世界中のウイスキー愛好家の間で親しまれているモルトウイスキー。日本でも愛好家は多く、『山崎』や『白州』、『竹鶴』や『余市』など、ウイスキーをあまり飲まない方でも銘柄の名前は聞いたことがあるのではないでしょうか。, 例えば、『山崎』や『余市』はシングルモルトウイスキーです。『竹鶴ピュアモルト』や『ニッカ ピュアモルトレッド』は、その名の通りピュアモルトウイスキーと呼ばれています。このシングルモルトとピュアモルト、いったい何が違うのでしょうか?, ということで、今回はピュアモルトとシングルモルトの違いについて書きたいと思います!ウイスキーを始めた方も、これを知ればよりウイスキーを楽しめるはず。まずは、モルトウイスキーについておさらいしましょう。, 大麦を原料としたウイスキーの呼び名で、蒸留所の場所によって商品表記に関する定義が国ごとに違いがあります。大麦麦芽(モルト)のみを原料とし、単式蒸留釜で2回から3回蒸留させたもの。少量生産に適している方法で製造されるのが特徴です。, 簡単に説明すると、モルトウイスキーは大麦麦芽(モルト)を原料にしたウイスキーということです。次は以前も紹介したシングルモルトの定義を。, 同一の蒸留所内で製造されたモルト原酒をブレンドさせて作られたウイスキー。『山崎』や『白州』のように、蒸留所の名前をそのまま冠したウイスキーが多いので、どこが由来なのか分かりやすいです。, それでは、ピュアモルトはどういったウイスキーを指すのでしょうか? 実はピュアモルトウイスキーという呼び名は、日本で使われている名称で、世界ではあまり使われていないようです。, しかもモルトウイスキーの総称を指す場合と、モルトウイスキーのブレンド方法を指す場合の2つがあり少し複雑です。, 昔は『山崎』もピュアモルトという呼び名で売り出されていたこともあり、シングルモルトに特別感のあるイメージを付けるために使われていたとか。, 現在は、ブレンド方法の一種として使われることが多くなりました。国外ではこのような他の蒸留所の原酒をブレンドしたものは、ヴァッテッドモルトウイスキーやブレンデッドモルトと呼ばれています。, 『竹鶴ピュアモルト』のオフィシャルサイトなどで紹介している“ピュアモルト”は、異なる蒸留所で製造されたモルト原酒を、ブレンダーがヴァッティング(モルトウイスキー同士を混和すること)したウイスキーを指します。ニッカは、この定義でピュアモルトウイスキーを数種類リリースしています。, ピュアモルトといえば、TVドラマ『マッサン』でも話題になった『竹鶴』。ウイスキーとしての評価は高く、『山崎』のように原酒不足による価格の高騰などもないため、相対的に値ごろ感がありますね。, ニッカは『竹鶴』の他にも、シンプルなラベルのピュアモルトシリーズをリリースしています。ホワイトは残念ながら販売が終了してしまっているのですが、ブラック、レッドは今も販売されています。, このシリーズはとても人気が高く、値段も少し高騰気味、もし近所のお店で参考小売価格で売っていようものなら即買いをおすすめします。, 微妙なネーミングの違いで製法も変わり、味わいも変わってきます。この記事で、ウイスキーをより楽しんでもらえたら幸いです!, 沈黙の臓器と言われる「肝臓」。症状が出てからでは遅すぎます。そんな人達には、是非「肝」に命じて欲しい!今なら数値撲滅モニターキャンペーン実施中!, 楽しく飲みたい方、健康を気遣う方へ。明日を元気にする乾杯前の新習慣。特許取得成分配合の圧倒的サポート実感。毎月先着100名様までにお得なキャンペーン実施中!, インドネシア ジャワ島産のクスリウコンをギュっと凝縮。毎日飲める体のサポートアイテムです。今なら初回限定72%OFFキャンペーン実施中!, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. © 2020 文ログ All rights reserved. Japanese fonts required to view this site.  現在ポケットサイズシステム手帳に使用中のモノグラフマルチに至っては、価格が 600 円と MSE-3005 や 2+1 レグノの 5 分の 1 でありながら 0.5mm 径の超低粘度エアータッチインクを搭載しており、その書き心地はジェットストリームやアクロインキにも劣らず、筆記文字の細かさにおいては明らかにこの 2 点を凌駕しているという秀逸さ。