電子制御サスペンション装備の新型アフリカツインに試乗。これは最高のツーリングバイクかも!, 乗りやすくて楽しいヤツ! 150ccクラスのアドベンチャー系スクーター「ADV150」の人気に納得. ついに登場した4代目が、今回紹介する新型「フォルツァ」だ。 新型の大きな進化点は、軽快さ。 高速域での快適性は維持したまま、低速域での小回りの効く走りを実現するため、軽量・コンパクトで剛性を最適化したフレームが新設計された。 フォルツァの最新情報(カラー、発売日、価格、スペック、燃費、足つき、最高速など)をお伝えします! 早々にそこかみたいな指摘だけど、これはよくない お気に入りに追加. 250ccビックスクーターが人気となっていた2000年、「M06型」として初登場したのがフォルツァです。フォルツァはその後、フォルツァZ、フォルツァX、フォルツァSiと次々とモデルを経てきました。そして2018年に、ヨーロッパで販売されていたフォルツァ300が日本国内向けモデルとして、再び「フォルツァ」のモデル名で新発売されました。「FORZA」(フォルツァ)は、イタリア語で「力強さ」「パワー」などの意味があります。その名のごとく、ゴージャスな装備とパワフルな走りの新しいフォルツァ、どんなバイクかみていきましょう。現行モデルのフォルツァの基本情報、中古情報とおすすめのカスタムをお伝えします! 2010年3月にpcxが新登場。 型式は、ebj-jf28。 2012年5月にpcxをマイナーチェンジして発売。 2012年12月に特別・限定仕様 pcxスペシャルエディションを発売。 2014年4月にpcxをフルモデルチェンジして発売。 型式は、ebj-jf56。 2015年5月にpcxにカラー追加して発売。 2016年2月にpcxをカラーチェンジ … りえたそさん. フォルツァの最新情報(カラー、発売日、価格、スペック、燃費、足つき、最高速など)をお伝えします! 芸能人ブログ 人気ブログ. ‚ß‚ÌGIVIƒŠƒAƒP[ƒX‚ÌŽí—ނɂ‚¢‚āiMF13j, VŒ^ƒtƒHƒ‹ƒcƒ@‚ʼn׎º‚ł̉J˜R‚è‚Í“–‚½‚è‘O‚È‚Ì‚Å‚µ‚傤‚©H, y‰Ž©ìzRyzen 7 3700X‚ÆRX 5700 XT‚É‚æ‚鎩ì, “Œ‹ž“s‚à11ŒŽ20“úƒXƒ^[ƒgI uGo To ƒC[ƒgvHŽ–Œ”A47“s“¹•{Œ§‚̍w“ü•û–@‚Ü‚Æ‚ß, –ñ3–œ‰~‚Å‚à‚¿‚á‚ñ‚ÆŽg‚¦‚éI AnkeruNebula Astrov‚̓KƒWƒFƒbƒgŠ´Šo‚̃vƒƒWƒFƒNƒ^[, “ú–{‰‚́uƒWƒFƒXƒ`ƒƒ[ƒRƒ“ƒgƒ[ƒ‹vÌ—pBƒzƒ“ƒ_ VŒ^uƒIƒfƒbƒZƒCv‰ðà. ナイスクチコミ 13. https://www.honda.co.jp/motor/?from=navi_header, キジマ (KIJIMA) ハンドルマウントステー ブラック フォルツァ250 (MF13) 204-0694, ワールドウォーク フォルツァ(MF13)用マルチガジェットマウントバー mgb-5, Semspeed 2020最新版 FORZA MF13 ホンダ honda 3D リップルデザイン バイク 部品 パーツ スクーター 格安 2019-2020年パーキングブレ (黑, ブレーキ機能付き), Tiakia バイク スマホ ホルダー 振れ止め 脱落防止 オートバイ スマートフォン GPSナビ 携帯 固定用 マウント スタンド 防水 に適用11Pro Max, Xs Max XR X 8 7 6S多機種対応 角度調整 360度回転 脱着簡単 強力な保護, ニコマク NikoMaku バイク 自転車兼用 スマホホルダー 固定力抜群 アルミ製 オートバイ 360度回転 ハンドルに取り付け すべてのバイクに対応 4~6.6インチ携帯に対応 設置簡単 シルバー, 【ホンダ(HONDA)】 純正 18年モデル