援助金は孤児1人ずつに出るため、育児所はいつも子どもたちであふれていた。 学生時代には明るい性格にモデルのような外見、名門大学まで合格していたジェヒは、一生の恋人だと信じたテジュンと結婚した。家族とファッションモデルの夢まで諦めて愛を選択したジェヒ。しかし出産後、体重が100キロを超えると夫のテジュンはここ7年間しつこく離婚を要求している。家族のために主婦として必死に努力してきたジェヒは、深い絶望と自己嫌悪に陥り、結局自殺を決意する。外見至上主義が支配するこの世のどこにもジェヒの居場所はなかったのだ。自殺しようとしたその瞬間、ジェヒに謎の宅急便が届く。, ■スタッフ ↑映画が見たいならここです(雑誌や漫画もあります)。 その時ふと、グルヌイユは香水とは別のとても魅力的なにおいを感じ取った。 バルディーニには今、街で大流行している他店の香水『愛と精霊』に似たものを作ってほしいと伯爵から依頼が入っていた。 自分の存在が無ではないこと、自分が特別な存在だと世に知らしめるために。, グルヌイユはようやく舗装された道に出ることができ、そこで同時に女性の香しい匂いを感じて振り返った。 月額31日間無料トライアルキャンペーン中。, 【dTVチャンネル】月額780円(税抜)から 傍らに残された香水瓶から最後の一滴が地面に落ちた。, 匂いフェチの変態な僕のお話でした。 グルヌイユが匂いで一目ぼれした町一番の美人で、彼のターゲットとなる。, ローラの父親で街一番の商人。 母親はローラが幼い頃に他界している。 「蒸留する以外に香りを抽出する方法はありますか?」と聞くグルヌイユに、バルディーニは「『香りの集まる町』と呼ばれるグレースに行けば教えてもらえるだろう」と答えるとグルヌイユは元気を取り戻し、病気は1週間で完治した。, グレースで働くには『香水調合師の職人証明書』が必要だった。 グルヌイユはここに来てから彼のまだ知らない様々な香りがあることを知り、いつか理想の香りに出会えることを夢見ていた。 グルヌイユはこの洞窟をとても気に入り、何日かここで過ごすことにした。 グルヌイユが生まれたパリの魚市場へと戻ってきた1766年6月25日の夜、浮浪者が集っているのを見たグルヌイユは、彼らのすぐそばで残りの香水をすべて頭からかぶった。 グルヌイユは民宿から少し離れた野外で13人の若い女性の香油で作った香水を完成させた直後、警察に捕まった。 その香りを保存する方法を知るために、グルヌイユは香水店で働き始める。, 原題:PERFUME: THE STORY OF A MURDERER All Rights Reserved. 性的趣向な殺人のやつかなーと思っていたのですが、見ていくと全然違って、愛を知らない男の子が愛を求めて旅をする的な作品でした。, 気に入った女性を追いかける姿はただのストーカーだったけど、女性のそばに立つ姿は母親を求める子供のようで怖くなくて、その辺でベン・ウィショーの演技力の高さが際立っていたように感じました。 全22話(韓国語・日本語字幕), ■あらすじ この時は殺すつもりはなく、彼女の腕に脂を塗って香りが移るかどうか試そうとしただけだったが、娼婦は脂をそぎ取るためのナイフを見て怯えて暴れたため、殺してしまった。 グルヌイユは最後の一押しでもうひとつ香水をその場で調合してバルディーニに渡して帰った。 そんな中、唯一正気を保ち続けていたリシ氏はグルヌイユを処刑しようと近づくが、強い香水の匂いを嗅いだ瞬間、リシ氏はひざまずいて「我が息子よ!」と叫び涙を流した。 2018.01.22 韓国ドラマ「江南ロマン・ストリート」2018年2月8日(木)16:00~放送スタート! 2018.01.10 韓国ドラマ「ソロモンの偽証」2018年2月3日(土)17:00~放送スタート! 2018.01.04 韓国ドラマ「運命のように君を愛してる」2018年1月23日(火)7:00~再放送スタート! 