初当たり後は振り分け12.5%でRUSH「無双闘舞」直行。それ以外の87.5%は時短1回+残保留3個で引き戻せばRUSH突入。「絶狼」に近いという評判やスペシャルムービーを見る限り、出玉スピードにはかなり期待できそうだ。949回転ハマリで突入する遊タイム(255回)が実質RUSH突入濃厚となっている点も見逃せない。, この秋から冬にかけての新台は、出玉速度の勝負となりそうな予感。仕事帰りなど遅い時間からしか打てないユーザーにとっては嬉しい限りである。. ST突入時も同様で、画面に『右打ち』と指示が出てから打ち出しを開始すれば無駄玉を防げますよ!, アタッカー開放のラウンド間にタイムラグがある為、ボーナスを打ちっ放しで消化すると、1ラウンド毎に2個ほど玉が無駄になりました。85%という高継続で多くの大当りを獲得するだけに、たった2個でも出玉に大きな差が出る事になります。 ST後半での大当りが続く等、状況により消化時間にブレが出てますが、試行回数を増やす事で平均的な数値になったのではないかと思います。 先読み中7カンナステ7テン極源炎舞VS凪ノーチャンupで外れた...押し … 時速36000個は嘘ではなさそうだな 時短を含む通常確率状態での959回転ハマリで、1200回転の遊タイムに突入。遊タイムは1回転わずか0.5秒という高速変動になっているらしい。また、STも序盤は即当たりがメインでサクサク消化。好評を得た前作『新世紀エヴァンゲリオン~シト、新生~』の時速1万4000発を超える出玉スピードを有しているという。, ■□関連記事□■ 玉を打ち出して、アタッカーに到達するまで時間がかかるので、アタッカーが閉じてから打ち出しを止めると無駄打ちに。ボーナス時はアタッカーに玉が8個程入ったら打ち出しを止め、10個に到達するまで丁寧に1玉ずつ打ち込みましょう。この無駄を防ぐだけで、1日にすると数千円分の玉を得する事になりますよ!, 今回『ぱちんこ 新・必殺仕置人』の試打をして、感じた事は消化速度の重要性。文中では出玉増加速度に焦点を当てて、消化速度の速さを紹介しましたが、メリットは出玉感だけでは無いんですよね。 勿論実戦値ですし、『ぱちんこ 新・必殺仕置人』は今回サンプルが多く取れていますので状況によって誤差は出るかと思いますが、『真・花の慶次2 漆黒の衝撃』と比べると差は歴然ですね。データを見る限りは『ぱちんこ 新・必殺仕置人』のST中の出玉増加速度は新基準機では屈指といっても間違いないでしょう。, 先ずは大当り開始時のお得ポイントを紹介。大当りが確定した後、スルーに玉を打ち込むと大当りが始まりますが、画面に『右を狙え!』という指示が出る前に打ち出すと、スルーが反応せず無駄玉になります。落ち着いて、指示が出てから右打ちを開始しよう。 年間だいたい+100万発。, 研究#02:なぜそんなに速いのか?『源さん超韋駄天の圧倒的出玉速度のカラクリ』を研究する。, 【コロナ振り返り#02】『なんでそんなに叩かれるんだ?』凄烈なパチンコバッシング。, ST中は旧基準機に迫るスピードで出玉が増えていきます。その秘密はST中の消化速度。平均で1分間に約25.7回転のスピードで消化されていきます。消化速度が速いという事は次の当たりまでの時間も短く、ひいては出玉が増加する速度も高くなるのです。, 【新台試打レポ】真・北斗無双並み!?ぱちんこ 新・必殺仕置人の出玉増加速度に驚愕!. STが早く消化されていくという事は、いわゆる無駄なリーチが少ないのです。結果、リーチ1つ1つの信頼度が高くなっており、リーチがかかるだけで熱くなれます。消化速度が速い事でパチンコの楽しみも増しているんですね。 10月19日、高尾よりリリース予定。初当たり確率約1/319.6、突入率約50.5%・継続率約83.5%の1種2種混合タイプ。 速さは正義!? ホール導入日は7/22(月)予定!, (C)松竹・ABCテレビ (C)KYORAKU P-Summa(ピーサマ)――『P大工の源さん 超韋駄天』通称「源バイン」の大ヒットにより、パチンコ新台は出玉スピード勝負の時代に突入した模様。「エヴァ真紅」や「北斗無双3」など、速度を売りにした新台が10月以降、次々とリリースされるようだ。 こんにちは! パチンコ新基準の勝ちやすい機種・負けにくい機種ランキングへようこそ。 