人気は厚切り牛タン炭火焼(38万5000ドン)とブラックアンガスリブアイステーキ(59万ドン)。 もくじ. ベトナムのハノイは風俗や夜遊びが不毛地帯といわれています。実際に仲間が出張でハノイに何度もいって体験しているので、教わった生情報のハノイの風俗や夜遊びの種類、料金や特徴、おすすめのナイトクラブについてわかりやすく紹介していきます。 そのため、ベトナムのホーチミンはかなり風俗... 【ハノイ近郊の風俗・夜遊び】10代の女15人とセックスして2万円!コスパ最高のドーソン置屋へ行ってみよう!|ハイフォンからも車で30分. こんにちは、タローです。 ナムディンから少し車で走った海岸沿いのエリアには置屋がたくさんあることで知られています。 これに対して、北部のハノイは首都っていうこ... ハノイでいい女とセックスしたいなら、フォーチュナホテルのボス・ナイトクラブに行け!【海外風俗】. ハノイの中心、ホアンキエム地区にある5つ星ホテル「ホテル・デル・オペラ」の地下1階に位置しています。バカラ、ルーレット、スロットなど、幅広く最新のマシンが揃っており、少額からでもカジノをプレイすることが可能です。日系ということもあり、サービスも細かいところまで行き届いています。, 「ウィナーズクラブ(Winner’s Club)」はハノイの老舗国際ホテルであるハノイホテルに併設されているカジノクラブです。すべてオンラインでの対戦であり、ブラックジャックやバカラ、ルーレット、ジャックポットなどを楽しめます。夜遊びに関してハノイでは取り締まりが厳しいですが、「ウィナーズクラブ(Winner’s Club)」は24時間営業なので時間を気にせず遊ぶことが出来ます。また、来場者には全員にフードサービスを提供しているため小腹が空いた時に外出しなくていいのも嬉しいポイントです。, 「チャーリーワンクラブ(Charlie One Club)」は5つ星ホテルのJW Marriot内に併設されたカジノです。ハノイにあるカジノの中で「チャーリーワンクラブ(Charlie One Club)」唯一の日系カジノです。スロットやバカラなどをすべてオンラインで楽しむことが出来ます。また、店内には無料で楽しめるバーカウンターもあります。高級ホテル内のカジノだけあって、提供される料理も高級ホテル仕様です。また、月に2回ほどイベントが開催されておりトーナメント戦も催されています。, 「マカオクラブ(Macau Club)」はクラウンプラザウエストハノイ(Crown Plaza West Hanoi)内にある日系カジノです。日本人マネージャーが常勤してるほか、日本語対応が可能なスタッフもいます。すべてオンライン形式のカジノであり、スロットやバカラ、ブラックジャック、ルーレットなどが楽しめます。会員は無料で一部のドリンクやフードを楽しめます。日系カジノとだけあって会員無料フードメニューには牛丼やカレーなどもあります。また、VIPルームは一般客でも使用可能なため、ゆったりとくつろぐことができます。さらには、18:00〜02:00の間に電話予約をすると無料で送迎サービスをしてくれるのも嬉しいポイントです。, 【次のページ】 1.0.1 女性たちは英語と日本語が可能; 1.0.2 一人で行くのは問題ない; 1.1 お触り可能だが、お持ち帰りによるセックスは基本できない; 1.2 営業時間と風俗遊びのシステムを理解する; 2 旧市街よりキンマー地区が最適:カラオケの場所・地図 ハノイ中心部からバスで15分ほどの場所に「トゥーソン」というエリアがあります。 こんにちは、タローです。 ベトナムは風俗遊びが盛んな国の一つとして知られていますが、首都ハノイについては残念ながら夜遊びはまったくダメです。本番行為が可能な店がほぼ存在しないのです。 ただ、そうした中でハノイであっても問題なく美人のベトナム女性を こんにちは、タローです。 ラオカイについては、... ここまで読んで、「海外の風俗に行ってみたいけど、そんな金も時間もねぇよ!!」