指定の位置を通さないと断線する可能性があるので注意しましょう。, 取り外したパーツを取り付けましょう。 詳しくは、燃料タンクの取り外し・取り付け方法をご覧下さい。, 参考車両の場合は作業の支障となるエアクリーナーボックス・キャブレターを取り外します。 Copyright © 2020 バイクのメンテナンス情報サイト オールメンテナンス All Rights Reserved. バイクのエンジン始動に使うセルモーターが回らないと、エンジンをかけることができなくなってしまう可能性があります。それでは、セルが回らない原因にはどういったものがあるのでしょうか。今回はセルモーターの仕組みや、セル … WordPress Luxeritas Theme is provided by "Thought is free". 通常のバイクの始動で使われるセルモーターというのは大きな電流を必要としますが、そのためにスターターリレーが必要となります。 スターターリレーはバッテリーとセルモーターとの … セルモーター内部のパーツが劣化してくるとエンジン始動直後にセルモーターが戻らずギーと異音が発生したり、セルモーターの回転が鈍くなったり動かなくなる場合があります。セルモーターが故障 … バイクのセルボタンを押してもセルモータが回らない。カチッ・カチカチ・ジジジと音がするけど壊れたの?と思うライダーは多いハズ。実はスターターリレーの接点が接触する連続音です。原因はバッテリーが弱ってしまった事。バッテリーが上がる寸前になると現れる症状です。 故障診断と対策事例 ; 工具&ケミカル系 ... セルモーターが故障 した場合は大半の場合オーバーホールにて対処可能なので、オーバーホールで直らない場合は交換 すると良いでしょう。 今回はセルモーターの交換方法について解説します。 是非、参考にして頂きたい。 整備情報. gb250のセルモーターが動かなくなりました。原因はセルモーターのブラシの摩耗でした。今回もバイクショップへ修理に出さず部品を取り寄せて自分で修理します。 詳しくは、キャブレターの取り外し・取り付け方法、エアクリーナーボックス取り外し・取り付け方法、燃料タンクの取り外し・取り付け方法をご覧下さい。. スターターリレーorセルモーターの故障? ... バイクのセルスタートがいきなりきかなくなりました。セルを押すと『カチッ』と音がするだけです。キーを回すとライト類はつきます。 バッテリーがあがったのかと思いましたが、バッテリーはGSユアサの物を使って一年未満で、毎日約30 詳しくは、エアクリーナーボックス取り外し・取り付け方法、キャブレターの取り外し・取り付け方法をご覧下さい。, セルモーターの配線を辿ると端子が固定ボルトによって取り付けられてると思うので、固定ボルトを取り外して配線を取り外しましょう。, セルモーターを引き抜いて取り外しましょう。 セルモーターが故障した場合は大半の場合オーバーホールにて対処可能なので、オーバーホールで直らない場合は交換, セルモーターの配線を辿ると端子が固定ボルトによって取り付けられてると思うので、固定ボルトを取り外して配線を取り外し, セルモーターの先端にOリングにはオイルかシリコングリスを塗布した後、セルモーターを時計・反時計と回転させながら押し込んで取り付け, セルモーターの固定ボルトとエンジン側の雌ネジにタップ・ダイスを掛けた後、セルモーター固定ボルトを指定トルクで締め付け, Oリングにシリコングリスかオイルを塗布した後、セルモーターを時計・反時計と回転させながら押し込んで取り付ける, セルモーター固定ボルトとエンジン側にタップ・ダイスを掛けた後、セルモーター固定ボルトを指定トルクで締め付ける, イグニッションキーをONにした後、セルボタンを押して「カチッ」と音が鳴るか確認しましょう。, 音が鳴らない場合はスターターリレー内部の接触不良、もしくはアース回路の接点不良、もしくはバッテリーの充電残量が無い可能性があります。, 音が鳴る場合はスターターリレーからセルモーター間の接触不良が原因です。スターターリレーを点検してみましょう。内部の接点不良で電気がセルモーターまで流れていない可能性があります。あるいは、セルモーター自体が故障しているか単に配線ミス(配線が繋がっていない)可能性があります。, 傾けても何ら問題はありませんので立てかけて頂いても大丈夫です。不具合は発生しません。, セルモータの固定ボルト繋がっている配線はバッテリーのマイナスへと繋がっている配線かと思います。, 電流もそうですが電圧も考慮した電力で考えると良いでしょう。あとは点火系から引くのも効果的です。. バイクのセルモーターが回転しない スタータロックアウトスイッチ、ニュートラルスイッチの故障 スターターロックアウトスイッチの故障。通常ハンドルの左スイッチボックス下に取り付けてあります … エンジンはアルミで出来ておりナメやすいので必ずタップ・ダイスを掛けて正確なトルクを掛けて締め付けましょう。 ギアが噛み合うと容易に押し込めます。, セルモーターの固定ボルトとエンジン側の雌ネジにタップ・ダイスを掛けた後、セルモーター固定ボルトを指定トルクで締め付けましょう。 セルスイッチを押した時にカチカチ音が鳴るか鳴らないか。 ・カチカチ鳴る場合 スターターリレーはok。そこから先のバッテリー。