そこで、近々の販売終了またはフルモデルチェンジが確実視されている、モデル末期の車種をピックアップ。その車種がいま“買い”か“待ち”かを検証する。 【交通... ホンダ、欧州向け2021年モデル7機種を発表|新型のPCX、CB125R、CB1000R等は国内でも発売. ノート e-power 4WDのガソリン代. 今、日産e-POWER旋風が吹きまくっている。初搭載のノートは直近のデータだと2018年国産登録車販売台数でアクアを退け堂々の第1位。さらに2019年1〜2月の国産乗用車販売台数でも販売の約70%をe-POWERが占めるノートがダントツの1位! なのである。e-POWER第二弾のセレナにしても、2018年国産登録車のなかで、プリウスに次ぐ第4位につけているほどだ。, e-POWERは、長年リーフで培った日産のEV技術を注ぎ込み、EVに興味があっても、いきなりピュアEVに踏み込めないユーザーに大きくアピールした日産のEV技術の結晶とも言えるものだ。, e-POWERについて改めて説明すると、PHVともレンジエクステンダーとも違う「充電を気にすることなくどこまでも走れる電気自動車の新しいカタチ」である。動力源はリーフと同じEM57と呼ばれるモーターのみ。だが、ピュアEVと根本的に違う点は外部充電機能を持たず、必要なら1.2リッターのガソリンエンジンで発電しながらモーター走行を行うところ。つまり電欠を心配せずにEV走行を楽しめる“シリーズハイブリッド”というわけだ。ガソリンスタンドに立ち寄ることはあっても、自宅の充電設備設置は不要。ドライブ先で充電する必要もない。これなら売れて当然かも。, パワーユニットとしての先進感は、運転すればすぐにわかる。その理由は基本、モーター走行ならではのスムースさや静粛性&エコ性能の高さはもちろん、アクセルペダルだけで加減速が行える「ワンペダル」にある。ノート/セレナe-POWERは、アクセルペダルを戻せば回生ブレーキによる最大0.15Gの「ギューッ」と後髪をつかまれたように減速する効果が得られ、ブレーキを踏まずとも停止までしてくれるのだ(停止線にピタリと止めるには、アクセルを戻すタイミングの慣れを要するが)。, もっとも、セレナのように背の高いミニバンだと、高速走行で「ギューッ」とされると乗員はたまらない。そこでセレナの場合、ノートより重心が高いことに配慮し、約60km/h以上の速度域、高速走行では、回生ブレーキの減速力をより自然な0.1G以下に抑えている。, 結果、加速方向は新幹線的なモーターならではの段付きのないスムースさで速度を上げ、一方、ワンペダルによる減速時には、ブレーキングの達人が操作するような、減速ピークのない穏やかで優しい減速を行ってくれる……というのが、日産の説明、謳い文句。, ちなみにセレナe-POWERの、ブレーキを踏む機会が約70%減になるというワンペダル機能が作動するのは、ドライブモードのエコ、スマート(S)モードのみ。ノーマルモードでは作動しない。, 女性ならクルマもファッションの一部と捉えるべし! 7つの服の系統別オススメの小型国産車14台, アクティブな休日を過ごしたい人にピッタリ! 日産NV350キャラバンの特別仕様車「ブラックギア」発売, 日産がユーザーの好みやライフスタイルに合わせた新しい旅行提案サービス「トラベルトリガー」の実証実験を開始, メルセデス・ベンツが世界初となる女性向けブランド発信拠点を東京・銀座に期間限定オープン, 「電気自動車の新しいカタチ」の日産ノートe-POWERは新しい技術じゃないってホント?, 【試乗】ついにミニバンの日産セレナにe-POWERを搭載! 大ヒット間違いなしの完成度. 今、日産e-power旋風が吹きまくっている。初搭載のノートは直近のデータだと2018年国産登録車販売台数でアクアを退け堂々の第1位。さらに2019年1〜2月の国産乗用車販売台数でも販売の約70%をe-powerが占めるノートがダントツの1位! なのである。 Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト, どれほど技術が進化しても、法規や市場環境の変化など様々な要因が影響するため、最新のモデルが最良とは限らないのが、クルマの面白い所。さりとてモデル末期のクルマは、熟成が進んでいるとはいえ、その後現れる新型車で劇的に進化する可能性を考慮すると、実際に購入するのはなかなか勇気がいる。 その名は「STARC」!次世代の日産e-POWERは3気筒ターボ1.5ℓロングストローク。最大熱効率50... 【美しすぎるクルマ・ベスト3(世良耕太)】日本人がデザインした最新ポルシェ911。その後... 緊急時でもないのに高速道路で堂々とUターン! FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ば... モデル末期の日産ノートe-POWERは“買い”か“待ち”か? 今や燃費と加速フィールの優位性にも陰りが見られる。CMF-B採用の新型またはキックスを“待ち”たい, 先進的なバッテリー技術をもち、独創的なビジネスモデルを展開するエネルギーベンチャー.  インパネはシルバーあるはピアノブラックの加飾パネルで質感が高められているものの、本体の質感は高くなく、造形も平凡と言っていい。荷室はフィットほど広くはないがヤリスやスイフトほどは狭くないというもので、ディーラーオプションのマルチラゲッジボードを使えばフロア高をかさ上げでき、後席を格納してもほぼフラットな状態になるので使い勝手はまずまずだ。. ノートe-powerは実際に動き出してからだと7.1秒、踏み込んでからだと7.4秒、いずれにしてもプリウスより速いです。 Aquaは7.7秒でプリウスより遅いです。 また速度が出てからの100-400の区間でも ノート9.766秒 プリウス9.967秒 1977年生まれ。神奈川県横浜市出身。2001年早稲田大学商学部卒業後、自動車ディーラー営業、国産新車誌編集部、自動車整備業界誌編集長などを経て独立。17年よりフリーランスとして自動車専門誌・業界誌の双方で... 「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ, 基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。. ノート e-power 4WDの維持費. ノートは2017~2019年の3年連続でコンパクトカーの販売台数ナンバーワンで2018年は登録車ナンバーワンに輝くなど大人気となっているのもe-powerがあるからこそ。 ノートe-powerは2016年のマイチェンで追加された。  また、絶対的に小ぶりなうえクッションに弾力がなく、サイドサポートも乏しいため、面圧がヒップに集中しやすい。これはフロントシート、またベースとなったマーチの前後席も全く同じ傾向で、長距離長時間走行した後は凄まじい疲労と腰痛を覚悟しなければならない。, マルチラゲッジボードを上段に設置し後席左側を倒した状態の荷室。奥行きは60~157cm、幅は95cm、高さは71~76cm(いずれも筆者実測)