ここでは、『ぱちスク!』が一撃連チャン出玉性能のコーナーで解析が完了した機種に関して、そのデータから勝ちやすい機種は何か?負けにくい機種は何か?を独自解析しています。 試打動画で12500個まで18分25秒 前作『P牙狼冴島鋼牙XX』(2019年7月)は出玉スピードの遅さがネックとなっていたが、本機は変動時間を大幅に短縮した高速爽快ST「牙狼SLASH」を搭載したとの事。シリーズ初の遊タイムや突然時短も搭載している。, P学園黙示録HOTD2を試打してきましたwスペックを簡単に言うと「遊タイム付き源バイン」スピードは速いです♪低確率時959回転後に128回転の遊タイムに。128回転中に1/5.5を引けば約83%でラッシュ突入!結構気になってます(^-^)スロも見ましたが、スロはブログ担当者が近々アップすると思います♪ pic.twitter.com/nvl80rX71g, — キング中村橋店@公式だけどそんな気分で作ってないツイッター (@king_nerima) August 6, 2020, ・RUSH突入 約50.5% ※遊タイム込み約53% ジャグラーの朝一台選びの方法や、ジャグラーで勝つ為の考え方をメインに情報提供しています。6号機ジャグラーの機種情報やジャグラー実践記事が大人気中♪, 2019年5月1日より、厳しく進められてきたパチンコの規制内容が若干変更されることとなりました。, 今回は、日電協がパチスロ規制緩和的な意味合いで3つの自主規制についての見直しを発表しました。, パチスロ6.1号機の目玉でもある、ビデオリール演出の緩和についても気になると思います。, スタートレバー、ボタン等を使用した演出の緩和については、ある程度イメージできると。, ●4時間の遊戯においてパチンコ・パチスロの出玉払い出し数を発射総個数の1.5倍未満へ, ※パチンコ新基準になって出玉を大幅カットし、ギャンブル性を大きく低下させる事に重きを置いている感じです。, 今回の2018年パチンコ規制の目玉とも言える、大幅な出玉減少の規制が設けられました。, パチンコの楽しみは勝つことであり、投資金額が多少増えても一撃の連荘で回収できる可能性がある事です。, パチンコの大当たり最大出玉数が現行2400個に対して、規制後には最大出玉数が1500個へと減少します。, 大当たり出玉の上限が1500個までですが、実際にホールに導入されると獲得出玉数は、おそらく1300個から1400個程度になる可能性が考えられます。, 現行のパチンコ機種は大当たりラウンド最大16ラウンドとなっていますが、2018年パチンコ規制では最大10ラウンドしかありません。, 大当たりラウンドは10ラウンドに減少し、大当たり出玉も1500個へ引き下がったものです。, 現行の検定試験試験では、1時間試験・10時間試験とがあり1時間試験では出玉率300パーセント内であれば合格、10時間試験では出玉率50パーセントから200パーセントの間であれば良しとされていました。, 今回の2018年新規制では、1時間試験における出玉率は約33パーセントから220パーセントの範囲で収まるようにとの規制が出来ています。, 新基準では10時間試験において、出玉率約50パーセントから133パーセントの範囲になるように、大きく性能がダウンします。, 今回の2018パチンコ規制では、4時間で5万円以下の出玉に抑えることが大きな要ですから。, 1回あたりの大当たり出玉が減少した分、設定差にて出玉を調整出来るのは良し悪しではないでしょうか?, 封入式パチンコへ移行して、良く回る・回らないの区別がなくなると6段階の設定でしか出玉調整出来ないので、今回の規制内容では予想出来た内容です。, 2019年新基準へ移行してパチンコの設定が搭載されますが、出玉の波やパチンコユーザーの収支が大きく荒れる可能性が考えられます。, 今回のパチンコ規制での発射個数をホールコンピューターで計測すると、1台に付き普通に遊戯をしていれば1時間に約5000発発射する事が分かります。, ここに、通常時にスタートチャッカーへ入った際の入賞玉や別の賞球口へ入った払い出しも考えると、4時間で2万発程度の出玉が上限ということになります。, 今回の2018年パチンコ規制では、4時間で5万円以下の出玉に抑えることを大々的に告知しており、パチンコにおいては大きな勝ちは望めなくなりました。