フォルツァ(FORZA) MF13用 リアキャリア 【08L70-K40-F00】, GIVI (ジビ) リアボックス 37L 未塗装ブラック スモークレンズ モノロック B37 BLADEシリーズ B37NTD 78038, スペシャルパーツ武川 コーンオーバルマフラー (政府認証マフラー) フォルツァ (MF13) 04-02-0290, ビームス (BEAMS) R-EVO ヒートチタンサイレンサー 政府認証 フォルツァ MF13 G182-53-007, ビームス (BEAMS) GT-CORSA ヒートチタンサイレンサー 政府認証 フォルツァ MF13 G182-66-001. 2000年頃に起こったビッグスクーターブームを牽引した存在である、ホンダ「フォルツァ」。先進的で豪華な装備と、堂々たる大型ボディを覚えている人も多いのではないだろうか。そのフォルツァがグローバルモデルとしてフルモデルチェンジ。ブーム当時のモデルを知る筆者が、新型の進化を体感してきた!, 250ccクラス以上のいわゆるビッグスクーターがブームとなっていた2000年頃。ヤマハ「マジェスティ」やスズキ「スカイウェイブ」をはじめとするモデルが人気を集める中、ホンダのラインアップはやや個性的なデザインの「フュージョン」のみだったこともあり、他メーカーの勢力に押されぎみであった。そんな状況を打破し、250ccクラスをリードするために投入されたのが「フォルツァ」。その狙いは見事に当たり、堂々たる車格と高い走行性能を両立したフォルツァは、一躍人気モデルとなった。, 2000年3月に発売された初代「フォルツァ」。左右独立型のデュアルヘッドライトの採用や空力特性にすぐれたボディ形状が人気を集めた, その後、2004年に2代目となる「フォルツァX」が発売されるとともに、マニュアルミッションの感覚でシフト操作ができる6速マニュアルモードを備えた「フォルツァZ」(2004年発売)も追加。そして、2006年のマイナーチェンジ後、2007年にフルモデルチェンジした3代目が登場する。このモデルにはオーディオをビルトインした「オーディオパッケージ」もラインアップされるなど、もともと豪華だった装備はさらにラグジュアリーになり、それにともない重量も増し、200kgを超える重量級モデルとなっていた。あわせて、価格も当時のビックスクーターの中でも高価な60万円オーバーと、ブームの担い手であった若者が簡単に手を出せるようなものではない存在に。そのため、実際に乗っているのは中高年以上の男性がほとんどで、聞こえはよくない言い方だが「フォルツァ=おじさんの乗り物」というイメージを持っている人も少なくない。, 大柄のボディに豪華な装備という路線を加速させていった3代目は、ラインアップを「フォルツァZ」とそのABS搭載モデルに集約。マイナーチェンジを繰り返し、2006年まで販売された 最大の欠点 泥跳ね. オフロードもオンロードもイケる! トライアンフ「スクランブラー1200 XC」で林道にチャレンジ!. 長所. ホンダ フォルツァ(MF13E)のレビュー、クチコミ、インプレ、評価ならWebike【ウェビック】。バイク好きなウェビックユーザーが走行性能や燃費、メンテナンス性の長所、短所から購入動機や購入アドバイス情報を公開。 バーグマン200の新型情報(カラー、発売日、価格、スペック、燃費、足つき、最高速など)を お伝えします。バーグマン200の中古情報とおすすめのカスタムもお知らせします! ※写真は2011年モデル, 3代目フォルツァの生産が終了した2016年から約2年。ついに登場した4代目が、今回紹介する新型「フォルツァ」だ。新型の大きな進化点は、軽快さ。高速域での快適性は維持したまま、低速域での小回りの効く走りを実現するため、軽量・コンパクトで剛性を最適化したフレームが新設計された。ボディサイズはややコンパクトになり、重量は184kgと大幅にダウン。