には東邦航空に内定、入社までの1か月の間に一人でマチュピチュに個人旅行してきたという行動派です。東邦航空でもムードメーカーとして頑張ってください。, 速報!H30年12月 NFS卒業生の櫻井さんが西日本空輸㈱に採用が決まり、入社しました。, 櫻井さん(32男性)は元消防士でしたが、ドクターヘリや防災ヘリの活躍を知って、30代と少し遅めのスタートでしたが、プロパイロットを目指しNFSに入校。持ち前の勤勉さと情熱で順調に訓練を消化して技量を身に付け、事業用操縦士の資格をH30.4に取得しました。その後はNFSで運航管理研修に従事、今回の募集情報をいち早く知って採用となりました。, 速報!H30年10月 NFS卒業生で中日本航空奨学訓練生第5期生の椚さん(27歳男性)が中日本航空に入社しました。, 椚さんは元々は自衛隊で飛行機のパイロットを目指していましたが、ヘリコプターパイロットになるのを決めてNFSに来校、資金的に厳しいのを奨学金制度があるので挑戦、H29.2月入学して海外訓練開始、H29年10月に中日本航空の選抜試験に合格、H30.8月事業用実地試験合格、今回の入社となりました。, H31.2東京ヘリポートまで飛んで来てくれました。中日本航空の制服姿です。もう機長発令訓練が始まっています。, 速報!H30年10月 NFS卒業生の二岡さん(28歳男性)がH県警察航空隊に、佐藤さん(27歳男性)がH道警察航空隊にそれぞれ合格、入隊致しました。官公庁航空隊のパイロットも不足しており、他にも募集が来るようになってきております。, 速報!H30年9月 株式会社ヘリサービスにNFS卒業生の玄本さん(28歳男性)が合格。入社しました。続々卒業生のパイロットとしての就職が続いております。本当に今は売り手市場のようですね。活躍を期待しております。, 速報!H30年8月 四国航空株式会社にNFS卒業生の大塚さん(30歳男性)が合格。入社しました。大塚さんもNFSで免許取得後、運航管理研修のインターンシップを経験しており、操縦士としてまず最初の業務となる運航管理では即戦力です。活躍を期待しております。, 速報!H30年6月 本田航空株式会社にNFS卒業生の森下さん(27歳男性)が合格。入社しました。森下さんはNFSで免許取得後、運航管理研修のインターンシップを経験しており、事業会社の実務にも精通していました。これで本田航空㈱にも複数名のNFS卒業生がパイロットとして活躍しております。頑張ってください。, 報告!H29年1月 海上保安庁航空隊にNFS卒業生の太田さん(35歳男性)と上間さん(30歳女性)が合格し、入隊しています。H30.7に上間さんが休暇でNFSを訪ねてきてくれて、掲載が漏れていたのを思い出しました。ごめんなさい。すでに中型ヘリコプターに搭乗していてがんばっている話が聞けて良かったです。活躍期待しています。, 速報!H30年4月 北海道警察航空隊にNFS卒業生の新田さん(24歳男性)が合格。入隊が決まりました。新田さんは地元北海道の警察航空隊を最初から希望しており、免許所得後、北海道警一本に絞って見事合格を勝ち取りました。北海道警察航空隊も機材等増強や世代交代を見据えて操縦士獲得に尽力をされており、両者の思惑がうまく一致しました。活躍を期待しております。, 速報!29年12月 株式会社DHCにNFS卒業生の堀内さん(33歳男性)の入社が決まりました。堀内さんは平成29年6月に事業用操縦士試験に合格した卒業生です。卒業後は数か月日本フライトセーフティで運航管理研修を受けていて、同じ東京ヘリポート敷地内にあるDHCにヘリコプターパイロットとして就職致しました。, 速報!29年11月 株式会社ノエビア アビエーションにNFS卒業生の村田さん(31歳男性)の入社が決まりました。村田さんは平成29年7月に事業用操縦士試験に合格した卒業生です。