, 定価 3,000 円の MSE-3005 が標準搭載するリフィルとしては、明らかに怠慢と言わざるを得ない。, ピュアモルトプレミアムには他に幾つかの種類があり、その中には MSE-3005 と同じ 3 機能式多機能ペンでありながらジェットストリームインクを搭載している MSXE3-1005 シリーズがある。, MSXE3-1005 は振り子式ではなくごく一般的なノック式多機能ペンで、MSE-3005 より後発のためある意味やむを得ない面もあるが、そこら辺もっとどうにかならなかったのかと思ってしまう。, MSE-3005 は 4C 規格リフィル対応のため、ジェットストリームインクなら 4C 規格対応リフィルである「SXR-200-07(ボール径 0.7mm 黒・赤・青)」か「SXR-200-05(ボール径 0.5mm 黒・赤・青)」、, 上記 2 種類の三菱純正の 4C 規格リフィルが使用できるので、書き味に拘るならすぐに交換してしまうと幸せになれる。と言うか、, MSXE3-1005 なんて対応リフィルの種類こそ違えど、定価 1,000 円でジェットストリーム搭載だよ?何で 3 倍も高価な MSE-3005 でそれやらないのかなぁ……そりゃあコストの問題もあるだろうけど(SE-7 は 1 本 80 円、SXR-200 は 1 本 200 円と価格は約 3 倍差)。, ただ少し MSE-3005 を擁護しておくと、標準搭載の SE-7 は決して悪いわけではなく、「普通のボールペン」として見る分には何の問題もなく、極めて標準的な性能は有しているボールペンリフィルとなる。 先日の 50% OFF セールにて入手した、三菱鉛筆の木軸ペン「ピュアモルト」の上位グレードとなるオークウッド・プレミアム・エディションに属する多機能ペン。型番は MSE-3005。, 実のところ既に同様の機能を持つ多機能ペンはモノグラフマルチに 2+1 レグノの 2 本を所有済みなので、ぶっちゃけいらないっちゃあいらない、購入理由がただ純粋に「欲しかったから」だけという正真正銘衝動買いでしかない 1 本。  何せ同様の機能を持つ多機能ペンを既にあり、高級路線で攻めようにも同価格帯の木軸ペンとして 2+1 が既にその座に鎮座しているのだから、今更どこにも入り込む余地がない。, とは言え振り子式の多機能ペンを試すのは初めてだし、通常のピュアモルトとは異なる気品と重厚感を感じさせるオフブラック仕上げのピュアモルトプレミアムシリーズに興味があったのもまた事実なので、そう考えると今回半額で入手できたのは非常に幸運な機会であったとも言える。, ピュアモルトの上位グレード、オークウッド・プレミアム・エディションに属する多機能ペンには幾つかの種類があるが、今回購入した MSE-3005 は 3 機能搭載の振り子式多機能ペンとなる。, 「振り子式」とはかの超有名多機能ペンであるラミーの「ラミー2000 L401」や、ロットリングの「フォーインワン」などに採用されている方式で、使用したい機能の色(ボールペンの赤なら赤色)のマークを上側に向けてノックすることでその機能が使用できるというタイプの多機能ペンとなる。, これまでにノック式やロータリー式の多機能ペンは使用経験があったが、実は振り子式の多機能ペンはこれが初体験となるのでちょっと楽しみ。, MSE-3005 は下位グレードのピュアモルトとは異なり、軸部分が継ぎ目のないオフブラック仕上げのオーク材で形成されており、中心部が膨らんだ砲弾型となっている。 PURE MALT[ピュアモルト] こころなごむナチュラルな質感と、 文字に伝わる優しいぬくもり。 自然な色調とフォルムがあたたかさを感じさせます。優しい輝きのシャンパンゴールドが木肌とマッチした、親しみやすい一本です。 PURE MALT oak wood premium edition  形状としては多機能ペンの雄・ラミー2000 に似ているが、ラミー2000 が樹脂軸なのに対し MSE-3005 は木軸のため、個人的には MSE-3005 の方が質感と高級感としては上かなと思う。