さらに、ホイールが従来の前後13インチから、フロント15インチ、リア14インチに大型化された。また、スタイリングもより先進性を強調したものにイメージチェンジ。価格は64万6920円(税込)と「おじさんの乗り物」とイメージされていた3代目モデルと大差はないように感じるが、新型と同じようにABSを装備したモデルは75万6000円であったことを考えると、トラクションコントロールといった電子制御機構などを搭載しながら、64万円程度に価格を抑えてきたのはかなりすごいことだと言える。, 新型「フォルツァ」のサイズは2,140(全長)×750(全幅)×1,355(全高)mm。全長は3代目モデル(フォルツァZ)よりも45mm短くなっている。ホイールベースも1,545mmから1,510mmに短縮された, ホイールサイズは大径化され、タイヤもフロント側が110から120サイズへと太くなっている。ブレーキはABSを標準装備。星型のホイールデザインもかっこいい, マフラーはやや上方にカチ上がった躍動感あるデザインに。排気音はよく消音されているが、ライダーの耳にはきちんと届く設計, スタイリングを一新した新型だが、先進的な装備が与えられている点は従来モデルと変わらない。そのひとつが、ホンダのスクーターとしては初となる「Honda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)」だ。HSTCは、もともとハイパワーなスポーツモデルに採用されていた機構で、タイヤのスリップを検知して後輪の駆動力を最適に制御してくれる。この機構を搭載したことにより、新型はすべりやすい路面での安心感が向上した。そして、スマートキーを携帯していれば、キーの抜き挿しすることなくエンジン始動などが行える「Honda SMART Keyシステム」も復活。電動で上下に可動する大型のフロントスクリーンも装備されている。, 「Honda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)」を搭載したエンジンは、水冷4ストローク単気筒の243ccで23PSを発揮。先代モデルより1PSパワーアップしながら、低中速域でのコントロール性を高めている, 自動車では一般的となっているスマートキーを採用したことで、レバーを回すだけでエンジンが始動するなど、利便性が向上した, 上下可動機構を採用したウィンドスクリーンは、下の動画のように無段階で調整可能。ライダーの身長や走行状態に合わせて好みの高さに設定できる。, 過去モデルを知る筆者からすると、新型はデザインもさることながら小型・軽量化も図られているため、ずいぶんスッキリした印象を受けた。そのボディに大型化したホイールを備え、ホイールベースを短くした設計は、高速での安定性を確保しながら、ハンドリングの軽快さを狙っているはず。これらの進化が走行性にどれほど効果を発揮してくるのか、期待をふくらませながら試乗に出発!, 大径ホイールの採用などにより、従来よりもシート高が約70mm高くなったため、身長175cmの筆者は両足のつま先が接地する程度。足付き性は悪くなっているものの、どっしり座るスクーター的なポジションからスポーツタイプのバイクに近くなっており、体感的には足付き性に不安はない, アクセルを開けて走り出した瞬間から、軽快な加速を実感。22Nmから24Nmへと高められたトルクと、車体の軽量化が効いている印象で、走り出しからかなり速いと感じさせる。左右への倒し込みも軽快で、車体が大きく、どっしりした走行感だった3代目に比べて街中での扱いやすさはかなり向上しているようだ。通勤など、街乗りを中心にしたユーザーにはうれしい進化だろう。, 車体が軽くなったことと低速トルクの向上により、停止した後に発進する際のダッシュはかなり速くなっているように感じる, コーナリングでは大径化されたホイールもひと役買っているようで、ハンドリングは軽快で気持ちがいい, 街中の走行があまりにも心地よかったので、そのまま高速道路にも乗ってみた。