ノエビアアビエーションは固定翼、回転翼の両方を運航していて、東京は日本フライトセーフティのお隣にある運航会社です。, 速報!H29年7月 海上保安庁航空隊にNFS卒業生の福田さん(35歳男性)と福多さん(21歳男性)が合格し、入隊が決まりました。随分と年の離れた二人ですが、共に(フクダ)さんとして訓練中は和気あいあいと励んでいたのが印象的でした。, 速報!29年4月 朝日航洋認定訓練生の2名(加藤さん23歳男性1名、山崎さん29歳男性1名)が3月事業用操縦士試験に無事合格し、4月1日に朝日航洋に入社しました。彼らは第4期生となり、航空業界の若年層のパイロット不足解消のために2013年に訓練費補助がスタートしてから、毎年確実に資格取得、入社実績を積み重ねています。まだまだ全体としてのパイロット不足が解消されるまでには何年もかかりますが、着実な成果を積み上げていくことが、今後の航空業界を発展させるには不可欠であると日本フライトセーフティは考えています。できることを一歩づつ継続していきます。, 速報!29年4月 落合さん(29歳)が中日本航空に入社しました。落合さんは平成28年11月事業用操縦士試験に合格、元は自衛隊出身です。やはり航空機に身近に接する中でいつかは飛ばしてみたいという気持ちが強くなって、H27年9月に日本フライトセーフティに入校、1年と少しで事業用資格まで取得し、今回の入社となりました。中日本航空は日本フライトセーフティとも奨学訓練生制度を共に運用しているので、多くの卒業生が活躍しています。きっと将来の戦力に育っていってくれることでしょう。 B‚²‘Š’k‰º‚³‚¢B ヘリコプターパイロットになるには ヘリコプター・パイロット・ライセンス 航空先進国アメリカで基礎を学び、日本で本物のパイロットへと仕上げる。 日本フライトセーフティが海外で日本人の操縦訓練を … 主人は、どうしてもパイロットの夢が諦めきれないらしいです。そこでですが、30歳からでもパイロットになれるんでしょうか?自家用じゃなくて。。。やっぱり厳しいですかね?こんばんは。ライセンスを持っていない事を前提に書かせて頂 ヘリコプターを飛行させるためには多くのスタッフの協力が必要です。これからもチームワークを大切にしたいと思います。, 4. 一つのミッションを無事に終えたときの満足感。現場の人たちからねぎらいの言葉を頂いたときなどはパイロットになってよかったと思います。, 6. @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@™Š¯Œö’¡Ì—pŽŽŒ±ŽóŒ± ヘリコプターパイロットへの道~資格取得から就職先まで~ | ソラペラ, ヘリコプターを操縦するためには、国土交通省が発行している「回転翼航空機免許」を取らなくてはいけません, 機材は豊富か、訓練時間は足りているかなど、数校と見比べながらしっかりと確認をするのが大切でしょう. 来年4月からの勤務です。, 渡邉さんは新潟県出身で、中越地震の時に孤立した箇所の救助に活躍するヘリコプターを見て、ぜひとも新潟で防災ヘリの運航をする朝日航洋のヘリパイロットになりたいと熱望し、高校卒業と同時に日本フライトセーフティに入学し今回の就職を勝ち取りました。. 短期間と低価格で免許取得が可能となることです。例えばアメリカであれば日本に比べ航空機はずっと身近な存在なため環境が整っているといえます。また、天候に左右されることが少ない点もあげられます。そして海外生活を経験してみたい方には、プラスアルファの楽しみも期待できそうです。, デメリット 深視力、聴力、など。, 正直な話ですが、お金をかけて免許を取得しても航空会社に採用されない方もいらっしゃいます。, 大学生活で学んだこと、友達、仲間との出会いなどはチャレンジしたからこそ得られるもので, しかしその方はその後、その時の人脈と縁で起業して、その後大きな結果を出した方もいます。. ヘリコプターはとても有名な乗り物です。