2017.03.24 彼が望めば香水の力で世界をも手に入れられただろうが、人間というものに嫌気がさし、何もする気が起きなかった。 演出:キム・サンヒ「人形の家~偽りの絆~」など 原作:小説/パトリック・ジュースキント「香水 ある人殺しの物語」, 天生の嗅覚を持つ青年。 中間が若干長く感じたけど、最後は意外とあっけなかったです。 村の人々はすぐに赤ちゃんの泣き声に気づき、母親は子殺しの罪で絞首刑となった。 パリの退廃的な映像や画面が匂い経つような風景など「画」としてはとても良かった。ラストの処刑場のシーンは圧巻ですが私にはち... 『パフューム ある人殺しの物語』の宣伝部長に任命された、お笑いピン芸人として大活躍中の桜塚やっくんに、本作の見どころのほか、“香り”へのこだわりなどを語ってもらった。, 「Yahoo!映画」はYahoo! それは彼にとって何とも言えない至高で甘美なにおいだった。 住民同士が疑心暗鬼になり、警察も神経質になり、少しでも怪しい男は全員投獄された。, ある日、ついに『犯人が捕まった』という報告がグレース中に伝わって住民たちは安堵したが、その男はグルヌイユではなかった。 悪臭漂うパリの魚市場で産み落とされた後 母親に放置され、孤児院で育った。 リックマンさんをハリポタ以外で久しぶりに見ましたが、もう彼の新作が見れないと思うと残念です。, 映画の解説・考察をネタバレありきで紹介しているサイトです。 その後、皮なめし屋の親方は海辺で足を滑らせてコンクリートに頭を打ち、そのまま海に落ちて死んだ。, 数か月後。バルディーニの店はふたたび人気を取り戻し、それはかつての賑わいを凌ぐほどだった。 続きをみる, 主人公がずっと追い求めていた香りの正体が愛だと気づくエンディングが良かった。小説読んでいると美味しさ倍増。. 目を輝かせるグルヌイユを見て、バルディーニはこの話は「あくまでもおとぎ話だ」と念を押した。, ある日の夜明け前。グルヌイユは柑橘売りの娘のにおいを嗅いだ夜のことを夢に見た。 『パフューム ある人殺しの物語』は世界中で1500万部を売り上げているパトリック・ジュースキントの1985年の小説に基づいている 。 報道によると、ジュースキントはスタンリー・キューブリックとミロス・フォアマンのみが正しく映画化できると考えており、他の者による製作を拒否していた 。 完成した香水がどんな匂いなのかめちゃくちゃ気になりますね。, 元々はフランスの人気小説が原作だったことを観た後に知って話しの流れに納得しました。 ヨーロッパの人気小説を映画化した作品。 これだけ香水の処方があれば、もう香水作りで苦労することもお金に困ることもない。 その中でもさらにひどかった場所、パリの魚市場でジャン=バティスト・グルヌイユは1738年7月17日に産まれた。, グルヌイユの母親は魚市場で働く女性だった。 ドリュオー(マダム・アルニュルフィの夫)…ポール・ベルロンド 彼が馬車から降りて香水の匂いが広がった瞬間、観衆たちの表情が喜びに満ちた表情に変わっていく。 18世紀パリ。悪臭漂う魚市場で生まれた男の子ジャン=バティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)は天性の嗅覚の持ち主だった。 君ともう一度……時空を超えて愛と人生を取り戻すファンタジーラブストーリー。, <BS初放送> Copyright © 2018-2020 映画鑑賞中。 All Rights Reserved. 人間からできた香油を嗅いだ人は、無意識に香油の元となった人の位にふさわしい態度を取ってしまう効果があったのだ。, その頃。町では3人の若い女性が殺されたことで緊急会議が開かれ、若い女性への外出禁止令が検討されていた。 自宅に戻ると、グルヌイユは13種類の香油が入る香油ケースに娼婦の香油を入れて嬉しそうに眺めた。 