すると、街乗りで感じた軽快感はそのままに、ピシッと芯が通ったような直進安定性が感じられた。一新されたフレームと、新たに採用された大径ホイールの恩恵だろう。高速で巡航しているとエンジンの振動も少なく、まるで路面をすべっているような先進的な走行感だ。レーンチェンジもスムーズで、追い越し車線に出て少し大きめにアクセルを開けると俊敏な加速感も味わえる。, 電動となったスクリーンを最上部まで上げると、筆者の座高でも走行風がほとんど体に当たらない。これならば、高速を使った長距離ツーリングも楽にこなせそうだ, そして、もっとも気持ちよかったのはカーブが続くワインディングロード。倒し込みが軽快なのに加えて、路面を蹴るトルク感が増しているので、カーブで車体を寝かし、立ち上がりで少し大きめにアクセルを開けて加速していく爽快さがたまらない! 個人的にバイクの一番の楽しさは、車体を寝かして曲がり、地面を蹴るトルク感を感じながら立ち上がって行く瞬間だと思っているのだが、新型はその楽しさがより明確に味わえるようになっていた。, ビッグスクーターブームが市場を席巻していた頃、スクーター専門誌で仕事をしていた筆者はフォルツァに何度も乗ったことがある。当時の印象では、高速道路での安定感やラグジュアリーな乗り心地は素晴らしいものの、街中やワインディングでの“操る楽しさ”はそれほど高くないというイメージだった。これは、ホンダにはスポーツ性を重視した「フェイズ」というビックスクーターがあり、そちらとの棲み分けを図られていたためだと思うが、やはりバイクとしての楽しさを味わいたいと思ったのは事実。だが、今回、新型「フォルツァ」に乗ってみて、見た目同様に一変した乗り味に衝撃を受けた。高速での乗り心地がさらに向上しているうえ、街中では俊敏性も存分に感じられるようになっているではないか!, 今回は新搭載である「Honda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)」を体感できるようなシーンには遭遇しなかったが、もともと安定感が高い車体にHSTCを備えた新型は、雨の日や砂が積もった路面を走る際にも心強い。街乗りはもちろん、少し遠くまで足を伸ばすツーリングにも、乗る人を問わず満足させてくれる完成度を実現していると言える。, シート下にはヘルメットを2つ収納できる広いラゲッジスペースを確保。ここにテントなどを収納して、キャンプツーリングを楽しむのもよさそうだ, カメラなどのデジタル・ガジェットと、クルマ・バイク・自転車などの乗り物を中心に、雑誌やWebで記事を執筆。EVなど電気で動く乗り物が好き。, ※情報の取り扱いには十分に注意し、確認した上で掲載しておりますが、その正確性、妥当性、適法性、目的適合性等いかなる保証もいたしません。 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. あまりヒトの目を気にせず 日々思ったこと、したことをつづっています. 無断転載禁止. このページでは、フォルツァ [2018/07モデル]が搭載しているMF13E型の単気筒248ccエンジンの諸元と出力、体重とパワーウェイトレシオの関係をシミュレーションしています。, 上の図は最高出力が発生する回転数でのトルクと最大トルク、最大トルクが発生する回転数での馬力と最高出力とを線で繋いで折れ線グラフにしただけの簡易的なエンジン性能曲線図です。, これでは中間域の具合や7500rpm以降の馬力、トルクの落ち込み加減を知ることはできませんが、6250rpmでの最大トルク発生後、回転が高まるにつれてトルクが極端に落ちるのか、それともなだらかに下降するのかを知るくらいには使えるかもしれません。, エンジンのパワーバンドを最大トルクの6250rpmから最高出力の7500rpmまでの1250rpm(比率では16.7%)とすると、二輪車のエンジンとしては標準的な広さで、低中高とバランスのよい優等生的な性質を予感させます。