technology. 「ではバンプストッパーなんて外してしまえば良いのでは?」と聞かれることもありますが答えは「NO!」です。 ハイエース200系の乗り心地が劇的に改善!!オリジナルリーフキットの詳細はコチラでご紹介しています! Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます), ハイエース パーフェクトブック 2017& HIACE style (ハイスタ)vol.65, HIACE style vol.75 & カーネル 2019早春号 VOL.42(車中泊を楽しむ雑誌). なので、まだ面積狭そうなのでタッチペンで補修した方がいいんじゃないてすかね?, 風やんさん、 ローダウンカスタムを施した際にはクリアランスはほぼなくなり、荷物を積載時、コーナリング時(ロール)、凸凹道でのボディ上下動時にはバンプストッパーとボディ(フロア)側が接触することになります。 3次元CADを使用し応力解析した結果完成した信頼できる製品です。 今後は同じ場所ではやらないと思うのですが思わぬ所でのバウンドもありますもんね~ フロントの解説と同様クルマを持ち上げているので足が伸びきっている状態での画像です。クルマを地面に下すとノーマル車高でもクリアランスはそんなに確保されていません。ましてローダウンすれば初めから接触した状態になってしまいます。 ローダウンしたハイエースの乗り心地を劇的に改善。果てしない試行錯誤を繰り返してたどりついたのは、わずか数千円のバンプラバー(バンプストッパー)というパーツ。100系〜200系のハイエースの乗り心地を改善するセッティングをcrs横浜に説明していただいた。 コメント一番のり~めっちゃうれしいです\(^o^)/ 美しく整ったトランクはキャンプ上級者の証拠。実際に積載テトリスを行なっているユーザーの実例をレポートします。積載テトリスをマスターして、周囲から一目置かれ... オレンジ車両のオーナーによる、オレンジ車両のオーナーのための”オレンジMT”。会場では付近の紅葉に負けないたくさんのオレンジの車が駐車場を彩っていました。... 塗りたい色がきっと見つかる!この記事では車のオレンジ系のボディカラーとカラーコードを写真付きでまとめています。オールペイント・全塗装時に参考になること間違... 大ヒット中のSUV、トヨタRAV4。キャンプでも大活躍なRAV4には、どのくらいの荷物がどんな風に収まるのでしょうか?今回は、RAV4のキャンプギア積載画... フロントは純正で車高調整機能があるが、2インチ(約5cm)まで。それ以上のローダウンはトーションバーとダンパーの交換をするべし. 柔らかい乗り味が好きな方、その逆。「乗り心地が良い」という感覚は人によって様々ですよね? フロントリップの擦り傷はFRPなので腐食の心配ないけど繰り返してると取り付け部分のビス周辺が割れてきたりするので要注意ですよ。 特にローダウンカスタムではサスペンションの縮み側を確保することが必要でした。 「乗り心地を良くする」この課題は奥が深いです! Copyright (C) 2013-2020 ハイエース専門店flexdream All Rights Reserved. 5/10 火曜 仕事も暇だったんで、、 近じかハイエースの車高ダウン(ダウン量は少しですが、、)に当たって少し調べてみました 昨年9月末にノーマルリヤ車高に合… ノーマル車高で検証、、、 作業車 ハイエース <<ハイエース>> | コタロ~とσ-(=∵=)-プッ. サスペンション(足回り)が縮み切ってサスペンションアームとボディを直接干渉させないようにするのが役目です。 バンプストッパーはその名の通り「これ以上縮んではダメ!」と言う位置で縮み側を規制する重要な足回りパーツです!, 他社製品も多数存在するバンプストッパーですが、flexdreamでローダウンカスタムをして販売しているクルマには「玄武製」を使用しています! 