と思ったあなたへ, ハノイの夜遊びのコスパは微妙・・・安くいい女とヤリたいならハノイ周辺都市に遠征すべし!, ハノイでナイスバディの極上美女を抱きたいなら、フォーチュナホテルのナイトクラブへGO!, 1,500円で美女とヤリまくりたいなら、ハノイ周辺の風俗スポット「ドーソン」へGO!, のんびりと置屋遊びを楽しみたいなら、ハノイ周辺の風俗スポット「クアットラム」へGO!, ド・ローカルな置屋に興味があるなら、ハノイ周辺の風俗スポット「ティンロン」へGO!, ハノイから往復1時間半でサクっと抜きたいなら、ハノイ周辺の風俗スポット「ツーソン」へGO!, とりあえず女の子のビジュアルにこだわるなら、ハノイ周辺の風俗スポット「ラオカイ」へGO!, 乃木坂レベルの美女に1,500円で挿入だ!ハノイエリアの夜遊びスポットを徹底解説するよ【海外風俗】のまとめ, 【2020年3月版】ロイヤルガーデンホテル置屋の今!バンコクでロシア人とヤれる定番スポットの現状は?, 【2020年版】パタヤ風俗の王道ウォーキングストリートのゴーゴーバー!おすすめはセンセーションズ?, 【2020年3月版】パタヤ風俗なら、LKメトロのゴーゴーバーも外せない!忍者?KINK?おすすめは?, 【2020年3月版】パタヤのマッサージパーラーはヤバい…。夜遊びするなら、MPよりもゴーゴーバーへ, 【2020年3月版】バンコク風俗「ソイカウボーイ」を徹底調査!バカラ?クレイジーハウス?おすすめは?. ハノイには夜遊びスポットがハイバーチュン(Hai Ba Trung)地区やキンマー(Kim Ma)、リンラン(Linh Lang)地区などの日本人街やホアンキエム(Hoan Kiem)地区などを中心にあります。今回はカラオケ、キャバクラ、バー、クラブ、カジノなど日本人におすすめの夜遊びスポットを紹介します!, ハノイには日本語対応が可能で日本人も安心して楽しめるカラオケが数多くあります。日本人街にあるおすすめのカラオケ店を紹介します。, ハノイの中心、ハイバーチュン地区にあるカラオケ&ガールズバー「花恋(KAREN)」。 こんにちは、タローです。 ハノイ中心部は取り締まりが厳しいので、なかなか遊びづらい部分もあるため、現地人は郊外に遊びに行くことも多いようです。 トゥーソン置屋. 正しい温度で正しい時間、しっかりと焼き上げた上質なアメリカ産ビーフのステーキを味わうことができます。 シェフ厳選の豪州産ブラックアンガスや豪州WAGYU、和牛A5等級まで幅広く揃え、炭火の香りと肉汁を逃がさない独自の焼成方法でしっとり柔らかに焼き上げます。 毎日でも通えるようなお店にしたいという店主、堀山さんの想いが込められています。店名にもなっている酒の肴(あて)に最高の逸品料理やお魚料理。 肴やの代名詞にもなっている長崎ちゃんぽんは、13万ドン(約650円)というリーズナブルな価格でありながら、たまらなく旨い味わい。 ベトナムの首都でありながら、夜遊びという面ではあまり選択肢が無いハノイ。 ハノイ市内で確実にセックスができる風俗っていうと、ハノイホテル・フォーチュナホテルのナイトクラブくらいしか選択肢がありません。 こんにちは、タローです。 2019年5月にラオカイ・河口といったベトナム北部の風俗を徹底調査してきました。 営業時間:19:00〜0:00, 日本語を話せる女の子が多数在籍しているので、日本語でお喋りを楽しむことができます。, 「カサブランカ(Cassablanca)」はキンマー地区にあるガールズカラオケです。看板に大きくカタカナでカサブランカと書かれているのでお店を見つけやすいです。店内に入ると15人以上の女性が日本語で元気よく挨拶をして出迎えてくれます。お気に入りの女性スタッフを選び2階へと上がり、カラオケを楽しめます。日系ホテルや日本食レストランが多く立ち並ぶエリアから徒歩1分の場所にあるため、日本人出張者からの人気も高いカラオケ店です。