カワサキプラザでバイクを購入した場合 6ヶ月目の点検を受けないか連絡が来ます。 車検とは違い受けるかどうかは任意ですが。 Ninja400納車からもうすぐで12ヶ月経過するので12ヶ月点検に行ってきました。, ですが私の場合、距離結構走ってる事もあって交換部品なども多いかもしれないので4時間では終わらないかもしれないと言われたので1週間預けることにしました。, プラグはちょっと前に行った北海道ツーリングぐらいの時からたまに違和感があって交換をお願いしました。, 上記がこちらから交換お願いした内容で、バッテリーやホイール関係の点検は12ヶ月点検のチェック項目ですかね。, 12ヶ月点検の1週間前ぐらいに走ってたらバイクの電装関係が不調(ウィンカーが点灯しないなど)になったのでそちらもちょうどよかったので見てもらいました。, そちらの電装関係の不調はヒューズが飛んでいたいたことが原因らしくヒューズ交換してもらいました。, ヒューズが飛んでた原因でこれじゃないかと言われたのは、リアウィンカーの配線のギボシ部分のゴムが外れていたのでそれがリアウィンカーのセラミック抵抗に接触してショートしたのではないかと言われました。, 心当たりがあるのは、リアキャリアを取り付けた際に、配線を触った覚えがあるのでその時にゴムを戻し忘れたのかもしれません。, こういった事がならない様に、対処方法としてギボシ接続のゴム部分をさらに絶縁体のテープでぐるぐるにするのと、配線がゴチャゴチャしていたのでちゃんと配線整理した方がいいように言われたのでそうする事にします。, 関西在住30歳 良い道/良い景色を探して旅するライダーです。 手ごろにできるバイク整備の第一歩といえば・・・ エンジンオイル交換! エンジンオイル交換は難易度も低く、定期的に行うものなの... ついにやってしまった・・・ タイヤ! チェーン! スプロケット! 足回り3点セットまとめて交換しました! タイ …, HONDA:400xから乗り換えて KAWASAKI:Ninja400(2020年式)を購入した理由について語っていきます。 他 …, 冬はカスタムの季節!(寒くてあんまり走りにいかないから・・・走っても1か月1,000kmぐらいですかね) あんまり走りにいかないのなら …, 【125ccGROM】HondaDream バイク 12ヶ月点検の内容と費用について. 12ヶ月点検・・・定期部品交換; 車検(24/36ヶ月)・・・定期部品交換; 基本的に、部品交換まで見据えた点検といった印象ですね。 いつ12ケ月点検をうけるの? 納車から12ヶ月になる1ヶ月前ぐらいに12ヶ月点検を促すハガキが届きます。 法的な義務としては24ヶ月ごと(新車では36ヶ月)の車検にだけ出せば公道を走れるのですが、バイクの調子や不具合の予防という意味では12ヶ月点検というのはかなり重要なものになってきます。 400X(2018)→Ninja400(2020) バイクに乗っていると、「法定点検(定期点検)」という言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか?, 「法定点検って何?」「受けないとどうなるの?罰則は?」「何をすれば良いの?いくら掛かるの?」, (定期点検整備) 第四八条 自動車(小型特殊自動車を除く。以下この項、次条第一項及び第五十四条第四項において同じ。)の使用者は、次の各号に掲げる自動車について、それぞれ当該各号に掲げる期間ごとに、点検の時期及び自動車の種別、用途等に応じ国土交通省令で定める技術上の基準により自動車を点検しなければならない。, 本来は、定期点検整備と言うのですが、法律で決まっているため「法定点検」と呼ぶという事です。, 車検とは、自動車検査登録制度の事で、バイクが公道を走るための「保安基準」に適合しているかをチェックする制度です。2年に1度の車検を受けることが義務付けられていますね。, 一方、法定点検(定期点検)はバイクが故障やトラブルなく、安全に走るために行わなくてはならない点検・整備の事です。, となっており、法定点検と車検は別物なのです。なので、それぞれの項目も異なると言う訳ですね。, ちなみに、車検の時には法定点検の結果を記入した「点検整備記録簿」が必要になります。ただ、「ユーザー車検の場合」には、無くても車検が通せます。, 「後整備」という形になるのですが、その場合には、後日ちゃんと法定点検がされたかどうかのハガキが来るようになっています。, ただ、法定点検をして、バイクの状態・コンディションをキープしておく事は、故障を未然に防いだり安全にバイクに乗る上では非常に意義のある事です。, もし、車検が切れているバイクで公道を走ると大変な事になります。だいたい、自賠責保険も同時に切れているので、更に重い罰則になる事がほとんどです。, 新車で買ったバイクに限らず、中古でもメーカー保証が継承されているバイクがあります。, メーカー保証は、非常に手厚い保証がメリットになっていますが、保証を受ける条件として, 何かしらの故障や不具合が出た時に、メーカー保証を受けようと思っても、法定点検を受けていないばかりに保証が受けられないという事もあるのです。, ちょっと用語が難しいかも知れませんが、細かいところまで点検・整備項目になっていますよね。, (※この記事の最後に具体的な点検項目の表を載せておきます。良かったら参考にしてみて下さい), 実際に、法定点検を行う(バイクショップなどにお願いする)となった時には、どれくらいの料金が掛かるのでしょう。, ただ、相場感としていくつかの事例をピックアップしてみました。(あくまでも一例です), 誰でもできるような点検ならまだしも、普段自分では見ることができない箇所の点検を依頼できると思えば、決して高くはないでしょう。, ただ、車検と同時に行うので、車検時の総額費用に含まれるはずです。税金や自賠責などの「法定費用」と「法定点検・整備費用」、あとはショップの「代行手数料」の合計が車検費用になっているのが一般的です。, 車検費用が極端に安い場合には、車検を通すだけの業者やショップも在ります。