良い感じに仕上がりました。, この写真ではちょっと分かりづらいかもしれませんが、木目が強調されアンティークのような少し古びた風合いになりました。, ちょっと分かりづらいかもしれませんが、木目が強調されアンティークのような少し古びた風合いになりました。, 賃貸でもご自身の手で部屋を作れます。原則、「原状回復」の義務はありません。DIY作業やアイデアに自信のない方は、相談にのりますのでお気軽にご連絡ください。そして、このお部屋は仲介手数料なし、礼金なし、更新料なし(事務手数料あり)など嬉しいポイントもあります。, 定期的に駐車場のゴミ拾いや除草剤の散布、管理物件のお部屋や共用部の清掃、細かい雑務などをやっています。 ブライワックスの塗り方をマスターすると、普通の木材を使っている家具でも、高級感のあるアンティーク調に仕上げられます。色の選び方と二度以上の重ね塗り、オイルステインの併用が綺麗に塗るコツです。スポンジやブラシを使った、ブライワックスの塗り方を解説していきます。 色や塗り方も様々なブライワックスの使い方についてご紹介します! ジャコビアンやウォルナット、クリアなどの色味本から、 色移りやニスなどのブライワックスの塗り方使い方の注意点など、 ブライワックスについての情報を幅広くご紹介していきます! 本日は部分的に剥がれやワックス塗りムラのあるフローリングワックスの補修方法をご紹介いたします。 皆様のお宅でも水まわり付近や歩行頻度の高い廊下、ダイニングテーブルのイス付近はワックスの剥がれやワックス塗膜にダメージはありませんか? ブライワックスから出ている水性ステイン『 ウッドダイ 』。 メーカーも同じなのでこちらのステインを一緒に使うのがおススメです。 塗布する順番は、①水性ステイン→②ワックスです。 この順番を間違えると上手く塗装できないのでご注意ください。 ブライワックス・スチール・ウール#0000、または着古したtシャツ(ウエス)などを使用し、 木目に沿ってワックスを擦り込むように塗ります。 ブライワックス・オリジナル・ワックス(ダーク・オーク)を使用しています。 Copyright Ⓒ 藤ホーム地所株式会社 All Rights Reserved. 最近、雑貨屋やロハス系イベントでアンティーク調の板を良く見かけます。ウォルナットやオーク色などが多いでしょうか。 そのまま置いてみたり、板の上に小物を置いたり、使い方はいろいろ。 ちょっと古びた様な、何とも言えない色合いを見ているだけでも飽きません。 イギリスで生まれたこのbriwax(ブライワックス)にはいつも助けられてます。 今日は使用実例を踏まえながら、ブライワックスの上手な塗り方・使い方を紹介するよ! 最近はものづくりにはまっており、自分で建具を作ってみたり、壁を塗装してみたりと部屋を色々といじっています。 目の粗さが色で分かるので使いやすいです。, ブライワックス専用のスチールウールもありますが、今回はこのスチールウールで代用してみます。, ハンドサンダーに120番のサンドペーパーをセットして、ベニヤ板の表面と小口部分を研磨していきます。 ワックスの塗装. briwax-ブライワックス. ブライワックスの塗り方をマスターすると、普通の木材を使っている家具でも、高級感のあるアンティーク調に仕上げられます。色の選び方と二度以上の重ね塗り、オイルステインの併用が綺麗に塗るコツです。スポンジやブラシを使った、ブライワックスの塗り方を解説していきます。, A post shared by ナノナノファクトリー5 フクオカ:rocket: (@nanonanofactory5_fukuoka) on Sep 6, 2018 at 5:18am PDT, ブライワックスは着色できるワックスで、塗装をかねた木材の仕上げ用に使われています。イギリスで1860年に登場し、王室の認可を持つ由緒ある製品です。天然の蜜蝋とカルナウバ蝋が主な原料のため、安心して使えます。自然な仕上がりになるのもこの原料のおかげです。使い方は簡単なのでDIY初心者でも扱えますし、美しい仕上げになることからDIYのベテランも愛用しています。木材の塗装DIYをおこなうならマスター必須です。, A post shared by 一也 西澤 (@kazuya2438) on Jan 19, 2018 at 7:04pm PST, ブライワックスは高い人気があります。