大空を舞う姿は、飛行機と異なる魅力にあふれています。しかし、実際に乗ったことのある人は意外と少ないのではないでしょうか。, そして有名だけど珍しいヘリコプターのパイロットになるには、どうしたら良いのでしょうか。今回はヘリコプターの操縦士になる方法や、必要な資格、費用などをご紹介していきたいと思います。, ヘリコプターは、どんな場所からも自由に離発着できる実に有用な乗り物です。飛行機と違い滑走路を必要としないため、あらゆる場所へ素早く移動することができます。観光や航空写真の撮影、災害などの救難・救助活動など、その活動の場は実に多彩です。昨今では病院におけるドクターヘリが増強されており、ますますその活躍が期待されています。, しかし、現在ヘリコプター業界は深刻なパイロット不足に悩まされているようです。また現役操縦士も年齢層が高く、その点も問題と考えられています。つまり裏を返せば、ヘリコプターパイロットは世の中から強く求められている仕事であるといえるでしょう。, ヘリコプターを操縦するためには、国土交通省が発行している「回転翼航空機免許」を取らなくてはいけません。この免許には自家用と事業用の2種類があります。プロを目指す人はまず自家用操縦士免許を取得し、それから事業用操縦士免許を取得する必要があります。, 受験資格ですが、事業用操縦士だと200時間以上の総飛行時間、100時間以上の機長としての飛行、10時間以上の計器飛行など、5つの項目をクリアしなければなりません。また年齢が18歳以上であることが条件です。, 試験は学科試験と実技試験からなり、学科試験に合格しないと実地試験は受けられません。学科試験は原則として、年に6回行われます。科目合格制度がとられているので、必ずしも一度に全てを合格しなくても、一部の科目に合格してから1年以内に全科目受かれば大丈夫です。, ヘリコプター免許の受験資格は、どのように取得したら良いのでしょうか。これは自動車免許の取得と同じに考えてもらうのが良いでしょう。つまり、航空スクールへ入りそこで座学と操縦訓練を行う形になります。, 海外で取得した航空免許は日本の免許に切り替えが可能なため、航空スクールは日本と海外の両方を視野に入れて選ぶことが可能です。ただし、海外で取得した免許の場合、日本の学科試験の5科目中、「航空法規」の追加受験をしなくてはいけません。また事業用操縦士免許だと、実地試験の一部も追加受験が必要となります。, メリット 目標を定めたら、それに向けて最大限の努力をして下さい。諦めずに努力すれば必ず報われる時がきます。頑張って下さい!, あなたもジンドゥーで無料ホームページを。 無料新規登録は https://jp.jimdo.com から, 速報!2020年10月 NFS 卒業生の有本さん(26歳男性)と鬼塚さん(26歳男性, )が本田航空に入社しました。本田航空の日本フライトセーフティ出身者も古くから在籍しています。, )が東邦航空に入社しました。東邦航空への日本フライトセーフティ出身者の入社はこれで4年連続となりました。, が中日本航空に入社決定しました。内海さん永沼さんは、中日本航空の奨学訓練生の6期生です。奨学訓練制度はNFSで自家用ヘリ訓練受講後に中日本航空で受かると奨学金として訓練費1千万円が受け取れる制度で、2013年からスタートして二人は6期生になります。, 西日本空輸には2018年12月にも櫻井さん(32歳男性)が入社してフライトしています。, )が朝日航洋に入社しました。小原さんは朝日航洋の認定操縦訓練生の第6期生です。事前に朝日航洋に認定されて入社内定をもらい、訓練費として1千万円の奨学金がもらえる制度です。2013年からスタートして小原さんは6期生, S卒業生で中日本航空奨学訓練生第5期生の椚さん(27歳男性)が中日本航空に入社しました。, S卒業生の二岡さん(28歳男性)がH県警察航空隊に、佐藤さん(27歳男性)がH道警察航空隊にそれぞれ合格、入隊致しました。