, この砲弾型の軸径上は一見ずんぐりむっくりで不細工にも見えるが、実際に持ってみると意外に持ちやすく使いやすい。いわゆる「太軸」に属する軸径なので、握力が弱くても把持しやすいという利点もある。, クリップ部に解除ボタン。こいつを押すことでペン先が軸内に収納される。クリップはバネ式になっているので、意外意外に大きく開くことが可能。, 軸内部。使用リフィルは 4C 規格のものなので、他社製 4C 規格リフィルに交換することも可能。ちなみに標準搭載されている純正のボールペンリフィルは、ボール径 0.7mm の油性インク式となる「SE-7」。, 赤ボールペン。黒同様何の変哲もない 0.7mm 油性インク。書き出しは特別悪くはないが良くもない。, シャープペンは 0.5mm の標準芯径。芯を出す時は普通にノック部をノックするだけだが、これが意外に使いやすい。, 多機能ボールペンのシャープペン機能は、例えば所有している 2+1 レグノのように芯出しノックをすると軸ごと沈み込むものがあり、個人的にそうしたタイプは若干使いにくく感じていた。 ピュアモルトには 本体価格が5000円(Amazonでは3000円ほど)の『加圧ボールペンリフィル搭載モデル』という高級モデル もあります。アクロインキほどでは無いにしても、加圧ボールペンリフィルを搭載しており、改造せずとも滑らかな書き味。 ピュアモルトといえば、TVドラマ『マッサン』でも話題になった『竹鶴』。ウイスキーとしての評価は高く、『山崎』のように原酒不足による価格の高騰などもないため、相対的に値ごろ感がありますね。 ニッカ ピュアモルト ブラック. 総評:欠点はどれも対応可能なレベル。総合的には非常にお薦めできる MSE-3005, 三菱鉛筆 多機能ペン ピュアモルト 2&1 ダークブラウン MSXE310050722, 三菱鉛筆 ボールペン替芯 ジェットストリームプライム 0.7 多色多機能 3色 SXR20007, 三菱鉛筆 ボールペン替芯 ジェットストリームプライム 0.5 多色多機能 3色 SXR20005, さらなる進化を遂げた骨伝導ヘッドホン「AfterShokz Aeropex」徹底レビュー. ©Copyright2020 ウイスキーマニア.All Rights Reserved. Amazonギフトを現金で5,000円以上チャージをすると、初回購入者に限りAmazonポイント1,000円分が貰えます!, ピュアモルトにジェットストリームのリフィルを入れられるという記事を書きましたが、なんとアクロボールに搭載されているアクロインキのリフィルもピュアモルトに入れることができます。, 素材には、ウイスキー樽を再利用したホワイトオークを採用 ボディには、ウイスキーの熟成樽に使用されたホワイトオークを再利用しています。100年素材とも称されるホワイトオークは、樹齢およそ100年程度の木がウイスキーの樽材として使用されます。 50〜70年で樽としての寿命を終え、熟成力がなくなった樽は分解されます。その曲がった板をまっすぐに戻したものが、ピュアモルトシリーズの材料となります。 長い年月を経た後に木板として新たに生まれ変わったホワイトオークは、ナチュラルであたたかみのある質感を持っています。 三菱鉛筆 油性ボールペン ピュアモルト 0.7 SS1025.70 ナチュラル, よく売られているプラスチッキーなボールペンよりも遥かにカッコいいデザインのピュアモルトですが、低粘度インクボールペンのジェットストリームの替芯を入れることによってスラスラ快適に書けるようになり、見た目も実用性も素晴らしいボールペンになります。, そんなピュアモルトですが、なんとPILOTの低粘度インクボールペン『アクロボール』の替芯が入ることを知ったので早速試してみました。, 低粘度インクボールペン…いわゆる滑らかボールペンで最も有名なのは三菱鉛筆のジェットストリームですが、アクロボールはなんとジェットストリームよりも滑らかと書き心地が滑らか。「滑らかすぎて違和感があるからジェットストリームの方がいい」という人がいるくらいにアクロボールは滑らかなのです…!, しかし個人的には圧倒的な滑らかさのアクロボールがジェットストリームの方が好きなのです。