理由は塗ったあとの美しい仕上がりです。木目など木材本来の風合いを消さず、逆に活かしながら塗装とワックスの効果を与えられます。その姿は、深みを持った年代物の高級感あるアンティークのようです。安価な木材であってもブライワックスを塗ることで、このように変身させられます。ペンキなどの塗料だと色で表面をおおい隠してしまうので、ブライワックスのような表現はできません。, 木材を使ってDIYした場合、何も塗らないでいると外気や水分などの影響によって木材がダメージを受け、やがて朽(く)ちてしまいます。そこまでいかなくても木材が痛むのは早まるでしょう。これを防ぐためには保護しないといけません。塗装は色をつけるだけでなく表面の保護もかねています。ブライワックスは木材向けの仕上げ用ワックスなので、着色のほかに光沢だしと保護の目的が高いのです。木材を美しく守ってくれます。, ブライワックスは色数が14カラーになります。塗料というよりもワックスのため、派手な色はありません。どれも木材の風合いを補助するような色合いです。グラデーションにしてみると、隣り合わせる色は大きな差異ではないものの、その分微妙な表現が可能になっています。両極の色となれば違いは大きくなりますが、主に明暗による変化です。そこに赤味や茶色味がよい具合に混ざってきます。, ブライワックスの色の選び方は、ペンキなどの塗料とは異なります。木材の風合いを活かすことをふまえ、どういったテイストに仕上げたいのかを考えないといけません。例えば、高価なよい木材を使う場合はそのままの色合いを残したいでしょうし、安価な木材を高級感があるように見せたいならアンティーク調にするのがおすすめです。これはブライワックスの色によって表現できます。色を選ぶことも塗り方の重要な手順のひとつです。, A post shared by kazuhiro (@garden_leaf_) on Mar 1, 2018 at 3:33pm PST, 木材が自然に持つ色合いを活かすなら、色味のうすいカラーのブライワックスを使います。着色は控えめながらも深みとワックスの効果を与えてくれるのです。保護の目的で木材へは何かしらの塗料を塗りますが、ブライワックスも適しています。, クリアという通り無色のブライワックスです。一切の着色はせず、ワックスの効果を得たい場合に使います。高価だったり好みの色合いだったりする木材の保護や、木製家具のメンテナンスにもよく使用されていて、特色はないながらも人気の高いカラーです。, ハニーも無色なのですが、蜜蝋の割合が一番多いカラーになります。そのためクリアよりも奥深さが感じられ、無色ではちょっと寂しい、少し味わいのある雰囲気を加えたいという時などにおすすめです。木製家具に深みを与えながらメンテナンスする時にもよいでしょう。, あくまで木材の色合いを残しつつ、少しだけブラウンをのせる時に使う色です。木材の元の色が明るすぎる場合に、色味の濃さを軽く調節するのにも使えます。明るめのナチュラルな雰囲気の家具に向いているカラーです。, この色もナチュラル系の家具に適していますが、名前の通りパイン材に向いています。パイン材の色によせたカラーの中で一番明るく、黄色が強めの色です。比較的新しいパイン材の家具をメンテナンスする時にも使えます。, A post shared by Natsuki Akamine (@natsukiiiiovo) on Nov 19, 2017 at 11:08pm PST, アンティーク調のカラーは、ブラウンに赤味の混ざったような色をしています。この色が高級なアンティーク感を演出してくれるのです。安価な木材を使った家具でも、大切に保管されてきた年代物の高価な家具のように仕上げられます。気品のある格調高い雰囲気をだすのに適したカラーです。, 茶色に少し赤味がかったぐらいの色合いです。アンティーク感をだしたいけど、あまり濃い色にしたくない場合に適しています。深みがありながらも重い印象を与えません。多くの家具へこのカラーのブライワックスを塗っても、圧迫感はでないでしょう。, 上記のアンティーク・マホガニーと比べ、茶色具合と明暗は同じ程度ですが、赤味が強くなっています。アンティークの世界では、赤味が勝るほど高い格式が感じられるものです。豪華なイメージもあるため高価さを演出するのにも向いています。, チーク材にあわせたカラーです。