1人目は同じ香水調合の修行にきていた若い女性を殺し、服も着せたまま冷却装置に入れてみたが、香りは抽出できなかった。, 次は娼婦を一晩買った。 一方で、彼女の夫のドリュオー(ポール・ベルロンド)は、ほとんど喋らず人と関わりを持とうとしないグルヌイユを内心気味悪がっていた。, そこでグルヌイユは、香りを抽出する方法として『冷浸法』を学んだ。 冷浸法は、まず香りを抽出したい対象物を煮込んでから動物の脂を塗り、匂いを脂に染みわたらせるために温める。 大ヒットドラマ「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」のシュー・カイ主演作!アクション・ロマンス・復讐などの要素をふんだんに詰め込んだファンタジー・ラブ史劇!, <BS初放送> 香水を一滴つけただけなのに、ぽっちゃりおばさんが20代のスリムボディーに大変身!魔法の香水で新たな人生を生きる女性とツンデレファッションデザイナーの予測不可能なロマンス!女性なら誰もが夢見る魔法のようなラブストーリー! それは作られてから何千年も経っているはずなのに、瓶の蓋を開けると古さを全く感じさせない、楽園に居るのかと錯覚するような香りが辺り一面に漂ったそうだ。 グルヌイユはたった数日で新作の香水の処方100種類を書いてバルディーニに渡した。, グルヌイユがバルディーニの元から旅立った日、バルディーニは幸せな気持ちで眠りについた。 奴隷出身で匂いフェチの男による、究極の香水作りのために女性を殺し続ける連続殺人劇を描いたシュールな作品。終始、匂いにこだわったストーリーと演出が一環していて分かりやすく、世界中の人々に受ける内容。66点(100点満点), 18世紀のパリ、悪臭のたちこめる魚市場で産み落とされたジャン=バティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)。驚異的な嗅覚を持つがゆえに、奇怪な青年として周囲に疎まれている彼は、ある晩、芳しい香りの少女に夢中になり、誤って殺してしまう。その後、彼は少女の香りを求めて調香師になり、香水作りに没頭するが……。, 「ラン・ローラ・ラン」、「クラウドアトラス」などのトム・ティクヴァ監督による西洋時代劇で、世界中で大ヒットした小説の映画版です。, 奴隷として育ち、生まれながら飛びぬけた嗅覚を持つ主人公が香水屋で働くことになったことをきっかけにどんなものの匂いも保存したいと思うようになり、やがて女性の体臭を再現するために次々と街の若い女性たちを殺していく、という物語です。, リアリティーはないんですが、フィクションとして、西洋のおとぎ話として、楽しんで見られる映画ですね。主人公の嗅覚が優れている、といっても、ただ単に鼻が利くといったレベルではなく、何キロ先でどんな人が何をやっているかまで匂いで分かってしまうほどのレベルです。, そんなに鼻が良かったらむしろ複数の臭いが混ざり合って何がなんだか分からなくなるんじゃないの、と思いたくもなるんですが、主人公には超人的な嗅ぎわけ能力があるらしく、それゆえに作ったこともない香水でも難なく作れてしまう、という設定になっています。, あれは日々香水を研究している調香師からすればふざんけじゃねえ、といいたくなる設定でしょうね。そんな簡単にいい香水が作れてたまるもんか、と。香水作りおいて鼻がいいのは確かに必須能力でしょうが、それだけで成り立つほど簡単なものじゃないですからね。, それはさておき、主人公の華奢で、貧相で、でもよく見ると美男子で、といったあのなんともいえない怪しい雰囲気はストーリーに上手くはまっていました。僕は匂いフェチの男と聞くと、禿げてて油ギトギトで小太りでめがねをかけてる男をイメージしてしまいます。いわゆる日本のオタクみたいな。