, Bara ハノイガールズバー&カラオケは日本人旅行者や出張客の宿泊者も多いハノイニッコーホテルから徒歩1分のところにあるガールズバー&カラオケです。女性スタッフのほとんどが日本語対応可能なため、日本人からの人気も高いです。1Fがガールズバー、2Fがカラオケとなっており、一人でも大人数でも楽しむことが出来ます。ガールズバーの予算は30万ドン(約1500円)〜80万ドン(約4000円)、カラオケは80万ドン(約4000円)〜110万ドン(約5500円)ほどで楽しむことができます。, 「ジュリア(Julia)」は2019年5月にオープンしたカラオケ&ラウンジです。店内は新しく清潔感の漂った部屋が8部屋用意されており、最大15人が利用できる大部屋もあります。またカラオケだけでなく、可愛い女の子と映画やゲームなどを一緒に楽しめる個室も用意してあるため、1人で利用できるのも嬉しいポイントです。飲み放題が45ドル(約4800円)で、日本語や英語が話せる25人のフレッシュな女の子たちがいます。リンランでカラオケをお探しの方は「Julia」を訪れてみてはいかがでしょうか?, 今回は「BAR飯」が評判の「バークラシック」と「日本の女の子と話せる」と噂の「レイフランジ」を紹介します。, 「バークラシック(Bar Classic)」はハノイの日本人街であるリンラン通りの中心部にある落ち着いた佇まいのバーです。1F、2Fはカウンター席となっており、うえに上がると広々とした個室もあります。ビールやウイスキー、カクテルなど様々な種類のお酒を取り揃えています。最近ではクラフトビールも導入しており、人気を集めています。「バークラシック(Bar Classic)」では何と言っても「バー飯」が有名です。熟練のバーテンダーが和食からフレンチ、イタリアンまで様々なメニューを調理してくれます。ハノイでは珍しい「料理だけ食べにくるのも大歓迎」なバーです。, 「レイフランジ(Rei Flange)」は2016年2月にオープンした日本人の日本人による日本人のためのバーです。ハノイで唯一、日本人女性が接客してくれるガールズバーとして知られています!「ベトナム人女性もいいけどたまには日本人女性と話したい!」といった日本人から大人気のガールズバーです。海の家をモチーフとした店内で是非一度日本人女性とお話しませんか?, 「フローバー(Flow Bar)」はハノイの日本人街であるリンラン通りにある落ち着いた空間でお酒が楽しめるバーです。「光」と「音」にこだわった店内ではどこか日本の懐かしい雰囲気も感じられるような、おちついた雰囲気が漂っています。店内にはカウンターやソファーがあり、リラックスした雰囲気でお酒が楽しむことができます。また店内にはプロジェクターやビリヤード、電子ピアノも用意されているため楽しみ方は様々です。美味しいお酒と楽しい時間、癒しの空間を満喫してみてはいかがですか?, ハノイには数は少ないですが、日本式のキャバクラが存在しています。今回紹介するキャバクラは日本人街であるLinh Lang(リンラン)通りと日本人が多く住むランカスタービル内にあるのでアクセスしやすさも抜群です!, 「ザ クラシックス(The Classics)」は2018年7月16日に新しくオープンしたキャバクラです。場所は高級サービスアパート兼分譲マンションであるランカスタービルの2階です。キャバクラやバーがメインですがVIPルームではカラオケを楽しむことも出来ます。ランカスタービル内にある店とだけあって豪華な内装です。日本語対応可能な日系キャバクラでカラオケを楽しんでみてはいかがですか?, ハノイにはカジノもあります。ハノイのカジノはホテルに併設されたオンラインでのカジノが一般的です。今回は有名ホテルである「ホテル・デル・オペラ・ハノイ(Hotel de l'Opera Hanoi)」や「ハノイホテル(Hanoi Hotel)」。「ジェーダブルマリオットホテル(JW Marriott Hotel)」に併設されたおすすめカジノを紹介します!, 2019年3月にオープンしたハノイで一番新しいカジノ「HOLLYWOOD ONEゲーミングクラブハノイ」。 