官公庁航空隊のパイロットも不足しており、他にも募集が来るようになってきております。, S卒業生の玄本さん(28歳男性)が合格。入社しました。続々卒業生のパイロットとしての就職が続いております。本当に今は売り手市場のようですね。活躍を期待しております。, S卒業生の大塚さん(30歳男性)が合格。入社しました。大塚さんもNFSで免許取得後、運航管理研修のインターンシップを経験しており、操縦士としてまず最初の業務となる運航管理では即戦力です。活躍を期待しております。, S卒業生の森下さん(27歳男性)が合格。入社しました。森下さんはNFSで免許取得後、運航管理研修のインターンシップを経験しており、事業会社の実務にも精通していました。これで本田航空㈱にも複数名のNFS卒業生がパイロットとして活躍しております。頑張ってください。, S卒業生の新田さん(24歳男性)が合格。入隊が決まりました。新田さんは地元北海道の警察航空隊を最初から希望しており、免許所得後、北海道警一本に絞って見事合格を勝ち取りました。北海道警察航空隊も機材等増強や世代交代を見据えて操縦士獲得に尽力をされており、両者の思惑がうまく一致しました。活躍を期待しております。, S卒業生の堀内さん(33歳男性)の入社が決まりました。堀内さんは平成29年6月に事業用操縦士試験に合格した卒業生です。卒業後は数か月日本フライトセーフティで運航管理研修を受けていて、同じ東京ヘリポート敷地内にあるDHCにヘリコプターパイロットとして就職致しました。, S卒業生の村田さん(31歳男性)の入社が決まりました。村田さんは平成29年7月に事業用操縦士試験に合格した卒業生です。ノエビアアビエーションは固定翼、回転翼の両方を運航していて、東京は日本フライトセーフティのお隣にある運航会社です。, S卒業生の福田さん(35歳男性)と福多さん(21歳男性)が合格し、入隊が決まりました。随分と年の離れた二人ですが、共に(フクダ)さんとして訓練中は和気あいあいと励んでいたのが印象的でした。, 朝日航洋認定訓練生の2名(加藤さん23歳男性1名、山崎さん29歳男性1名)が3月事業用操縦士試験に無事合格し、4月1日に朝日航洋に入社しました。彼らは第4期生となり、航空業界の若年層のパイロット不足解消のために2013年に訓練費補助がスタートしてから、毎年確実に資格取得、入社実績を積み重ねています。まだまだ全体としてのパイロット不足が解消されるまでには何年もかかりますが、着実な成果を積み上げていくことが、今後の航空業界を発展させるには不可欠であると日本フライトセーフティは考えています。できることを一歩づつ継続していきます。, 速報!29年4月 落合さん(29歳)が中日本航空に入社しました。落合さんは平成28年11月事業用操縦士試験に合格、元は自衛隊出身です。やはり航空機に身近に接する中でいつかは飛ばしてみたいという気持ちが強くなって、H27年9月に日本フライトセーフティに入校、1年と少しで事業用資格まで取得し、今回の入社となりました。中日本航空は日本フライトセーフティとも奨学訓練生制度を共に運用しているので、多くの卒業生が活躍しています。きっと将来の戦力に育っていってくれることでしょう。, 朝日航洋認定訓練生の2名(藤本さん25歳男性1名、内田さん27歳女性1名)が3月事業用操縦士試験に無事合格し、4月1日に朝日航洋に入社しました。昨年内定していたNFS一般コース卒業生の渡邉さん21歳男性と合わせて3名の同時入社となります。, 28年6月 NFS卒業生、Iさん(31歳)が海上保安庁航空隊に入隊しました。IさんはH27年3月に事業用試験に合格、その後、日本フライトセーフティの運航管理研修に従事する中で卒業した先輩達から海上保安庁の2次募集の案内を知り、航空職員試験に28年2月合格、今回の入隊となりました。.