ジェットストリームももちろんいいのですが、アクロボールが使えるのであればアクロボールのほうが良い…!, そんなわけでピュアモルトを更にスラスラ滑らかに書けるボールペンにするべく、今入れているジェットストリームの芯からアクロボールの芯に替えようというわけです!, 今回用意した替芯はPILOTのBVRF-8F-Bという替芯。これはアクロボール三色タイプに使われている芯ですね。, サイズは全長が98.5mm、最大径が3.1mm。以前ピュアモルトに搭載したスタイルフィット用ジェットストリーム替芯の全長が98.6mmなので、長さは問題無さそうですね。最大径は調べても分からなかったのですが、おそらくこちらも問題ないのではないかと。, スタイルフィット用アクロボール替芯(上)とアクロボール替芯(下)を並べてみました。ぱっと見て太さはほぼ同じ。, そのままピュアモルトに搭載…と行きたいところですが、BVRF-8F-Bにはスプリング止めがないのでそのまま入れても使えません。スプリング止めとして布テープを巻きました。, 替芯、スプリングの順で本体に入れていきます。布テープ製スプリング止めにちゃんとバネがかかっていますね。, 口金を付けて完成!タイトルで「改造」と大げさな感じに書いていますが、あくまで芯を入れ替えるだけなので至って簡単です。, しかし本当に三菱鉛筆製のピュアモルトにPILOT製のアクロボール替芯が入ってしまいました。彼は今メーカーの壁を超えて私にとって超理想的なボールペンへと進化したのです!!, アクロインキ搭載ピュアモルトで実際に書いてみました。全く問題なくスラスラ滑らかに書けます!私の大好きなアクロボールの書き心地そのものです!字が下手なのは見逃してください!, こちらは改造する必要なく最初からアクロインキを搭載、デザインはつなぎ目がなくシンプルで可愛らしいものとなっています。新しく購入する際は、渋さのあるピュアモルトとかわいいデザインのレグノを比較してみては如何でしょうか!, また同じ価格帯で購入可能な木軸ペンをまとめた記事も作成したので、こちらも是非参考にしてみてください!, ピュアモルトには本体価格が5000円(Amazonでは3000円ほど)の『加圧ボールペンリフィル搭載モデル』という高級モデルもあります。アクロインキほどでは無いにしても、加圧ボールペンリフィルを搭載しており、改造せずとも滑らかな書き味。デザイン、質感、書き味、すべてが最上級の一本で、私がこれまで手にしてきたどのボールペンよりも素晴らしいと思っているほどです! →加圧式ピュアモルトをレビュー。高級感と書き心地を兼ね備えた最上級のボールペンです!, 木の質感で見た目も触り心地も良いピュアモルトですが、改造することで滑らかな書き心地のボールペンに進化します。今回はアクロボールの替芯を搭載しましたが、ジェットストリームの替芯も入れることができます。, 木製でカッコいいボールペン『ピュアモルト』にアクロボールやジェットストリームの替芯を入れて、デザインも書き心地も良い理想的なボールペンにしてみては如何でしょうか!, 文ログは文房具が好きな団子(管理人)が運営する主に文房具のブログです。特にボールペンが大好き。文房具の他にもPC等のガジェットや雑貨も取り上げて、あなたの物欲を刺激していきますよ! 過去の取材・メディア実績等はこちらから。 お問い合わせはフォームからお願いします。 質問やレビュー依頼等々、お待ちしております!.  これはこれで高級感を出すための加工なのかもしれないが、何となくピュアモルトの木軸との相性が悪いように感じて好きになれない。, ただ、これは既に下位グレードのピュアモルトを所有しているからこそ感じた違和感かもしれず、もし下位グレードの金属部も鏡面仕上げだったなら、特に違和感を感じて不満に思うこともなかったかもしれない。, 実際同価格帯の木軸多機能ペンで、金属部が鏡面仕上げの 2+1 レグノには別に不満はないわけだし……, MSE-3005 標準搭載のボールペンリフィルは、ボール径 0.7mm のごく普通の油性インクタイプの「SE-7」。最悪というわけでなくごく普通の油性インクなのだが、この価格帯のボールペンに付属するものとしてはやはり不満を感じざるを得ない。