こんにちは、タローです。 今回はベトナム「ハノイ」の風俗について紹介します。 ベトナムの風俗っていうと、海外風俗好きの間ではかわいくてサービスがいい子が多いってことでかなり人気があります。 ただ、基本的にベトナムの風俗で遊ぶっていう場合、南部のホーチミンの方をメインに行動する人がほとんど。 だって、ホーチミンの方が夜遊びスポットが充実してますから。, これに対して、ハノイの夜遊びスポットはどうしてもホーチミンと比較すると見劣りするのは否めません。 ただ、ハノイの周辺に目を向けると、たくさんの魅力的な風俗スポットがあることに気づきます。 場所によっては、アイドル顔負けのかわいこちゃんと1,500円でセックスできるなんて場所も・・・。, はっきり言って、コスパだけ考えるなら、「今東南アジアで最も安くいい女が抱けるのはハノイ周辺の風俗スポットである!」と言っても過言ではないでしょう。 今回はそんなハノイ及びその周辺の風俗スポットについてご紹介していきますよ!, 「ハノイの風俗で若い女を抱きまくろう!」、そう思って鼻息を荒くしてるあなた。 ただ、日本でも場所を間違わなければ、若くてかわいい子とタダマンできるってのはご存じですか?, タローはおっさんですが、こちらの方法を使って若くてかわいい子とタダマンに成功(成功率は50%くらいですが、アラフィフのおっさんとしては良い方でしょう)してます。, 海外に遊びに行ったときだけでなく、日本にいる時もいい女とヤリまくりたいあなたは、こちらをチェックしてみて下さい!, 東南アジアに遊びに行くなら、風俗遊びも楽しみたいところ。 ただ、ベトナムのハノイは、風俗っていう面では東南アジアの中でも、かなりしょぼい都市。 南のホーチミンは夜遊びスポットも充実していて、いくらでも女とセックスし放題。 ですが、ハノイはそういう訳にもいきません。, ハノイで女を抱けるスポットっていうと、エロマッサージか、後述するハノイホテル及びフォーチュナホテルのナイトクラブくらいしかありません。 ただ、エロマッサージは手コキでフィニッシュになることも多く、摘発でお店自体がなくなってしまうことも。 また、お店によってはセックスした後に、高額のチップを要求されるなんてこともあり、安心して遊べるスポットとはいいがたい面があります。 なので、ハノイで遊ぶならホテル併設のナイトクラブ一択になるでしょう。, ただ、風俗がしょぼいっていうのは、あくまでも「ハノイ」に限定して考えた場合の話。 ハノイから数時間程度で行ける近郊の都市には、風俗で有名な夜遊びスポットっていうのが、いくつもあります。 ドーソン・ツーソン・ナムディン等々・・・名前を挙げたら切りがありませんね。 これらのスポットは現地のベトナム人男性向けの遊び場として発展してきた風俗スポット。 なので、セックス代も現地人向けの料金となっています。, ハノイの夜遊びは高くつくので、女を安く抱きまくりたいなら、ハノイ郊外の街まで遠征して女とセックスするのがよいでしょう。 場所によっては1,500円程度で10代の女の子と一発ヤルことも出来ますよ。, 風俗不毛の地「ハノイ」。 違法な本番マッサージ店などはあるものの、いつ摘発があるか分かりませんし、ぼったくりの恐怖と闘いながら利用する必要があります。 ただ、そんなハノイにおいて、政府公認で売春が行われてるスポットがあります。 それがハノイホテルに併設されてるナイトクラブである「ハノイクラブ」。, ハノイクラブはホテル併設ってこともあり、外国人をターゲットにしたお店。 ただ、外国人をターゲットにしてるため、プレイ料金も高額。 ショートタイムでも120ドル(13,000円程度)、ロングタイムなら180ドル(20,000円程度)の料金が必要になってきますね。 なお、ナイトクラブの女の子とセックスするのはハノイホテルの部屋って決まってるので、ハノイホテルに泊まってない場合は、別途部屋代も払う必要があります。