茶色と赤味がともに濃く、深いアンティーク感を演出する色になります。木材の元の色味は残らないので、はっきりとアンティーク調に塗装したい場合におすすめです。, 高級なオーク材で作られたアンティーク家具に憧れる人は多いことでしょう。この色合いを表現してくれるのがこのカラーです。茶色と赤味が濃いうえに深さも感じられます。ただ色が濃いだけでなく、アンティーク調を感じられるラインでとどまっているため扱いやすいです。, A post shared by YUKA (@yuka__1988) on Jul 2, 2018 at 6:09am PDT, 赤味のない茶色ベースのカラーは、木材が経年劣化により味わい深さをまとった雰囲気を演出してくれます。高級感のあるなしに関わらず、ヴィンテージなテイストをだしたいならこのブラウン系のカラーが最適です。フランクな年代物の家具のようにすることも簡単で、スタイリッシュなおしゃれさを表現できます。, ブライワックスのカラーで一番人気があります。現在の流行りも人気の理由のひとつで、カフェ風や男前インテリアへするのに最適なカラーです。色合いは黒味の強い茶色をしていて濃く、塗ったあとの印象は大きく変わることでしょう。そのため家具のイメージチェンジにもおすすめです。, チューダー・オークから赤味を取り除いたような茶色をしています。高級なオーク材に近づけるとしても、アンティーク感より自然の劣化感をだしたい場合に向いているカラーです。劣化感とはいっても高級感と深みの表現力を備えています。, 木材へブラウン系の色味を加えたくても、どの色にするか迷ってしまうことでしょう。そんな時はこのカラーにすれば間違いありません。薄すぎず濃すぎずの茶色で、無難ながらも確実に木材へ深みを与えてくれる色です。仕上げの姿をばくぜんと思い描いている塗装DIYの初心者でも満足できます。, 上記のミディアム・ブラウンよりも少しだけ濃いぐらいのブラウンです。濃すぎない茶色ベースに黒味がある分、木目など木材の風合いのコントラストがはっきりとあらわれます。色をつけすぎないで、木材の持つ風合いをより引き出したい場合におすすめです。, 上記のオールド・パインと同じ特徴を持ちますが、パイン材にあわせた黄色味の含まれる色合いをしています。そのため樹液で色づいたような自然の濃厚さがかもしだされるカラーです。木材へやさしい深みを与えたい場合に適しています。, ジャコビアンよりも濃い黒茶色のカラーです。黒色によったカラーなので、洋風だけでなく、和風やアジアンな家具にもよくあいます。長い年月を経過して古くなった木材を表現するのにも適した色合いです。, A post shared by 猿とモルターレ (@saltomortale.coffee) on Sep 21, 2018 at 11:38pm PDT, ブライワックスのカラーが決まったら、実際に使っていきましょう。まずはフタを開けないといけません。外側はプラスチック製、内側は金属製のフタになっています。あまり勢いよく開けると、中身がこぼれることもあるので気をつけてください。ブライワックスは温度が約20度を基準にして、温かいと液体、冷たいと個体になっています。どちらの場合も品質に問題はないです。でも塗り心地に少し違いがでてきます。, A post shared by ギター教室 you&me (@guitarschool_youandme) on Feb 11, 2018 at 5:16pm PST, ブライワックスは独特の臭いを放ちます。この臭いに耐えられるかは人によって変わってきますが、苦手でなくても換気をしながら使用してください。しめきった部屋でブライワックスを使うと、臭いで気分が悪くなり体調に悪影響をおよぼすおそれがあります。屋外で作業すれば臭いに邪魔をされることがなく安心です。, A post shared by まきちん (@makichin2887) on Sep 18, 2018 at 4:35am PDT, 木材へ塗装する場合、表面をフラットに仕上げてから塗料を塗っていきます。そのため木材の表面をサンドペーパーを使って研磨(けんま)してください。表面積が広くて手で削るのは大変な場合、ハンドサンダーという道具を使うと楽になります。これは100均ショップに100円(2018/3/30時点の価格)で売られているものです。サンドペーパーを装着して使います。