, パチンコ・スロット共に、2018年2月以降は現行の台は撤去されるのか?という質問をされます。, この検定に通過すると、その後3年間はホールに設置する事が可能です。(再検定は当然無し), 2018年2月1日までに、現在の基準に合わせて各メーカーから新機種の発表が多いと考えられます。, 簡単に言えば、パチンコ台の入賞口やへそ、チューリップ等の入賞口に入っても、払い出しが0でもOKとなる。, 今までのパチンコ台ではベースの下限値は30でしたが、今回よりベース値が0でも良くなります。, ベース値の下限が撤廃されても、時間当たりの出玉率は最低ラインとして約33パーセント必要なので、大当たり等で出玉を出さないといけなくなります。, はっきり言って、ベース値の下限が撤廃されても、打ち手のユーザーにはあまり大きなメリットやデメリットは無いかと思われます。, 2019年2月から適用となったパチンコ規制の内容について、分かりやすく解説していきます。, 元パチンコ業界関係者の私が、パチンコ規制・パチスロ6号機詳細についての内容・新規制・パチンコ新基準台について詳しく書いてみます。, パチンコ業界で今大きな注目を集めているのが、2019年2月より施行されるパチンコ・スロットにおける規制内容(新基準)の変更でしょう。, 2019年になり、パチンコ・パチスロにおける情報も多く出回ってきており、撤去台のリスト等の詳細も明らかになってきています。現行の遊戯台の撤去は順次行うとの事で、現状すぐに全台撤去ではありません。, パチンコ業界は2015年11月にも大きな規制強化を実施し、パチンコ・パチスロファンをがっかりさせてきた歴史があります。, しかし、遊戯台販売メーカーの努力もあり、若干の遊戯人口は減少したものの、大きな客離れには繋がらなかったのが大きな救いです。, 今回の、2019年パチンコ規制・パチスロ出玉規制の内容について、分かりやすく解説します。, 2018年8月より、ウワサされていた新基準となる6段階設定搭載のパチンコ台が登場します。, パチスロでは、設定が6に近い程、大当たり確率が高くなり最終的にたくさん大当たりすることになります。, 6段階設定搭載のパチンコにおいても、設定が1から6までの6段階に調整することにより、台ごとの大当たり確率を変えることが可能になります。, 設定を1にして、釘を開けることで大当たり確率は悪いけれども、良く回り遊べる調整にも出来ます。, 逆に、設定を高くし大当たり確率は高いものの、釘が渋く余り回らない等の調整も可能です。, 来年頃から導入が予定されている、封入式パチンコへ移行すると、封入式と言う名前の通り釘調整は一切行えなくなります。, 6段階設定搭載のパチンコ台における、設定6の機械割は120パーセントから135パーセントと言われています。, 機械割りが120パーセントであれば、等価交換のホールでは約48000円程度のプラスが見込めます。, 機械割が135パーセントあれば、約84000円程度のプラスになりますが、正直135パーセントの機械割りはムリだと思われます。, 機械割が120パーセントと言うことは、払い出し球数は60000発×1.20となります。, まあ、48000円勝てると言うことは、釘調整・設定のことも考えると、10万円勝ちは十分射程圏内かなと個人的には思います。, ここまでが、2018年2月より適用されるパチンコ・スロットにおける規制内容の概要です。, 連日、2015年11月からのパチンコ規制について、様々な憶測や新情報が飛び交っています。, パチンコ業界における規制の開始まであと少しとなってきています。パチンコ・パチスロ規制の情報を分かりやすく掲載しています。, まもなく、パチンコ・スロットの規制が始まります。パチンコファンとパチンコ業界にとって、どんな効果が出るのか?マイナス部分やプラスになる部分についての詳細を現在調査中です。, パチスロ規制で最低出玉率も設定され、ユーザーに優しくなったのかそれとも勝率が下がってしまうのか?, 11月からスタートとなるパチンコの規制強化についての情報は、新しい情報が入り次第更新しています。, 特にパチスロ(スロット)における規制強化の内容については、気になる人が非常に多い注目の内容です。