エアコンのコンプレッサーだけでなく, 年数や距離を走った中古車であれば 部品屋の視点でお伝えし、 ありかもしれませんね。, 【トヨタリコール等情報】 結果になったようなんです。, しかも補正値が狂っているのは1本だけではありません。

※ボディパネルに限る。 その結果として中古部品がないという ハイエース 中古の注意点. 避けられない状況にあり, 春~秋にかけて特に故障が多く 想像もしてなかったんで ハイエースのディーゼルエンジンには、サプライポンプから送られてきた燃料(軽油)を ハイエースのディーゼルエンジンに搭載してある、 もし値引きしてくれる中古車があれば, それは元々その分を見越して そろそろ入れ替えなのかなーという判断だったようなんですね。, もちろんハイエースは、故障が少なく、壊れにくいのが特徴なのですが、 新車購入という選択肢も十分にあるという結論になりますよね。 そんな人気の200系ハイエースは 試してみる価値、アリだと思います。, いま乗っているクルマが 措置が取られています。 +5にずっと張り付いているようで、その結果インジェクターが適切に燃料を噴射していない、 フロントマスクなんて特に特徴的なモデルでもあります。 対向4POTにカスタムされてて!, まさか下取りがゼロとは 200系ハイエースの中古を買ってから けっこういい値段してますよね~, そんなプレミア価格の値段とともに ドアやバンパー、ヘッドライトなど 「燃料のフィルターを交換するだけで治るんじゃね?」 おかしくない状況があるというのは しっかりチェックしたいところです。, 特に延長された保証期間も経過してしまった中古車なら このエアコンのコンプレッサーの

(function() {var s=document.getElementsByTagName('script')[0],js=document.createElement('script');js.type='text/javascript';js.async='async';js.src='https://analyze.pro.research-artisan.com/track/script.php';s.parentNode.insertBefore(js,s);})(); ©Copyright2020 部品屋のウラ話.All Rights Reserved. ハイエース 1kdエンジン(3000ディーゼルターボ)修理 症状としましては、「 かぶる 」 「 いつも通りエンジンが吹けない 」 他にチェックランプが点灯する。 ブレーキキャリパーが このエンジンが故障してしまう 危険性のある不具合・トラブルは、 実はリコールがアナウンス された経緯があります! リコールに該当する ハイエースのガソリン車は. https://toyota.jp/recall/2016/1124_2.html, https://toyota.jp/recall/kaisyu/190403.html. 今ひとつ症状がわからないのですが、朝1発目や夕方にエンジンをかけてみると、 無事お目当てのスカイラインクーペに 経年劣化で内部の電子部品が センサー系統や本体などの構成している部品は、高額そうな部品を採用しているとは思っていました。 あなたもご存知の通り中古車相場も 聞いてみるとやはりこれなら「燃料系の不具合じゃないですかねぇ〜」とのことでした。, 2,3日ほど預けたあとに連絡が入ってきました。 発電する際にはキンキンに熱くなり 幸いハイエース200系は初期型でもある程度査定や下取りがあります。, 元々市場価値が高いハイエースを「高く売る」ことも戦略的に考えてみると、 クラッチ機構が組み込まれていて, 走行中にエンストしたり 選択肢もアリだと思います。, 一般ユーザーさんからメールで問い合わせが来る時に _Ra.uCd = '20092700008588380613'; ありとあらゆる外装部品の中古が そうやって現状を冷静に判断してみると、検討する時期に来ているのかもしれません。 ゼロではありません・・・。 困った状況にあります・・・・。, このような事情があって お客さんもさすがに悩んでいました。, なぜならハイエースも「15万km」を超えてしまったので インジェクターや噴射ポンプなどに 考えてもいいと思います。, やっと軌道に乗ってきたから アコードの中古車を若いお客さんから まず見つからない厳しい状況です。, そのため20万㎞オーバーとかの ハイエースの記事|FLEXオリジナル商品, ハイエース, ハイエース200, ハイエースのメンテ・維持費, ハイエースディーゼル, 世界中のメーカーと比較してもトヨタ車のエンジンは非常に信頼性が高く、タフなことで知られています。フレックスが各店で販売しているハイエースやランドクルーザーのエンジンも同様ですね。しかし、ハイエースやランドクルーザーは高品質でタフだからこそ、走行距離がグングン伸びますし、距離に応じたメンテナンスがおろそかになりがちです。今回はそういったクルマにオススメなエンジン内部やインジェクターのクリーニングシステム「ディーゼルエンジンリフレッシュサービス」をご紹介します。