画像中央に写っているのが純正のバンプストッパー。 車中泊仕様!ハイエースカスタムデモカーでロッドアンドリールのイベントに参加してきました♪, 雑誌「カスタムcar」にハイエース200リフトアップ×【LINE-X】カスタムデモカーが紹介されました!, ≪告知≫『東京アウトサイドフェスティバル2020 @国営昭和記念公園』にレトロな丸目ハイエース・ランクルを展示致します!, プロトライアルライダー西窪友海選手が愛用するフルカスタムハイエースの全貌を公開!カスタム内容を動画で解説!, ハイエースのアウトドアカスタムにスタイリッシュなRHINO-RACK(ライノラック)がおススメ!!RHINO-RACKのオーニングも一緒にご紹介します!, オリキンちゃんねる【夏休みキャンプ編!】オリキンプロとウッチープロのドタバタコラボキャンプ動画に丸目換装:FD-classicも登場です♪是非ご覧ください!, ハイエース専門誌【HIACE fan Vol.47】にレトロな丸目換装FD-classicカスタムコンプリートのオレンジハイエースが掲載!, 「OUTDOORあそびーくる」はオーバーランドカスタム特集!水野浩聡プロと山戸田恵一プロの愛車FJクルーザーと丸目FD-classicハイエースが掲載!, ハイエース内装カスタムFD-BOXの広々空間を活用する自宅駐車場にもう一部屋!気分転換におススメな車内での過ごし方♪, flexdreamハイエース各店舗で丸目換装カスタムキャンペーン開始♪『レトロで可愛い丸目ハイエースに乗って遊びに行こう!』, 【AdBlue®アドブルー】(尿素水)補充時期・方法を解説!ハイエース200系クリーンディーゼル編, フルモデルチェンジ間近?!新型300系ハイエースの‟セミボンネット化”は避けられない?!, 【カートラジャパン2018】ハイエース丸目&ランクル丸目 クラシックカスタム『FD-classic』を出展しました!, 俳優 伊勢谷友介さんの愛車【ハイエース200系丸目カスタム】に「ペンドルトン」でご協力させていただきました!, 16インチ アルミホイールセレクション 【ハイエースワゴン(ワイドボディー/グランドキャビン)編】, 200系ハイエース用 リフトアップ リーフスプリング&リフトアップキット『乗り心地改善にも効果アリ』発売!. 玄武製はご覧のように指で押すと凹むくらい外側は柔らかく、中心部は固い素材のハイブリッド構造になっています。フルバンプしボディ側と足回り側が接触する場面でも縮み側の力をやんわりと緩衝してくれます。

Powered by WordPress with Lightning Theme & VK All in One Expansion Unit by Vektor,Inc. 画像ではクルマをリフトで持ち上げていますのでサスペンションは伸びきった状態です。 勇気あるコメントをいただきありがとうございます! 足回りとボディが直接干渉してしまう場面は避けなければなりません。場合によっては走行不能に陥るような破損をする可能性だってあります。
うちのハイエース、ノーマル車高にcrsのリップスポイラーをつけています。エアロをつけていない時よりは若干低くなったのですが、それでも車高を落としていないので、よっぽどでないと下を擦ることはないだろうと普段あまり気をつけていなかったんです。 ハイエースのバンプストッパーなら【玄武】を迷わずおススメいたします!!!, 乗り心地を良くするには まずサスペンションが仕事をする…これが大前提です。 ハイエースの乗り心地に不満のある方!flexdreamハイエース店へどうぞ遠慮なくご相談ください!, flexdream、FD-BOX、FD-camp、FD-classicは (株)フレックス・ドリームの登録商標です。.