, でももしかしたら西洋人からすると変態ってむしろこの主人公のようなイメージなのかもしれませんね。ハリウッド映画の連続殺人鬼とかサイコパスって大抵痩せ型の白人男だったりしますもんね。, 終盤、主人公の男はそれこそ何十人という女性を殺害していき、街中が大騒ぎになり、やがて逮捕されます。しかし逮捕される頃には究極の香水を完成させ、処刑台に上がるときに自分の身体に振りかけていきます。すると民衆たちはそのあまりのエロティックな香りにメロメロになってしまい、彼を神だと拝みだし、近くにいる人たちと誰構わずセックスし始める、という圧巻のクライマックスが待っていました。, あのシーンはビジュアル的にも、ストーリーのオチ的にもあまりにもよくできたクライマックスでしたね。あんな香水が売ってたらぜひ買いたいもんです。男なら「ああなんか暇だなあ、道を歩く美女たちがみんな裸になって『ねえねえ、私とセックスしませんか?』とでも言ってくれば面白いのになあ」といった馬鹿な想像を一度や二度は膨らませたことがあるはずです。, まさにそういった想像を映像で再現してくれたことが素直に嬉しかったです。あの場所を貸しきって、あれだけの人数を集めるのも大変ですが、あのシーンを撮るために安いギャラで何時間も素っ裸で頑張ったエキストラさんたちも大変だったでしょう。, エキストラさんたちの救いはあのシーンが芸術的に描かれていたことじゃないでしょうか。僕的にはガンガン本番ありのハメ撮りしてくれたらもっとよかったんですが、それだと堅物の視聴者から苦情が来るんでしょうね。, ただ、あの圧巻のクライマックスにもおかしな点がありましたね。だって鼻がいいのは主人公だけで、一般市民は普通なんだから、あんなにあの香水の香りが広範囲に届くはずないんですよ。あれは主人公が香水のグラスを持って民衆たちの周りを徘徊していって、「ほらこの匂いを嗅げ、いい香りだろ? じゃあさっさと服を脱げって」っていかにもスケベ親父風に言うぐらいだったら、もっとリアリティーが生まれていたことでしょう。, なんでこれから処刑台に上がる男があんなに綺麗な服を着させてもらっているのかも理解できませんでした。なによりあれだけの威力のある香水を作ったところで、主人公が一度もまともにセックスせずに人生を終えていくっていうのが皮肉でしたね。童貞による連続婦女殺人事件じゃないですか。, 海外在住。映画ブログ歴10年以上。年間300本以上の映画やドラマを鑑賞。特技は文句を言うこと。, 同ブログでは読者のリクエストにお応えします。面白い映画、テーマ、ゴシップ、人生相談などがありましたら問い合わせフォームからリクエストしてください。, 綺麗な服を着ている理由 処刑台に行く前の牢屋のようなところで、主人公が香水の瓶を開け、それを嗅いだ人達が主人公を崇め着せたと私は解釈しました。 (鎖をはずせのシーン), こういうの書くのやめたほうがいいんじゃないのかねぇ。 内容をまともに理解できてないし、文才もない。 ホントにちゃんと見て考えた??ってレベルの理解力と、中学生の読書感想文レベルの文章。 他の作品についても同様。, 色々と粗はあるんだけれど、観ていて爽快感あるのは、物語のプロットが週刊少年ジャンプや往年の香港カンフー映画みたいな感じだからではないかと思います。 「無力な少年が師と出会い、修行を通じて己の隠れた才を引き出し強大な敵を倒す」みたいな。 まあ、主人公は偏執的なシリアルキラーだから、ある意味「闇のベストキッド」みたいな映画でしたね。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, おすすめの動画配信( VOD)サービスを目的別に徹底比較!U-NEXT,、HULU、NETFLIX、dTVなどをランキングにし、特徴やメリットデメリットなどを紹介。映画やドラマを見るならどこが一番いいのか答えを出します。.