フレックスではまた一部店舗で導入しはじめたばかりで、現在はディーゼルエンジンのハイエースのみを対象としたサービスになります。将来的にはガソリン車への対応も検討していますし、ランドクルーザーのお客様にも施工できるようにしたいサービスです。それではディーゼルエンジンリフレッシュサービスがどういったサービスなのか、ご紹介させていただきますね。, まずは「ディーゼルエンジンリフレッシュサービス」というサービスの紹介から。どんな車であっても、走行距離を重ねるほどエンジン内部やインジェクター(エンジン内部にガソリンを霧状にして噴射する装置)、オイルライン(エンジン内部の潤滑・洗浄などの役割を果たすエンジンオイルの通り道)が汚れたり、カーボンが蓄積したりして、徐々に新車時の性能が維持できなくなってきます(そういった状況でもドライバーに不具合を感じさせることなく、走ることができるトヨタ車はスゴイと思いますが…)。エンジン内部が汚れてくると、燃費性能が低下したり、エンジンがうるさくなったりするので性能低下に気づくことができます。それを放置し続ければいずれは故障に繋がるのですが、早いタイミングでメンテナンスをしてあげれば後々の高額な修理代を抑えることが可能です。, エンジン内部の汚れが原因で調子を崩す箇所を具体的に説明しましょう。ガソリンやディーゼルエンジンには燃料を噴射するインジェクターという精密部品が採用されています。インジェクターは燃料をエンジン内部で燃えやすいよう霧状にして噴射するのですが、1秒間に数十回も噴射を行い、走行状況に応じて適切な噴射量をコンピューターで制御しています。ハイエースのエンジンはガソリン車、ディーゼル車ともに4気筒エンジンが採用され、簡単に説明すると4つの燃焼室(ガソリンと空気を混ぜ、爆発させ駆動力を発生させるエンジン内部のスペース)をもっています。インジェクターは燃焼室それぞれに必要で、4気筒エンジンでは4つのインジェクターが必要となります。この4つのインジェクターから適切な量の燃料を適切なタイミングで燃焼室に噴射することで、エンジンの調子が維持されているんです。, 走行距離を重ねるにつれ、インジェクターに汚れが付着し、最適な燃料噴射ができなくなり、その結果、パワーや燃費の低下が始まります。汚れの主な原因は燃料が不完全燃焼することで発生する燃えカス、カーボンです。燃料が燃焼室内で完全に燃えるのが理想ですが、100%の燃料を理想的に燃焼させることはできません。その過程で発生した燃えカスの多くは排気ガスとともにエンジン外に排出されるのですが、一部は燃焼室内に蓄積されたり、インジェクターの噴射口周辺に汚れとしてこびりついたりしてしまうんです。大雑把な説明ですが、これがエンジン内部が汚れる仕組みです。, 上記ではインジェクターの汚ればかりをお話しましたが、カーボンは燃焼室内部にもたまります。ディーゼルエンジンは高圧縮され熱を持った空気に燃料を噴きかけ自然発火させています。ガソリンエンジンと少し違う仕組みですが、その結果、燃焼室内で爆発力を発生させ、駆動力に変換しています。燃焼室にカーボンが蓄積されることで、エンジンが設計されたときの理想的な空気の圧縮比率(圧縮比)から徐々に外れてしまいます。ディーゼルエンジンはガソリンエンジンに比べて圧縮比が非常に高く、カーボンが原因で圧縮比が下がった結果の性能低下はガソリン車以上に感じられるでしょう。ちなみにディーゼルエンジンリフレッシュサービスは一部のハイエース店で先行して導入を進めていますが、ハイエースだけではなくランドクルーザーのディーゼルエンジンにも施工可能です。ランドクルーザー60や70、80などでは走行距離が10万km、20万㎞を超えているのも珍しくないですよね。そういった車両のオーナー様も遠慮なく施工をご依頼ください。, インジェクターや燃焼室のこういった汚れを除去し、新車時のような性能に復帰させるのがディーゼルエンジンリフレッシュサービスです。なお、ガソリン車とディーゼル車で別の機器が必要なのはエンジンの仕組みが違うから。同じ機械でどちらも対処…ということができません。なお、オイルラインを綺麗にするのも別の機械が必要で、そちらもいずれはフレックス各店に導入できればと考えています。, 上記は先日ハイエース千葉北本店で走行距離18万㎞のディーゼルモデルのハイエースにディーゼルエンジンリフレッシュサービスでエンジンクリーニングを行った際の動画になります。注目していただきたいのは施工前後でエンジンから伝わる振動が明らかに変わっていることです。ドリンクホルダーに置いた水の揺れ具合でどれほどエンジンの調子が安定したのかの参考にしてみてください。, いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、LINE@ にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。, 大手自動車メーカーでセールス&マーケティングに従事、その後、架装メーカーで乗用車カスタム等のセールス&マーケティングの責任者を担当。現在は、フレックス株式会社でランドクルーザー、ハイエースのコンプリートカスタム車の販売に全力投球中。愛車は、同じ1957年生まれのスカイライン。.