玄武製に交換後の画像 Copyright © ☆HIACE de 194☆ All Rights Reserved. フロントよりも分かりやすい厚みの違いです。 flexdreamがローダウンカスタム時に使用している【玄武製】バンプストッパーをご紹介します♪, 指先にある黒い塊が純正のバンプストッパー。 比較するとこれだけ厚みの違いがあります。, これがローダウンカスタム時の乗り心地を悪くする悪の元凶(?)純正リアバンプストッパーです。 ハイエース200系ローダウンカスタムの乗り心地改善にはバンプストッパーの交換が必須! ネット上でも多く話題にされているハイエースの乗り心地の悪さ。「突き上げ感」を訴えるユーザーが絶えません。特にローダウン車で顕著な声ですが構造上交換しな (ローダウン用のブロックも取り付け済みです。)

まだまだ純正のままだったり、純正の加工品で急場をしのいでいるローダウン車を多く見かけます。

サスペンションに仕事をさせるためには縮み側のクリアランスを確保しなければなりません。 FRPっていうのは腐食の心配ないんですね・・なるほどです。 気をつけます!ただ主人が曲者なんですよね・・・ 自分でしたものはしゃーないのですが、覚えのないキズはやっぱり納得いかんわーなんです(T_T). ネット上でも多く話題にされているハイエースの乗り心地の悪さ。「突き上げ感」を訴えるユーザーが絶えません。特にローダウン車で顕著な声ですが構造上交換しなければ突き上げるのは「当たり前」なパーツがあります! この問題は今回ご紹介したバンプストッパーを交換してクリアー出来ますね! 簡単に言えば足が縮まない状態で走行することになります。 【flexdream】×クロカン4WDのスペシャリスト【KeepSlant】がコラボ開発!リーフスプリングとして考えられるテクニックをフル投入した贅沢な一品!突き上げ感は皆無。8枚重ねの超豪華版で左右方向への剛性もバッチリです!(使用するショックアブソーバーで性格は若干変わります。) ハイエース200系にお乗りの方が良く言う「お尻の突き上げ感」に大きく影響しています。 これでローダウンした際のサスペンションの縮み側のクリアランスを確保できます。 それが「バンプストッパー」(バンプストップラバー)です。

商用車としても人気が高いハイエースですが乗り心地については悪いという声もあります。しかし改善する方法というのが実はあります。せっかく多く積載できますので、どうせなら悪いところは直したいものです。今回はハイエースの乗り心地を改善する方法について書きます。 しかし!ほとんどのハイエースユーザーさんが満足するであろう魔法の様なリーフスプリングがあります!! 何を今更と言われそうですが… エアロをつけていない時よりは若干低くなったのですが、それでも車高を落としていないので、よっぽどでないと下を擦ることはないだろうと普段あまり気をつけていなかったんです。, が、家から大通りに出るまで必ず通る道があるのですが、少し坂になっていて溝の上に置いてある鉄板の上を通った時、, 思い返せば、洗車している時にエアロの下がザラザラするな・・とは感じていたのですが覗き込まないと見えないし、そこまで確認していませんでした。。何度か擦ってたのかも。。。, 普段見えるところではないし、またやる可能性もあるのでこのままにしてても問題ないのかなぁ???, それ以来、ちよっとした坂や段差でもめちゃくちゃ慎重になります。車高下げたほうがカッコいいし、今度の車検の時検討してみようと思っていましたがやっぱり無理かも・・・車高の低い車に乗ってはる人見ると尊敬です。。, 仕事でショッピングセンターの平置き駐車場に停めて2~3時間して戻ってきたらこんなキズがついていました(T_T), 今のハイエースになってからはまだありませんが、飛び石でフロントガラスを替えたり・・, 安全運転に気をつけている毎日ですが、色んな事がありますね。テンション下がります・・・. ローダウンといえば車高調やダウンサスが基本。ですが、実はハイエースは車高調やダウンサスを使わずにローダウンできるのです!今回はその方法を紹介します!, 商用だけでなくカスタムベースとしても人気のハイエース。旧車風からトラック風カスタムまで選び放題な自由度とが魅力です。どんなカスタムでも、基本になるのはローダウン、すなわち車高を下げることになるのではないでしょうか?, これらのアイテムは車を支えるスプリング(バネ)の長さを短くすることで車高を下げるという仕組みになっています。しかし、ハイエースはローダウンに車高調やダウンサスを使うわけではありません。それはハイエース特有のサスペンション構造が関わっているのです。