セルモーターが怪しいです。 ・カチカチ鳴らない場合 スターターリレーが故障してる可能性大です。 バッテリーのマイナス配線が伸びている場合は接点グリスを塗布しておくと尚良いでしょう。, セルモーターの配線を指定の位置に通した後、端子を固定ボルトで取り付けましょう。 絶対知るべきバイク診断前の「3大原則」 バイクの故障は突然訪れるものです。バイクは部品がむき出しになっている乗り物なので、劣化の速度も車に比べたら早いほうなんですね。だか … 燃料タンクは3タイプ程の脱着方法があります。 バイクのセルモーターが空回りする原因と対処方法 . しかし突然エンジンがかからないようになる、セルモーターが回らないようになるというようになることもありますが、エンジンの始動にはスターターリレー以外のパーツも使われていて実際にどのパーツが故障しているのかは判断が難しいところもあります。, 通常のバイクの始動で使われるセルモーターというのは大きな電流を必要としますが、そのためにスターターリレーが必要となります。, セルスイッチを押すことで作動するようになっていますが、電磁石で開閉する仕組みになっています。, ただ冒頭でもいいましたがエンジンの始動に関してのトラブルでは原因がいくつも考えられるので、確実に症状でスターターリレーの故障が原因であるというように特定することは困難です。, セルスイッチを押すとカチカチと音はするもののエンジンが始動しないということもあります。, このカチカチという音はリレーの作動音であることが多いのですが、カチカチという音がするのでリレーが正常とは断定できません。, 一次側か二次側にテスターで異常があっても音だけはすることもあるからですが、やはりテスターで判断するのが確実です。, カチカチという音でなくジジ、カチという音がしてエンジンが始動しないということもあります。, 音がするのでどうしてもリレーの故障が疑われることも多いのですが、この異音がするときにはどちらかといえばバッテリーの劣化に多いケースです。, 放置期間が長くバッテリー劣化したときにもこの音がすることもありますが、対処法はバッテリー交換となります。, 車種によっても多少は違うのですが、以下のような症状を出すときにはスターターリレーの故障でない可能性は高いといっても良いです。, カチカチという音がしても上のようにリレーのテスター数値が異常であることもありますが、確率としてはリレー以外に故障などがあってエンジンが始動しないことが多いといっても良いです。, テスターがないときにはスターターリレーを飛ばして接続してみてそのときの動作を確認するという方法もあります。, 具体的にはバッテリーとセルモーターとを直接つなぐようにするのですが、セルがこれによって回るのであればリレーの故障が強く疑われるということになります。. プラグ交換時はプラグホールにエアブローして異物を排出してからプラグを取り外しまし ... プラグキャップは反時計回りに回して引き抜くと容易に外れます。 スパークテストして ... リアスプロケット交換はホイールを取り外す前にスプロケット固定ナットを緩めておくと ... ブレーキディスク交換というとブレーキパッド交換より随分ハードルが上がり難しい印象 ... ウインカーは球切れが発生すると点滅速度が早くなりライダーが直ぐに異常と分かるよう ... 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. レギュレーターが故障した際の主な症状は、電球や灯火類そしてセルの不具合です。故障診断もご自身で簡単に行うことが出来ます。故障と診断できた場合にはレギュレーター自体の交換が必要となりますが、交換自体は経験の無い方でも可能な簡単な作業です。 ギアが噛み合っているだけなので引き抜けば外れます。, セルモーターの先端にOリングにはオイルかシリコングリスを塗布した後、セルモーターを時計・反時計と回転させながら押し込んで取り付けましょう。 日頃自動車を運転している人にとっては身近なセルモーターについて詳しく解説しています。車やバイクのセルモーターが動く仕組みやその構造、また故障した場合の原因と修理方法などをわかりやすくご紹介。壊れてからでは遅いセルモーター … セルモーターの故障 最後にコチラもあまり故障する部品ではありませんが、セルモーターが故障する事もあります。 大体エンジン前方下側か、エンジン後方キャブ直下に固定されてる事が多いです。診断 … セルモーター内部のパーツが劣化してくるとエンジン始動直後にセルモーターが戻らずギーと異音が発生したり、セルモーターの回転が鈍くなったり動かなくなる場合があります。, セルモーターが故障した場合は大半の場合オーバーホールにて対処可能なので、オーバーホールで直らない場合は交換すると良いでしょう。, 燃料タンクを取り外しましょう。 セルモーターの故障診断も、バイクに詳しくない場合には少々難易度が高いと言えます。 具体的には、スターターリレーの時と同じなのですが バッテリーから直接セルモーターに電気を … セルモーターの空回りとは、いつもと違った音がしてエンジン始動ができない症状の総称です。セルが空回りする原因は非常にたくさんあります。ここでは、代表的な原因とチェックポイントを紹介します。 バッテリーが弱っている.