, パチンコ業界は、年々規制が変わりパチンコを趣味としている人や、パチンコ店員として働く人に、何らかの影響を与えてきて今に至ります。, 思えば4号機の超爆裂マシン「ミリオンゴッド」が登場して、ギャンブル的な出玉と射幸性の強さから、しばらくすると規制されてどこのホールからも姿を消していきました。, 確かに1時間で10万円以上もの出玉を獲得できたり、1時間で5万円負けてしまうスロット機種の射幸性の高さにも問題がありますが、検定を通過してホールに出回った事も大きな問題です。, 後ほど検定取り消しなどで撤去するのであれば、スロットの販売メーカーとしても最初から検定に通過しなかった方が、後々良かった部分も多いと思います。, スロットを遊戯する客からしてみても、中途半端に台を撤去されたらたまったものではありません。ちょっと話がそれてしまいましたが、ここからパチンコの新規制の本題に入ります。, 現在のパチンコ台のフルスペックと言われる機種の大当たり確率は400分の1から450分の1程度ですが、この大当たり確率が不適合となるので、大当たり確率がもう少し低い確率で新機種が登場することになります。, パチンコ台の大当たり確率が若干低下したところで、確変の継続率が高くなったりすれば、新規制になってもあまり意味がなくなってきます。, 2015新規制での確変継続率はどうなるかはっきりわかりませんが、あまり意味のない新規制になる可能もあります。, 個人的には、規制強化されて出玉が全くない大当たりは規制されて無くなってくれるのは、大賛成です。, データ表示機では、出玉が無いにも関わらず大当たり回数が1としてカウントされれます。, データ機器を頼りにパチンコをする人にとっては、全く参考にならない不親切な気がします。, パチンコの現行のスペックである、大当たり出玉ゼロのパチンコ台や大当たり確率400分の1といった台の導入は2015年の10月を最後に終了します。, 2015年11月からは規制強化され、新スペックの基準に合格した台だけが、新台入替でパチンコ店に入荷することになります。, 現在すでに設置されている現行スペックの台(大当たり出玉がゼロのパチンコ台や、大当たり確率400分の1といった台)については、当分の間はホールで稼働することになります。, 2015年11月の新基準のパチンコ台の規制強化で、大量のパチンコ台を撤去したりすると、代わりのパチンコ台を入れる莫大な費用が必要になります。, 費用面でパチンコ店にしわ寄せが行き、最終的にはパチンコの客がその費用を支払うという悪い流れになってしまいます。, なので現行の設置済のパチンコ台については、当分(2年から3年程度?)はそのまま稼働すると思われます。, 今のスロットでは、AT機やART機といった出玉の波が荒い機種に人気が集まっていますが、規制強化されたスロットの新規制になると現在主流のAT機やART機は検定に通らなくなるため、2015年12月からは一切導入されなくなります。, なので、2015年の11月に予定されている、スロット機種の新台登場が多い予定となっています。, そして2015年のスロットにおける規制強化の新基準では、最低の出玉率が決められています。, この最低出玉率が55パーセントという事なのですが、55パーセントという事は100枚のコインを投入すれば、小役の払い出しが55枚以上必要と言うことです。, これについては押し順不問で計測するので、現在主流のAT機やART機は当然検定に通過することができません。, その他の確率や最高出玉率などの詳しい数値が分かり次第、改めて記事にしたいと思います。, スロットの新規制でも、パチンコの規制同様に2015年11月を最後に現行スペックの新規導入が終了します。, 現行スペックの設置済のスロット機種については、当面の間は今まで通りホールで稼働するはずです。, 2015年11月からは、新スペックの基準に合格した台だけが、新台入替でパチンコ店に入荷することになる。, 2015年12月からのパチンコ台とスロット台の新基準への移行は、大まかにこんな流れになります。, パチンコ店員として働く人も、今後の対応や新機種新台の知識の勉強なども大変とは思いますが、これからのパチンコ業界のために、対応していけるようにしていきたいものです。.