, こう考えると、1人の女の子と遊んで2~3万円かかるようなお遊びになりますね。 場所によっては1,500円で女の子と一発セックスできるのが、ベトナムの風俗。 なので、その相場から言うと、10倍近いのお金がかかることになります。 コスパを考える人にはおすすめできない風俗になりますね。 ただ、ハノイ近郊に遠征する時間が無い・遠征したくないっていう人にとっては、ハノイで精子を抜ける貴重なスポットになるのは間違いありません。 また、女の子の中には日本語が喋れる子も多かったので、コミュニケーションを重視する人にもおすすめできる夜遊びスポットですね。, 上記で紹介したハノイホテルから車で5分ほど走ったとこにあるのが、フォーチュナホテル。 こちらのフォーチュナホテルにも「ボス・ナイトクラブ」というナイトクラブが併設されており、政府公認のもと売春が行われています。, ボス・ナイトクラブもプレイ料金はハノイクラブとほぼ同じ。 1人の女の子と遊んで2~3万円程度の出費になることは覚悟しておきましょう。 ちなみに、ハノイクラブもボス・ナイトクラブもほぼプレイ料金は同じ。 ですが、ボス・ナイトクラブの方が女の子が若くかわいい子が多い印象。 予算・日程が許すなら、両方のナイトクラブも覗くことをおすすめします。 が、もし1つしか行けないっていう場合は、ボス・ナイトクラブをおすすめしたいと思いますね。, ここからはハノイ近郊のエリアで風俗スポットとして知られてる場所についてご紹介します。 まずトップバッターとして紹介したいのが、ドーソン。 ドーソンは、10年ほど前くらいから日本人の風俗好きの間でその存在が知られるようになってきたスポット。 当時は「幻の岬」なんてキャッチフレーズを付けられており、女の子と1,000円以下の料金で1発やれるってことで、日本の風俗好きに衝撃を与えました。, その頃は辺境の風俗っていう印象が強かったドーソン。 ですが、2019年現在ではライトな海外風俗好きでもその名前を知ってる有名スポットになってます。 ドーソンはハノイ近郊のハイフォンっていう街から30分ほど車で走ったところにあるビーチ。 ベトナム人の家族連れには海水浴場として知られてますが、男性向けの置屋もたくさんあります。 ベトナムの海水浴場には置屋街があるっていうのが一般的。 その中でも、ドーソンの置屋街は規模がでかい。 常時200~300人程度の売春婦がおり、10代の若い子も多いです。 また、競争が激しいので、他の風俗スポットと比較すると、女の子のルックスもいいですね。 こんな女の子達と1発300,000ドン(1,400円程度)でヤレるので、コスパは抜群と言ってよいでしょう。 ハノイ周辺で安く女を抱きまくりたいなら、ハノイから3時間半で行けるドーソンはまず候補に挙がるスポットですね。, 「ベトナムの海水浴場には置屋が多い」って話をしましたが、これから紹介するクアットラムもビーチ沿いに存在する置屋です。 クアットラムは、ハノイから南に2時間ほど行ったところにあるナムディンという街から、さらにタクシーで30分ほど走ったところにあるビーチです。 まぁ、ハノイから3時間半程度で到着します。 時間的にはドーソンに遊びに行くのと大差ないですね。, ただ、クアットラムビーチは、ドーソンと比較すると規模が小さいってこともあってか、ドーソンほどの活気はありません。 女の子も100人程度いるかいないか・・・といったところ。 ちなみに、プレイ料金は250,000ドン(1,180円程度)となっており、ドーソンより200~300円ほど安いです。 が、まぁ日本人の感覚で言うと、ほぼ同額って感じですね。, ちなみに、女の子の質はドーソンよりは落ちるかなって感じ。 かわいい子もちょこちょこいますけど、ドーソンよりは少ないです。 ただ、クアットラムの置屋は客が少ないので、ドーソンほど女の子がせかせかしてる印象はありません。 置屋でのプレイについても、かなりのんびりと楽しめるなという印象でした。