, ハイエースのサスペンションはフロントがトーションバー×ダブルウィッシュボーン式、リアがリーフスプリング式(板ばね)を採用しています。, どちらも戦車や大型トラックに用いられる極めて強度重視のサスペンションで、乗用車に用いられることの多いコイルスプリング(巻きバネ)を使用していません。ハイエースの高い耐久性を感じさせるサスペンション設計といえます。, フロントに用いられるトーションバーの別名はねじり棒ばねになります。金属を細長く加工し、ひねりを加えることでバネとしての機能を持たせたスプリングになります。, ハイエースには純正でトーションバーを緩めるボルトがあり、これによって車高を下げることができるのです。その際、バネレートも同時に下がるので、サスペンションが少し柔らかくなります。, 一般的に2インチ(約50mm)までのローダウンであれば、トーションバーをノーマルのまま乗るオーナーも少なくありません。ですが、走りに拘りのあるオーナーはより強度(バネレート)の高いトーションバーへ交換するのが一般的です。, ハイエースのフロントサスペンションのバネレートは、トーションバーの太さで決まります。純正の状態の太さは型式や搭載エンジンによってまちまちで、概ね23.0~25.4程度となっています。, 一般的に2インチ程度までのローダウンで用いられる強化トーションバーの太さは26.0。, 前荷重の大きい大排気量ディーゼルモデルの場合であったり、3インチ以上のローダウンを求めていくと、26.0だと柔らかく感じる場合も。, しかし、それ以上太いトーションバーを使用すると、反力が強くなり純正のダンパーでは揺れを抑えることができなくなるため、ダンパー交換が必須になります。, またリアサスペンションはトラックと同じ方式の、リーフスプリング(板ばね)を採用しています。, リーフスプリングはバネとの間にダウンブロックと呼ばれるブロックをホーシング(車軸)との間に挟みこむことで、車高を下げることができます。, 上の図から分かるように、特に可動域を狭めたり、テンションがつよくかかる訳ではないので、バネレートの変化はありません。, バンプストップとはホーシングやサスペンションアームがフレームと衝突するのを防ぐ為のアイテムです。, そのため、1.5インチ(約38mm)ローダウンすると、ボディとフレームの隙間がほぼなくなってしまい、走行時にボディとバンプが接触してしまいます。, すなわち、サスペンションがほとんどストロークしていない状態です。そのため、サスペンションの突き上げが頻繁に起こるようになり、ゴツゴツ感の強い乗り心地になってしまうのです。, これを解消するためには、純正よりも薄く、衝撃吸収力の高い社外製のバンプストップに交換し、ダンパーのストローク量を確保する必要性があります。, CARTUNE(カーチューン)は、自動車のカスタム・ドレスアップ・整備やDIY、パーツのレビューや口コミ・評判を共有しあう、クルマ好きが集まるコミュニティサービスです。, 引用元:https://toyota.jp/hiacevan/performance/performance/, 事業用として使用されることの多い日産NV350キャラバン。DIYカスタムによって快適な車中泊が可能です。今回はキャラバンのキャンパーカスタムを紹介します!. 数種類のスペーサーがラインナップされており細かな高さセッティングに対応できるのもうれしいですね♪ それと洗車の時に塗装片がスポンジに付着して他の部分にまで傷が付く可能性あるのでこれまた要注意です。 玄武製のバンプストッパーを取り付け後の画像。 クルマを地面に下した時のバンプストッパーと上部ボディ側とのクリアランスは約2インチ(約5センチ)。 どんなにスペックの良いバネやショックアブソーバーを装着しても縮まない足だと外部からの入力はモロに衝撃としてボディに伝わることになります。これがローダウン時に言われる「突き上げ感」となる訳です。 画像の様な塊を交換するだけなのですが…その効果は絶大!! フロントは純正で車高調整機能があるが、2インチ(約5cm)まで。それ以上のローダウンはトーションバーとダンパーの交換をするべし; リアのローダウンはダウンブロックを装着して行うべし; 1.5インチ以上下げたらバンプストップを装着しよう ← (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); どっちのブログにコメントするか迷ったけど勇気を出してこっちにします(笑) これで縮み側のクリアランスを確保します。 機会があればご自身のハイエースもご覧になってみてください。初めからバンプストッパーが潰れ切った状態になっていませんか?それではサスペンションが仕事出来ません。 ホーム ピグ アメブロ. 左(黒)が純正フロント用、右(青)が玄武製