, 同価格帯のパイロット 2+1 レグノには標準で 0.7mm アクロインクリフィルが搭載されており、インクフロー及び書き心地はジェットストリームと同等がそれ以上という極上レベル。  もちろん 2+1 レグノにもロータリー式多機能ペンとしての利点があるため一概にどちらが上かは言及しにくいが、現時点での日常・仕事というシチュエーションでの使い勝手としては、やはりこのまま MSE-3005 を使用し続けると思う。それだけこいつのことをここ数日で気に入ってしまったわけで。, 現在所有している木軸ペンはこれで合計 4 本。内 2 本は先日の 50% OFF で突発的に入手してしまったものなので計画的収集とは言えないが、これからも少しずつ木軸コレクションを増やしていきたい。.  対してこの MSE-3005 は普通のシャープペンのようにノック部だけが沈み込むので、押しにくさを感じることは一切無くごく普通の感覚でシャープペンが運用できる。, ちょっとしたことだが、日常的に使い続けて行くにはこうした小さい部分での違和感が少ないことが非常に重要になってくる。, 使ってみると意外にもかなり優等生な MSE-3005 だが、やはり幾つか気になる点も見えてくる。, 好みの問題というかもはや単なる言いがかりレベルだが、まぁそう感じてしまうわけで(笑), 下位グレードのピュアモルトの口金などの金属部が艶消し加工なのに対し、上位グレードであるプレミアム・エディションの口金などの金属部分は、シルバーに輝く鏡面仕上げ。 ピュアモルト ゲルインク ボールペン ナチュラル 軽いです。ゲルインクの書き味もとても軽いです。 指のあたる部分だけが 木です。 なにか ‘取って付けた’ような。 分解。 正に ‘取って付けた’ うまくつくってあります。感心。  私は仕事では経理関係を担っているため毎月書類や資料に細かい記述をすることが多く、そのためボールペン先が 0.7mm だとどうしても文字が潰れてしまいがちになってしまう。, 現在使用している会社の備品のボールペンが 0.5mm のため、MSE-3005 を仕事で使用するならペン先 0.5mm 以下のものに換装するのはある意味必須とも言える。, ただ、貧乏性でもあるのでまだ使えるリフィルを捨てるのにも抵抗あるしなぁ……どうしようか一体。, 色々愚痴もこぼしたが、要は慣れやちょっとした対策で解決できるものばかりなので、そういう意味では欠点らしい欠点はなく、総合評価としてはかなり高ランクとなったピュアモルトプレミアムの多機能ペン MSE-3005。, 既に所有している同価格帯・同機能のパイロットの木軸多機能ペン 2+1 レグノと比較しても、持ちやすさ、ペン先切替時のレスポンスなど、MSE-3005 に軍配が上がる点が多い。  よって書き味について拘りがなく、1 本 100 円のボールペン程度に使えれば良いというなら、わざわざリフィルをジェットストリームなどに交換せずとも SE-7 のままで実用には十分に耐える性能を持っている。, あくまでも書き味に拘りたい、あるいは高級な本体に相応しいリフィルをという人だけ、さっさと SE-7 はポイしてお気に入りのリフィルと交換しましょう。, 私の場合書き味ももちろん良い方が好みだが、それ以上にボールペン先が 0.7mm よりも細い 0.5mm、できれば 0.4mm 以下のものが良いというのがある。 ピュアモルトジェットストリームインサイドという商品が出ていたり ゲルインクボールペンもラインナップしていたりと、 まるっきり新しいインクの採用がないわけではないですが・・・) 「滑らかすぎて違和感があるからジェットストリームの方がいい」という人がいるくらいにアクロボールは滑らか, 加圧式ピュアモルトをレビュー。高級感と書き心地を兼ね備えた最上級のボールペンです!. 先日の 50% off セールにて入手した、三菱鉛筆の木軸ペン「ピュアモルト」の上位グレードとなるオークウッド・プレミアム・エディションに属する多機能ペン。型番は mse-3005。 実のところ既に同様の機能を持つ多機能ペンはモノグラフマルチに 2+1 レグノの 2 This site is written in Japanese.