, なお、日本人風俗ツーリストがたくさんいるドーソンと違って、クアットラムで日本人を見かけることはありませんでした。 なので、海外風俗の場で日本人と顔を合わせたくないって人にもおすすめできますね。, ハノイ周辺の風俗っていったら、ドーソンが最もおすすめです。 が、ドーソンの忙しなさが好きに慣れなかったら、クアットラムビーチの置屋も候補に入れてみてはいかがでしょうか?, クアットラムビーチのすぐ近くにも置屋で有名なビーチがあります。 そちらがティンロンビーチ。 ナムディンから1時間ほど車で走った距離にあるビーチです。, ただ、ティンロンビーチの置屋は、クアットラムビーチよりもさらに活気が無い感じですね。 女の子は40人くらいいるのかな・・・もっと少ないかもって感じ。 なお、この40人のうち、20人については100点満点中で50点以下の点数になるようなブス・デブ。 なので、まともに抱ける女の子ってなると、さらに数が少なくなってきますね。, ちなみに、クアットラムもかなりローカル感がありましたが、ティンロンビーチになるとさらに田舎感が増してきます。 普通に牛が歩いてたり、時間帯によっては送電が止まる・・・等々。 ハノイでは考えられないようなこともたくさんありました。, 食事する場所もあまり無いので苦労しますし、ホテルも日本人が満足する水準のところはまず見つからないかなといった感じ。, なので、どうしてもティンロンビーチをのぞいてみたいっていう人以外は、素直にクアットラムビーチを訪れることをおすすめします。 その方が風俗遊びの満足度は高くなると思いますね。, ドーソン・クアットラムビーチ・ティンロンビーチ、これらのスポットはハノイから3時間半程度で遊びに行けるスポットです。 なので、日帰りで遊びに行くことも可能。 ただ、片道最低でも3時間かかるってなると、「女とやりたいなぁ」と思った時、気軽に遊びに行くっていうのは難しい・・・。, ただ、そんな人におすすめしたいのが、ツーソン。 ツーソンはハノイ郊外にある街で、置屋遊びができることで有名な街です。 ハノイからは片道40分程度で遊びに行くことができます。 なので、ハノイで遊んでいていきなり抜きたくなったなんて時も、タクシーを捕まえて、片道1,000円程度の交通費を払えば遊びに行くことができます。, まぁ、ドーソン等の郊外のビーチと比較すると、女の子の数も少なく、質も下がります。 あと、プレイ料金も1発2,500円程度なので、ドーソンの1発1,500円と比較すると高いですね。, しかし、ハノイから片道40分で遊びに行けるっていうのは、かなり大きなメリットです。 ハノイでムラムラした時は、ツーソンまで遊びに行ってみるっていうのもおすすめですよ。, さて、ここまで紹介してきた風俗スポットはいずれもハノイから日帰りで遊びに行けるようなスポットになります。 ただ、これから紹介するラオカイ・河口はハノイから最低でも片道5時間程度は見ておく必要がある風俗スポット。 なので、日帰りは不可能です。 したがって、これらのスポットには最低でも3~4泊はするイメージで遊びに行くのが、良いでしょう。, ちなみに、2019年5月の段階のラオカイについては、この記事で紹介してるベトナムの風俗スポットの中で最も女の子のビジュアルのレベルは高いです(最高級のベトナム美女が集まると言われる「フォーチュナホテルのナイトクラブ」で見た女の子よりも、ラオカイで見かけた女の子の方がかわいかったくらいですね)。 ただ、ビジュアルのレベルは高いですが、プレイはサービス地雷ばっかり。 面食いなら満足できるかもしれませんが、そうでなければ避けた方が無難かもしれません。, ラオカイの置屋はカフェ街と言われるカフェが集まったエリアで営業しており(置屋がカフェを偽装してる)、女の子の数は70~80人程度って感じ。 なお、かわいい子はたしかに多いんですが、女の子の擦れ方が半端じゃなく、サービス地雷なのに加えて、自分が気に入らない客は拒否してくることが多い。 