あまりなめらかにしすぎないのがきれいに塗るコツです。, 研磨をすると木の粉にまみれますので、ゴミといっしょに取り除き、木材をきれいにします。木の粉やゴミが付着していると、その上からブライワックスを塗ることになり、きれいに仕上げられなくなってしまうのです。丁寧に掃除をして、あとからもまた木の粉やゴミが付かないようにしてください。, アンティーク調にしたりヴィンテージっぽくしたりすることが、ブライワックスを塗る目的のひとつでしょう。よりユーズド感を表現するために、木材へあえて傷をつける方法があります。ナイフやハサミで切り傷をつけ、ハンマーで打ち傷をつけるのです。傷ができたあとで濃いカラーのブライワックスを塗れば、この傷を際立たせられます。このように味わいのある加工が可能です。, ブライワックスの塗装をきれいに仕上げるコツとして、先にオイルステインを塗りましょう。そこへブライワックスを重ね塗りすると、重ね塗りしない場合に比べてもっと美しい仕上げになります。オイルステインとブライワックスの塗装回数が二度にわたる重ね塗りとなり作業量は増えますが、その手間を上回る価値がオイルステインにはあるのです。, オイルステインは下塗り塗料の役目もあるため、塗装回数は二度になるものの、重ね塗りによってブライワックスがスムーズにムラなく塗れるようになります。オイルステインの塗り方は、ブラシやスポンジではなく、使い古した布地がよいでしょう。, A post shared by Takashi Kubo (@takashi__kubo) on Sep 12, 2018 at 4:01am PDT, オイルステインの塗装ができたら、その上へブライワックスを重ね塗りします。合計で二度塗りになるわけです。ブライワックスはブラシやスポンジで塗装できます。適量をブラシやスポンジにつけ、木材へ染み込ませることを意識しながら、木目にしたがって塗ってください。ブラシやスポンジの他にも、使い古した布地やスチールウールを使う方法もあります。初心者はブラシやスポンジが塗りやすいです。, ブラシやスポンジを使ってブライワックスを塗り終わると、15分ぐらいで乾いてしまいます。その後は新しいブラシやスポンジ、または布地を使って、塗装し終わった部分をよく磨いてください。これにより木材へブライワックスがなじむようになります。使用したブラシやスポンジが汚れるようなら色移りする恐れがあるため、さらに新しいブラシやスポンジに替えて磨きましょう。, A post shared by 長崎市樺島町のからだLABたかひら整骨院 (@karadalab_t_seikotsu) on Aug 18, 2018 at 11:08pm PDT, ブライワックスは二度以上の重ね塗りをおすすめします。この二度以上の重ね塗りとは、オイルステインを除いた回数です。ブライワックスだけで二度以上の重ね塗りをほどこすと、重厚な深みがでてきます。ブライワックスの真の魅力を引き出すためには、少なくとも二度は重ね塗りをした方がいいです。, A post shared by E-ko (@eeeee130) on Aug 18, 2018 at 9:12pm PDT, ブライワックスの二度以上の重ね塗りもすませたら、最後の仕上げとしてたわしでしっかりと磨いてください。たわしで磨くと、木材の質感を際立たせられます。色合いも明確になり、ユーズド感を表現できるのです。, A post shared by ree (@ree_ree_21) on Jan 28, 2018 at 9:41pm PST, ブライワックスの色の説明から選び方、基本的な塗り方ときれいに塗るコツを解説してきました。カラー選びが重要で、イメージにあった色をチョイスしましょう。そしてオイルステインの下塗りと、ブライワックスを二度ほど重ね塗りすることがポイントです。二度塗りすれば、より美しく仕上げられます。, 今回はブライワックスの塗り方について解説しましたが、ブライワックスやオイルステインについてもっと詳しく知りたいという方は、下記のリンク記事を読んでみてください。, 簡単に始められるDIYでも素敵な仕上がりを目指すなら、基本的な方法やさまざまなアイデアを知る必要があります。そういった情報はこだわるほど重要になるものです。ベテランでもためになる記事を、初心者の方にもわかりやすく執筆しています。今後のDIYに活かしていただけたら嬉しいです!.