, パワーの出方としては、最大トルク2.4kgmを生じる6250rpmでは、最高出力の90.9%となる20.9PSを、最高出力23PSを生じる7500rpmでは、最大トルクの91.7%となる2.2kgmの出力を得られます。, 排気量1リットルあたりの出力は馬力が23PS/0.248Lで92.4PS/L、トルクが2.4kgm/0.248Lで9.6kgm/Lとなっています。これは二輪車に搭載されるエンジンの出力としては標準的な部類で、そこそこのパワーがあり扱いやすさも申し分ない攻守のバランスに優れているエンジンだと言えそうです。, ストローク長が68.5mmであるMF13E型エンジンの場合、平均ピストンスピードは7500rpmのとき17.1m/sで、これは二輪車のエンジンとしては平均よりやや速い部類です。また上限を20.0m/sとしたときの最高回転数は8760rpmになります。, MF13E型エンジンのボアは68.0mmですので、エンジンの特性を大まかに決定づけるボアストローク比は1.01のロングストローク型(ストローク量がボア径より大きい)となり、排気量と気筒数が同一のショートストローク型に比べて、低回転域の粘りが光る傾向にあるとされます。, エンジンの排気量はボアとストローク、気筒数によって決まり、圧縮比は排気量と燃焼室容積によって決まります。, ここでは実際に可能かどうかは別として、純正ピストンの68.0mmから+0.5mm刻みで+3.0mmまでのオーバーサイズピストンを組むと、排気量がノーマルの248.8ccからどのように変化するかを調べてみました。, これを見るに、ピストン径が0.5mm大きくなると排気量が約3.6ccずつ大きくなり、+3.0mmの71.0mmまでボアアップすると271.2ccまで拡大(ノーマル比+9.0%)されます。, 続いて燃焼室容積が27.0ccのまま変化しないと仮定したとき、ピストン径が+0.5mm大きくなるごとに圧縮比が10.2から約0.15ずつ高まっていき、同時にノッキングのリスクも高まっていきます。, ストローク長が68.5mmのままボアを広げていくと、ボアストローク比(B/S比)は1.01から次第に小さくなっていき、ロングストローク型からスクエア型、ショートストローク型へと特性が変わっていきます。, ※ナンバー付き車両でボアアップおよびストロークアップにより排気量を増大させた場合は、改造申請をして認可を受ける必要があります。また、せっかく排気量を増大させても、対応する免許を未取得であれば公道で乗ることができなくなりますのでご注意ください。, さて、自動車と同じくバイクにおいてもパワーウェイトレシオは速さの指標としてよく使われています。, 自動車ではもともとの車重が重いので、人間が1人2人乗ったところで目が飛び出るほどには変わりませんが、自動車に比べて車重が軽く、最高出力も小さめなバイクとなると話は別です。, 最高出力が23PSで車両重量が184kgであるフォルツァの場合、バイク単体では8.00kg/PSですが、たとえば車両総重量を決める際の基準である体重55kgの人が乗ると10.39kg/PS(+2.39kg)に、100kgの人では12.35kg/PS(+4.35kg)にまで悪化してしまいます。, 同好の士と仲睦まじくサーキット走行しているとき、前に出てやろうと愛馬にムチを入れても埒が明かない。こんなときは「同じバイクのはずなのにどうも遅い…壊れてるんじゃあ…」などとバイクのせいにしたくなりますが、ちょっとお腹周りを眺めて見るとその答えが見つかりそうです。, PWRの優劣が速さの絶対的な指標ではありませんが、自動車のサイトで調べたパワーウェイトレシオの平均が9.52kg/PSでしたので、体重55kgの人が乗車している場合だと自動車の平均を上回ってしまいます。そこらを普通に走っているような自動車が相手でさえ、油断すれば後れを取ることになるかもしれません。.