っていうか、こちらからガンガン声かけていかないと、完全に無視されます。, なので、自分から積極的に女の子にアプローチしていけるような人以外には、ラオカイの置屋はおすすめできませんね。 なので、次に紹介する河口の置屋に遊びに行く次いでにちょっと覗いてみるくらいが正しい遊び方なのかなと。 タローの個人的な感想としては置屋で遊ぶためだけに、ラオカイに3泊、4泊もする価値は無いのかなと思いましたね。 ただ、ホントにかわいい子が多いので、一度覗いてほしい風俗スポットではありますね。, ラオカイと紅河を挟んだ対岸に位置するのが河口。 ラオカイ・河口は国境の街となっており、ラオカイはベトナム、河口は中国になります。 なので、河口に遊びに行くと、ベトナムの観光ビザ等は失効してしまうので、注意しましょう。, ちなみに、こちらの河口ですが、5~6年くらい前までは東南アジアでも有数の風俗スポットでした。 300~400人くらいのベトナム人の女の子が働いており、女の子の競争が激しいので、揃いも揃ってかわいい子ばかり。 で、このかわいい子達とセックスして一発1,500円。 ロングで6,000円。 東南アジアでもコスパで考えるなら、3本の指に入るであろう超おすすめ風俗スポットでした。, ただ、近年中国で風俗の取り締まりが厳しくなってしまったこともあり、女の子の数も激減。 今は全部の女の子を合わせても70~80人くらいかなといったところ。 そして、数が減るにしたがって、女の子のレベルも下がりましたね。 また、警察の取り締まりを恐れて、短い時間しか営業しないお店も増えました。, このような事情を踏まえると、わざわざハノイから5~6時間もかけて河口まで遊びに行く価値があるのかは極めて微妙ですね。 ただ、働いてる女の子に若い子が多いっていうのは河口の特徴なので、若い子と遊びたい人なら行く価値はあるかもしれませんね。, 上記では、ハノイ及びその周辺の風俗スポットについて解説してきました。 個人的にハノイ周辺で一番おすすめの風俗スポットは、ドーソンですね。, 女の子も常時200人程度はいるので、絶対に自分好みの子が見つかります。 何と言っても、女の子と1発1,500円でヤレるっていうコスパの良さは見逃せない。 「とりあえず、女と安くヤリまくりたい!」っていうあなたにおすすめできるスポットなのは間違いありません。 ハノイ周辺にはクアットラム・ティンロン・ツーソンといったスポットもあります。 が、これらのエリアに遊びに行くよりはドーソンの方が満足度は高いと思います。 なので、ハノイの風俗で初めて遊ぶっていう人であれば、まずはドーソンに遊びに行ってみるのがおすすめですね。, また、ハノイ周辺から離れたくない・ロングで女の子と楽しみたい(ドーソンはショートタイムでのプレイが基本になってます)っていう人は、フォーチュナホテルのナイトクラブっていう選択肢もあります。 プレイ料金は日本の風俗とほぼ変わらないハノイでは最高級の風俗になります。 が、その分揃えてる女の子の質は抜群に良い! 特にスタイルの良さには注目してもらいたいですね。 ベトナムは発展途上国で栄養状態が悪いことも影響してか、あまりボンキュッボンのナイスバディっていう女の子を見かけることはありません。 そんな中で、フォーチュナホテルのナイトクラブの女の子は、いい体してる子が揃ってます。 なので、ナイスバディのベトナムっ子とセックスしたい人にもおすすめですよ。, 上記で紹介したハノイ及びその周辺の風俗で興味があるスポットがあったら、細かく解説した個別記事もチェックしてみて下さいね!, 海外に行くと、安くいい女が抱けるのは分かってる。 でも、海外に行く金も時間もないんだよなぁ・・・そんな人も多いはず。 そんなあなたは、別に無理して海外に行く必要はありません。 なぜなら、日本にでも安く(場合によってはタダで)いい女を抱く方法はいくらでもあるから。, ハノイの夜遊びスポット「ハノイクラブ」は超微妙…いい女を抱きたいならおすすめしないよ!【海外風俗】.