車検を依頼する時には、きちんと法定点検(24ヶ月点検)を行ってくれるのかを確認しておく事が重要です。, そのため、少しでも費用を抑えるのであれば、オイル交換やプラグの交換、冷却水の交換などは自分で行うというのもひとつの方法です。, また、ディーラーや大手のチェーン店の場合には、メンテナンスパックが用意されている場合もあります。, そのショップによって内容に差はありますが、6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月などの定期点検費用がまとめてパックになっているサービスです。, 初期費用は掛かりますが、定期点検や車検時などに費用がグッと抑えられるので、長期的に見たら安いという事も多いです。, ただ、長い間そのショップと付き合う事が前提なので、信頼できるショップが見つかれば、メンテナンスパックがあるか確認してみても良いでしょう。, ただ、それなりに費用は掛かりますが、事故を未然に防いだり、故障の原因を早期に発見できる、何より調子よく乗れるというメリットは、コスト以上のものがあるはずです。, 大きな故障が発生して、大きな費用が掛かる事になった時に後悔したという話も少なくありません。, 1:タイヤの状態2:ホイール・ナット及び ホイール・ボルトの緩み3:フロント・ホイール ・ベアリングのがた4:リヤ・ホイール・ ベアリングのがた, 1:燃料漏れ2:リンク機構の状態3:スロットル・バルブ及び チョーク・バルブの作動状態, 1:配管等の損傷2:チャコール・キャニスタ の詰まり及び損傷3:チェック・バルブの機能, バイクの車検を迎える時にユーザー車検にチャレンジしてみようと言う人も多いのではないでしょうか。ここでは、初めての日t向けに、ユーザー車検のやり方、必要な書類や準備、予約や流れ、費用に検査項目などを詳しくまとめて居ます。, ※メーカー保証を受けるための点検の条件はメーカーやディーラーによって異なりますので、必ず確認をお願いします。, バイクには定期点検(法定点検)がありますが、自分で点検を行う事は問題ありません。また、点検整備記録簿と言うものがありますが、これも自分で作成しても大丈夫です。ここでは自分で行う点検整備と記録簿について解説しています。, ※本記事は2019年6月に記載しています。ご活用の際は、有用性をご確認くださいますようお願い致します。. ... カワサキプラザでNinja400の1,000km点検を受けました!費用は?内容は?. 筋トレや旅行(国内/海外)も大好きです。. バイクには定期点検(法定点検)を行う事が道路運送車両法で決まっています。定期点検の実施は義務ですが、受けなかった時の罰則は?点検の項目は?ショップに頼んだ時の費用は?そんなバイクの法定点検について詳しく解説しています。 (※ 12ヶ月点検の点検内容は26項目(軽自動車含む)で、24ヶ月点検はそれを含む56項目と、12ヶ月点検の2倍以上の項目数になっています。) 最初の車検まではちょっと特殊になりますが、4年目以降は12ヶ月点検と24ヶ月点検を繰り返していく形になります。 Ninja400(2020年式)を納車してから 4日目にして走行距離1,000km突破したので 早速カワサキプラザへ1,00... バイクのオイル交換は自分で!交換判断や頻度は?費用はどれくらい?【Ninja400】. 法的な義務としては24ヶ月ごと(新車では36ヶ月)の車検にだけ出せば公道を走れるのですが、バイクの調子や不具合の予防という意味では12ヶ月点検というのはかなり重要なものになってきます。, ただ近い時期にたとえばエンジンオイルの交換などをしていれば12ヶ月点検でしなくても良いのですが、あまりバイクを自分で点検やメンテナンスしないときには一切をバイクショップの12ヶ月点検でしてもらうと良いでしょう。, 24ヶ月ごとの車検については受けて通さないと公道を走れませんが、12ヶ月点検については, 主にバイクの調子や安全上の観点から行う点検であって、それ以上ではないということです。, バイクのことを思えば12ヶ月点検といってもかなりの点検項目となりますので費用もかかってきます。, だいたい12ヶ月点検といえば2~3万というところが相場となってきますが、400ccを超えるような大型バイクほど3万をこえるなど高めの点検費用が相場と考えておくと良いでしょう。, というように点検を受けないでその後大きな故障を招き、さらに大きな修理費用がかかることを防げることもありますし、何よりもライダーの命を守ることにもなります。, などは一般の人でも簡単にできますし、その項目は自分で12ヶ月や24ヶ月点検に合わせて行わないと工賃も安くなりますし、また安全でもあります。, 法的には義務とまではいえないですし、罰則もないのですが、特にメンテナンスもしていない場合には12ヶ月点検はしていくほうが良いです。, どうしても費用的に受けられないときにはバイクの異音に注意し、異音を感じればすぐにバイクショップに相談するというのは最低限のメンテナンスといえます。, ただやはり最低でも1年に1度はプロにバイクを点検してもらうほうが良いことは良いです。, バイクも車と同様に12ヶ月と24ヶ月点検では点検目的が違うので項目も違ってくるとイメージすればわかりやすいです。, 24ヶ月点検では車検に通らないと話にならないので、保安基準に満たない項目は基本的に点検や整備をすることになります。, ただあともう少しパーツは持つというときにはライダーの意思によってそのパーツの点検や交換を先延ばしにして料金を安くすることもあります。, ライダーはあとどのくらいの期間そのパーツが持つのか覚えておき、その時期になると再び点検や整備にバイクを持ち込むことが必要となります。, たまたまバイクの点検台数が少ないのであればその日のうちに帰ってくるということもありますが、通常1日かけて帰るというようになるかと思います。, 24ヶ月点検 車検に通すための点検、あるいは12ヶ月でも点検しない項目もフルに点検.